コンドーム関連勃起障害(CAEP)を報告するおよび報告しない若い、異性愛者の男性における一般的な勃起機能(2015)

コメント: この研究の分析を見る


ステファニー・A・サンダース博士1,2,3、ブランドンJ.ヒル博士1,4、エリックヤンセン博士1,5シンシア・A・グラハム博士1,2,6、*、リチャードA.クロスビー博士1,2,7Robin R. Milhausen博士1,2,8 ウィリアムL.ヤーバーHSD1,2,3,9

オンラインで最初に公開された記事:17 AUG 2015

DOI:10.1111 / jsm.12964

この出版物で報告されている研究は、賞の番号R21 HD 060447、E。JanssenおよびSA Sanders(PI)のもとで、国立衛生研究所のEunice Kennedy Shriver国立小児保健人間発達研究所(NICHD)によって支援されています。 内容は著者の責任であり、必ずしも国立衛生研究所の公式見解を表すものではありません。

抽象

概要

コンドーム関連勃起問題(CAEP)は、矛盾または不完全な男性のコンドーム使用に関連する過小評価された要因です。 CAEPの根底にあるメカニズムは理解されていません、そして、これらの困難を報告する男性がコンドームが使われない状況で勃起問題を経験する可能性があるかどうかは研究されていません。

目的

本研究の目的は、コンドームを使用している若い男性(18〜24歳)のうち、コンドームを使用していないときに勃起障害がある可能性が高いかどうかを調査することであった。 )勃起不全の基準を満たす。

メソッド

オンラインで採用された479の男性全員が、国際勃起機能指数(IIEF-5)を完成させ、最近の90日間にコンドームを使用した場合と使用しなかった場合に経験した勃起問題についての質問に答えました。 人口統計学的、性的経験、および健康状態の変数が相関として調査された。

主な結果の措置

過去90日におけるコンドーム使用中または陰茎 - 膣性交(PVI)中の勃起喪失の自己申告頻度およびIIEF-5スコア。

革 新 的 な 最 新 車 両 の 設 計 ・ 開 発 に 焦 点 を 合 わ せ 、 デ ジ タ ル ・ト ラ ン ス フ ォ ー メ ー シ ョ ン を実現する業界最高のエンジニアリングと IT のベストプラクティス

男性のうち、38.4%は無CAEP群、13.8%はコンドーム施用中にCAEPを有すること、15.7%はコンドーム施用中およびPVI中にCAEPを有することとして分類された。 CAEPを報告していない男性は、CAEPを報告していない男性よりも、コンドームを使用していないときの性行為中の勃起障害も報告する可能性がかなりありました。 PVIのみの間、または適用とPVIの両方の間にCAEPを報告した男性は、CAEPを持たない男性よりもIIEF-32.2で有意に低かった。

まとめ

調査結果は、CAEPを報告している男性もより一般的な勃起困難を経験する可能性が高いことを示唆しています。 臨床医は、コンドームを使用している男性がCAEPを経験しているかどうかを評価し、適切な場合には、同性愛者の治療を受けるか、またはコンドームスキル教育を提供する必要があります。

概要

勃起不全(ED)の推定有病率は、使用された定義および基準に一部依存して、研究によって異なります [1 – 3]。 勃起問題のための最も一貫した予測因子の1つは年齢です。 高齢男性のEDの有病率はかなり高いですが 【4]、勃起の問題も同様に若い男性によって報告されています。 ある疫学研究では、2〜40歳より若い男性の約50%が頻回勃起障害(EP)を訴えていると推定しました 【2]。 最近のヨーロッパ5カ国の調査では、5と18の間の年齢の男性の29%が過去6ヶ月間にEDを経験したことが報告されました 【5]。 ただし、16歳未満の米国人男性のサンプルでは、​​40%からXNUMX%の範囲で、時折勃起困難を経験している若い男性の割合がはるかに高くなっています。 【6] 30〜18歳の男性のスイス人サンプルにおける25%まで 【7].

時折起こる勃起問題のより一般的な経験は、状況要因が重要な病因的役割を果たすかもしれないことを示唆しています。 男性用コンドームの使用は、一部の男性に勃起困難を経験させる素因となる状況の一例です。 ブラジルの医学生(平均年齢:21.2歳)を対象とした研究で、13.3%は簡易勃起機能国際指数(IIEF-5)を用いてEDを有すると診断された 【8]。 この研究でコンドームを使用した若い男性は勃起の問題を報告する可能性が2倍高かった。 若い男性の性感染症(STI)の診療所出席者のサンプル 【9]、37.1%の男性が少なくとも1回はコンドーム関連勃起障害(CAEP)を報告した。 同性愛者と同性愛者の男性を含むいくつかの研究では、CAEPが一般的である可能性があることが文書化されています。 【10]。 CAEPの根底にあるメカニズムはまだよく理解されていませんが、性的覚醒パターンの最近の精神生理学的研究では、CAEPを持つ男性はCAEPを持たない男性よりも覚醒するのにより多くの時間および/またはより強い刺激を必要としました 【11]。 しかし、注目に値するのは、勃起反応が性的刺激への曝露の最初の1分間に限ってCAEPグループでより低く、その後有意差がなかったことです。

コンドーム関連の勃起障害は、CAEPを報告している男性がコンドームの滑りを含む他のコンドーム使用のエラーおよび問題の範囲を報告する可能性が高いという点で、不完全な使用に関連する過小評価された要因となる可能性があります。 【12]、不完全なコンドームの使用(後期適用および早期撤去) 【9,13]コンドームの使用 【14,15]。 1,875男性を対象とした最近の1つの前向き研究では、勃起の「質」(硬直度、陰茎の長さ、および周囲長の評価、ならびに勃起の維持困難性の評価)の認識がコンドーム使用の不完全さの可能性の増大と関連していた 【13]。 コンドームを正しく使用する自信がない場合、コンドームのフィットや感じ方に問題がある場合、および複数のパートナーとセックスする場合、男性はCAEPを経験する可能性が高くなります。 【9].

目指しています

まだ調査されていない1つの問題は、CAEPを報告する男性が、コンドームが使用されていない性的状況において勃起困難を経験する可能性が高いかどうかということです。 したがって、本研究の目的は、コンドームを使用している若い異性の男性(18-24歳)のCAEPを報告した人(コンドーム使用中、陰茎 - 膣性交中、またはPVI)を調査することであった。 (i)コンドームを使用していないときにEPを取得している。 (ii)IIEFではスコアが異なります。 我々の目的は、勃起困難の有病率を推定することではなく、若い、コンドームを使用している男性の非臨床サンプルにおけるCAEPの相関を同定することでした。

メソッド

一般

参加者は、大学のリストサーブ(大学の学生グループや学部のリストなど)を通じて募集された若い、異性愛者の男性と、Facebookで広められた電子チラシでした。 許可はlistserv管理者から得られ、Facebookの広告ガイドラインに従った。 「コンドームはあなたの勃起を妨げますか?」および「コンドームはあなたの覚醒を妨げますか?」との資格基準には、18から24歳までの自己証明が含まれます。同性愛者として、過去90日間にPVIのコンドームを使用していたこと、および英語を読むことができること。 さらに、コンドームの使用は関係の最初の1か月以内に減少することが判明したため、男性が1月以上性的に排他的な(一夫一婦関係)の関係にある場合、男性は除外されました。 【16]。 CAEPを報告した男性はオーバーサンプリングされました。 調査の最後に、回答者に質問を真剣に受け止めたかどうか、およびその情報を使用するべきかどうかについて具体的な質問をしました。 1.2%のみが、調査を真剣に受け止めていないと回答し、我々はそれらのデータを除外しました。

最終的なサンプルは、479人の若い男性で構成されていました。 書面によるインフォームドコンセントがすべての参加者から得られ、大学の機関審査委員会がすべての研究手順を承認しました。

措置

主要評価項目

コンドームを使用しない場合のEP

男性がコンドームを使用していないときのEPを評価する90つの質問。 参加者は、「過去XNUMX日間に陰茎と膣の性交があり、コンドームを使用しなかった時期について考えてください」と求められました。 これに続いて、「(陰茎を膣に入れる前に)浸透する前に、どのくらいの頻度で勃起を失ったり、失い始めましたか?」というXNUMXつの質問が続きました。 そして、「あなたが膣性交をしている間(あなたが終わる前に)あなたはどのくらいの頻度であなたの勃起を失ったり、失い始めましたか?」 回答の選択肢は、「まったくない」、「たまに」、「半分以下の時間」、「ほとんどの場合」、「常に」、「いつもコンドームを使用していたので答えられない」でした。 これらのXNUMXつの変数は、それぞれ浸透前のEP(EP-Before)およびPVI中のEP(EP-PVI)と呼ばれます。 各変数について、男性は、たまにまたはより頻繁に回答した場合は「はい」に分類され、まったく回答しなかった場合は「いいえ」に分類されました。

IIEF-5 【17]

IIEF-5は、EDを評価するための簡単な診断ツールとして使用される15項目IIEFの短縮版です。 5つの各項目について合計スコアを生成し、分析に使用した。 これらのスコアに基づいて、男性はEDなし(22 - 25)、軽度のED(17 - 21)、軽度から中等度のED(12 - 16)、または中程度のED(8 - 11)、または重度のED(5)として分類されたRosenらによって提案された基準に従う 【17].

一次参加者グループ化変数

CAEP

CAEPの2つの形式は、それぞれ単一の項目によって評価されました。 最初に、男性は、「過去の90日の間に、膣の性交の前にコンドームを装着したときに勃起を失ったか失い始めたのはどのくらいの頻度でしたか?」という回答の選択肢がありました。次に、「過去の90日の間に、膣内でコンドームを着用している間に勃起を失ったのか喪失し始めたのですか?」という応答の選択肢がありました。これらの2つの変数は、CAEP-Application(コンドーム使用中のCAEP)およびCAEP-PVI(コンドーム使用中のCAEP)と呼ばれます。 PVIにコンドームを使用する場合はそれぞれCAEP)。 変数ごとに、男性は、時折またはより頻繁に回答した場合は「はい」に、回答しなかった場合は「いいえ」に分類されました。 これら2つの変数を使用して、No-CAEP、CAEP-Applicationのみ、CAEP-PVIのみ、およびCAEP-Bothの4つのグループが作成されました。

サンプルディスクリプタと潜在的な相関

前述の適格性および除外基準に加えて、以下の記述子変数および結果の潜在的な相関関係を評価した:人種、ヒスパニック/ラテン系民族、教育、宗教、所得の大きさ、割礼の状況、STIの生涯歴、参加者は、意図せずに誰かに浸透したことがあり、男性のコンドームを使用するように教えられたことがあるかどうか。 現在の健康問題(糖尿病、てんかん、うつ病/不安、多発性硬化症、筋ジストロフィー、高血圧、心臓の状態、その他)および薬の使用(注意欠陥多動性障害/注意欠陥障害[ADHD / ADD]、糖尿病、心臓参加者が前の12ヶ月間に性的問題の治療を受けたかどうかと同様に、うつ病、不安、ホルモン、その他も評価した。 90日のリコール期間を使用して、参加者がコンドーム使用行動を変更するためのプログラムに参加していたか、性行動を変更するためのプログラムに参加したか、他の避妊方法の使用、パートナーに浸透させようとしたかどうかs)、および彼がコンドームを使用していたときと使用していなかったときの性的​​活動の間に彼がホスホジエステラーゼタイプ5阻害剤(PDE-5i)を使用した頻度。

データ解析

カイ二乗検定を使用して、CAEPグループ分類(No-CAEP、CAEP-Applicationのみ、CAEP-PVIのみ、およびCAEP-Both)と、コンドームを使用しない場合の勃起に関する2つの質問に対する回答との関連付けを決定しました。 IIEF-5カテゴリー(EDなしから重度のED)、およびその他のカテゴリー変数。 いくつかのセルで観察された頻度が小さいからゼロであることがカイ二乗分析の仮定に違反していると仮定して、我々は4×2を実行した(報告期間中のEPの経験は決してない)。 これに続いて、2×2カイ二乗検定を使用して事後比較を行った。

分散分析を使用して、グループ全体のIIEF-5およびその他の連続スコアを、事後比較に使用されたSchefféのテストと比較しました。 重要性はで確立されました P <0.05。 分析は、SPSSバージョン21(IBM SPSS statistics for Windows、バージョン21.0; IBM Corp.、米国ニューヨーク州アーモンク)を使用して実行されました。

結果

平均年齢は20.43歳(標準偏差= 1.63)でした。 大多数は白人(80.1%)、6.8%はアジア人、4.7%はアフリカ系アメリカ人/黒人、そして残りは他の人種的集団とした。 ヒスパニック/ラテン系の民族性は、男性の4.2%によって報告された。 大多数(66.5%)は、大学/専門学校、3.8%上級学位、29.4%高校、および0.4%が高校を修了していないという最高レベルの教育を示しました。 2分の1強(54.7%)は、個人の所得水準が中流階級以下であることを示し、53.0%は中規模から大規模都市で成長しました。 大多数は割礼され(87.3%)、STI(97.3%)と診断されたことがなく、男性用コンドームの使い方(63.0%)を教えられていました。 意図しない含浸が9.2%で報告されました。

479の男性のうち、184(38.4%)はCAEPアプリケーションとしてのみ、66(13.8%)はCAEP-PVIとして、そして75(15.7%)はCAEP-Bothとして分類されました。 年齢、人種、ヒスパニック/ラテン系の民族、教育、宗教、収入、出身地の大きさ、割礼の状態、STIの生涯歴、これまでに意図せずに人が妊娠したことがあるかどうか、および男性用コンドームを使用するように教えられたことはありません。

現在の健康上の問題および薬物使用の頻度が低いことを考慮して、いずれかのCAEPを報告したすべての男性からのデータを(任意のCAEPグループ)を組み合わせ、CAEPを報告しなかった男性からのデータと比較した。 唯一のグループの違いはうつ病/不安のためであり、CAEPグループの男性の12.9%は非CAEPグループの男性の4.9%と比較してこれを報告していた(χ2 = 8.14、自由度[df] 1、 P  = 0.004)。 しかし、うつ病(3.2%)または不安神経症(2.9%)に対する報告された薬物使用にグループ差はありませんでした。 薬物使用の唯一のグループの違いはADHD / ADD薬物の場合であり、非CAEPグループの3.3%と任意のCAEPグループの8.9%がこれらの薬物の使用を報告しました(χ2 = 5.62、df 1、 P = 0.018)。 報告された糖尿病(1%)、てんかん(0.8%)、多発性硬化症(0.8%)、筋ジストロフィー(0.2%)、心臓病(0.2%)は0.9%未満でした。 同様に低い割合で、糖尿病治療薬(0.8%)、心臓治療薬(0.4%)、ホルモン治療薬(0.9%)が使用されました。 わずかに多くの参加者が、過去2.1か月間に高血圧(1.7%)、その他の医学的問題(12%)、および性的問題の治療(1.5%)を示しました。

過去90の日には、コンドーム使用(1.7%)または性行動(1.3%)を変更するためのプログラムに参加した参加者はほとんどおらず、コンドームありまたはなしで性行為にPDE-5iを使用した者はほとんどありませんでした(1.9%) 。 誰もパートナーを妊娠させようとしていませんでした。 男性の半数以上が、産児制限のために男性用コンドームに頼っていたこと(1.9%)、および/または過去の54.9日の間に男性用コンドームを他の形態の産児制限付き(59.1%)で使用したことを示しました。 これらの変数のいずれについてもグループの違いは見つかりませんでした。 任意のCAEPグループ(90%)の男性の数が、非CAEPグループ(17.3%)の男性よりもかなり多く、過去9.8日にコンドーム以外の避妊方法に依存していたと報告しています(χ2 = 5.18、df 1、 P = 0.023)。

男性が90日の回収期間にコンドームを使用した平均回数は10.8(標準偏差= 14.3)であり、これは4つのグループ間で有意な差はありませんでした。 しかしながら、コンドーム使用の一貫性は、CAEP-両グループ(73.4%)の方が、CAEPなしグループ(82.4%)と比較して有意に低かった(F(3,471)= 3.44、 P = 0.017)、他のグループは中間であり、互いに有意差はありません(CAEP-アプリケーションのみ82.1%、CAEP-PVIのみ77.7%)。

コンドームを使用しない場合のEP

サンプルの約23.0分のXNUMX(XNUMX%)は、常にコンドームを使用していたため、これらの質問に答えられなかったことを示しています。 テーブル 1 残りの男性の分析を提示します。 コンドームが使用されていないときにEPの頻繁な経験を示した男性はほとんどいなかったため、カイ二乗分析は、EP-BeforeおよびEP-PVIについて「はい」対「いいえ」に分類される割合について4つのCAEPグループを比較しました。 CAEPグループはEP-Before変数(χ2 = 40.14、df 3、 P  <.001)。 No-CAEP、CAEP-Applicationのみ、CAEP-PVIのみ、およびCAEP-Bothグループに浸透する前に少なくとも時折EPを報告した男性の割合は、それぞれ9.9、35.7、23.6、および43.0でした。 事後分析では、No-CAEPグループは、他のグループと比較して、コンドームを使用しない場合、浸透前にEPを報告する男性が有意に少なかった。 テーブル 1 事後比較のすべての結果を示します。

表1.CAEPグループ間で比較したコンドームを使用しない場合の勃起障害の頻度

コンドームを使わないときの勃起障害

グループ

No-CAEP(n = 142)

CAEP-アプリケーションのみ(n = 42)

CAEP-PVIのみ(n = 55)

CAEP-両方(n = 128)

  1. *P <0.001
  2. 上付き文字は、を用いた事後比較の結果を示す。 P  <0.05基準。 手紙を共有するグループは、大きな違いはありません。 手紙を共有していない人は大きく異なります。
  3. CAEP =コンドームに関連した勃起問題。 PVI =陰茎 - 膣性交。
侵入前    
しない(%)90.1a64.3紀元前75.4b57.0 c
たまに(%)4.928.616.430.5
半分以下の時間(%)3.57.15.58.6
ほとんどの時間 (%)1.401.83.9
常に(%)0000
PVI中    
しない(%)95.1a85.7b43.6 c54.6 c
たまに(%)3.511.940.033.1
半分以下の時間(%)1.42.412.77.7
ほとんどの時間 (%)001.84.6
常に(%)001.80

CAEP群はEP-PVIについても有意に異なった(χ2 = 8 3.00、df 3、 P  <.001)。 PVI中に少なくとも時折EPを報告した参加者の割合は、非CAEP、CAEP-アプリケーションのみ、CAEP-PVIのみ、およびCAEP-両方のグループでそれぞれ4.9、14.3、56.4、および45.4でした。 事後分析では、他のすべてのグループと比較して、コンドームを使用していないときにPVI中にEPを持っていると報告した非CAEPグループの男性は有意に少なかった。 CAEP-PVIのみとCAEP-両方のグループの割合が最も高く、互いに大きな違いはありませんでした。 PVI中に少なくとも時折EPを有するCAEP-ApplicationOnlyグループの男性の割合は中程度であり、他のすべてのグループとは有意に異なっていました。

IIEF-5

このサンプルのIIEF-5のクロンバックのアルファは0.76でした。 表に示すように 2IIEF-5スコアはCAEP群間で有意に異なっていた(F(3,475)= 15.40、 P <.001)。 すべてのグループの平均スコアは21を超えていました(非臨床範囲) 【17]。 No-CAEPグループは最高のスコア(23.92)(より良い勃起機能を示す)を持ち、CAEP-PVIのみ(22.93)およびCAEP-Bothグループ(22.12)とは有意に異なり、CAEP-Applicationのみ(23.20)からはそうではありませんでした。 。 CAEP-Bothグループの平均スコアは、CAEP-PVIのみのグループのスコアと有意な差はありませんでしたが、他の2つのグループとの有意差はありませんでした。 CAEP−適用のみおよびCAEP − PVIのみのグループの平均スコアもまた有意差はなかった。

表2.CAEPグループによるIIEF-5スコアとED分類

 

No-CAEP(n = 184)

CAEP-アプリケーションのみ(n = 66)

CAEP-PVIのみ(n = 75)

CAEP-両方(n = 154)

  1. *P <0.001
  2. 上付き文字は、を用いた事後比較の結果を示す。 P  <0.05基準。 手紙を共有するグループは、大きな違いはありません。 手紙を共有していない人は大きく異なります。
  3. CAEP =コンドームに関連した勃起問題。 ED =勃起不全。 IIEF-5、国際勃起機能インデックス。 PVI =陰茎 - 膣性交。 SD =標準偏差。
平均(SD)IIEF-5スコア*23.92(2.24)a23.20(2.51)a、b22.93(2.56)紀元前22.12(2.54)c
IIEF-5スコアの分類*    
EDなし(%)91.3a81.8b77.3紀元前68.2 c
軽度のED(%)7.115.220.028.6
軽度から中等度のED(%)0.53.01.33.2
中程度のED(%)1.101.30
重度(%)0000

次に、IIEF-5スコアを用いて、Rosenらによって報告された基準を用いて男性を非EDから重度のEDに分類した。 【17] (表参照 2) 軽度から中等度のED以上の人に分類された男性は非常に少ないため、男性と任意のEDを1つのグループにまとめました。 非ED対任意のEDとして分類されたパーセンテージで4つのCAEPグループを比較すると、有意な関連があった(χ2 = 28.98、df 3、 P <.001)。 EDとして分類された参加者の割合は、CAEPなし、CAEPアプリケーションのみ、CAEP-PVIのみ、およびCAEP-両方のグループで、それぞれ8.7、18.2、22.7、および31.8でした。 テーブル 2 上付き文字は、非CAEP群が他の群よりもEDを有する男性が有意に少ないことを実証する事後分析の結果を示す。

議論

若い、同性愛の、コンドームを使用している男性のこのサンプルでは、​​CAEPはより一般化された、それでもほとんど無症候性(軽度)のレベルの勃起困難と関連していました。 あらゆる形態のCAEPを報告している男性(申請中および/またはPVI中)は、侵入前および性交中にコンドームを使用していないときに勃起障害も報告している可能性があります。 PVIのみの間、または適用とPVIの両方の間にCAEPを報告した男性は、CAEPを報告しなかった男性よりもIIEF-5で有意に低スコアだった。 CAEPを報告しているすべてのグループは、No-CAEPグループよりも軽度から中等度のEDを有すると分類される可能性が有意に高かった。 それにもかかわらず、IIEF-5で特定されたEDの割合が最も高かったCAEP-Bothグループでさえ、男性の大部分(68.2%)はEDを有するための臨床基準を満たしていなかった。

これらの調査結果にはさまざまな説明があります。 まず、コンドームを使用しているときに、EDの男性がEPも持っているのであれば驚くことではありません。 第二に、推測的ではあるが、コンドームを使用したときに最初に勃起の喪失を経験した男性は、より一般的に勃起を経験することを心配し、したがってより一般化されたEDの経験に対してより脆弱になる可能性がある。 【18]。 これは、EDの病因および維持における心配や注意散漫などの認知的および感情的要因の重要性を示唆する他の研究と一致するだろう。 【19].

ADHD薬の使用を報告した男性は、CAEPを報告する傾向が有意に高かった。 以前の研究では、ADHDの若い成人の間で危険な性行動が高率で報告されています 【20] とADHD薬を使用している男性は時々薬の副作用として勃起の問題を報告しています 【21].

制限事項

我々の調査結果の一般化可能性は制限されるかもしれません。 サンプルは、設計上、英語を話し、インターネットにアクセスできる、長期的な性的に独占的な関係にない若い成人、異性、コンドームを使用する男性に限定されていました。 したがって、調査結果はこれらの適格性基準以外では男性に一般化できないかもしれません。 1か月以上性的に排他的な関係にある男性を除外するための私達の理論的根拠は、18-24歳の年齢グループの男性がカジュアルなパートナーと比較して確立されたパートナーとのコンドーム使用がはるかに少ないことを調査が示したこと 【22]。 18〜24の年齢層の男性もSTIおよびHIV感染のリスクが高い 【23]コンドームの使用率が高いにもかかわらず、 【24].

コンドームの使用が適格基準であったことを考えると、以前にコンドームを使用したが、おそらくCAEPまたはその他の問題のために使用を中止した男性は、サンプルには含まれていませんでした。 追加の制限は、勃起障害の重症度を評価するために検証済みのツールを使用したが、問題に関する個人の苦痛を評価しなかったことです。 男性の勃起障害の診断基準は、症状について臨床的に重大な苦痛の存在を必要とします 【25]。 しかしながら、本研究の目的は、勃起障害の有病率を報告することではなく、CAEPを報告した男性がコンドームを使用していないときにEPを経験したことも報告するかどうか、およびIIEFスコアがCAEPを報告しない男性と異なるかどうかを証明することである。

我々の調査結果は、私たちのサンプルでCAEPを報告している男性のうち、およそ18〜32%が軽度から中等度のEDのIIEF基準を満たしたことを示唆しています(コンドームのみの適用中、PVI中、または適用とPVIの両方の間)。 これらの参加者の大多数は「軽度の」EDカテゴリに分類されていましたが、それにもかかわらず、これらの発見には明らかな臨床的意義があります。 EPは、一貫性のない不完全なコンドームの使用と関連しています。 【9] これは、STI / HIV感染のリスクに関連しています。 したがって、男性のコンドーム使用体験を改善することが重要です。 このグループの男性は、勃起不全を軽減するために、ある種の簡単な行動介入の恩恵を受ける可能性があります。 EDの薬理学的治療は、勃起不全の男性にとって「第一線」のアプローチであることがよくありますが、以前の研究では、PDE-5iが必ずしもCAEPを克服するとは限らないことが示唆されています。 【26]。 さらに、PDE-5iの使用はコンドーム破損の危険因子となる可能性があります 【27].

CAEPを発症していない男性よりも、CAEPを発症した男性の方が覚醒するまでに時間がかかる可能性があるという調査結果に鑑み、Janssenらは同僚 【11] CAEPの男性は、特にコンドームを使用している場合は、興奮するのに十分な時間をかけて、適切な刺激を受けるように奨励することをお勧めします。 若い男性の間でコンドームの使用を促進するためのセルフガイドの在宅介入に関する最近のパイロット研究(最小限の臨床医の入力のみが必要)は、男性のコンドーム使用能力、コンドーム使用の自己効力感、およびコンドームの快適性に対する自信の高まりを報告しました介入後の破損とEPの減少 【28,29]。 正しいコンドーム使用においてより良い指導の必要性もあります。 コンドームを使用している男性の現在のサンプルの3分の1以上(37%)は、コンドームを正しく使用する方法を教えられたことがありません。 臨床医は、コンドームを使用している男性がCAEPを経験しているかどうかを評価し、適切な場合には、同性愛療法のための紹介をするか、コンドームスキル教育を提供する必要があります。 【28,29].

まとめ

調査結果は、CAEPを報告している男性もより一般的な勃起困難を経験する可能性が高いことを示唆しています。 EPはEDの臨床基準を満たしていない可能性がありますが、臨床医はコンドームを使用している男性がCAEPを経験しているかどうかを判断し、適切な場合は精神性愛療法を受けるかコンドームスキル教育を提供します。

利益相反: 著者は、利益相反がないことを報告しています。

作家の声明

カテゴリー1

  • (a)構想とデザインステファニーサンダース; Erick Janssen; ブランドンヒル
  • (b)データ取得ステファニーサンダース; Erick Janssen; ブランドンヒル
  • (c)データの解析と解釈ステファニーサンダース; エリック・ヤンセン

カテゴリー2

  • (a)記事の起草ステファニーサンダース; シンシア・グラハム。 Bill Yarber; リッククロスビー。 ロビン・ミルハウゼン
  • (b)知的コンテンツのためにそれを修正するステファニーサンダース; シンシア・グラハム。 Bill Yarber; リッククロスビー。 Robin Milhausen; Erick Janssen; ブランドンヒル

カテゴリー3

  • (a)完成品の最終承認ステファニーサンダース; シンシア・グラハム。 Bill Yarber; リッククロスビー。 Robin Milhausen; Erick Janssen; ブランドンヒル

参考文献

1ミッチェルKR、マーサーCH、Ploubidis GB、ジョーンズKG、ダッタJ、フィールドJ、Copas AJ、タントンC、エレンズB、ゾンネンベルクP、クリフトンS、マクダールW、フェルプスA、ジョンソンAM、イギリス:性的態度とライフスタイルに関する第3回全国調査(Natsal-3)からの知見。 ランセット2013; 382:1817 – 1829。