ニコール・プラウゼ2013 EEG研究に対するロリー・リードの「批評」に対する私たちの反応(Steele et al。、2013)

YBOPのコメント:

下記はYBOP 7月の2013への返信です。 Prause研究の批判 ロリー・C・リード博士(カリフォルニア大学ロサンゼルス校精神科)。 なぜ私たちはに返事を書いたのですか ロリー・リードの批評 ニコールプラウセの「性的欲求ではなく性的欲求が性的画像によって誘発される神経生理学的反応に関連する「? 批評ではないからです。 代わりに、それはプラウス脳波研究のベールに包まれた防御です(Steeleら。、2013)。 最初のプレゼントは、ロリー・リードが彼のいわゆる「批評」でゲイリー・ウィルソンに3回言及していることです。 第二に、リードはゲイリーウィルソンの 心理学今日 ブログ投稿 Prauseの研究の分析はもう公開されていません。 リードとプラウスの両方がなぜそれが欠けているのかをよく知っています:プラウスは圧力をかけました 心理学今日 ウィルソンの投稿だけでなく、 この記事 他のXNUMX人のブロガーによる。 最後に、ロリー・リードの批判は、私たちの主要なポイントのいずれにも対処することも、プラウスの不実表示をマスコミに説明することもできません。 代わりに、リードはYBOP分析が実際に言ったことを誤解することによって批判をそらします。 注意: ロリーリードは述べた 彼のUCLAオフィスはPrause'sのすぐ隣にあります(そしてXNUMX人はルームメイトでした)。

UPDATE: ロリー・リードの批評に入る前に Steele et al。の実際の調査結果は、2013という7月以来明らかになっています。 UCLAはNicole Prauseの契約を更新しませんでした(1月頃、2015)。 学術的な賞賛はもはや蓄積されていません 長い歴史 研究者、医師、セラピスト、心理学者、元UCLAの同僚、イギリスの慈善団体、回復中の男性、 タイム 雑誌編集者、数名の教授、IITAP、SASH、Fight The New Drug、学術雑誌 行動科学、その親会社MDPI、学術誌の長 CUREUS、 そしてジャーナル 性依存症と強制性。 見る: ニコール・プラウセがゲイリー・ウィルソンや他の多くの人々を解放し、嫌がらせをしたことに関する文書 (と 今2ページ目 フォルダーとその下に XNUMXページ目).

重要なポイント: Prauseは、彼女が「被害者」であると誤って主張し続けていますが、このページに記載されている個人および組織に対するすべての接触および嫌がらせを開始したのはPrauseです。 前のページのリストの誰もニコルプラウスを嫌がらせしていません。 彼女の「反ポルノ活動家」からの「ストーキング」または誤操作の犠牲者であることに関する彼女の主張には、1つの文書の情報不足があります。 彼女が提供する証拠はすべて自己生成されたものです。1つの情報グラフィック、嫌がらせを説明した彼女から他の人への数通の電子メール、および偽の申し立てを含む5つの偽りの停止および強要の手紙。 また、Prauseがさまざまな規制当局に提出した多数の正式な苦情の証拠も表示されます。これらは、要約的に却下または調査され却下されています。 彼女はこれらの偽の苦情を申し立てるように見えます、それで彼女はその後彼女の目標がすべて「調査中」であると主張することができます。

Prauseがツイート、Facebook、YBOPのページへのリンクなど、サイバーストーキングのターゲットになっている具体例はありません。 一方、PrauseのTwitterフィードは、かつて含まれていました 数百 Wilsonをはじめとする多くの人を標的にした、卑劣で不正確なツイートの一覧(Prauseは3,000に関するツイートを削除しました)。 簡単に言うと、Prauseは検証可能な証拠がゼロの神話を作成しました。 ポルノ業界と緊密に連携これからわか​​るように、 X-Rated Critical Organization(XRCO)賞授賞式のレッドカーペットの上の彼女(右端)の画像。 (ウィキペディアによると、 XRCO賞 アメリカ人によって与えられる X評価批評家団体 大人の娯楽で働く人々への年次tは業界会員専用のアダルト業界アワードショーです。.【1]より多くの文書については、以下を参照してください。 Nicole Prauseはポルノ業界の影響を受けますか?).


Rory Reidへの私達の応答(7月、2013):

たとえそれが彼女の批評家を批評するだけであるが、それがプラウスの仕事の批評として提起されたとしても、私たちが提起した質問への回答を見てうれしいです。 私たちが提起したポイントのほとんどは無視されているか、別の意味を持つようにスピンされているので、私たちは Dr. Dr.は、Prause博士に以下の質問に答えるよう依頼してください。:

1) あなたの研究がより大きな脳の活性化が低い性的欲求と相関していることを発見したとき、あなたの発見が異常性欲が本当に「高い」欲求であったことを示したのはなぜですか? プラウスの言葉遣いに注意してください このインタビューで:

あなたの研究の主な発見は何ですか?

「性的写真に対する脳の反応は、異常性欲のXNUMXつの異なる質問票測定のいずれによっても予測されなかったことがわかりました。 脳の反応は、 性的欲求の尺度. 言い換えれば、 性欲過敏症は性的反応における脳の違いを説明するようには見えない ただ高いリビドーを持つ以上のこと。

しかし、ジョン・ジョンソン博士がで説明したように、それは起こりませんでした この査読付き反論:

'単一の統計的に有意な発見は中毒については何も言いません。 さらに、この重要な発見は P300とパートナーとのセックスの欲求との間の負の相関 (r = −XNUMX)、 P300振幅が性的欲求の低さに関連していることを示します。 これはP300の高い欲求としての解釈と直接矛盾します。。 他の常習者グループとの比較はありません。 対照群との比較はありません。 研究者たちが導いた結論はデータからの飛躍的な進歩であり、性的画像の視聴を規制するのに苦労していると報告した人々がコカインや他の種類の中毒者のような脳反応を持っているかどうかについては何も言わない。

2) プラウス博士、これは「被験者内」対照群とは無関係であるため、なぜ言及したのですか? Steele et al。の唯一の結果:

「中立的な刺激と比較して、心地よい性的刺激に対するP300の振幅の差が大きかったことは、性的欲求の尺度とは否定的に関連していたが、過性の尺度とは関連していなかった。」

翻訳: ポルノに対する手がかり反応性が高い個人は、パートナーとセックスしたいという欲求が低かった(しかし、自慰行為に対する欲求は低かったわけではない)。 別の言い方をすれば、脳の活性化とポルノへの渇望が多い人は、本物の人とセックスするよりもポルノに自慰行為をするほうがよいでしょう。 プラウスのいわゆる「被験者内」対照群とは無関係です。

3) Prause博士、なぜPsychology Todayのインタビューや他の場所でサポートされていない主張をしたのですか? の 心理学今日 インタビュー:

研究の目的は何ですか?

Prause:私たちの研究では、そのような問題を報告している人々が性的画像に対する彼らの脳反応から他の中毒者のように見えるかどうかをテストしました。 コカインなどの薬物依存症の研究は、薬物乱用の画像に対する脳の反応の一貫したパターンを示しているので、実際には、性の問題を報告する人々に同じパターンが見られるはずであると予測した。中毒。

これはセックス依存症が神話であることを証明していますか?

我々の研究が再現されれば、これらの発見は既存の性「中毒」の理論への大きな挑戦を意味するだろう。 これらの調査結果が課題を提示する理由 それが示すということです 彼らの頭脳は、彼らの依存症の薬物に対する他の中毒者のようなイメージに反応しませんでした。

上記は、被験者の脳が「他の中毒者のように反応しなかった」と主張しています。 に Steeleら、 被験者は性的な画像を表示するときにEEG(P300)の測定値が高くなりました。これは、中毒者が依存症に関連する画像を表示するときに発生することです( コカイン中毒者に関する本研究) の下にコメントする 心理学今日 インタビュー Prauseの、 ジョンAジョンソン名誉教授:

「性的画像のP300測定値が高いことが報告されているため、麻薬常用者の脳は自分の薬物に反応するように、被験者の脳は性的画像に反応しなかったとPrauseは主張し続けます。 彼らの選択の薬と一緒に提示されたときにP300スパイクを示す常習者のように。 実際の結果とは反対の結論を彼女はどのように引き出すことができるでしょうか。 それは彼女の先入観によるものだと思います。

4) プラウス博士、EEGデータと性的欲求目録(SDI)に関する14の質問すべてとの相関関係は何でしたか? 私は答えます:有意な相関関係はありませんでした。 この研究は、性的欲望の数値を適切に報告していますが、次の結論があります。

まとめ:への影響 性欲過多を高い欲求として理解すること、 無秩序ではなく、議論されています。

被験者が「高い欲求」を主張するのはなぜですか より大きな手がかり反応性がありました パートナーとのセックスに対する欲求の低下。 さらに、「性的欲求」というフレーズは研究で63回繰り返され、研究のタイトル(性的欲求、性欲過剰ではない…。)は、手がかりに対するより高い脳の活性化がより高い性的欲求と関連していたことを意味します。 さらに、すべての見出しは、「セックス依存症」は本当に高い欲求であると叫んだのですか? しかし、それは高い欲求ではありませんでした!

5) リード博士は言います、 「私が提起する可能性のある問題のXNUMXつは、ウィルソン氏がEEGをテクノロジーとして却下したことに対する私の不快感です。」 テクノロジーとしてEEGをどこで却下しましたか? 事実、私たちの回答は、物質中毒を調査する際にEEGを狭くそして有能に使用した2研究へのリンクを持っています。 私たちは、化学中毒とは異なり、性行動中毒は複数の認知的インプットを伴うことを指摘しただけです。 この技術には固有の制限があるため、EEGアクティベーションに基づいて広範な主張をすることは無謀です。

6) プラウス博士、「二者間の関心だけ」が「性的欲求」の尺度として一般的に使用されているという証拠はどこにありますか? あなたはこれを主張し続けますが、この主張に対して研究が提供する唯一のサポートは彼女の主張と矛盾します(1を研究する, 2を研究する。 さらに、SDIの開発者のXNUMX人からのコメントもそうです。 イラナスペクター、Prauseの主張を理解するために連絡を取りました(そこに引用されている研究が矛盾していることがわかったら)。 SDIが単一のユニットとして管理されることを意図していることを私たちに保証したスペクターは、次のように述べています。 「スケールは、単独と二項の両方のすべての項目を使用してのみ検証されました…。 スケールは[ここにあるように]使用するように設計されておらず、そのように検証されていませんでした。」

7) Prause博士、確かにあなたはキュー誘発性の脳活動を評価する中毒研究のための標準的なプロトコルを知っています。 それではなぜ被験者だったのか 男性と女性、7非異性愛者を含む? 研究を重ねるごとに、男性と女性は性的な画像や映画に対する脳の反応が大きく異なることが確認されています。 有効な依存症の脳の研究には、同性の被験者が含まれます:同性、同じ性的指向、および同様の年齢とIQ。 これだけであなたの発見を割り引く。

8) プラウス博士、異性愛者のポルノだけを使った実験で非異性愛者を正当化するにはどうすればよいでしょうか?そして、(予測可能な)相関関係の欠如から膨大な結論を引き出すことができますか? これはまたあなたの結果に疑問を投げかけます。

9) Prause博士、なぜあなたの被験者は事前スクリーニングされなかったのですか? 有効な中毒脳研究は、既存の状態(鬱病、OCD、他の中毒など)について個人をスクリーニングします。 これはまたあなたの結果に疑問を投げかける。

10) プラウス博士、インターネットポルノ依存症や女性の有効な評価テストではないのに、なぜSCS(Sexual Compulsivity Scale)を使用したのですか? それは1995年に作成され、制御されていない性的で設計されました 関係 念頭に置いて(エイズの伝染病の調査に関連して)。 繰り返しますが、これだけでP300測定値とSCSの間に相関関係がなかった理由が説明されます。

性的欲求目録(SDI)に戻ると、私たちがどういうわけか孤独なSDIスコアを逃したというRoryReidの主張:「Wilson氏は、Prause博士が彼女の研究で使用されたSDIサブスケールを十分に分析できなかったと主張しようとしました「。 私たちが実際に言ったことを読んでください (茶事の話はこちらをチェック)。 SDI全体を使用したときに相関関係が存在しないことを明確に述べました。 これは事実です。 Steeleらは、EEGの測定値と提携SDIの質問との間に負の相関関係があることを報告していますが、この発見は誤解を招くような研究タイトルとして現れています。 「性的欲求についての誤った見出し「。 研究からの実際の結果:

「中立的な刺激と比較して、心地よい性的刺激に対するP300の振幅の差が大きかったのは、 マイナスに 性的欲求の測定に関連していますが、異常性欲の測定には関連していません。」

翻訳: ポルノに対する手がかり反応性が高い個人は、パートナーとセックスしたいという欲求が低かった(しかし、自慰行為に対する欲求は低かったわけではない)。 別の言い方をすれば、脳の活性化とポルノへの渇望が多い人は、本物の人とセックスするよりもポルノに自慰行為をするほうがよいでしょう。 インタビューやヘッドラインとはかなり異なります。

表2をクリックして拡大

まず、「注」は、単独テストのスコア範囲が「3-26」であると述べていますが、それでも女性の平均はそれを超えています。 それは26.46です–文字通りチャートから外れています。 どうした?

しかし、もっと重要なのは、SPAN Labが実際に完全なSDIを使用して「性的欲求」を測定した場合、その研究者は、パートナーの欲望の平均スコア23.92に非常に高い全体的なマスターベーション欲求の平均スコア26(58点中)を追加したでしょう。 (可能な70の)。 したがって、真の「性的欲求」の平均スコアは、なんと82(可能な96のうち)でした。

実際の(14問の)「性的欲求目録」の結果をEEGデータと比較するとどうなりますか? 有意な相関関係はまったくありません。 「性依存症」の概念を解体することについての非現実的な主張、大胆なメディアの電撃、そして欠陥のある発見を裏付けるために舞台裏での脅迫の必要はありません。 要するに、スティール等。 EEGの測定値と質問票の間にほとんど相関関係がないという発見は、興味のないヌルの発見でした(他の方法論的な弱点によって簡単に説明されます)。

この調査には、SDIに関するXNUMX番目のエラーが含まれていることに注意することが重要です。SDIは性的欲求のレベルを使用して測定します 二つのスケール から成る 各7アイテム.実際、性的欲求目録には 9つの質問, 四つの孤独な質問sであり、 一つの質問 分類できません(#14)。 この研究の発表に伴う活発なメディア電撃は、部分的なSDIの結果に注目を集める見出しを基礎にしています。 それでも、研究の記事にはSDI自体に関する明白なエラーが含まれています。これは研究者に自信を与えません。


今日の心理学とニコール・プラウズ

はい、PsychologyTodayの投稿は削除されました。 プラウス博士自身からの「PsychologyToday」に対する根拠のない法的脅威のために削除されたと私たちは理解しています。 実際、XNUMX日後、PTは私たちの以前の投稿を削除しました…約 別のSPANラボ研究。 4年のブログで削除した唯一の投稿は、Prauseに関連する投稿です。 うーん。 科学はこの種の舞台裏の脅迫ではなく、開かれた議論で繁栄しています。

リード博士(上記)は、「Psychology Today」(現在は未公開のページを表示)に関する以前の投稿にXNUMX回リンクし、エラーが含まれているという「PsychologyToday」の信念のために削除されたことを示唆しました。 私たち自身がプラウス博士から悪意のある根拠のない法的脅威を受けていることを考えると、私たちはこれを非常に疑っています。

電子メールの要約を公開することは嫌いですが、この場合、関心のある読者がプラウス博士の戦術の全体像を把握できるようにする必要があると考えています。 私たちと彼女の間の電子メールの交換全体を参照してください(下記)。 これらは、数か月前の2013年XNUMX月に、彼女がこの調査の未公開でまだレビューされていないバージョン(のみ)を同情的なブロガーのDavidLeyに「漏らした」ときに発生しました。 セックス依存症の神話。 彼女は後に「PsychologyToday」に私たちの返事を削除してもらいました。 ちなみに、「Psychology Today」の編集者に、リークされた調査(Prauseが他の人に公開することを拒否した)に基づいてLeyの投稿を削除するように依頼し、「PsychologyToday」は削除しました。 (自分で判断する:  こちらをクリックしてください David Leyのブログ投稿、返信ブログ投稿、および投稿の下のコメントを表示するには、 ゲイリーの交換 Nicole Prauseと。)

最終的な研究が発表されたとき、プラウスはブライアン・ムスタンスキーに好意的なインタビューを投稿するよう依頼しました。そこでプラウスは彼女の結果を彼女の好みに合わせて「回転」させることができました。 私たちは彼の投稿への返信を投稿しました、そしてそれはプラウスが「今日の心理学」に削除させたものです。

Prauseは私たちの返信ブログに彼女の2つの研究についてコメントする機会が十分にあったことを覚えておいてください ポルノ研究批評。 代わりに、彼女は私たちを直接引き受けないことを選択しました。 現在、彼女はリード博士のウェブサイトの解説の後ろに隠れており、批評家からの直接の返信は許可されていません。

UPDATE: このページが最初に作成されて以来、Prauseはゲイリーウィルソンなど、研究者、医師、セラピスト、心理学者、UCLAの短期間からの同僚、英国の慈善団体、回復中の男性、 タイム 雑誌編集者、数名の教授、IITAP、SASH、Fight The New Drug、Exodus Cry、学術雑誌 行動科学、その親会社MDPI、学術誌の長 CUREUS、 そしてジャーナル 性依存症と強制性。 見る: ニコール・プラウセの非倫理的な嫌がらせとゲイリー・ウィルソンおよびその他の名誉毀損

UPDATE: 1月頃2015:ニコールプラウスはUCLAやその他の学術機関で採用されなくなりました。

UPDATE: の8ピアレビュー分析があります Steele et al。、XNUMX。 以下のYBOPの批評と一致している。 すべての所見は Steele et al。、2013はポルノ中毒モデルをサポートしています。 論文#1は専ら献身的です Steele et al。 論文2〜8には、分析セクションが含まれています Steeleら、 2013:

  1. 「高い欲望」、または「単なる」中毒? Steele等への応答。 (2014)、ドナルドL.ヒルトン、ジュニア、メリーランド州
  2. ピアレビューされた分析:「強迫的な性行為の有無にかかわらず個人における性的手がかり反応性の神経相関」(2014)
  3. 査読付きの批評:「インターネットポルノ中毒の神経科学:見直しと更新」(2015)
  4. 査読:インターネットポルノは性的機能不全を引き起こしているか 臨床報告書によるレビュー(2016)
  5. 査読付き分析:「感情の意識的および非意識的尺度:それらはポルノグラフィーの使用頻度によって変化するか?」(2017)
  6. ピアレビュー分析:強迫的性行動障害(2018)における神経認知メカニズム
  7. 査読付きの批評:「オンラインポルノ中毒:私たちが知っていることとしていないこと - 系統的レビュー」(2019)
  8. 査読付き分析:「サイバーセックス依存症の発生と発展:個人の脆弱性、強化メカニズムおよび神経メカニズム」(2019)

ニコールプラウゼ–ゲイリーウィルソンの電子メール交換:

2013 年 3 月 5 日

「セックス中毒の神話」の著者であるDavid LeyとNicole Prauseは、 心理学今日 戦略的なタイトルのブログ投稿:「ポルノに対するあなたの頭脳–それは中毒性ではありません。」 (ポルノであなたの脳は ウェブサイト ウィルソンによって設立されました。)それはニコールプラウゼの未発表についてでしたが、まだピアレビューされていないEEG研究(「性的欲求ではなく、性的欲求は、性的画像によって誘発される神経生理学的反応に関連しています」).

レイだけがプラウスの未発表の研究(5か月後に発表された)へのアクセスを受け取ったことに注意することが重要です。 Wilsonの「YourBrainon Porn」ウェブサイトにリンクされたブログ投稿は、YBOPがポルノの禁止に賛成していることを示唆していました(真実ではありません)。

  • キーポイント: PrauseのEEG研究の5か月前(SteeleらPrauseもLeyもGary Wilsonをターゲットにしていた。 彼のウェブサイト.

2013 年 3 月 7 日

ウィルソンは 心理学今日 DavidLeyの投稿の内容に対応するブログ投稿。 レイのブログ投稿とウィルソンの応答は、最終的にによって削除されました 心理学今日 基礎となる研究がまだ利用できなかったので、編集者。 アーカイブされた元のレイとウィルソンのブログ投稿を見つけることができます (茶事の話はこちらをチェック)。 Wilsonのブログ投稿には、Leyのブログ投稿にのみ応答していることが明確に記載されていることに注意することが重要です。 説明 プラウス研究の。 後にニコール・プラウセは、ウィルソンが自分の研究を誤って伝えたと誤って非難しました(彼女とレイだけが見たものであり、公に主張していました。 根拠のないことが後で示される).

2013 年 3 月 7 日

ウィルソンは、研究を要求するデビッド・レイの記事の下に投稿します:

「ねえデビッド–まだ公開されていない、または他のどこかで言及されていない研究をどうやって手に入れたのだろうか。 コピーを送ってくれませんか?」

David Leyは答えなかった。

2013 年 4 月 10 日

上記のコメントを受けて、Prauseは 心理学今日 編集者は次のようにWilsonに電子メールを送りました。 電子メールの中で、Prauseはウィルソンを個人的に攻撃し、そして彼が研究を求めなかったと誤って述べています。 実際、彼はDavid Leyにそれを求めていました。 Eメール:

今日の心理学([メール保護])
4/10/13
に: [メール保護]

投稿者: ニコール・プラウス
ウィルソンさん、

原稿のコピーを要求したことさえない私たちの科学をあなたが偽って伝えることは違法です。 そのように扱われます。 私たちの記事は実際には非常にバランスが取れています。 あなたとは異なり、私はこの問題の両側で査読済みの出版物を持っています。 あなたは、行われなかったことを説明することによって、それを信用しないように試みました。 私は現在、Psychology Todayでこれを追求していますが、さらなる行動を余儀なくされる前に、自分で投稿を削除することをお勧めします。

このメールの一部を引用する権限もありません。 プライベートコミュニケーションです。

あなた自身のメリットであなたの本を売ってください。 彼らの仕事をしている科学者の後ろからお金を稼ごうとしないでください。 デザインとデータがしっかりしているので、この研究は明らかにパニックになっていると言えますが、原稿のコピーを要求せず、コンテンツを作成するだけであるのはひどいことです。 恥を知れ。

Nicole Prause博士
研究部
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)

加えて、 Psychology Todayの編集者はPrauseから2番目の電子メールを転送しました。

日付:4月10、2013 5:13:30 PM EDT
トピック:ブログへのコメント

出典: ニコール・プラウス博士

ご担当者様:

私がGary Wilsonによる私の研究について書かれた記事を見て驚いた 心理学今日.

私は彼が自分の見解や研究の解釈を表していることに問題はありませんが、彼は私のものにアクセスできなかったし、できなかったでしょう。 それは審査中であり、彼はどの著者からのコピーも要求しなかった。 私は彼にそれが取り除かれるべきだと通知した。 彼はまだそうしていません。 もちろん、それが公の記録になれば、彼はそれにアクセスすることができ、そしてそれを(正確に)より正確に表すことができるでしょう。

もちろん、人を侮辱するように意図的に虚偽の表示をすることは違法です。 Psychology Todayがこの問題を真剣に受け止めてくれることを願っています。 あなたの合図が一杯になり、応答するのに時間がかかるかもしれない場合に備えて、私は他の役員にも連絡します。

この問題を解決するためのあなたの助けをありがとう。

誠実に、
Nicole Prause博士

根拠のない法的脅威、虚偽の申し立て、そして被害者のプレーは、彼女がウィルソンと最初に接触したときから始まります。 Prauseが言っていることは本当です:

  1. ウィルソンは、プラウスの研究について説明したり、それを誤って伝えたりしませんでした。 彼はレイのにのみ反応した 説明 研究の 読む LeyとWilsonのブログ投稿 そして自分で判断してください。
  2. 今日に至るまで、PrauseはWilsonの3月の一言2013にまだ反論していません。 心理学今日 投稿、または ウィルソンが7月に書いた分析 彼女のEEG研究がついに発表された後。 また、Prauseは彼女の2013 EEG研究に対する4つの査読付き批評の中の1つの言葉を否定していません(1, 2, 3, 4。)
  3. ウィルソンはこの努力からお金をもうけません。
  4. ウィルソンは研究の写しを求めた(Prauseはそれを提供することを拒否した)。
  5. PrauseはWilsonとの連絡をすべて開始しました。

ウィルソンのメール 応答 ニコール・プラウゼへ:

10年2013月3日水曜日午後14時XNUMX分、gary wilson <>は次のように書いています。

こんにちはニコール、

私はあなたのコメントの下でコメントしました。 見てください。

私たちはこれでお金を稼ぎません。 私のウェブサイトには広告がなく、寄付も受け付けていません。 販売するサービスはありません。 販売する本がありません。 PTに掲載されている妻の本はポルノに関するものではありません。

本当に公平になりたいのであれば、レイ博士と同じように、完全な調査を送って、それについてブログを書く許可を与えてください。

私はあなたの研究を期待します、

ゲイリー・ウィルソン

2013 年 4 月 12 日

2日後、Prauseはウィルソンに再度訴訟を起こすと脅迫した。 彼女はどういうわけか追跡しました ポルノ回復サイトYourBrainRebalancedに対するウィルソンのコメントのXNUMXつ。 DavidLeyの元のブログ投稿に関する長いスレッドに投稿されました。 ウィルソンのコメントは、レイとウィルソンの両方がなぜ 心理学今日 投稿はによって削除されました 心理学今日。 グーグルの検索でさえその記事を見つけることができなかったので、これはPrauseのサイバートークのパターンを示した。 Prauseはポルノリカバリーフォーラムでこのスレッドについてどのように知りましたか?

PrauseのEメール:

ニコール・プラウス (nprause@_______)
4/12/13

ウィルソンさん、

あなたの投稿では: http://yourbrainrebalanced.com/index.php?topic=7522.50
あなたは誤って主張します:「私は彼女のかなり厄介な電子メールに彼女の研究を見たいという要求で答えました、そして彼女は拒否しました。」

これは名誉毀損です。 この投稿を削除してください。そうしないと、訴訟が発生します。

Nicole Prause

ウィルソンは答えます:

12年2013月11日金曜日の午前09:XNUMXに、gary wilson <>は次のように書いています。

Nicole Prause様、

たぶんあなたは私の妻がエールロースクールの卒業生であることを知らなかったでしょう。 私は何も寛大なことを言いませんでした。 実際、私の発言は非常に正確です。

1)あなたはあなたの未発表研究を引き渡すことを拒否しました。

2)あなたは今いるように、あなたは厄介で脅迫的でした。

さらに、あなたは私がポルノ中毒から回復するのに苦労している人々から金を儲けると誤って述べました。

4)未発表の研究についてのデビッド・レイの説明に対する明確な回答だったので、あなたは私のPT投稿の特徴も誤解しました。 XNUMXか月前にコメントセクションで質問した場合でも、レイの説明を修正しないか、完全な調査を利用できるようにすることを選択しました。

あなたはまだ私の最初の質問に答えるべきではありません(コメント欄にあります):

1)なぜDavid Leyだけに研究を発表したのですか? 「セックス依存症の神話」の著者として、そしてポルノ依存症を主張する人は存在できないのに、なぜ彼だけが選ばれたのですか?

2)なぜあなたはあなたの研究のDavid Leyの解釈を訂正しなかったのですか? XNUMXか月以上稼働しており、先月XNUMX回コメントしました。

3)XNUMXか月前にLeyの投稿にコメントしました。 私はすぐにあなたのコメントの下にコメントを投稿し、あなたの研究についていくつかの具体的な質問をしました。 それは、回答し、研究を提供するあなたのチャンスでした。 あなたはどちらもしませんでした。 どうして?

交換を公開しても大丈夫です。 あなたがあなたの研究を引き受けることをあえてするXNUMX人のPTブロガーに対して訴訟を起こすとき、それは面白いでしょうか?

ベスト、
ゲイリー・ウィルソン

よりクレイジーな主張と法的脅威を含むメールをもう一度賞賛する [注:ウィルソンも彼の妻もPrauseとの接触を始めたことはない。 彼女は何度も連絡を取り合い、根拠のない法的措置で脅迫した人です。]

差出人: nprause@____________ 日付: Fri, 12 Apr 2013 15:01:09 -0700
件名:Re:[PT] Psychology Todayによるお問い合わせ

Gary様、

これは、あなたとあなたの妻の両方に、あなた(あなたとあなたの妻の両方)の連絡が望ましくないことを通知するためです。 あなたの故郷の州のストーカー法ごとに(http://courts.oregon.gov/Lane/Restraining.page)追加の嫌がらせ連絡があれば、それは実行可能な嫌がらせとして解釈されます。

あなたは私のこのプライベートなコミュニケーションをいかなるフォーラムでも共有する許可を持っていません。

Nicole Prause

ウィルソンは最後の電子メールをPrauseに送信して、記録を真っ直ぐに設定します。彼女がすべての連絡を開始し、唯一の脅威(および虚偽の申し立て)をしている人です。

から: [メール保護]

To:nprause件名:RE:[PT] Psychology Todayを介したお問い合わせ

日付:金、12 4月2013 15:44:12 -0700

Nicole Prause様、

嫌がらせ? これも含めて、私はあなたとのEメール交換を1回も開始していません。
最初のメールアドレスは4 / 10 / 13です。 そして、下のものは、誰かがあなたを嫌がらせにしているという誤った印象を与えようとしているところです。

あなたはまた、私のブログ投稿を妨害するためにPsychologyTodayの編集者に連絡した人でもあります。 私の妻はあなたと何の連絡もありませんでした。

あなたの許可は必要ありません。

ゲイリー・ウィルソン


これはニコール・プラウスの始まりに過ぎません。 見る:

  1. ニコール・プラウセの非倫理的な嫌がらせとゲイリー・ウィルソンおよびその他の名誉毀損
  2. ニコール・プラウセによるゲイリー・ウィルソンなどの非倫理的な嫌がらせと名誉毀損(ページ2)
  3. ニコール・プラウセによるゲイリー・ウィルソンなどの非倫理的な嫌がらせと名誉毀損(ページ3)
  4. ニコールプラウズの悪意のある報告とプロセスの悪用の被害者。
  5. ニコール・プラウセとデビッド・レイは、ゲイリー・ウィルソンが南オレゴン大学から解雇されたと主張している
  6. 行動科学に論文をレビューさせるためのPrauseの努力(パークら、2016)が撤回されました
  7. ウィスコンシン大学学生新聞(The Racquet)による記事に、Nicole Prauseによる偽の警察報告が掲載されました(3月、2019)
  8. ポルノ中毒のDeniers(www.realyourbrainonporn.com)によって攻撃される積極的な商標権侵害
  9. ニコール・プラウセ、デビッド・レイ、@ BrainOnPornのNoFapのアレクサンダー・ローズに対する嫌がらせと名誉毀損の長い歴史
  10. ニコール・プラウセとデビッド・レイがドン・ヒルトンの名誉毀損訴訟で偽証罪を犯しました。
  11. ポルノ中毒のDeniers(www.realyourbrainonporn.com)によって攻撃される積極的な商標権侵害
  12. Realyourbrainonporn(Daniel Burgess、Nicole Prause)はGary Wilsonの名誉/損/嫌がらせ:Internet Wayback Archiveで偽のポルノURLを「発見」します(8月、2019)
  13. RealYourBrainOnPornのツイート:Daniel Burgess、Nicole Prause、プロポルノの同盟国は、ポルノ業界の議題をサポートするために偏ったウェブサイトとソーシャルメディアアカウントを作成します(2019年XNUMX月から)