デバンカーをデバンクする:編集者への手紙に対する批判 (2015)中毒予測の最新の改ざん

事実対フィクション.png

概要

様々なコメント、記事やツイートで Nicole Prause しただけではないと主張している Prauseら、 2015 偽造「中毒モデル、手がかり反応性バイオマーカーの核心、" でもそれは "独立した研究室で再現された一連の行動研究[偽造]中毒モデルの他の予測。」 プラウスは、2016年の「編集者への手紙」(このページで批評)を裏付けとなる証拠として引用しています。 簡単に言えば、プラウスは彼女のすべての暴く卵をXNUMXつのバスケットに集めました-以下に抜粋したXNUMXつの段落。 このYBOPレスポンスは、 デバンカー(Nicole Prause) そして彼女のお気に入りの「卵」すべて。

神経科学者に反応して マツエスゴーラ 彼らの2015 EEG研究の批判的分析(Prauseら。、2015), Prauseら。 編集者への独自の手紙を書いた、「Prause等。 (2015)中毒予測の最新の改ざん、」と呼びます。Golaに返信する。」 (興味深いことに、編集者の「ゴラへの返信」の元の「承認された原稿」には、ニコールプラウゼのみが著者として記載されていたため、彼女の共著者がゴラへの返信の作成に参加したのか、それともプラウゼによる単独の努力であったのかは不明です。)

確かに、Golaへの返信の大部分は Prause et al。、2015年の解釈。 2015年に、ニコールプラウゼは、彼女のチームの異常な研究が単独で「ポルノ中毒を暴いた」と全面的に主張しました。 正当な研究者は何をしますか これまで 「暴かれた」と主張する 研究分野全体 そして「偽造」した 以前のすべての研究 単一のEEG研究では?

さて、2016年に、ゴラへの返信の最後の段落は、プラウスの単一のEEG研究が先頭に立った一握りの論文が、「依存症モデルの複数の予測」を偽造しているという同様に不当な主張を提唱しています。

以下のセクション#1では、Reply to Golaに引用されている論文が実際に見つけた(そして見つけなかった)ことを明らかにし、また多くの関連する研究が省略されていることを明らかにすることによって改竄の主張をデバンクします。 以下のセクション#2では、Reply to Golaでサポートされていない他の主張と不正確さを調べます。 始める前に、関連項目へのリンクは次のとおりです。

  1. 「ポルノ中毒」と矛盾する問題のある利用者および対照における性的画像による遅発性ポジティブポテンシャルの変調 (Prause et al。、2015) ニコールPrause、ヴォーンR.スティール、キャメロンStaley、ディーンSabatinelli、グレッグHajcake。
  2.   YBOPに対する批判 Prause et al。、2015。
  3. XNUMX件の査読済み分析 of Prause et al。、2015: 1, 2, 3, 4, 56, 7, 8, 9, 10。 みんなが同意する Prauseら。 実際に発見された脱感作または慣れ–中毒と一致しています。
  4. MatueszGolaの批評 Prauseら、2015: 問題のあるポルノユーザーの性的画像のLPPの低下は、依存症モデルと一致している可能性があります。 すべてはモデルによって異なります。 (Prause、Steele、Staley、Sabatinelli、およびHajcakに関する解説、2015年)。
  5. ゴラ自身への返信: Prause等。 (2015)中毒予測の最新の改ざん.
  6. このプレゼンテーションでは、Gary Wilsonが5の疑わしい誤解を招くような研究(2つのNicole Prause EEG研究を含む)の背後にある真実を明らかにしています。 ポルノ研究:事実かフィクションか

セクション1: Prauseら。 中毒モデルの主張された改ざん

これは最後の段落です。 Prauseら。 ポルノ中毒モデルを偽造すると主張する証拠を要約する:

「最後に、複数の方法を使用した依存症モデルの複数の予測のポパーによる改ざんを強調します。 ほとんどの依存症モデルでは、依存症の人は、使用したい(または行動に従事したい)という衝動をあまり制御できないことが求められます。 性的画像の表示に関してより多くの問題を報告している人は、実際には性的反応をよりよく制御できます(Moholy、Prause、Proudfit、Rahman、およびFong、2015年、Winters、Christoff、およびGorzalka、2009年による最初の研究で複製)。 依存症モデルは通常、否定的な結果を予測します。 勃起不全はポルノ使用の最も一般的に示唆されている負の結果ですが、勃起不全は実際にはより多くのセックス映画を見ても上昇しません(Landripet&Štulhofer、2015; Prause&Pfaus、2015; Sutton、Stratton、Pytyck、Kolla、&Cantor、2015 )。 依存症モデルは、物質の使用または行動を使用して、悪影響を改善または回避することを提案することがよくあります。 セックスフィルムに関する問題を報告している人々は、実際には、ベースライン/プレビューでの悪影響がコントロールよりも少ないと報告しました(Prause、Staley、およびFong、2013年)。 一方、Prause et al。の発行以来、さらに2015つの説得力のあるモデルがより多くの支持を受けています。 (2016)。 これらには、元のハイドライブ仮説(Steele、Prause、Staley、およびFong、2013)をサポートするハイセックスドライブモデル(Walton、Lykins、およびBhullar、2015)が含まれます。 パーソンズら。 (2014)高い性欲がそれらの報告問題のサブセットを表すかもしれないことを示唆しました。 また、セックス映画の視聴に関連する苦痛は、保守的な価値観と宗教的歴史に最も強く関連していることが示されています(Grubbs et al。、XNUMX)。 これは、問題のあるセックス映画の視聴行動の社会的恥モデルをサポートします。 議論は、独立した実験室の複製によって偽造された複数の予測を持っていたセックスフィルム視聴の中毒モデルのテストから、それらの行動のより適切なモデルを特定することに移るべきです。」

上記の各アサーションに取り組む前に、何を明らかにすることが重要です Prauseら。 いわゆる「改ざん」から除外することを選択しました。

  1. 実際のポルノ中毒者に関する研究 あなたはその権利を読みました。 引用されたすべての研究のうち、1人だけがポルノ中毒者のグループを含み、それらの被験者の71% 深刻な悪影響を報告した。 結論:あなたが引用した研究がポルノ中毒者を調査しなければ、「ポルノ中毒」を偽造することはできません。
  2. ポルノユーザーとセックス中毒者について発表されたすべての神経学的研究–すべてが依存症モデルをサポートしているためです。 このページのリスト 56神経科学に基づく研究 中毒モデルを強力にサポートしている(MRI、fMRI、EEG、神経心理学、ホルモン)。
  3. 査読されたすべての人 文献レビュー –すべてがポルノ依存症モデルをサポートしているため。 これが 31の文献レビューと解説 ポルノ中毒モデルを支持する、世界のトップ神経科学者の何人かによる。
  4. ポルノの使用/性依存症を性的問題と覚醒の低下に関連付ける40以上の研究を選択します。 リストの最初の7研究は因果関係を実証する参加者はポルノの使用を排除し、慢性的な性機能障害を治癒した。
  5. ポルノの使用と性的および人間関係の満足度を低下させる80の研究。 私達が知る限り 男性に関する研究では、より多くのポルノの使用が 貧しい 性的または人間関係の満足度。
  6. ポルノ使用の増加(耐性)、ポルノへの慣れ、さらに禁断症状でさえも一致する所見を報告している60以上の研究 (中毒に関連するすべての徴候と症状)。
  7. 85以上の研究が、ポルノの使用を精神的感情的健康の低下と認知的結果の低下に結び付けています
  8. 「性的欲求の高さ」がポルノや性中毒を説明しているという、支持されていない話のポイントを暴くこと: 少なくとも25の研究は、セックスとポルノ中毒者が「ただ高い性的欲求を持っている」という主張を偽造しています
  9. 青年期に関するすべての多くの研究ポルノの利用は、より貧弱な学者、より多くの性差別的態度、より貧弱な健康、より貧しい関係、より低い生活満足度、物としての人々の見方、性的リスクの高まり、コンドームの使用の減少、性的暴力の増加、性的強制の高まりに関連します。性的満足度の低下、性欲の低下、寛容な態度の向上、そしてもっとたくさんのもの。 (要するに、EDは 以下の「ゴラへの返信」で主張されている「ポルノ使用の最も一般的に示唆されている悪影響」。)
  10. 公式診断ですか? 世界で最も広く使われている医療診断マニュアル 国際疾病分類 (ICD-11) 新しい診断が含まれています ポルノ中毒に適しています。 「強迫的性行動障害

Golaへの返信では、 Prauseら。 次のそれぞれを改ざんする 保険金請求 (「予測」)依存症モデルに関連します。 Reply to Golaからの関連する抜粋と裏付けとなる研究が完全に示され、その後にコメントが続きます。


主張1:悪い結果にもかかわらず、使用を管理できないこと。

PRAUSE: 「ほとんどの依存症モデルでは、依存症の人は、使用したい(または行動に従事したい)という衝動をあまり制御できないことが求められます。 性的画像の表示に関してより多くの問題を報告している人は、実際には性的反応をより適切に制御できます(Moholy、Prause、Proudfit、Rahman、およびFong、2015年に複製、Winters、Christoff、およびGorzalka、2009年による最初の研究)」

被験者がポルノの使用を管理するのに問題があるかどうかを評価しなかったため、2つの研究は何も偽造しなかったと述べています。 最も重要なことは、どちらの研究も「ポルノ中毒者」であるかどうかを評価することから始まったのではありません。 (依存症の専門家が定義する)依存症の明確な証拠を持つ被験者を評価することから始めない場合、ポルノ依存症モデルをどのようにデバンキングできますか? 2つの研究が実際に評価して報告したものと、それらが何も改ざんしていない理由を簡単に調べてみましょう。

Winters、Christoff、およびGorzalka、 2009 (男性における性的覚醒の意識的調節):

  • この研究の目的は、男性がセックス映画を見ながら自己申告による性的興奮を弱めることができるかどうかを確認することでした。 重要な発見:性的興奮を抑えるのが得意な男性は、自分自身を笑わせるのも得意でした。 性的興奮の抑制に最も成功しなかった男性は、一般的に他の男性よりも角質でした。 これらの調査結果は、実際のポルノ中毒者の「深刻な悪影響にもかかわらず使用を制御できない」とは何の関係もありません。
  • このオンライン匿名調査では、評価ツールが「性的強制力尺度」(SCS)であったため、「ポルノ中毒者」であるかどうかは評価されませんでした。 SCSは、インターネットポルノ中毒または女性の有効な評価テストではないため、この調査の結果はインターネットポルノ中毒者には適用されません。 SCSは1995年に作成され、制御されていない性的 関係 念頭に置いて(エイズ流行の調査に関連して)。 の SCSは言うこの尺度は、性行動の割合、性的パートナーの数、さまざまな性行動の実践、および性感染症の病歴を予測することが示されていますに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

Moholy、Prause、Proudfit、Rahman、およびFong、 2015 (性的欲求ではなく性的欲求が性的覚醒の自己調節を予測する):

  • この研究は、上記の研究と同様に、どの参加者が「ポルノ中毒者」であるかどうかを評価しませんでした。 この研究はに依存していました CBSOB これはインターネットポルノの使用については質問がありません。 それは、「性行為」、または被験者が自分の活動について心配しているかどうか(「私は妊娠しているのではないか」、「誰かにHIVをあげました」、 したがって、CBSOBのスコアと覚醒を調節する能力との間の相関関係は、多くの人にとって意味がありません。 インターネットポルノ パートナーシップセックスをしていない中毒者。
  • 上記のWintersの研究と同様に、この研究では、ポルノを見ている間、角質の参加者は性的興奮を下方制御するのが困難であることが報告されました。 Prauseら。 この研究はWintersら、2009を再現した:角質の人々はより高い性欲を有する。 (ダー)
  • この研究には、他のPrauseチームの研究で見られたのと同じ致命的な欠陥があります。研究者は非常に異なる主題(女性、男性、異性愛者、非異性愛者)を選択しましたが、すべての標準的な、おそらく興味のない男性+女性のポルノを示しました。 簡単に言えば、この研究の結果は、男性、女性、および非異性愛者が一連の性的画像に対する反応に違いがないという前提に依存していました。 これは明らかに そうではありません.

どの参加者がポルノ中毒者であるかを特定した研究はありませんが、ゴラへの返信では、実際の「ポルノ中毒者」はポルノを見ている間、性的興奮を制御する能力が最も低いはずだと主張しているようです。 しかし、なぜゴラの作者への返信は、ポルノ中毒者が「より高い覚醒」を持つべきだと考えるのでしょうか? Prause et al。、2015 「ポルノ中毒者」が持っていたと報告した less コントロールよりもバニラポルノへの脳の活性化? (ちなみに、 別のEEG研究 また、女性におけるポルノ使用量の増加は、 less ポルノへの脳の活性化。 Prause et al。 2015と合わせる Kühn&Gallinat (2014), これは、より多くのポルノの使用が less バニラポルノの写真に反応して脳の活性化。

Prause etal。 2015年代 脳波所見もまた Banca et al。 2015ポルノ中毒者の性的画像への習慣性が高まった。 より低いEEGの読みは対象が支払っていることを意味します less 写真への注意。 より頻繁なポルノユーザーは、おそらくラボで示されたバニラポルノに飽きていました。 Moholy&Prauseの強迫的なポルノユーザーは「性的反応をうまくコントロールする。」 代わりに、彼らはバニラポルノの静止画像に慣れたり鈍感になったりしていました。

頻繁なポルノユーザーが寛容を発達させることは珍しくありません。それは同じレベルの覚醒を達成するためにより大きな刺激の必要性です。 同様の現象は、同じ高値を達成するためにより大きな「ヒット」を必要とする薬物乱用者でも発生します。 ポルノユーザーの場合、新しいジャンルまたは極端なジャンルのポルノにエスカレートすることで、より大きな刺激が得られることがよくあります。

ショック、驚き、期待の侵害、さらには不安さえも引き起こす新しいジャンルは、性的興奮を増大させるように機能することがあります。 A 最近の研究が見つかりました そのようなエスカレーションは今日のインターネットポルノユーザーには非常に一般的です。 調査した男性の49%は、以前は彼らにとって面白くなかった、あるいは彼らは嫌だと考えていた。」 要するに、 複数の研究 頻繁なポルノユーザーの慣れまたはエスカレーションを報告しています–中毒モデルと完全に一致する効果。

キーポイント: ゴラへの返信におけるこの主張全体は、「ポルノ中毒者」が経験すべきであるという支持されていない予測に基づいています 性的興奮 バニラポルノの静止画像に 覚醒をコントロールする能力が低い。 しかし、強迫的なポルノユーザーや中毒者は、バニラポルノへのより大きな覚醒とより大きな性的欲求を経験するという予測は、何行かの研究によって繰り返し偽造されてきました:

  1. 40研究以上 性的興奮や性的機能不全を低下させるためにポルノの使用をセックスパートナーと結び付ける。
  2. 25研究 セックスやポルノ中毒者は「性的欲求が高い」という主張に対抗します(以下で詳しく説明します)。
  3. 75研究リンク以上 性的および人間関係の満足度が低いポルノの使用。

要約すると:

  • 引用されたXNUMXつの研究は、ポルノ中毒者が否定的な結果にもかかわらず使用を制御できないこととは何の関係もありません。
  • 引用されたXNUMXつの研究は、ポルノ中毒者であるかどうかを特定していなかったため、「ポルノ中毒」については何も教えてくれません。
  • セックス依存症アンケートでより高い得点を得た被験者( ポルノ中毒)は、バニラポルノを見ている間、「彼らの覚醒をよりよく制御」しませんでした。 彼らはバニラポルノに退屈している可能性が非常に高いです(つまり、中毒に関連する脳の変化である脱感作)。

クレーム2:中毒者は否定的な感情を免れるために物質または行動を使用します

PRAUSE: 「依存症モデルは、物質の使用または行動を使用して、悪影響を改善または回避することを提案することがよくあります。 セックスフィルムに関する問題を報告している人々は、実際には、ベースライン/プレビューでの悪影響がコントロールよりも少ないと報告しました(Prause、Staley、およびFong、2013年)。

中毒者はしばしば否定的な影響(感情)を免れるために使用しますが、もう一度Golaへの返信は上記の中毒予測を偽造することとは何の関係もない研究を支持すると述べています。 Prause, ステイリー&フォン 2013 この現象はまったく調べていません。 実際に報告された内容は次のとおりです。

「予期せぬことに、VSS-PグループはVSS-Cよりも性的フィルムへのポジティブおよびネガティブな影響の共活性化が有意に少なかった。」

翻訳:いわゆる「ポルノ中毒者」(VSS-Pグループ)は、コントロールグループ(VSS-C)よりもポルノに対する感情的な反応が少なかった。 簡単に言えば、「ポルノ中毒者」は、性的映画と中性映画の両方に対して感情的な反応が少ないことを経験しました。 キーポイント: プラウスの2013年の研究 と同じ主題を使った Prause et al。、2015これは、発見されたものとまったく同じ2015 EEG研究です less バニラポルノの静止画像への脳活性化

バニラポルノを見ることに感情的な反応が少ない「より頻繁なポルノユーザー」については、非常に簡単な説明があります。 バニラポルノは、もはやそれほど興味深いものとして登録されていません。 同じことがニュートラルな映画に対する「より頻繁なポルノユーザー」の反応にも当てはまります–彼らは鈍感でした。 Prause、Staley、およびFong、2013(とも呼ばれる Prauseら2013)は徹底的に ここで批評.

ゴラの改ざんの主張への返信には、いくつかのパターンが現れています。

  1. 引用された研究はポルノ中毒モデルの偽造とは何の関係もありません。
  2. Prauseはしばしば彼女自身の研究を引用します。
  3. 3賞賛の研究(Prause et al。、2013, Prause et al。、2015, Steele et al。、2013。)関係者全員 同じ科目.

Prauseの3つの研究(「PrauseStudies」)の「ポルノ中毒ユーザー」について私たちが知っていることは次のとおりです。ポルノ中毒の評価を受けたことがないため、必ずしも中毒者ではありませんでした。 したがって、中毒モデルに関係することを「偽造」するために合法的に使用することはできません。 グループとして、彼らはバニラポルノに鈍感または慣れていました。これは中毒モデルの予測と一致しています。 これが各研究の内容です 実際に 「ポルノ中毒」の主題について報告された:

  1. Prause et al。、2013:「ポルノ中毒のユーザー」は、バニラポルノを見ている間、より多くの退屈と気晴らしを報告しました。
  2. Steele et al。、2013:ポルノに対する手がかり反応性がより高い個人 less パートナーとのセックスを望みますが、それ以上にオナニーをする意欲はありません。
  3. Prause et al。、2015:「ポルノ中毒ユーザー」は less バニラポルノの静止画像への脳活性化 より低いEEGの読みは、「ポルノ中毒」の被験者が写真にあまり注意を払っていなかったことを意味します。

XNUMXつの研究から明確なパターンが浮かび上がります。「ポルノ中毒のユーザー」はバニラポルノに鈍感または慣れており、ポルノに対する手がかり反応性が高いユーザーは、実在の人物とセックスするよりもポルノに自慰行為をすることを好みました。 簡単に言えば、彼らは脱感作され(中毒の一般的な兆候)、非常に強力な自然の報酬(パートナーセックス)よりも人工的な刺激を好みました。 これらの結果をポルノ中毒を偽造していると解釈する方法はありません。

あなたの「ポルノ中毒者」が本当にポルノ中毒者でないなら、あなたはポルノ中毒モデルを偽造することはできません

プラウス研究の大きな欠陥は、プラウスの主題のどれが実際にポルノ中毒であったかを誰も知らないということです。 これが、これら3つの研究の説明で「ポルノ中毒者」の周りに引用符がしばしばある理由です。 被験者はアイダホ州ポカテロからオンライン広告を介して募集されました。性的画像の閲覧を規制する際に問題が発生しているアイダホ州ポカテロは50%モルモンを上回っているので、多くの被験者は次のように感じるでしょう。 どれか ポルノ使用量は深刻な問題です。

2013インタビューで Nicole Prause 彼女の多くの被験者は、ほんのわずかな問題しか経験していないことを認めています(つまり、彼らはポルノ中毒ではなかったことを意味します)。

「この調査には、問題を報告した人だけが含まれていました。 比較的小規模から 圧倒的な問題に、視覚的な性的刺激の表示を制御します。」

繰り返しますが、「ポルノ中毒」(性的衝動性尺度)を評価するために3つの研究で採用された質問票は ポルノ中毒のスクリーニング機器として検証されていません。 それは1995で作成され、管理されていない性的機能で設計されています 関係 エイズの流行の調査に関連して、(パートナーと)念頭に置いて。 の SCSは言う:

「規模は、性行動の割合、性的パートナーの数、さまざまな性行動の実践、および性感染症の病歴を予測するためのものであるべきです」。

さらに、Prause Studiesは、女性被験者にアンケートを実施しました。 それでも、SCSの開発者は、このツールは女性の精神病理を示さないと警告しています。

「性的衝動スコアと精神病理学の他のマーカーとの関連は、男性と女性で異なるパターンを示しました。 性的衝動は男性の精神病理学の指標と関連していた 女性ではないに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

どの被験者がポルノ中毒であるのかを明らかにしていないことに加えて、Prauseスタディは、 精神障害、強迫行動、または他の中毒の対象をスクリーニングしない。 これは、中毒に関する「脳の研究」にとって非常に重要です。混乱して結果が無意味にならないようにするためです。 もうXNUMXつの致命的な欠陥は、Prauseの研究対象が異質ではなかったことです。 彼らはいた 男性と女性、7非異性愛者を含むしかし、すべて標準的な、おそらく興味をそそらない、男性+女性のポルノが見られた。 これだけですべての調査結果が割引かれます。 どうして? 研究が確認した後の研究 男性と女性が著しく 異なります 性的な画像や映画に対する脳の反応。 これが真剣な中毒研究者が対象を注意深く合わせる理由です。

要約すれば、

  • ゴーラへの返信で引用された研究(Prause et al。、2013)ポルノ中毒者がポルノを使用する動機を評価することとは何の関係もありません。 それは確かにポルノ中毒者が否定的な感情を逃れるためにポルノを使用する程度を評価しません。
  • Prauseスタディは、被験者がポルノ中毒者であるかどうかを評価しませんでした。 著者らは、被験者の多くが使用の制御にほとんど問題がないと認めた。 すべての被験者は、ポルノではない中毒者のグループとの正当な比較を許可するために、ポルノ中毒者であることを確認されている必要があります。
  • すべての有効な脳の研究は正確な比較のために同種の被験者を持たなければなりません。 Prauseスタディはそうではなかったので、結果は信頼できず、そして何かを偽造するために使用することはできません。

主張3:ポルノ中毒者は単に「性欲が高い」

PRAUSE: 一方、Prause et al。の発行以来、さらに2015つの説得力のあるモデルがより多くの支持を受けています。 (2016)。 これらには、元のハイドライブ仮説(Steele、Prause、Staley、およびFong、2013)をサポートするハイセックスドライブモデル(Walton、Lykins、およびBhullar、2015)が含まれます。 パーソンズら。 (XNUMX)は、性欲の高さがこれらの報告問題のサブセットを表す可能性があることを示唆しています。

ポルノやセックス中毒者は単に「高い性的欲求」を持っているという主張は、によって偽造されています 25最近の研究。 実際には、Nicole Prauseはこれに述べています クォラポスト 彼女はもはや「セックス中毒者」が高い性欲を持っているとは信じていません。

「私は性欲の高さの説明に部分的でしたが、私たちが発表したばかりのこのLPP研究は、性的衝動にもっとオープンになるように私を説得しています。」

どんな研究が報告したとしても、「高い性的欲求」はポルノ中毒と相互に排他的であるという偽りの主張に対処することが重要です。 他の中毒に基づいて仮説を考えると、その非合理性が明らかになります。 (詳細については、この批評を参照してください Steele、Prause、Staley、およびFong、 2013 高い欲求、または単に中毒? への返答 Steele et al。、2013)。 たとえば、そのような論理は、病的肥満であり、食事を制御することができず、それについて非常に不満であるということは、単に「食べ物に対する高い欲求」であることを意味しますか?

さらに外挿すると、アルコール依存症者は単にアルコールに対する高い欲求を持っていると結論付けなければなりませんよね? 事実、すべての中毒者は中毒性のある物質や活動に対して「高い欲求」を持っています(「感作「)、他の中毒関連の脳の変化のためにそのような活動の楽しみが低下した場合でも(減感作)。 しかし、それは彼らの中毒を無効にしません(それは病理学のままです)。

ほとんどの中毒の専門家は「悪い結果にもかかわらず使用を続けます」は中毒の主要なマーカーになります。 結局のところ、誰かがポルノによって引き起こされた勃起不全を起こし、彼の動機と社会的スキルに対するポルノの影響のために、母親の地下にある彼のコンピューターを超えて冒険することができない可能性があります。 しかし、これらの研究者によると、彼が「高い性的欲求」を示している限り、彼には中毒はありません。 このパラダイムは、症状や行動など、依存症について知られているすべてのものを無視します すべての中毒者に共有例えば、深刻な否定的な影響、使用をコントロールできない、欲望など.

上記の「高い欲求」の主張を支持するために引用された3つの研究をさらに詳しく見てみましょう。

1. Steele、Prause、Staley、およびFong、 2013 (性的欲求ではなく性的欲求は性的イメージによって誘発される神経生理学的反応に関連する):

この研究については上記で説明しました(Steele et al。、2013) 2013の広報担当者であるNicole Prauseは、次の2つのサポートされていないパブリッククレームを行いました。 Steele et al。、2013:

  1. その被験者の脳の反応は、他のタイプの中毒者に見られるものとは異なっていました (コカインがその例でした)
  2. その頻繁なポルノユーザーは単に「高い性的欲求」を持っていました。

申し立て#1被験者がポルノ写真に短時間さらされたときの研究では、より高いEEG測定値が報告された。 研究は、常習者が彼らの常習に関連した手がかり(画像など)にさらされたときに高いP300が起こることを一貫して示しています。 8の査読論文を分析しているように、この発見はポルノ中毒モデルを支持する Steele et al。 説明(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8)と心理学の名誉教授 ジョンA.ジョンソンは指摘した 2013の下のコメントに 心理学今日 賞賛インタビュー:

「彼女が性的画像のP300の読み取り値が高いと報告していることを考えると、彼女の被験者の脳は麻薬中毒者の脳が彼らの薬物に反応するように、性的画像に反応しなかったというプラウスの主張に私の心はまだ悩まされています。 選択した薬を提示されたときにP300スパイクを示す中毒者のように。 彼女はどのようにして実際の結果とは反対の結論を導き出すことができるでしょうか?」

ジョンソン博士、セックス依存症については意見がない、 Prauseインタビューの下で2度目の批判的にコメントした:

Mustanskiは「研究の目的は何ですか?」と尋ね、Prauseはこう答えました。「このような問題(オンラインエロティカの視聴規制における問題)を報告した人々が性的画像に対する脳反応から他の中毒者のように見えるかどうかをテストしました」

しかし、この研究では、オンラインエロチカの視聴を規制するのに問題がある人の脳の記録を、麻薬中毒者の脳の記録や中毒者以外の対照群の脳の記録と比較していませんでした。これは、問題のある人からの脳の反応を確認するための明白な方法でした。グループは、中毒者または非中毒者の脳の反応のように見えます…..

申し立て#2)調査のスポークスパーソンであるニコール・プラウゼは、ポルノユーザーは単に「性的欲求が高い」と主張しましたが、調査では、ポルノに対するより大きな手がかり反応性が less パートナーセックスへの欲求。 別の言い方をすれば、ポルノに対する脳の活性化が大きい人は、本物の人とセックスするよりもポルノに自慰行為をするほうがよいでしょう。 それは「高い」ではありません 性的な 欲望。" からの抜粋 の批評 Steeleら. これより 文献の2015レビュー:

さらに、要約にリストされている結論は、「無秩序ではなく、欲求の高さとして過性愛を理解することへの含意」が議論されています。303](p。1)は、P300の振幅が マイナスに パートナーとのセックスに対する欲求と相関している。 Hilton(2014)で説明されているように、この発見は「P300の解釈を高い欲求として直接矛盾させる」[307]。 ヒルトンの分析はさらに、対照群の欠如とEEG技術が「性的欲求の高さ」と「性的強制」を区別することができないことがSteele et al。 解釈不可能な調査結果[307].

結論:の調査結果 Steeleら2013は実際にReply to Golaで行われた主張を偽造します。

2. パーソンズ他。、2015 (性的過敏、性的に強迫的、または単に性的に非常に積極的な? ゲイとバイセクシャルの男性の3つの異なるグループとそれらのHIV関連性的リスクのプロファイルの調査):

Reply to Golaで引用されたほぼすべての研究と同様に、この研究では、実際にポルノ中毒になっている被験者を評価できませんでした。 それは、性的行動についてのみ尋ねたXNUMXつの質問票を採用しました:「性的衝動性尺度」(上記で議論)と「異常性欲障害スクリーニング目録」。 どちらのアンケートにもインターネットポルノの使用に関する項目はXNUMXつも含まれていなかったため、この調査では何もわかりません。 インターネットポルノ中毒.

一方、 パーソンズ等。、2015年は、ゲイおよびバイセクシュアルの男性の性行動にのみ関係しており、その調査結果は、「性依存症は単に高い性的欲求である」という主張を実際に偽造しています。 高い性的欲求と性依存症が同じである場合、母集団ごとにXNUMXつのグループの個人しか存在しません。 代わりに、この研究はいくつかの異なるサブグループを報告しましたが、すべてのグループが同様の性的活動率を報告しました。

新たな研究は、ゲイとバイセクシュアルの男性(GBM)の性的強迫性(SC)と性欲過剰障害(HD)が、性的強迫性でも異常性欲でもない48.9つのグループで構成されると概念化される可能性があるという概念を支持しています。 性的強迫のみ、および性的強迫と異常性欲の両方-SC / HD連続体全体で異なるレベルの重症度を捉えます。 この非常に性的に活発なサンプルのほぼ半分(30%)は、SCでもHDでもない、21.1%はSCのみ、XNUMX%はSCとHDの両方に分類されました。 報告された男性パートナーの数については、XNUMXつのグループ間に有意差は見られませんでしたが、アナルセックスは…。

簡略化:性的活動によって測定される高い性的欲求は、人が性依存症であるかどうかについてほとんど教えてくれません。 ここでの重要な発見は、性依存症は「高い性的欲求」と同じではないということです。

3. Walton、Lykins、およびBhullar、 2016 (異性、バイセクシュアル、同性愛を超えて性同一性表現における多様性):

この「編集者への手紙」がなぜ引用されるのかは謎のままです。 これは査読済みの研究ではなく、ポルノの使用、ポルノ中毒、または性欲亢進とは何の関係もありません。 Reply to Golaの著者は、関連性のない論文で引用数を埋めていますか?

要約すると:

  • 引用された3つの研究は、どの被験者もポルノ中毒であるかどうかを評価しませんでした。 結果として、彼らはポルノ中毒者が単に高い性的欲求を持っているという主張について私たちにほとんど伝えることができません。
  • Steele、Prause、Staley、およびFong、 2013はポルノへのより大きな手がかり反応性が関連していると報告しました less パートナーとのセックスを望みます。 これはポルノ中毒者が高いという主張を偽造します 性的な 欲望。
  • パーソンズ他。、2015年は、性的活動は異常性欲の測定とは無関係であると報告しました。 これは、「セックス中毒者」が単に高い性的欲求を持っているという主張を偽造します。
  • Walton、Lykins、およびBhullar、 2016は編集者への手紙であり、当面の主題とは何の関係もありません。

クレーム4:勃起不全はポルノ使用の最も一般的に示唆された負の結果です

PRAUSE: 依存症モデルは通常、否定的な結果を予測します。 勃起不全はポルノ使用の最も一般的に示唆されている負の結果ですが、勃起不全は実際にはより多くのセックス映画を見ても上昇しません(Landripet&Štulhofer、2015; Prause&Pfaus、2015; Sutton、Stratton、Pytyck、Kolla、&Cantor、2015 )。

「勃起不全はポルノ使用の最も一般的な負の結果である」という主張は支持されていません。 それは わら男の議論 を次のように定義しています:

  1. 勃起不全がポルノ使用の#1の結果であると査読を受けた論文はこれまで主張していません。
  2. ポルノ使用の#1の影響は、査読付き論文には記述されていません(そしておそらくそうなることはないでしょう)。
  3. この主張はポルノの影響に限定されています つかいますポルノの影響と同じではありません 中毒.

認定条件 可能性 勃起不全はポルノの#1ネガティブな結果である つかいます 人口の女性の半分が省略されるとき? 性的問題がポルノ使用の最大の結果であるならば、女性を含むように、それは性欲の低さまたは無秩序でなければならないでしょう。

いずれにせよ、引用された3つの研究のうちの1つだけが、もしあれば、どの被験者がポルノ中毒であるかを実際に特定しました: Sutton、Stratton、Pytyck、Kolla、およびCantor、 2015 確かに、これは すべての研究参加者をポルノ中毒者として特定するGolaへの返信全体で引用された研究。 ここで引用した他の2つの研究(Landripet&Štulhofer、2015; プラウス&ファウスポルノ中毒と勃起不全の関係については、どちらの被験者もポルノ中毒であるかどうかを評価しなかったので、2015)は、ポルノ中毒と勃起不全の間の関係については何も話しません。 おなじみの?

それでは、最初に、ゴラへの返信で引用されている唯一の関連する研究を調べてみましょう。

サットン、ストラットン、ピティック、コラ、カンター、2015 (Hypersexuality Referralのタイプ別の患者特性:115連続男性症例の定量的な検討):

これは、性的倒錯や慢性的なマスターベーションや姦淫などの異常性欲障害の治療を求める男性(平均年齢41.5歳)に関する研究です。 27人は「回避性自慰行為者」として分類されました。つまり、7日XNUMX時間以上、またはXNUMX週間XNUMX時間以上自慰行為をしました(通常はポルノを使用)。 強迫的なポルノユーザーの71%は性機能の問題を報告しており、33%は射精の遅れを報告していました (多くの場合、ポルノによるEDの前兆)。

残りの男性の38%はどのような性機能障害を持っていますか? 研究は述べておらず、著者は詳細の繰り返しの要求を無視しています。 この年齢層の男性の性機能障害のXNUMXつの主要な選択肢は、EDと性欲の低下です。 男性は彼らの勃起機能について尋ねられませんでした ポルノなし. 多くの場合、男性は、パートナーのセックスをしておらず、すべてのクライマックスがポルノへのマスターベーションを伴う場合、ポルノによって誘発されたEDを持っていることを知りません。 これは、ポルノ中毒者の性的問題が71%を超えていた可能性があることを意味します。 なぜゴラへの返信がこの研究を「否定的な結果」がポルノ中毒と関連していないという証拠として引用したのかは謎のままです。

Sutton et al。2015はによって複製されました。 他の唯一の研究 性機能障害と問題のあるインターネットポルノの使用との関係を直接調査すること。 主要な研究大学による2016年のベルギーの研究では、問題のあるインターネットポルノの使用が、勃起機能の低下と全体的な性的満足度の低下に関連していることがわかりました。 しかし、問題のあるポルノユーザーはより大きな渇望を経験しました。 男性の49%がポルノを見たため、この調査はエスカレーションを報告しているようです。以前は彼らにとって面白くなかった、あるいは彼らは嫌だと考えていたに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

実際には、 30研究以上 ポルノの使用/ポルノ中毒と性的機能不全または性的覚醒の低下との間のこの関連性を複製した。 そのリストの最初の5研究は証明します 因果関係 参加者はポルノの使用を排除し、慢性的な性的機能不全を癒しました。 また、以上 60研究リンクポルノ使用 性的および人間関係の満足度を下げるため。 私には「ポルノ使用の悪影響」のように聞こえます。

ポルノによって引き起こされる性機能障害を「暴く」ことは「ポルノ中毒」の存在とは関係ありませんが、勃起不全と現在のポルノ使用レベルとの間にほとんど関係がないという主張について、上記の最初のXNUMXつの研究を調べます。

まず、2010年以降の若い男性のセクシュアリティを評価する研究では、性機能障害の歴史的なレベルと、新しい惨劇の驚くべき割合である性欲の低下が報告されていることを知っておくことが重要です。 すべてが文書化されています この2016査読論文。

プラウス&ファウス 2015 (勃起不全ではなく、より大きな性的反応に関連する性的刺激の表示):

この石畳の紙はポルノ中毒であると被験者を特定しなかったので、その調査結果はポルノ中毒モデルが偽造されたという主張を支持することができません。 プラウス&ファウス 2015年はまったく研究ではありませんでした。 代わりに、プラウスは彼女の以前のXNUMXつの研究からデータを収集したと主張しましたが、そのどれも勃起不全に対処していませんでした。 追加の問題:のデータのどれも プラウス&ファウス (2015)論文は、以前の4つの研究のデータと一致しています。 食い違いは小さくなく、説明されていません。

研究者のRichard A. Isenberg医師によるコメント、 に発表されました 性医療オープンアクセス、 不一致、エラー、およびサポートされていない主張の一部(全部ではありません)を指摘します(a 素直な批評はより多くの食い違いを記述する)。 ニコール・プラウセとジム・ファウスは、この論文に関連して多くの虚偽のまたは支持されていない主張をしました。

この研究に関する多くのジャーナリストの記事は、ポルノの使用が 優れた まだ勃起していますが、それはその論文が見つけたものとは異なります。 記録されたインタビューでは、Nicole PrauseとJim Pfausの両方が、実験室で勃起を測定したこと、およびポルノを使用した男性の方が勃起が良好であったと誤って主張しました。 の中に ジムファウステレビインタビュー Pfausは述べています:

「私たちは、研究室で勃起する彼らの能力の相関関係を調べました。」

「私たちは、彼らが家で見たポルノの量と線形の相関関係を見つけました、そして、例えば彼らが勃起するまでの待ち時間はより速いです。」

In このラジオインタビュー Nicole Prauseは、勃起は実験室で測定されたと主張しました。 ショーからの正確な引用:

「自宅でエロティカを見る人が増えるほど、ラボでの勃起反応は低下するのではなく、強くなります。」

しかし、この論文では、ラボでの勃起の質や「勃起の速度」については評価していません。 この論文は、ポルノを簡単に見た後、男性に「覚醒」を評価するように求めたと主張しているだけです(そして、すべての被験者の場合に実際に起こったことさえ、基礎となる論文からは明らかではありません)。 いずれにせよ、論文自体からの抜粋は次のことを認めています。

「男性の自己申告の経験を裏付ける生理学的生殖器反応データは含まれていませんでした。」

第2のサポートされていない主張では、主執筆者Nicole Prause ツイート しかし、4つの基礎研究は280男性の被験者のみを含んでいたので、「234」は邪魔になります。

サポートされていない3番目の主張:Isenberg博士は、それがどうして可能なのか疑問に思いました。 プラウス&ファウス 2015年に異なる被験者の覚醒レベルをXNUMXつ比較した 異なります 4基礎研究では、性的刺激の種類が使用されました。 2つの研究は3分のフィルムを使用し、1つの研究は20秒のフィルムを使用し、そして1つの研究は静止画像を使用しました。 それはよく確立されている 映画は写真よりはるかに興奮しているしたがって、正当な研究チームがこれらの主題をグループ化して、それらの応答について主張することはありません。 衝撃的なのは、彼らの論文で、Prause&Pfausが4つの研究すべてが性的な映画を使用したと説明できないほど主張していることです。

「研究で発表されたVSSはすべて映画でした。」

プラウス自身の基礎となる研究で明らかにされているように、この声明は誤りです。

サポートされていない4番目の主張:Isenberg博士はまた、 プラウス&ファウス 2015年は、さまざまな被験者の覚醒レベルを比較しました のみ1 4基礎研究のうちの 1から9スケール。 0つは7から1のスケールを使用し、7つはXNUMXからXNUMXのスケールを使用し、XNUMXつの研究は性的興奮の評価を報告しませんでした。 もう一度、Prause&Pfausは不可解に次のように主張します。

「男性は、1の「まったくない」から9の「非常に高い」までの範囲で、「性的覚醒」のレベルを示すよう求められました。

基礎となる論文が示すように、これもまた間違っています。 要約すると、Prauseが生成したポルノの勃起や覚醒などに関する見出しはすべて正当化されません。 プラウス&ファウス 2015はまた、彼らが勃起機能スコアと先月に見たポルノの量との間に関係がないことを見つけたと主張しました。 イセンバーグ博士が指摘したように:

「さらに厄介なのは、勃起機能のアウトカム指標に関する統計的所見が完全に省略されていることです。 統計結果は一切提供されていません。 代わりに、著者は読者に、ポルノを閲覧した時間と勃起機能との間に関連性がなかったという彼らの根拠のない声明を単に信じるように求めています。 パートナーとの勃起機能はポルノを見ることによって実際に改善されるかもしれないという著者の矛盾する主張を考えると、統計分析の欠如は最もひどいです。」

アイゼンバーグ博士の批判に対するPrause&Pfausの回答では、彼らは再び「根拠のない声明」を裏付けるデータを提供できませんでした。 なので この分析資料、Prause&Pfausの応答は、Isenberg博士の正当な懸念を回避するだけでなく、いくつかの 新製品 虚偽の表示およびいくつかの透過的に虚偽の記述。 最後に、 アメリカ海軍の7人の医師による文献レビュー 上のコメント プラウス&ファウス 2015:

「私たちのレビューには、インターネットポルノの使用は若い男性の性的困難の高まりとは無関係であると主張する2015つのXNUMX年の論文も含まれていました。 しかし、そのような主張は、これらの論文の綿密な調査および関連する正式な批判では時期尚早であるように思われます。 最初の論文には、若々しいEDにおける性的条件付けの潜在的な役割についての有用な洞察が含まれています[50]。 しかしながら、この刊行物は様々な不一致、省略および方法論上の欠陥に対して批判を浴びている。 例えば、インターネットポルノ使用に関連した勃起機能結果尺度の統計結果は提供されていません。 さらに、研究医師が論文の正式な批評で指摘したように、論文の著者らは、「調査した母集団またはその結論を正当化するための統計分析について十分な情報を読者に提供していない」[51]。 さらに、研究者らは先月のインターネットポルノ使用の数時間だけを調査した。 それでもインターネットポルノ依存症に関する研究では、インターネットポルノ使用時間数の変動は「日常生活における問題」、SAST-R(性的依存症スクリーニングテスト)、およびIATsex(楽器)のスコアとは無関係であることがわかりました。それはオンラインの性的行為への嗜癖を評価する)52, 53, 54, 55, 56]。 より良い予測因子は、インターネットポルノを見ている間の主観的な性的興奮の評価(手がかり反応性)、すべての中毒における習慣性行動の確立された相関である[52, 53, 54]。 インターネットのビデオゲームに費やされた時間が中毒性の行動を予測しないという証拠も増えています。 「中毒は、行動の動機、結果、および文脈上の特性も評価の一部である場合にのみ適切に評価できます。」[57]。 他の3つの研究チームは、(使用時間以外の)「性欲過多」のさまざまな基準を使用していますが、それを性的困難と強く相関させています。15, 30, 31]。 まとめると、この調査は、単に「使用時間」ではなく、複数の変数がポルノ依存症/異常性欲の評価に非常に関連しており、ポルノ関連の性機能障害の評価にも非常に関連している可能性が高いことを示唆しています。

米海軍の論文は、ポルノによって誘発された性機能障害を予測するために「現在の使用時間」のみを相関させることの弱点を強調しました。 現在視聴されているポルノの量は、ポルノ誘発性EDの発症に関与する多くの変数のXNUMXつにすぎません。 これらには次のものが含まれます。

  1. ポルノに対するオナニーとポルノのないオナニーの比率
  2. ポルノに対するオナニーに対する人の性的行為の比率
  3. パートナーとのセックスのギャップ(人がポルノのみに頼る場合)
  4. 聖母かどうか
  5. 合計使用時間
  6. 使用年数
  7. 年齢はポルノを使い始めました
  8. 新しいジャンルへのエスカレーション
  9. ポルノによるフェチの発達(エスカレートからポルノへの新しいジャンルへ)
  10. セッションごとの新規性のレベル(つまり、編集ビデオ、複数のタブ)
  11. 中毒関連の脳が変わるかどうか
  12. 過性/ポルノ中毒の存在

この現象を研究するためのより良い方法は、インターネットのポルノ使用の変動を取り除き、その結果を観察することです。これは海軍の論文と他の2つの研究で行われました。 そのような研究は明らかにします 因果関係 ファジー相関の代わりに、さまざまな解釈が可能です。 私のサイト 文書化されている ポルノを排除し、慢性的な性的機能不全から回復した数千人の男性。

Landripet&Štulhofer2015 (ポルノ使用は若い異性愛者の間の性的困難および機能不全と関連するか? 簡単なコミュニケーション):

屈折計と同様に、この類の検証は官能評価と並行して行うべきです。一般的に、抽出が進むにつれて高温になる抽出方法は、抽出が成功する確率が低い傾向にあります。 プラウス&ファウス、2015年、この「簡単なコミュニケーション」では、ポルノ中毒の対象を特定できませんでした。 評価するポルノ中毒者がいなければ、ポルノ中毒の「否定的な結果」を改ざんすることはできません。 ゴラへの返信は、 Landripet&Štulhofer、2015はポルノ使用と性的問題の間に関係を見つけませんでした。 両方に記載されているように、これは正しくありません。 このYBOP批評 および 米海軍の文献レビュー:

2番目の論文は、昨年のインターネットポルノの使用頻度と、ノルウェー、ポルトガル、クロアチアの性的に活発な男性のED率との間にほとんど相関がないことを報告しました。6]。 これらの著者は、以前の論文とは異なり、男性の40以下でのEDの有病率が高いことを認めており、実際には、それぞれ31%および37%と同じくらい高いEDおよび低い性的欲求率を見出した。 対照的に、論文の著者の1人によって2004で行われたプレストリーミングインターネットポルノグラフィー研究は、男性の5.8%のED率を報告しました35〜39 [58]。 それにもかかわらず、統計的比較に基づいて、著者は、インターネットポルノグラフィーの使用は若々しいEDのための重要な危険因子であるように思われないと結論を下します。 彼らが調査したポルトガル人男性がノルウェー人やクロアチア人と比較して性機能障害の発生率が最も低く、ノルウェー人と比較して「週に数回から毎日」のポルトガル語の40%しか報告していないため、57%、およびクロアチア人、59%。 この論文は、仕事中であることが知られているかまたは仮定されている変数間の直接的および間接的関係の両方を包含することができる包括的なモデルを採用しないことについて正式に批判されている。59]。 ちなみに、問題のある低い性欲についての関連論文で 同じ調査参加者の多くを巻き込む ポルトガル、クロアチア、ノルウェーから、男性は、自分たちが問題としている性的関心の欠如の一因となっていると信じている多数の要因のうちどれを尋ねた。 他の要因の中でも、約11% - 22%が "私はポルノを使いすぎます"を選び、16% - 26%は "私があまりにも頻繁に自慰行為をする"を選びました。60].

海軍の医師が説明したように、この論文は非常に重要な相関関係を発見しました。ポルトガル人男性の40%だけがポルノを「頻繁に」使用し、ノルウェー人の60%はポルノを「頻繁に」使用しました。 ポルトガル人男性はノルウェー人よりも性機能障害がはるかに少なかった。 クロアチア人に関しては、 Landripet&Štulhofer2015は、より頻繁なポルノ使用とEDの間の統計的に有意な関連性を認めていますが、効果の大きさは小さかったと主張しています。 しかしながら、この主張は熟練した統計学者であり多くの研究を書いたMDによれば誤解を招く可能性があります。

別の方法で分析すると(カイ50乗)、…適度な使用(使用頻度が低い場合)により、このクロアチアの人口でEDが発生する確率(可能性)が約XNUMX%増加しました。 発見がクロアチア人の間でのみ特定されたのは不思議ですが、それは私には意味があるように聞こえます。

加えて、 Landripet&Stulhofer 2015は、著者の一人が提示した2つの重要な相関関係を省略しました ヨーロッパの会議。 彼は、勃起不全と「特定のポルノジャンルの好み」との間に有意な相関関係があることを報告しました。

「特定のポルノジャンルの好みを報告することは 勃起と有意に関連している (ただし射精や欲求には関係ない)男性 性的機能不全に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

それはそれを言っています Landripet&Stulhofer 彼らの論文から、勃起不全とポルノの特定のジャンルに対する好みとの間のこの重要な相関関係を省略することを選んだ。 ポルノユーザーが元の性的嗜好と一致しないジャンルにエスカレートし、これらの条件付きポルノの嗜好が実際の性的出会いと一致しないときにEDを経験することは非常に一般的です。 我々と米海軍が上で指摘したように、先月の数時間や昨年の頻度だけでなく、ポルノの使用に関連する複数の変数を評価することは非常に重要です。

2番目の重要な発見は省略 Landripet&Stulhofer 2015は女性参加者を巻き込みました:

「ポルノの使用の増加は、パートナーのセックスへの関心の低下と女性の間でより一般的な性機能障害とわずかではあるが有意に関連していた。」

ポルノの使用の増加と性欲減退および性機能障害の増加との間の有意な相関関係は非常に重要であるように思われます。 なぜしなかったのか Landripet&Stulhofer 2015年の報告によると、女性ではポルノの使用と性機能障害の間に有意な相関関係が見られ、男性では少数でしたか? そして、なぜこの発見はのいずれかで報告されていないのですか? Stulhoferの多くの研究 これらの同じデータセットから生じる? 彼のチームは、彼らが主張するデータを公表することは非常に迅速であると主張しているが、ポルノによるEDのデビューを未だに示しているが、ポルノ使用の否定的な性的影響について女性に知らせるのは非常に遅い。

最後に、デンマークのポルノ研究者 Gert MartinHaldの正式な批判的コメント 12の過去数ヶ月の週あたりの頻度よりも多くの変数(メディエータ、モデレータ)を評価する必要性を反映しています。

この研究は、研究された関係の可能性のある調整者または仲介者に対処するものでも、因果関係を決定することもできません。 ポルノに関する研究では、研究対象の関係の大きさや方向に影響を与える可能性がある要因(モデレータ)と、その影響が生じる可能性がある経路(メディエータ)がますます注目されています。 ポルノ消費と性的困難に関する将来の研究もまた、そのような焦点を含めることから利益を得るかもしれません。

結論:すべての複雑な病状には複数の要因が関係しており、それらをバラバラにする必要があります。 いずれにせよ、Landripet&Stulhoferの声明は、「ポルノグラフィーは、若い男性の欲求、勃起不全、またはオルガスムの困難の重大な危険因子ではないようです」は、ユーザーに性的パフォーマンスの問題を引き起こす可能性のあるポルノの使用に関連する他のすべての変数を無視しているため、行き過ぎです。これには、特定のジャンルへのエスカレーションが含まれますが、「簡単なコミュニケーション」では省略されています。

自信を持ってインターネットポルノから心配するものは何もないと主張する前に、研究者はまだごく最近のことを説明する必要があります、 若々しいEDの急激な上昇と性的欲求の低さ、 そしてその ポルノの使用を性的問題に結びつける多くの研究.

最後に、ttは共著者に注意することが重要です Nicole Prause 持っています ポルノ業界との密接な関係 PIEDを暴くことに夢中になって、 この学術論文に対する3年の戦争、同時にポルノによって引き起こされた性機能障害から回復した若い男性に嫌がらせと解放をします。 ドキュメントを参照してください:n: Gabe Deem #1, Gabe Deem #2, アレクサンダーロードス島#1, アレクサンダーロードス島#2, アレクサンダーロードス島#3, ノア教会, アレクサンダーロードス島#4, アレクサンダーロードス島#5, アレクサンダーロードス島#6アレクサンダーロードス島#7, アレクサンダーロードス島#8, アレクサンダーロードス島#9, アレクサンダーロードス島#10アレックスロードス#11, GabeDeemとAlexRhodesが一緒に#12, アレクサンダーロードス島#13, アレクサンダーロードス島#14, Gabe Deem #4, アレクサンダーロードス島#15.

これは研究者にとって並外れた行動ですが、プラウスは 文書化された複数のインシデント嫌がらせおよび名誉毀損に関与している 彼女の結論に異議を唱える人はだれでも悔い改めるに値すると人々を説得するための進行中の "astroturf"キャンペーンの一部として。 Prauseが蓄積しました 長い歴史 作者、研究者、セラピスト、記者など、インターネットポルノの使用による害の証拠をあえて報告することを敢えてしている人々のこと。 彼女は ポルノ業界にはかなり居心地がよいこれからわか​​るように、 X-Rated Critical Organization(XRCO)賞授賞式のレッドカーペットの上の彼女(右端)の画像。 (ウィキペディアによると「the XRCO賞 アメリカ人によって与えられる X評価批評家団体 毎年、アダルトエンターテインメントで働く人々に提供され、業界のメンバー専用に予約された唯一のアダルトインダストリーアワードショーです。【1]) また、Prauseには 主題としてポルノパフォーマーを得た 他のポルノ業界の利益団体を通じて フリースピーチ連合。 FSCで得られた被験者は彼女で使用されたと言われています 雇われた銃の研究 ひどく汚れている および 非常に商業的な「オルガスム瞑想」 スキーム(現在 FBIによって調査された)。 賞賛も作りました サポートされていない申し立て彼女の研究の結果 と彼女 研究の方法論。 より多くの文書については、以下を参照してください。 Nicole Prauseはポルノ業界の影響を受けますか?


5を主張する:宗教的ポルノユーザーは、無神論者よりもポルノ使用についてやや苦痛を感じている

PRAUSE: また、性映画の鑑賞に関連する苦痛は、保守的な価値観および宗教的歴史と最も強く関連していることが示されています(Grubbs et al。、2014)。 これは問題の性映画鑑賞行動の社会的恥モデルを支持する。

ここでは、ポルノ中毒を暴くためのゴラの試みへの返信は、ターゲットからさらに遠くに漂っています。 深く宗教的な個人が無神論者よりもポルノの使用について少し苦痛を経験しているという一見明白な発見をどうするか? この発見はポルノ中毒モデルをどのように偽造しますか? そうではありません。 さらに、引用された研究は、「性映画鑑賞に関連する苦痛。 

とは言うものの、ジョシュア・グラブス研究(「知覚中毒研究」)に関するいくつかの一般的な記事は、彼の知覚中毒研究が実際に報告したこととこれらの発見が何を意味するかについて非常に誤解を招くような絵を描くことを試みました。 これらの偽の記事に応えて、YBOPは公開しました この広範な批評 知覚された中毒研究および関連する誤解を招くような記事でなされた主張のうち。

更新:新しい研究 (フェルナンデス等。、2017) Joshua Grubbsによって開発された「知覚されたポルノ依存症」アンケートであるCPUI-9をテストおよび分析したところ、「実際のポルノ依存症」を正確に評価できないことがわかりました。 or 「知覚されたポルノ中毒」 (サイバーポルノはインベントリを使用しますか - 9スコアは、インターネットポルノでの実際の強迫性を反映していますか? 禁欲的な取り組みの役割を探る)。 また、「道徳的不承認」、「宗教性」、「ポルノの使用時間」に関連する有効な結果を返すには、CPUI-1の質問の3/9を省略する必要があることもわかりました。 この調査結果は、CPUI-9を採用した、またはCPUI-XNUMXを採用した研究に依存した研究から導き出された結論について重大な疑問を提起します。 新しい研究の懸念や批判の多くは、この広範なで概説されたものを反映しています YBOP批評.

Grubbsら、2014 (中毒としての侵略:ポルノへの知覚された中毒の予測因子としての宗教と道徳的不承認):

この研究の現実:

  1. この研究では、ポルノ中毒者であるかどうかを特定できなかったため、ポルノ中毒モデルの評価には関係ありません。
  2. 上記のゴラの主張に対する回答とは反対に、この研究は「性映画鑑賞に関連する苦痛。」「苦痛」という言葉は 研究の要約.
  3. Golaへの返信と Grubbsら、 2014 最後に、 ポルノ中毒の最も強い予測因子は実際には何時間ものポルノ使用でした, 宗教ではない! 見る この広範囲なセクション 研究の表、相関関係、および研究が実際に見つけたものを使用します。
  4. Grubbsのポルノ依存症アンケート(CPUI-9)を分析すると、「宗教性」と中核的な依存症行動(アクセス努力の質問4〜6)との関係は事実上存在しません。 簡単に言えば、宗教性はほとんど何の関係もありません 実際の ポルノ中毒。
  5. 一方、「ポルノの使用時間」と コア依存症の行動 「アクセスの取り組み」の質問4〜6で評価されます。 簡単に言えば: ポルノ中毒は見られるポルノの量に非常に強く関連しています.

ゴラへの返信、デビッド・レイのようなブロガー、そしてグラブス自身でさえ、宗教的な恥がポルノ中毒の「本当の」原因であるというミームを構築しようと努力しているようです。 しかし、「知覚された依存症」の研究がこの流行の論点の証拠であるというのは、単に真実ではありません。 再び、 この広範な分析 をデビュー 「ポルノ中毒は宗教的な恥だけです" 請求。 私たちがそれを考えるとき、ミームは崩れます:

  1. 宗教的な恥は、麻薬中毒者に見られるものを反映した脳の変化を引き起こしません。 対照的に、今は 41の神経学的研究 強迫的なポルノユーザーや性中毒者の中毒関連の脳の変化を報告する。
  2. 認知された中毒研究 宗教的な個人の断面図を使用しなかった。 代わりに、現在のポルノユーザー(宗教的または非宗教的)のみが質問されました。 研究の優位性は、宗教的個人における強迫的な性行為およびポルノの使用の割合が低いことを報告している(1を研究する, 2を研究する, 3を研究する, 4を研究する, 5を研究する, 6を研究する, 7を研究する, 8を研究する, 9を研究する, 10を研究する, 11を研究する, 12を研究する, 13を研究する, 14を研究する, 15を研究する, 16を研究する, 17を研究する, 18を研究する, 19を研究する, 20を研究する, 21を研究する, 22を研究する, 23を研究する, 24を研究する).
    • これは、Grubbsの「宗教的なポルノユーザー」のサンプルが比較的小さく、必然的に既存の状態または根本的な問題を持つ個人に偏っていることを意味します。
    • それはまた、「宗教」が ポルノ中毒を予測する。 その代わりに、宗教性はどうやら 保護 ポルノ中毒の開発から1つ。
  3. その他にもたくさんのグーグルの 無神論者とアグノスティックス ポルノ中毒を開発する。 最後にポルノを使用したことがある男性に関する2つの2016研究 最後の6ヶ月、またはで 最後の3ヶ月、非常に高い強制的なポルノ使用率を報告した(両研究とも28%)。
  4. 宗教的であることは、健康な若い男性に慢性的な勃起不全、性欲減退、無オルガスム症を引き起こしません。 まだ 多数の研究 ポルノの使用を性的機能不全および性的満足度の低下に結び付ける。 ED率は1000%によって説明がつかないほど急上昇しました 40年末から「チューブ」ポルノがポルノ視聴者の注目を集めて以来、2006歳未満の男性で。
  5. この 治療を求めるポルノ中毒者に関する2016研究 その宗教を見つけた 相関しませんでした 性依存症のアンケートに否定的な症状やスコアがある。 この 治療を求めている性欲の2016研究 発見 関係なし 宗教的献身と自己申告過激行動のレベルと関連する結果との間の関係。
  6. 研究ショー ポルノ依存症の深刻さが増すにつれて、宗教的個人はしばしば宗教的慣行に戻り、より頻繁に教会に出席し、回復への対処/探求の方法としてより敬虔になることを忘れないでください(12ステップと考えてください)。 これだけでポルノ中毒と宗教性の関係を説明することができます。

要約すると:

  • Reply to Golaの主張と引用された単一の研究はどちらもポルノ中毒モデルとは関係ない。
  • 2014年のGrubbsの「知覚中毒」研究では、ポルノ中毒は、宗教よりも視聴されたポルノの量とより強く相関していることが実際にわかりました。
  • 宗教的な「恥」が依存症に関連した脳の変化を誘発するという証拠はありませんが、これらの変化は繰り返し発見されています。 問題のあるポルノユーザーの頭脳.
  • 宗教性が実際に個人をポルノの使用から、したがってポルノ中毒から保護しているという多くの証拠があります。
  • Grubbsの「宗教的なポルノユーザー」のサンプルは横断的ではないため、必然的に遺伝的素因または根本的な問題の発生率が高くなります。
  • 最近行われた2つの研究では、治療を求めている男性におけるポルノ依存と宗教との間に関係はないと報告されています。

アップデート: XNUMXつの新しい研究は、「宗教はポルノ中毒を引き起こす」というミームの中心に賭けを推進しています。


セクション2:少数の選択されたクレームに対する批判

概要

このセクションでは、Reply toGolaに記載されているサポートされていないアサーションと虚偽のステートメントのいくつかを調べます。 Reply to Golaに一行ずつ挑戦したくなりますが、その主な弱点は、その議論が疑わしいことです。 彼らはの内容に対処することができません YBOP批評 または9の査読付き分析 Prause et al。 2015年(Matuesz Golaを含む): の査読付き批評 Prauseら。、2015。 すべての9エキスパート分析は次のように同意しています Prauseら2015は、実際には脱感作または慣れを発見したが、これは中毒モデルと一致している。 Prauseは明白なことにも言及していません。 Prause等。 2015 キュー反応性が見つからなかった場合、強迫的なポルノユーザーのキュー反応性または渇望(感作)を報告した21の神経学的研究があります。 ポルノユーザー/セックス中毒者の感作(キュー反応性と渇望)を報告する研究: 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21 , 22, 23, 24。 科学では、あなたは孤独な異常な研究と一緒に行くのではありません - あなたは証拠の優位性と一緒に行きます。

ゴラへの返信に関する以下の主張は、マテウシュ・ゴーラの懸念に関連しています。 Prauseら、 2015の方法論上の欠陥 これと他のPrause研究のいくつかの大きな欠陥はどんな研究結果とそれに関連する主張も重大な疑いを残しています:

  1. 対象はポルノ中毒についてスクリーニングされなかった(潜在的な対象は単一の質問にのみ回答した)。
  2. 使用されたアンケートはポルノの使用について質問せず、「ポルノ中毒」を評価するのに有効ではありませんでした。
  3. 対象は、異質であった(男性、女性、非異性愛者)。
  4. 被験者は、交絡する精神医学的状態、薬物使用、向精神薬、薬物中毒、行動中毒、または強迫性障害(いずれか1つが除外されている)についてスクリーニングされなかった。

申し立てに返信: Prauseら、 2015年は、どの被験者がポルノ中毒者であるかを募集および特定する際に「適切な」方法論を採用しました。 Voonら、 2014 しませんでした。

真実からそれ以上遠いものはあり得ない。 Prause et al。 方法論はあらゆるレベルで失敗した Voonら。 その「ポルノ中毒」被験者(強迫性行動被験者)の募集、スクリーニング、および評価に細心の注意を払った方法論を採用しました。

ちょっとした背景。 Prauseと比較した 平均 55人の「ポルノ中毒者」のEEG測定値 平均 67人の「非中毒者」のEEG測定値。 しかし、の有効性 Prauseら、 2015は完全に脳の活性化パターンの比較に依存します グループヘッド of ポルノ中毒者 グループヘッド of 非常習者。 プラウスの改ざんの主張とその結果としての疑わしい見出しが正当であるためには、 プラウスの55人の被験者のうち、実際のポルノ中毒者である必要があります。 いくつかではなく、ほとんどではありませんが すべての主題 (Voonのように)。 すべての兆候は、55人のプラウス被験者のかなりの数が中毒者ではないことを示しています。 からの抜粋 Steele et al。2013は、3 Prauseスタディ(XNUMX Prause Studies)で採用されている選択プロセス全体と除外基準について説明しています(Prause et al。、2013Steeleら。、2013, Prause et al。、2015):

「当初の計画では、性依存症の治療を受けている患者を募集することが求められていましたが、地元の施設内審査委員会は、そのようなボランティアをVSSにさらすと再発を助長する可能性があるという理由でこの募集を禁止しました。 代わりに、参加者はオンラインでアイダホ州ポカテロコミュニティから募集されました 性的画像の閲覧を規制している問題を経験している人々を要求する広告に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

それでおしまい。 含めるための唯一の基準は、XNUMXつの質問に「はい」と答えることでした。性的画像の閲覧を規制する際に問題が発生していますか。」 最初 顕著なエラー スクリーニング質問が含まれています。 画像インターネットのポルノ、特にストリーミングビデオ(最も深刻な症状の原因となるポルノの形態であると思われる)の視聴についてではありません。

もっと大きな欠点は、Prauseスタディが性やポルノ依存症の質問票を使って潜在的な被験者をスクリーニングしなかったことです。 Voonら。 した)。 また、潜在的な被験者は、ポルノの使用が自分たちの生活に悪影響を及ぼしているのか、自分自身がポルノ中毒であると考えているのか、または中毒に似た症状を経験しているのかどうかについても尋ねなかった。Voonら。 した)。

間違えないで Steele et al。、2013も Prauseら。、2015は、これらの55の主題をポルノ中毒者または強迫的なポルノユーザーとして説明しました。 被験者は、ポルノの使用によって「苦痛」を感じていることだけを認めました。 彼女の主題の混合された性質を確認して、プラウスはで認めました 2013インタビュー 55の被験者の中には軽微な問題しか経験していないものもあります ポルノ中毒者):

「この調査には、問題を報告した人だけが含まれていました。 比較的小さい 圧倒的な問題に、視覚的な性的刺激の表示を制御します。」

3 Prause Studiesは、実際のポルノ中毒について被験者をスクリーニングできなかったことをさらに複雑にして、混乱を防ぐために中毒研究で通常使用されている標準的な除外基準を無視することを選択しました。 Prauseスタディはしませんでした:

  • 精神疾患のスクリーニング対象(自動除外)
  • 他の中毒のためのスクリーンの主題(自動除外)
  • 向精神薬を使用していたかどうかを尋ねる(しばしば除外)
  • 現在薬物を使用している人のためのスクリーニング対象(自動除外)

Voonら2014は、同種のポルノ中毒の被験者のみを調査していることを確認するために、上記すべてを行いました。 まだ Prauseら2015が採用したことを認めた いいえ 被験者を除外する基準

「異常性欲は成文化された診断ではなく、患者の募集は明示的に禁止されていたため、問題のあるユーザーを経験的に特定するためにしきい値を使用することはできませんでした」

プラウスの見解では、単一の質問の広告に答えるだけで、プラウス研究の除外基準を満たしているようです。 これにより、Prauseの対象がポルノ中毒者ではないというMatuesz Golaの懸念が生じます。これは、Voonの対象が週に3.8時間しか視聴しなかったのに対し、彼らは週に平均13.2時間しか視聴しなかったためです。

マテウスゴーラ: 「Prauseらの中で、それに気付く価値があります。 (2015)問題のあるユーザーは平均3.8時間/週でポルノを消費します。これは、平均2014時間/週で消費するKühnとGallinat(4.09)の問題のないポルノユーザーとほぼ同じです。 Voon etal。 (2014)問題のないユーザーは1.75時間/週と問題のある13.21時間/週(SD = 9.85)を報告しました– 2015年XNUMX月のアメリカ心理科学会議中にVoonによって提示されたデータ。

各研究の週あたりのポルノ使用時間:

  • Voonら:13.2時間(すべてポルノ中毒だった)
  • クーン&ガリナート:4.1時間(ポルノ中毒に分類されるものはありません)
  • Prauseら:3.8時間(誰も知らない)

ゴラはまた、プラウスの55人の被験者が(「ポルノ中毒を偽造する」目的で)ポルノ中毒になる可能性があることを考えました。 less よりもポルノ クーン &Gallinat、2014 非常習者。 世界でできること プラウスの主題の「ポルノ中毒者」は なし Kühn&Gallinat 対象はポルノ中毒ですか? ラベルが付けられていても、競合する研究を「偽造」したと主張する前に、被験者は研究間で比較可能である必要があります。 これは初等科学の手順です。

では、Prause&companyは、被験者の採用と評価のプロセスにおける多くのギャップのある穴にどのように対処したのでしょうか。 の綿密な方法論を攻撃することによって Voonら、 2014! まず、採用プロセスの説明、ポルノ中毒の評価基準、および抜粋の抜粋基準 Voonら、2014 (また、 Schmidt et al。、2016 & Banca et al。、2016):

「CSBの被験者は、インターネットベースの広告やセラピストからの紹介を通じて募集されました。 年齢を一致させた男性のHVは、イーストアングリア地域のコミュニティベースの広告から採用されました。 すべてのCSB被験者は、精神科医によって面接を受け、CSBの診断基準を満たしていることを確認しました(両方の異常性欲障害の提案された診断基準を満たしました[Kafka、 2010; リードら、 2012]および性的嗜癖[Carnes et al。、 2007])、オンラインの性的に露骨な内容の強制的な使用に焦点を当てています。 これはアリゾナの性的経験尺度(ASES)の修正版を用いて評価された[Mcgahuey et al。、 2011ここでは、質問が1〜8の尺度で回答され、スコアが高いほど自覚的障害が大きいことを表す。 手がかりの性質を考えると、すべてのCSBの被験者とHVは男性と異性愛者でした。 すべてのHVは、CSB対象と年齢が一致していた(±5歳)。 我々が以前に行ったように、被験者はMRI環境との適合性についてもスクリーニングされた[Banca et al。 2016; Mechelmansら、 2014; Voonら、 2014]。 除外基準には、18歳未満、SUDの病歴、現在の常習的な違法物質使用(大麻を含む)、および現在の中等度から重度の大鬱病または強迫神経症を含む深刻な精神障害があること、または双極性障害または統合失調症の病歴(ミニ国際神経精神科目録を用いてスクリーニング)[Sheehan et al。、 1998]。 他の強迫的または行動的依存症も除外されました。 対象は、オンラインゲームまたはソーシャルメディアの問題のある使用、病的なギャンブルまたは強制的な買い物、小児期または成人の注意欠陥多動性障害、および過食障害の診断に関して精神科医によって評価された。 被験者はUPPS-P衝動行動尺度を完成させた[Whiteside and Lynam、 2001衝動性とベックうつ病目録[Beck et al。、 1961うつ病を評価する。 2人の23 CSB被験者は抗うつ薬を服用していたか、または全般性不安障害と社会恐怖症を併発していました(N = 2)または社会恐怖症(N = 1)またはADHDの小児期の病歴(N = 1)。 書面によるインフォームドコンセントが得られ、研究はケンブリッジ大学の研究倫理委員会によって承認されました。 被験者は参加に対して報酬を受け取りました。」

「CSBのある25.61人の異性愛者の男性(4.77歳(SD 19)歳)と23.17人の年齢が一致する(5.38歳(SD 2)歳)のCSBのない異性愛者の男性の健康なボランティアが研究されました(表SXNUMX ファイルS1) 同じ年齢の追加の25(25.33(SD 5.94)歳)男性の異性愛者の健康なボランティアがビデオを評価しました。 CSBの被験者は、性的に露骨な材料の過剰使用の結果として、仕事での使用により失業した(N = 2)、他の社会活動に悪影響を及ぼした(N = 16)、性欲の減退または勃起を経験した女性との身体的関係において特に機能する(性的に露骨なものとは関係ない)(N = 11)、過度に護衛され(N = 3)、自殺念慮を経験し(N = 2)、そして大量のお金を使う(N = 3;£7000から£15000まで) 10人の被験者が、自分の行動についてカウンセリングを受けているか、または相談中でした。 すべての被験者は、オンラインの性的に露骨な資料の閲覧と共にオナニーを報告しました。 対象はまた、護衛サービス(N = 4)およびサイバーセックス(N = 5)の使用を報告した。 アリゾナの性的経験スケールの修正版について 【43]健康な志願者と比較して、CSB対象は性的覚醒を著しく困難にし、親密な性的関係においてより勃起困難を経験したが、性的に露骨な資料にはそうではなかった(表S3 ファイルS1)。 "

Golaへの返信抜粋攻撃 Voonら、2014:

「ゴラは、エロティカの使用に関する他の2014つの研究よりも、参加者の方が映画の消費時間が少ないように見えたと述べています。 私たちはこれを私たちの論文で指摘しました(「問題グループはかなり多く報告しました…」で始まる段落)。 ゴラは、問題のあるユーザーのサンプルは、Voonらの問題のサンプルよりもセックスフィルムの視聴時間が少ないと報告したと主張しています。 (5)。 ただし、Voon etal。 性的恥辱の高い参加者のために特別に募集されました。これには、性的映画の使用に関する恥ずべきウェブサイトでの広告、「ポルノ」の使用がDSM-2014によって認識されていないにもかかわらず「治療を求める」男性、およびテレビ番組による資金提供が含まれます。 「ポルノ」の「害」として。 依存症のラベルを採用する人々は、社会的に保守的な価値観と高い宗教性の歴史を持っていることが示されています(Grubbs、Exline、Pargament、Hook、およびCarlisle、2014年)。 Voon etal。 (2003)サンプルは、高使用の報告を奨励するオンラインコミュニティでの高い性的恥を特徴としています。 また、「ポルノ」の使用は、標準化された質問票ではなく、構造化面接中に評価されました。 したがって、構造化面接に固有の心理測定学と暗黙のバイアスは不明です。 これは、研究間でセックスフィルムの使用指標を比較することを困難にします。 グループを特定するための私たちの戦略は、性的困難における苦痛基準の重要性を実証する広く引用された研究と一致しています(Bancroft、Loftus、&Long、XNUMX)。

これは、読者の注意をプラウスの不十分なスクリーニングプロセスからそらすために計算された、簡単に暴かれた虚偽の陳述と不当な主張の網にすぎません。 まず始めます:

Golaに返信: しかしながら、Voon等。 性的恥が高い参加者のために特別に募集されています。セックスフィルムの使用、DSM-5では「ポルノ」の使用が認められていないにもかかわらず「治療を求める」男性、およびテレビ番組による額縁による広告「ポルノ」の「害」として。

第一に、ゴラへの返信は、参加者が「高い性的恥」を経験した、またはいわゆる「恥に基づくウェブサイト」から採用されたという主張を裏付ける証拠を提供していません。 これは根拠のない宣伝にすぎません。 一方、Prause Studiesは、50%以上がモルモン教徒であるアイダホ州ポカテロから被験者を募集しました。 英国で公に採用されたVoonの主題とは対照的に、Prauseの宗教的な主題は、ポルノの使用に関連して恥や罪悪感を経験した可能性が非常に高いです。

第二に、Voonの参加者の多く した ポルノ依存症の治療を求め、セラピストから紹介されました。 ポルノ中毒の対象を確実にするためのより良い方法は何ですか? Prause Studiesが使用したかったときに、Reply to Golaがこれを(議論の余地のない強さではなく)否定的なものとして回転させるのは非常に奇妙です セックス中毒者を「治療を求める」が、大学の審査委員会によって禁止された。 最初のPrauseEEG研究からの抜粋:

Steeleら、2013:性的依存症の治療を受けている患者を募集する初期計画しかし、地元の機関審査委員会は、そのようなボランティアをVSSにさらすと再発を助長する可能性があるという理由で、この募集を禁止しました。」

第三に、ゴーラへの返事はそれを主張することによって完全な嘘を阻止します Voonら。 2014年は「テレビ番組」によって資金提供されました。 で明確に述べられているように Voonら、2014、 この研究は「ウェルカム·トラスト"

Voonら、2014: 資金調達: ウェルカムトラスト中級フェローシップ交付金による資金提供 (093705 / Z / 10 / Z)。 ポテンザ博士は、国立衛生研究所からの助成金P20DA027844およびR01DA018647によって部分的にサポートされていました。 コネチカット州精神保健および依存症サービス局。 コネチカットメンタルヘルスセンター; ナショナルセンターフォーレスポンシブルゲーミングからセンターオブエクセレンスインギャンブルリサーチアワードを受賞。 資金提供者は、研究のデザイン、データの収集と分析、出版の決定、または原稿の準備に関与していませんでした。」

この後に、より誤った誤解を招くような記述が続きます。 例えば、ゴーラへの返事は次のような事実についての別の真実を投げかけています。 Voonら 採用/評価方法:

Golaに返信: また、「ポルノ」の使用は、標準化された質問表ではなく、構造化された面接中に評価されました。

偽です。 潜在的な被験者のスクリーニングに Voonら、 2014使用 4 標準化された質問表 および 広範囲の精神医学的インタビューを採用した。 以下は、以下から得られるスクリーニングプロセスの簡単な説明です。 Banca et al。、2016 (CSBは強迫的な性行為です):

Voonら、2014: CSBの被験者は スクリーニングされた インターネットセックススクリーニングテスト(ISST; デルモニコとミラー、2003)、発症年齢、頻度、期間、使用管理の試み、禁酒、使用パターン、治療および否定的な結果に関する項目を含む徹底的な実験者設計の質問票。 CSB参加者は、彼らがCSBのための2セットの診断基準(性転換症のための提案された診断基準;性的依存のための基準; Carnesら、2001; カフカ、2010; リードら、2012)、オンラインの性的に露骨な素材の強迫的な使用に焦点を当てています。 これらの基準は、社会的、経済的、心理的、学問的または職業上の問題にもかかわらず、ポルノの消費を含む性的行動を削減または制御できないことを強調しています。 CSBの症状の詳細な説明は、 Voonら。 (2014).

返信ゴラが、プラウス研究で使用された事実上存在しないスクリーニング手順(被験者は単一の質問の広告に回答した)を、 Voonら、 2014:

  1. インターネットセックススクリーニングテスト、 デルモニコとミラー、2003
  2. 3から最も広く使用されているアンケートから性的依存の基準を使用した精神科医によってインタビューされました: Carnesら、2001; カフカ、2010; リードら、2012)
  3. 発症年齢、頻度、期間、使用管理の試み、禁断症状、使用パターン、治療および否定的影響などの詳細に関する広範な研究者独自の質問表。

ちなみに、このプロセスは単にポルノ中毒の存在を確認するためのスクリーニングでした。 Voonら。 それだけではありませんでした。 より多くの質問票とインタビューは、精神医学的状態、薬物または行動中毒、OCDまたは強迫性障害、および現在または過去の薬物乱用者を除外しました。 プラウス研究の研究者たちはこれを何もしませんでした。

最後に、ゴーラへの返信は、ポルノ中毒は宗教的な恥に過ぎないという支持されていない主張を取り戻します、

Golaに返信: 「依存症のラベルを採用する人は、社会的に保守的な価値観と高い宗教性の歴史を持っていることが示されています(Grubbs、Exline、Pargament、Hook、およびCarlisle、2014年)。」

ポルノ中毒と宗教性の間の主張された相関関係は、 上記で対処 そしてこれで徹底的にデビューした 詳細な分析 ジョシュアグラブス


Golaへの返信は深刻な欠陥を回避 Prause et al。、2015:許容できない被験者の多様性

ニコールプラウゼの物議を醸すEEG研究の批評(Steeleら。、2013, Prause et al。、2015)は、主題を使用した「苦しめられた」ポルノの多様な性質について深刻な懸念を提起しました。 EEG研究には、男性と女性、異性愛者と非異性愛者が含まれていましたが、研究者はそれらすべての標準的な、おそらく興味のない男性と女性のポルノを示しました。 これは、研究者が選択する依存症研究の標準的な手順に違反しているため、重要です 年齢、性別、性的指向、さらには同様のIQの観点からの被験者(さらに そのような違いによって引き起こされるゆがみを避けるために、均質な対照群)。

言い換えれば、2 EEG研究の結果は、男性、女性、および非異性愛者は性的画像に対する脳の反応に違いがないという前提に依存していた。 しかし、研究後の研究では、男性と女性が性的な画像や映画に対する脳の反応が著しく異なることを確認しています。 ゴラはこれを知っていて、メモでこの致命的な欠陥について言及しました:

マテウスゴーラ: 最近の研究によると、性的イメージによる性的評価は性別によって劇的に異なることが示されていますが、著者が男性と女性の参加者に対して結果を一緒に提示していることに注目する価値があります。 (参照:Wierzba et al。、2015)。」

回避行動では、ゴーラへの返事は部屋のこの象を無視する:男性と女性 性的イメージへの反応はまったく異なります。 その代わりに、Golaへの返信は、男性と女性の両方が性的イメージや他の無関係な楽しい事実によって興奮するようになることを私たちに知らせています。

「ゴラは、男性と女性のデータは同じ性的刺激に反応しないため、一緒に提示すべきではないと主張しています。 実際、性的刺激に対する男性と女性の好みは大きく重なっています(Janssen、Carpenter、&Graham、2003)。 私たちが説明したように、画像は男性と女性の両方で主観的な性的興奮を同等にするために事前にテストされました。 International Affective Picture Systemの「性的」画像は、男性と女性の両方によって性的ではなくロマンチックとして処理されるため、補足されました(Spiering、Everaerd、&Laan、2004)。 さらに重要なことに、性別による性的興奮の評価の違いは、性的衝動に起因するものとしてよりよく理解されていることが研究によって示されています(Wehrum et al。、2013)。 性的欲求は研究の予測因子であったため、性的興奮の報告を既知の交絡因子である性別で分割することは適切ではありませんでした。」

上記の反応は、マテウシュ・ゴーラの批判とは何の関係もありません。まったく同じポルノを見ると、男性と女性の脳は非常に異なる脳波(EEG)と血流(fMRI)のパターンを示します。 たとえば、これ 脳波研究 同じ性的な写真を見たとき、女性は男性よりもはるかに高い脳波測定値を持っていることがわかりました。 Prause Studiesが行ったように、男性と女性のEEGの測定値を平均することはできず、意味のあるものになってしまいます。 また、Prause Studiesが行ったように、混合グループの脳反応を別の混合グループの脳反応と比較することもできません。

のどれもがない理由があります ポルノユーザーに関する神経学的研究の発表 (Prauseのものを除く)混合された男性と女性。 すべての神経学的研究は、すべて同じ性別および同じ性的指向の被験者を対象としていました。 確かに、プラウス自身は 以前の研究(2012) 性的イメージに対する反応が個人によって大きく異なること

「映画の刺激は、刺激のさまざまな要素への注意の個人差(Rupp&Wallen、2007)、特定のコンテンツの好み(Janssen、Goodrich、Petrocelli、およびBancroft、2009)、または刺激の一部を嫌悪させる病歴( Wouda et al。、1998)。」

「それでも、性的興奮を示す視覚的な手がかりは個人によって大きく異なります(Graham、Sanders、Milhausen、およびMcBride、2004年)。」

2013 賞賛の勉強 述べました:

「人気のあるInternationalAffective Picture Systemを使用した多くの研究(Lang、Bradley、およびCuthbert、1999) サンプルの男性と女性に異なる刺激を使用するに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

性的に多様な被験者のグループ(男性、女性、非異性)の場合、大きな変動が予想され、Prauseスタディで作成されたタイプの比較および結論は信頼できません。

男性と女性の脳が同じ性的イメージに対して非常に異なって反応することを確認する研究のコレクション:

要約すると、Prause Studiesは、ポルノ依存症モデルの「改ざん」に関する研究結果と著者の主張に疑問を投げかける深刻な方法論的欠陥に苦しんでいました。

  1. 被験者は 異種(男性、女性、非異性)
  2. 被験者は ポルノ中毒、精神障害、薬物使用、薬物中毒、行動中毒についてスクリーニングされていない
  3. アンケートは ポルノ依存やポルノ用には検証されていません