ポルノの使用とマスターベーションは、男性の勃起不全と人間関係の満足度に影響を与えますか? (2022)

UPDATE: この解説 研究者がポルノで育てられた参加者を本質的に却下し、ポルノがEDの要因である可能性は低いと結論付けた以下の疑わしい研究を批判する. 泌尿器科医、研究者、教授のギュンター・デ・ウィンと彼のチームが出版した 彼らの反応で、彼は自身の研究結果を強調しています。

抽象

マスターベーションの頻度とマスターベーション中のポルノの使用の両方が、パートナーとのセックス中の性的反応と全体的な関係の満足度を妨げると仮定されています. ただし、以前の研究の結果は一貫性がなく、多くの場合、ケーススタディ、臨床報告、および単純なバイナリ分析に基づいています。 現在の研究では、標準化された機器を使用して性機能障害を評価し、既知の他の共変量を含む多変量コンテキスト内で、3586 人の男性 (平均年齢 = 40.8 歳、SE = 0.22) のマスターベーションの頻度、ポルノの使用、および勃起機能と機能不全の間の関係を調査しました。勃起機能に影響を与えます。 結果は、ポルノの使用頻度が、さまざまな性的併存疾患の有無にかかわらず、または30歳以下の男性のサブセットを含むサンプルにおいて、勃起機能または勃起不全(ED)の重症度とは無関係であることを示しました(p = 0.28–0.79)。 また、多変量解析では、オナニーの頻度は、勃起機能または ED の重症度とわずかにしか関連しておらず、一貫性もありませんでした (p = 0.11–0.39)。 対照的に、勃起反応に影響を与えることが長い間知られている変数は、年齢を含む勃起機能および/またはEDの重症度の最も一貫した顕著な予測因子として浮上しました(p < 0.001)、不安/抑うつがある (p 0.001歳以下の男性のサブセットを除く<30)、勃起機能に影響を与えることが知られている慢性的な病状を持っている(p < 0.001 (30 歳以下の男性のサブセットを除く)、性的関心の低さ (p < 0.001)、関係満足度が低い (p ≤ 0.04)。 性的および人間関係の満足度に関しては、勃起機能の低下 (p < 0.001)、性的関心の低下 (p < 0.001)、不安/抑うつ (p < 0.001)、自慰行為の頻度が高い (p < 0.001) は、性的および全体的な関係満足度の低下と関連していました。 対照的に、ポルノの使用頻度は、性的または人間関係の満足度を予測しませんでした (p ≥ 0.748)。 この研究の調査結果は、勃起機能の低下を理解するための古くから知られているリスク要因の関連性を繰り返し、同時に、マスターベーションの頻度とポルノの使用は、勃起機能、EDの重症度、および関係の満足度との関連性が弱いか、またはまったくないことを示しています. 同時に、検証が必要ですが、ポルノの使用に大きく依存し、マスターベーションの頻度が高いことは、パートナーとのセックス中の性的パフォーマンスの低下および/または特定のサブセットにおける関係満足度のリスク要因を表している可能性があるという考えを却下しません脆弱な男性(例:若年、経験の浅い)。


もっと研究したいですか? このリストには以下が含まれます ポルノの使用/ポルノ中毒を性的問題に結びつけ低覚醒を性的刺激に結び付ける50研究を超える. リストの最初の 7 つの研究は、 因果関係参加者はポルノの使用を排除し、慢性的な性機能障害を治癒した。