LMFTのDanielA。Burgessによるサポートされていない申し立て、個人攻撃、名誉毀損への対処(2018年XNUMX月からXNUMX月)

はじめに: バージェスは被害者であると主張しているが、彼はすべての連絡 (Facebook、Twitter) を開始し、多数の中傷的なコメントを投稿し、最終的に「www.realyourbrainonporn.comに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

2018年XNUMX月以前は、ダニエルバージェスLMFTのことを聞いたことがありませんでした。 突然、どこからともなくバージェス氏(しゅう)私とYBOPを攻撃するために複数のソーシャルメディアプラットフォームを採用しました。 バージェスの標的とされた嫌がらせと名誉毀損はTwitterで発生しました(いくつかの下で @YourBrainOnPorn つぶやき)とFacebook(YBOP Facebookページの1 バージェスのFacebookページ、 そしてその 結婚と家族療法士のFacebookページ).

2020年XNUMX月、ダニエル・バージェスは、ニコール・プラウセが私のアンチSLAPP訴訟に対する防御に使用するための嘘でいっぱいの手紙を書きました。 私はPrauseとして訴訟に勝ち、彼女の手紙の執筆者は嘘をついている、または証拠を偽造しているとして暴露されました。 プラウスの拘束命令は軽薄であるとして否定され、彼女はアリのSLAPP判決でかなりの弁護士費用を負っています。 何十回もツイートされているバージェスの手紙は、私が彼の名誉毀損、サイバーストーキング、商標権侵害を明らかにするために現在のページを作成したため、彼が犠牲者であるとほのめかしました。 バージェスが私とのすべての接触を開始し(いくつかのソーシャルメディアアカウントでの名誉毀損)、作成したので、絶対にばかげています www.realyourbrainonporn.com、私の商標を侵害しているが、 Twitterアカウント(@BrainOnPorn)は、私や他の多くの人の名誉を毀損しました(息子と母親の晒しを含む)。 バージェスの手紙 虚偽の主張:

  1. 私が彼の自宅の住所と電話番号をYBOPに投稿したこと(彼はこれのスクリーンショットを作成したことはありません)。
  2. 私は「数百ページの名誉毀損の告発」を発表しました(Burgessはこれらの想像上の名誉毀損の告発の例をゼロにしました)。 私はこの現在のページと、以下を説明する他のXNUMXつの主要なページのみを公開しました。
  3. 彼の妻と家族の「写真」をYBOPに載せました。 彼は、彼の名誉毀損のFacebookコメントに関連するアバターを参照しているようです。これは以下で再現し、Facebookページにまだ存在しています。
  4. 彼が「複数の法的脅威」を受けたこと。 実際には、バージェスは2つしか受け取りませんでした 手紙をやめる –両方ともYBOPの違法な商標権侵害であり、最初のものは故意に無視されました。

ダニエル・バージェスは犠牲者ですか、それとも加害者ですか? あなたが裁判官になります。

まず、バージェスのサイバーストーキングと名誉毀損の一方的な統治に関する文書化から始めます。

YourBrainOnPorn Facebookページ

YBOP Facebookページに多数の名誉毀損のコメントを投稿しているバージェスのスクリーンショット(これは私が最初にダニエルバージェスに出会った場所です)。 Ve注意すべき重要な点:2020年XNUMX月現在 バージェスの寛大なコメント まだそこにいました。 A犠牲者の主張、または私が彼/彼の家族を外出しているという主張はばかげています。 

私がバージェスに提供したページへのリンク(彼はこのリンクに返信しませんでした): ニコール・プラウセの非倫理的な嫌がらせとゲイリー・ウィルソンおよびその他の名誉毀損。 注:バージェスは 上記の彼のスクリーンショットが私のFacebookページで私に嫌がらせや名誉を毀損していると主張することは、「doxing」を構成します。 これはDARVOの完璧な例です–  D虐待が今までに起こった敵、そして A虐待者に説明責任を負わせようとしたことで被害者を攻撃します。 次に嘘をつき、虐待者が状況の真の犠牲者であると主張し、こうして R絶えず V犠牲者と Oフェンダー。

ちなみに、「doxing」とは、私がしなかった個人情報の投稿を指します。 彼のコメントは公開されており、YBOPのFacebookページにあります。 一方、 Twitterアカウント バージェスの現在シャッターが切られている商標権侵害サイト(@BrainOnPorn)に関連付けられています 私の息子と彼の母親を何度も晒しました (その後の約90件のツイート)名前、個人の写真、住所、勤務地、財務情報など。

YBOP Twitterスレッド

上記の虚偽の陳述と名誉毀損の大騒ぎから間もなく、バージェスはあまり使用されていないTwitterアカウントにアクセスして、大量の毒とサポートされていない戯言を吐き出しました。 私をターゲットにしたXNUMXつのツイートが連続しています(Burgessはその後、これらのツイートを削除し、Twitterアカウントの名前をに変更しました しんしん):

"結婚および家族療法士」Facebookグループ

バージェスがYBOP FacebookページとTwitterで私を攻撃した直後に、彼は6,000人のメンバーに狙いを定めました。結婚および家族療法士」Facebookグループ(YBOPと研究に関する彼の支持されていない主張は次のセクションで扱われます)。 セラピストのStaciSproutとForestBenedictによるバージェスへのXNUMXの返信は、残っているものの大部分です。 バージェスの名誉t損。 バージェスが私を中傷した多くのMFTFacebookページのコメントのXNUMXつの例を次に示します。

バージェスは「結婚および家族療法士”のFacebookグループ スレッドの他の人を中傷し、 それでも彼は今、彼のおとぎ話を広めています I との接触を開始 彼に。 私が始めた唯一のいわゆる「接触」は、バージェスへの排除措置の手紙でした。 商標権侵害.

バージェスが偽のTwitterアカウントを作成して、私を中傷し、嫌がらせをする

6月14、2019に投稿しました 次のTwitterスレッド からの嫌がらせや名誉ation損への対応として 「RealYourBrainOnPorn」Twitterアカウント。 (なので ここで説明、RealYBOPのWebサイトとソーシャルメディアアカウントは、違法な商標権侵害に関与し、商標の不法占拠を試みていました。)15月XNUMX日 休眠中の「Ron Swanson」アカウントが、法律の経歴があると主張して私のスレッドに入り、法的支援を提供してくれました。

「Ron Swanson」のTwitterアカウントは明らかに偽物です。 の簡単な検査 「ロン・スワンソン」のツイッター それは偽物であり、おそらく釣りの遠征を行っていたことが明らかになりました。

「スワンソン」はバージェスだと思った。20年間でたった3件のツイートのうち、XNUMXつはバージェスと彼の妻がCrossFitコンテストに参加している写真にリンクしているからだ(バージスのFacebookページには CrossFit Dan)。 リンク付きの「ロン・スワンソン」のツイート:

リンクは、このNugentTherapy Instagram投稿(ページ 以来、神秘的に消えた)。 ニュージェントセラピーソーシャルメディアはバージェスによって管理されているように見えました!

バージェスと彼の妻がクロスフィットで会ったことは秘密ではありません。 彼も作成しました このすべてを記録したFacebookページ (更新–証拠を隠そうとして、バージェスはページを削除しました)。 注:バージェスは私を中傷したり、トローリングしたり、弁護士のジャンピエトロを介して脅迫状を送ったり、露骨な商標権侵害や関連する訴訟を起こしたりするだけでなく、彼と彼の別名のオンライン行動を文書化することを余儀なくされました。

「ロン・スワンソン」の謎が解けた。

バージェスは彼を使い続けた しゅう エイリアス。 RealYBOPがSoCalACLUレターをツイートした瞬間(説明 こちらから会員登録と回数券ご購入をお願いいたします。) しゅう それをXNUMX回ツイートしました。 @YourBrainOnPornを選択します。 しゅう アカウントは、15月XNUMX日のXNUMX回のツイート以来、賢明な法的アドバイスの申し出で私をだまそうとして何もツイートしていませんでした。 XNUMXつのツイート:

バージェスはもはや彼が「しゅう"

8月に21、2019、 バージェスエイリアス(しゅう 不正なポルノURLのスクリーンショットをツイートしました(存在しなかったページの)。 それは NerdyKinkyCommieのつぶやきが私について怒鳴っています。 オタクはプロのトロールであり、 称賛協力者 私に嫌がらせをしたために7日間のTwitterの停止を受け取った人(サガ全体) ここで説明). その後、RonSwansonTimeは、ニコール・プラウゼとデビッド・レイがスレッドに参加しました。これは驚くべき偶然です。

これらのつぶやきは、私または他の誰もが、偽のURL(の YBOPのWayback Machineアーカイブに存在しないページ)。 21月XNUMX日のイベントの最初のシーケンス:

  1. NerdyKinkyCommie 私を荒らします (100番目の時間程度)
  2. しゅう スクリーンショットとWayBack Machineへのリンクを使用して、スレッドに2のツイートをすぐに投稿する
  3. ニコール・プラウス スレッドに参加します
  4. デイビッド レイは彼の2セントを追加します

それから私は外出した @RonSwansonTimeは、バージェスのエイリアスの可能性があります。 をもたらしました "ロン」は自分のTwitterアカウントを「保護」に設定しています( ロン・スワンソンは本当にバージェスです).

偽のTwitterアカウントが非公開になるのはなぜですか? 証拠を隠すため。

要約すると、バージェスは私が彼との接触を開始し、彼を「サイバーストーカー」した物語を作り上げています。 ご覧のとおり、バージェスは嘘をついています。 彼は被害者ではなく加害者です。

繰り返しになりますが、2019年XNUMX月に、バージェスのコメントとソーシャルメディアアカウントの一部が消え、 推定エイリアスTwitterアカウント プライベートになりました(しゅう)。 これは後に発生しました:

  1. 法的措置により、ダニエルバージェスが リアルyourbrainonporn.comのURL(詳細については–を参照してください) ポルノ中毒のDeniers(www.realyourbrainonporn.com)によって攻撃される積極的な商標権侵害
  2. realyourbrainonporn.com Twitterアカウント(@BrainOnPorn)に行きました 4-day、110 +がGary Wilsonをターゲットにした名誉ramp損のツイート、realyourbrainonporn.comのメールアカウントはウィルソンの友人を同じ中傷で悩ませました。 詳細については、以下を参照してください。

によって実施された悪意のあるキャラクターを注入するキャンペーンに加えて リアル Brain On Porn」Twitterアカウント (ミラー ニコール・プラウスの虚偽のリタニー)、Twitterアカウント(@BrainOnPorn)また、少なくとも3人の重罪で私を明示的に告発しました:

  1. ストーカーの女性
  2. 死の脅しをする
  3. ウェブサイトへのハッキング

人々を道徳的なturと重罪で公に非難することは実行可能である。 実際、上記の名誉statements損の声明は「名誉毀損 それ自体が」–これは、回復するために商業的損害賠償を示す必要がないことを意味します(私の本からの収入は慈善団体に送られます)。 弁護士はそれを信じています ダニエル・バージェスは法的に不当な政党です。 ((他の人も「RealBrainOnPorn」Twitterアカウントで名誉を毀損されています).

大きなすごい: 私との商標争いにおけるプラウスとダニエル・バージェスの法律顧問 ウェイン・B・ジャンピエトロです。 彼は弁護する主要な弁護士の一人でした backpage.com。 バックページは、「人身売買と売春を故意に促進したため」、連邦政府によって閉鎖されました。 (これを参照してください 米国今日 記事: バックページの創設者に対して明らかにされた性的人身売買料金の93カウント起訴)。 起訴状は、Backpageの所有者を他の人たちとともに、ウェブサイトを通じて売春犯罪を故意に促進することを共謀したとして起訴しました。 当局は、人身売買された人々の一部にはXNUMX代の少女が含まれていると主張している。 Giampietroの関与の詳細については、以下を参照してください– https://dockets.justia.com/docket/illinois/ilndce/1:2017cv05081/341956. 奇妙な出来事の中で、 backpage.com 資産はアリゾナに押収され、   ウェインB.ジャンピエトロLLC $ 100,000の没収としてリストされています.

アップデート:

1)2019年夏: 月8、2019上 Donald Hilton、MDが名誉毀損を申し立てました それ自体が 訴訟 ニコールプラウゼ&リベロスLLCに対して。 24年2019月XNUMX日 Donald Hiltonは彼の名誉毀損の苦情を修正しました (1)悪意のあるテキサス医療審査委員会の苦情、(2)ヒルトン博士が彼の資格情報を改ざんしたという虚偽の告発、および(3)同様の嫌がらせと名誉毀損の9人の他のプラウス犠牲者からの宣誓供述書(ジョンアドラー、MD, ゲイリー・ウィルソン, アレクサンダーロードス, Staci Sprout、LICSW, リンダハッチ博士, ブラッドリーグリーン博士, ステファニー・カーネス博士, ジェフ・グッドマン博士, ライラハダッド.)

2)2019年XNUMX月: 10月、23、2019 Alexander Rhodes( reddit / nofap および NoFap.com)に対する名誉def損訴訟を起こした ニコール・R・プラウス および リベロスLLC。 見る ここの裁判所の整理。 ロードスが提出した3つの主要な裁判所文書については、このページを参照してください。 ニコール・プラウス/リベロスに対するNoFapの創設者アレクサンダー・ロードス名誉law損訴訟.

3)2019年XNUMX月: 最後に、連続的な虚偽の告発者、名誉def損者、嫌がらせ者、商標権侵害者、ニコール・プラウスに関する正確なメディア報道: 「ポルノ中毒支援グループのアレックスロードス「NoFap」は、名誉Pro損の疑いがあるプロポルノ性科学者を訴えます」 ミーガン・フォックス PJメディア および 「No Nut Novemberでポルノ戦争は個人的なものになる」、ダイアナ・デイヴィソン ポスト千年紀。 Davisonは、Prauseの悪質な行動に関する次の6分のビデオも作成しました。 「ポルノ中毒ですか?」.

4) 2020年XNUMX月: アレックス・ローズが提出 Prauseに対する修正された苦情 また、RealYBOP Twitterアカウント(@BrainOnPorn)名誉engaging損に関与している。 ストーリーおよびすべての裁判所文書については、次のページを参照してください。 ニコール・プラウス/リベロスに対するNoFapの創設者アレクサンダー・ロードス名誉law損訴訟。 RealYBOPの嘘、嫌がらせ、名誉毀損、サイバーストーキングがそれに追いついています。 ザ・ @BrainOnPorn Twitterは現在、XNUMX件の名誉毀損訴訟で名前が挙げられています。 @BrainOnPornという名前の裁判所文書のPDF:

法的な責任者:すべて RealYBOPの「エキスパート」、 or Prause、または基になるWebサイトのURLを登録したDaniel Burgess?

ロードス島の苦情からの関連する抜粋:

ダニエル・ア・バージェス、ニコール・プラウゼ、プロポルノの同盟国は、ポルノ業界をサポートし、ポルノの悪影響について話す人に嫌がらせや中傷をするために、偏ったツイッターアカウントを作成します

----------

ダニエル・バージェスLMFTが所有しているrealyourbrainonporn

23年2020月XNUMX日、アレックスロードスはプラウスの 却下する動議。 彼の裁判所への提出書類には、新しい事件と証拠、プラウスの追加の犠牲者、より大きな文脈/背景が含まれています。 ブリーフ– 26ページ, 宣言– 64ページ, 展示– 57ページ。 @BrainOnPornTwitterアカウントの名前が再び付けられました。 嫌がらせと名誉毀損のこれらの新しい事件を説明する抜粋:

ダニエル・バージェスLMFTが所有しているrealyourbrainonporn

別の事件:

ダニエル・バージェスLMFTが所有しているrealyourbrainonporn

実際には、@ BrainOnPornは、RhodesとNofapをターゲットにした何百もの追加のツイートを投稿しています。 ニコール・プラウセ、デビッド・レイ、@ BrainOnPornのNoFapのアレクサンダー・ローズに対する嫌がらせと名誉毀損の長い歴史.

一方、 ダニエル・バージェス RealYBOP URLを登録したことがわかっています(www.RealYourBrainOnPorn.com)、最も信頼できる証拠は ニコールプラウス氏がRealYBOPウェブサイトとTwitterアカウントを作成、運営.

RealYBOPは、ポルノの悪影響について話す人々への嫌がらせや名誉毀損に絶えず取り組んでいます(最初の800年間でXNUMX以上のツイート)。 誰が法的に責任があるのか @BrainOnPornの名誉毀損や嫌がらせ? それだけですか Nicole Prause、または基になるWebサイトの所有者のみ、あるいはその両方? または、すべての RealYBOP「エキスパート」 法的および財政的責任を問われますか?

PrauseとRealYBOPTwitterはXNUMXつの名誉毀損訴訟に関与しているため、この質問は簡単ではありません(ドナルド・ヒルトン、MD &Nofap創設者 アレクサンダーロードス商標権侵害事件、と 商標スクワットケース。 実際、RealYBOPツイートのいくつかは、XNUMXつの名誉毀損訴訟の提出書類、およびPrauseとRealYBOP Twitterの他の犠牲者が提出した関連する宣誓供述書に含まれています(宣誓供述書#1, 宣誓供述書#2宣誓供述書#3宣誓供述書#4宣誓供述書#5宣誓供述書#6宣誓供述書#7宣誓供述書#8宣誓供述書#9宣誓供述書#10宣誓供述書#11宣誓供述書#12, 宣誓供述書#13, 宣誓供述書#14, 宣誓供述書#15, 宣誓供述書#16).

5)更新(2020年XNUMX月):2020年XNUMX月、プラウスは偽造された「証拠」と彼女の通常の嘘(ストーカーを誤って非難した)を使用して、私に対して根拠のない一時的な拘束命令(TRO)を求めました。 抑止命令を求めるプラウスのリクエストで、彼女は自分のアドレスをYBOPとTwitter(偽証はプラウスで新しいものではありません)。 私は法制度(TRO)を悪用して私を沈黙させ、嫌がらせをしたとしてPrauseに対して訴訟を起こしました。 6月XNUMX日、ロサンゼルス郡高等裁判所は、プラウスが私に対する拘束命令を取得しようとしたことを認めました 軽薄で違法な「市民参加に対する戦略的訴訟」(一般に「SLAPP訴訟」と呼ばれる)を構成した。 本質的に、裁判所は、プラウスが私を沈黙させ、言論の自由に対する私の権利を弱体化させるために、拘束命令プロセスを乱用したと認定しました。 法律により、SLAPPの判決は、Prauseに私の弁護士費用を支払うことを義務付けています。



ダニエルバージェスの名誉毀損とさまざまな虚偽に対抗するYBOPの2018年XNUMX月の記事に:

ダニエル・バージェスはソーシャルメディアで私を中傷し、嫌がらせをしました。ニコール・プラウセが数年間吐き出した通常の嘘と犠牲者の捏造を逆流させました。 文書化された何百ものインシデントについては、これらの広範なページを参照してください

通常、YBOPは、ソーシャルメディアに投稿された名誉毀損や人身攻撃の繰り返しの流れには関与しません。 しかし、バージェスがYBOPのFacebookページとTwitterで私を中傷した直後、彼は「結婚および家族療法士6,000がセラピストとYBOP Facebookのオーディエンスにライセンスを与える前にバージェスが名誉displayed損を示したため、彼の悪意のあるコメント(およびポルノ研究の優勢に関する支持されていない主張)を非難する必要があると感じました

セラピストのスタシー・スプラウトとフォレスト・ベネディクトによるバージェスへの18の回答は、 バージェスの名誉t損。 バージェスは「結婚および家族療法士”のFacebookグループ このスレッドで私を中傷する.

現在のページには、これによって結婚&家族療法士のFacebookに投稿されたいくつかのコメントが含まれています ダニエルバージェスFacebookアカウント、私の応答が続きます。 バージェスのコメントは栗色でインデントされています。



2018年XNUMX月:ダニエルバージェスの虚偽、続いてゲイリーウィルソンの応答

これはすべて本当に簡単です。 広告hominem 人々がリンクをクリックして、Burgessが反論することができないすべての経験的証拠を見ることがないように。 彼はよく訓練されています 賛美とレイ そして彼らの名誉は、研究の現状や中毒の神経生物学については何も知りません。

コメント 〜へ ダニエル・バージェス、 結婚および家族療法士 Facebookページ(YBOPへのリンクを含む):

それは1998年に書かれ、それ以来私たちは長い道のりを歩んできました。: https://www.yourbrainonporn.com/research-articles-and-abstracts

バージェスは彼の糖尿病を開始します。

ダニエル・バージェス: お返事ありがとうございます。 クライン博士の記事は、これまで以上に関連性が高くなっています。 彼はまだ性科学のトップの研究者と練習しています。 あなたが私をゲイリーウィルソンのYBOPサイトにリンクしたところ。 ゲイリーはそのトピックについて完全に知らないだけではありません。 彼は繰り返し嘘をつき、自分自身、彼の「信任状」を偽って伝え、オンラインで女性をストーカーしました。 ゲイリーは詐欺であり、CBCでさえ彼を詐欺として特定しました。 彼はそれがコカインのような中毒をどのように証明するかを宣言する彼のサイトの何百もの研究をリストします。 しかし、研究はそのようなことを言っていません。 その男は妄想的です。 せいぜいプロパガンダ、潜在的にはdsmの外の医療過誤診断の人々のケース。

ゲイリーウィルソンの返答:

1)「GARYMISREPRESENTS HIMSELF」: 私は嘘をついたことはなく、自分自身を不実表示したこともありません。 バージェスは、実体を回避し、人身攻撃と虚偽に従事しているレイ&プラウスから彼の話のポイントを得ています。 プラウスは、私が自分を教授と呼んでいると定期的に言っています。彼女は、私が連絡をとったことがなく、ホストが私を誤って教授と呼んでいた、機能しなくなったWebサイトからスクリーンショットを投稿しています。 こちらのドキュメントを参照してください: Prailsは、ウィルソンが自分の資格を誤って伝えたと誤って主張しています。 (他の人が私を心理学者、神経科学者などと誤って呼んでいます。それは私のコントロールを超えています。)私の説明は常にここにあり、変わっていません– https://www.yourbrainonporn.com/about-us

2)「STALKSWOMEN ONLINE」: 私は女性をオンラインまたはオフラインで追跡したことがありません。 プラウスが持っているという証拠がないように、バージェスまたはプラウスによるこの中傷的な主張の実際の証拠はありません。 私に対する拘束命令、 またはその 彼女は合法的な警察の報告書を提出しました 私について。 これらの製作は、他の多くのものと共に、ここで扱われます:

実際、私や他の多くの人々(7年以上)のサイバーストーキング、名誉毀損、嫌がらせに携わってきたのはプラウスです。 上記のページのいくつかのセクションでは、ポルノ回復フォーラムにコメントを投稿するためにPrauseが採用した数十のユーザー名を記録しています。 彼女は私に嫌がらせをして中傷し、ポルノをやめようとしている、またはポルノによって引き起こされたEDから回復しようとしている男性と議論するためにこれを行いました。 そのようないくつかの例:

3)研究のリスト: バージェスは、そのページに掲載されている査読付き研究を無視しています。 YBOPに関するすべての研究は、みんなが見ることができるためにあります。 誤解された人はいない。 私のリストでは、すべての研究に抜粋が含まれており、元の論文へのリンクがあります。 バージェスは彼らの実体を引き受ける必要がある。 これがリストです:

  1. ポルノ/セックス依存症? このページの一覧 55神経科学に基づく研究 (MRI、fMRI、EEG、神経心理学、ホルモン)。 彼らの発見は物質依存症研究で報告された神経学的発見を反映しているので、彼らは依存症モデルを強く支持する。
  2. ポルノ/セックス依存症についての本当の専門家の意見は? このリストは含まれています 29の最近の文献レビューと解説 世界のトップ神経科学者の何人かによって。 すべて中毒モデルをサポートしています。
  3. より極端な素材への依存やエスカレーションの兆候? ポルノ使用の増加(耐性)、ポルノへの慣れ、さらに禁断症状でさえも一致する所見を報告している55以上の研究 (中毒に関連するすべての徴候と症状)。
  4. 公式診断ですか? 世界で最も広く使われている医療診断マニュアル 国際疾病分類 (ICD-11) 新しい診断が含まれています ポルノ中毒に適しています。 「強迫的性行動障害に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
  5. 「性的欲求の高さ」がポルノや性中毒を説明しているという、支持されていない話のポイントを暴くこと: 少なくとも25の研究は、セックスとポルノ中毒者が「ただ高い性的欲求を持っている」という主張を偽造しています
  6. ポルノと性的な問題? このリストには、性的問題へのポルノの使用/ポルノ依存と性的刺激への低覚醒を結び付ける40以上の研究が含まれていますを選択します。 リストの最初の7研究は証明する 因果関係参加者はポルノの使用を排除し、慢性的な性機能障害を治癒した。
  7. ポルノが人間関係に与える影響 75以上の研究はポルノの使用を性的および人間関係の満足度の低下に結び付ける。 私達が知る限り 男性に関する研究では、より多くのポルノの使用が 貧しい 性的または人間関係の満足度。
  8. ポルノの使用は感情的および精神的健康に影響を与えますか? 85以上の研究が、ポルノの使用を精神的感情的健康の低下と認知的結果の低下に結び付けています。
  9. ポルノの使用は信念、態度、行動に影響を与えますか? 個々の研究をチェックしてください - 40を超える研究は、ポルノの使用と女性および性差別的見解に対する「非平等主義的態度」を結び付ける - またはこの2016メタアナリシスからの要約: メディアとセクシュアライゼーション:実証研究の現状、1995〜2015。 抜粋:

このレビューの目的は、メディアのセクシュアライゼーションの効果をテストする実証的調査を総合することでした。 焦点は1995と2015の間の査読付きの、英語のジャーナルで発表された研究にあった。 109研究を含む135出版物の合計がレビューされました。 実験結果と日常的なこの内容への暴露の両方が、より高いレベルの身体的不満、より大きな自己客観化、性差別的信念および敵対的な性的信念のより大きな支持を含む一連の結果に直接関連するという一貫した証拠を提供した。女性に対する性的暴力に対するより強い寛容性。 さらに、このコンテンツに実験的にさらされると、女性と男性の両方が、女性の能力、道徳、および人類性についての見方が薄れてしまいます。

  1. 性的攻撃やポルノの使用はどうですか? もう一つのメタ分析: 一般集団研究におけるポルノ消費のメタ分析と性的攻撃の実態 (2015)。 抜粋:

22のさまざまな国からの7研究が分析されました。 消費は、米国および国際的に、男女間、ならびに横断的および縦断的研究において、性的攻撃と関連していた。 関連性は、肉体的な性的攻撃よりも口頭での方が強かったが、どちらも有意であった。 結果の一般的なパターンは、暴力的なコンテンツが悪化要因となる可能性があることを示唆しています.

「しかし、ポルノでレイプ率が低下したのではありませんか」いいえ、レイプ率は近年上昇しています。レイプ率が上昇しているので、親ポルノ宣伝を無視するに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

  1. ポルノの使用と青少年についてはどうですか? このリストをチェックしてください 270思春期の研究についてまたは文献のこれらのレビュー: レビュー#1, review2, レビュー#3, レビュー#4, レビュー#5, レビュー#6, レビュー#7, レビュー#8, レビュー#9, レビュー#10, レビュー#11, レビュー#12, レビュー#13, レビュー#14, レビュー#15, レビュー#16。この2012年の調査レビューの結論から– 青年に対するインターネットポルノグラフィーの影響:研究のレビュー:

青年によるインターネットへのアクセスの増加は、性教育、学習、そして成長のための前例のない機会を生み出しました。 逆に、文献で明らかになっている危害の危険性により、研究者はこれらの関係を解明するためにオンラインポルノへの青年期の曝露を調査するようになった。 まとめると、これらの研究は、ポルノを消費する若者が非現実的な性的価値観や信念を発展させる可能性があることを示唆しています。 調査結果の中で、より高いレベルの寛容な性的態度、性的関心事、および以前の性的実験は、ポルノのより頻繁な摂取と相関しています…。 それにもかかわらず、一貫性のある調査結果は暴力を描写するポルノの青年期の使用を性的に攻撃的な行動の度合いの増加と結びつけることを明らかにしました。 青少年のポルノの使用と自己概念との間にはある程度の相関関係があることを文献は示している。 少女たちは、ポルノ素材で見る女性よりも肉体的に劣っていると感じていると報告していますが、少年たちは、これらのメディアで男性のように卑劣ではない、または実行できないかもしれないと恐れています。 青年期はまた、自信と社会的発達が増すにつれてポルノの使用が減少したとも報告しています。 さらに、ポルノを使用する青年、特にインターネット上で発見されるものは、社会的統合度が低く、行動問題の増加、非行行動のレベルが高い、憂鬱な症状の発生率が高い、介護者との感情的な結びつきが低いことが示唆されています。

4)CBC: CBCはそのようなことをしませんでした。 しかし、その生産者の一人は詐欺や不正行為に関わっていました。 これは、CBCで何が起こったのかについてのポルノの回復サイトについて説明している私たちの投稿です。。 それに注意してください Nicole Prauseが(Real Scienceとして)同じスレッドに投稿しました (彼女がよく様々なエイリアスを使ってリカバリフォーラムに投稿したように)。 例えば、 彼女は私の陰茎の大きさについて尋ねた。 (とてもプロフェッショナル)

注意: ニコール・プラウセの新しいTwitterアカウントに対する最初のツイートは、ゲイリー・ウィルソンとCBCのインタビューに関するものでした。 プラウスのオリジナルのように、ツイートにリンクできません Twitterアカウントは永久に停止されました Todd Love、PsyD、JDの嫌がらせに 文献のレビュー あえて彼女の作品を思慮深く批評した。 18月19日とXNUMX日、「RealScience」は、ゲイリーウィルソンに言及したサイトに、以下のコメントと同様の、同様に誤解を招くコメントをいくつか投稿しました(を参照)。 18月19日とXNUMX日にさらにいくつかの投稿 「RealScience」または「RealScientist」による)。

NOTE2: プラウズは、ここ数年、私と他の多くの人々をターゲットにしています。その中には、研究者、医師、セラピスト、心理学者、UCLAの短期間からの同僚、英国の慈善団体、 タイム 雑誌編集者、数名の教授、IITAP、SASH、Fight The New Drug、Exodus Cry、学術雑誌 行動科学、その親会社MDPI、学術誌の長 CUREUS、 そしてジャーナル 性依存症と強制性 (これらの2ページは、上記の動作に関する広範なドキュメントを提供します。 1ページ, 2ページ, 3ページ4ページページ5.

5)コカイン: YBOPのどこにも「ポルノはコカインのようなもの」とは言いません。バージェスのもう1つの嘘です。 YBOPのよくある質問では、ポルノは「コカインのように" ポルノ中毒は脳に不可逆的なダメージを与えますか?.

注意: YBOPは、コカインとメタンフェタミンが「ポルノのよう」であるとは決して言いませんが、性的興奮と中毒性のある薬物は、同様の神経学的メカニズムとホルモンの変化を共有します(食べ物や水などの他の普遍的な自然の報酬とは異なります)。

  1. 性的覚醒や中毒性の薬は まったく同じ報酬回路神経細胞。 対照的に、 小パーセンテージ 神経細胞活性化のメカニズムは、常習性薬物と食物や水などの他の自然な報酬との間で重複しています。 性的刺激を非常に強いる同じ神経細胞をオンにすることは、なぜメト、コカイン、そしてヘロインがそれほど中毒性があるのか​​を説明するのに役立ちます。
  2. 興味深いことに、ヘロイン中毒者はしばしば、撃ち上げることは「オルガスムのように感じる」と主張します。 彼らの経験を支持して、射精は同じ報酬回路神経細胞に対するヘロイン中毒の影響を模倣します。 具体的には、 射精は同じドーパミン産生神経細胞を収縮させる それは慢性的なヘロインの使用と共に縮小します。 これはセックスが悪いという意味ではありません。 それは中毒性の薬が私たちを寝返りのために寝室に戻すように促すのと全く同じメカニズムを乗っ取ったことを私たちに単に知らせています。
  3. 他の非薬物報酬(おいしい食べ物や砂糖)とは異なり、乱用薬物に似ています、 性的経験は長期的な変化につながります 報酬中心のグルタミン酸受容体の数と種類において。 グルタミン酸は主要な脳の領域から報酬の中心に情報を中継する主要な神経伝達物質です。 これらの神経適応は報酬センターを潜在的な性的活動に関連する光景、音、思考または記憶に対してはるかに敏感にします。
  4. また、両方 セックス および 薬物使用 DeltaFosB、中毒に関与する遺伝子を活性化するタンパク質の蓄積につながります。 それが生成する分子変化は 両方のセクシャルコンディショニングでほぼ同じ および 薬の慢性的な使用。 性別であろうと薬物乱用であろうと、高レベルのDeltaFosBは、「IT」が何であれ、「IT」を切望するように脳を再配線します。 ハイジャックだけでなく中毒性のある薬物 正確な神経細胞 性的覚醒の間に活性化されて、彼らは私たちが性的活動を望むようにするために進化した同じ学習メカニズムを選択します。
  5. 詳細を解明するには複雑すぎますが、一時的な神経学的変化とホルモン変化 オーガズムで起こる それは他のどんな自然な報酬でも起こりません。 これらには、脳アンドロゲン受容体の減少、エストロゲン受容体の増加、視床下部エンケファリンの増加、およびオキシトシンとプロラクチンの血中濃度の増加が含まれます。

したがって、この実際のコメントのようなおなじみの話のポイントはバラバラになります。まあ、多くの活動がドーパミンを上げるので、インターネットのポルノは夕日を見たりゴルフをしたりすることにとどまりません。」それは(非常に表面的な理解を持つ)学術的な性科学者からの引用です。 同様に、性科学者のマーティ・クラインの ジンバルドーとウィルソンの記事 彼は主張した ポルノを見ることに対する脳の反応は、夕日を見ることと変わらない:

「その上、私たちが孫を抱きしめたり、夕日を楽しんだりするとき、私たちの脳はこれと同じ観察可能な方法で反応します。」

2000 fMRIの調査で、マーティクラインの主張はずっと前にテストされ、暴かれました。キュー誘発コカイン渇望:薬物使用者に対する神経解剖学的特異性および薬物刺激。 この研究では、コカイン中毒者と健康なコントロールが次の映画を視聴した。1)クラックコカインを吸っている人、2)屋外の自然シーン、および3)露骨な性的内容。 結果:コカイン中毒者は、ポルノを見るとき、および彼らの依存症に関連する合図を見るとき、ほぼ同じ脳活性化パターンを示した。 (なお、コカイン中毒者と健康な対照はどちらも同じポルノの脳活性化パターンを持っていました。)しかし、中毒者も対照も、自然のシーンを見るときの脳活性化パターンはポルノを見るときのパターンと完全に異なります。 さようなら愚かな話のポイント!

PS – Prauseの論点は、ポルノへの自慰行為は 子犬が遊ぶのを見ることと神経学的に違いはありません (彼女の思いもよらない信者たちは、彼らがマントラを繰り返すように、この主張を繰り返します)。 この 信じられないほどの主張は賞賛を許すべき CSBに関連する神経科学についてこれまでにコメントすることから。



ダニエル・バージェス: ゲイリーの何千もの誤解を招く、誤解された科学的「発見」の一例を挙げましょう。 非常に使い古され、誤って引用され、誤解されている「Voon」研究「、強迫的な性行動の有無にかかわらず、個人の性的手がかり反応性の神経相関」ゲイリーは、ポルノが麻薬のようなものであるか、またはむしろ「ユーザーが反応する麻薬中毒者が麻薬の手がかりに反応するのと同じ方法でポルノの手がかり。」 ; 「英国のドキュメンタリー「PornontheBrain」で取り上げられた待望のValerieVoonの研究がついに公開されました。 予想通り、ケンブリッジ大学の研究者は、強迫的なポルノユーザーが麻薬中毒者が麻薬の手がかりに反応するのと同じ方法でポルノの手がかりに反応することを発見しました。 完全な研究へのリンク–「強迫的な性行動の有無にかかわらず個人の性的手がかり反応性の神経相関(2014)

私が実際に言ったこと: Voonの最初の研究に関する元のYBOPの記事へのリンクは次のとおりです。Voonが彼女の研究と彼女の研究に関するインタビューで行ったのと同じように、私の声明は正確でした。 強迫性行動の有無に関わらず性的反応反応の神経相関Voonら、2014)

Voonのインタビュー: https://www.telegraph.co.uk/news/science/science-news/10962885/Love-is-the-drug-scientists-find.html

'多くの点で、彼らは薬物中毒の患者と彼らの行動に類似性を示しています。 これらの類似性が脳の活動にも反映されているかどうかを確認したかったのです。 」強迫的な性的行動をする患者と健康なボランティアの間で脳の活動に明確な違いがあります. これらの違いは麻薬中毒者の違いを反映しています。」

Voon研究から:

ニコチン、コカインおよびアルコールの薬物合図反応性および渇望研究は腹側線条体、dACCおよび扁桃体を含むネットワークを意味する 13。 現在の研究では、これらの地域は、CSBの有無にかかわらず、グループ全体の性的に露骨な素材の閲覧中に活性化されました。 健康なボランティア参加者に対するCSBのこれらの領域のより強い活性化の観察は、物質嗜癖における物質の合図について観察された知見と類似しており、障害全体にわたる神経生物学的類似性を示唆している。 

2番目のValerie Voon CSBスタディは、最初の2つのケンブリッジ大学スタディの結果をまとめたものです。

注意バイアスの強化に関する私たちの発見は…依存症の障害における薬物手がかりの研究で観察された注意バイアスの強化との重複の可能性を示唆しています。 Tこれらの知見は、薬物 - キュー - 反応性研究に含まれるものと同様のネットワークにおいて、CSB被験者における性的に露骨な手がかりに対する神経反応性の最近の知見と収束し、CSB被験者における性的手がかりに対する異常反応の根底にある中毒のインセンティブ動機づけ理論を支持する。性的に露骨なビデオが、薬物反応手がかりの反応性研究で観察されたものと類似したニューラルネットワークにおけるより大きな活動と関連していたという、我々の最近の観察による蟻塚の発見. 好みではなくより大きな欲求または欲求が、このニューラルネットワークにおける活動とさらに関連していた。 これらの研究は一緒になって、CSBにおける性的手がかりに対する異常な反応の根底にある中毒のインセンティブ動機づけ理論の裏付けとなる。

Valerie Voon、Shane Kraus、Marc Potenzaによる2016レビューから: 強迫的な性行動は中毒と見なされるべきですか? (クラウス等。、2016).

DSM-5のリリースにより、ギャンブル障害は物質使用障害と再分類されました。 この変化は、中毒は精神を変える物質を摂取することによってのみ発生し、政策、予防および治療戦略にとって重大な意味を持つという信念に挑戦しました。 Dataは、他の行動(例えば、ゲーム、性別、強制的な買い物)への過度の関与が臨床的、遺伝的、神経生物学的および現象論的な類似点を薬物依存と共有する可能性があることを示唆しています......

CSBと物質使用障害の間には重複する特徴があります。 一般的な神経伝達物質系は、CSBおよび物質使用障害に寄与している可能性があり、そして最近の神経画像研究は、欲求および注意バイアスに関する類似性を浮き彫りにしている。 同様の薬理学的および心理療法的治療は、CSBおよび物質依存症にも適用可能であり得る

誰もが分かるように、バージェスは単に嘘をついた。

また、なぜバージェスは取りつかれています   Voonら、2014? ダニエル・バージェスが他を無視する理由 52神経科学に基づく研究 (MRI、fMRI、EEG、神経心理学、ホルモン) YBOPの脳研究ページ? (それらの調査結果は物質中毒研究で報告された神経学的調査結果を反映しているため、52のすべてが中毒モデルを強力にサポートしています)。 おそらく、Prauseは彼のすべての会話ポイントをスプーンで食べさせているように見えるため、他の52の神経学的研究が存在することをBurgessが認識していないためです。



ダニエル・バージェス: 別の投稿で、ゲイリーは文字通り「ポルノは覚醒剤と同じくらい中毒性があります」と言っています。 ポルノを見るとレイプされます。 ポルノとはまったく関係のないランダムなレイプグラフを使用する。 (https://www.thenakedscientists.com/forum/index.php?topic=54214.0)

ゲイリー・ウィルソン: バージェスがリンクしているページは 私が投稿しました。 私は今までその投稿やそのウェブサイトを見たことがありません。 バージェスの偽の「ゲイリーウィルソン」には、奇妙な投稿がXNUMXつだけあります。 バージェスが私のサイトにリンクすることは決してないことに注意してください– YBOPは、「ポルノはメタと同じくらい中毒性がありますバージェスは再び嘘をついている。

誰が偽の「ゲイリー・ウィルソン」によって偽のポストを彼に提供したのでしょうか?プラウスは私のことをウェブで探します。 たとえば、2週間前、Prauseは、Quora、Twitter、およびアダルト業界のWebサイトに、私の南オレゴン大学の雇用文書を(それらについての名誉lib損の主張とともに)掲載しました。 彼女は私が解雇されたと誤って主張した。 彼女は、文書内の情報を編集したため、そのような錯覚を作り出すことができました。 Prauseがポルノ業界のWebサイトに中傷的なストーリーを掲載するなど、発生したすべてのドキュメントを次に示します。 ニコール・プラウセとデビッド・レイは、ゲイリー・ウィルソンが南オレゴン大学から解雇されたと主張している

文書はQuoraから削除され、Prauseは永久に禁止されました。 Twitterは彼女を1日禁止し、警告を出した。 ポルノサイトはそれ以来卑劣な記事を削除しました。 見る:



ダニエル・バージェス:強迫的なポルノユーザーはポルノを切望していましたが(より欲しがっています)、コントロールよりも性的欲求(好み)は高くありませんでした。 この発見は、現在の中毒のモデルと完全に一致しており、「より高い性的欲求」が強制的なポルノの使用を引き起こすという理論に反論しています。 麻薬中毒者は、麻薬を楽しむのではなく欲しているので、麻薬を探すように駆り立てられていると考えられています。 この異常なプロセスは、依存症の特徴であるインセンティブ動機として知られています。」 07年10月2014日木曜日–16:09に管理者によって提出されました

ゲイリー・ウィルソン: 私の説明 Voonら、 2014は完全に正確でした。 Voonは同じことを言った。 彼女の研究から:

健康な志願者と比較して、CSB対象は主観的な性的欲求または明白な手がかりを望んでおり、エロティックな手がかりに対する嗜好スコアがより大きかった。 このように欲望と好みの間の解離を示しています。 CSB対象はまた、親密な関係における性的覚醒および勃起困難のより大きな障害を有していたが、欲求得点の増加は明白な手がかりに特異的であり、一般化された性的欲求の増大ではないことを強調する。

一般集団におけるCSBに焦点を当てた我々の調査結果は、同様に、薬物または性的手がかりに対する異常な欲求または動機付けを強調するインセンティブ動機づけ理論をもってしっぽをとらせた。 【12].

中毒の最も広く受け入れられているモデルは「インセンティブ増感」モデル(IST)。 ISTのためのマーカーはより大きい手がかり反応性または使用することへの欲求です。 今あります 25の神経学的研究 強迫的なポルノユーザーやセックス中毒者の手がかり反応性や渇望(感作)を報告している-プラウス自身を含む Steeleら、2013。 (注意 - Voonは次の段落に専念しました Steeleら。、2013年、プラウスの調査結果は彼女の調査結果を反映していると述べています。)

中毒のISTモデルと一致する所見を報告する神経科学に基づく研究:

  1. インターネットでのポルノ写真の鑑賞:インターネットのセックスサイトを過剰に利用するための性的覚醒度の評価と心理 - 精神症状の役割(2011)
  2. 性的欲求ではなく性的欲求が性的イメージによって誘発される神経生理学的反応に関連する(2013)
  3. サイバーセックス中毒:現実の性的接触ではなく、ポルノを見るときに性的興奮を経験することで違いが生まれる(2013)
  4. 強迫性行動を伴う個人(2014)における性的キュー反応性の神経相関
  5. インターネットポルノの異性愛者の女性ユーザーのサイバーセックス中毒は、満足度仮説(2014)によって説明することができます。
  6. 認知行動からのサイバーセックス中毒に寄与する因子に関する経験的証拠と理論的考察Laier et al。、2014)
  7. 強迫性のある性行為を伴う個人(2014)における性的に明白な手がかりに対する注意喚起バイアスの強化
  8. 性的報酬に対する新規性、条件付けおよび注意の偏り(2015)
  9. 問題のある過少性行動を有する個体における性欲の神経基盤(2015)
  10. サイバーセックス依存症における暗黙の連想ポルノ写真を用いた暗黙の連想テストの適応 (2015)
  11. サイバーセックス中毒の症状は、ポルノの刺激に近づいたり避けたりすることにつながります。普通のサイバーセックスユーザー(2015)のアナログサンプルの結果
  12. ポルノで立ち往生していますか? マルチタスク状況におけるサイバースペースキューの過度の使用または無視は、サイバーセックス中毒(2015)の症状に関連し、
  13. 性的興奮性と機能不全の対処法は同性愛者男性のサイバーセックス中毒を決定する(2015)
  14. 性転換症の病態生理学における神経炎症の役割(2016)
  15. 強迫的な性行動:前頭前野および辺縁部の容積および相互作用(2016)
  16. 好みのポルノ写真を見るときの腹側線条体活動はインターネットポルノ中毒の症状と相関する(2016)
  17. 強迫性行動(2016)を有する被験者における嗜好的条件付けおよび神経結合性の変化
  18. 薬物と非薬物の報酬(2016)の病理学的悪用にわたる強迫性
  19. ポルノと連想学習に対する主観的渇望は通常のサイバーセックス利用者のサンプル(2016)におけるサイバーセックス依存症に向かう傾向を予測する
  20. セクシュアル・アクティブ個人集団(2016)におけるセクシュアル・ワードに対する性的強制力と注意バイアスの関係を探る
  21. ポルノは中毒性がありますか? 問題のあるポルノの治療(2017)の治療を求める男性のfMRI研究
  22. インターネットの性的に露骨な材料の(問題のある)使用のための予測因子:性的に露骨な材料(2017)に向けた特性の性的動機付けと暗黙のアプローチ傾向の役割
  23. インターネットポルノ利用障害に対する傾向:ポルノの刺激に対する注意喚起に関する男性と女性の違い(2018)
  24. 衝動性および関連する側面の側面は、インターネットポルノのレクリエーションおよび規制外使用の間で区別される(2019)
  25. ポルノ(2019)を使用する異性愛者大学生におけるエロティック刺激に対するアプローチバイアス
  26. 性的手がかりは、強迫性的行動をする男性のワーキングメモリーパフォーマンスと脳処理を変える(2020)
  27. 視覚的性的刺激の主観的報酬値は、ヒトの線条体と眼窩前頭皮質にコード化されています(2020)
  28. 健康コミュニケーションの神経科学:予防健康プログラムの開発のための若い女性の前頭前皮質とポルノ消費のfNIRS分析(2020)

高い欲求に対抗するVoonの研究については、彼女の被験者はASEXでスコアが低く、そのうち11人はポルノを見ずに興奮させるのに苦労しました。 プラウスが彼女の2013年のEEG研究がより高い欲求を支持したと誤って主張したので、私はこれを言いました: 性的欲求は、性器過敏ではなく、性的画像によって誘発される神経生理学的反応に関連するSteele et al。、2013)。 実際には、Steele et al。、2013は、収集されたすべてのデータの中で、単一の統計的に有意な相関関係のみを発見したと主張しています。

「中立的な刺激と比較して、心地よい性的刺激に対するP300の振幅の差が大きかったのは、 マイナスに 性欲対策に関するもの「しかし、過性の測定とは関係ありません。」

翻訳:否定的にはより低い欲求を意味します。 ポルノに対する手がかり反応性が高い個人は、パートナーとセックスしたいという欲求が低かった(しかし、自慰行為に対する欲求は低かったわけではない)。 別の言い方をすれば、脳の活性化とポルノへの渇望が多い人は、本物の人とセックスするよりもポルノに自慰行為をするほうがよいでしょう。 驚いたことに、研究のスポークスマン Nicole Prause ポルノのユーザーは単に「高いリビドー」しか持っていないと主張しているが、調査結果によれば 正反対の (パートナーセックスに対する被験者の欲求は、ポルノの使用に関連して低下していました)。 XNUMXつの査読論文が真実を説明しています: の査読付き批評 Steele et al。、2013。 また見なさい 広範なYBOP批評

注: セックス&ポルノ中毒者は「性的欲求が高い」という主張を偽造する25以上の研究のリスト



ダニエル・バージェス T彼の実際の研究は、結論としてこれを述べています。 「これらの調査結果は、薬物の病理学的消費と自然な報酬の障害の根底にあるネットワークの重複を示唆しています。 この研究は物質使用障害との重複を示唆しているかもしれませんが、CSBを衝動調節障害、強迫性スペクトル内、または行動中毒として分類すべきかどうかを判断するには、さらなる臨床研究が必要です。」

ゲイリー・ウィルソン: それが慎重な科学者たちがしていることである(彼女の主張のような彼女の支持されていない主張を持つPrauseとは異なり、ポルノ中毒モデルを暴けた」という2014つの欠陥のある研究)。 しかし、それはXNUMX年のValerie Voonの調査結果、または彼女の将来の結論を否定するものではありません。 注意することが重要 その後、Valerie Voonによる36件を含む4件の神経学的研究が発表されました。 物質添加研究で見られた結果を反映したすべてのレポート結果.

2017では、VoonはこのコメントをLancetで共著しました、 過度の性的行動は中毒性の障害ですか? (ポテンザ等。、2017)。 これがVoonが現在言っていることであり、CSBが中毒モデルに適合するという彼女の現在の考えを示しています。

強迫的性行動障害の神経生物学の研究は、中毒との実質的な類似性を示唆する注意の偏り、インセンティブの顕著な帰属、および脳ベースの手がかり反応性に関する発見を生み出しています。 強迫的性行為障害は、欲求、有害な結果にもかかわらず継続的な関与、衝動的コントロール、および抑制的コントロールが衝動コントロール障害の中核的特徴であるという提案された見解と一致して、ICD-11における衝動コントロール障害として提案されている。 この見解は、一部のDSM-IVの衝動制御障害、特に病的賭博に適していたかもしれません。 しかし、これらの要素は長い間中毒の中心であると考えられてきました、そして、DSM-IVからDSM-5への移行において、分類されない他の場所での衝動制御障害のカテゴリーは再構成されました。 現時点では、ICD-11ベータドラフトサイトには衝動制御障害がリストされており、強迫的な性行動障害、ピロマニア、クレプトマニア、および間欠的な爆発性障害が含まれています。

強迫性行動障害は、ICD-11ドラフトウェブサイトで現在強迫性行動障害として提案されているより狭い用語の中毒と一致して、ICD-11に対して提案された非物質依存性障害とよく合うようです。 強迫性行為障害を中毒性障害として分類することは最近のデータと一致しており、臨床医、研究者、およびこの障害に苦しんでおり個人的に罹患している個人にとって有益である可能性があると考えています。



ダニエル・バージェス さらに、主任研究者であるVoonは、次のような解釈に悩まされています。「Voonは、セックスやポルノの中毒性についての結論に飛びつくために彼女の研究を使用することに対してすぐに警告します。 「さらに多くの研究が必要です」と彼女は説明します。 

ゲイリー・ウィルソン: Voonの2014年のコメントは、私とは何の関係もありません。 彼女はもっと研究をする必要があると言っているだけです。 そしてもっと多くの研究 持ってる 2014年53月から公開されています。これは29の追加の神経科学ベースの研究、XNUMXのレビュー/解説です。 https://www.yourbrainonporn.com/brain-scan-studies-porn-users.

Voonが4のより多くの神経学的研究と3のレビュー/解説を発表したように、Burgessはスピードを上げていくべきです。 すべて中毒モデルをサポートしています。 Voonの神経科学研究:

  1. http://medicalxpress.com/news/2015-11-online-porn-sex-addicts-desire.html
  2. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/hbm.23447/full
  3. http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fnbeh.2016.00154/abstract
  4. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4143289/

バレリー・フーンの最新の解説から– 過度の性行動は中毒性障害ですか? 2017)

強迫性行動障害は、ICD-11ドラフトウェブサイトで現在強迫性行動障害として提案されているより狭い用語の中毒と一致して、ICD-11に対して提案された非物質依存性障害とよく合うようです。 強迫性行動障害を習慣性障害として分類することは、最近のデータと一致していると私たちは信じています。



ダニエル・バージェス 「カリフォルニア大学ロサンゼルス校のニコール・プラウセ(および訓練を受けた研究者および科学者)は、脳波検査(EEG)を使用して、性的な画像を提示された人々の脳波を測定し、何か違うものを見つけました。 彼女は、ポルノに問題があると信じていたボランティアが、トリガーの合図に直面した他の中毒者とは異なり、脳内の興奮のレベルが低い写真に反応したことを観察しました。 「これらの人々は問題を抱えているかもしれませんが、他のタイプのものです」とプラウスは言います。 「中毒はそれを理解する良い方法ではありません。」 https://www.1843magazine.com/…/can-you-really-be...

ゲイリー・ウィルソン: Burgessは引用している記事を引用しています。 Prauseら、2015。 プラウスは、彼女が孤独な欠陥のある紙で「ポルノ中毒を暴いた」と主張した。 結果:「ポルノの視聴を規制する問題を経験している個人」の対照と比較して、バニラポルノの写真へのXNUMX秒間の曝露に対する脳の反応は低かった。 プラウスは、これらの結果を「デバンクポルノ中毒」と主張しています。

正当な科学者が彼らの唯一の研究がa 十分に確立された研究分野? 実際には、 Prause et al。 2015と完全に揃う Kühn& ガリーナt(2014), より多くのポルノ使用が、バニラポルノの写真に応答してより少ない脳活性化と相関することを発見した。 Prauseら。 結果はまた、 Banca et al。 2015。 脳波の測定値が低いということは、被験者が写真にあまり注意を払っていないことを意味します。 簡単に言えば、頻繁なポルノユーザーはバニラポルノの静止画像に鈍感でした。 彼らは退屈していた(慣れているか鈍感である)、 これは中毒と一致しています。 この広範なYBOP批評をご覧ください。 9つのピアレビュー論文は、この研究が頻繁にポルノユーザーの脱感作/慣れを実際に発見したことに同意します。 「ポルノ中毒」と矛盾する「問題のある利用者および統制における性的イメージによる遅発性ポジティブポテンシャルの調節」に対するYBOP批判Prause et al。2015)」

XNUMXの査読論文がYBOPの評価に同意します of Prause et al。, 2015。 それぞれのリンクは関連する抜粋とオリジナルの論文へのリンクに行きます。

  1. 問題のあるポルノユーザーの性的画像に対するLPPの減少は、依存症モデルと一致する可能性があります。 すべてがモデルに依存します(Prauseに関する解説、2015)
  2. インターネットポルノ中毒の神経科学:レビューと更新(2015)
  3. 強迫的な性行動の神経生物学:新興科学(2016)
  4. 強迫的な性行為は中毒と見なされるべきですか? (2016)
  5. インターネットポルノは性的機能不全を引き起こすのですか? 臨床報告書によるレビュー(2016)
  6. 感情の意識的および非意識的尺度:ポルノグラフィーの使用の頻度によって変化するか? (2017)
  7. 強迫性行動障害(2018)における神経認知メカニズム
  8. オンラインポルノ依存症:私たちが知っていることとそうでないこと - 系統的レビュー(2019)
  9. サイバーセックス依存症の発生と発展:個人の脆弱性、強化メカニズムおよび神経メカニズム(2019)
  10. ポルノや暴力への曝露のレベルの変動は男性の無意識の感情に影響を与えるか(2020)

マテウスゴーラの批判からの抜粋 Prauseら、2015 (問題のあるポルノユーザーの性的画像のLPPの減少は中毒モデルと一致しているかもしれません。すべてはモデルによって異なります:解説) 賛成、2015)。

この結論は、「ポルノ依存症」と矛盾する問題のある利用者およびコントロールにおける性的イメージによる遅発性ポジティブポテンシャルの調節であると発表されています。 接地されていない ISTに関して[受け入れられている中毒モデル]…

残念ながら、Prause et al。の大胆な称号。 (2015)はすでにマスメディアに影響を与えているので、 科学的に不当な結論を広める。 ポルノ消費の影響に関するトピックの社会的および政治的重要性により、 研究者はより慎重に将来の結論を引き出すべきです...

Golaらが査読付きの批評で述べたように、 Prauseら、2015 致命的な欠陥に苦しんでいた Steele at al。、2013)、 といった:

1) 屈折計と同様に、この類の検証は官能評価と並行して行うべきです。一般的に、抽出が進むにつれて高温になる抽出方法は、抽出が成功する確率が低い傾向にあります。 プラウスの2013年脳波研究(Steeleら.)、この研究の対象は男性、女性、そしておそらく「非異性愛者」でした。 すべての証拠は、プラウスが現在の研究と2013年の研究に同じ被験者を使用したことを示唆しています。女性の数は同じであり(13)、総数は非常に近いです(52対55)。 もしそうなら、この現在の研究も 7つの「非ヘテロセクシャル」が含まれています。 研究者が選択する中毒研究の標準的な手順に違反するため、これは重要です。 年齢、性別、性的指向、さらには同様のIQの観点からの被験者(さらに そのような違いによって引き起こされるゆがみを避けるために、均質な対照群)。 男性と女性の性的イメージや映画に対する脳の反応は有意に異なることが研究によって確認されているので、これは性的イメージに対する覚醒を測定したこのような研究にとって特に重要です。 1, 2, 3,  4, 5, 6, 7, 8, 9, 10、 11、 12、 13、 14)。 この欠陥だけでも、プラウスの両方のEEG研究に疑問が投げかけられています。

2) プラウスの被験者は事前に選別されていませんでした。 有効な依存症の脳の研究は、既存の状態(うつ病、OCD、その他の依存症など)を持つ個人を選別します。 これは、責任ある研究者が依存症について結論を出すことができる唯一の方法です。 を参照してください ケンブリッジ大学研究 適切なスクリーニングと方法論の例として。

3) 「ポルノ中毒」を評価するために両方のEEG研究でPrauseが信頼したXNUMXつの質問票は、インターネットポルノの使用/中毒をスクリーニングするために検証されていません。

4)プラウスの主題のうち、実際にポルノ中毒者だったのは誰でもわかりません。 これが、これら3つの研究の説明で「ポルノ中毒者」の周りに引用符がしばしばある理由です。 被験者はアイダホ州ポカテロからオンライン広告を介して募集されました。性的画像の閲覧を規制する際に問題が発生しているアイダホ州ポカテロは50%モルモンを上回っているので、多くの被験者は次のように感じるでしょう。 どれか ポルノ使用量は深刻な問題です。 2013のインタビューで Nicole Prause 彼女の多くの被験者は、ほんのわずかな問題しか経験していないことを認めています(これは、彼らがポルノ中毒ではなかったことを意味します - そして彼女の研究はポルノ中毒について何も証明できない)。

「この研究には、比較的軽微な問題から圧倒的な問題まで、視覚的な性的刺激の観察を制御している問題を報告した人々のみが含まれていました。」

あなたが実際の常習者を評価していないなら、あなたはポルノ中毒を暴くことはできません。 Prauseの調査結果でさえISTモデルと一致していませんでしたが、CSBの主題に関する他の24の研究では、ポルノユーザー/セックス中毒者の手がかり反応性と渇望が報告されています。 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24.



ダニエル・バージェス: 尊敬されている科学者であるニコールに対するギャリスの反応は何ですか? 本質的に、「Prauseはプロポルノです」。

ゲイリー・ウィルソン: Prauseの作品に対する私の回答は、Prauseを批判している査読付き論文、およびPhDが彼女の主張を批判していることを引用した批評です。 以下のすべてのリンクで、私はオリジナルの論文と、Prauseの論文と主張を分析した抜粋の両方にリンクしています。 安いを避けるためにバージェスに挑戦 広告hominem 私の批評の具体的な内容とそれに関連する査読付きの批評を攻撃し、それに対処します。

1)9査読論文批評と一緒に私の批評 Prauseら、 2015 年 「ポルノ中毒」と矛盾する「問題のある利用者および統制における性的イメージによる遅発性ポジティブポテンシャルの調節」に対するYBOP批判Prause et al。2015)」

2)8査読論文批評と一緒に私の批評 Steeleら、 2013 年 YBOP分析 - 「の批判Steeleら、 2013″:実際の調査結果はポルノ中毒モデルを支持しています。

YBOPの論文に対する批判と、Prauseが著者の1人である記事を掲載しました。

  1. デバンクなぜ私達はまだポルノを見ることについてとても心配しているのですかマーティ・クライン、テイラー・コウト、ニコール・プラウス(2018)
  2. 批評:編集者への手紙Prause等。 (2015)中毒予測の最新の改ざん (2016)、ニコール・プラウズ、ヴォーン・R・スティール、キャメロン・スタリー、ディーン・サバティネリ、グレッグ・ハッカケ
  3. 皇帝には服がない:「ポルノ依存症」モデルのレビュー(2014)、David Ley、Nicole Prause、Peter Finn(レイ他、2014)
  4. 「データはセックスを中毒性のものとして支持しない」の分析Prauseら、2017)
  5. Nicole Prauseの「ポルノはオナニーのためにある」(2019)に対する批判
  6. Op-ed:誰がまさにポルノに関する科学を誤って表現しているのですか? (2016)
  7. WHOのICD-11が「ポルノ中毒とセックス中毒を拒否した」(11)という誤った主張を助長するために、宣伝者は査読付き論文およびICD-2018検索機能を誤って提示しています

バージェスは、上記の批評のいずれかで単一の単語にまだ対処していない。

プラウスに関しては、彼女はかつての学者であり(後期2014 /初期2015で更新されない契約)、 長い歴史 作者、研究者、セラピスト、レポーター、回復中の男性、ジャーナル編集者、複数の団体、およびインターネットポルノの使用による害の証拠をあえて報告することを敢えてしている人々の嫌がらせおよび中傷。 彼女は ポルノ業界にはかなり居心地がよいこれからわか​​るように、 X-Rated Critical Organization(XRCO)賞授賞式のレッドカーペットの上の彼女(右端)の画像。 (ウィキペディアによると XRCO賞 アメリカ人によって与えられる X評価批評家団体 アダルトエンターテイメントで働く人々に毎年、そしてそれは業界のメンバーのために排他的に予約されている唯一のアダルト業界賞ショーです。【1]) また、Prauseには 主題としてポルノパフォーマーを得た 他のポルノ業界の利益団体を通じて フリースピーチ連合。 FSCで得られた被験者は彼女で使用されたと言われています 雇われた銃の研究 ひどく汚れている および 非常に商業的な「オルガスム瞑想」 スキーム(現在 FBIによって調査された)。 賞賛も作りました サポートされていない申し立て彼女の研究の結果 と彼女 研究の方法論。 より多くの文書については、以下を参照してください。 Nicole Prauseはポルノ業界の影響を受けますか?



ダニエル・バージェス:しかし、常に疑似科学、人身攻撃に戻り、それを示すものは何もありません。ポルノの使用を排除するゲイリーの成功率はどれくらいですか?

ゲイリー・ウィルソン: 彼は私に疑似科学か広告人質のどちらかの例を全く与えなかった。 これは典型的な戦術です - 実際にしていることを非難します。 その最高級の宣伝。

ゲイリーの「ポルノの使用を排除する成功率"?

バージェスは一体何を話しているのですか?



ダニエル・バージェス: とにかく、何年もかけてGaryからの何千もの記事を読み、あらゆる欠陥を指摘することができます。

ゲイリー・ウィルソン: してください。 他の人が見ることができるように、私がそれを正確に説明した間、バージェスはバレリー・フーンの研究を誤解しました。 バージェスはまた、私がYBOPで言ったことについて嘘をついた(覚醒剤とコカインは「ポルノと同じ」である)。 バージェスがYBOPにリンクしたり、YBOPからの抜粋を提供したりすることはありません。



ダニエル・バージェス: BYUの研究者でさえ、これは「中毒」以外の何かであることに気づいています。宗教紛争はポルノを人間関係に悪いものにします
https://www.psychologytoday.com/…/religious-conflict…

ゲイリー・ウィルソン: 彼らは「中毒以外の何か」を見つけませんでした。 これが私の分析と研究が実際に見つけたものです: 批判:「損害を受けた商品:ポルノ使用を取り巻く宗教と人間関係の不安との間の仲介者としてのポルノ依存の認識 (Leonhardt、Willoughby、およびYoung-Petersen、2017年)

これは、DavidLeyのPsychologyTodayの投稿が彼らの研究を誤って伝えたと言っている研究の著者です– http://www.unskewed.org/thinking-in-black-and-white-a-response-to-the-claim-that-religiosity-cause-the-harms-of-pornography/

ジョシュアグラブスによる最近の2つの研究では、あなたが「ポルノ中毒者」であると信じることは宗教とは無関係であると報告されています。 説明と完全な研究へのリンクについては、この記事を参照してください。 宗教的な人々はポルノの使用が少なく、中毒であると信じる可能性が低くなっています(2017)。



ダニエル・バージェス それでもなお、性依存症に対するより多くの証拠:「人間の性的反応の脳イメージング:最近の進展と将来の方向性」 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5711964/

ゲイリー・ウィルソン: 引用は研究ではなく、「人間のセクシュアリティの実験的脳研究における最新の開発「。 ポルノやセックス依存症が存在しないと主張する論文はありません。 CSBに関連する論文からの抜粋。これは、論文を取り巻くバージェスのカリムに対抗します。

性的欲求の領域に対する神経科学的関心は、性的欲求の極値をますます絞り込んでいます。 視覚的な性的刺激を用いたいくつかの研究は、(知覚された)過性行動(別名強迫的な性行動、性的嗜癖、または問題のあるポルノ使用)が神経活性化パターンの変化と相関することを示しました。2532]と地域脳容積[33•、 34]、特に性的欲求ネットワークの分野で14•]。 性的手がかりに対する活動の増加がVSで示されている[25, 27]また、過性男性の扁桃体にも25, 27, 28]、これは性的手がかり感作を示唆している。 これは時々過性愛の中毒理論をサポートするために取られます[35]。 しかしながら、他の研究は性的手がかりによって誘発された脳活動と性的過敏症の症状の重症度との間に負の相関を示した。26, 2830, 34]。 これらのデータは相互に排他的ではない場合があります。 例えば、性的手がかりや偶発性(中毒の特徴)に敏感になり過ぎ、性的反応を進める可能性がない場合(学習適応として)、より容易に興味を失ったり自己調整したりする可能性があります。 確かに、ポルノ写真の提示または金銭的報酬を予測する合図の反復暴露を伴うパラダイムでは、性的合図についてのみ、ACCにおける合図誘発活性は反復暴露により急速に減少した。26].

(この論文は、CSB被験者に関するすべての神経学的研究をレビューしたわけではないことに注意してください。)

一方、29の実際のレビューと解説があります。これらはすべて中毒モデルのサポートに役立ちます。 原著論文へのリンク付きのリストと抜粋: https://www.yourbrainonporn.com/brain-scan-studies-porn-users。 以下に再現:

1) インターネットポルノ中毒の神経科学:レビューと更新(ラブ他、2015). インターネットポルノ依存症に特に焦点を当てた、インターネット依存症サブタイプに関連する神経科学文献の徹底的なレビュー。 レビューはまた2つを批評します 見出しをつかむEEG研究 が率いるチームによって Nicole Prause (この所見がポルノ中毒に疑いを投げかけると誤って主張する人)。 抜粋:

多くの人は、人間の脳内の報酬回路に潜在的に影響を与えるいくつかの行動が、少なくとも一部の個人において、制御の喪失および他の依存症の症状をもたらすことを認識しています。 インターネット中毒に関しては、神経科学的研究は、根本的な神経プロセスは物質中毒に似ているという仮定を支持しています…このレビューでは、根底にある中毒の概念をまとめ、インターネット中毒とインターネットゲーム障害に関する神経科学的研究について概説します。 さらに、インターネットポルノ中毒に関する利用可能な神経科学文献をレビューし、その結果を中毒モデルに結び付けました。 このレビューは、インターネットポルノ中毒が中毒の枠組みに適合し、薬物中毒と同様の基本的なメカニズムを共有しているという結論を導きます。

2) 病気としての性依存症:評価、診断、および批評家への反応の証拠(フィリップス等。、2015)これは、ポルノ/セックス依存症に対する特定の批判を反映したチャートを提供し、それらに対抗する引用を提供します。 抜粋:

この記事を通して見られるように、合法的な中毒としての性の一般的な批判は、過去数十年の間の臨床的で科学的な共同体内の動きと比較されるとき、あきらめません。 中毒として受け入れられるべき他の行動と同様に、セックスに対する十分な科学的証拠と支持があります。 このサポートは複数の実践分野からもたらされており、問題をよりよく理解しているので、変化を真に受け入れるという信じられないほどの希望を提供しています。 中毒医学および神経科学の分野における数十年にわたる研究開発により、中毒に関与する根底にある脳メカニズムが明らかにされている。 科学者たちは、嗜癖行動に影響を受ける一般的な経路、ならびに依存症と非依存症の個人の脳の違いを特定し、物質や行動に関係なく、依存症の一般的な要素を明らかにしました。 しかし、科学の進歩と一般の人々による理解、公共政策、そして治療の進歩との間にはギャップが残っています。

3) サイバーセックス依存症(ブランド&レイヤー、2015). 抜粋:

多くの人がサイバーセックスアプリケーション、特にインターネットポルノを使用しています。 サイバーセックスの使用に対するコントロールの喪失を経験し、たとえマイナスの影響を受けたとしてもサイバーセックスの使用を規制できないと報告する人もいます。 最近の記事では、サイバーセックス依存症はインターネット依存症の特定のタイプと考えられています。 最近のいくつかの研究では、サイバーセックス依存症とインターネット賭博障害などの他の行動依存症との類似性が調べられています。 手がかり反応性および渇望は、サイバーセックス依存症において主要な役割を果たすと考えられている。 また、サイバーセックス依存症の発症および維持の神経認知メカニズムは、主に意思決定および執行機能の障害を伴う。 ニューロイメージング研究は、サイバーセックス依存症と他の行動依存症との間の有意義な共通点および物質依存性の仮定を支持している。

4) 強迫的性行動の神経生物学:新たな科学(クラウス等。、2016). 抜粋:

DSM-5には含まれていませんが、強迫性行動(CSB)は、衝動制御障害としてICD-10で診断することができます。 しかし、CSBの分類については議論があります。 神経生物学的特徴がCSBの治療転帰のような臨床的に関連のある尺度とどのように関連しているかを理解するためにはさらなる研究が必要である。 CSBを「行動中毒」として分類することは、政策、予防および治療の取り組みに大きな影響を与えるだろう….. CSBと薬物中毒との間のいくつかの類似点を考えると、中毒に効果的な介入直接この可能性。

5) 強迫的な性行動は中毒と見なされるべきですか? (クラウス等。、2016)。 抜粋:

DSM-5のリリースにより、ギャンブル障害は物質使用障害と再分類されました。 この変化は、中毒は精神を変化させる物質を摂取することによってのみ発生し、政策、予防および治療戦略にとって重大な意味を持つという信念に挑戦しました。 データは、他の行動(例えば、賭博、性別、強制的な買い物)への過度の関与が臨床的、遺伝的、神経生物学的および現象論的な類似点を物質依存と共有する可能性があることを示唆している。

さらなる研究を必要とする別の分野は、技術的変化が人間の性行動にどのように影響を及ぼしているかを検討することを含みます。 インターネットやスマートフォンのアプリケーションを通じて性行動が促進されていることがデータから示唆されているため、デジタル技術がCSBとどのように関連するか(インターネットポルノや性チャットルーム)や危険な性行動への関与(コンドームのないセックス、複数の性的パートナー)ある時)。

CSBと物質使用障害の間には重複する特徴があります。 一般的な神経伝達物質系は、CSBおよび物質使用障害に寄与している可能性があり、そして最近の神経画像研究は、欲求および注意バイアスに関する類似性を浮き彫りにしている。 同様の薬理学的治療および心理療法的治療が、CSBおよび物質嗜癖にも適用可能であり得る。

6) 過性の神経生物学的根拠(クーン&ガリナート、2016). 抜粋:

行動中毒、特に過性欲は、中毒性の行動が実際には私たちの自然な生存システムに依存しているという事実を私たちに思い出させるはずです。 性は繁殖のための経路であるため、性は種の生存に不可欠な要素です。 したがって、セックスが楽しいと見なされ、主にやりがいのある性質を持つことは非常に重要です。セックスが危険で逆効果的な方法で追求される可能性がある中毒に変わるかもしれませんが、中毒の神経基盤は実際に非常に重要な目的に役立つかもしれません個人の主な目標の追求…。 まとめると、証拠は、前頭葉、扁桃体、海馬、視床下部、中隔、および脳領域の変化が過性の出現に重要な役割を果たすことを暗示しているように思われる。 遺伝学的研究および神経薬理学的治療法はドーパミン作動系の関与を指摘している。

7) 行動中毒としての強迫性行動:インターネットの影響と他の問題(グリフィス、 2016). 抜粋:

私は多くの異なる行動中毒(ギャンブル、ビデオゲーム、インターネット使用、エクササイズ、性別、仕事など)について実証的な調査を行ってきましたが、いくつかの種類の問題のある性的行動は性差に応じて分類できます。使用される中毒の定義…。

問題のある性行動が強迫的な性行動(CSB)、性依存症および/または性転換症として記載されているかどうか、そのような疾患を治療する心理療法士は世界中に何千人もいます。 その結果、そのような個人を助け、治療する人々からの臨床的証拠は、精神科社会によってより大きな信頼を与えられるべきです…。

おそらく、CSBと性依存症の分野で最も重要な進展は、インターネットがどのように変化し、CSBを促進しているかということです。 これは最後の段落まで言及されませんでしたが、オンラインの性依存症の研究は(小さな経験的基盤を構成しながら)1990年代後半から存在し、最大で約10人のサンプルサイズが含まれています。 実際、オンラインの性依存症と治療に関する経験的データの最近のレビューがあります。 これらは、性行動に関連して中毒性の傾向を促進および刺激する可能性のあるインターネットの多くの特定の機能(アクセシビリティ、手頃な価格、匿名性、利便性、脱出、脱抑制など)の概要を示しています。

8) 泥水の中の透明度を探る:強迫的性行動を中毒として分類するための将来の考察(クラウス等。、2016). 抜粋:

我々は最近、強迫的な性行動(CSB)を非物質的(行動)依存症として分類するための証拠を検討した。 我々のレビューでは、CSBが臨床的、神経生物学的および現象論的な類似点を物質使用障害と共有していることがわかった。

全米精神医学会はDSM-5からの過性障害を拒絶しましたが、ICD-10を使用してCSB(過度の性欲)の診断を行うことができます。 CSBもICD-11によって検討されていますが、最終的な包含は確実ではありません。 将来の研究は、CSBのより良い理解とCSBの悪影響を最小限にするための改善された政策、予防、診断、および治療努力へのこの情報の翻訳のための知識を構築し、枠組みを強化し続けるべきです。

9) インターネットポルノは性的機能不全を引き起こしていますか? 臨床報告書によるレビュー(パークら、2016). ポルノによって誘発された性的問題に関連した文献の広範なレビュー。 7米国海軍医師とゲイリーウィルソンを巻き込んで、このレビューは最新のデータを提供し、若々しい性的問題の急激な増加を明らかにしています。 また、インターネットポルノを通じたポルノ依存症や性的条件付けに関連する神経学的研究についても概説しています。 医師は、ポルノ誘発性機能障害を発症した男性の3臨床報告を提供しています。 Gary Wilsonによる2016の2番目の論文は、被験者にポルノの使用を控えることによってポルノの影響を研究することの重要性を論じています。 その影響を明らかにするための慢性的なインターネットポルノの使用を排除する(2016)。 抜粋:

かつて男性の性的困難を説明した伝統的な要因は、勃起不全の急激な上昇、射精の遅れ、性的満足度の低下、および性的満足感の低下を40下の男性で説明するには不十分であるように思われる。 このレビュー(1)は、例えば臨床的、生物学的(嗜癖/泌尿器学)、心理的(性的条件付け)、社会学的など、複数の分野からのデータを考慮している。 そして(2)は一連の臨床報告を提示しており、これらすべてはこの現象の将来の研究のための可能な方向性を提案することを目的としている。 ポルノ関連の性的機能不全の根底にある可能性のある病因として、脳の動機づけシステムの変更が検討されています。 このレビューはまた、インターネットポルノのユニークな特性(無限の新規性、より極端な素材への容易なエスカレーションの可能性、ビデオフォーマットなど)が、インターネットポルノの使用の側面に性的覚醒を容易に反映させないほど十分に強力であり得るという証拠を考慮する希望のパートナーとのセックスが期待を満たすものとして登録されず、覚醒が低下するような、ライフパートナー。 臨床報告によると、インターネットポルノの使用を中止するだけでネガティブな効果を逆転させるのに十分であることが示唆され、被験者にインターネットポルノの使用の変動を取り除く方法論を用いた広範な調査の必要性を強調している。

3.4 インターネットポルノ誘発性の性的困難に関連する神経適応:我々は、ポルノ誘発性の性的困難が脳の動機づけシステムにおける多動性および低活動性の両方を含むと仮定している。72, 129インターネットポルノ利用者に関する最近の研究では、それぞれまたはその両方の神経相関が確認されている。31, 48, 52, 53, 54, 86, 113, 114, 115, 120, 121, 130, 131, 132, 133, 134].

10) 特定のインターネット使用障害の発生と維持に関する心理学的および神経生物学的考察の統合:人 - 感情 - 認知 - 実行モデルの相互作用(Brandら、2016)。 「インターネットポルノ閲覧障害」を含む、特定のインターネット使用障害の発生と維持の基礎となるメカニズムのレビュー。 著者らは、ポルノ中毒(およびサイバーセックス中毒)はインターネット使用障害として分類され、中毒性行動としての物質使用障害の下で他の行動中毒と一緒に配置されることを示唆している。 抜粋:

DSM-5はインターネットゲームに焦点を当てていますが、有意義な数の著者は、治療を求める個人が他のインターネットアプリケーションやサイトをやみつきに使用するかもしれないことを示しています…。

研究の現状から、私たちは今後のICD-11にインターネット使用障害を含めることを提案します。 インターネットゲームの障害を超えて、他の種類のアプリケーションも問題に使用されていることに注意することが重要です。 1つのアプローチは、使用される第一選択アプリケーションを考慮して特定され得るインターネット使用障害の一般用語の導入を含み得る(例えば、インターネットゲーム障害、インターネットギャンブル障害、インターネットポルノ使用障害、インターネット通信障害、およびインターネットショッピング障害)

11) 性的依存の神経生物学:依存症の神経生物学、オックスフォードプレスからの章(ヒルトンら、 2016) - 抜粋:

我々は、自然またはプロセス依存を含む依存の神経生物学的根拠を検討し、そしてこれが個人の生活の中で機能的に「管理不能」になり得る自然な報酬としてのセクシュアリティの現在の理解にどのように関連するかを議論する…

中毒の現在の定義と理解が、脳がどのように学び、望むかに関する知識の注入に基づいて変化したことは明らかです。 性的依存症は以前は行動規範のみに基づいて定義されていましたが、現在は神経調節のレンズを通しても見られます。 これらの概念を理解しない、または理解できない人は、神経学的にナイーブな視点にしがみつく可能性がありますが、生物学の文脈で行動を理解することができる人は、この新しいパラダイムを知らせる統合的で機能的な定義を提供します。科学者と臨床医の両方。

12) オンラインポルノ中毒への神経科学的アプローチ(Stark&Klucken、2017) - 抜粋:

ポルノ素材の入手可能性は、インターネットの発達と共に実質的に増加した。 この結果として、ポルノ消費の激しさが制御できないため、男性はより頻繁に治療を求めています。 すなわち、彼らは彼らが悪い結果に直面しているにもかかわらず、彼らの問題のある行動を止めることも減らすこともできません…。 過去20年間に、実験的条件下でのポルノ鑑賞の神経相関と過度のポルノ使用の神経相関を探究するために、神経科学的アプローチ、特に機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を用いたいくつかの研究が行われた。 以前の結果を考えると、過剰なポルノグラフィーの摂取は、物質に関連した中毒の発症の根底にある既知の神経生物学的メカニズムに関連している可能性があります。

最後に、我々は神経レベルで過剰なポルノグラフィーの摂取の相関関係を調査した研究をまとめました。 縦断的研究の欠如にもかかわらず、性的依存症の男性で観察された特徴は、過度のポルノ消費の原因ではないという結果であると考えられます。 ほとんどの研究は、過剰なポルノ使用者の性的物質に対する報酬回路の方が対照対象よりも強い手がかり反応性を報告しており、これは物質関連中毒の発見を反映している。 ポルノ依存症の被験者における前頭前野 - 線条体の結合性の低下に関する結果は、中毒性行動に対する認知制御障害の徴候と解釈することができます。

13) 過度の性的行動は中毒性の障害ですか? (ポテンザ等。、2017) - 抜粋:

強迫的な性的行動障害(過性障害として操作可能)はDSM-5に含まれると考えられていましたが、正式な基準の作成と実地試験にもかかわらず、最終的に除外されました。 この除外は、予防、研究、および治療努力を妨げ、そして強迫的な性行動障害のための正式な診断なしに臨床医を去った。

強迫的性行動障害の神経生物学の研究は、中毒との実質的な類似性を示唆する注意の偏り、誘因的な顕著性の帰属、および脳ベースの手がかり反応性に関する発見を生み出してきた。 強迫的性行為障害はICD-11における衝動制御障害として提案されており、欲求、有害な結果にもかかわらず継続的な関与、衝動的関与および減少した管理は衝動制御障害の中核的特徴であるという提案の見解と一致する。 この見解はいくつかのDSM-IVの衝動制御障害、特に病理学的ギャンブルには適切かもしれません。 しかしながら、これらの要素は長い間中毒の中心であると考えられていました、そして、DSM-IVからDSM-5への移行において、分類された他の場所での衝動制御障害のカテゴリーは再構成されました。 現時点では、ICD-11ベータドラフトサイトには衝動抑制障害がリストされており、強迫的な性行動障害、ピロマニア、クレプトマニア、および間欠的な爆発性障害が含まれています。

強迫性行動障害は、ICD-11ドラフトウェブサイトで現在強迫性行動障害として提案されているより狭い用語の中毒と一致して、ICD-11に対して提案された非物質依存性障害とよく合うようです。 強迫性行為障害を中毒性障害として分類することは最近のデータと一致しており、臨床医、研究者、およびこの障害に苦しんでおり個人的に罹患している個人にとって有益である可能性があると考えています。

14) ポルノ中毒の神経生物学 - 臨床レビュー(De Sousa&Lodha、2017) - 抜粋:

このレビューではまず、中毒の基本的な神経生物学と、あらゆる中毒に一般的に関係する基本的な報酬回路と構造を調べます。 焦点はその後ポルノ中毒にシフトし、状態の神経生物学で行われた研究が見直されます。 ポルノ依存症におけるドーパミンの役割は、MRI研究で見られるように、特定の脳構造の役割とともにレビューされています。 視覚的な性的刺激を含むfMRI研究は、ポルノ使用の背後にある神経科学を研究するために広く使用されており、これらの研究からの発見は強調されています。 ポルノ中毒が高次認知機能および実行機能に及ぼす影響も強調されている。

総計で、レビュー、ミニレビュー、ポルノ使用、中毒、神経生物学の問題に関するオリジナルの研究論文を含む59記事が特定されました。 ここでレビューされた研究論文はポルノ中毒の神経生物学的根拠を解明したものに集中していました。 適切な統計分析を用いて、適切なサンプル数と適切な方法論を持つ研究を含めました。 参加者数の少ない研究、症例シリーズ、症例報告、および本稿でも分析された質的研究がありました。 両方の著者がすべての論文をレビューし、最も関連性のあるものがこのレビューのために選ばれました。 これは、ポルノ依存や視聴が苦痛な症状である患者と定期的に仕事をしている両方の著者の個人的な臨床経験でさらに補完されました。 著者らはまた、神経生物学的理解に付加価値を与えているこれらの患者との心理療法の経験を持っています。

15) プディングの証明は試飲にあります:強迫的性行動に関連するモデルと仮説を検証するためにデータが必要です(ゴラ&ポテンザ、2018) - 抜粋:

他の場所で説明されているように(Kraus、Voon、およびPotenza、 2016a)、CSBに関する出版物の数は増え続けており、11,400年には2015を超えています。それにもかかわらず、CSBの概念化に関する基本的な質問は未解決のままです(Potenza、Gola、Voon、Kor、およびKraus、 2017) DSMと 国際疾病分類 (ICD)は定義と分類プロセスに関して機能します。 そうすることで、私たちはギャンブル障害(病的ギャンブルとしても知られている)とそれがDSM-IVとDSM-5(そしてICD-10と次のICD-11)でどのように考慮されたかに焦点を合わせることが重要であると思います。 DSM-IVでは、病理学的ギャンブルは「分類されていない他の場所での衝動制御障害」として分類されていました。DSM-5では、「物質関連および中毒性障害」として再分類されていました…。 同様のアプローチがCSBにも適用されるべきであり、それは現在ICD-11におけるインパルスコントロール障害としての包含のために考慮されている(Grant et al。、 2014; Krausら、 2018……。

CSBと中毒性障害の間の類似性を示唆する可能性があるドメインの中には、神経画像研究があり、最近のいくつかの研究はWaltonらによって省略されている。 (2017)。 初期の研究では、依存症のモデルに関してCSBをよく調べました(Gola、Wordecha、Marchewka、およびSecousseでレビューされています。 2016b; Kraus、Voon、およびPotenza、 2016b)。 著名なモデル—インセンティブ顕著性理論(Robinson&Berridge、 1993)—依存症のある個人では、乱用物質に​​関連する手がかりが強いインセンティブ値を獲得し、渇望を呼び起こす可能性があると述べています。 このような反応は、腹側線条体を含む報酬処理に関係する脳領域の活性化に関連している可能性があります。 キューの反応性と報酬処理を評価するタスクは、特定のグループ(Sescousse、Barbalat、Domenech、およびDreher、)に対するキューの特異性(たとえば、金銭的対エロティック)を調査するために変更される場合があります。 2013そして最近我々はこの課題を臨床サンプルの研究に応用した(Gola et al。、 2017) 我々は、問題のあるポルノの使用とオナニーの治療を求めている個人と比較した場合、(年齢、性別、所得、宗教、パートナーとの性的接触の量、性的興奮の程度)報酬は、関連する報酬や金銭的な合図や報酬には使用できません。 このパターンの脳反応性は、インセンティブ顕著性理論と一致しており、CSBの重要な特徴は、性的活動および性的刺激に関連する最初の中立的な合図によって誘発される合図反応性または渇望を含み得ることを示唆する。 追加のデータは他の脳回路とメカニズムがCSBに関係しているかもしれないことを示唆します、そして、これらは前帯状回、海馬と扁桃体を含むかもしれません(Banca等、 2016; Klucken、Wehrum-Osinsky、Schweckendiek、Kruse、およびStark、 2016; Voonら、 2014)。 これらの中で、脅威と不安に対する高い反応性に関連する拡張扁桃体回路が特に臨床的に関連している可能性があると仮定しました(Gola、Miyakoshi、およびSecousse、 2015; ゴラ&ポテンザ、 2016)いくつかのCSB個人は高レベルの不安を呈するという観察に基づいている(Gola et al。、 2017)およびCSBの症状は、不安の薬理学的減少とともに減少する可能性があります(Gola&Potenza、 2016)...

16) 教育的、分類的、治療的、および政策的イニシアチブの推進解説:ICD-11における強迫的性行動障害クラウス他、2018) - 世界で最も広く使われている医療診断マニュアル 国際疾病分類 (ICD-11) 新しい診断が含まれています ポルノ中毒に適しています。 「強迫的性行動障害抜粋:

個人的、家族的、社会的、教育的、職業的、または他の重要な機能領域における著しい苦痛または障害に関連する性行動をもたらす、激しい反復的な性的衝動または衝動を制御するのに困難または失敗の持続的なパターンを経験する多くの個人にとって、それは問題に名前を付けて特定できるようにすることは非常に重要です。 個人が助けを求めることができるケア提供者(すなわち、臨床医やカウンセラー)がCSBに精通していることも重要です。 CSBの治療を求めている3,000人以上の被験者を対象とした私たちの研究では、CSBに苦しむ個人が助けを求めているとき、または臨床医と接触しているときに複数の障壁に遭遇することをよく耳にします(Dhuffar&Griffiths、2016年) 臨床医はそのような問題を避けたり、そのような問題は存在しないと述べたり、性欲が高いことを示唆したりする代わりにそれを受け入れるべきだと患者は報告している。複数の否定的な結果に)。 私達はCSBの無秩序のためのはっきり定義された基準はCSBの無秩序の徴候を持つ個人を査定し、扱う方法に関する訓練プログラムの開発を含む教育努力を促進すると信じる。 そのようなプログラムが、心理学者、精神科医、およびその他の精神保健サービス提供者、ならびに一般医などのプライマリケア提供者を含む他のケア提供者のための臨床研修の一部になることを願っています。

CSB障害をどのように概念化し、効果的な治療法を提供するかについての基本的な質問に対処する必要があります。 CSB障害を衝動制御障害として分類するという現在の提案は、代替モデルが提案されているので議論の余地がある(Kor、Fogel、Reid、およびPotenza、2013年) CSBが中毒と多くの機能を共有していることを示唆するデータがあります(Kraus et al。、2016エロティック刺激に関連した合図に反応して報酬関連脳領域の反応性が増加したことを示す最近のデータを含む。ブランド、Snagowski、Laier、Maderwald、2016年; Gola、Wordecha、Marchewka、およびSescousse、2016年; Gola et al。、2017; Klucken、Wehrum-Osinsky、Schweckendiek、Kruse、およびStark、2016年; Voon et al。、2014) さらに、予備データは、アルコールおよびオピオイド使用障害の適応症のある薬であるナルトレキソンが、CSBの治療に役立つ可能性があることを示唆しています(Kraus、Meshberg-Cohen、Martino、Quinones、およびPotenza、2015年; Raymond、Grant、およびColeman、2010年) CSB障害の衝動制御障害として提案された分類に関して、問題のあるポルノ使用の1つの形態のCSB障害の治療を求める個人が衝動性に関して一般集団と異ならないことを示唆するデータがある。 彼らは代わりに増加した不安を呈している(Gola、Miyakoshi、およびSescousse、2015年; Gola et al。、2017)および不安症状を標的とした薬理学的治療は、いくつかのCSB症状(ゴラ&ポテンザ、2016年) 分類に関して最終的な結論を引き出すことはまだ可能ではないかもしれませんが、衝動制御障害と比較した場合、より多くのデータが中毒性障害としての分類を支持するように思われます(Kraus et al。、2016他の精神疾患との関係を調べるためには、さらなる研究が必要である。Potenza et al。、2017).

17) ヒトおよび前臨床モデルにおける強迫的な性行動(2018) - 抜粋:

強迫的性行動(CSB)は「行動中毒」と広く見なされており、生活の質と身体的および精神的健康の両方にとって大きな脅威です。 しかしながら、CSBは臨床的に診断可能な疾患として認識されるのが遅い。 CSBは情動障害および物質使用障害と併存し、そして最近の神経画像研究は、特に動機付けの顕著性および抑制制御を制御する脳領域において、共有または重複する神経病理障害を示した。 CSBを患っている個人における前頭前野、扁桃体、線条体、および視床における構造的および/または機能的変化を同定した臨床的神経画像研究が概説される。 雄ラットにおけるCSBの神経基盤を研究するための前臨床モデルは、既知の否定的な結果にもかかわらず、性行動の探求を調べるための条件付き嫌悪手技からなることが論じられている。

CSBは他の強迫性障害、すなわち薬物嗜癖、CSBにおける所見の比較、および薬物中毒の対象と特性を共有するので、これらの障害の共存症を媒介する一般的な神経病理学を同定するために価値があり得る。 確かに、多くの研究が、CSBと慢性的な薬物使用の両方に関与している辺縁構造内の類似したパターンの神経活動と結合性を示しています[87〜89]。

結論として、このレビューは人間のCSBと薬物乱用を含む他の疾患との併存症に関する行動と神経画像研究をまとめたものです。 まとめると、これらの研究は、扁桃体と前頭前皮質との間の結合性の低下に加えて、CSBが背側前帯状回および前頭前野、扁桃体、線条体、および視床における機能的変化に関連することを示す。 さらに、雄ラットにおけるCSBの前臨床モデルが記載されており、これには性行動の抑制的制御の喪失と相関するmPFCおよびOFCにおける神経変化の新たな証拠が含まれていた。 この前臨床モデルは、主要な仮説を検証してCSBの素因と根本的な原因、および他の疾患との共存症を特定する独自の機会を提供します。

18) インターネット時代の性機能障害(2018) - 抜粋:

性的欲求の低さ、性交における満足度の低下、および勃起不全(ED)は、若い人口においてますます一般的になっています。 2013からのイタリアの研究では、EDに罹患している被験者の最大25%が40未満の年齢であり[1]、2014で発表された同様の研究では、16と21の間の半数以上のカナダの性的経験のある男性ある種の性的障害を患っている[2]。 同時に、有機性EDに関連した不健康なライフスタイルの罹患率はここ数十年で大きく変化していないか減少しており、心因性EDが増加していることを示唆している[3]。 DSM-IV-TRは、ギャンブル、買い物、性的行動、インターネット使用、およびビデオゲーム使用などの快楽的な性質を持ついくつかの行動を、「他に分類されない衝動制御障害」として定義します。 ]。 最近の調査では、性機能障害における行動嗜癖の役割が示唆されています。性的反応に関与する神経生物学的経路の変化は、さまざまな起源の繰り返される超常的刺激の結果である可能性があります。

行動嗜癖の中で、問題のあるインターネットの使用とオンラインポルノの消費は、性的機能不全の潜在的な危険因子としてしばしば引用され、しばしば2つの現象の間に明確な境界はありません。 オンラインユーザーは、その匿名性、手頃な価格、そしてアクセシビリティのためにインターネットポルノに魅了されており、多くの場合、その使用はサイバーセックス依存症を介してユーザーを導く可能性があります。性交よりも自己選択した性的に露骨な素材のほうが興奮します。

文学では、研究者はオンラインポルノの正と負の機能について不一致です。 否定的な観点からは、それは強迫的な自慰行為、サイバーセックス中毒、さらには勃起不全の主な原因を表しています。

19) 強迫性行動障害(2018)における神経認知メカニズム - 抜粋:

今日まで、強迫的な性行動に関するほとんどの神経画像研究は強迫的な性行動と非性的嗜癖の根底にある重複メカニズムの証拠を提供してきました。 強迫的な性行為は、感性、慣れ、衝動制御障害、および実体、ギャンブル、およびゲーム中毒などのパターンにおける報酬処理に関与する脳領域およびネットワークの機能の変化に関連しています。 CSBの特徴に関連する重要な脳の領域には、前頭皮質および側頭皮質、扁桃体、および側坐核を含む線条体が含まれます。

CSBDは現在のバージョンに含まれていますICD-11 インパルスコントロール障害として[39]。 WHOによって記述されているように、衝動制御障害は、衝動に抵抗することへの繰り返しの失敗、少なくとも短期間ではあるがその人に報いる行動を実行しようとする衝動を繰り返すことによって特徴付けられる。個人または他者への長期的な害、行動パターンに関する著しい苦痛、または個人的、家族的、社会的、教育的、職業的、またはその他の重要な機能分野の著しい障害 '[39]。 現在の調査結果は、CSBDの分類に関して重要な疑問を投げかけています。 障害のある衝動制御によって特徴付けられる多くの疾患は他の場所に分類されます。 ICD-11 (例えば、ギャンブル、ゲーム、および物質使用障害は中毒性障害として分類されます)[123]。

20) 強迫的性行動障害と問題のあるポルノグラフィー使用(2018)の行動神経科学に関する現在の理解 - 抜粋:

最近の神経生物学的研究は、強迫的な性行動が性的物質の処理の変化および脳の構造と機能の違いに関連していることを明らかにしました。

我々の概要に要約された調査結果は行動的および物質関連の嗜癖との関連性のある類似性を示唆しています。127])。 本レポートの範囲を超えていますが、物質的および行動的嗜癖は、主観的、行動的、および神経生物学的尺度によって示される変化した手がかり反応性によって特徴付けられます(概要およびレビュー:[128, 129, 130, 131, 132, 133]; アルコール:[134, 135]; コカイン:[136, 137]; たばこ:138, 139]; ギャンブル:[140, 141]; ゲーム:142, 143])。 休止状態の機能的連結性に関する結果は、CSBDと他の依存症との間の類似性を示している。144, 145].

これまでにCSBDの神経生物学的研究はほとんど行われていないが、既存のデータは神経生物学的異常が物質使用やギャンブル障害のような他の付加と共通性を共有することを示唆している。 したがって、既存のデータは、その分類が衝動制御障害よりも行動中毒としてより適しているかもしれないことを示唆している。

21) 強迫性行動における腹側線条体反応性(2018) – 抜粋:

強迫性行動(CSB)は治療を求める理由です。 この現実を考えると、CSBに関する研究の数は過去10年間で大幅に増加しており、世界保健機関(WHO)は今後のICD-11の提案にCSBを含めました……。 (1)支配的な対人的性行動、および(2)支配的な孤独な性的行動およびポルノグラフィーの観察によって特徴付けられる2つのサブタイプに区別することができます。48, 49).

CSB(および頻繁なポルノ使用者の亜臨床集団)に関する入手可能な研究の数は絶えず増えています。 現在利用可能な研究の中で、我々は9つの出版物を見つけることができた(表 1機能的磁気共鳴画像法を利用した。 これらのうち4つだけ(3639)エロティックな手がかりや報酬の処理を直接調査し、腹側線条体の活性化に関する発見を報告した。 3つの研究は、エロティック刺激に対する腹側線条体反応性の増加を示している(3639またはそのような刺激を予測する手がかり3639) これらの知見は、インセンティブ顕著性理論(IST)と一致しています(28、中毒で脳の機能を説明する最も著名なフレームワークの一つ。 依存症の腹側線条体の活動低下を予測する別の理論的枠組み、RDS理論に対する唯一の支持(29, 30)、1つの研究から部分的に来る(37ここで、CSBを有する個体は、対照と比較したときに刺激刺激に対してより低い腹側線条体活性化を示した。

22) オンラインポルノ依存症:私たちが知っていることとそうでないこと - 系統的レビュー(2019)- 抜粋:

ここ数年で、行動中毒に関連する一連の記事がありました。 そのうちのいくつかはオンラインポルノ中毒に焦点を当てています。 しかし、あらゆる努力にもかかわらず、この行動に従事することが病理学的になったときに私たちはまだプロファイルすることができません。 一般的な問題には、サンプルの偏り、診断機器の探求、この問題への反対の近似、そしてこの実体がより多様な症状を伴うことがあるより大きな病理学(すなわち性依存症)の中に含まれるという事実が含まれる。 行動嗜癖は、ほとんど研究されていない研究分野を形成し、通常、問題のある消費モデル、すなわち、制御の喪失、機能障害、および危険な使用を示します。 性的過敏性障害はこのモデルに適合し、オンラインポルノの問題のある使用(POPU)のようないくつかの性行動で構成されることがあります。 オンラインポルノの使用は増加しており、「トリプルA」の影響(アクセシビリティ、手頃な価格、匿名性)を考慮した中毒の可能性があります。 この問題のある使用は、特に若い人口の間で、性的発達および性的機能に悪影響を及ぼす可能性があります。

私たちの知る限りでは、最近の多くの研究で、性的機能不全や性的不満などの重要な臨床症状を伴う中毒としてこの実体を支持しています。 既存の研究のほとんどは、継続的な摂取によって中毒性の障害を引き起こす可能性がある実際の物質に似た「超常刺激」としてのオンラインポルノの仮説に基づいて、物質中毒者に対して行われた同様の研究に基づいています。 しかし、寛容や禁欲のような概念は、中毒のラベル付けに値するほど十分にはっきりと確立されていないため、将来の研究の重要な部分を構成しています。 現時点では、現在の臨床的関連性から、制御不能な性行動を含む診断エンティティがICD-11に含まれており、臨床医に助けを求めるこれらの症状を持つ患者に対処するためには確かに役立つでしょう。

23) オンラインポルノ中毒の発生と発達:個人の感受性因子、強化メカニズムおよび神経メカニズム(2019) - 抜粋:

サイバーセックス中毒の開始と発達には、古典的な条件付けとオペラント条件付けの2つの段階があります。 第一に、個人は娯楽や好奇心からサイバーセックスを時々使用します。 この段階では、インターネットデバイスの使用は性的興奮と組み合わされ、その結果、古典的な条件付けが行われ、サイバーセックス関連の手がかりが増感され、強い渇望が引き起こされます。 個々の脆弱性は、サイバーセックス関連の手がかりの感作も促進します。 第二段階では、性的欲求を満たすために個人が頻繁にサイバーセックスを利用します。または、このプロセス中に、サイバーセックスに対する肯定的な期待などのサイバーセックス関連の認知バイアスと、否定的な感情に対処するためにそれを使用するなどの対処メカニズムが積極的に強化され、それらの個人的な特性が関連付けられますナルシシズム、性的感覚の探求、性的興奮、セックスの機能不全の使用などのサイバーセックス中毒も積極的に強化されていますが、神経質、自尊心の低下、うつ病、不安などの精神病理学などの一般的な人格障害は負に強化されています。 長期的なサイバーセックスの使用により、執行機能の不足が発生します。 実行機能の不足と激しい欲求の相互作用は、サイバーセックス中毒の発達と維持を促進します。 主にサイバーセックス中毒を研究するために電気生理学的ツールと脳画像ツールを使用した研究では、サイバーセックス中毒者は、サイバーセックス関連の手がかりに直面すると、サイバーセックスに対するより強い欲求を開発する可能性がありますが、それを使用するとますます不快に感じます。 研究は、サイバーセックス関連の手がかりと実行機能の障害によって引き起こされる強い渇望の証拠を提供します。 結論として、サイバーセックス中毒の影響を受けやすい人々は、サイバーセックスと執行機能の低下に対するますます強い渇望からサイバーセックスの使用を止めることはできませんが、それを使用するときの満足度はますます低くなり、より多くのオリジナルのポルノ素材を検索しますたくさんの時間とお金をかけてオンラインで。 サイバーセックスの使用を減らすか、やめると、うつ病、不安、勃起不全、性的興奮の欠如などの一連の悪影響に苦しむことになります。

24) ポルノ使用障害(2019)の理論、予防、治療 - 抜粋:

問題のあるポルノの使用を含む強迫的な性行動障害は、衝動制御障害としてICD-11に含まれています。 ただし、この障害の診断基準は、習慣性行動に起因する障害の基準と非常に類似しています。たとえば、性的活動の繰り返しが人の人生の中心になり、性的行為の繰り返しを大幅に減らす努力の失敗と、性的行動の継続負の結果(WHO、2019)が発生しています。 多くの研究者や臨床医も、問題のあるポルノの使用は行動中毒とみなすことができると主張しています。

抑制性制御の低下、暗黙の認知(アプローチ傾向など)、およびポルノ使用に関連する満足と補償の経験と組み合わせたキュー反応性および渇望は、ポルノ使用障害の症状のある個人で実証されています。 神経科学的研究により、問題のあるポルノの使用の開発と維持における、腹側線条体および前頭線条体ループの他の部分を含む、嗜癖関連の脳回路の関与が確認されています。 症例報告および概念実証研究は、ポルノ使用障害および強迫的性行動障害の個人を治療するための薬理学的介入、例えばオピオイド拮抗薬ナルトレキソンの有効性を示唆しています。

理論的考察と経験的証拠は、嗜癖障害に関与する心理的および神経生物学的メカニズムがポルノ使用障害にも有効であることを示唆しています。

25) 自覚的な問題のあるポルノの使用:研究領域の基準と生態学的観点からの統合モデル(2019) –抜粋

自己認識の問題のあるポルノグラフィーの使用は、生体内の複数の分析単位とさまざまなシステムに関連しているようです。 上記のRDoCパラダイム内の発見に基づいて、分析の異なるユニットが互いに影響する凝集モデルを作成することが可能です(図1)。 性的活動やオルガスムに関連する報酬システムの自然な活性化に存在するドーパミンのレベルの上昇は、SPPPUを報告する人々のVTA-NAcシステムの調節を妨害するようです。 この調節不全は、報酬システムのより大きな活性化とポルノの使用に関連する条件付けの増加につながり、側坐核のドーパミンの増加によるポルノ素材へのアプローチ行動を促進します。

即時かつ容易に入手可能なポルノ素材への継続的な曝露は、中脳辺縁系ドーパミン作動性システムに不均衡を生み出すようです。 この過剰なドーパミンはGABA出力経路を活性化し、副産物としてダイノルフィンを生成し、ドーパミンニューロンを阻害します。 ドーパミンが減少すると、アセチルコリンが放出され、嫌悪状態を引き起こす可能性があり(Hoebel etal。2007)、依存症モデルの第2015段階で見られる負の報酬システムを作成します。 この不均衡は、問題のあるポルノの使用を報告する人々に見られる、アプローチから回避行動への移行とも相関しています…。 SPPPUを持つ人々の間の内部および行動メカニズムのこれらの変化は、物質依存症を持つ人々で観察されたものと類似しており、依存症のモデルにマッピングされます(Love et al.XNUMX)。

26) サイバーセックス依存症:新たに出現した疾患の開発と治療の概要(2020) - 抜粋:

サイバーセックス中毒は、インターネット上でのオンライン性行為を含む、物質に関連しない中毒です。 今日では、セックスやポルノに関連するさまざまな種類のものがインターネットメディアを通じて簡単にアクセスできます。 インドネシアでは、セクシュアリティは通常タブーと見なされていますが、ほとんどの若者はポルノにさらされています。 それは、関係、お金、大うつ病や不安障害などの精神医学的問題など、ユーザーに多くの悪影響を与える中毒につながる可能性があります。

27) 「疾患の国際分類(ICD-11)」の「嗜癖行動によるその他の特定の疾患」の指定において、疾患として考慮すべき条件はどれですか? (2020)依存症専門家によるレビューは、ポルノ使用障害は、ICD-11カテゴリー「依存性行動によるその他の特定の障害」と診断されるべき状態であると結論付けています。 言い換えれば、強制的なポルノの使用は、他の認識されている中毒のように見えます。 抜粋:

衝動制御障害のICD-11カテゴリに含まれているように、強迫性行為行動障害には、臨床的に関連する現象を構成するポルノの過度の視聴を含む、幅広い性行動が含まれる場合があります(ブランド、ブライカー、ポテンザ、2019年; Krausら、2018)。 強迫性行動障害の分類については議論されています(ダービーシャー&グラント、2015年)、一部の著者は中毒フレームワークがより適切であることを示唆しています(ゴラ&ポテンザ、2018年)特に、ポルノの使用に関連する問題に特に苦しんでいて、他の強迫的または衝動的な性的行動に苦しんでいない個人には当てはまる可能性があります(Gola、Lewczuk、およびSkorko、2016年; クラウス、マルティーノ、ポテンザ、2016年).

ゲーム障害の診断ガイドラインは、いくつかの特徴を強迫性行為障害の特徴と共有しており、「ゲーム」を「ポルノの使用」に変更することで採用される可能性があります。 これらXNUMXつのコア機能は、問題のあるポルノの使用の中心と考えられています(ブランド、Blycker、他、2019)、基本的な考慮事項に適切に適合しているように見えます(図1)。 いくつかの研究は、問題のあるポルノの使用の臨床的関連性(基準1)を実証し、仕事や個人的な関係を危険にさらし、治療を正当化することを含む日常生活の機能障害につながっています(ゴラ&ポテンザ、2016年; Kraus、Meshberg-Cohen、Martino、Quinones、およびPotenza、2015年; Kraus、Voon、およびPotenza、2016年)。 いくつかの研究とレビュー記事では、依存症研究(基準2)のモデルを使用して仮説を導き出し、結果を説明しています(ブランド、Antons、Wegmann、およびPotenza、2019年; ブランド、ウェグマン他、2019; ブランド、ヤングら、2016; Starkら、2017; Wéry、Deleuze、Canale、およびBillieux、2018年)。 自己報告、行動、電気生理学、およびニューロイメージングの研究からのデータは、物質使用障害およびギャンブル/ゲーム障害についてさまざまな程度まで調査および確立されている心理的プロセスと基礎となる神経相関の関与を示しています(基準3)。 以前の研究で指摘された共通点には、報酬関連の脳領域での活動の増加、注意バイアス、不利な意思決定、および(刺激固有の)抑制制御(例: Antons&Brand、2018; Antons、Mueller、他、2019; Antons、Trotzke、Wegmann、およびBrand、2019年; Bothe et al。、2019; ブランド、Snagowski、Laier、Maderwald、2016年; Golaら、2017; Klucken、Wehrum-Osinsky、Schweckendiek、Kruse、およびStark、2016年; Kowalewskaら、2018; Mechelmansら、2014; Stark、Klucken、Potenza、Brand、およびStrahler、2018年; Voonら、2014).

提案された11つのメタレベル基準に関してレビューされた証拠に基づいて、ポルノ使用障害は、XNUMXつのコアに基づくICD-XNUMXカテゴリ「依存性行動によるその他の特定の障害」と診断される可能性がある状態であることをお勧めしますポルノ鑑賞に関して修正されたゲーム障害の基準(ブランド、Blycker、他、2019)。 XNUMX 条件付きサイン このカテゴリー内のポルノ使用障害を検討するための個人は、ポルノ消費(今日ではほとんどの場合オンラインポルノ)の制御の低下に独占的かつ具体的に苦しんでいることであり、さらなる強迫的な性的行動(Krausら、2018)。 さらに、その行動は、機能障害に関連し、日常生活に悪影響を及ぼしている場合にのみ、依存性行動と見なされるべきです。これは、ゲーム障害の場合にも当てはまります(Billieuxら、2017; 世界保健機関、2019)。 ただし、ポルノの使用障害は現在、ポルノの視聴と頻繁に伴う性的行動(最も頻繁にオナニーですが、パートナーのセックスを含む他の性的行為)の可能性があるため、強迫性行動障害の現在のICD-11診断で診断される可能性があることにも注意してください強迫性行為障害の基準を満たす(Kraus&Sweeney、2019年)。 強迫性行動障害の診断は、ポルノを中毒に使用するだけでなく、ポルノに関連しない他の強迫性行動にも苦しむ個人に適している場合があります。 中毒行動による他の特定の障害としてのポルノ使用障害の診断は、(ほとんどの場合オナニーを伴う)ポルノの制御が不十分な状態に独占的に苦しんでいる人にはより適切かもしれません。 オンラインとオフラインのポルノの使用の区別が役立つかどうかは、現在議論されています。これは、オンライン/オフラインのゲームにも当てはまります(Király&Demetrovics、2017年).

28) 強迫的な性行動と問題のあるオンラインポルノ消費の嗜癖性:レビュー(2020) - 抜粋:

利用可能な調査結果は、依存症の特性と一致するCSBDとPOPUのいくつかの機能があり、行動依存症と薬物依存症を対象とするのに役立つ介入は、CSBDとPOPUを持つ個人をサポートする際の適応と使用についての考慮が必要であることを示唆しています。 CSBDまたはPOPUの治療の無作為化試験はありませんが、オピオイド拮抗薬、認知行動療法、マインドフルネスに基づく介入は、いくつかの症例報告に基づいて有望であると思われます。

POPUおよびCSBDの神経生物学には、確立された薬物使用障害、類似の神経心理学的メカニズム、およびドーパミン報酬システムにおける一般的な神経生理学的変化と関連する神経解剖学的相関の数が含まれます。

いくつかの研究は、性的嗜癖と確立された嗜癖障害の間の神経可塑性の共有パターンを引用しています。

過度の薬物使用を反映して、過度のポルノの使用は、機能、障害および苦痛のいくつかの領域に悪影響を及ぼします。

29) 機能不全の性行動:定義、臨床的背景、神経生物学的プロファイルおよび治療(2020) - 抜粋:

1.ポルノをオンラインで大量に使用する若者の間でのポルノの使用は、性的欲求の減少や早漏、場合によっては社交不安障害、うつ病、DOC、ADHDに関連しています[30-32]。 。

2.「性的従業員」と「ポルノ中毒者」の間には明らかな神経生物学的違いがあります。前者が腹側の活動低下を持っている場合、後者は代わりに、報酬回路の活動低下なしにエロティックな信号と報酬に対する腹側の反応性が高いことを特徴とします。 これは、従業員が対人関係を必要としているのに対し、後者は孤独な活動をする傾向があることを示唆しています[33,34]。 また、麻薬中毒者は前頭前野の白質のより大きな解体を示します[35]。

3.ポルノ依存症は、神経生物学的に性的依存症とは異なりますが、それでも行動依存症の一形態であり、この機能不全は、機能的性的刺激に対する脱感作、過敏症のレベルでの神経生物学的変化を直接的および間接的に含む、人の精神病理学的状態の悪化を助長します。刺激性的機能不全、下垂体-視床下部-副腎軸のホルモン値および前頭前回路の前頭葉下垂に影響を与える可能性のある顕著なレベルのストレス[36]。

4.ポルノ消費の許容度が低いことは、消費されたポルノの量に関連する報酬系(背側線条体)の灰白質の存在が少ないことを発見したfMRI研究によって確認されました。 彼はまた、ポルノの使用の増加は、性的な写真を見ている間、報酬回路の活性化が少ないことと相関していることを発見しました。 研究者たちは、彼らの結果が脱感作とおそらく寛容を示していると信じています。これは、同じレベルの覚醒を達成するためにより多くの刺激が必要であるということです。 さらに、ポルノに依存する被験者の被殻では、潜在能力の低い信号が発見されています[37]。

5.考えられることとは反対に、ポルノ中毒者は性的欲求が高くなく、ポルノ素材の閲覧に関連する自慰行為は、被験者が一人での活動をより快適に感じるため、早漏を好む欲求を減らします。 したがって、ポルノに対する反応性が高い個人は、実在の人物と共有するよりも、孤独な性行為を行うことを好みます[38,39]。

6.ポルノ依存症の突然の停止は、気分、興奮、関係的および性的満足に悪影響を及ぼします[40,41]。

7.ポルノの大量使用は、心理社会的障害や人間関係の困難の発症を促進します[42]。

8.性行動に関与するニューラルネットワークは、依存症を含む他の報酬の処理に関与するものと類似しています。