「EDとポルノ使用時間に関する新しい研究は決定的ではありません」RobertWeissLCSW&Stefanie Carnes、PhD

性医療オープンアクセス Nicole PrauseとJim Pfausが共著した論文「性的反応の亢進に関連する性的刺激の表示、勃起不全ではない」を発表したばかりです。[I] これは研究ではありませんでした 原因不明の勃起不全を訴えるポルノユーザー 研究のタイトルにもかかわらず、実験室で陰茎反応または勃起は測定されなかった。[II] むしろ、著者らは以前の4つの研究からデータを引き出し、それらのいずれも毎週のポルノ使用の関数としてのEDを調査し、それから彼らはポルノ使用の関数としてのEDについての主張をするためにそれらのデータを「再分析」した。

本質的に、この誤った指導を受けた著者たちは、4つの別々の研究の被験者を3つのグループに分けました。ポルノをまったく使わなかった男性、週にポルノX.01から2を使った男性、そして2.01を使った男性週以上の時間。 それから、彼らはそれらのビンを以前の研究で集められた様々な(異なる)アンケートに対する答えと比較しました。 要するに、基礎研究の被験者は一般的なプロトコルを用いて調査されていません。 事実、3つの異なる視覚的性的刺激(3分のビデオ、20秒のビデオ、および静止画)と同様に、3つの異なる覚醒測定尺度が使用された。 そして少数の男性(n = 47)だけが勃起機能についてのアンケートに答えました。 (皮肉なことに、これらの少数の男性、平均年齢23は、実際には軽度のEDを有していたことを示した。)多くの矛盾があるとすれば、相関関係も不満足もない。 不足 PrauseとPfausによって主張されているように、相関関係は非常に現実的な問題に多くの光を当てることができます:ポルノユーザーによって報告された性的機能不全。

実際には、ポルノユーザー - 特にヘビーポルノユーザー(性/ポルノ中毒者を含む)の間で勃起不全を見ている研究のいくつかのはるかに良い部分があります。 350の自己特定性依存症に関する最近のイギリスのある調査では、26.7%が性機能障害の問題を報告していました。[III] 24男性セックス依存症患者を見た別の研究では、1の6(16.7%)が勃起不全を報告していることがわかりました。[IV] 19男性ポルノ常用者を対象としたさらに別の研究では、11(58%)は、実世界のパートナーとの覚醒/勃起に問題はあるが、ポルノには問題がないと報告しています。[V] この最後の部分、EDは実世界のパートナーと一緒に発生することが多いがポルノとは発生しないという事実は、我々がいつ見たものと一致する。 ポルノ中毒者の治療 私たちの心理療法の実践において。 この要因は、PrauseとPfausではまったく考慮されていません。

さらに、Prause and Pfausの論文は報告していません。 勃起レベル ポルノ鑑賞に応えて。 代わりに、それは報告しました 覚醒 ポルノ鑑賞に対して、明らかに覚醒は勃起反応と同じではないことを完全には理解していません。 例えば、19ポルノ中毒者を調べた研究では、脳スキャンはそれを示しました ポルノ中毒 被験者はもっと 覚醒 対照群よりもポルノに(脳活性化)。[VI] しかし、パートナーとの性行為は明らかに別の問題でした。 このように、PrauseとPfausによる研究を主張する報道の見出しは、ポルノが性的パフォーマンスを改善することが過度に楽観的であることを証明しています。

いずれにせよ、ドイツの研究者たちは、ポルノ関連の問題はポルノの使用に費やされた時間と相関するのではなく、むしろ視聴セッション中に開かれた画像/ビデオの数と相関することを発見しました。[VII] 言い換えれば、目新しさ、新しいジャンル、そして絶えず変化する刺激の必要性は、明らかに毎週の使用時間よりも物語っています。 この研究の著者は次のように述べています。

勃起は、現実のパートナーの状況に容易に移行しないVSS [porn]の側面に条件付けられるようになるかもしれません。 性的覚醒は、特定の性的画像、特定の性的映画、または性的でない画像さえも含む、新しい刺激に条件付けられ得る。 VSSとの関連で性的覚醒の大部分を経験すると、パートナー関係のある性的相互作用の間に勃起反応が低下する可能性があると考えられます。 同様に、VSSを見ている若い男性は、パートナーセックスが、VSSで見ているのと同じようなテーマで起こると予想しています。 したがって、高い刺激の期待に応えられない場合は、パートナーによる性的刺激[勃起を引き起こさない可能性があります]。[VIII]

私達は同意します。 研究者がポルノ関連の性的機能不全の現象を調査したいのであれば、彼らは使用時間ではなく、以下の要因に焦点を合わせなければならないでしょう。

  • 使用年数
  • 早い時期からの使用開始
  • 新しいジャンルへのエスカレーションの程度
  • ポルノの有無にかかわらずオナニーセッションの割合
  • パートナーとの性的行為

また、この論文では、週に2時間以下のポルノを使用した大学生の男性の割合が非常に高いと主張しています。 これらの数は既存の研究とは非常に異なります。 例えば、彼の本のために研究をするとき、 ポルノ大学Michael Leahyは、100の大学キャンパスでポルノの使用状況の傾向を調べ、1週間に51時間未満のポルノを閲覧しているのは大学の男性の5%に過ぎないことを確認しました。[IX] 一方、PrauseとPfausは、被験者の60%(81 of 136)が週に2時間未満のポルノを見ていると主張しています。 これは大きな逸脱です、そしてそれは彼らが調べたデータにおけるテスト母集団の一般化可能性を疑う原因になります。

彼らの信用に、PrauseとPfausは彼らの仕事には限界があることを認め、次のように書いています。 結果は、通常の通常のVSS使用[男性用ポルノ]を有する男性に限定されるとおそらく最もよく解釈されます。」[X] しかしながら、これは、性的機能不全よりもむしろより大きな性的反応性と関連していると彼らがポルノ使用を誘惑するのを止めませんでした。 覚えておいて、彼らの研究のタイトルは「勃起不全ではなく、より大きな性的反応に関連した性的刺激を見ること」です。

ポルノ関連の性的機能不全を訴える男性に関する確かな研究が大いに必要とされていることは疑いの余地はありません。 性的に盛り上がった男性を含む、身体的に健康な男性が増えており、オンラインポルノの使用に直接関係するEDに苦しんでいます。 そしてこの問題は完全にオナニーとオーガズムの頻度(すなわち、性的不応期の必要性)によって引き起こされるわけではありません。 現実には、問題は、男性が70、80、さらには90%の性生活の中でオンラインポルノに自慰行為をするとき - セクシーで、エキサイティングで、絶えず変化するパートナーや経験の無限のイメージ - 現実の世界のパートナーは、彼の心を駆け巡るビジュアルよりも性的刺激が少ないと思われます。

この調査が届くまで、私たちは消費するポルノの量について決定を下す人々に誤解を与えないように注意する必要があります。 結局のところ、私たちの歴史の中にアルコールとタバコが警告ラベルを持っていなかったというポイントがありました。 臨床医や研究者としての私たちは、もっと注意深い、あるいは少なくとももっと正確なメッセージを公衆に広めるべきです。

* Robert Weiss LCSW、CSAT-SおよびStefanie Carnes、PhD、CSAT-S

Robert Weiss LCSW、CSAT-Sは、臨床開発担当上級副社長です。 要素行動健康。 彼は臨床プログラムを開発しました ランチ テネシー州ナッシュビル郊外 マリブのトリートメントセンターを約束します, 性的回復研究所 ロサンゼルスで。 彼は 著者 最近出版されたものを含む多数の本のうち、 常にオンになっている:デジタル時代のセックス中毒 ジェニファーシュナイダー博士と共著。 詳しくは、彼のWebサイトをご覧ください。 www.robertweissmsw.com/.

ステファニー・カルネス、博士、CSAT-Sが会長に就任 国際トラウマと中毒専門家協会 11月には、2010。 彼女は公認結​​婚および家族療法士であり、 AAMFT 承認された監督者 彼女は全国大会で定期的に話します。 彼女の専門分野は、性依存症、摂食障害、化学物質依存など、複数の依存症に苦しんでいる患者や家族との協力です。 彼女は 著者 を含む数冊の本のうち、 粉々になった心を繕う:性依存症のパートナーのためのガイド。

[I] プラウゼ、N。、およびファウス、J。(2015)。 「勃起不全ではなく、より大きな性的反応に関連する性的刺激を見る。」 性医療オープンアクセス.

[II] 「男性の自己申告による経験を裏付けるための生理学的生殖器反応データは含まれていなかった」(p。7 of Prause and Pfaus、2015)。

[III] ホール、P。(2012)。 セックス依存症の理解と治療:セックス依存症に苦しんでいる人々と彼らを助けたい人々のための包括的なガイド。 大げさな

[IV] ノースカロライナ州レイモンド、E。コールマン、およびMHマイナー(2003)。 強迫性行動における精神医学的併存症および強迫性/衝動性特性。 包括的な精神医学, 44(5)、370-380。

原著