Gabe Deemによる「疑わしい研究では何も足りない:若々しい被験者のEDは説明されていない」


YBOPのコメント(および更新):

以下のGabeDeemの批判は非常に広範ですが、YBOPはコメントを余儀なくされていると感じています。 この論文が気がかりですが、 勃起不全ではなく、より大きな性的反応に関連する性的刺激の表示、によって Nicole Prause &JimPfausがピアレビューに合格しました。 これはEDの男性に関する研究ではないことに注意してください。 実際、それは実際には研究ではありませんでした。 むしろ、主著者は、彼女の以前のXNUMXつの研究からのデータを盗んだと主張しました-どれもEDに関するものではありませんでした。

これが最初の主な問題です。現在の研究のデータは、基礎となる280つの研究のデータと一致しません。 これらは小さな隙間ではなく、塞ぐことができない隙間のある穴です。 たとえば、著者は47人の被験者を主張していますが、基礎となる研究で勃起不全を評価したのはXNUMX人の男性だけでした。 グラフの数値が実際の被験者数と一致していません。 彼らは皆、覚醒を評価するためにポルノ映画を見たと言われていますが、それは真実ではありません。

被験者の勃起は「比較的良好」だったと言われていますが、47人の若い男性の平均勃起機能スコアは勃起不全を示しています。 研究者たちは理由を尋ねなかった。 さらに、この調査には、ポルノのヘビーユーザーやポルノ中毒者は含まれていませんでした。 欠陥、不一致、主張を続けることはできますが、それはすべてGabeによって以下に文書化されています。 ザ・ セクシュアル医学誌 (これを出版した方の親ジャーナル)にはやるべき真剣な説明があります!

Jim PfausがJournal of Sexual Medicineの編集委員会に所属しており、支出していることに注意することが重要です。 かなりの努力が攻撃 ポルノ誘発性機能障害の概念。 共著者 Nicole Prause 持っています ポルノ業界との密接な関係 PIEDを暴くことに夢中になって、 この学術論文に対する3年の戦争、同時にポルノによって引き起こされた性機能障害から回復した若い男性に嫌がらせと解放をします。 ドキュメントを参照してください: Gabe Deem #1, Gabe Deem #2, アレクサンダーロードス島#1, アレクサンダーロードス島#2, アレクサンダーロードス島#3, ノア教会, アレクサンダーロードス島#4, アレクサンダーロードス島#5, アレクサンダーロードス島#6アレクサンダーロードス島#7, アレクサンダーロードス島#8, アレクサンダーロードス島#9, アレクサンダー・ローズ#10, アレックスロードス#11, GabeDeemとAlexRhodesが一緒に#12, アレクサンダー・ローズ#13, アレクサンダーロードス島#14, ゲイブ・デム#4, アレクサンダーロードス島#15.

またこれらの批評を見なさい:

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ++++++++++++

UPDATE 2:

この論文の2人目の著者、Jim Pfaus、 の調査結果を誤って表現している このテレビインタビュー。 Pfausは、この研究は実験室での勃起を評価したと述べています。 違います! 研究からの引用:

男性の自己申告による経験を裏付ける生理学的生殖器反応データは含まれていないすなわち "

インタビューの中でジム・ファウスは、次のようないくつかの誤った声明を出しました。

  • ラボで勃起する能力の相関関係を調べました、 "および
  • 私たちは、彼らが自宅で見たポルノの量と直線的な相関関係を見いだしました、そして、例えば彼らが勃起を得る待ち時間はより速いですに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

それでもこれは一緒に紙を丸石にした 実験室での勃起の質も「勃起の速度」も評価しませんでした。 この論文は、ポルノを簡単に見た後、男性に「覚醒」を評価するように求めただけでした(勃起機能ではありません)。 Pfausはまた、被験者の数が「280」であると誤って述べています。 それでも、勃起機能に関する質問票への記入を求められたのは47人の被験者だけでした。 そして、この論文が基づいていると主張する234つの基礎となる研究では、合計XNUMXの主題のみを説明することができます。 プロパガンダマシンは完全に機能しています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ++++++++++++

更新3(8-23-16):

In このラジオインタビュー Nicole Prauseも 実験室で勃起が測定されたと誤って主張した。 ショーからの正確な引用:

「家でエロティカを見る人が増えるほど、 より強い勃起反応がある 研究所で、削減されません。」

本当じゃない。 Prauseは自分の論文を読むべきです。 それは述べました:

「男性の自己申告の経験を裏付ける生理学的生殖器反応データは含まれていませんでした。」

どこにも プラウス&ファウス 2015または4の基礎となる論文は、言及または報告されている勃起機能の臨床検査値でした。 真実は気を害される。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ++++++++++++

更新4(2019):

ニュースレポート ジム・プファウスは、若い女子学生と不適切な性的行動に何年も従事していたとして描いています。 抜粋:

「情報筋は、学生と適切な境界を繰り返し越えたと彼らが信じている教授の絵を描いています。」

「複数の情報筋がCBCに語ったところによると、目撃者はPfausと学生との親密な関係について知っていること、それが彼の神経生物学研究室の教育と管理に影響を与えたかどうか、彼の研究室や学会での行動に影響を与えたかどうかを尋ねられました。」

「大学院生のグループが、学科の管理を担当しているコンコルディアの心理学教授の何人かにアプローチしました。 彼らは、ファウスが教えたクラスの学部生との性的関係について、書面で苦情を申し立てました。」

プファウスは行政休暇に置かれ、その後不思議なことに大学を去りました。 ああ、Pfausの皮肉は、ポルノとセックス中毒の存在に対して慢性的に手こずりをしながら、自分の性的行動を制御することができません。



GABEDEEMの批評 PRAUSE&PFAUS、2015

公開された3 / 12 / 2015

元の批評へのリンク: 「疑わしい研究では何も足りない:若々しい被験者のEDは説明されないままにされた」

ある研究は、ポルノによって誘発された勃起不全を調査したと主張しています! 実際、研究者がポルノ誘発性ED(PIED)の調査に不可欠なデータを実際に収集した場合、これはエキサイティングなニュースになります。 まず、何かを明確にすることから始めましょう。これについては、以下でさらに詳しく説明します。 この研究はそうではなく、その貧弱なデザインのために、今日の高速インターネットポルノがパートナーとの勃起不全につながるかどうかについて何も教えてくれません。

この研究でPIEDの可能性について重要なことを教えてくれないのはなぜですか? それがしないこと、そしてそれがしたと主張することの多くの、多くの欠陥のために。

何の研究 しない 行う:

1)この研究は男性を調査していません 不満 勃起不全の この研究では、長年ポルノを使用し、原因不明のEDを患っている若い男性(つまり、器質的でベルトの下の問題が除外されている男性)は調べていません。 また、この研究では、ポルノの使用を削除し、起こりうる変化を監視することによって、そのような男性のポルノ誘発性EDを調査していません。 実際、研究者たちは、勃起不全に問題があることを明らかにした被験者の詳細さえ提供していませんでした。 IIEF【勃起機能】アンケート (後)。 それでも、著者らはポルノ誘発性EDの非存在について広範囲に及ぶ結論を引き出しています。

2) この研究はポルノ依存症の男性を研究していません, または「ヘビー」ポルノユーザーでさえ。 ただ非強迫的なユーザー。 研究の結論から:

「これらのデータには、性欲過剰の患者は含まれていませんでした。 結果はおそらく、通常の定期的なVSS使用の男性に限定されていると最もよく解釈されます。」

翻訳:この研究には、著者の「ポルノ中毒者」の用語である「ハイパーセクシュアル」は含まれていませんでした。 慢性的なポルノ誘発性EDのほとんどの男性がポルノ中毒者であると自己認識していることを考えると、ハイパーセクシュアルを除外することは大きな弱点です。 ポルノによって誘発されたEDを持つ男性の少数は中毒になっているようには見えませんが、彼らは通常、何年ものポルノ使用の歴史を持っています。

この研究だけではありません 慢性的なEDの男性を調べる、それはヘビーポルノのユーザーとポルノ中毒者を除外します。 何も好きじゃない あなたがそれの証拠を見つけたくないならば、何かを見ています!

3) 大学時代の科目は質問されませんでした 長年のポルノ使用! 私の知る限りでは、被験者は研究の数週間前にポルノの使用を開始した可能性があります。 10の年齢で始めた、あるいは2年生の大学で始めた、あるいは先月彼女と別れたばかりで、今ではヘビーユーザーになっている人もいます。

4) 研究は評価しません 実際の勃起 使用時間に関連して, そのタイトルが意味するものとは反対に.

調査 クレーム ポルノの紹介を受けた後、男性はどの程度興奮しているかについて、単一の質問を受けました。 研究が言ったように、

「男性の自己申告の経験を裏付ける生理学的生殖器反応データは含まれていませんでした。」

まとめると、この研究は:

  1. 勃起不全を訴える個人を評価しなかった
  2. ヘビーポルノユーザーやポルノ中毒者は含まれませんでした
  3. 「性的反応」を評価しなかった(誤解を招くタイトルとは反対に)
  4. 男性にポルノなしでオナニーを試みるように頼まなかった(ポルノによって誘発されたEDのためにテストする方法)
  5. 男性に勃起不全が最終的に改善されたかどうかを確認するためにポルノを削除させませんでした(ポルノによって引き起こされたことを知る唯一の方法)
  6. 年齢やポルノの使用、年齢の男たちはポルノの使用を開始した、ポルノの種類、または使用のエスカレーションについて尋ねなかった。
  7. 射精の遅れや無秩序性(PIEDの前兆)について尋ねなかった

何の研究 クレーム 目的:

このごちゃごちゃしたデータサラダは、この調査のために選ばれた主題に関する真の研究でさえないので、主張はほとんど無関係です。 代わりに、主執筆者のPrause クレーム このED「研究」を構築するために彼女の古い研究のXNUMXつの断片を共食いすること。 しかし、これらのXNUMXつの研究は勃起不全に関するものではなく、ポルノの使用と勃起機能との相関関係を報告したものもありませんでした。 はるかにひどいのは、これらXNUMXつの研究からの集合データが、このED研究で主張されているデータとまったく一致していないことです。 今後の詳細では、「この混乱はどのようにしてピアレビューに合格したのですか?」と質問するでしょう。

著者が採用した手の矛盾、欠落、そしてそりの強さを探る前に、あなたはこの研究に関するいくつかの基本が必要になるでしょう。 主に大学心理学の学生(平均年齢23)を使用して、研究は以下の間の関係を調べると主張しました:

  1. ラボでポルノを見た後の一部の被験者の毎週のポルノ使用時間と自己申告による覚醒(XNUMXつの質問に基づいて 勃起について尋ねる)
  2. 一部の被験者のポルノ使用の毎週の時間と一部の被験者のスコア の国際索引 勃起機能 (IIEF)

上記の1と2に対する著者の主張は次のとおりです。

  1. 週に2 +時間のポルノを使ったことのある人は、いくらか高い性的興奮スコアを報告しました (6 / 9) ポルノ使用の2つの低いカテゴリーより (5 / 9)。
  2. 間に有意な相関関係は見つかりませんでした 適度な IIEFでポルノ使用と勃起機能スコア。

下記の番号1と番号2のクレームを詳しく説明します。 それぞれの主張について、私はここで詳述する矛盾と欠落を思い出します。

研究の詳細:主題の欠落、脱落、不一致、サポートされていない主張

1)出発点:
このED研究の対象とデータは、すでに発表されている他の4つの研究から選択されたと言われています。

「最初の著者が実施したXNUMXつの異なる研究にXNUMX人の男性が参加しました。 これらのデータは公開されているか、レビュー中です [33 – 36]"

述べたように、4つの研究のどれも(1を研究する, 2を研究する, 3を研究する, 4を研究するポルノの使用と勃起不全の間の関係を評価しました。 47男性のみについて、1件の研究のみが勃起機能スコアを報告した。

2)総被験者数: 主執筆者のPrause ツイート 研究について何度か、世界にそれを知らせて 280科目 関与しており、「自宅で問題はない」と述べた。 ただし、XNUMXつの基礎となる研究には 234男性被験者。 280は、この研究の表1に「昨年の性交パートナー」を報告した被験者の数として一度表示されますが、262、257、212、127の数も同様です。しかし、これらの数はいずれも、4つの基礎となる研究で報告されたものと一致しません。のみ 47男性 勃起質問票を取りました。 彼女のツイートとは反対に、勃起機能の平均スコア(21.4)は、これらの47若年男性を、平均して、軽度のEDカテゴリーにまっすぐに配置しました。 おっとっと。

  • 不一致1: 46科目 実際の件数(280件名)に234)はED研究ではどこにも見られない。
  • 不一致2:表1の被験者番号:280、262、257、212、および127 –4つの基礎となる研究の何にも一致しません。
  • サポートされていない申し立て: この研究が関与しているツイートをPrause 280科目.
  • 見つけて下さい:プラウスがどのように彼女の主題のために数「280」を想起させたかについての説明。
  • 非対応 クレーム2: Prauseさんは、問題はないとツイートしましたが、勃起スコアは平均でEDです。

3)IIEF(勃起機能検査)を受けた被験者の数: EDの調査はそれを主張する 127男性 IIEFを取った(pg 11も言う 133) しかしながら、4つの研究のうち1つだけがIIEFスコアを報告し、それを取った被験者の数は 47。 Prauseはどこで手に入れましたか 追加の80男性? 彼女は説明しません。 この研究では、280人の被験者、234人、さらには127人の勃起機能を評価しませんでした。ここでも、47人の被験者だけがIIEFを服用しました。

  • 不一致:研究が主張する 127科目 IIEFを取りましたが、それは本当にです 47.
  • サポートされていない申し立て:Prauseさんのツイート 280科目 関与していた。
  • 見つけて下さい:謎の127に関する生データ

4)欠けている47と同じ80被験者の平均IIEFスコア: 上記のように、 ある研究   47男性、IIEFスコアを報告しました。 その研究は、現在の研究で報告された15つの質問の「勃起サブスケール」ではなく、完全な6の質問のIIEFのスコアのみを報告しました。 それがどこから来たとしても、6つの質問の勃起サブスケールの平均スコアは 21.4、および「軽度の勃起不全」を示します。 さらに、現在のED研究 また の平均IIEFスコアを主張する 21.4 全体 127。 いう ? 「説明された」47人の男性の平均は21.4であり、 127は21.4を平均しました。 これは、ことを意味します 80行方不明の男性 また平均しなければならなかった 21.4。 その確率はどのくらいですか?

  • 信じられないほどの偶然: の平均IIEFスコア 47男性 説明されていないのと同じである必要があります 80男性.
  • 誤解を招く 平均スコア(21.4)は「軽度の勃起不全」を示します、研究は男性が「比較的良い勃起機能」を持っていたと主張している間(多分70歳の男性と比較して?)。
  • 不足しています: 元の研究における勃起サブスケールのためのIIEFスコア。
  • 不足しています: IIEFは任意の科目のスコアです。 生データなし、散布図なし、グラフなし。

5)時間/週のポルノ視聴のための主題の数: ED研究はポルノ鑑賞データを 136の男性 その代わりに、 90科目2の調査では、1週間の視聴時間を報告しています。 著者たちはどこで想起させたのか 46の特別科目? さらに、この研究では、週あたりのポルノ視聴時間をIIEFスコアと相関させると主張しているが、 90男性 (時間/週)が一致しません 47男性 (IIEFスコア)

  • 不一致1調査レポート:ポルノデータの閲覧数時間/週 136科目、 でもそれは本当に 90.
  • 不一致2:研究は、毎週のポルノ視聴をIIEFスコアと相関させると主張しているが、 90 等しくない 47
  • サポートされていない申し立て Prauseのつぶやき N = 280、 しかし本当 N = 47.
  • 不足しています: 被験者のために見た時間。 生データなし、散布図なし、グラフなし、平均または標準偏差なし。
  • 不足しています: ポルノ使用と1週間あたりの視聴時間との間の相関関係に関する正当なデータはありません。

6)性的興奮の評価: 8ページで著者は男性がスケールでポルノを見た後に性的興奮を評価したと述べています 1から9へ.

「男性は、1「まったくない」から9「非常に」までの範囲の「性的興奮」のレベルを示すように求められました。

実際には、 のみ1 4基礎研究のうちの 1から9スケール。 0つは7から1のスケールを使用し、7つはXNUMXからXNUMXのスケールを使用し、XNUMXつの研究は性的興奮の評価を報告しませんでした。 ちなみに、この研究は、勃起が実験室で測定され、ポルノの視聴が増えるにつれてより「反応が良い」ことがわかったことをタイトルに示唆することで、マスコミと読者を誤解させています。 これは起こりませんでした。 せいぜい、スコアは渇望または角質を意味します。

  • 不一致:ED論文の覚醒スケールは、3つの基礎となる研究の覚醒スケールと一致しません。
  • 誤解を招く この研究は 「性的反応」または勃起反応を評価します。
  • 見つけて下さい:対象に関する生データまたは散布図はない。

7)性的興奮評価に使用される刺激:著者は、週に2時間以上のグループの性的興奮の評価がわずかに高いことについて大いに取り組んでいます。 良い研究では、すべての被験者に同じ刺激を使用しませんか? もちろん。 しかし、この研究ではありません。 4つの異なるタイプの性的刺激がXNUMXつの基礎となる研究で使用されました:XNUMXつの研究は 3分フィルムある研究では、 20セカンドフィルム1件の研究が使用されました 静止画。 それは十分に確立されています 映画は写真よりはるかに興奮している。 衝撃的なのは、この研究でプラウスが4つの研究すべてが性的な映画を使用したと主張していることです。

「研究で発表されたVSSはすべて映画でした。」

絶対に間違っている! のみ 2研究   90 男性はスコアを報告し、 47 それらの男性のうちの 写真のみ 映画ではなく、裸の女性。

  • 不一致1:4つの異なる研究 3さまざまな種類の性的刺激。一つグラフ。
  • 不一致2: 下のグラフでは 136科目まだ 90科目 実際に基礎研究のいずれかでポルノの時間/週を報告した。
  • 不一致3: 性的覚醒度は 1 – 7 下のグラフでは、まだ研究はスケールが 1 – 9 (で使用されたと主張された 1 4研究の概要)
  • サポートされていない申し立て: Prauseは、すべての4研究が映画を使ったと主張しています。

これらのポルノ鑑賞対象は、と同じグループです。 上記の数値5、およびグラフの数値1の下にあります。 両方とも 136男性しかし、データはそうではありません。

8)ポルノ使用とIIEFスコアとを相関させるデータはない: この研究からのヘッドラインニュースは何ですか? 著者らは、勃起不全スコアと11週間に視聴されたポルノの時間との間に関係はなかったと主張しています。 ビッグニュースですが、データはありません。 彼らが提供するのは、相関関係が見つからなかったことを私たちに安心させる数文(12〜XNUMXページ)だけです。 データもグラフもスコアも何もありません。 への言及のみ 神秘的な127男性、そのうちの80は説明されていません、上記の3および4で説明されています。 研究から:

「男性(N = 127)は、比較的良好な勃起機能を報告しました(表1を参照)。 勃起機能の国際指数の合計スケールスコアも勃起サブスケールスコアも、平均的な週に見られたVSSの時間とは関係がありませんでした。」

  • 見つけて下さい 1: 毎週の視聴ポルノ時間とIIEFスコアの間の相関関係を示すグラフまたは表。
  • 2がありません: 生データ。 任意のデータ
  • 不一致: 彼らは 127件の請求まだ 47の男性がIIEFを受けました.
  • 誤解を招く 男性が「比較的良好な勃起機能を報告した」と主張する一方で、 平均 スコア (21.4)は軽度のEDを示す。

ED研究と一致する4つの基礎となる研究にはまったく何もなく、80の被験者がどこにも見つからないので、使用時間との相関関係の欠如について著者の言葉を受け取らないとすみません。 この点を説明するために、研究の結論は一連の不正確さで始まります。

「同様の研究にわたる男性の大規模なサンプル(N = 280)からのデータを集約して、VSSの消費量が勃起不全に関連しているという仮説を検証しました。」

この一文で、私は多くのサポートされていない主張を識別することができます。

  • 「n = 280」:いいえ、47の男性だけがIIEFを服用しました
  • 同様の研究にまたがる「:いいえ、研究は類似していませんでした。
  • 集約された「:基礎となる4つの研究に一致するものはありません
  • 仮説を検証する「:著者の仮説に関するデータは提示されていません。

研究全体はこのようなもので、件名、数字、方法論、クレームはどこにも見られず、根本的な研究ではサポートされていません。


研究者が何をもっと詳しく見てみましょう クレーム 調べたことがある

NUMBER 1:ラボでポルノを見た後の毎週のポルノ使用時間と自己申告による覚醒

研究者たちは配置したと主張している 136参加 毎週のポルノ使用に基づいて3つのグループに分かれています(下のグラフ)。 不一致: 毎週のポルノ使用は90研究の2対象者についてのみ報告されています。

棒グラフ

男性は実験室でポルノを見せられました、そして、研究 主張した 彼らは彼らの覚醒を評価した 1から9までのスケールを使用します。

  • 不一致1: 基礎となる1研究のうち4のみが、 1から9スケール。 1つは0から7までの尺度を使用し、1つは1から7までの尺度を使用し、1つの研究は性的興奮の評価を報告していません。
  • 不一致2: りんごとオレンジ:ある研究では静止画像を使い、1つは20の2番目のフィルム、2つは3のミニッツビデオを使いました。

棒グラフにより、著者は覚醒スコアを明確にプロットすることを回避できました。 したがって、読者は、自分自身のポルノ使用時間と比較して、自己申告による覚醒の変化を考えることはできません。 研究者たちは、「性的興奮」についての質問に答えることが勃起機能の確かな証拠であることを示唆しています。 実際、ある研究には、研究者が「陰茎勃起」に関するアンケート結果を無視したという脚注があります。 推定 その「性的興奮」は同じ情報を集めるでしょう。 しかし、それはポルノによって引き起こされた勃起不全の人(ポルノによって非常に興奮しているが、パートナーと一緒に勃起を得ることができない)にとって最も確実に合理的な仮定ではなく、ここの参加者にも当てはまらないかもしれません。

2つのポルノ使用グループ間のこの覚醒の違いを解釈する別のより正当な方法は、おそらく「週にXNUMX時間以上」のカテゴリーの男性がわずかに多く経験したことです ポルノを使うための欲求。 興味深いことに、彼らは、ポルノを見て.01-2時間を記録した人よりもパートナーとのセックスの願望が少なく、自慰行為をすることを望んでいました。 (図2研究中)。 これはおそらくその証拠です。 感作これは、(ポルノ)合図に晒されると、より大きな報酬回路(脳)の活性化と渇望です。 感作は中毒の前兆となり得る。

最近、ケンブリッジ大学の60つの研究で、強迫的なポルノユーザーの感作が実証されました。 参加者の脳は、コントロールの参加者よりも性的刺激の一部を「好き」ではなかったにもかかわらず、ポルノビデオクリップに反応して過度に興奮していました。 感作が性的パフォーマンスにどのように影響するかについての劇的な例では、ケンブリッジの被験者のXNUMX%が報告しました パートナーとの覚醒/勃起の問題 ポルノではなく. ケンブリッジ研究から:

「CSBの被験者は、性的に露骨な資料を過度に使用した結果、特に女性との身体的関係において性欲または勃起機能の低下を経験したと報告しました(ただし、性的に露骨な資料とは関係ありません)」

簡単に言えば、 ヘビーポルノユーザーはより高い主観的な覚醒(欲求)を経験することがありますが、パートナーとの勃起の問題も経験します。 要するに、ポルノに対する彼の覚醒は、彼の「性的反応」/勃起機能の証拠ではありません。

  • もっとポルノを見ることは勃起を改善するでしょう?

驚くべきことに、現在の研究の著者は、「VSSの視聴は 改善します 勃起不全。」 彼らのアドバイスは、覚醒と欲求のスコア(勃起不全のスコアではない)に基づいています。 これは、これらの「興奮した」若い男性が実際にポルノに敏感になっている(中毒になっている)場合に可能な最悪のアドバイスです。 彼らのポルノ視聴覚醒は、実際のセックス中の勃起機能に変換されません。これは、ポルノに対する感受性が高まるにつれて、ポルノ誘発性EDを発症する人では低下する傾向があります。 そのような衰退はまさにケンブリッジの被験者が報告したものです。

確かに、視聴者が見ている間ポルノを見ることは勃起を改善するかもしれません, ポルノ誘発性EDを報告している人たちの問題は圧倒的に勃起機能です パートナーと。 さらに、この研究では、ポルノを見ること、または著者が絶対に示唆しているように、 様々なポルノ、パートナーとの勃起機能を向上させます。 これが正しければ、私は勃起機能のためにテストされた47若い男性が彼らが見たより多くのポルノでより良いばかげたことを報告したであろうと思います。 代わりに、 彼らはグループとして「軽度の勃起不全」を報告しました.

ケンブリッジの研究者がポルノ中毒者の脳を調査している間、強迫的なポルノユーザー(CSB)とEDの若い男性の両方に取り組んだことは注目に値します。 現在の研究は、若いポルノユーザーのEDを調査することを目的として、両方の側面を見逃していました。

NUMBER 2:毎週のポルノ使用時間とアンケートの得点 勃起機能の国際インデックス (IIEF)

ここで物事は本当に醜くなります。 著者は次のように主張しました 127の若い男性 IIEFと呼ばれる質問票に記入した。 15アイテム調査 (著者が述べているように「19項目の調査」ではありません)、男性はマスターベーション中、そして主に性交中の勃起の健康、欲求、性的満足度を評価します。 再び、 これらの自己申告スコアを確認するために実際の陰茎反応は測定されませんでした. 不一致:47の男性だけがIIEFを服用しました。 注: 彼らはまた11ページで133男性がIIEFを取ったと言います。 それは終わりますか?

この研究からのIIEFスコア

  • 未知の59(sic)

しばらくの間、私たちがパラレルユニバースにいて、127人の男性が実際にIIEFを取得したと想像してみましょう。 作家たち と述べている のみ59 パートナーがいた 彼らと一緒に観察できる人 現在 勃起の健康。 これにより、勃起状態が実際に調査された提携被験者の数が非常に少なくなります。 まだ 研究者がポルノ使用に関して現在の勃起機能を理解するのを助けることができる唯一の参加者。 どうして? 著者が認めているように、現在の勃起機能を評価することはパートナーの利用可能性に依存するからです。

  • まず、パートナーとセックスをしようとすると、多くの若い男性が勃起の健康が急速に低下すると報告しています 一人でいた後(ポルノ用) しばらくの間。 したがって、パートナーとの記憶された勃起機能に基づく「勃起機能」テストはほとんど価値がありません。
  • 第二に、回復フォーラムの男性は、ポルノ誘発性EDは圧倒的に発生しやすいと報告しています 提携 セックス(またはポルノなしのマスターベーション中、研究者が収集しなかった統計)–ポルノなしではありません。 実際、この現象を「性交不能」と呼んでいる人もいます。

そう、 なぜそうではないのですか 提携 IIEFを取った男性 被験者はこの研究に含まれていますか? そして、なぜ彼らのデータは読者のために明確に分類されていないのですか? 研究者たちは、パートナーの参加者が「分析に含まれた」とき、視聴時間と勃起機能の間に関連性はなかったと私たちに語っています。 ただし、これらの主張された分析について、またはそれらが他の分析とどのように比較されるかについては何も学びません。 それらは常に280や127のような、より大きな、調達不可能な数にまとめられています。パラレルユニバースを終了し、より多くのシェナニガンに戻ります。

  • 「軽度の勃起不全」

もう一度見てみましょう IIEFの「勃起機能」サブスケール。 下の表は質問と得点を示しています。 (見る テスト全体とサブスケール。)このサブスケールで取り得るスコアは、1から30の範囲です。 ある男性のために 主張した この6アイテムのサブスケールを完成させるために、平均(平均)スコアは 21.4 可能性から 30。 平均して、 彼らは「軽度の勃起不全」の範囲内に十分収まりました カテゴリ.

これらの残念な勃起機能スコアは23歳の男性によって自己申告されたことを心に留めておいてください。 これは示唆している 強制的でなくても消費されるインターネットポルノは、使用時間との相関関係にかかわらず、若々しい勃起に有害な影響を与える可能性があります。.

実際、これらの若い男性は以前に設立されたかなり下にいました 多くのコントロールグループの得点 年上の男性。 1997において、IIEFを検証するために行われた研究は、勃起機能スコアは平均して 26.9 (平均年齢 58)、及び 25.8 (平均年齢 55)。 要するに、インターネットポルノの前の1997年の年配の男性は、これらの23歳よりも中年でもより健康的な勃起を示しました。

偶然の一致? どうすれば 47 IIEFを受けた被験者はまったく同じ平均を持ちます(21.4)として 80 だれも見つけることができない幽霊のような科目(21.4)?

また、21.4は 平均 スコア(一部の場合、不定 N)、それは何人かの参加者のスコアが21.4より低かったことを意味します。 実際、SD(標準偏差)は大きかった(9.8)、それで勃起機能スコアの広い範囲がありました。 一部は「中等度」および「重度」の勃起不全のカテゴリーに分類される可能性があります。 ただし、データが提供されていないため、わかりません。これにより、…

  • グラフィックスを学ぶ

現在の研究の著者が良心的な研究者がしたことをしなかったのはなぜですか ポルノユーザーの脳に関する最近の研究"ポルノの消費に伴う脳構造と機能的つながり:ポルノの脳,」と、以下に再現されているようなグラフにすべてのデータをプロットしますか? これにより、読者はポルノの消費量が増えるにつれて、脳内の灰白質が減少することをはっきりと見ることができます。 このED研究の著者が、平均スコアと単純な棒グラフで個々のデータを非表示にしたのはなぜですか?

クーン研究散布図

  • 毎週の使用?

著者らは、すべての主張が毎週の使用スコアとの相関がないことに基づいているにもかかわらず、毎週のポルノ使用との相関がポルノ誘発性勃起機能不全の存在を確立するために不可欠であるという彼らの仮定を支持しない。 2011において、ドイツの研究者はポルノ関連の問題が相互に関連していることを発見しました 時間をかけて、むしろポルノセッション中に開かれたセックスアプリケーションの数で。 したがって、ポルノの使用時間とEDの問題の間に相関関係がないこと(他のアンケート結果との相関関係は言うまでもなく)は驚くべきことではありません。新規性(クリップの数、開いているタブの数など)はより重要であるように見えるからです。時間。

さらに、「毎週のポルノ使用」スコアは正確にどのように決定されましたか? 研究者たちは言いません。 単純に「先週、どれくらいのポルノを使いましたか?」 もしそうなら、「2時間以上」のビンで勃起障害を発症する時間がなかった新しいポルノユーザーがいる可能性があります。 また、ポルノ関連の問題を抱えている長年のユーザーで、最近、おそらく性機能障害の症状が原因でポルノを「0時間」のビンに切り取ることにしたため、相関関係がさらに起こりにくくなっています。

筆頭著者が「毎週の使用」をどのように計算したかに関係なく、最も重要なデータはまだ欠落しています。 総ポルノ使用 および 使用の特徴。 参加者は、ポルノの使用年数や使用を開始した年齢(発達段階)について質問されませんでした。 さらに、研究者たちは、回復フォーラムの男性が彼らのパフォーマンスの問題に関連しているとしばしば感じる他の要因を制御しませんでした:より極端な素材へのエスカレーション、パートナーセックスのない長い期間、新しいポルノの必要性、そしてインターネットポルノだけでのマスターベーション。

状況下で、そして恐ろしい数値の不一致を考えると、相関関係の欠如は疑わしい重要性であり、ポルノによって誘発されたEDの現象の著者の却下は不当です。

セクシャルコンディショニング:検討する価値があるアイデア

研究者らは正しく次のように指摘しています。

勃起は、現実のパートナーの状況に容易に移行しないVSS [porn]の側面に条件付けられるようになるかもしれません。 性的興奮は、特定の性的画像、特定の性的映画、または性的でない画像さえも含む、新しい刺激に条件付けられ得る。 VSSとの関連で性的覚醒の大部分を経験すると、パートナー関係のある性的相互作用の間に勃起反応が低下する可能性があると考えられます。 同様に、VSSを見ている若い男性は、パートナーセックスが、VSSで見ているのと同じようなテーマで起こると予想しています。 したがって、高い刺激の期待に応えられない場合、提携した性的刺激は勃起を引き起こさないかもしれません。

この可能性を認識して、なぜ研究者は週にXNUMX時間程度しか質問せず、参加者にポルノの視聴と性的条件との関連の可能性を明らかにするのに役立つ質問をしなかったのか疑問に思います。

  • 何歳で彼らはポルノビデオを見始めました
  • 彼らがそれを何年見たか
  • 彼らの好みがより極端なフェチポルノに時間をかけてエスカレートしたかどうか
  • 彼らのオナニーの何パーセントがポルノの有無にかかわらず起こった。

ポルノ誘発性EDに関する重要なデータを見つけたい場合は、勃起不全スコアの低い若い男性に、ポルノなしとポルノありの両方で自慰行為をして、彼らの経験を比較するように依頼した可能性もあります。 ポルノによって誘発されたEDの男性は、スクリーン、盗撮、フェチコンテンツ、および/または絶え間ない目新しさに対する性的興奮を条件付けているため、一般にポルノなしで自慰行為をするのは非常に困難です。 もちろん、これはポルノ誘発性EDの可能性を具体的に調べた研究ではなかったので、研究者たちはそれをしませんでした。

懸念の高まり

Abraham Morgentaler(MD)、Harvard泌尿器科教授および著者、Cornell泌尿器科教授および著者Harry Fisch(MD)などの学術泌尿器科医を含む、尊敬されている泌尿器科医はすでにポルノ誘発性EDの問題について話しています。 上記のMorgentaler、「ポルノ誘発性EDに苦しんでいる若い男性の数を正確に知ることは困難です。 しかし、これが新しい現象であることは明らかであり、珍しいことではありません。」 フィッシュは、ポルノがセックスを殺していると率直に書いています。 彼の本の中で 新しい裸、彼は決定的な要素であるインターネットに焦点を合わせています。 それは「時折の御馳走としては問題ないが、日常的にあなたの[性的]健康にとって地獄である何かへの超簡単なアクセスを提供しました。」

興味深いことに、ここ数年の間に、若い男性における前例のないEDがいくつかの研究で報告されていますが、インターネットポルノの使用について調査したものはありません。

  1. 軍人における性的機能:予備的推定と予測子。 (2014) ED – 33%
  2. 若い男性における性的機能不全:有病率と関連因子。 (2012) ED – 30%
  3. 米国の武装勢力、2004-2013の男性アクティブコンポーネントサービスメンバー間の勃起不全。 (2014) 2004と2013の間で年間発生率が2倍以上になった
  4. 性的に経験された中年から後期思春期の若者の間の性機能の罹患率と特徴。 (2014) 16-21歳:
  • 勃起不全– 27%
  • 性的欲求が低い– 24%
  • オルガスムの問題– 11%

さらに、この研究には、ポルノによる性欲の低い性欲と無オーガズムを持つ男性の症例報告が含まれています。 彼はいくつかのジャンルのポルノを通してエスカレートし、セックスに対する欲求をほとんど経験しなかった。 8月の再起動は、通常の性欲と楽しい性的関係につながります。

インターネットポルノの使用が若い男性でほぼ普遍的になっていることを考えると、インターネットポルノの使用を、それを訴える被験者の非常に徹底的な科学的調査なしに、今日の広範囲にわたる若々しい勃起不全の潜在的な原因として却下するのは遅いはずです。 また、若々しいEDが広まっているのは、「パートナーの性感染症の状態、人間関係への期待、自分の魅力や陰茎のサイズに関する懸念」が原因であると著者が正しいと推測するのも遅いです。 これらの要因はおそらくインターネットポルノよりもはるかに長い間存在しており、若々しいED問題の急増はごく最近のことです。

最も重要なことは、これらの懸念は、ポルノなしでは自慰行為ができない人には当てはまらないことです。彼らは自分の手でこれらの懸念を心配していないからです。

確かな研究に基づいているポルノ誘発性機能障害の主題についてのすべての分析を公表することが不可欠ですが、この特定の分析は赤い旗の茂みを発生させます。 今日の若々しいポルノユーザーは、より良い価値があります。



研究者バイアスに関するYBOPのコメント:

著者は、性医療を実践していないし、医師でもありません。 しかし、ジム・ファウスはの編集委員会のメンバーです。 および 姉妹 この分析を発表したもののジャーナル。

ニコールプラウセの元 Twitterのスローガン 彼女は科学的研究に必要な公平性を欠いているかもしれないと示唆している:

「人々が中毒のナンセンスを引き起こさずに性的行動に従事することを選択する理由を研究する。」

彼女の2015さえずりスローガンであるPrauseに反して、もはやUCLAや他の大学では採用されていません。 もう学術のPrauseはありません 文書化された複数のインシデント嫌がらせおよび名誉毀損に関与している 彼女の結論に異議を唱える人はだれでも悔い改めるに値すると人々を説得するための進行中の "astroturf"キャンペーンの一部として。 Prauseが蓄積しました 長い歴史 作者、研究者、セラピスト、記者など、インターネットポルノの使用による害の証拠をあえて報告することを敢えてしている人々のこと。 彼女は ポルノ業界にはかなり居心地がよいこれからわか​​るように、 X-Rated Critical Organization(XRCO)賞授賞式のレッドカーペットの上の彼女(右端)の画像。 (ウィキペディアによると XRCO賞 アメリカ人によって与えられる X評価批評家団体 アダルトエンターテイメントで働く人々に毎年、そしてそれは業界のメンバーのために排他的に予約されている唯一のアダルト業界賞ショーです。【1]) また、Prauseには 主題としてポルノパフォーマーを得た 他のポルノ業界の利益団体を通じて フリースピーチ連合。 FSCで得られた被験者は彼女で使用されたと言われています 雇われた銃の研究 ひどく汚れている および 非常に商業的な「オルガスム瞑想」 スキーム(現在 FBIによって調査された)。 賞賛も作りました サポートされていない申し立て彼女の研究の結果 と彼女 研究の方法論。 より多くの文書については、以下を参照してください。 Nicole Prauseはポルノ業界の影響を受けますか?

最後に、共著者 Nicole Prause PIEDをデビューすることに夢中になって この学術論文に対する3年の戦争同時に、ポルノによって誘発された性的機能不全から回復した若い男性を嫌がらせと忌避する。 見る: Gabe Deem #1, Gabe Deem #2, アレクサンダーロードス島#1, アレクサンダーロードス島#2, アレクサンダーロードス島#3, ノア教会, アレクサンダーロードス島#4, アレクサンダーロードス島#5, アレクサンダーロードス島#6アレクサンダーロードス島#7, アレクサンダーロードス島#8, アレクサンダーロードス島#9.

過去に、プラウスは彼女の研究の結果について並外れた主張をしました。 彼女はこの研究でも同じことをしましたが、ポルノの使用が多いほど「ラボの反応」が強くなるという誤解を招くツイートがありました。 前に説明したように、男性がポルノを見ている間、実験室での測定は行われませんでした。

ちなみに、このED研究に関する彼女の一連の出版前のツイートの中で、筆頭著者は、これらの男性は「自宅でEDの問題はなかった」と主張しています。 説明したように、平均勃起機能スコアは「軽度の勃起不全」カテゴリーに分類されました。これは、かなりの部分が 間違いなく勃起不全がありました、おそらく自宅でそして一般的に。

プラウスの過去の作品のいくつかは非常に批判されています。 彼女の研究を考えてみてください性的欲求ではなく、性的欲求は、性的画像によって誘発される神経生理学的反応に関連しています」、2013年 (Steeleら)。 Steeleらの5ヶ月前。 発表された、Prauseは心理学者にそれを(だけ)解放した デビッドレイ、速やかにブログを書きました 心理学の今日、 それがポルノ中毒が存在しなかったことを証明したと主張する。 実際、そのような主張は、それが発表されたときの実際の研究によって裏付けられていませんでした。 上記の上級心理学教授 ジョン・A・ジョンソン:

'単一の統計的に有意な発見は中毒については何も言いません。 さらに、この重要な発見は  P300とパートナーとのセックスの欲求(r = −0.33)との相関、P300の振幅が 下側 性欲; これは、P300の解釈と直接矛盾します。 高いです 慾望。 他の常習者グループとの比較はありません。 対照群との比較はありません。 研究者たちが導いた結論はデータからの飛躍的な進歩であり、性的画像の視聴を規制するのに苦労していると報告した人々がコカインや他の種類の中毒者に似た脳反応を持っているかどうかについては何も言わない。 に発表され 「高い欲求」、または単に「中毒」? Steele等への応答。

現在の研究と同様に、プラウスは研究の結果を報道機関に誤って伝えました。 彼女から 心理学今日 インタビュー:

研究の目的は何ですか?

Prause:私たちの研究では、そのような問題を報告している人々が性的画像に対する彼らの脳反応から他の中毒者のように見えるかどうかをテストしました。 コカインなどの薬物依存症の研究は、薬物乱用の画像に対する脳の反応の一貫したパターンを示しているので、実際には、性の問題を報告する人々に同じパターンが見られるはずであると予測した。中毒。

これはセックス依存症が神話であることを証明していますか?

我々の研究が再現されれば、これらの発見は既存の性「中毒」の理論への大きな挑戦を表すだろう。これらの発見が挑戦を示す理由は、彼らの脳が他の依存症の薬物中毒のようにイメージに反応しなかったことを示す。

被験者の脳が他の中毒者のように反応しなかったという上記の主張は支持されていません。 この研究の被験者は、性的な画像を表示したときにEEG(P300)の測定値が高くなりました。これは、中毒者が依存症に関連する画像を表示したときに予想されるものです( コカイン中毒者に関する本研究) の下にコメントする 心理学今日 インタビュー Prauseと、 John A. Johnson上級心理学教授は言った:

「彼女が性的画像のP300の読み取り値が高いと報告していることを考えると、彼女の被験者の脳は麻薬中毒者の脳が彼らの薬物に反応するように、性的画像に反応しなかったというプラウスの主張に私の心はまだ悩まされています。 選択した薬を提示されたときにP300スパイクを示す中毒者のように。 彼女はどのようにして実際の結果とは反対の結論を導き出すことができるでしょうか?」

の8ピアレビュー分析があります Steeleら、2013 すべてがYBOP分析と一致: スティールらの査読批評、2013


もうXNUMXつの厄介なパターンは、SPANラボの研究タイトルが調査結果を正確に反映していないことです。

で説明したように この批評、時 性的欲求目録(SDI)の質問が採点された。 有意な相関はありませんでした SDIスコアとEEG測定値の間 まだ 他の査読論文 説明:

「さらに、要約にリストされている結論、「異常性欲を無秩序ではなく、高い欲求として理解することへの影響が議論されています」[303](p。1)は、P300の振幅がパートナーとのセックスに対する欲求と負に相関していたという研究の所見を考慮すると、場違いと思われる。 Hilton(2014)で説明されているように、この発見は「P300の解釈を高い欲求として直接矛盾させる」[307]。 "

もっと正確なタイトルは 「パートナーセックスに関するSDIの質問との負の相関, SDI全体とはまだ相関がないに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

で説明したように この批評、タイトルは実際の調査結果を非表示にします。 実際、「ハイパーセクシュアル」は、コントロールと比較した場合、感情的な反応が少なかった。 これは多くの人にとって驚くべきことではありません ポルノ中毒者はしびれた感情を報告する と感情。 プラウスは、「より大きな感情的反応」を期待していると述べてタイトルを正当化したが、疑わしい「期待」については引用しなかった。 強迫的なポルノユーザーは健康な被験者よりもバニラポルノに対して鈍感だったので、そこには驚きはありません。 彼らは退屈していた。 より正確なタイトルは次のようになります。ポルノの使用を制御するのが困難な被験者は、性的映画に対する感情的な反応が少ない"

現在の分析で前述したように、Prauseは性的反応、勃起、または脳の活性化を測定しませんでした。 代わりに、ポルノユーザーは「性的興奮」の単一の質問の自己報告に番号を付けました。 週に2時間以上ポルノを使用している人は、ポルノを見た後、わずかに高いスコアを示しました。 これは人が期待することです。 これは、ポルノなしの彼らの性的興奮やパートナーとの性的興奮については何も教えてくれません。 そしてそれは勃起機能について何も述べていません。 プラウスが関連データを発表しなかったので、タイトルがどうあるべきかを言うのは難しいです(参照 アイゼンバーグ博士の査読済み批評) おそらくもっと正確なタイトルは 「ポルノの使用は男性を興奮させます」。

次に、彼女はDavidLeyと公然とチームを組みました。 セックス依存症の神話 中毒や研究の神経科学のバックグラウンドを持たない人–ポルノ中毒の主題に関する疑わしいレビューを作成するために:「皇帝は服を着ていない:“ポルノ中毒”モデルのレビュー。」 ここで著者が「インターネットは視覚的な性的刺激の視聴を増加させていない」という驚くべき提案を引用しているのは、まさにこのレビューです。 正式な反論が進行中ですが、活発な非公式の批評はここで見ることができます。皇帝は服を着ていない:レビューとしての骨折したおとぎ話に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

現在の分析ではJim Pfausの存在にもかかわらず、我々は 性医療 この手斧の仕事の撤回を考慮する必要があります。 ポルノ関連の性的機能不全のトピックは、アンケート結果間の疑わしい相関関係に基づいてさりげなく対処するにはあまりにも重要であり、その大部分は勃起機能の問題とは無関係であると思われる。

Prauseは性とポルノ依存を否定することから利益を得ているようです

最後に、ニコール・プラウセが「性依存症」に対する彼女の「専門家」の証言を提供していることに注意する必要があります。 彼女から リベロス ウェブサイト:

Prauseが彼女のサービスを販売することを試みているかのように思えます 主張した 彼女の2つのEEG研究の反ポルノ依存症の結論(1, 2ピアレビューを受けた批評は両方の研究が中毒モデルを支持していると言っていますが)

  • Prause's 2013 EEGスタディ 実際にポルノ中毒の証拠を見つけました。 2013年の研究では、被験者がポルノ写真にさらされたときに、より高いEEG測定値(P300)が報告されました。 中毒者が中毒に関連する手がかり(画像など)にさらされると、より高いP300が発生します。 さらに、この研究では、ポルノに対するより大きなキュー反応性が、パートナーセックスへの欲求の低下と相関していることが報告されています(ただし、インターネットポルノ中毒者に期待されるように、マスターベーションへの欲求は少なくありません)。 これらは依存症の兆候ですが、メディアでは、プラウスは彼女の研究が依存症の概念を「暴いた」と主張しました。
  •   第二脳波研究 2013年の被験者(およびさらにいくつか)のEEG測定値を実際の対照群と比較しているようです。 そうです、2013年の研究には対照群がありませんでした。 2015年の結果:予想どおり、バニラポルノの写真を表示すると、ポルノ中毒者とコントロールの両方でEEGスパイクが高くなりました。 ただし、コントロールの振幅はポルノ中毒者よりも少し高いです。 言い換えれば、ポルノ中毒者はポルノ写真への覚醒をあまり経験しませんでした。 彼らは脱感作されました。 プラウス等。 見つけることは完全に一致します Kühn&Gallinat(2014), これは、性的写真にさらされたときに、より多くのポルノ使用がヘビーユーザー(中毒ではなかった)のより少ない脳活性化と相関することを発見しました。