ポルノサイエンスデニールアライアンス(別名:「RealYourBrainOnPorn.com」および「ScienceOfArousal.com」)

ゆうたろう

realyourbrainonporn.comをカバーする目次:

  1. ポルノ科学Deniers AllianceがYourBrainOnPorn.comの不法な商標権侵害に関与しています
  2. ついに、アライアンス(RealYBOPのエキスパート)は議題主導の集団として公然と機能します
  3. RealYBOPの専門家は、ポルノ業界の巨人xHamsterから報酬を受けて、そのWebサイトを宣伝し、ポルノ依存症と性依存症は神話であることをユーザーに納得させています。
  4. 彼らは多くの宣伝を受けますが、ポルノサイエンスのDeniers Allianceは、大きすぎる存在感を持つ、小さいながらもボーカルの、少数派の代表です。
  5. Porn Science Deniers Allianceは、世界で最も広く使用されている医療診断マニュアル、The International Classification of Diseases(ICD-11)との整合性が取れていません
  6. 同盟の厳選された、しばしば無関係な論文は、研究の優勢を表していない
  7. 同盟が厳選した、しばしば疑わしい論文の概要
  8. アライアンスのほとんどすべての論文は、以前のプラウスの記事に対する以前の批評で扱われました。
  9. モデルに名前を付けられない場合、モデルを改ざんすることはできません
  10. Porn Science Deniers Allianceのさまざまなメンバーは、自分自身や他の人の研究を不当に伝えてきた歴史があります。
  11. 同盟の厳選論文の公開:偽情報、不実表示、不作為、虚偽各Deniers Allianceの研究セクションのYBOP分析へのリンク:
    1. 勃起および他の性機能障害セクション
    2. 女性に対する態度
    3. 規制課
    4. 愛と親密のセクション
    5. 過激派モデルのモデル
    6. 青少年課
    7. 映画やオナニー部門
    8. 性犯罪者課
    9. LGBTセクション
    10. 許容範囲
    11. ボディイメージセクション
    12. 出演者セクション
    13. 更新版

ポルノサイエンスデニール の違法な商標権侵害に従事 YourBrainOnPorn.com

プロポルノの性科学者とその同盟国の偏った、しかしますます広く知られている見解について懸念していますか? あなたの便宜のために、ポルノサイエンスデニールの大規模なチームは今や排他的なクラブとして彼ら自身を「外に出しました」。 あなたは彼らがここで彼らの科学バブルで誇らしげに描かれているのを見つけることができます– https://www.realyourbrainonporn.com/experts (Nicole Prause、マーティ・クライン、リン・コメラ、 デビッド・J・レイ、エミリーF.ロスマン、サミュエルペリー、テイラーコウト、ウィリアムフィッシャー、ピーターフィン、ジャニコジョージアディス、エリックヤンセン、アレクサンダーシュトゥルホーファー、ジョシュアグラブス、ジェームズカンター、マイケルセト、ジャスティンリーミラー、ビクトリアハートマン、ジュリアフェルテン、ロジャーリビー、ダグブラウン-Harvey、David Hersh、Jennifer Valli)。

新しいサイトの責任者(まだ不明ですが、今のところ 「専門家」)に従事している 違法な商標侵害 of YourBrainOnPorn.com。 新しい詐欺師サイトは、「専門家」という名前の最初のサイトを迅速に置き換えました。覚醒の科学、」訪問者を現在の詐欺師サイトにリダイレクトするURL。 次に、新しいサイトは、各ページの中央に「REAL Your Porn on Pornにようこそ。 タブが誤って "ポルノにあなたの脳"を宣言している間。

ゆうたろう

彼らの違法なサイトを宣伝するために、「専門家」はTwitterアカウントを作成しました(https://twitter.com/BrainOnPorn), YouTubeチャンネル, Facebookページ、そして出版した プレスリリース。 国民を混乱させるさらなる試みにおいて、プレスリリースは、ゲイリー・ウィルソンの故郷であるオレゴン州アッシュランドから発信されたと誤って主張している(いずれも "専門家" アッシュランドは言うまでもなく、オレゴンに住んでいます)。 デニールがポルノ業界の利益を促進するのか、それとも本物の検索の科学的真実を促進するのかを自分で判断してください このRealYBOPツイートのコレクション。 Dr. Nicole Prause'sに書かれています 独特の誤解を招くスタイルつぶやきはポルノの恩恵を非難し、研究の現状を誤って伝えている。 トロールの個人と団体Prauseは以前に嫌がらせをしています.

さらに、「専門家」はRedditアカウント(ユーザー/科学的なポルノの回復フォーラムをスパムする reddit /ポルノなし および reddit / NoFap   プロモーションドライブレベル、ポルノの使用を主張しても無害です YourBrainOnPorn.comとGary Wilsonを非難する。 Science Denier Prauseは、次のことに注意することが重要です。 元学者、持って 長い文書化された歴史 ポルノリカバリフォーラムに投稿するために多数のエイリアスを使用していること。 わかりやすいスタイルのコメント 彼女の研究を促進する、 攻撃 ポルノ中毒の概念, ウィルソンとYBOPを軽蔑する, 回復中のBelittle男性, ポルノ懐疑論者の中傷。 ポルノ業界の議題を宣伝しながら、研究の状態を誤って伝える一例では、S科学的な ar / pornfreeメンバーに知らせます そのポルノ使用は人口の99%にはプラスです: ゆうたろう

4月25thに、 科学的な ユーザ名 ウィキペディアに登場、 リンクを挿入し、ポルノの影響に関する正当な資料を削除します。 (17月XNUMX日、SciencearousalのエイリアスのXNUMXつが同じことを試みました: SecondaryEd2020) これらの3ページは文書化されています 30の見かけの違法な靴下人形 彼女の宣伝文句を挿入し、個人や組織の名誉を傷つけるために作られたNicole Prause(Porn Science Deniersの一人)の一人。ページ1ページ2ページ3ページ4ページ5。 (ウィキペディアの規則ではソックパペットは禁止されていますが、ポルノを支持するポスターはその規則の影響を受けないようです。)

正当なYBOP、 このウェブサイトは、そのブランド、サービス、およびリソースを支持し、「Real Your BrainOnPorn」サイトの侵害および不公正な活動に対処するための措置を講じています。 1年2019月XNUMX日、商標「Your BrainOnBorn」および「YourBrainOnPorn.com」(このウェブサイト)のコモンロー所有者の弁護士 侵害しているサイトの後ろにいるように見えたすべての人に停止と棄却の手紙を送りました"専門家")。 いくつかの重要な更新:


ついに、アライアンスは議題主導の集団として公然と機能する

2011以前からポルノについての議論が続いていたので、私たちは反対の見解を固めたくないし、恐れもしません。 しかし、私たちはポルノサイエンスデニエのこの新しい集団の多くのメンバーがYBOPと他のポルノ懐疑論者によく知られていることを指摘する価値があると思います。 そのうちのいくつかは異常値研究の著者であり、多くのオウムのサポートされていない親業界の話題のポイントであり、それらは次のようになっています。 バイアスされた(配置された)主流のプレス記事.

いくつかのデニール ジャーナリストを定期的に誤解させる、彼らの同僚、そして 学術雑誌編集者 インターネットポルノ研究の本当のバランスについて。 に ソーシャルメディア または 記事を置く 彼らは彼らの小さなコレクションを宣伝しています さくらんぼ、外れ値の論文、および/または 本当の意味を誤って表現する 彼らのデータの。 訪問 このページ 彼らの最も疑わしい子孫のうちのいくつかの批評を見るため。

これらのDeniersの多くはソーシャルメディアや共著された学術的あるいは人気のある記事で定期的に共同作業をしてきましたが、Allianceの各メンバーは今まで真実と科学の独立した偏りのない領主であると主張しました。 それでもYBOPや他の多くのポルノ懐疑論者たちは、この派手なデニエバンドの様々なメンバーが舞台裏で明白に共謀し、ジャーナリストを操作し、話し合いのポイントを共有し、統治体に電子メールを送り、さらに怪しげな方法で査読プロセスに影響を与えることさえ知らせている。 2ページには、上記の振る舞いに関する詳細な文書があります。 1ページ, 2ページ).

最も声高で最もよく知られているXNUMX人のデニール、ニコール・プラウゼとデビッド・レイは、客観的な証拠に基づいて、今日のポルノが一部の人々に重大な問題を引き起こしている可能性があると信じているグループや個人を対象に、公然と秘密の名誉毀損、嫌がらせ、サイバーストーキングに従事していますユーザー。 彼らのターゲットのほとんどは、プラウスとレイの不正行為と不穏な不正行為の長い歴史を知っています。 次のページには、数年にわたる何千ものインシデントが記載されています。

Prauseは、次のように、Allianceの偏ったWebサイトおよび関連するソーシャルメディアアカウントの主要な参加者である可能性があります。

  1.  違法なサイトやツイートの内容、研究、表現は、Prauseの以前の記事を反映しています 宣伝作品 および ソーシャルメディアの投稿. 不思議なことに、新しいTwitterアカウントにはまだフォロワーがいませんが、PornHubが新しいTwitterアカウントの最初のツイートを最初にリツイートしました。 PornHubはどのようにしてその始まりを知りましたか?
  2. プレスリリース、サイト、および関連するソーシャルメディアのアカウントはGary Wilsonをターゲットにしています(明白または内密)。 7年以上にわたってウィルソンを強引に嫌がらせをする.
  3. これはPのようですアジェンダ主導のウェブサイトを作成するためのrauseのXNUMX回目の試み。 2016年、Prauseは「PornHelps」というユーザー名を作成したようです。このユーザー名には、独自のTwitterアカウント(@pornhelps)とポルノ業界を宣伝するウェブサイト(誰も使用していないフォーラム)があり、「プラス」の効果を報告する異常値の調査もあります。ポルノの。 「PornHelps」は、Prauseも頻繁に攻撃するのと同じ人々や組織に慢性的にバッジを付けました。 実際、Prauseは、彼女の見かけのエイリアス「PornHelps」と協力して、Twitterやその他の場所で個人を攻撃することがありました。 ドキュメントについては、を参照してください Nicole Prause“ PornHelps”でしたか? (PornHelpsウェブサイト、Twitterの@pornhelps、記事の下のコメント)。 Prauseが“ PornHelps”として出力されると、すべてのアカウントが削除されます。

RealYBOPのエキスパート ポルノ業界の巨人xHamsterによって、そのWebサイトを宣伝し、ポルノ依存症とセックス依存症が神話であることをユーザーに納得させるために補償されています

2019年XNUMX月の時点で、よりよく知られているXNUMXつ RealYBOP「エキスパート」はポルノ業界と公然と協力しています:David Ley、Justin Lehmiller、ChrisDonaghue。 3つすべてが 諮問機関 駆け出しの 性的健康アライアンス (SHA) 明らかな経済的利益相反において、David LeyとSHAは ポルノ業界の巨人xHamsterによって補償されている ウェブサイトの宣伝すなわちStripChatそしてポルノ中毒と性中毒が神話であることをユーザーに納得させるために! 見る “ Stripchatは性的健康同盟と提携してあなたの不安なポルノ中心の脳を殴打しますに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

xHamster / SHAの乙女の航海で LeyはxHamsterの顧客に伝えようとしている ポルノ、カム、セクシュアリティについての医学研究は本当に言っています。

LeyはxHamsterの顧客に次のように伝えます。 男性についてこれまでに発表されたすべての研究(約65) より多くのポルノの使用を性的および関係の満足度の低下に結び付けるのか レイは彼ら全員に、 55の神経学的研究 ポルノユーザー/性中毒者は薬物中毒者に見られる脳の変化を報告しますか? 彼は観客にポルノユーザーの50%を通知しますか 彼らが以前に面白くないか嫌であると感じたものにエスカレートすると報告しますか? どういうわけか私はそれを疑います。

プロモーションツイートでは、ユーザーの「ポルノ不安」と「恥」を和らげるために、SHAの脳の専門家のスレートが約束されています(Leと他のSHAの「専門家」は、脳の専門家であるから数年先です)。

  StripChatの公式Twitterアカウントが明らかに SHAに「専門家」を支払う真の理由は、支払う顧客の損失を防ぐために不安を和らげることです。 SHAはこれを達成するために、「セックス、キャミング、および中毒に関する最新の研究について話す」、つまり「彼らの」研究者によって行われた研究をチェリーに選ぶことによって達成します。 Will Ley / SHA 何百もの研究がポルノの使用を無数の悪影響に結びつけると述べている?

In この記事、レイはポルノ業界の彼の補償昇進を却下します。

商用のポルノプラットフォームと直接提携している、性的に健康な専門家は、特に自分自身を完全に偏見のないものとして表現したい人にとっては、いくつかの潜在的なマイナス面に直面します。 「ああ、見て、わかるよ、David Leyはポルノのために働いているんだ」とLeyは言う 名前は日常的に軽蔑されています NoFapのような反オナニーコミュニティで。

しかし、Stripchatとの彼の仕事が間違いなく彼を偏ったものとして、またはポルノロビーのポケットの中に彼を償うことを熱望する誰かに飼料を提供するとしても、Leyにとって、そのトレードオフはそれの価値があります。 「私たちが(不安なポルノ消費者)を助けたいのなら、私たちは彼らに行かなければなりません」と彼は言います。 「これが私たちのやり方です」

偏った? David Ley、Justin Lehmiller、Chris Donaghueは、 悪名高いタバコ医師そして性的健康同盟は私達に私達に思い出させる たばこ研究所.


彼らは多くの宣伝を受けますが、ポルノサイエンスのDeniers Allianceは、大きすぎる存在感を持つ、小さいながらもボーカルの、少数派の代表です。

RealYBOPのエキスパート:Nicole Prause、Marty Klein、Lynn Comella、David J. Ley、Emily F. Rothman、Samuel Perry、Taylor Kohut、Peter Finn、Janniko Georgiadis、Erick Janssen、AleksandarŠtulhofer、Joshua Grubbs、James Cantor、Michael Seto、ジャスティンLemmiller、ビクトリアハートマン、ジュリアフェルテン、ロジャーリビー、ダグブラウンハーヴェイ、デビッドハーシュ、ジェニファーヴァリ。

宣伝に関係なく、この性科学者とその仲間(および彼らの仕事)の派閥は、関連する証拠の優勢を代表するものでも、今日のポルノの影響について研究している研究者の優勢の見解を代表するものでもありません。 実際、ポルノサイエンスデニールアライアンスの一部のメンバーは定期的に 証拠の優位性を否定する; それは彼らの議題を深く切り詰めます。

よく調べてみると、アライアンスの25人の「専門家」のほぼ半数は、どの大学にも雇用されていないため、非学術的です。 最も重要なことは、リストされている「専門家」のXNUMX人が、ポルノ中毒の被験者のグループに関する神経学的研究を発表したことがないことです(強迫的性行動障害 科目)。

(「待って…ニコール・プラウセは、ポルノ中毒者、ハイパーセクシュアル、または同様のものとして明確に識別された被験者のグループに関する脳研究を発表しなかったのですか?」と考えているかもしれません。 秘密を守ったが、いや、彼女はしなかった.)

自問してみてください。 ポルノユーザーとCSBDの被験者に関するこれらの45神経学的研究 これらの「専門家」の研究リストに欠けていますか?

Porn Science Deniers Allianceは、世界で最も広く使用されている医療診断マニュアルと一歩外れています、 国際疾病分類 (ICD-11)

デニエのメンバー 頻繁に新しい診断を誤解します WHOのICD-11には、ほとんどの人が「ポルノ依存症」と呼んでいるものを診断するのに適しています。 自分で読んでください:

暫定的に配置されたICD-11科学者 強迫性行動障害(CSBD) 衝動制御障害と呼ばれるカテゴリに, しかし、それは彼らがそれを決定したからではありません。 中毒ではありません、 アライアンスメンバーのほとんどがあなたに信じさせるでしょう。 実際、ICD-11はまだ彼らの間で合意できませんでした( この分野での政治だから彼らは最終的な分類を決める前にもっと多くの証拠を待っています。 彼らの公式スポークスマンによると、 クリスチャンリンドマイヤー、ICD-11は いいえ 中毒に関する立場。 “ [The ICD-11]はこの用語を使いません セックス中毒 なぜなら、それが生理学的に中毒であるかどうかについて意見を述べているのではないからです。」

そのため、ICD-11の専門家は、さらに研究が進むにつれて、他の人が対処するためにこの問題を将来に投げかけました。 しかし少なくとも彼らは正式に 診断 その間の問題のために。 これにより、学術雑誌は「無秩序が存在しないため」ポルノの影響に関する記事を拒否し続けることができなくなります。

読者はまた、「衝動調節障害」が診断の専門家がかつて暫定的に配置したカテゴリーであることを知っておく必要があります ギャンブル障害 圧倒的な証拠が議論に終止符を打つ(そして抵抗を消滅させる)まで、それは中毒性の障害として分類されるかもしれません。 DSM-5診断マニュアルが最初に作成された診断マニュアル ギャンブル障害を中毒性障害のカテゴリーに移動。 新しいICD-11は現在ギャンブル障害を以下のように分類しています 両言語で an インパルスコントロール障害 および a 中毒性の行動による障害、中毒と衝動制御障害がどのように重なり合うかの認識において。 同じ運命はCSBDを待っていますか?

また、CSBDを提供してくれたICD-11委員会を担当したさまざまな科学者が、十分な証拠があると確信していることを明確にしたジャーナル記事を共著しています。 既に 強迫性行動障害を中毒性障害として再分類する(または同時に分類する)のは、これらの専門家にとって 他には? 衝動調節障害よりも中毒障害のように。 このように、ここに世界のいくつかがあります CSBD /ポルノ中毒の著名な研究者 査読付きジャーナルの執筆:

ちなみに、ほとんどすべての CSBDに関する最近の研究 インターネットのポルノユーザーです。 これは まさに研究 これにより、ICD-11のCSBD委員会に所属する世界をリードする科学者が、CSBD診断を新しい診断マニュアルに含めるようになりました。 実際には、 以上80% CSBDの治療を求めるすべての人の中で、問題のあるインターネットポルノの使用が報告されています。 CSBDが「ポルノ中毒」の人を診断することを意図していないことをデニールが示唆するのはばかげているでしょう。 だが いくつかする.

ポルノサイエンスデニールアライアンスに注意してください。 自問してみてください。「この同盟は 世論に影響を与える および プロポルノの視点を「合法化」する?」 Big Porn(訪問者のページの読み込みから数百万の広告収入を得る)とBig Pharma(歴史上初めて数百万の若い男性に有利な性的強化薬を販売する)が 利益を保護するために、今日のインターネットポルノに対するすべての人の見方に影響を与えようとしています…おそらく、数十億ドル規模の業界は彼らだけです。 ではありません そのような戦術を使う。


同盟の厳選された、しばしば無関係な論文は、研究の優勢を表していない

あなたはジャーナリストですか? Porn Science Deniers Allianceの科学バブルを脱出し、代わりにこれら多数の論文の執筆者の意見を求めてください。 注意:アライアンスとは異なり、YBOPはリストされた各研究からの関連する抜粋を提供します。 アライアンスのリストは、偏った解釈のみを提供し、多くの場合、重要な詳細や調査結果を省略しています.

1)ポルノ/セックス依存症? このページの一覧 55神経科学に基づく研究 (MRI、fMRI、EEG、神経心理学、ホルモン)。 彼らの発見は物質依存症研究で報告された神経学的発見を反映しているので、彼らは依存症モデルを強く支持する。 「性的欲求の高さ」がポルノやセックス中毒を説明しているという、支持されていない話のポイントを欺くこと: 25以上の研究は、セックスとポルノ中毒者が「ただ高い性的欲求を持っている」という主張を偽造しています

ゆうたろう

2)ポルノ/セックス依存症についての本当の専門家の意見は? このリストは含まれています 30の最近の文献レビューと解説 世界のトップ神経科学者の何人かによって。 すべて中毒モデルをサポートしています。

3)より極端な素材への依存やエスカレーションの兆候? ポルノ使用の増加(耐性)、ポルノへの慣れ、さらに禁断症状でさえも一致する所見を報告している60以上の研究 (中毒に関連するすべての徴候と症状)。

4)ポルノと性的な問題? このリストには、性的問題へのポルノの使用/ポルノ依存と性的刺激への低覚醒を結び付ける40以上の研究が含まれていますを選択します。 リストの最初の7研究は証明する 因果関係参加者はポルノの使用を排除し、慢性的な性機能障害を治癒した。

5)ポルノが人間関係に及ぼす影響? 80以上の研究はポルノの使用を性的および人間関係の満足度の低下に結び付ける。 私達が知る限り 男性に関する研究では、より多くのポルノの使用が 貧しい 性的または人間関係の満足度。

6)感情的、精神的健康に影響を与えるポルノの使用? 85以上の研究が、ポルノの使用を精神的感情的健康の低下と認知的結果の低下に結び付けています。 すべての研究が相関しているわけではありませんか? いや: インターネットの使用とポルノの使用を示唆する75以上の研究 原因 悪い結果と症状、そして脳の変化.

7)信念、態度、行動に影響を与えるポルノの使用? これらの研究をチェックしてください - 40リンクポルノ使用は女性と性差別的見解に対する「非平等主義的態度」にリンクする - またはこの135メタアナリシスからの2016研究の要約: メディアとセクシュアライゼーション:実証研究の現状、1995〜2015。 抜粋:

このレビューの目的は、メディアのセクシュアライゼーションの効果をテストする実証的調査を総合することでした。 焦点は1995と2015の間の査読付きの、英語のジャーナルで発表された研究にあった。 109研究を含む135出版物の合計がレビューされました。 実験結果と日常的なこの内容への暴露の両方が、より高いレベルの身体的不満、より大きな自己客観化、性差別的信念および敵対的な性的信念のより大きな支持を含む一連の結果に直接関連するという一貫した証拠を提供した。女性に対する性的暴力に対するより強い寛容性。 さらに、このコンテンツに実験的にさらされると、女性と男性の両方が、女性の能力、道徳、および人類性についての見方が薄れてしまいます。

8)性的攻撃およびポルノ用はどうですか? もう一つのメタ分析: 一般集団研究におけるポルノ消費のメタ分析と性的攻撃の実態 (2015)。 抜粋:

22の異なる国からの7研究が分析されました。 消費は、米国および国際的に、男女間、ならびに横断的および縦断的研究において、性的攻撃と関連していた。 関連性は、肉体的な性的攻撃よりも口頭での方が強かったが、どちらも有意であった。 結果の一般的なパターンは、暴力的なコンテンツが悪化要因となる可能性があることを示唆しています.

「しかし、ポルノでレイプ率が低下したのではありませんか」いいえ、レイプ率は近年上昇しています。レイプ率が上昇しているので、親ポルノ宣伝を無視するに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

9)ポルノの使用と青年はどうですか? このリストをチェックしてください 280思春期の研究についてまたは文献のこれらのレビュー: レビュー#1, review2, レビュー#3, レビュー#4, レビュー#5, レビュー#6, レビュー#7, レビュー#8, レビュー#9, レビュー#10, レビュー#11, レビュー#12, レビュー#13, レビュー#14, レビュー#15。 この2012による調査のレビューの結論から - 青年に対するインターネットポルノグラフィーの影響:研究のレビュー:

青少年によるインターネットへのアクセスの増加は、性教育、学習、そして成長のための前例のない機会を生み出しました。 逆に、文献で明らかになっている危害の危険性により、研究者はこれらの関係を解明するためにオンラインポルノへの青年期の曝露を調査するようになった。 まとめると、これらの研究はポルノを消費する若者に次のことを示唆しています。 非現実的な性的価値観や信念を開発する可能性があります。 調査結果の中で、より高いレベルの寛容な性的態度、性的先入観、および以前の性的実験は、ポルノのより頻繁な消費と相関しています…。 それにもかかわらず、暴力を描写するポルノの思春期の使用と、性的に攻撃的な行動の程度の増加とを結びつける一貫した調査結果が浮上しています。

文献は、思春期の若者のポルノの使用と自己概念の間のいくつかの相関関係を示しています。 少女はポルノ素材で見る女性よりも身体的に劣っていると報告しているが、少年はこれらのメディアで男性ほど男性的ではないか、能力がないかもしれないと恐れている。 思春期の若者はまた、自信と社会的発達が高まるにつれて、ポルノの使用が減少したと報告しています。 さらに、研究は、特にインターネットで見られるポルノを使用する青年は、社会的統合の度合いが低く、行動の問題が増加し、非行行動のレベルが高く、抑うつ症状の発生率が高く、介護者との感情的な結びつきが少ないことを示唆しています。

同盟が厳選した、しばしば疑わしい論文の概要

アライアンスの研究リストを詳しく調べると、チェリーピッキング、偏見、ひどい脱落、欺瞞が明らかになります。realyourbrainonpornさくらんぼ狩り

, リストされた論文の半分はDeniersによって書かれました。 Prause、Kohut、Fisher、ŠtulhoferなどによるDeniersの研究では、ポルノの使用による悪影響は見られないようです(実際、以下に示すように、悪影響はデータから解析できることがよくあります)。 これらのデニールの研究は、この分野の研究の優勢と一致していません。 たとえば、テイラーコウトの 関係とポルノ使用に関する2017の非定量的研究 いくつかの悪影響を見つけると主張した。 コフートの巧妙に設計された論文は、これまで男性について発表された他のすべての研究と矛盾しています。 70以上の研究が、ポルノの使用を性的および人間関係の満足度の低下に結び付けています。 男性を含むすべての研究で、より多くのポルノの使用が 貧しい 性的または人間関係の満足度。

二番リストには、証拠の優位性だけでなく、ポルノユーザーまたはCSBDの被験者に関する研究を発表したすべての学術神経科学者の研究も省略されています。 これらには、マーク・ポテンツァ、マティアス・ブランド、バレリー・フーン、クリスチャン・ライアー、シモーネ・キューン、ユルゲン・ガリナート、ルドルフ・スターク、ティム・クルッケン、ジウ・ソク、ジンフン・ソン、マテウシュ・ゴーラなどが含まれます。 一例として、マティアスブランドの研究がアライアンスのリストから除外されているのはなぜですか? ブランドが作成しました 310研究であり、 デュースブルクエッセン大学の心理学科長:認知、20以上の研究者と研究室を監督し、世界の他のどの研究者よりもポルノユーザー/中毒者に関するより多くの神経科学ベースの研究を発表しました。 (彼のポルノ中毒研究のリストはこちら。 20神経学的研究および文献の5レビュー.)

三番、Allianceに掲載された論文の多くは単なる意見であり、実際の研究ではありません。 書誌インフレについて話してください! (注:アライアンスのサイトでの主張とは反対に、 この ウェブサイト リストだけでなくしかし、頻繁に機能 思慮深い批評、その実際 研究.)

第4, リストには文献のレビューは含まれておらず、メタアナリシスは1つだけです。, これは成人の性犯罪者のポルノ使用を評価する21研究に限定されますポルノの使用と男性におけるポルノへの曝露と性的犯罪との関係系統的レビューこのメタアナリシスは、ポルノの使用は成人の性犯罪とは関係がないと結論付けていますが、その調査結果に疑問を呈する正当な理由があります。 たとえば、著者は189件の研究を検索しましたが、レビューには21件しか含まれていませんでした。 簡単に言えば、反対の結果を伴う多数の研究 除外された.

アライアンスのリストに文献とメタアナリシスのレビューが事実上ないことは、アライアンスが外れ値の研究(通常は彼ら自身のもの)を厳選したという死んだプレゼントです。 アライアンスの不可解な研究カテゴリのほとんどは、文献レビューやメタ分析には向いていませんが、「愛と親密さ」や「若者」などがあります。 ポルノと「若者」(青年)に関する文献レビューのXNUMXつを読者に提供してみませんか。 レビュー#1, review2, レビュー#3, レビュー#4, レビュー#5, レビュー#6, レビュー#7, レビュー#8, レビュー#9, レビュー#10, レビュー#11レビュー#12? アライアンスの「愛と親密さ」カテゴリが、ポルノや性的または人間関係の満足度に関する文献レビューを提供しないのはなぜですか。 レビュー#1, レビュー#2, レビュー#3? これらのレビューがアライアンスの議題と一致していないためですか?

第5、そして最もわかりやすいのは、アライアンスのリストは、ポルノの使用を否定的な結果に関連付けるほぼすべての研究を除外しています(ポルノ研究の大部分を構成しています)。 さらに、それらの数少ないAllianceの研究では、 した 否定的な結果を報告する場合、アライアンスはそのような調査結果を説明から省略します。 YBOPの関連する研究のリストを使用することにより、それらの欺瞞を簡単に特定できます。 ゆうたろう

  1.  アライアンス 全部省略 ポルノユーザーとCSBの被験者に関する55の神経学的研究 を除いて Prauseら、 2015 (彼らは読者に PrauseのEEG研究が実際に中毒モデルを支持していると言う10査読論文).
  2.  アライアンス 2つを除いてすべて省略 オーバーの ポルノ使用を性的満足および人間関係の満足度の低下に結び付ける80研究。 アライアンスは、これら2つの研究(および「愛」カテゴリーの他の研究)について読者を誤解させました。どちらもポルノの使用を人間関係の満足度の低下または不貞の増加に結び付けているためです。 1を研究する, 2を研究する.
  3.  アライアンス 全部省略 30の最近の神経科学に基づく文献レビューと解説、世界のトップ神経科学者の何人かによって書かれました。 すべての25論文は中毒モデルをサポートしています。
  4.  アライアンス すべての研究を省略 このリストに 40を超える研究は、ポルノの使用と女性および性差別的見解に対する「非平等主義的態度」を結び付ける。 彼らは、ポルノと性的メディアの使用が信念、態度、行動に及ぼす影響を評価する2016の研究のこの135年のメタアナリシスを省略しました。 メディアとセクシュアライゼーション:実証研究の現状、1995〜2015.
  5. アライアンス 2つを除いてすべて省略 このリストの論文のうち ポルノ使用の増加(耐性)、ポルノへの慣れ、さらには禁断症状でさえも一致する所見を報告する60以上の研究 (中毒に関連するすべての徴候と症状)。 2つの研究はDeniers Nicole PrauseとAlexanderŠtulhoferによるもので、慎重に作成された記事が読者を誤解させました。 1(スタディ)Prauseら、2015 - もう一度); Štulhoferによる2の研究.
  6. アライアンス 3つを除いてすべて省略 このリストの論文のうち ポルノの使用/ポルノ中毒を性的問題に結びつけ低覚醒を性的刺激に結び付ける40研究を超える。 当然のことながら、3の研究はDeniers AlexanderŠtulhofer、Joshua Grubbs、およびJames Cantorによるものです。 Deniersが自分たちの研究を誤って伝えているというあからさまな例では、すべての3論文が性的問題とポルノ使用またはポルノ中毒との関連を報告しています。 Štulhoferによる1の研究; Grubbsによる2の研究; Cantorによる3の研究.
  7. アライアンス 2つを除いてすべて省略 27は、セックスとポルノ中毒者が「性的欲求が高い」という話に反論しています (同じ2つの論文が前のリストで誤解されていました: シュトルホファーによる研究; James Cantorによる研究).
  8. アライアンス すべての論文を省略 このリストに 85を超える研究は、ポルノの使用を精神的な健康状態の悪化と認知結果の悪化に結び付けています。
  9. アライアンス 3スタディの280を除くすべてを省略 この包括的なリストで 青年期に対するポルノの影響を評価する査読論文。 (Denier's Allianceは、青年期およびポルノの使用に関して公開された文献のレビューを都合よく省略しました。 レビュー#1, review2, レビュー#3, レビュー#4, レビュー#5, レビュー#6, レビュー#7, レビュー#8, レビュー#9, レビュー#10, レビュー#11, レビュー#12, レビュー#13, レビュー#14, レビュー#15.)

アライアンスのほとんどすべての論文は、以前のプラウスの記事に対する以前の批評で扱われました。

私たちは以前ここにいたことがあり、ニコール・プラウセもそうです。 アライアンスによって引用されたほとんどの論文は、以前にプラウスが書いたプロパガンダの作品で名前が付けられ、紡がれていました。編集者へのXNUMX通の手紙と、他のXNUMX人のデニール(テイラーコウトとマーティクライン)との共著の一般記事です。 YBOPは、Prauseが引用したすべての厳選された論文を公開し、著者の支持されていない主張を暴きながら、次のXNUMXつの広範な批評を行いました。realyourbrainonporn行ったことがある

かなり長い次のセクションに煩わされたくない場合は、YBOPによるPrause / Klein / Kohutの解体をご覧ください30年2018月XNUMX日 スレート 記事: なぜ私達はまだポルノを見ることについてとても心配しているのですか? それを書いた3人のデニールが、いつもの話のポイントと、彼らが定期的に引用している郊外の厳選された研究をXNUMXつの記事にまとめているので、消化が簡単です。

Nicole Prauseは、性依存症とポルノ依存症の存在を「非難する」(次の記事では「強迫的性行為障害」)として、編集者に送った彼女の手紙のうちのもう1つを宣伝します ICD-11): "データは中毒性があるとしてセックスをサポートしていません。それでも彼女の手紙は何も討議しない。 この240ワードの意見記事(Prause et al。、2017)は、その主張を裏付けるゼロの研究を引用し、依存症モデルに対抗する唯一の「証拠」として、簡単に反駁される単一の文のみを提供しています。 明らかにプラウスによって作成されたこの手紙は、3人のポルノ科学否定者(エリック・ヤンセン、ジャニコ・ジョージアディス、ピーター・フィン、ジェームズ・ファウス)によって署名されており、そのうちXNUMX人は "専門家" 新しいウェブサイトで、別の短い手紙への返信でした: 過度の性的行動は中毒性の障害ですか? (ポテンザら。 他 2017)、Marc Potenza、Mateusz Gola、Valerie Voon、Ariel Kor、ShaneKrausによって作成されました。 デニールの残りの論点と支持されていない主張は、YBOPの批判で明らかにされています: 「データはセックスを中毒性のものとして支持しない」の分析Prauseら、2017).


モデルに名前を付けられない場合、モデルを改ざんすることはできません

アライアンスの厳選された研究のリストは、「モデルの改ざん」についての標準的なプラウスのような戯言で紹介されています。

科学は体系的な観測を用いてモデルを偽造することの慣行です。 心理学および関連科学では、これらのモデルは、個人またはグループが行動に関わる理由についての理論です。 改ざんはモデルのための高いしきい値です。モデルの予測がサポートされていない場合は、モデル全体が破棄されます。 モデル予測と一致する研究結果は、1つのモデル予測が支持されるという我々の確信を高めますが、 モデルのすべての予測が成り立つ必要があります モデルがサポートされていると見なされる. したがって、最も重要な研究は 改ざんする モデルの予測 最後に、モデルの予測は次の研究によって常に偽造される可能性があるため、モデルは決して「証明される」ことはありません。 モデルは「サポートされている」または「偽造されている」。 この文献(下記)は、性映画科学で起こった重要なモデルの改ざんのいくつかを表しています。

表面的には、それは印象的に聞こえますが、それでも読者は暗闇の中に残されています。 which のモデル アライアンスは偽造したと主張しています。 研究カテゴリー(LGBT、青年、規制、パフォーマー、親密さ)のランダム性は、X、Y、またはZのモデルがサポートされているかどうかについての洞察をほとんど提供しません。 しかし、これらは 「専門家」 私たちは信頼するように言われていますか?ゆうたろう

「モデル」を示唆する唯一のセクションは 「異常性欲のモデル」セクション、それでも読者は、チェリーピックされた論文の結果によってどのモデルが改ざんされているのかを知ることはありません。 それは謎です。 「異常性欲のモデル」のセクションで、アライアンスはポルノ依存症(CSBD)の特定のモデルをほのめかしている可能性がありますか? おそらく、しかし、リストされている論文の大部分は、ポルノ中毒とは何の関係もありません。それらは、XNUMXつを除いてすべてを省略しているからです。 55の神経学的研究と30のレビュー/解説がここにリストされています.

彼らは異常性欲モデルを「偽造」したと主張していますか? アライアンスは、「異常性欲のモデル」に関するいくつかの意見書を提供していますが、実際の神経学的研究はXNUMXつだけです。 Prause、N.、Steele、VR、Staley、C.、Sabatinelli、D。、およびHajcak、G。 (2015) 多くのAllianceの研究と同様に、その研究では、 Prause et al。、2015年は、見た目とは異なります。 Prauseが彼女の唯一の、深く欠陥のあるEEG研究がポルノ中毒を暴くことを大胆に主張した間、 9の査読済み論文が同意しない。 すべての10論文は同意します Prauseら、 2015 実際に より頻繁なポルノユーザーの脱感作や慣れを発見した(中毒と一致する現象): の査読付き批評 Prauseら。、2015

アライアンスメンバーの場合   ポルノ依存症の特定のモデルを「偽造」することをほのめかしますが、それはどの依存症モデルでしょうか? それは 中毒のインセンティブ感作モデル? それとも多分 依存症の報酬不足モデル? それともかも 中毒の相手プロセスモデル? おそらく他のモデル?

アライアンスがどのモデルに取り組んでいるのかを私たちに知らせた場合、彼らはまた、どの調査結果が選択された依存症モデルをサポートまたは「偽造」したかを私たちに伝える必要があります。 神経科学者 マツエスゴラ で同様の質問がありました 彼の批判 Prause et al。、2015、ここで彼は、プラウスが「偽造」したと主張する依存症のモデルに名前を付けることができないことを指摘しています。

しかし、 テストされている中毒モデルとあいまいな実験的パラダイム(エロティックな写真の役割を定義するのは難しい)という明確な仮説の記述がないために、提示された結果が「ポルノグラフィー」に対する仮説に反するか、それを支持するかどうかを言うことはできません。中毒明確に定義された仮説を用いたより高度な研究が求められています。 残念ながら、Prause et al。の大胆な称号。 (2015)記事はすでにマスメディアに影響を与えており、科学的に不当な結論が広まっています。 ポルノ消費の影響に関するトピックの社会的および政治的重要性により、研究者はより慎重に将来の結論を引き出すべきです。.

ゴラにさらされた後、プラウスは、事後、彼女のEEG測定値は「キュー反応性」を評価するためのものであると宣言しました(感作癖ではなく) 真実であるならば、Prauseは彼女の大胆な「偽造」主張の中のぽっかりとした穴を都合よく無視します。 たとえ Prause等。 2015 見つけた less 頻繁なポルノユーザーの手がかり反応性、他の26の神経学的研究は、強迫的なポルノユーザーの手がかり反応性または渇望(感作)を報告しています:: 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27.

科学は、いくつかの重大な方法論上の欠陥によって妨げられている唯一の異常な研究には合いません。 科学は証拠の優位性と一緒に行きます 議題主導のポルノ科学デニール).

他のすべてのAllianceセクションに関しては、外れ値によって偽造されたモデルはありません。

Porn Science Deniers Allianceのさまざまなメンバーは、自分自身や他の人の研究を不当に伝えてきた歴史があります。

最もボーカルなDeniersの何人かは慢性的に研究の現状を誤って表明しているが、彼らはまたしばしば自分の研究を軽視し、覆い隠し、そして時には虚偽の表示をしている。 以下は、多数の研究を発表した3人のDenierの例です(多くのAllianceメンバーは研究者ではなく単なるファンです)。 より多くの例はにあります。 疑わしい&誤解を招く研究の批評 のセクションから無料でダウンロードできます。realyourbrainonpornが誤解を招く

Nicole Prause:

ジョシュアグラブス:

  • JoshGrubbsの「知覚されたポルノ中毒」の研究。 この中の 並外れた2016 心理学今日 記事、Grubbsは、「知覚されたポルノ中毒」スコア(合計CPUI-9)はポルノの使用時間とは無関係であると誤って述べています。  ボーリンググリーン大学で心理学の助教授を務めるジョシュア・グラブス氏は、パートナーによって、あるいは自分自身によっても「ポルノ常習者」と表示されていることは関係ないと述べています。 その代わりに、それはに関係するすべてを持っています 信仰の自由 および 道徳 セックスに対する態度。 要するに、彼は「それは恥ずべき動機です」と言います。 実際には、 Grubbs et al。、2015が報告しました そのポルノ使用は 強い 宗教よりも「知覚されたポルノ中毒」の予測因子!
  • 彼の 信じられないほど歪んだ書き込み of グラブス&ゴラ、2019、Josh Grubbsは一貫して、より高いポルノ使用とポルノ依存と貧しい勃起との間の相関関係を軽視しています。 実際には、相関関係 した 3はすべての3グループで報告されています - 特にサンプルXNUMXは最大のサンプルで最も関連性の高いサンプルであり、現在ポルノ誘発性EDに最も頻繁に罹患している男性の年齢層と最も重なっています。 大胆に 研究結果をどのようにスピンするかのデモンストレーション、Grubbsの結論は、ポルノの使用と実際にあったより貧弱な勃起との間の相関関係を無視しています 強い 「知覚されたポルノ中毒」と宗教性の間の彼の相関関係よりも!

アレクサンダーシュトゥルホファー:

  • Landripet&Štulhofer、 2015:「簡単なコミュニケーション」では、ポルノの使用と性的問題との間に関係は見られないと主張しました。 両方に記載されているように このYBOP批評 および 文学のこのレビュー、Štulhoferの論文は、実際にポルノの使用とEDの間のXNUMXつの重要な相関関係を報告しました。 ちょっとしたチカニーで、シュトゥルホーファーの論文 3つの有意な相関関係を省略 ポルノ使用と性的問題の間に ヨーロッパの会議
  • Veitm、Štulhofer&Hald、2016年:Štulhoferの研究は、ポルノの使用に関連する否定的な結果が最小限に抑えられるかなくなるまで、巧みに「変数を制御」することがよくあります(または彼は単に要約でそれらについて言及していません)。 このシュトゥルホーファーの要約を読んで、彼がポルノの使用と男性と女性の両方の貧しい関係と性的満足との間に有意な相関関係を見つけたことをあなたは決して知りません。 論文から:「男女ともに、SEMの使用と人間関係の満足度との間に、有意な負のゼロ次相関が見られました。」

さらに多くの例が次のセクションにあります。


アライアンスの厳選された論文の公開:偽情報、不実表示、脱落、虚偽。

以下に、アライアンスの30年2019月XNUMX日を示します それらの桜選んだ論文のスナップショット。 論文のカテゴリーと順序は、彼らのサイトにあるものと同じままです。 該当する場合は、研究の現状、デニール宣伝の歴史を説明するカテゴリの紹介を提供し、場合によっては主要な戦略について仮説を立てます。 ほとんどの論文について、アライアンスまたは論文の著者(多くの場合、次のいずれか)によって提示された不実表示、スピン、および省略のいくつかの側面の「分析」と修正を提供します。 アライアンスの「専門家」)。 また、論文が次のいずれであるかについても述べます:(1)解説または実際の研究(多くは研究ではない)、(2)ユーザーに対するポルノの影響を評価した(ほとんどはしなかった)、(3)セクションの記述に関連するテーマ(多くは無関係です)、(4)は単なるフィラーまたは「引用インフレ」です(多くは重要ではありません)。 Allianceのセクションへのリンク:


ゆうたろう

勃起および他の性機能障害セクション

文脈/現実: このリストには、ポルノの使用または中毒を性的問題に関連付け、低覚醒を性的刺激に結びつけた40以上の研究が含まれています。 (下記の3つのアライアンス研究を含む)。 の リストの最初の7研究は証明する 因果関係参加者はポルノの使用を排除し、慢性的な性機能障害を治癒した。

研究に加えて、 このページには、160の専門家による記事やビデオが含まれています (泌尿器科の教授、泌尿器科医、精神科医、心理学者、性機能学者、MD)が、ポルノで誘発されたEDとポルノに誘発された性的欲求の消失をうまく治療した。

過去のED率:1940で勃起不全が最初に評価されたのは、 Kinseyレポートが締めくくりました 1歳未満の男性ではEDの有病率は30%未満であり、3〜30の年齢では45%未満であった。 若い男性に対するEDの研究は比較的まばらですが、この2002 6高品質ED研究のメタアナリシス 5試験の6は、40未満の男性のED率が約2%であると報告した。

無料の2006の終わりには、ストリーミングポルノチューブサイトがオンラインになり、すぐに人気を博しました。 この ポルノ消費の本質を根本的に変えた。 史上初めて、視聴者はオナニーセッション中に待つことなく簡単にエスカレートすることができました。  2010以降に発表された10の研究 性的機能不全の途方もない上昇を明らかにします。 10研究では、40未満の男性の勃起不全率は14%から37%の範囲であり、一方、低性欲の率は16%から37%の範囲でした。

ストリーミングポルノの出現(2006)を除いて、若年のEDに関連する変数はここ10-20年の間に明らかに変化していません(喫煙率は低下し、薬物使用は安定しています)。 20 - この40査読論文に文書化されています。 インターネットポルノは性的機能不全を引き起こすのですか? 臨床報告書によるレビュー。 最近の性的問題の急増は、ポルノの使用と「ポルノ中毒」を性的問題に結びつけ、覚醒を低下させて性的刺激に結び付ける数多くの研究の発表と一致しています。

アライアンスの目的: 世間の心に疑いを生じさせること。 今日のポルノの使用が健康な若者に慢性的な性機能障害を引き起こす可能性があるという現実を公的および医療分野が認識すれば、それはゲームオーバーです。 Ley、Prause、Perry、Kohut、Lehmillerなどのデニール 健康な若い男性の慢性的なEDのために、ポルノではなく、オナニーを非難してください。 (泌尿器科医は同意しないだろう。)科学的な支援を提供することなしに、ポルノ謝罪者たちはポルノが 最近のオンラインポルノ愛好家の婚姻EDの上昇の背後にあります。 (なにもないな ポルノ、 右?)

Ley&Prauseは、過去7年間、非倫理的な措置に訴えてきました。 この学術論文に対する4年の戦争、ポルノによる性的機能不全から回復した若い男性に嫌がらせと中傷を同時に行います。 最後に、著者に注意することが重要です Nicole Prause 持っています ポルノ業界との密接な関係 PIEDを暴くことに夢中になって、 この学術論文に対する3年の戦争、同時にポルノによって引き起こされた性機能障害から回復した若い男性に嫌がらせと解放をします。 ドキュメントを参照してください: Gabe Deem #1, Gabe Deem #2, アレクサンダーロードス島#1, アレクサンダーロードス島#2, アレクサンダーロードス島#3, ノア教会, アレクサンダーロードス島#4, アレクサンダーロードス島#5, アレクサンダーロードス島#6アレクサンダーロードス島#7, アレクサンダーロードス島#8, アレクサンダーロードス島#9, アレクサンダーロードス島#10アレックスロードス#11, GabeDeemとAlexRhodesが一緒に#12, アレクサンダーロードス島#13, アレクサンダーロードス島#14, Gabe Deem #4, アレクサンダーロードス島#15.

The Deniersが省略した文献のレビュー:

1) インターネットポルノは性的機能不全を引き起こすのですか? 臨床報告書によるレビュー (2016) - ポルノによる性的問題に関連する文献の広範なレビュー。 7米国海軍医師を巻き込んで、このレビューは最新のデータを提供し、若々しい性的問題の急激な増加を明らかにしています。 また、インターネットポルノを通じたポルノ中毒や性的条件付けに関連する神経学的研究についても概説しています。 医師は、ポルノ誘発性機能障害を発症した男性の3臨床報告を提供しています。 3人の男性のうち2人は、ポルノの使用を排除することによって性的機能不全を癒しました。 3人目の男性は、ポルノ使用を控えることができなかったため、ほとんど改善を経験しませんでした。 抽象

かつて男性の性的困難を説明した伝統的な要因は、勃起不全の急激な上昇、射精の遅れ、性的満足度の低下、および性的満足感の低下を40下の男性で説明するには不十分であると思われる。 このレビュー(1)は、例えば臨床的、生物学的(嗜癖/泌尿器学)、心理的(性的条件付け)、社会学的など、複数の分野からのデータを考慮している。 そして(2)は一連の臨床報告を提示しており、これらすべてはこの現象の将来の研究のための可能な方向性を提案することを目的としている。 ポルノ関連の性的機能不全の根底にある可能性のある病因として、脳の動機づけシステムの変更が検討されています。

このレビューでは、インターネットポルノのユニークな特性(無限の目新しさ、より極端な素材、ビデオ形式などへの容易なエスカレーションの可能性)が、実際にすぐに移行しないインターネットポルノの使用の側面への性的興奮を調整するのに十分強力である可能性があるという証拠も考慮します人生のパートナー。希望するパートナーとのセックスが期待に応え、覚醒低下として登録されない可能性があります。 臨床報告によると、インターネットポルノの使用をやめることでマイナスの影響を逆転させるのに十分である場合があり、被験者にインターネットポルノの使用の変動を排除する方法論を使用した詳細な調査の必要性が強調されます。

2) インターネット時代の性機能障害(2018) - 抜粋:

低い性欲、性交の満足度の低下、および勃起不全(ED)は、若い人口でますます一般的になっています。 2013年のイタリアの研究では、EDを患っている被験者の最大25%が40歳未満でした[1]。2014年に発表された同様の研究では、16歳から21歳のカナダの性的経験のある男性の半数以上ある種の性的障害に苦しんでいる[2]。 同時に、有機EDに関連する不健康なライフスタイルの有病率は、過去数十年で有意に変化していないか減少しており、心因性EDが増加していることを示唆しています[3]。

DSM-IV-TRは、ギャンブル、ショッピング、性的行動、インターネットの使用、ビデオゲームの使用など、快楽的な性質を持ついくつかの行動を「他の場所に分類されない衝動制御障害」と定義しています。 ]。 最近の調査は、性機能障害における行動中毒の役割を示唆しています:性的反応に関与する神経生物学的経路の変化は、さまざまな起源の繰り返される超正常刺激の結果である可能性があります。

行動嗜癖の中で、問題のあるインターネットの使用とオンラインポルノの消費は、性的機能不全の潜在的な危険因子としてしばしば引用され、しばしば2つの現象の間に明確な境界はありません。 オンラインユーザーは、その匿名性、手頃な価格、そしてアクセシビリティのためにインターネットポルノに魅了されており、多くの場合、その使用はサイバーセックス依存症を介してユーザーを導く可能性があります。性交よりも自己選択した性的に露骨な素材のほうが興奮します。

文学では、研究者はオンラインポルノの正と負の機能について不一致です。 否定的な観点からは、それは強迫的な自慰行為、サイバーセックス中毒、さらには勃起不全の主な原因を表しています。

3) 若年男性における性機能障害の器質的および精神的原因(2017) - 「遅延射精におけるポルノの役割(DE)」というセクションを含む物語レビュー。 このセクションからの抜粋:

遅発射精(DE)におけるポルノの役割

過去2008年間で、インターネットポルノの普及とアクセシビリティの大幅な増加により、アルトホフの14.4番目と13番目の理論に関連するDEの原因が増加しています。 5.2年の報告によると、平均して76%の男の子が2016歳未満でポルノに曝されており、少なくとも48.7%の人が少なくとも毎日ポルノを見ていた13.2。76年の調査では、これらの値はそれぞれ75%とXNUMX%に増加した。 XNUMX最初のポルノ曝露の早い年齢は、CSBを示している患者との関係を通じてDEに寄与しています。 Voon et al。 CSBの若い男性は、年齢を管理された健康な仲間よりも早い年齢で性的に露骨なコンテンツを見ていたことを発見しました。

前述のように、CSBのある若い男性は、アルトホフのDEの487番目の理論の犠牲になり、関係に覚醒がないため、パートナーのセックスよりも優先的にマスターベーションを選択できます。 毎日ポルノ素材を見ている男性の数の増加も、アルトホフの76番目の理論を通じてDEに貢献しています。 男子大学生20人の研究で、Sunら。 ポルノ等の使用と、現実のパートナーとの性的な親密な行動の自己申告による楽しさの減少との間に関連性が見出されたXNUMX。 。 XNUMX歳の入隊した男性は、過去XNUMXか月間、婚約者とのオルガスムを達成するのが困難でした。

詳細な性的履歴から、患者はインターネットポルノと、展開中に自慰行為をする「偽の膣」と呼ばれる大人のおもちゃの使用に依存していることが明らかになりました。 時間が経つにつれて、彼はオルガズムにますますグラフィックまたはフェチの性質のコンテンツを必要としました。 彼は婚約者が魅力的であると認めたが、本当の性交がより刺激的であると感じたため、彼のおもちゃの感覚を好んだことを認めた。77インターネットポルノのアクセシビリティの増加は、若い男性をアルトホフの35番目の理論によってDEを発症するリスクにさらしている。次の症例報告:ブロンナー等。 XNUMX歳の健康な男性にインタビューしたところ、精神的および性的に彼女に惹かれているにもかかわらず、彼のガールフレンドとセックスしたくないという不満を訴えました。

詳細な性的歴史は、このシナリオが彼がこれまでに試みた過去の20人の女性で起こったことを明らかにしました。 彼は思春期以来、ポルノグラフィーの広範な使用を報告しましたが、これは当初は動物性愛、ボンデージ、サディズム、およびマゾヒズムで構成されていましたが、最終的にはトランスジェンダーのセックス、乱交、および暴力的なセックスへと進みました。 彼は想像の中でポルノシーンを視覚化して女性と性的に機能するようにしたが、それは次第に機能しなくなった74。患者のポルノの幻想と現実の生活とのギャップが大きくなりすぎて欲求が失われた。

Althofによれば、これは一部の患者ではDEとして現れます。73オーガズムにますますグラフィックまたはフェチの性質のポルノコンテンツを要求するというこの繰り返しのテーマは、Park et al。によって定義されています。 なので 多動。 男性が性的興奮をポルノに敏感にするにつれて、実生活でのセックスは射精するための適切な神経経路を活性化しなくなります(またはEDの場合は持続性の勃起を起こします)。

7つのアライアンス研究に関しては、そのメンバーは大衆をだまそうとしています。 4つの研究のXNUMXつの研究は、ポルノの使用と性的問題との間の重要な関連を報告しました。 これらXNUMXつの研究すべてのデータは、アライアンスの主張に反しています。

  1. 2つのヨーロッパ諸国(2015)からの夫婦における勃起不全、退屈、および過性
  2. 過性性照会の種類による患者の特徴:115連続男性症例(2015)の定量的チャートレビュー
  3. ポルノ使用は勃起機能に関連していますか? 断面積と潜在成長曲線の分析結果(2019)
  4. 性機能とポルノの調査(2019)

アライアンスの残りのXNUMXつの引用のうち、XNUMXつは査読されておらず、他のXNUMXつは査読された文献で正式に批判されています(以下を参照)。

最後に、すべての7論文がポルノ使用と性的問題の間にほとんどまたは全く関係がないと報告したとしても(そうではありません)、Allianceは何も偽造していません。 Prauseが繰り返し言及している間 カール·ポパー と彼の関連する概念 偽造可能性 彼女は、これらの概念をポルノによって誘発された性的機能不全(またはポルノ中毒)の奪われたと思われるものに適用することに失敗しています。 ポッパーの哲学をPrauseの主張に適用すると、それが 彼女の主張 それは偽造されています。 Popperが述べたように、「すべての白鳥が白人」であることを証明することはできませんが、単一の白鳥がこの主張を偽造することはできます。

それがポルノによって誘発される性的機能不全に関しては、我々は黒い白鳥でいっぱいの湖を持っています。 何千もあるだけではありません 逸話 および 臨床 ポルノの使用を排除することによって性機能障害を癒している若い男性のアカウント、 7査読論文 男性はポルノ使用の排除によって慢性的な性的機能不全を癒したと報告している:

  1. 状況的心因性射精:ケーススタディ(2014)
  2. 若年男性(2014)の性機能障害の診断と治療における病因としての異常な自慰行為
  3. 男性のオナニー習慣と性的機能不全(2016)
  4. インターネットポルノは性的機能不全を引き起こすのですか? 臨床報告書によるレビュー(2016)
  5. 短期の精神性愛モデル内で射精遅延を治療することはどれほど難しいのでしょうか。 ケーススタディ比較(2017)
  6. ポルノは若年男性の勃起不全を誘発した(2019)
  7. 恥に隠された:異性の男性が経験した問題のあるポルノ使用の経験(2019)

ああ、 追加の32研究は、ポルノの使用/ポルノ依存を性的問題に結び付け、性的刺激へのより低い覚醒を結び付ける。 要するに、同盟の主張は改ざんされています。

アライアンス研究:

Grubbs、JB、&Gola、M。(2019). ポルノ使用は勃起機能に関連していますか? 断面および潜在成長曲線分析の結果 性医療ジャーナル、16(1)、111-125. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのJoshua Grubbs。 紙はポルノによって誘発されたEDを暴くように読んでいますが、この研究は実際にそれを発見しました 両言語で 問題のあるポルノの使用(ポルノ中毒) および より高いレベルのポルノ使用は 貧しい そのサンプルのすべての3で勃起機能 実際のデータとこの批評の真実)。 グラブス博士の無責任な結論は、グラブス博士の以前の疑わしい主張に関連して従った人々にとっては当然のことです。ポルノ依存症」キャンペーン。

簡単に言えば、この研究はポルノの使用/中毒が勃起不全に関連しているという命題を支持しています。 Grubbsのバイアスを理解するために、彼の最大で最も関連性の高いサンプル(PIEDを最も頻繁に報告する年齢層)でのポルノの使用とEDの相関関係に注意してください:(0.37)。 これは、Grubbsが(別の論文で)報告した「知覚されたポルノ中毒」と宗教 (0.30)彼の大声で、公の主張を正当化するために 宗教がポルノ中毒を引き起こすこと。 それでもここで彼は自分が 不満 最も関連性の高い、最大のサンプルでの0.37相関の自分の発見を無視した、ポルノによるED。 衝撃的なダブルスタンダード、いいえ?

性的機能不全とポルノ中毒またはポルノ使用との間の関連性を反証することからかけ離れて、この研究は支持を提供します for ポルノによる性的機能不全。

バーガー、JH、ケホー、JE、ドアン、AP、クレイン、DS、クラム、WP、マーシャル、MT、およびクリストマン、MS(2019)。 S性機能およびポルノグラフィーの調査。 軍事医学. Webへのリンク

分析: この非常に引用された文献レビューに参加していた同じ米海軍医師の多くによる研究: インターネットポルノは性的機能不全を引き起こすのですか? 臨床報告書によるレビュー(2016)。 なぜ同盟はこの初期の論文を故意に省略したのか(結局のところ 文献のレビュー)? そうそう、RealYBOPの論点とサポートされていないアサーションに完全に対抗するからです。

この研究では、研究者は「渇望」質問票を使用して、EDとポルノ依存症の指標との関連を探しました。 そのようなリンクは表示されませんでしたが(おそらく、ユーザーが使用をやめようとするまで「渇望」の程度を正確に評価しないため)、他のいくつかの興味深い相関関係が結果に現れましたが、アライアンスは省略しました(私たちが期待するようになりました) )。 いくつかの抜粋:

勃起不全の割合は、ポルノのないパートナーセックスを好む人(男性)(22.3%)で最も低く、ポルノがパートナーの性別(78%)よりも好まれたときに有意に増加しました。

…ポルノと性的機能不全は若者の間で一般的です。

...ほぼ日常的に使用している人[男性]のEDの割合は44%(12 / 27)に対して22%(47 / 213)であり、より有意義な人(≤5x/週)では有意に達しています一変量解析(p= 0.017) ボリュームがある程度役割を果たすのかもしれません.

また、著者が指摘しているように、

...ポルノ誘発性EDの提案された病態生理学はもっともらしいようであり、倫理的偏見によって動揺するかもしれない研究者の小集団ではなく、さまざまな研究者の研究に基づいている。 また、過度のポルノ使用の中止後に男性が正常な性機能を取り戻したという報告の議論の「原因」側も支持しています.

...ヘビーポルノユーザーのED治療における棄権の成功を評価する介入研究を含む、前向き研究のみが因果関係または関連性の問題を明確に解決することができます。。 特別な配慮が必要な追加の集団には、青年が含まれます。 グラフィックの性的な材料への早期の曝露が正常な発達に影響を与えるかもしれないという懸念が生じました。 13の年齢以前にポルノに晒されていた10代の若者の割合は、過去10年間で3倍になり、現在は50%前後で推移しています。

上記の研究は、American Urological Associationの2017会議で発表されました。 それについてのこの記事からのいくつかの抜粋 - 研究はポルノと性的機能不全(2017)の間の関連を見ます: 

現実世界の性的出会いよりポルノを好む若い男性は、機会が訪れたときに他人と性的にやりとりすることができず、罠に巻き込まれる可能性があります、と新しい研究は報告しています。 ポルノ中毒の男性は勃起不全に苦しむ可能性が高く、性交に満足する可能性が低い, 調査結果によると、ボストンで開催されたAmerican Urological Associationの年次総会で金曜日に発表された。

「この年齢コホートにおける勃起不全の器質的原因の割合は非常に低いので、このグループで我々が経時的に見た勃起不全の増加は説明される必要があります」とChristmanは言いました。 「私達はポルノの使用はその困惑への1部分であるかもしれないことを信じる」。

次に、上記の研究の著者が行った「簡単なコミュニケーション」(研究ではない) 査読付き文献レビューで正式に批評されている.

Landripet、I。、およびŠtulhofer、A。(2015)。 ポルノの使用は若い異性愛者の間での性的困難や機能不全と関連していますか? 性医学のジャーナル、12(5)、1136-1139。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのAlexanderŠtulhofer。 まず、Štulhoferのすべての研究に注目します 思われる 他の(偏りの少ない?)ポルノ研究者による調査結果の優位性とは異なり、ポルノ使用に関連した否定的な結果をほとんどまたはまったく報告しないこと。 Landripet&Štulhofer、 2015は、それが掲載されたジャーナルによって「簡単なコミュニケーション」として指定され、2人の著者は共有する特定のデータを選択しましたが、他の関連データは省略しました。 ジャーナルはまたの批評を出版した Landripet&Štulhofer: コメント:若年の異性愛者の間でのポルノ使用は性的困難および機能不全と関連するか? Gert Martin Hald(博士)

まず、主張は Landripet&Štulhofer、2015はポルノ使用と性的問題の間に関係を見つけませんでした。 両方に記載されているように、これは正しくありません。 このYBOP批評 および 文学のレビュー 7人の米海軍の医師を解決することで。 後者は対処しました Landripet&Štulhofer、2015:

…。しかし、統計的比較に基づいて、著者は、インターネットポルノの使用は若々しいEDの重大な危険因子ではないようだと結論付けています。 彼らが調査したポルトガル人男性がノルウェー人やクロアチア人と比較して性機能障害の発生率が最も低く、ノルウェー人と比較して「週に数回から毎日」インターネットポルノを使用していると報告したポルトガル人はわずか40%であることを考えると、これは決定的すぎるようです。 、57%、クロアチア人、59%。

この論文は、作業中の変数として知られている、または仮定されている変数間の直接的および間接的な関係を網羅できる包括的なモデルを採用できないことで正式に批判されています[59]。 ちなみに、ポルトガル、クロアチア、ノルウェーからの同じ調査参加者の多くを巻き込んだ問題のある性的低欲求に関する関連論文では、男性は、彼らが性的関心の問題の欠如に寄与したと信じている多くの要因のうちどれを尋ねた。 他の要因の中でも、約11% - 22%が "私はポルノを使いすぎます"を選び、16% - 26%は "私があまりにも頻繁に自慰行為をする"を選びました。60]

第二に、クロアチア人に関して、 Landripet&Štulhofer2015は、より頻繁なポルノ使用とEDの間の統計的に有意な関連性を認めていますが、効果の大きさは小さかったと主張しています。 しかしながら、この主張は熟練した統計学者であり、多くの研究を書いたMDによれば誤解を招く可能性があります。

別の言い方をすると(Chi Squared)…適度な使用(少ない使用に対して)は、このクロアチアの人口におけるEDを持つ可能性(可能性)を約50%増加させた。 それは私にとって意味があるように思えますが、発見がクロアチア人の間でのみ確認されたことは興味深いです。

第三に、不安な操作で、LandripetとŠtulhoferの論文は省略されました その共著者がヨーロッパの会議に提出した3つの重要な相関:

(1)勃起不全と「特定のポルノジャンルへの嗜好」との間の有意な相関。これはPIEDを有する男性に共通している。 そして

(2&3)女性では、ポルノの使用の増加は、パートナーのセックスへの関心の低下と女性の間でより一般的な性機能障害と有意に関連していた。

それは私たちに他のStulhofer論文と何が省略されたかもしれないかについて不思議にさせます。

Klein、V.、Jurin、T.、Briken、P。、およびŠtulhofer、A。(2015) ヨーロッパの2か国からのカップル男性における勃起不全、退屈、および過性愛。 性医学のジャーナル、12(11)、2160-2167。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのAlexanderŠtulhofer。 研究の実際の所見を誤って表現するもう1つの例。 実際には、調査は勃起不全と過性の測定の間の強い相関関係を報告しました。 この研究では、勃起機能とポルノグラフィーの使用との間の相関データは省略されていたが、有意な相関があることがわかった。 抜粋:

クロアチアとドイツの男性の間では、 性欲過多は性的退屈傾向および勃起機能に関するより多くの問題と有意に相関していた。

性的機能不全とポルノ中毒(過性愛)の間の関連性を反証することからかけ離れて、この研究は支持を提供します for 強迫的なポルノの使用と性的機能不全の間の関係。

プラウゼ、N。、およびファウス、J。(2015)。 勃起不全ではなく、より大きな性的反応に関連する性的刺激を見ます。 性医療、3(2)、90-98. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのNicole Prause氏による. プラウス&ファウス 2015年はEDの男性に関する研究ではありませんでした。 それは全く研究ではありませんでした。 代わりに、プラウスは彼女の以前のXNUMXつの研究からデータを収集したと主張しましたが、そのどれも勃起不全に対処していませんでした。 ニコール・プラウセとジム・ファウスによるこの論文がピアレビューに合格したのは気がかりです。彼らの論文のデータは、その論文が基づいていると主張している基礎となるXNUMXつの研究のデータと一致しなかったからです。 不一致は小さなギャップではなく、塞ぐことができないギャップのある穴です。 さらに、この論文は、これで説明されているように、虚偽であるか、データによってサポートされていないいくつかの主張をしました。 Richard A. Isenberg MD(2015)によるジャーナル編集者への手紙 そして2つの広範な信徒批評:(1) 疑わしい研究では何も足りない:未成年者のEDの説明が不明(2015)(2) Prause&Pfausの解体は、Richard A. Isenbergに返信します(「レッドニシン:フック、ライン、そしてスティンカー」).

アイゼンバーグ博士の手紙は、同盟の要約を暴きました。テストされた時間帯内でのVSSの使用が性機能に悪影響を与える可能性は低いと考えられます。

実際には、 プラウス&ファウス 以下の場合、異なる被験者の覚醒レベルを比較できませんでした。

  1. 異なります 4基礎研究では、性的刺激の種類が使用された。 2つの研究は3分のフィルムを使い、1つの研究は20秒のフィルムを使い、そして1つの研究は静止画像を使いました。
  2. 基礎となる1研究のうち4のみが1から9までの尺度(Prauseが主張する尺度)を使用した。 1つは0から7までの尺度を使用し、1つは1から7までの尺度を使用し、1つの研究は性的興奮の評価を報告していません。

さらに、 PrauseとPfausは、インタビューの中で勃起は実験室で評価されたと誤って述べている、それでも彼らの論文は明確に次のように述べています。男性の自己申告の経験を裏付ける生理学的生殖器反応データは含まれていなかった。 

要約すると、Prauseが生成したポルノの使用による勃起または覚醒の改善、またはその他のものに関する主張はすべて、 彼女の研究に支えられていない.

Sutton、KS、Stratton、N.、Pytyck、J.、Kolla、NJ、&Cantor、JM(2015) P異常性欲の紹介の種類による患者の特徴:115人の連続した男性の症例の定量的チャートレビュー。 Journal of sex&marital Therapy、41(6)、563-580. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのJames Cantorによる:パラフィリアや慢性的なオナニーや姦通などの過性障害を持つ男性(平均年齢41.5)に関する研究。 27は「回避的オナニー者」として分類されました。つまり、彼らは1日に1時間以上、または1週間に7時間を超えてオナニーしました(通常はポルノ使用)。 これらのポルノ中毒者の71%は、性機能障害を報告しました33%は射精の遅れを報告しています(このページの抜粋).

残りの男性の38%はどんな性機能障害を持っていますか? 男性の性的機能不全のための他の2つの主な選択肢は、EDと性欲減退です。 研究は言わない、そして著者は詳細の要求を無視した。 標準的なプロトコルに違反して、James Cantorは学術リストサーブ(Sexnet)について、彼は実際の調査結果を公表しないと述べました。 お分かりのように、性機能障害とポルノ使用の間の関連性を証明することからかけ離れて、この研究は非常に強い支持を提供します for ポルノによる性的機能不全の存在。

De Graaf、H。、&Wijsen、C。(2017) Nederland 2017のSeksuele gezondheid。 オランダの性的健康2017. Webへのリンク

分析:査読付き論文ではなく、英語ではありません。 いいですね、アライアンス。


女性に対する態度

文脈/現実: アライアンスの6つの論文は、チェリーピッキングの典型です。(1)ランダムな意見記事、(2)議題を支持しない、(3)1990年頃のビデオカセットとは無関係、(4-6)「平等主義」に疑わしい基準を採用しています。 」 これら1999つの研究のうちの3つはAVNの参加者にインタビューし、7つ目はXNUMX年に小さな心理学のクラスを調査します。XNUMXつのうちXNUMXつはアライアンスメンバーによるものです。

真実は、ポルノ使用と平等主義(性的態度)を評価しているほぼすべての研究が、ポルノ使用は女性に対する態度と関連していることを報告しています。 同盟はこのリストのすべての研究を省略した 40を超える研究は、ポルノの使用と女性および性差別的見解に対する「非平等主義的態度」を結び付ける? Allianceは、この2016研究の135メタアナリシスのように、このテーマに関するあらゆるメタアナリシスや文献レビューを省略しました。 メディアとセクシュアライゼーション:実証研究の現状、1995〜2015。 抜粋:

このレビューの目的は、メディアのセクシュアライゼーションの効果をテストする実証的調査を総合することでした。 焦点は1995と2015の間の査読付きの、英語のジャーナルで発表された研究にあった。 109研究を含む135出版物の合計がレビューされました。 この知見は、この内容への実験室ばく露と定期的で日常的なばく露の両方が、より高いレベルの体の不満を含むさまざまな結果に直接関連するという一貫した証拠を提供した。自己客観化、性差別的信念および敵対的な性的信念のより大きな支持、そして女性に対する性的暴力のより大きな許容度。 さらに、このコンテンツに実験的にさらされると、女性と男性の両方が、女性の能力、道徳、および人類性についての見方が薄れることになります。.

同盟はまた、この文献レビューを省略した。 ポルノと女性に対する暴力を支持する態度:非実験的研究における関係の再考 (2010) - 抜粋:

非分析的研究が男性のポルノ消費と女性に対する暴力を支持する彼らの態度との間の関連を明らかにしたかどうかを決定するためにメタアナリシスが行われた。 メタアナリシスは、以前に公開されたメタアナリシスで問題を修正し、より最近の発見を追加しました。 以前のメタアナリシスとは対照的に、 現在の結果は、非実験的研究において、ポルノ使用と女性に対する暴力を支持する態度との間に全体的に有意な正の関連を示した。 さらに、そのような態度は、非暴力的なポルノ写真の使用よりも性的に暴力的なポルノの使用の方が有意に高い相関を示すことがわかった。ただし、後者の関係も重要であることがわかっています。

アライアンスはこのメタ分析を省略しました– 性的態度、知覚された対等規範、および性行動への主流の性的メディア曝露の寄与:メタ分析 (2019) - 抜粋:

全体として、このメタアナリシスは、メディアへの露出と性的態度、および複数のアウトカム指標と複数のメディアにまたがる行動との間の一貫した強固な関係を示しています。。 メディアは性行為を非常に流行し、娯楽性があり、比較的リスクのないものとして描写している[3]、そして我々の分析は視聴者自身の性的意思決定が部分的にこれらのタイプの描写を見ることによって形作られることを示唆する。 我々の調査結果は前のメタアナリシスとは正反対であり、それはメディアの性行為への影響が自明であるか存在しないことを示唆している[4]。 以前のメタアナリシスは38効果サイズを使用し、「セクシーな」メディアは性的行動と弱く自明に関連していた(r = .08)のに対し、現在のメタアナリシスは10×効果サイズの量(n = 394)を使用した。そしてサイズのほぼ2倍の効果があることがわかりました(r = .14)。

Allianceはレビューやメタアナリシスにアレルギーがあるように思われます。これらは科学的信頼性のゴールドスタンダードです。 外側 彼らのバブル

アライアンス研究:

ジャクソン、カリフォルニア、ボールドウィン、A。、ブレント、BG、およびマギン、PJ(2019). ポルノスーパーファンとしての男性の性役割の態度を表現する 社会学フォーラム 土井:10.1111 / socf.12506 Webへのリンク

分析: マジ? AVN Adult Entertainment Expoに参加している「ポルノのスーパーファン」のインタビューは、ピアレビューを通過しましたか? 次は、バーのパトロンにインタビューしてビールが好きかどうかを確認しますか? たとえ真剣に受け止めたとしても、この研究はポルノの使用が4つの基準と相関していないため、ポルノを見る効果については何も語っていません。 同盟の要約とは反対に、採用された狭い基準は、性差別的または女性差別的な態度ではなく、「性別の役割」を評価した。 たとえば、ハーヴェイワインスタインは、性別役割評価で非常に高いスコアを獲得します。 もっと極端な例では、彼の「hoe」が彼の利益のために働くことを望んでいるポン引きは同意しますが、それは彼の極端な女性嫌悪を排除しません。

ここで引用したTaylor Kohutの研究と同様に、宗教的/保守的な集団が得点することは容易にわかります 下側 これらの慎重に選択された基準についての世俗的/自由主義的な人口(AVN出席者)よりも。 ここにキーがあります:より自由な傾向がある世俗的な人口は、持っています 宗教的人口よりはるかに高いポルノ使用率。 (明らかに、この研究のすべてのAVN参加者はポルノを使用しました)。 特定の基準を選択し、無限の他の変数を無視することによって、 ジャクソン等。 ポルノファンは彼らの選択性の高いバージョン「平等主義。 

マッキー、A。(2005)。 オーストラリアの主流ポルノビデオにおける女性の客観化 セックスリサーチのジャーナル、42(4)、277-290。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのAlan Mckeeより。 この研究はここで何をしているのですか? この論文は、女性に対する視聴者の態度に対するポルノの影響とは何の関係もないため、より多くの引用インフレ。 この研究は、1990年代のオーストラリアのポルノ映画に見られる客観化の程度に関するアラン・マッキーの意見に限定されています。 このセクションで主張されているテーマとは無関係ですが、マッキーの「結果」は他のすべての研究とはかけ離れています。 を参照してください 許容範囲 以下に、Deniersが類似した、無関係な研究を挿入したところで、我々はそれに対処する(そしてDeniersが省略したものを提供する)。

Barak、A.、Fisher、WA、Belfry、S。、およびLashanbe、DR(1999)。 S元、男、サイバースペース:インターネットポルノと個人差が男性の女性に対する態度に及ぼす影響。 Journal of Psychology&Human Sexuality、11(1)、63-91。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのWilliam Fisher (Taylor Kohutは彼の下で働きます)。 外れ値は、フィッシャーまたは彼の部下からクラスを受講している心理学の学生の小さな非代表的なサンプルから生じます。 フィッシャーとコフートの研究が一貫して「証拠の優越」規則の例外であるのはなぜですか?

コフート、T。、ベア、JL、およびワット、B。(2016)。 ポルノは本当に「女性を憎む」ことなのか? ポルノのユーザーは、アメリカの代表的なサンプルで、ユーザー以外のユーザーよりもジェンダーの平等主義的態度を保持しています。 セックスリサーチのジャーナル、53(1)、1-11。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのTaylor Kohut氏(William Fisherが彼の上司)。 Nicole PrauseはこのKohut研究を少なくとも50回ツイートしています RealYBOPが先週3回ツイートしました! どちらの説明も、イントロで名前が付けられた研究やメタアナリシスをつぶやくことはありません。 Kohutは、他のほぼすべての発表済みの研究と矛盾する結果を生み出すための研究をどのように設計しましたか? によって 平等主義の基準を慎重に選択する 宗教的な人口が世俗的な人口よりもはるかに低い得点になるように。 説明させてください。

コフト額装 平等主義 arealyourbrainonporn コフートs:(1)中絶のサポート、(2)フェミニストの身元確認、(3)権力の地位を保持している女性、(4)女性がフルタイムの仕事をしていると家族生活が苦しむという信念、そして奇妙なことに(5)もっと保持している伝統的な家族に対する否定的な態度。 あなたが個人的に何を信じていても、宗教的な人口がはるかに得点することは簡単にわかります 下側 Taylor Kohutの5パート「平等主義」評価について

ここにキーがあります:より自由な傾向がある世俗的な人口は、持っています 宗教的人口よりはるかに高いポルノ使用率。 これらの5基準を選択し、無限の他の変数を無視することによって、Taylor Kohutは彼の研究で慎重に選択されたものの選択と相関するポルノ使用(世俗的人口が多い)に終わるだろう平等主義(宗教人口が少ない)。 それからKohutはそれをすべて回したタイトルを選んだ。 Jonah Mixによる、Feminist Currentsに関するこの2015批評も参照してください。 新しい調査によると、ポルノユーザーは「平等主義的態度」を持っています。

コフツ 新しいウェブサイト と彼 募金の試み 彼がただ議題を持っているかもしれないことを提案しなさい。 Kohutの偏見は、運動に関する健康に関する常任委員会M-47(カナダ)のために書かれた最近の概要で明らかにされています。 Kohutと彼の共著者は、簡単に言えば、ポルノの影響に関する研究の現状を誤って伝えながら、いくつかの範囲外の研究を摘み取った罪で有罪となっています。 ポルノユーザーに関する公表された神経学的研究の彼らの歪められたそして笑える記述は彼らの偏見に関して疑いを残しません。

ライト、PJ、および徳永、RS(2018)。 米国におけるポルノの消費、性的自由主義、および中絶への支援:21つの全国パネル研究からの集計結果。 メディア心理学、1(75)、92-XNUMX. 全文

分析: 上記の論文と一致して、ポルノの消費は中絶のさらなる支持を予測した。 説明されたように、これは世俗的/リベラルな人口が宗教的な/保守的な人口よりも高いポルノ使用率を持っているからです。 予想される相関

Attwood、F。、&Smith、C。(2010). 最大の懸念:英国での「危険な写真」の規制。 法と社会ジャーナル、37(1)、171-188。 Webへのリンク

分析: より多くの引用インフレ。 データはありませんが、それを含めることで、アライアンスによるポルノ業界のサポートについての洞察が得られます。 の根本的にプロポルノ編集者によるこの9歳の意見記事 ポルノ研究ジャーナル、性的暴力を称賛する英国の極端なポルノ規制に反対する。


規制課

文脈/現実: アライアンスの目的がこの多様な論文のグループをリストすることであったことは、誰の推測でもあります。 私たちは2016年にそれを知っています Prauseが下から手を伸ばそうとした ウィンターズ他。 紙 「ハイパーセクシュアル」がポルノを見ている間、衝動をよりよくコントロールしたことを証明するように。 実際には、ウィンターズのより頻繁なポルノユーザーはバニラポルノに慣れていました(退屈していました)。 このシフト サポート それが寛容または慣れを示唆するように、これらがそうであるように中毒モデル 40の研究では、ポルノ使用の増加(寛容性)、ポルノへの慣れ、さらには禁断症状と一致する所見が報告されています (中毒に関連するすべての徴候と症状)。

以前では、 解説 プラウスと他のデニールは、「衝動を規制するのが難しい」または「否定的な結果にもかかわらず使用を制御できない」と報告した研究はないと誤って述べた。 多数のポルノやセックス依存症のアンケートとして、これは露骨な嘘です この賞賛の解説の一覧表に記載されている 被験者が自分のポルノ使用または性行動をコントロールするのに問題があるかどうかを評価した。 この大げさな主張は、強迫的な性行動の評価を検討している何百もの研究によって惑わされています。そのほとんどは、以下のポルノ/セックス依存症の器具のうちの1つ以上を採用しました。 中毒の中心的な要素は、「深刻な悪影響があるにもかかわらず、継続して使用すること」です。そのため、以下のアンケートでCSBに関連する悪影響について質問されました(リンクはGoogleの学者研究へのリンクです)。

  1. 問題のあるポルノ使用スケール(PPUS),
  2. 強制ポルノ消費(CPC),
  3. サイバーポルノ使用インベントリ(CPUI),
  4. 認知行動行動スケール(CBOSB),
  5. 性的強迫度尺度(SCS),
  6. 性転換行動インベントリ(HBI),
  7. ポルノ渇望アンケート(PCQ),
  8. 性転換行動結果スケール(HBCS)
  9. インターネット中毒テスト - セックス(IAT - セックス)
  10. 問題のあるポルノ消費スケール(PPCS)
  11. 問題のあるオンラインポルノグラフィーの使用:メディア参加の展望

以下のAllianceの論文(ポルノ使用の「規制」を評価していない)とは異なり、Deniersによって省略された研究は、実際にポルノ中毒または問題のあるポルノ使用における自己規制の役割を評価しています。 それらの研究の1つ: 問題のあるオンラインポルノ使用:メディア参加の展望(2015)。 研究のイントロから:

不十分な自制心は、意識的な自制心が低下し(LaRose&Eastin、2004、p。363)、個人が自分の行動を判断し、結果として生じる可能性のある結果に反応することができなくなった状態として定義されます。 習慣的なメディアの使用は、自己規制の判断と自己反応段階が失敗した場合、不十分な自己規制につながる可能性があります。 習慣があると、自分の行動を認識して観察する能力が弱まりますが、自己調整が不十分な場合、行動を制御したり、行動から解放したりする能力が弱まります。

ディスカッションセクションから:

本研究では、メディア参加の枠組みを通じてオンラインポルノの使用法を説明することを試みた。 私達のモデルは首尾よく問題のあるメディア使用のメディア参加フレームワークを確認します。 不十分な自己規制と習慣の強さの影響を探る また、個人がオンラインポルノを見ることをやる気にさせる社会的ニーズもあり、それは人生に悪影響を与える可能性があります。 結果はモデルの構造を支持し、仮説1、2、3、5、6、および7の重要な発見をバックアップします。 不十分な自主規制により、オンラインポルノの視聴から生じる悪影響を予測; 不十分な自己規制もオンラインポルノの習慣的使用を予測しました; 習慣強度は用法によって予測されました。 社会的ニーズは用法を予測した。 自己規制の欠如は社会的ニーズを予測した。 そして社会的ニーズは悪影響を予測した。

予測されたように、不十分な自己調節は否定的な結果と正に関連していることがわかった。 不十分な自己調整は、自己調整プロセスの観察段階と判断段階の失敗の結果として起こります。 オンラインポルノを見て、自己規制が不十分であることを経験している人は、悪い結果が得られるにもかかわらず、特定の目標が達成されるまでこの行動を続ける可能性があります。.

以下のアライアンス研究はいずれも、不十分に定義された「」を取り巻くプラウスの主張を支持していません。規制「。 デニールが偽造しようとしている場合否定的な結果にもかかわらず、性行動を規制できない」その船は出航しました。

アライアンス研究:

Winters、J.、Christoff、K。、およびGorzalka、BB(2009)。 男性の性的覚醒の意識的な規制 セックスリサーチのジャーナル、46(4)、330-343. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのJason Wintersによる。 アライアンスメンバーによる以前の論文と同様に、調査結果と関連する記事は議題を満たすために紡がれています。 この研究の目的は、男性がセックス映画を見ながら自己申告による性的興奮を弱めることができるかどうかを確認することでした。 重要な発見:性的興奮を抑えるのが得意な男性は、自分自身を笑わせるのも得意でした。 性的興奮の抑制に最も成功しなかった男性は、一般的に他の男性よりも角質でした。 これらの調査結果は、実際のポルノ中毒者の「深刻な悪影響にもかかわらず使用を制御できない」とは何の関係もありません。これは「規制」の定義です。

大きな問題: アライアンスメンバーŠtulhofer 説明によると、ウィンターズ研究は性的強迫度尺度(SCS)を用いているため致命的な欠陥がありました。

これは、性的欲求の高さとセクシュアリティの調節不全との間の実質的な重複に関するWintersらの結論とは明らかに対照的である[5]。 矛盾する所見について考えられる1つの説明は、2つの研究で過性を示すために使用される異なる尺度です。 例えば、本研究では、セクシュアリティに関連した負の影響は、より徹底的なリストを使用して評価されました。 さらに、Winters et al。 性的強迫性と性的経験および実験に対する開放性との間の区別が不十分であると示唆されている性的強迫度尺度[36] [4,37]。

さらに、性的強迫度尺度はポルノ中毒や女性にとって有効な評価ではありません。 それは1995で作成され、管理されていない性的機能で設計されています 関係 念頭に置いて(エイズ流行の調査に関連して)。 の SCSは言う:

「規模は、性行動の割合、性的パートナーの数、さまざまな性行動の実践、および性感染症の病歴を予測するためのものであるべきです」。

さらに、SCSの開発者は、このツールは女性に精神病理学を示さないと警告しています、

性的強迫スコアと他の精神病理学的マーカーとの関連は男性と女性で異なるパターンを示した。 性的強迫は、男性では精神病理学の指標と関連していたが、女性では関連していなかった。」

さらに、ウィンターズはどの参加者が「ポルノ中毒者」であるかを特定できなかったため、ポルノ中毒については何もわかりません。 キーポイント: この「規制」の主張全体は、「ポルノ中毒者」が経験すべきであるという支持されていない予測に基づいています 性的興奮 バニラポルノの静止画像に 覚醒をコントロールする能力が低い。 しかし、強迫的なポルノユーザーや中毒者は、バニラポルノへのより大きな覚醒とより大きな性的欲求を経験するという予測は、何行かの研究によって繰り返し偽造されてきました:

  1. 35研究以上 性的興奮や性的機能不全を低下させるためにポルノの使用をセックスパートナーと結び付ける。
  2. 25研究 セックスやポルノ中毒者は「性的欲求が高い」という主張を偽造します。
  3. 70研究リンク以上 性的および人間関係の満足度が低いポルノの使用。

それでもなぜアライアンスは、ポルノ依存者が「より高い覚醒」を持つべきであると考えるのでしょうか。 Prause et al。、2015 より頻繁なポルノ利用者が less コントロールよりもバニラポルノへの脳の活性化? より極端な素材へのエスカレーションを報告しているポルノユーザーの割合が高いことを考えると、実験室のポルノに対する反応が鈍いことはほとんど驚くべきことではないでしょう。 実際には、 Prause et al。 2015と合わせる Kühn&Gallinat (2014), これは、より多くのポルノの使用が less バニラポルノの写真に反応した脳の活性化 Banca et al。 2015ポルノ中毒者の性的画像への習慣性が高まった。

繰り返しますが、頻繁なポルノユーザーが寛容を発達させることは珍しくありません。それは同じレベルの覚醒を達成するためにより大きな刺激の必要性です。 バニラポルノは、快楽に対する脳の反応が低下するにつれて退屈になる可能性があります。 同様の現象は、同じ高値を達成するためにより大きな「ヒット」を必要とする薬物乱用者でも発生します。 ポルノユーザーの場合、ポルノの新しいジャンルまたは極端なジャンルにエスカレートすることで、より大きな刺激が得られることがよくあります。 A 最近の研究が見つかりました そのようなエスカレーションは今日のインターネットポルノユーザーには非常に一般的です。 調査した男性の49%は、以前は彼らにとって面白くなかった、あるいは彼らは嫌だと考えていたに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

Creswell、JD、Pacilio、LE、Denson、TF、およびSatyshur、M。(2013)。 T男性の心理社会的ストレスに対するコルチゾール反応に対する性的報酬操作の影響。 心身医学、75(4)、397-403。 Webへのリンク

分析: より多くの引用インフレ。 この論文は、「規制」、つまりポルノが視聴者に与える影響とは何の関係もありません。 それでも、それは興味深い発見を含み、同盟によって正確に説明されました。 簡単に言えば、ポルノを見るとコルチゾールが減少し(ストレス反応が減少)、数学のテストのパフォーマンスが向上します。 この(または他の)アライアンスセクションのテーマとは関係ありませんが、その包含はコンテキストに配置する必要があります。

まず、著者らは、ポルノを見ることは「一次報酬」であると述べています。 Nicole Prauseは、ポルノを見ることは慢性的に述べている 主な報酬 ポルノに自慰行為は神経学的に子犬が遊ぶのを見るのと同じです。 当然のことながら、この研究はPrauseの主張に穴を開けています。

第二に、ポルノを見ている間に被験者がオナニーした多数の他の研究は、このチェリーピックの論文とは全く異なるホルモンの結果を報告しました。 ほんの少しの例: study1, study2, study3, study4, study5.

第三に、ポルノ鑑賞で一時的にストレスが軽減されたため、数学のテストで得点が上がる可能性がありますが、他の多くの研究では、ポルノの使用に関連した

1) 性的刺激への曝露は男性の間でサイバー非行への関与の増加をもたらすより大きな割引を誘導する (2017) – 1つの研究では、視覚的な性的刺激にさらされると、2)割引の遅延(満足を遅らせることができない)、3)サイバー非行に従事する傾向、XNUMX)偽造品を購入して誰かのFacebookアカウントをハッキングする傾向が高まりました。 まとめると、これはポルノの使用が衝動性を高め、特定の実行機能(自己制御、判断、結果の予測、衝動制御)を低下させる可能性があることを示しています。 抜粋:

これらの調査結果は、サイバー非行への男性の関与を減らすための戦略への洞察を提供します。 つまり、性的刺激への暴露が少なくなり、満足感が遅れることを意味します。 現在の結果は、サイバースペースにおける性的刺激の高可用性は、以前に考えられていたよりも男性のサイバー非行行動とより密接に関連している可能性があることを示唆している.

2) 現在の喜びのための後期トレーディング報酬:ポルノの消費と遅延の割引 (2015) - 参加者が消費したポルノが多いほど、満足感を遅らせることができませんでした。 このユニークな研究では、ポルノユーザーが3週間にわたってポルノの使用を減らすこともできました。 研究は、継続的なポルノ使用が 因果的に 満足感を遅らせることができないことが大きいことに関連している(喜びを遅らせる能力は前頭前野の機能であることに注意されたい)。 最初の研究(被験者年齢中央値20)からの抜粋は、被験者のポルノ使用と遅延満足満足課題に関するスコアとを相関させた。

参加者が消費するポルノが多ければ多いほど、将来の報酬は客観的にもっと価値があったとしても、将来の報酬は即時の報酬よりも価値が低いと見なされました……。 これらの結果は、ポルノの即時満足に継続的にさらされることは時間の経過とともにより高い遅延割引に関連することを示しています.

3)  性的画像を見ることはギャンブル喪失に対する生理学的覚醒反応の低下と関連する (2018) - 抜粋:

性的興奮が金銭的損失に対する注意力や生理的感受性を低下させる可能性があることを人々は認識するべきです。 言い換えれば、人々は性的興奮を起こしたときの経済的決定の損失と利益に特別な注意を払うべきです。

4) 学生の自宅でのコンピューター使用は学校での数学的な成績と関連がありますか? (2008) - 抜粋:

また、学生の認知能力は数学における彼らの成績と積極的に関連していました。 最後に、テレビを見ることは学生のパフォーマンスと否定的な関係がありました。 特に、恐怖、行動、または ポルノ映画は低いテスト得点と関連していた。

5) ポルノ画像処理はワーキングメモリのパフォーマンスを妨げる (2013) - ドイツの科学者たちは、インターネットのエロティカがワーキングメモリを減少させる可能性があることを発見しました。 このポルノ画像実験では、28の健康な個人が4の異なる写真のセットを使用してワーキングメモリタスクを実行しました。その1つはポルノでした。 参加者はまた、ポルノ写真の発表の前後に、性的興奮やオナニーの要請に関してポルノ写真を評価しました。 結果は、作業中の記憶がポルノ鑑賞中に最悪であり、そしてより大きな覚醒が低下を増大させることを示した。 抜粋:

結果は性的覚醒の指標が原因であるという見解に貢献しています ポルノ画像処理はワーキングメモリのパフォーマンスを妨げる。 中毒関連の手がかりによるワーキングメモリの干渉は物質依存からよく知られているので、知見はインターネットのセックス中毒に関して議論されています。

6) 性的画像処理はあいまいさの下で意思決定を妨げる (2013) - 調査は、標準化された認知テストの間にポルノ画像を見ることが意思決定を妨げることを発見しました。 これは、ポルノの使用が役員の機能に影響を与える可能性があることを示唆しています。これは、目標達成に役立つ一連の精神的スキルです。 抜粋:

性的写真が有利なデッキにリンクされているときのパフォーマンスと比較して、性的写真が不利なカードデッキと関連付けられているときの意思決定パフォーマンスは、悪かった。 主観的性的覚醒は、作業条件と意思決定成績との関係を緩和した。この研究は、性的覚醒が意思決定を妨げることを強調した。それは、何人かの個人がサイバーセックス使用の文脈において否定的な結果を経験する理由を説明するかもしれない.

7) 男性の覚醒、作業記憶容量、および性的意思決定 (2014)- 抜粋:

この研究は、ワーキングメモリ容量(WMC)が生理的覚醒と性的意思決定の間の関係を緩和するかどうかを調査した。 59男性全員が20合意および20非合意の異性間相互作用の画像を見たが、生理的覚醒レベルは皮膚コンダクタンス反応を用いて記録した。 参加者はまた、女性パートナーからの口頭および/または身体的な抵抗に反応して、平均的なオーストラリア人男性がすべての性的進歩を停止する時点を特定しなければならなかったWMCおよび日付強姦類似タスクの評価も完了した。

非生理学的性的画像により生理学的に刺激され、より多くの時間を費やした参加者は、日付レイプアナログタスクの停止点を大幅に後回しにしました。 私たちの予測と一致して、生理的覚醒と指名された停止点の関係は、WMCのレベルが低い参加者にとって最も強かった。 WMCが高い参加者の場合、生理学的覚醒は指名された停止点とは無関係でした。 したがって、実行機能(特にWMC)は、男性の性的攻撃的な行動に関する意思決定を和らげる上で重要な役割を果たすようです。

8) 青年期初期の男の子のインターネットポルノへの曝露:思春期のタイミング、感覚探求および学業成績との関係 (2015) - この稀な縦断的研究(6ヶ月間にわたる)は、ポルノの使用が学業成績を低下させることを示唆しています。 抜粋:

さらに、インターネットポルノの利用の増加は、6ヵ月後の男子の学業成績を低下させました。

9) ポルノに行き詰まった? マルチタスク状況でのサイバーセックスの手がかりの過剰使用または放置はサイバーセックス依存症の症状に関連している (2015) - ポルノ依存症への傾向がより高い被験者は、実行機能の仕事(前頭前野の後援の下にある)のパフォーマンスがより劣っていた。 いくつかの抜粋:

我々は、サイバーセックス依存症への傾向が、ポルノ写真を含むマルチタスク状況に対する認知制御の実行における問題と関連しているかどうかを調査した。 私たちは、参加者が中立とポルノの素材を同じ量にするという明確な目標を持っているというマルチタスクパラダイムを使いました。 サイバーセックス依存症に対する傾向を報告した参加者は、この目標から大きく逸脱していることがわかりました。

10) ガーナの高校生に対するポルノの影響 (2016)–抜粋:

その研究は、学生の大多数が以前にポルノを見ることを認めたことを明らかにしました。 さらに、それらの大多数はポルノが学生の学業成績に悪影響を与えることに同意した…

11) 問題のあるオンライン性行為における使用の頻度と期間、欲求および否定的な感情 (2019)- 抜粋:

1,000中国の大学生を超えるサンプルでは、​​ポルノの欲求がOSAの使用の量と頻度の尺度を通じて機能し、OSAの問題のある使用につながるというモデルをテストしました。彼の当時は否定的な学術的感情につながるだろう。 私たちのモデルは大部分支持されていました。

結果は、より高いポルノ欲求、より多くのOSAの使用の頻度および頻度、そしてより否定的な学術的感情が問題のあるOSAと関連していることを示した。 その結果は、他の否定的な健康対策と関連して高レベルのポルノ渇望を報告している以前の研究の結果と共鳴しています。s.

12) ナイジェリアのJos大学における社会科の学生に対するポルノグラフィーの影響の認識 (2019) - 抜粋:

研究は2つの仮説から4つの研究質問で裏付けられ、研究のために採用された研究デザインは調査研究であり、母集団は合計244母集団サイズを持ち、そこから無作為に選ばれたJos大学の全社会科学生でした。研究のサンプル 調査によると、ポルノ活動に関わっている学生の大半は学業でうまくいっておらず、ほとんどの場合自分の作品を先延ばしにすることさえあります。.

なぜDeniersは上記の研究を省略したのですか?

Moholy、M.、Prause、N.、Proudfit、GH、S。Rahman、A。、&Fong、T。(2015) 性的欲求ではなく、性的欲求は、性的興奮の自己調節を予測します。 認知と感情、29(8)、1505-1516。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのNicole Prause氏による。 様 Wintersら、2009 上で批判されたように、この研究は、被験者がポルノの使用を制御するのに困難を経験したかどうかを評価できなかったため、何も偽造しませんでした(「規制」)。 最も重要なことは、どちらの研究も「ポルノ中毒者」であるかどうかを評価することから始まったのではありません。 (依存症の専門家が定義する)依存症の明確な証拠を持つ被験者を評価することから始めない場合、ポルノ依存症モデルをどのようにデバンキングできますか?

このPrause研究は依存していました CBSOB これはインターネットポルノの使用については質問がありません。 それは、「性行為」、または被験者が自分の活動について心配しているかどうか(「私は妊娠しているのではないか」、「誰かにHIVをあげました」、 したがって、CBSOBのスコアと覚醒を調節する能力との間の相関関係は、多くの人にとって意味がありません。 インターネットポルノ パートナーシップセックスをしていない中毒者。

上記のWintersの研究と同様に、この研究では、ポルノを見ている間、角質の参加者は性的興奮を下方制御するのが困難であることが報告されました。 Prauseら。 この研究はWintersら、2009を再現した:角質の人々はより高い性欲を有する。 (ダー)

この研究は 他のPrause研究で見られたのと同じ致命的な欠陥:研究者は非常に異なる主題(女性、男性、異性愛者、非異性愛者)を選択しましたが、それらすべての標準的な、おそらく面白くない男性+女性のポルノを示しました。 簡単に言えば、この研究の結果は、男性、女性、および非異性愛者が一連の性的画像に対する反応に違いがないという前提に依存していました。 これは明らかに そうではありません.

Taylor、K.(2019)。 疫学と隠喩:ポルノ視聴者がポルノ中毒を理解する方法 セクシュアリティ https://doi.org/10.1177/1363460719842136 Webへのリンク

分析: より多くの引用インフレ。 これは大学院生のクリス・テイラーによる論文(実際の研究ではありません)です。 この論文は、「規制」やポルノの効果、その他多くのこととは何の関係もありません。 これはテイラーによるXNUMX番目の同様に構造化された意見記事であり、回復中の男性からの抜粋で構成され、サイコバブルが散在しています。 この論文はポルノの「中毒」を理解することについて述べていると主張しているが、テイラーには中毒や神経科学の背景がない。 最も重要なことは、そしてデニールのように、テイラーの論文はすべてを省略した ポルノユーザーとCSBの被験者に関する43の神経学的研究 を除いて Prauseら、 2015 (テイラーは、言及することができません PrauseのEEG試験は実際には8の査読論文 サポート 中毒モデル) クリス・テイラーのことを考えても驚きません 彼の議題に合うように現実をねじれた歴史.

PrauseとRealYBOPは定期的に2 Taylorの論文を引用し、それらの内容、方法論および科学的価値を誤解しています。 例えば、David Leyの嫌悪感の下で 心理学今日 回復ナチスの男性を呼ぶ記事、我々は持っています クリス・テイラーの最初の論文についていくつかの誤った声明をする(bartと主張する)Prause {https://www.psychologytoday.com/us/comment/1037481#comment-1037481}、「それらのフォーラムのコンテンツの体系的なレビューであった」と主張するなど、そのようなものではなかった. Bart は、Taylor が (過去 15 年間に投稿された何百万ものコメントから) 選択した 8 のコメントを「NoFap 全体の代表」として読むことはできないと具体的に述べたことを指摘しています。 真実。 それでも、プラウスはテイラーの結論とそのスピン値に非常に興奮しているため、ウィキペディアのルールに違反してウィキペディアのエイリアス(ソックパペット)を(再び)使用して、XNUMXつのテイラーの論文を挿入しました(どちらもウィキペディアの包含ルールを満たしていません):

ウィキペディア編集 Prause sockpuppetより:

テイラー紙についての本当のあなたの脳ポルノのつぶやき:

ゆうたろう

述べたように、Prauseがウィキペディアを編集するために使用した少なくとも30の他の靴下人形を知っています( sockpuppetリストのためのこのセクション) 多くの人が 識別および禁止 ウィキペディアによります。

Hallberg、J.、Kaldo、V.、Arver、S.、Dhejne、C.、Jokinen、J。、&Öberg、KG(2019) 男性の性欲亢進症に対するグループ管理認知行動療法のランダム化比較試験。 性医学ジャーナル。 Webへのリンク

分析: なぜこの研究は「規制」カテゴリーにあるのですか? それは確かに「規制」を取り巻くプラウスの主張を支持していません。 それどころか、被験者は治療を求めるセックス中毒者でした:

対象集団は、集団治療介入の臨床試験への参加に興味を持っていた、自己識別問題のある「性欲過多行動」、「制御不能な性行動」、または「性依存症」を患っている成人女性および男性でした。

この研究は、研究対象が性行動を制御するのに困難を経験したため、「規制」に関するプラウスの主張に反論しています。

過性障害障害基準は、不快な気分状態およびストレスに関連して過度の性的思考、空想、および行動を制御することができないことを包含し、臨床集団において検証されている。

研究の結果は? 認知行動療法(CBT)は、性欲亢進行動(望ましくない性行動を制御できない)の減少をもたらしました:

この治療により、性的症状および精神症状が大幅に減少したことから、CBTプログラムが臨床現場でこれらの患者に対する第一線の治療として役立つ可能性があることが示唆されました。

プラウスの頻繁に繰り返される話のポイントをサポートする代わりに、結果は(1)一般的な症状として性行動を規制できないこと、および(2)依存症モデルをサポートします。 この研究は、異常性欲に対するCBTプログラムの有効性を評価および検証する最初のランダム化比較試験であると主張しましたが
診断された男性、CBTは一般的にセックスやポルノ中毒者に使用されています。 たとえば、Googleの学者は、「強迫的な性行動」+「認知行動療法」を検索します。 750参照を返します。 印象的なのは、グーグルの性欲過剰検索+「認知行動療法」 1,870参照を返します.

Beauregard、M.、Lévesque、J。、およびBourgouin、P。(2001)。 感情の意識的な自己調節の神経相関。 神経科学ジャーナル。 Webへのリンク

分析: より多くの引用インフレ。 この研究が「規制」カテゴリー(または他のカテゴリー)にあるのはなぜですか? ポルノ中毒者またはCSBの対象として特定する対象はありません。 それは、ポルノ中毒またはポルノ使用の測定値を「規制」を含む何かと相関させません。 しかし、それはプラウスの頻繁に繰り返される主張に反するものです。 ポルノに自慰行為は神経学的に子犬が遊ぶのを見るのと同じです.

Willoughby、BJ、Busby、DM、およびYoung-Petersen、B。(2018)。 ポルノの個人的な定義、ポルノの使用、およびうつ病の間の関連を理解する。 セクシュアリティ研究と社会政策、1-15。 Webへのリンク

分析: より多くの引用インフレ。 繰り返しますが、なぜこの研究は「規制」カテゴリー(または任意のRealYBOPカテゴリー)にあるのですか? ここでは、調査の「影響」セクションから抜粋した調査結果のミッシュマッシュを紹介します。

この結果は、学者と政策立案者の両方にとっていくつかの重要な意味合いを示唆しています。 まず、性的コンテンツのポルノとしての認識、ポルノの承認、およびそのようなコンテンツの使用の間の関連性が示唆されています。 ポルノを承認しない人は一般にそのようなコンテンツを閲覧しない傾向があり、ポルノを承認する人はそのようなコンテンツを探し出す傾向があるようです。

本研究の結果は、個人が性的内容を見ていないときに否定的な認識を持っている場合、そのような一致は精神的健康にプラスの効果をもたらし、仮説1を支持している。 そのような調査結果は、価値観とポルノグラフィーの視聴行動との間の一貫性が精神的健康に良い影響を与えるはずであると指摘した以前の学者と一致しています。

ポルノがより抑うつ症状に関連していると見なされないコンテンツを使用することを示唆する結果は、以前は学者によって示唆されておらず、私たちの最初の仮説に反する新しい発見です…。

上記は、このセクションの明確に定義されていないテーマとは何の関係もありません。

エフラティ、Y。(2018)。 神様、私はセックスについて考えるのをやめることはできません! 宗教的思春期の若者における性的思考の抑制の失敗におけるリバウンド効果。 セックスリサーチ、1-10. Webへのリンク

分析: 同盟の要約は合理的であるように思われます。「思考抑制」は、角質で宗教的なXNUMX代の若者が望まない否定的な思考を制御するための最良の方法ではないでしょう。 この研究は、「皮肉過程理論」として知られている現象を確認しています。これにより、特定の思考を意図的に抑制しようとすると、実際にそれらが表面化する可能性が高くなります。 セラピストが知っておくとよいでしょう。

とは言っても、研究の優位性は、宗教的人口におけるポルノの使用率の低下、したがって強迫的な性行為の減少を報告しています(1を研究する, 2を研究する, 3を研究する, 4を研究する, 5を研究する, 6を研究する, 7を研究する, 8を研究する, 9を研究する, 10を研究する, 11を研究する, 12を研究する, 13を研究する, 14を研究する, 15を研究する, 16を研究する, 17を研究する, 18を研究する, 19を研究する, 20を研究する, 21を研究する, 22を研究する, 23を研究する, 24を研究する, 25を研究する) さらに、治療を求めるセックスとポルノ中毒者(1)における宗教性を調査している最近の2つの研究を考えてみてください。 治療を求めるポルノ中毒者に関する2016研究 その宗教を見つけた 相関しませんでした 性依存症のアンケートに否定的な症状やスコアがある場合は、(2)これ 治療を求めている性欲の2016研究 発見 関係なし 宗教的献身と自己申告過激行動のレベルと関連する結果との間の関係。

ヘッセン、C。、およびフロイド、K。(2019)。 情動置換:密接な関係に対するポルノ消費の影響 社会的および個人的な関係のジャーナル、 Webへのリンク

分析: 著者とアライアンスは、基本的な相関関係をわかりにくくしようとしています。これは非常に単純です。ポルノの使用が増えると、うつ病と孤独感が増し、人間関係の満足度と親密さが減ります。 抜粋:

「この研究では、357人の成人が、愛情の剥奪のレベル、毎週のポルノの消費、ポルノを使用するための目標(人生の満足度と孤独感の軽減を含む)、および個人と関係の健康の指標を報告しました…。 予測されたように、愛情の剥奪とポルノの消費は関係性の満足と親密さと反比例の関係にありましたが、孤独とうつには正の関係がありました。

からの実際の相関関係 ヘッセ他、 2019:

ヘッセ他、 2019は私達のリストに含まれています ポルノ使用を性的満足および人間関係の満足度の低下に結び付ける70以上の研究.

Regnerus、M.、Gordon、D。、およびPrice、J。(2016)。 アメリカでのポルノ使用の文書化:方法論的アプローチの比較分析。 Journal of Sex Research、53(7)、873-881. Webへのリンク

分析: RealYBOPは、論文のデータポイントのXNUMXつを正確に記述しています。2014のデータによると、46と16の年齢間で、男性の18%と女性の39%は、特定の週にポルノを意図的に観察していました。 これらの数は、さまざまな種類の質問を使用している以前のほとんどの人口推計よりも著しく高いです。皮肉なことに、この調査結果は、インターネットのおかげでポルノの使用が急増したという長年のYBOPの主張を裏付けていますが、 デビュー Deniers David Ley、Nicole Prause、およびPeter Finnによる主張 レイ他。、2014 そのポルノの使用率は1970年代初頭以来増加していません(これは同盟のチェリーピッキングチェッカーによって滑ったに違いありません)。


愛と親密のセクション

文脈/現実: 第一に、同盟は2つを除いてすべてを除いた ポルノ使用を性的満足および人間関係の満足度の低下に結び付ける75以上の研究。 第二に、同盟はそれらの2研究(このカテゴリーにある)について読者を誤解させた:両方のリンクポルノが 貧しい 関係の満足度またはより不倫 Maddoxら。、2011 および ミラー他。、2019。 第三に、これらの研究の4はAllianceのメンバーによって執筆されたものであり、それらのどれもが彼らがそうであると思われるものではない。 第四に、そして最も重要なのは、 同盟は、男性を含むすべての研究が、より多くのポルノの使用に関連していると報告していると言及しなかった。 貧しい 性的または関係的満足度(65研究について)。 最後に、アライアンスは、ソーシャルメディアの主張を裏付けるために、文献やメタアナリシスのレビューを再び提供していません。人間関係におけるポルノ使用の最も一般的に報告されている影響はマイナスの影響ではありませんに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」ゆうたろう

私たちが知る限り、3つのメタアナリシスとXNUMXつのレビューが公開されており、これはデニールの主張と矛盾しています。 アライアンスは都合よくXNUMXつすべてを省略しました。

1) ポルノの消費と満足度:メタ分析 (2017) - 性的および人間関係の満足度を評価する他のさまざまな研究のこのメタアナリシスは、ポルノの使用が一貫して低い性的および人間関係の満足度(対人的満足度)に関連していることを報告しています。 抜粋:

ただし、ポルノの消費は、横断的調査、縦断的調査、および実験における対人満足度の低下の結果と関連していました。 ポルノの消費と対人的満足度の低下の結果との関連性は、釈放された年または出版状況によっては緩和されませんでした。 しかし、性別による分析では男性のみが有意な結果を示した。

いくつかの研究では、女性のポルノ使用が女性の性的満足および人間関係の満足度に与える影響はほとんどないと報告されていますが、 最も do 悪影響を報告する。 研究を評価する際には、すべてのカップルの女性のうち、割合が比較的小さいことを知っておくことが重要です。 定期的に インターネットポルノを消費します。 全国的に大規模な代表的なデータは少ないが、一般社会調査では、先月、米国の全女性のうち2.6%しか「ポルノウェブサイト」を訪れていないと報告した。 質問は2002と2004でのみ行われました( ポルノと結婚、2014).

2) 男性パートナーのポルノ消費と関係的、性的、自己的および身体的満足に対する女性の認識:理論モデルに向けて (2017) - 抜粋:

これまでに行われた本稿の定量的研究のメタ分析は、主に、彼らのパートナーがポルノ消費者であるという認識によって大多数の女性が悪影響を受けているという仮説を支持している。 入手可能なすべての研究を含む主な分析では、パートナーをポルノ消費者として捉えることは、関係性、性的、および身体的満足度の低下と有意に関連していました。 自己満足のための協会も否定的でした。 その結果はまた、パートナーがポルノをより頻繁に消費しているという認識と一致して、女性の満足度が概して低下することを示唆していた。

ポルノのより頻繁な消費者としての男性パートナーの認識は、関係性および性的満足度の低下と有意に関連していました。

最後に、出版バイアスの可能性についても調べました。 全体として考えれば、結果は出版バイアスがこの文献における重大な関心事であることを示唆していなかった。

3)文献の2018レビューからの抜粋(ポルノグラフィー、快楽、およびセクシュアリティ:性的に露骨なインターネットメディア使用の快楽的強化モデルに向けて)性的満足に対するポルノの影響を要約すると、

インターネットポルノ利用(IPU)に関連した以前に議論された多くの分野および研究がまだ急成長している動機とは対照的に、IPUと性的満足の関係は広範囲に研究されています。 IPUおよび性的満足度を調べる研究のリストを徹底的に検討するのではなく、これらの研究の知見を表1に要約する。

一般に、表1に示すように、IPUと個人の性的満足度の関係は複雑ですが、特に使用が増えるにつれて、IPが快楽的な性的動機付けを促進する可能性があるという仮定と一致しています。 カップルの間では、IPUが性的満足を高める可能性があるという考えに対する支持は限られていますが、それはパートナーの性的活動に組み込まれた場合に限られます。 個人レベルでは、IPUが男性の性的満足度の低下を予測するという一貫した証拠があり、横断的および縦断的研究の両方で、そのような使用と男性の満足度の低下との関連を指摘しています。 女性に関しては、IPUが性的満足を高めたり、満足感に影響を与えなかったり、時間の経過とともに満足感を低下させたりする可能性があるという証拠が散在しています。

これらのさまざまな調査結果にもかかわらず、女性の性的満足度に対するIPUの有意な影響はないとの結論が最も一般的な調査結果です。 これらの結果は、最近のメタアナリシスによっても確認されています(Wright、Tokunaga、Kraus、およびKlann、2017年)。 ポルノ消費とさまざまな満足度の結果(例、生活満足度、個人満足度、関係満足度、性的満足度)に関する50の研究を検討したところ、このメタアナリシスでは、ポルノ消費量(インターネット固有ではない)が一貫して対人満足度の低下に関連し、予測していることがわかりました。性的満足度を含む変数。ただし、男性のみ。 女性の有意な所見は見つかりませんでした。 まとめると、そのような混合された結果は、女性の満足度に影響を与えるIPの役割についての決定的な結論を排除します。

IPUと性的満足度を調べた最近の研究の最も重要な発見の2017つは、使用と満足度の間に曲線関係があるように見えることです。そのため、IPUが一般的になるにつれて、満足度はより急激に低下します(Wright、Steffen、&Sun、2017 ; Wright、Brigdes、Sun、Ezzell、およびJohnson、1年)。 これらの研究の詳細は表2017に反映されています。複数の国際サンプルにわたる明確な証拠を考えると、IPUが月に2017回以上増加すると、性的満足度が低下するという結論を受け入れるのは合理的と思われます。 さらに、これらの研究(Wright、Steffen、et al。、2009; Wright、Bridges et al。、XNUMX)は横断的でしたが、IPUを性的能力の低下に結び付ける縦断的研究(Peter&Valkenburg、XNUMXなど)の数を考えると満足、これらの関連は本質的に因果関係があると推論することは合理的です。 IPUが増加するにつれて、対人関係の性的満足度は低下するように見えます。これは、IPUがより快楽的で自己中心的な性的動機に関連しているという現在のモデルの主張と一致しています。

上記のレビューは、女性の性的関係に対するポルノ使用の影響と関係満足度が混在していると主張しています。 実際には、否定的な結果を報告している研究ははるかに多い。 抜粋付きの30以上の研究のリスト.

アライアンスの厳選された論文についての真実について:

アライアンス研究:

Balzarini、RN、Dobson、K.、Chin、K。、&Campbell、L。(2017). エロチカへの曝露は男性のロマンチックなパートナーへの魅力と愛を減らしますか? Kenrick、Gutierres、およびGoldberg(1989)の独立した複製は2を研究しています。 実験社会心理学ジャーナル、70、191-197。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのウィリアムフィッシャーの部下。 この2017研究では、 1989研究 それは異性のエロ画像に献身的な関係にある男性と女性をさらしました。 1989年の研究では、ヌードにさらされた男性は プレイボーイ 巻中グラビアは彼らのパートナーを魅力的でないと評価し、彼らのパートナーへの愛情が少ないと報告しました。 2017年は1989年の調査結果を再現できなかったため、フィッシャーの部下から、1989年の調査は誤りであり、ポルノの使用は愛や欲望を弱めることはできないと言われています。 うわあ! そんなに早くない。

私たちの文化的環境がその間に「ポルノ化」されたため、複製は「失敗」しました。 2017の研究者は放課後にMTVを見て育った1989の大学生を募集していません。 代わりに、彼らの被験者はギャングバングと乱交ビデオクリップのためにPornHubをサーフィンして育った。

1989で、X評価のビデオを見た大学生は何人ですか? 多すぎません。 思春期から、1回のセッションで複数のハードコアクリップまで、マスターベーションセッションごとに1989の大学生は何人でしたか? 無し。 2017の結果の理由は明白です。 プレイボーイ centerfoldは、2017の大学生が何年も監視してきたものと比較して大きなあくびです。 でも 作家たち 彼らの最初の警告と世代の違いを認めた:

1)最初に、最初の研究が1989で発表されたことを指摘することは重要です。 当時は、性的なコンテンツへの露出が利用可能ではなかったかもしれませんが、今日、ヌード画像への露出は比較的普及しているため、ヌードの中央で露出するだけでは当初報告されたコントラスト効果を引き出すのに十分ではないかもしれません。 したがって、現在の複製試験の結果は、曝露、アクセス、そして今までと比べてエロチカの受容さえも異なるために、元の試験と異なる可能性があります。

偏りのない散文のまれな例でさえデニールデビッドレイ 強要された 明白なことを指摘する:

1989年以降、文化、男性、セクシュアリティが大幅に変化した可能性があります。最近、ポルノやヌードの女性を見たことがない成人男性はほとんどいません。ヌードやグラフィックのセクシュアリティは、 魂のゲーム 広告を香水にするために、そして多くの州では、女性はトップレスになることが許可されています。 したがって、最近の研究の男性は、ポルノや日常のメディアで見られるヌードやセクシュアリティを、パートナーへの魅力や愛情に影響を与えない方法で統合することを学んだ可能性があります。 おそらく、1989年の研究の男性は、セクシュアリティ、ヌード、ポルノにあまりさらされていませんでした。

この実験はインターネットポルノの使用を意味するのではないことに留意してください 持っていない 恋人たちのために影響を受けた男性の魅力。 それは、「中心の折り目」を見ても、すぐには影響がないことを意味しています。 多くの男性が過激派を報告 インターネットポルノを放棄した後のパートナーへの魅力の増加。 そして、もちろん、関係上のポルノ鑑賞の有害な影響を実証する上記で引用された縦断的な証拠もあります。

大学時代の人がいくつかを見る実験 プレイボーイ センターフォールド(研究のように) 作者によってリンクされています)最後の年のためのハードコアビデオクリップに自慰行為あなたの仲間の影響について何も言うことはできません。 できることができる唯一の関係研究ポルノ鑑賞が本当にかどうかを示す 原因 否定的な関係効果」 変数をコントロールする縦断的研究または被験者がポルノを控える研究です。 現在までに、継続的なポルノ使用の実際の影響を明らかにする7つの縦断的関係研究が発表されています。 すべて ポルノの使用はより貧しい関係/性的な結果に関連していると報告しました:

  1. 青春期の性的に露骨なインターネット素材と性的満足への曝露:縦断的研究(2009).
  2. 長続きしない愛:ポルノ消費と恋愛相手へのコミットメントの低下(2012).
  3. インターネットポルノと人間関係の質:新婚夫婦間の調整、性的満足および性的に露骨なインターネット資料のパートナー内およびパートナー間の影響に関する縦断的研究(2015).
  4. ポルノまで私たちはパート? ポルノ使用が離婚に及ぼす長期的影響、(2016).
  5. ポルノ鑑賞は時間の経過とともに配偶者の質を低下させるか? 経時的データからの証拠(2016).
  6. ポルノユーザーはロマンチックな解散を経験する可能性が高いですか? 経時的データからの証拠(2017).
  7. ポルノグラフィーの使用と夫婦間の分離:2波パネルデータ(2017)からの証拠.

注–デニールは、アダルトポルノの使用と性的または人間関係の満足度に関する縦断的研究を提供していません。

Grov、C.、Gillespie、BJ、Royce、T。、&Lever、J。(2011) 異性愛者の関係に対するカジュアルなオンラインの性的活動の認識された結果:米国のオンライン調査。 性的行動のアーカイブ、40(2)、429-439。 Webへのリンク

分析: ジャンクサイエンス(および日付):2004年のELLEマガジン調査から選択されたデータを使用した「調査」。 信じられない。 メソッドセクションから:

このプロジェクトのデータは、2004年の「ELLE / msnbc.com Cyber​​-Sex and Romance Survey」に基づいて、ELLEマガジンから入手したものです。これは、インターネットパーソナルおよびアダルト(つまり、セックス関連)Webサイトの使用に関する米国を拠点とする全国調査です。 2004年98月中旬のXNUMX週間、ELLE.comとmsnbc.comの両方がWebサイトでこの調査をホストしましたが、参加者のXNUMX%はmsnbc.comのWebトラフィックから来ていました。

著者が議題を裏付けるために査読論文を作成するためにこのすでに公表された結果を使用することは可能ですか? もう一度言います: 「驚いたことに、性的興奮を高めるためにパートナーと大人のウェブサイトを閲覧することは、肯定的な結果と肯定的に関連付けられ、否定的な結果と逆に関連付けられました。」 後述するように、パートナーと定期的にポルノを使用している一夫一婦カップルの割合は非常に小さいです - おそらく1%(おそらくELLE読者を除く)。 たとえば、米国最大の代表的な米国の調査(一般社会調査)のデータによると、 先月、「ポルノサイト」を訪れたのは既婚女性の2.6%のみ。 (詳しくは ポルノと結婚、2014).

普通のスピンをしても、紙は次のように述べている。

マイナスの影響も確認され、女性はパートナーのOSAの結果として性別が少なかったことを示し、男性は自分のOSAの結果として本物の性別によって興奮したことが少ないことを示しやすい。

調査は明らかに非代表的でした。 また、レベルやポルノの使用(または問題のあるポルノの使用)を性的または人間関係の満足度と関連付けることもありませんでした。 RealYBOPは、ポルノの使用と性的関係および関係の満足度の低下を結び付ける多数の定量的研究に対抗するためにあらゆることを掘り下げています。 頑張ってください。

Rissel、C.、Richters、J.、De Visser、RO、McKee、A.、Yeung、A。、&Caruana、T。(2017) オーストラリアのポルノユーザーのプロフィール:健康と人間関係に関するオーストラリアの54番目の研究からの発見。 Journal of Sex Research、2(227)、240-XNUMX。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのAlan McKeeより。 引用インフレ–この調査では、このセクションのテーマであるポルノ使用の性的または人間関係への影響を評価していません。 RealYBOPの要約とMcKeeの要約の両方 意図的に誤解を招く。 デニールは、この研究はインターネットポルノが実際に深刻な問題を引き起こさないという議論を支持していると主張している。 実際には、17〜16歳の男性と女性の30%が、ポルノの使用が彼らに悪影響を及ぼしたと報告しています(これは「自己認識」効果としてはかなり高いです)。

ゆうたろう

見出しを塩の粒で取る理由があります。 この研究についての最初のいくつかの注意点:

  1. これは、年齢グループ16〜69、男性および女性にわたる横断的な代表的試験であった。 若者がインターネットポルノの主な利用者であることは十分に確立されています。 だから、男性の25%と女性の60%は、過去1年間に少なくとも1回はポルノを見ていません。 このようにして集められた統計は、危険にさらされているユーザーを攻撃することによって問題を最小にします。
  2. 最近の12ヶ月間にポルノを使ったことがあるかどうかを参加者に尋ねた単一の質問は、ポルノの使用を意味的に定量化していません。 たとえば、ポルノサイトのポップアップにぶつかった人は、3を1日に何回もハードコアポルノにオナニーさせた人と変わらないと見なされます。
  3. しかし、この調査で過去1年間にポルノを見たことがある「これまでにポルノを見たことがある」人々に尋ねたところ、最も高い割合は 十代の グループ。 そのうちの93.4%は昨年閲覧したことがあり、20-29歳は88.6でちょうどその後ろにいます。
  4. データはOctober 2012とNovember 2013の間に収集されました。 スマートフォンの普及により、特に若いユーザーを中心に、4の過去数年間で状況は大きく変わりました。
  5. 質問はコンピュータによる電話インタビューで行われました。 完全に匿名のインタビュー、特にインタビューがポルノの使用やポルノ中毒などの機密性の高い話題に関するものである場合は、人間的な性質があります。
  6. 質問は純粋に自己認識に基づいています。 中毒者は中毒として自分自身をめったに見ないことに留意してください。 実際、ほとんどのインターネットポルノユーザーは、長期間辞めない限り、症状をポルノ使用に結び付ける可能性は低いです。
  7. この調査では、ポルノ中毒とポルノのユーザーへの影響の両方をより正確に評価したであろう、標準化された質問票(匿名で与えられたもの)を採用していません。

研究の結論をチェックしてください(驚くべきことではありませんが、McKeeによるものです)。

ポルノ映画を見ることはオーストラリアではかなり一般的であるように思われます、そして、少数の少数者によって報告された悪影響。

ただし、16〜30歳の男性と女性の場合は 少数派。 調査のTable 5によると、この年齢層の17%は、ポルノの使用が彼らに悪影響を及ぼしていると報告しました。 (対照的に、60-69の人々の間では、ポルノに悪影響があると思ったのは7.2%のみでした。)

1の若い人たちのほぼ5がポルノ使用は「彼らに悪い影響を与える」と信じているという著者の発見を強調したならば、この研究からの見出しはどのように違うのでしょうか? なぜ彼らは、インターネット上の問題のリスクが最も高いグループではなく、無視して横断的な結果に焦点を当てることによってこの発見を軽視したのですか?

繰り返しになりますが、ほとんどの一般的なポルノユーザーは、使用をやめた後になるまで、ポルノが自分たちにどのような影響を及ぼしたかを認識しています。 多くの場合、元ユーザーは悪影響を完全に認識するのに数か月かかります。 したがって、このような研究には大きな制限があります。

コフート、T。、バルザリーニ、RN、フィッシャー、WA、およびキャンベル、L。(2018)。 ポルノとオープンな性的コミュニケーションおよび人間関係の親密さとの関連は、同性愛関係におけるポルノの使用の2つのパターンの関数として異なります。 社会と個人の関係のジャーナル、35(4)、655-676。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーによるテイラーコウト&ウィリアムフィッシャー、そしてギャングの他のメンバーは 西オンタリオ大学。 調査結果:ポルノを一緒に見ているカップルは、それぞれがポルノを単独で使用しているカップルよりも性的なコミュニケーションの開放性が高かった。 一方のパートナーはポルノを単独で使用し、もう一方は使用しません。 表面的には、ポルノを一緒に使用することは問題ないかもしれないかのように読むことができます。 しかし、同盟はすぐにオウムになるので、「相関関係は因果関係と同じではありません」。

個人の大多数はポルノを一人で見ています。 定期的にポルノを一緒に見ているカップルは、ポルノを使用している個人のごく一部です。 全国規模の大規模代表調査(GSS)からのデータ 先月、米国の全女性のうち2.6%しか「ポルノサイト」を訪れなかったと報告している (質問は2002と2004でのみ行われました)。 ポルノの使用を定期的に共有している献身的なカップルの割合はいくつですか? 繰り返しになりますが、私たちには一般的な人口の(おそらく)小さい割合(非常に巧妙な)から生じる見出しと結論があります。

Maas、MK、Vasilenko、SA、およびWilloughby、BJ(2018)。同性愛カップルの間でのポルノ使用と人間関係の満足度に対する2つのアプローチ:ポルノの受容と不安な愛着の役割 セックス・リサーチのジャーナル、55(6)、772-782. Webへのリンク

分析: アライアンスの概要は、正確である限り正確でした。 実際には、基本的な相関関係から、より多くのポルノの使用が less の関係満足度 両言語で 男性と女性(男性の方がよく、ポルノを定期的に使用する可能性が最も高い):

ゆうたろう

コフート、T。、フィッシャー、WA、およびキャンベル、L。(2017)。夫婦関係に対するポルノグラフィーの知覚される影響:オープンエンドの参加者からの情報に基づく「ボトムアップ」研究の最初の発見。 性行動のアーカイブ、46(2)、585-602. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーによるテイラーコウト&ウィリアムフィッシャー。 相関関係を含まないこの定性的研究は、希望する見出しを獲得する研究を設計するコフートの魔法の能力のさらに別の例です。 この研究の背後にある意図は、 ポルノの使用が人間関係に悪影響を与えることを示す75の研究より? この研究のXNUMXつの主要な方法論的戦術(欠陥)は次のとおりです。realyourbrainonporn コフート

1)試験には代表的なサンプルは含まれていませんでした。 ほとんどの研究は、長期的な関係にある女性のごく少数がポルノを使っていることを示していますが、この研究では女性の95%が自分でポルノを使っています。 そして83%の女性は、関係の始まり以来ポルノを使用していました(場合によっては何年も)。 それらの率は大学時代の男性よりも高いです! 言い換えれば、研究者たちは彼らが求めていた結果を生み出すために彼らのサンプルを歪めたように見えます。 現実? 米国最大の全国調査(一般社会調査)のデータによると、先月、結婚した女性の2.6%のみが「ポルノサイト」を訪れたとのことです。 2000からのデータ - 2004(詳細については ポルノと結婚、2014).

realyourbrainonporn コフート

2)研究は、ポルノの使用と、性的または人間関係の満足度を評価する変数との間に相関関係はありませんでした。 その代わりに、この研究では、被験者がポルノについて批判的になる可能性がある(定量的ではなく質的である)「オープンエンド」の質問を採用しました。 それから、研究者たちはその論争を読み、その事実の後、どんな答えが「重要」であり、それらを自分の論文にどのように提示(スピン)するかを決めました。 見る 「ポルノ研究:事実かフィクションか?5の研究宣伝の背後にある真実を明らかにするビデオプレゼンテーションは、ポルノ依存症が存在しない、またはポルノの使用が大いに有益であるという彼らの主張を支持するために引用します(1つはこのKohut研究です)。

これらの致命的な欠陥にもかかわらず、そして彼らのサンプルのいくつかによって報告された悪影響にもかかわらず、研究者たちはポルノの影響が圧倒的に良いと主張しました。 実際には、 コフートの研究からの抜粋は、ポルノの使用に関連する重大な否定的な結果を報告している多くのカップルを明らかにしています.

ウィリアム・フィッシャーの研究室は、ポルノの使用を性的および人間関係の満足度の低下に結び付ける研究の優勢に対抗する同等の証拠があると一般市民とジャーナリストを信じ込ませようとして、疑わしいまたは注意深く設計された研究を公開しているようです。 この種の意図的な誤報の言葉は「アグノトロジー」です。これは、公共の消費のために誤解を招く誤報を故意に作成することです。 LindaHatchのをお勧めします 心理中央 性科学の分野でアグノトロジーを調べている記事:「偽のセックスアディクション '論争'と無知の願望

ステイリー、C。、およびプラウゼ、N。(2013)。 親密な関係と自己/パートナーの評価に対するエロティカの見方の影響。 性的行動のアーカイブ、42(4)、615-624. Webにリンク

分析: アライアンスメンバーのNicole Prause氏による。 ポルノを見ること、角質になること、そして降りることを望むことは、ほとんど注目に値する発見ではありません。 現存しない実験室によるこの「実験室所見」は、ポルノ使用が人間関係に与える長期的な影響については何も伝えていません(これも、 75以上の研究 - そして男性に関するあらゆる研究 - はポルノの使用を性的満足や人間関係の満足度の低下に結び付けます)。 この実験は、バーの常連客に最初の数杯のビールの後で気分が良いかどうかを尋ねることによって、アルコールの効果を評価することに似ています。 このXNUMX回限りの評価は、翌朝の気分や慢性的なアルコール使用の長期的な影響について何か教えてくれますか? 当然のことながら、アライアンスはプラウスの残りの調査結果を省略しました。

エロティック映画を見ることはまた否定的な影響、罪悪感および不安のより多くの報告を誘発しました

否定的な影響は否定的な感情を意味します。 アライアンスが公開されました。

マドックス、AM、ローデス、GK、およびマークマン、HJ(2011)。性的に露骨な資料を単独でまたは一緒に表示すること:関係の質との関連付け。 性的行動のアーカイブ、40(2)、441-448。 Webへのリンク

分析: 他のリストされた研究と同様に、アライアンスは不利な発見を省略しています。 彼らの要約は、ポルノ(SEM)を一度も見たことがない個人が報告したことを明らかにすることができませんでした(1)。SEMだけで見た人よりも、すべての指数で高い関係性」および(2)「不倫率が低い。」抜粋:

「この研究では、性的に露骨な資料(SEM)の表示と、恋愛関係にある1291人の未婚者のランダムサンプルで機能する関係との関連を調査しました…。 SEMを一度も見たことのない人は、SEMを単独で見た人よりも、すべての指数で高い関係性の質を報告しました。 SEMをパートナーとのみ一緒に見た人は、SEMだけを見た人よりも献身的で性的満足度が高いと報告しています。 SEMを一度も見たことがない人とパートナーだけでそれを見た人との唯一の違いは、 それを見たことがない人は、不貞の割合が低かった。」

大多数の個人が一人でポルノを見るので、これはほとんどのカップルを意味します。 研究では、パートナーとのみSEMを閲覧し、より多くの献身的かつ高い性的満足を報告しました「このグループはポルノを使っている個人のほんの一部を表しています。 これは、先月、米国の全女性のうち2.6%が「ポルノサイト」を訪れたことを報告した大規模な全国代表調査(GSS)のデータによって裏付けられています。 質問は2002と2004でのみ行われました( ポルノと結婚、2014). Maddoxら、 2011年はYBOPのリストに含まれています ポルノ使用を性的満足および人間関係の満足度の低下に結び付ける70以上の研究.


過激派モデルのモデル

文脈/現実:すべてのアライアンスメンバーが中毒モデルに反対しているようだ(慢性的には、何人かのデニエが熱心に反ポルノ依存している) 研究を誤解させる, 攻撃中毒研究者, ポルノ中毒が存在すると言う人の名誉毀損, 回復中の男性を嫌がらせ)。 言うまでもなく、アライアンスのほとんど無関係な論文のほんの一握りは、一般の聴衆や知識のないジャーナリストをだますように設計されています。 彼らが提供するものは、公表された研究と比較して見劣りします 支える ポルノ中毒の存在.

まず、 それは「強迫性行動障害」とそれはWHOの新しいICD-11にあります。  より正確な記述子「強迫性行動障害」(CSBD)は、文献の「異常性欲」に大きく取って代わりました。 異常性欲と強迫性行動障害はどちらも、「性依存症」、「ポルノ依存症」、「サイバーセックス依存症」などとしても知られるさまざまな制御不能な性行動の総称として機能しています。新しい用語に沿って、世界で最も広く中古医療診断マニュアル、 国際疾病分類 (ICD-11) 新しい診断が含まれています ポルノやセックス中毒に適しています。 「強迫的性行動障害に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

行動中毒を認識し、コンテナ診断を作成することにより 強迫的な性行動世界保健機関は、 米国中毒医学会 (ASAM) 8月には、ASAMの2011 Americaのトップ中毒専門家が、 中毒の新しい定義を抜本的な.

第二に、同盟は中毒モデルを支持するすべての論文を省略した。

同盟は、過性についての他の多数の関連研究、レビュー、および解説を省略した。 たとえば、 Google Scholarで「性欲過多」検索をすると23,000件の引用が返されます。 引用の多くは薬物誘発性または脳損傷誘発性の性欲過多を扱っていますが、かなりの数がこのセクションに関連しています - そして故意に省略されています。

第三に、衝動性と衝動性は中毒モデルに含まれています: Naysayersは、中毒モデルとは異なり、「衝動性」と「衝動性」が何らかの形で異常性欲のユニークなモデルであると主張することによって難読化しようとします。 依存症の研究が繰り返し報告しているように、依存症は 両言語で 衝動性と強迫性。 (Google Scholarでの検索 中毒+衝動性+強迫性は22,000の引用を返すこれはの簡単な定義です。 衝動性 および 強迫:

  • 衝動:内的または外的な刺激に反応して、適切な思考や計画を立てることなく素早く行動する。 より大きな遅れた満足感に対するより小さな即時の報酬を受け入れる素因と、それが動かされると満足への行動を止めることができないこと。
  • 強迫性:特定の規則に従って、またはステレオタイプの方法で実行される反復的な動作を指します。 これらの行動は、悪影響があっても持続します。

予想通り、中毒研究者 しばしば中毒を特徴付ける から発展する 衝動的な 喜びを求める行動 強制的な繰り返し行動 不快感(離脱の痛みなど)を避けるため。 したがって、 中毒は両方のビットからなる他の要素と一緒に。 そのため、CSBDに関連した衝動性と強迫性の「モデル」の違いは、アライアンスが示唆しているようには切り取られたり乾いたりすることはありません。

ちなみに、ICD-11は特別な保証をしていないため、モデルごとに処理要件が異なることへの懸念は赤いニシンです。 治療 CSBDまたは他の精神的または身体的な障害のため。 それは医療関係者次第です。 彼の2018論文では、強迫的な性行動:非判断的アプローチ, CSBDワークグループのメンバーであるJon Grant MD、MPH、JD(Prause / Klein / Kohutが以前に誤解したのと同じ専門家)は、誤診、鑑別診断、併存症、および新しいCSBD診断に関連するさまざまな治療法の選択肢を取り上げました。 ちなみに、専門家のGrantは、強迫的な性行為はその論文では「セックス中毒」とも呼ばれると言います!

第四に:「これは中毒ではなく、強制です。」 これは私たちを '強迫'対 '中毒'の議論に導きます。 中毒 および 強制 私たちの日常の言葉を入力している両方の用語です。 一般的に使用されている多くの単語のように、それらは誤用され誤解される可能性があります。

行動中毒、特にポルノ中毒の概念に反する議論において、懐疑論者はしばしばポルノ中毒が「強制」であり、真の「中毒」ではないと主張します。 中毒は強迫神経症(OCD)に「似ている」と主張する人さえいます。 「Xを使うことの強要」が「Xへの依存症」と神経学的にどのように異なるのかについてさらに押すと、これらの知らない懐疑論者による一般的な復活は「行動依存症は単にOCDの一形態である」ということです。

複数の研究が、神経学的な違いを含む多くの実質的な意味で依存症がOCDと異なることを示しています。 DSM-5とICD-11には、以下のように別々の診断カテゴリがあるのはこのためです。 強迫性障害 とのために 中毒性疾患。 研究はCSBDが OCDの一種 実際、OCDを併発しているCSB患者の割合は驚くほど少ないです。 から 異常性欲障害の概念化と評価:文献の系統的レビュー (2016)

強迫性スペクトラム障害は性的強迫性(40)を概念化すると考えられてきました。なぜなら過性行動を持つ個人が強迫性障害(OCD)スペクトラムにあることがわかっているからです。 性欲過多行動に対するOCDは、OCDのDSM-5(1)診断理解と一致していません。これは、個人が喜びを引き出す行動から診断を除外します。 OCDタイプの強迫観念はしばしば性的内容を含んでいますが、強迫観念に応じて実行される関連の強制は喜びのために行われていません。 OCD患者は、強迫観念や衝動を引き起こす状況に直面したときに、性欲や覚醒よりも不安や嫌悪感を報告します。 (41)

この6月から、2018は以下のことを研究しています。 問題のある性行動における衝動性と強迫性の役割の再考:

強迫性と性欲過多との関連を調べた研究はほとんどありません。 ノンパラフィル性過性障害[CSBD]の男性の中で、強迫性障害 - 強迫性を特徴とする精神障害 - の生涯有病率 - 0%から14%の範囲です。

強迫症の治療を求める男性における強迫観念 - 強迫行動に関連する可能性がある - は、比較グループと比較して高められていることがわかっていますが、この差の効果の大きさは弱いものでした。 強迫性障害のある治療を求める男性の間で強迫行動のレベル(DSM-IVの構造化臨床面接(SCID-II)のサブスケールで評価)との関連性を検討したところ、積極的で弱い関連が見られた。 前述の結果に基づいて、強迫性は比較的わずかな方法で過性愛に寄与すると思われる[CSBD].

ある研究では、男性の間での問題のあるポルノ使用に関して一般的な強迫性が調べられ、肯定的ではあるが弱い関連性が示された。 より複雑なモデルで調査すると、一般的な強迫と問題のあるポルノ使用の間の関係は、より一般的な中毒と同様に、性的依存とインターネット依存によって仲介されました。 まとめると、強迫観念と過性欲との間の関連性および強迫観念と問題のある使用は比較的弱いように思われる.

衝動制御障害、強迫スペクトル障害、または行動中毒として分類を提案する競合モデルと、問題のある性行動(過性や問題のあるポルノの使用など)を考慮するのが最善の方法に関する現在の議論があります。 衝動性と強迫性の相互診断的特徴と問題のある性行動の間の関係は、衝動性と強迫性の両方が中毒に関係しているが、そのような考慮を知らせるべきである。.

衝動性が中等度過敏症に中程度に関連しているという知見は、衝動的な性的行動障害(ICD-11に対して提案されているように;世界保健機関、衝動制御障害としてまたは行動中毒として)の両方のサポートを提供する。衝動制御障害(例、断続的爆発性障害、ピロマニア、クレプトマニア)および強迫的性行動障害の中心的要素、中毒性行動による障害(例、ギャンブルおよびゲーム障害)後者の分類における強迫的性行動障害の分類はよりよく支持されているように見える.

第5:ポルノユーザーとポルノ中毒者(しばしばCSBと表示される)について発表されたすべての生理学的および神経心理学的研究は中毒モデルと一致する所見を報告している (するように エスカレーションまたは耐性/慣れを報告している40試験を超える).

1948年にAchille Gaggiaがレバー式のエスプレッソマシンを発明したことにより、現在のエスプレッソが誕生しました。 Gaggiaの発明したエスプレッソマシンは、それ以前に作られてきたマシンより数倍の圧力が出せるため、濃度が何倍も濃いエスプレッソを淹れられました。また圧力が増したことで、エスプレッソに初めてクレマが現れました。このクレマはお客様にたいへん喜ばれ、今ではエスプレッソにクレマは欠かせません。 ジョージF.コブ および ノーラD.フォルコウ  のランドマークレビューを ニューイングランド·ジャーナル·オブ·メディスン: 中毒の脳疾患モデルからの神経生物学的進歩。 Koobは、アルコール乱用およびアルコール依存症に関する国立研究所(NIAAA)のディレクターであり、Volkowは、薬物乱用に関する国立研究所(NIDA)のディレクターです。 本稿では、冒頭のパラグラフで性的行動中毒が存在することを述べながら、薬物中毒と行動中毒の両方に関わる主な脳の変化について説明します。

神経科学は中毒の脳疾患モデルを支持し続けていると我々は結論する。 この分野の神経科学研究は、物質中毒やそれに関連した行動中毒(例えば、食物への)の予防と治療のための新しい機会を提供するだけではありません。 セックス、ギャンブル)…。

Volkow&Koobの論文では、依存症に関連する1つの基本的な脳の変化について概説しています。XNUMX) 感作、2) 脱感作、3) 機能不全の前頭前部回路 (前向き)、4) 機能不全のストレス。 これらの脳の変化のすべての4は、にリストされている42の生理学的および神経心理学的研究の中で同定されています このページ:

  • 研究報告 感作 (キュー反応性と渇望)ポルノユーザー/セックス中毒者: 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27.
  • 研究報告 減感作 またはポルノユーザー/セックス中毒者の習慣化(寛容の結果) 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8.
  • 貧困層の執行機能を報告している研究(下面性)またはポルノユーザー/セックス中毒者の変化した前頭前庭活動: 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19.
  • aを示す研究 機能不全のストレスシステム ポルノユーザ/セックス中毒者: 1, 2, 3, 4, 5.

CSBD(性欲過多)を取り巻く既存の証拠の優位性は中毒モデルに適合します。

あまり関係のないAllianceの論文へ

アライアンス研究:

Krüger、TH、Schiffer、B.、Eikermann、M.、Haake、P.、Gizewski、E。、&Schedlowski、M。(2006) ヒトの性的反応サイクル中の脳脊髄液の連続神経化学的測定 ヨーロッパ神経科学ジャーナル、24(12)、3445-3452. Webへのリンク

分析: この研究はここで何をしているのですか? 依存症モデルをサポートも対抗もしません。 ニコール・プラウゼとデビッド・レイが性的興奮と動機付けにおけるドーパミンの中心的な役割を慢性的に拒絶しているために引用されていますか? 例えば、 Prauseは、子犬が遊んでいるのを見るのは、神経学的にポルノへの自慰行為と同じであると慢性的に主張しています。 同時に 科学的にばかげているこの話題は、フォロワー、ジャーナリスト、その他のアライアンスメンバーによってしばしば繰り返されます。 おそらく、同盟は彼らの同盟国であるジム・ファウスに相談すべきでしょう。 広く公開されている 性行動におけるドーパミンの役割 おそらく彼らはGoogleの学者をやるべきです 「性的興奮+ドーパミン」を検索 これはたまたま48,000件の引用を返します。 次の記事は、Prauseのサポートされていない論点への回答です。 神経科学と問題のある性的行動(2017)についての誤解を訂正すること。

Steele、VR、Staley、C.、Fong、T。、&Prause、N。(2013) 性的欲求ではなく、性的欲求は、性的画像によって誘発される神経生理学的反応に関連しています。 社会情動神経科学および心理学、3(1)、20770。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのNicole Prause氏による。 注意: このEEG研究は、RealYBOP(Prause)が「異常性欲のモデル」セクションを作成してから5週間後に追加されました。。 なぜPrauseは彼女の最も有名な研究を投稿するのにそんなに長い間待たなかったのですか? それが確立されているからです。

  1. Prauseは実際の調査結果を一般に誤って伝えました
  2. の実際の調査結果 Steeleら、 2013は中毒モデルをサポートします
  3. この2013 EEG研究は本当にほんの前半でした Prauseら。、2015
  4. Steele et al。、2013には比較のための対照群がありませんでした
  5. 表面で、 スティール 報告された調査結果は、その反対です。 Prause et al。、2015(脳の活性化が高いと主張される者、脳の活性化が低いとされる者)

あなたが本当の専門家の意見を読みたいなら Steeleら。 –そしてゲームプレイについては、真実を明らかにする8つの査読済み批評を含むこのページを参照してください。 の査読付き批評 Steele et al。、2013。 こちらもご覧ください– 「に対する批判Steeleら、 2013″:実際の調査結果はポルノ中毒モデルを支持しています。

Prauseの最も有名な研究について少し:6th、2013 David Ley、および広報担当者の3月 Nicole Prause 書くためにチームを組む 心理学今日 についてのブログ投稿 Steeleら2013は、ポルノであなたの脳 - それは中毒性ではありません。 それは何の関係もないので、そのまさしくそのキャッチーなタイトルは紛らわしいです。 あなたの脳のポルノ またはそこに提示された神経科学。 代わりに、David Leyの3月の2013ブログ投稿は、それ自体を単一の欠陥のあるEEG研究に限定しています - Steeleら。、2013.

Leyのブログ記事が掲載されました 5か月間 PrauseのEEG研究が正式に発表されました。 1か月後(4月10番目) 心理学今日 根拠のない主張や、未発表の研究を他の人に提供しないというPrauseの拒否のために、編集者はLeyのブログ投稿を未発表にした。 その日 Steeleら、 そしてその広範なAP通信が公開され、レイは彼のブログ投稿を再公開しました。 レイはブログ投稿の日付を25年2013月XNUMX日に変更し、最終的にコメントを締めくくりました。

Prauseの慎重に組織化されたPRキャンペーンは、セックス中毒が撃退されたと主張するすべてのヘッドラインで世界的なメディア報道をもたらしました(!)。 に テレビインタビュー とで UCLAプレスリリース Nicole Prauseは、彼女のEEG研究について、まったく支持されていない2つの主張をした。

  1. 被験者の脳は他の中毒者のように反応しませんでした。
  2. 性転換症(セックス依存症)は「欲求の高さ」として最もよく理解されています。

これらの発見のどちらも実際にはありません Steele et al。 2013 事実、この調査では、Nicole Prauseの主張とは正反対のことが報告されています。 何 Steeleら2013は、実際には「脳の所見」として述べています。

「快適な性的条件のP300平均振幅は、不快な、快適な非性的条件よりもポジティブでした」

翻訳: 頻繁なポルノユーザーは、ニュートラルな写真と比較して、露骨な性的画像に対する手がかり反応性(EEGの測定値が高い)が高かった。 これは麻薬中毒者が関連する合図にさらされたときに起こるのと全く同じです。 アプリ環境に合わせて 中毒.

この試験は Steeleら2013は、実際にはその「性的欲求の発見」と述べています。

「中立的な刺激と比較して、心地よい性的刺激に対するP300の振幅の差が大きかったことは、性的欲求の尺度とは否定的に関連していたが、過性の尺度とは関連していなかった。」

翻訳:否定的に低い欲求を意味します。 ポルノに対する手がかり反応性が高い人ほど、パートナーとセックスをしたいという欲求は低かった(ただし、自慰行為を望まないわけではない)。 別の言い方をすると、本物の人とセックスするよりも、脳の活性化やポルノへの欲求が強い人は、ポルノに自慰行為をすることを好む。

これら二つを一緒に Steele et al。 調査結果は、手がかりに対するより大きな脳活動(ポルノ画像)を示していますが、自然な報酬に対する反応性はより低い(人とのセックス)。 どちらも中毒の特徴であり、感作と脱感作の両方を示しています。 の下でコメントする 心理学今日 インタビュー Prauseの、 ジョンAジョンソン名誉教授:

彼女が性的画像のP300測定値が高いと報告していることを考えると、麻薬常習者の脳は彼らの薬物に反応するように、被験者の脳は性的画像に反応しなかったとPrauseは主張します。 彼らの選択の薬と一緒に提示されたときにP300スパイクを示す常習者のように。 実際の結果と反対の結論を彼女はどうやって引き出すことができるでしょうか。?

ジョン・ジョンソンは続けます:

Mustanskiは「研究の目的は何ですか?」と尋ね、Prauseはこう答えました。「このような問題(オンラインエロティカの視聴規制における問題)を報告した人々が性的画像に対する脳反応から他の中毒者のように見えるかどうかをテストしました」

しかし、この研究では、オンラインエロチカの視聴を規制する問題を抱えている人からの脳内記録と麻薬中毒者からの脳内記録および問題のある人々からの脳の反応を確かめる明白な方法である脳記録とを比較しなかった。グループは中毒者または非中毒者の脳の反応によりよく似ている.....

そのため、オンラインのエロティカの視聴を規制するのに問題があると報告しているこのグループは、他の種類の写真よりもエロティックな写真に対するEEGの反応が強いです。 中毒者は、自分の選んだ薬を与えられたときに同様に強いEEG反応を示しますか? わかりません。 通常の非常習者は、エロチカに対して問題を抱えたグループと同じくらい強い反応を示しますか? 繰り返しますが、私たちは知りません。 この脳波パターンが中毒者または非中毒者の脳のパターンにより近いかどうかはわかりません。

Prause研究チームは、被験者のエロチカに対するEEG反応の上昇が中毒性の脳反応であるのか、それとも単なる性欲の高い脳反応であるのかをEEG反応の個人差と相関させることによって証明できると主張しています。 しかし、EEG反応の違いを説明することは、グループ全体の反応が中毒性に見えるかどうかを調べることとは異なる問題です。.

報道されていない多くの支持されていない主張は別として、それはそれを邪魔している Steeleら、 2013年は深刻な方法論上の欠陥があったため、査読に合格しました:1)被験者は 異種(男性、女性、非異性); 2)被験者は 精神障害または中毒のために上映されない; 3)の研究では 比較対照群なし; 4)アンケートは ポルノの使用やポルノの中毒には有効ではない.

最新のからの抜粋 8査読論文 Prause EEG研究についての真実を明らかにするために: オンラインポルノ依存症:私たちが知っていることとそうでないこと - 系統的レビュー(2019)

この神経活動シグナル伝達欲求の証拠は、前頭前野で特に顕著です。101]と扁桃体[102,103]、感作の証拠である。 これらの脳領域での活性化は経済的な報酬を彷彿とさせます[104]それは同様の影響をもたらす可能性があります。 さらに、これらのユーザーのEEG測定値はより高く、パートナーとのセックスに対する欲求の低下もありますが、ポルノへのオナニーのためのものではありません。105]、勃起の質の違いにも反映するもの[8]。 これは脱感作の兆候と考えることができます。

ただし、スティールの研究には、考慮すべきいくつかの方法論上の欠陥が含まれています(被験者の異質性、精神障害または依存症のスクリーニングの欠如、対照群の欠如、ポルノの使用について検証されていないアンケートの使用)[106]。 Prauseによる研究[107]、今回は対照群とともに、これらのまさにその知見を再現した。 サイバーセックス依存症の発症における手がかり反応性および渇望の役割は、同性愛者の女性において裏付けられている。108]および同性愛者の男性サンプル[109].

上記の批評は、他の人たちと同様に、Prauseを彼女の発見をメディアに誤って伝えているものとして公開しています。 として このセクションに文書化されている、誤った情報と不実表示は当然のことです。

Byers、LJ、Menzies、KS、およびO'Grady、WL(2004)。 インターネット上での性的に露骨な内容の表示と送信に対するコンピューター変数の影響:クーパーの「トリプルAエンジン」のテスト。 人間のセクシュアリティのカナダジャーナル、13(3/4)、157. Webへのリンク

分析:本稿としての引用インフレーションは「性的過敏症のモデル」とは関係がない。 その代わりに、RealYBOPは2003に戻り、インターネットの発明がポルノの消費方法にほとんど影響を与えないことを示唆した(疑問のある方法論による)異常値の調査を見つけました。 洗濯可能で、それ以降に発行された他のどの論文とも一致しません。 たぶんRealYBOPはこれを読むべきだった 2018紙 彼女の仲間の同盟メンバーJoshua Grubbsによって、それは言いました:

快楽の強化

モデルの2番目の点では、 私達はIP(インターネットポルノ)が快楽の性的動機の特に強力な強化として役立つと仮定します。 どんな種類の性的活動もある程度の価値がある一方で、IPは、特定の、容易に入手可能で、継続的に斬新な、そして実質的に即時の報酬の組み合わせの可能性を示します。 2016)。 多くのポピュラーな、非経験的な研究が同様に示唆している(例えば、Foubert、2016; Wilson、2014; Struthers、2009)。 さらに、一部の限定的なレビューでは、 人間の進化の文脈において、IPが異常に価値のある刺激を表す可能性(例:Barrett、2010; Hilton、2013; Grinde、2002)。 しかし、今日まで、ポルノが特に強力な快楽的報酬を表す可能性を検討する系統的レビューはありませんでした。 次のセクションでは、このXNUMX番目のステップの証拠を確認します…。

IPのアクセシビリティ

多くの人にとって、迅速かつ簡単に取得できる報酬は、遅延報酬が客観的に優れている場合でも、遅延報酬よりも好ましいと評価されることがよくあります(たとえば、満足の遅延、割引の遅延、Bickel&Marsch、2001)。 これは、多くの快楽を誘発する向精神薬を習慣形成させるものの2001つの要素です(例、Bickel&Marsch、2001):他の要因が習慣性の行動パターン(例、生理学的依存、遺伝的素因)に寄与する可能性がありますが、刺激間の関連そして即座の報酬は習慣を形成することができます。 これに基づいて、以前の理論的研究は、オンライン技術の瞬間的な性質は、一般に、他の非化学的刺激によって前例のない速度でインターネット行動の報酬を生み出すと主張しました(Davis、XNUMX)。

当初から、IPに関する研究は、オンライン環境の瞬間的な性質を、性的に露骨なメディアの標準的なやりがいのある性質に対する新しい潜在的に問題のある調整を表すものとして繰り返し強調してきました(Cooper et al。、1998; Schwartz&Southern、2000) 提携した性的相互作用は典型的には社会的努力を必要としますが、通常の印刷または記録された性的に露骨なメディアは少なくともいくらかの努力と費用を必要としました。それは性的欲求とドライブの満足のための特定の行動の相対的な強化として有利です。

知的財産権は、人間の進化という文脈の中でこれまでにない前例のない性的満足を得るためのユニークで簡単な方法を表しているようです。。 以前にレビューされた都心部の若者に関する定性的研究(Rothman et al。、2015)では、ポルノの使用に関連する主要なテーマは、アクセスの可用性とシンプルさでした。 さらに、同じサンプル内で、IPUが性的欲求を満たしたり、性的緊張を和らげたりすることが容易であるため、IPの使用の報告も一部ありました。 IPは単純に使いやすく、パターンの使用に貢献しました。

同様に、スウェーデンの青年の定性的研究(Löfgren-Mårtenson&Månsson、2010)では(N= 73; 49%男性。 範囲XNUMX − XNUMX)、IPUは、性的快楽を得て性的緊張を解放する迅速で比較的容易な手段として記載された。 まとめると、これらの調査結果は、インターネットのユニークな側面の1つが、性的欲求と欲求に即座に報いる能力であるという結論を裏付けるものです。

インターネットポルノのユニークな性質を論じる最近のレビュー(ブロードバンド、ポルノチューブサイト、スマートフォン、VRポルノなどの出現以来、あなたは知っています)

Varfi、N.、Rothen、S.、Jasiowka、K.、Lepers、T.、Bianchi-Demichelli、F。、およびKhazaal、Y。 添付ファイルのスタイル、衝動性、性的欲求、気分、および中毒性のサイバーセックス. 全文

分析:Prauseがこの論文を掲載した理由がわかりません。 結果が依存症モデルを「偽造」することは決してありません。 性的欲求はサイバーセックス中毒に関連する変数のXNUMXつであると言われているため、好まれる可能性があります。レイとプラウスは、ポルノ中毒は本当に高い性的欲求であると主張することがよくあります。 他の場所で述べたように、 25以上の研究は、セックスとポルノ中毒者が「ただ高い性的欲求を持っている」という主張を偽造しています、プラウスの最も悪名高い研究を含む– Steeleら。、2013.

そうは言っても、性的欲求は リストの最後に サイバーセックス依存症に関連する変数のリスト:

に示すように テーブル3 (標準化された係数)、結果はCIUSスコアへの最も重要な影響が憂うつな気分であり、続いて回避的愛着スタイル、男性の性別、および性的欲求であることを示唆しています。

他で言及されて、私達にあります 真の「性的欲求」を「使用したいという欲求」から切り離すという解決できない計算両方とも神経学的基盤を共有しており、同様のアンケートで評価されている。 ポルノに自慰行為をしたいと誰かがそう答えた場合、その高い欲求、または使用することへの渇望、または思春期の少年についての希望的な思考はありますか?

Fuss、J.、Briken、P.、Stein、DJ、&Lochner、C。(2019) 強迫性障害における強迫性行動障害:有病率と関連する併存疾患。 行動中毒のジャーナル、1-7. 全文

分析: 同盟は研究の発見を誤って表しており、実際に述べられていることについて嘘をついています。 ここでは、製作品ではなく、実際の専門家の作者の言葉を提供します。 性依存症は本当に単なるOCDの一形態であるという一般的なDenierの主張に対抗して、研究は一般集団で見られるような強迫性障害(OCD)のものと同じ割合の強迫性行動障害(CSBD)を報告しました:

本研究では、OCD患者におけるCSBDの有病率および関連する社会人口学的および臨床的特徴に関心があった。 まず、OCD患者の3.3%が現在のCSBDを持ち、5.6%が生涯のCSBDを持ち、女性よりも男性の有病率が有意に高いことを我々は見出した。

結論として、私達のデータはそれを示します OCDにおけるCSBDの有病率は、一般集団および他の診断コホートにおける有病率と同等である

したがって、中毒者と一般人口の両方のCSBD率は同程度であったので、性とポルノ依存は OCDの種類。 さらに、アライアンスは、CSBDを依存症として概念化すべきではないと著者が述べたときに嘘をついた。 アライアンスの「作者のまとめ」に次の文章が載っていますが、 この研究で:

「この発見は、CSBDを強迫性-衝動性障害として概念化することを支持していますが、物質使用または習慣性行動による障害では支持していません。」

アライアンスは、結論から少しずつ、文脈から外れて、誤った印象を与えるためにつなぎ合わせました。 論文からの実際の引用:

結論として、我々のデータは、OCDにおけるCSBDの有病率が一般集団および他の診断コホートにおける有病率と同程度であることを示している。 また、tを見つけましたOCDにおけるCSBDは他の衝動的、強迫的、および気分障害とより共存していた可能性が高いが、行動または物質に関連した中毒とはそうではなかった。 この所見は、強迫性 - 衝動性障害としてのCSBDの概念化を支持している.

翻訳:テーマ 両方に苦しむ人 「強迫性障害」および「強迫性行動障害」は、追加の精神障害を持っている可能性が高くなります。 しかし、彼らは 持っている可能性が高い 追加の 行動や物質中毒。 これもまた、OCDと中毒は異なる精神障害であることを示唆しています(DSMやICDなどの医学的診断マニュアルが実際に認めているように)。 研究から:

また、CSBDのない患者よりもCSBDのあるOCD患者のほうがいくつかの合併症がある可能性が高いこともわかった。

CSBDがすべきであると述べている文書はどこにもありません 中毒性のある行動として概念化する。 反対に、この論文はCSBDは たぶん 依存症自体も同様に概念化されているため 強迫性障害と衝動性障害の両方。 実際の専門家によるこの論文を参照してください。 問題のある性行動における衝動性と強迫性の役割の再考(2018)。 言い換えれば、「強迫性障害」(CSBDのような)は 「強迫性障害」(OCD)。 混乱しないでください!

Carvalho、J.、Štulhofer、A.、Vieira、AL、およびJurin、T。(2015). 性的過多と性的欲求の高さ問題のあるセクシュアリティの構造の調査 性医学のジャーナル、12(6)、1356-1367。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーによる アレクサンダーシュトゥルホーファー。 デニールの要約が述べているように、「私たちの研究は、性欲亢進と性的欲求の高さの特徴を裏付けています。」抜粋:

全体的に見て、提示された調査結果はいくつかの方法で過敏症についての議論を伝えています。 第一に、高い性的欲求および頻繁な性的活動は、性別に関連した否定的な結果と実質的に重ならない。   結果は、高い性欲と問題のある性行動との間の区別を支持する。

換言すれば、 シュトルホーファー 調査、 これらの25研究とともに、 性とポルノ中毒者は「単に性的欲求が高い」という、しばしば繰り返される話題をデビューさせます。

Moon、JW、Krems、JA、Cohen、AB、およびKenrick、DT(2019)。 何も聖なるものではありませんか? 宗教、性別、そして生殖戦略。 心理科学における現在の方向 https://doi.org/10.1177/0963721419838242  Webへのリンク

分析: この論文はポルノの使用や「異常性欲のモデル」とは何の関係もないので、より多くの引用インフレ。

Winters、J.、Christoff、K。、およびGorzalka、BB(2010)。 調節されていないセクシュアリティと高い性的欲求:異なる構成物? 性的行動のアーカイブ、39(5)、1029-1043。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーによる ジェイソン・ウィンターズ。 以前のシュトゥルホーファーの研究とは異なり、この研究は次のように報告しています。治療を求めたと報告した男性と女性は、調節不全の性と性的欲求の尺度で有意に高いスコアを記録しました。シュトゥルホーファーの研究が説明したように、ウィンターズの研究は性的強制力尺度(SCS)を使用していたため、致命的な欠陥がありました。

これは、性的欲求の高さとセクシュアリティの調節不全との間の実質的な重複についてのWinters et al。の結論とは明らかに対照的です[5]。 矛盾する所見について考えられる1つの説明は、2つの研究で過性を示すために使用される異なる尺度です。 例えば、本研究では、セクシュアリティに関連した負の影響は、より徹底的なリストを使用して評価されました。 さらに、Winters et al。 性的衝動性と性的経験および実験に対する開放性との間の区別が不十分であると示唆されている性的強迫度尺度[36]を使用した [4,37]。

さらに、性的強迫度尺度はポルノ中毒や女性のための有効な評価テストではありません。 それは1995で作成され、管理されていない性的機能で設計されています 関係 念頭に置いて(エイズ流行の調査に関連して)。 の SCSは言う:

「規模は、性行動の割合、性的パートナーの数、さまざまな性行動の実践、および性感染症の病歴を予測するためのものであるべきです」。

さらに、SCSの開発者は、このツールは女性に精神病理学を示さないと警告しています、

性的強迫スコアと他の精神病理学的マーカーとの関連は男性と女性で異なるパターンを示した。 性的強迫は、男性では精神病理学の指標と関連していたが、女性では関連していなかった。」

それ以外は、 25の他の研究は、性とポルノ中毒者が「ただ性的欲求が高い」と主張しています 「高い性的欲求」はポルノ中毒と相互に排他的であるという信じられない主張に対処することが重要です。 他の中毒に基づく仮説を考えると、その非合理性が明らかになります。 (詳細については– 高い欲求、または単に中毒? Steele等への応答。、ドナルドL.ヒルトン、ジュニア、MDで.)

例えば、そのような論理は、病的に肥満であり、食事をコントロールすることができず、そしてそれについて非常に不幸であることが単に「食物に対する高い欲求」であることを意味するか。右? 要するに、すべての中毒者は、そのような活動の享受が寛容性または慣れのために低下したとしても、その中毒性の物質および活動(「感作」としても知られる)への「高い欲求」または欲求を有する。

ポルノ依存症自体は、「高度な性的思考、感情、およびニーズ」として現れることが多い欲求を無視することは困難です。 たとえば、コンピュータの電源を入れたり、ポップアップを表示したり、一人でいるなどの手がかりは、ポルノに対する激しい、押し付けがましい渇望を引き起こします。 一部の人は、敏感なポルノの反応を「逃げ道が27つしかないトンネルに入る:ポルノ」と説明しています。 現在、ポルノユーザー/セックス中毒者の感作(キュー反応性、使用への渇望)を報告しているXNUMXの研究があります: 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27.

「性的欲求の高さ」を示唆することは単なる希望的思考であり、中毒の存在を排除します。 中毒の訓練が不十分な人だけが、そのような軽率な結論を導きます。

Oeming、M。(2018)。 古い恐怖に対する新しい診断? 現代アメリカの談話における病理診断ポルノ ポルノ研究、5(2)、213-216. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバー、および大学院生、Madita Oeming。 より多くの引用インフレ。 それは研究ではなく、それが投稿されたセクションであるさまざまな「異常性欲のモデル」への洞察を提供しません。 実際には、それはからの別のあまり参照されていない議題主導の意見記事です ポルノ研究ジャーナル。 に Madita OemingによるVICEの最近の記事 宗教とポルノ依存症のメディアを非難することで、彼女は依存症、神経科学、ポルノユーザーに関する神経学的研究、ポルノに関する心理学的研究などについて事実上何も知らないことを認めています。

私は神経生物学者でも行動心理学者でもないので、ポルノが実際に身体的に中毒性があるかどうかを判断する専門知識がありません。 しかし、最初に、それはこの専門知識を持っている人々の間で議論されます。 WHOは現在、「強迫性性行動」を決定していますが、 明らかに「ポルノの過剰摂取」も含む 、2022から include 彼らの診断カタログで。 そして第二に、私は全く違うものを扱っています。 文化科学者として、私は詩の通訳として、ポルノは主に物語として理解しています。

詩の学生ですか?

Allianceの要約は特に不誠実であり、MindGeekによって書かれたように聞こえます。

表情的に道徳的に動機付けられた宗教的、保守的、そして反ポルノグループの他に、巨大な財政的に動機付けられた治療機器がポルノ中毒談話の原動力そして扇動者として発展しました。 [証拠?]一緒に彼らは潜在的に矛盾する研究を黙らせるために必要な任意の手段を使用することを躊躇しない強力なロビーを全国に形成する(PrauseとFong 2015、439)。

スピンについて話します。 Oemingは、性依存症のセラピストの散在するグループを「莫大な経済的動機の治療機構」と呼んでいますが、ピアレビューされた膨大な量の証拠にもかかわらず、それが引き起こしている害について否定している、遍在する経済的動機の数十億のポルノ業界を無視しています。 次に、OemingはPrauseを引用し、この「強力なロビー」は潜在的に矛盾する研究を沈黙させるために必要なあらゆる手段を使用していると宣言します。

実際には、ポルノが問題を引き起こす可能性があると示唆する人を嫌がらせや中傷するために「必要なあらゆる手段」を採用したのはプラウスです。 研究を(不当に)ブロックし、講演者をキャンセルし、研究の公開を拒否したり撤回したりするために舞台裏で働いたのはプラウスです。 プラウスの非倫理的で時には違法な行動の多くは、次のページに記載されています。

しかし、Prauseの犠牲者はさらなる報復を恐れているため、私たちが自由に解放することができないといういくつかの追加の事件が発生しました。

重要なポイント:Prauseは自分が「被害者」であると誤って主張し続けていますが、上記のページにリストされている個人および組織に対するすべての嫌がらせを始めたのはPrauseです。 これらのページの誰もニコールプラウスを嫌がらせをしていません。 彼女の「反ポルノ活動家」による「ストーキング」またはmisogynyの犠牲者であることに関する彼女の主張は、客観的なドキュメンテーションに関する1つのアイオタを欠いています。

Prauseが提供するすべての証拠は自己生成されたものです。1つの情報グラフィック、想定される嫌がらせを説明する彼女から他の人への数通の電子メール、および誤った申し立てを含む5つの偽りの停止および棄却書簡。 また、Prauseがさまざまな規制当局に提出した多数の悪意のある正式な苦情の証拠も表示されます。これらは、要約的に棄却または調査され却下されています。 彼女はこれらの偽の苦情を申し立てるように見えます、それで彼女はその後彼女の目標がすべて「調査中」であると主張することができます。

Prauseは、ツイート、Facebook、YBOPのページへのリンクなど、サイバーストーキングのターゲットとなる客観的な例を提供していません。 一方、PrauseのTwitterフィードは、かつて含まれていました 何百もの Wilsonをはじめとする多くの人を対象にした卑劣で不正確なツイートの一覧(Prauseは3,000以上のツイートを削除しました)。 簡単に言うと、Prauseは検証可能な証拠がゼロの神話を作成しました。 ポルノ業界と密接に同期しています。

Prause、N.、Steele、VR、Staley、C.、Sabatinelli、D。、およびHajcak、G。(2016) Prauseら(2015)は、中毒予測の最新の改ざんを報告しています。 生物心理学、120、159-161. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのNicole Prause氏による。 研究ではないので、より多くの引用インフレ。代わりに、この短い解説は、プラウスの非常に批判された2015 EEG研究(他の場所で議論されている)の弁護であるふりをします。 これらの9つの査読論文では、合法的に何も取り上げていませんし、失敗しています。 の査読付き批評 Prauseら。、2015 上で説明したように、 Prause et al。、2015年は、見た目とは異なります。 Prauseが彼女の唯一の、深く欠陥のあるEEG研究がポルノ中毒を暴くことを大胆に主張した間、 査読付き論文8論文に反対。 すべての9論文は同意します Prauseら、 2015 実際に より頻繁なポルノ使用者において脱感作または慣れを発見した(中毒と一致する現象)。

プラウスは、彼女がここで批評されているこの「研究」ページに切り取って貼り付けたのと同じ研究の多くを彼女の手紙の中で引用しました。 プラウスの主張とチェリーピック紙の誤用(彼女の主張に反論する何百ものものを無視している間)のすべては、ここで徹底的に暴かれました: 批評:編集者への手紙 “ Prauseら。 (2015)中毒予測の最新の改ざん“(2016)、ニコールPrause、ヴォーンR.スティール、キャメロンStaley、ディーンSabatinelli、グレッグHajcake。

Prause、N.、Janssen、E.、Georgiadis、J.、Finn、P。、およびPfaus、J。(2017)。 データは中毒性があるとしてセックスをサポートしていません。 ランセット精神医学、4(12)、899. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーによるsニコール・プラウセ、ピーター・フィン、エリック・ヤンセン、ジャニコ・ジョージアディス. 研究ではありません。 このPrauseペンで書かれた手紙 ランセット4人の同盟者(Erick Janssen、Janniko Georgiadis、Peter Finn、およびJames Pfaus)によって署名された、別の短い手紙への返信でした。 過度の性的行動は中毒性の障害ですか? (ポテンザら。 他 2017)、中毒の専門家Marc Potenza、Mateusz Gola、Valerie Voon、Ariel Kor、Shane Krausによって書かれました。

ここで、Prauseはさらにもう1つの彼女の筆記用の手紙を、性的嗜癖とポルノ中毒の存在を「非難すること」(今後の「強迫的性行動障害」として知られる)として批判する ICD-11) しかしそうではありません。 この 240ワードの意見集(Prause et al。、2017) その主張を裏付けるためにゼロ研究を引用し、依存症モデルに対抗する唯一の「証拠」として、次のような簡単に反論される文章のみを提供する。

しかしながら、実験的研究は、使用の増大、衝動の調整の困難、負の効果、報酬欠乏症候群、中止を伴う離脱症候群、寛容性、または遅発性正電位の増強などの中毒の重要な要素を支持していない。

この広範な批評、 「データはセックスを中毒性のものとして支持しない」の分析Prauseら、2017)、Prauseレターに記載されているわずかな主張をデバンクします。 それはまた、依存症の重要な要素に対する広範な経験的支持を示している。 Prause et al。 誤って州は現在の研究から欠落しています。 お分かりのように、使用の拡大、衝動の調整の難しさ、悪影響、報酬不足症候群、禁断症状、および寛容性/慣れはすべて、ポルノユーザー/ CSB対象者に関する多数の研究で確認されています。 さらに、感作、(手がかり反応性/欲求)、欲求不満の高まり、前頭前野の機能不全、およびストレス反応の不全など、中毒に認められている神経学的要素はすべてこれらのいくつかで報告されている。 42神経科学ベースの研究

ちなみに、Prauseの4人の共同署名者のうち3人は ランセット 彼女の以前の2016にも名前を貸しました ソルトレーク·トリビューン Op-Ed攻撃新薬との戦い そしてインターネットポルノにおけるその位置づけ。 それ ソルトレーク·トリビューン 600-word Op-Edは、一般の人々を誤解させるように計算されたサポートされていないアサーションであふれていました。 そして、その作者、Prauseとその友人たちは、彼らがした一つの主張を支持することができませんでした。 Op-Edは4論文だけを引用しました - それらのどれもポルノ中毒、関係に対するポルノの効果、またはポルノによって誘発された性的問題とは何の関係もありませんでした。 何人かの専門家が、Prause Op-Edの解体について回答しました。 Op-Ed:誰がまさにポルノに関する科学を誤って表現しているのですか? (2016)。 最初の論説の「神経科学者」とは異なり、回答者は引用しました 数百の研究と文献の複数のレビュー それは彼らの声明を支持した。

Prause'sに目を向ける ランセット 努力、私達は5つのうちの1つではないことに言及するべきです Prause et al。2017の署名者はこれまでに以下の研究を発表しています。 ポルノやセックスの常習者を確認した。さらに、Prause'sに署名した人もいます ランセット 手紙がある ポルノやセックス依存症の概念を熱狂的に否定し攻撃してきた歴史 (このようにしてはっきりした偏見を示している) 対照的に、5つのそれぞれ ポテンザ等。 2017の共著者(この主題に関する最初の手紙を書いたのは ランセット) 強迫的な性行為障害を有する被験者を含む複数の研究を発表している(ポルノ使用者および性中毒者に関する画期的な脳研究を含む)。

Walton、MT、&Bhullar、N。(2018) 衝動制御障害としての強迫的性行動:野外研究データを待っています。 性的行動のアーカイブ、1-5。 Webへのリンク

分析: 研究ではありません。 これは、アライアンスのメンバーであるジェームズ・カンターと定期的に論文を共著している3人の性科学者(どちらも神経科学者ではない)による解説です。 より多くの引用インフレとチェリーピッキング。 この25ページの解説では、XNUMXの論文のみを引用しています。XNUMXつは独自の論文で、XNUMXつはアライアンスメンバーによるものです。 解説は、 43神経科学に基づく研究 CSBの主題またはポルノユーザーに公開されています。 「SexhaviorCycle」に関するウォルトンの解説を引用する代わりに、なぜデニールはそのジャーナルの同じ版で出版されたこれらのより責任のある解説を提供しなかったのですか?

そうそう、彼らはデニールの議題に合わない。

レイ、DJ(2018)。 公衆衛生危機法の背後にある偽科学 ポルノ研究、5(2)、208-212。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーによる デビッドレイ。 研究ではありません。 Ley'sの1つのように読める不機嫌そうな、不正確な、プロポルノ宣伝作品 心理学今日 ブログ投稿。 YBOPは、非常に疑わしい記事で発表されたレイの意識の流れに対処する必要はないと感じました。 ポルノ研究ジャーナル。 すべてのLeyの話のポイントを完全にデビューするために、YBOPはこの記事を提案します - Philip Zimbardoに対するDavid Leyの反応を解体します。私達はポルノの討論において良い科学に頼らなければなりません(3月、2016)あるいは、このレイの最も悪名高い宣伝文の大規模な解体 - の批判皇帝は服を着ていない: 'ポルノ中毒'モデルのレビュー」(2014)、David Ley、Nicole Prause、Peter Finn。 より多くの引用インフレーション。

注: Leyら、 2014はジャーナルによって出版されました 現在の性的健康レポート 彼らの「現在の論争セクション」で。 論争セクションの編集者、したがってレイの論文は、仲間のアライアンスメンバーであるチャールズモーザーでした。 その後、モーザーはレイとプラウスと協力して、ポルノ中毒を「デバンク」しました。 2月の2015カンファレンス 女性の性の健康の研究のための国際社会の:レイ、プラウス、モーザーそしてその後 現在の性的健康レポート 編集長Perelmanが2時間のシンポジウムを開催しました。 「ポルノ依存症、性依存症、または単に別のOCD?」 これらのデニールは、何年もの間、議題を持ってチームとして働いてきました。

Prause、N.、Steele、VR、Staley、C.、Sabatinelli、D。、およびHajcak、G。 (2015) 問題のある利用者およびコントロールにおける性的イメージによる遅発性ポジティブポテンシャルの調節「ポルノ中毒」と矛盾する。 生物心理学、109、192-199. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーによる Nicole Prause. 上述したように、 Prause et al。、2015年は、見た目とは異なり、何も改ざんしていません。 Prauseが彼女の唯一の、深く欠陥のあるEEG研究がポルノ中毒を暴くことを大胆に主張した間、 8の査読済み論文が同意しない。 8つの論文すべてが同意しています Prauseら、 2015は、より頻繁なポルノユーザーに脱感作または慣れを見つけた可能性があります(中毒と一致する現象)の査読付き批評 Prauseら。、2015

結果:対照と比較して、「ポルノ鑑賞を規制する問題を抱えている個人」は、バニラポルノの写真への1秒間の曝露に対する脳の反応が低かった。 の リードの著者 これらの結果を主張するデバンクポルノ中毒。" 何 正当な科学者 彼らの唯一の変則的な研究は 十分に確立された研究分野?

実際には、 Prause et al。 2015と完全に揃う Kühn& ガリーナt(2014), より多くのポルノ使用が、バニラポルノの写真に応答してより少ない脳活性化と相関することを発見した。 Prauseら。 結果はまた、 Banca et al。 2015 これはこのリストの#13です。 さらに、 別のEEG研究 女性でのポルノの使用が増えると、ポルノに対する脳の活性化が少なくなることがわかりました。 脳波の測定値が低いということは、被験者が写真にあまり注意を払っていないことを意味します。 簡単に言えば、頻繁なポルノユーザーはバニラポルノの静止画像に鈍感でした。 彼らは退屈していた(慣れているか鈍感である)。 これを見る 広範なYBOP批評.

Prauseは、彼女のEEG測定値が「手がかり反応性」を評価したと宣言しました(感作癖ではなく) たとえPrauseが正しかったとしても、彼女は自分の「偽造」主張の中のギャップの穴を都合よく無視します。 Prause等。 2015 24の他の神経学的研究では、頻繁なポルノユーザーの手がかり反応性が低いことが判明しています。強迫的なポルノユーザーの手がかり反応性または欲求(感作)を報告しています。 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27.

科学は重大な方法論の欠陥によって妨げられた唯一の異常な研究とは合いません。 科学は証拠の優位性を伴う 議題主導である).

おそらくあなたは、なぜプラウスの最初で最も有名なEEG研究がアライアンスの研究リストに含まれていないのか疑問に思っているでしょう: 性的欲求は、性器過敏ではなく、性的画像によって誘発される神経生理学的反応に関連するSteele et al。、2013)。 結局のところ、それは宣伝されました メディアで ポルノ/セックス依存症の存在に対する証拠として。 さらに、David Ley氏と研究スポークスマンNicole Prause氏は、 心理学今日 についてのブログ投稿 Steeleら2013は、ポルノであなたの脳 - それは中毒性ではありません。 (Gary Wilsonと彼のウェブサイトをもう一度ターゲットにします)。

理由は次のとおりです: Steeleら。 の直接の反対にある所見を報告した Prauseら、 2015の調査結果 あるいは、2つのEEG研究の要約を比較すれば、そう思うでしょう。 実際には, Steeleら。 - お気に入り Prause etal。 – ポルノ中毒とポルノ使用の両方を規制する性的欲求の下方支援 どうして? Steele et al。 より高いEEG測定値を報告した (中立的な写真と比較して)対象がポルノ写真に短時間さらされたとき。 研究は、常習者が彼らの常習に関連した手がかり(画像など)にさらされたときにP300の上昇が起こることを一貫して示しています。 驚いたことに、スポークスマンのPrauseは、ポルノユーザーは単に「高いリビドー」を持っていたと主張しました、それでも研究の結果は言います 正反対の (被験者の性交渉の欲望は、ポルノの使用に関して低下していた)。

これら二つを一緒に Steele et al。 調査結果は、手がかり(ポルノ画像)に対する脳の活動が大きいが、自然な報酬(人とのセックス)に対する反応性が低いことを示しています。 それが中毒の特徴である感作と脱感作です。 XNUMXつの査読論文が真実を説明しています: の査読付き批評 Steele et al。、2013

報道陣の多くの支持されていない主張を除けば、Prauseの2013 EGG調査は、深刻な方法論的欠陥を抱えているため、ピアレビューに合格している 異種(男性、女性、非異性); 2)被験者は 精神障害または中毒のために上映されない; 3)の研究では 比較対照群なし; 4)アンケートは ポルノの使用やポルノの中毒には有効ではない. Steele at al。 これらの4文学レビューと解説のうち21だけが非常にひどい欠陥があります それを言及する気になる2人はそれを容認できないジャンクサイエンスとして批判し、2人はそれをパートナーとのセックスに対する欲求の少なさとキューの反応性を相関させるものとして引用している(依存症の兆候)。

それを知っておくことは重要です Prause et al。、2015 そして Steele et al。、2013 〜を持っていた 同じ科目。 なぜこのグループの2回目の調査ですか? なぜなら Steele et al。 比較対照群がなかった! そう Prauseら、2015 の2013科目を比較 Steeleら。、2013 実際の対照群に対して(もちろん、この驚きは上記と同じ方法論的欠陥に苦しんだが)。 結果:対照と比較して、「ポルノ鑑賞を規制する問題を経験している個人」は、バニラポルノの写真への1秒間の曝露に対する脳の反応が低かった。 Prauseの2つのEEG研究の実際の結果:

  1. Steele et al。、2013:ポルノに対する手がかり反応性がより高い個人 less パートナーとのセックスを望みますが、それ以上にオナニーをする意欲はありません。
  2. Prause et al。、2015:「ポルノ中毒ユーザー」は less バニラポルノの静止画像への脳活性化 より低いEEGの読みは、「ポルノ中毒」の被験者が写真にあまり注意を払っていなかったことを意味します。

これは、Prauseの2つのEEG研究を批評するスペインの主要な研究室の性医学医師によるレビューです。 Steeleら。、2013& Prause et al。、2015: オンラインポルノ依存:私たちが知っていることとそうでないこと - 系統的レビュー (2019)。 (注:引用105は スティール、引用107は Prause.)

この神経活動シグナル伝達欲求の証拠は、前頭前野で特に顕著です。101]と扁桃体[102,103]、感作の証拠である。 これらの脳領域での活性化は経済的な報酬を彷彿とさせます[104]それは同様の影響をもたらす可能性があります。 さらに、これらのユーザーのEEG測定値はより高く、パートナーとのセックスに対する欲求の低下もありますが、ポルノへのオナニーのためのものではありません。105]、勃起の質の違いにも反映するもの[8]。 これは脱感作の兆候と考えることができます。

ただし、スティールの研究には、考慮すべきいくつかの方法論上の欠陥が含まれています(被験者の異質性、精神障害または依存症のスクリーニングの欠如、対照群の欠如、ポルノの使用について検証されていないアンケートの使用)[106]。 Prauseによる研究[107]、今回は対照群とともに、これらのまさにその知見を再現した。 サイバーセックス依存症の発症における手がかり反応性および渇望の役割は、同性愛者の女性において裏付けられている。108]および同性愛者の男性サンプル[109].


青少年課

文脈/現実:いつものように、Denier's Alliance(RealYBOP)は、ジャーナリストや一般の人々にポルノの使用は青少年にとって無害であると欺くために、ほんの一握りの外れ値の研究やフィラーを提供しています。 他のセクションと同様に、アライアンスは文献やメタアナリシスのレビューを提供していません。 アライアンスがポルノと「若者」(青年)に関するこれらの14の文献レビューを省略したのはなぜですか。 レビュー#1, review2, レビュー#3, レビュー#4, レビュー#5, レビュー#6, レビュー#7, レビュー#8, レビュー#9, レビュー#10, レビュー#11, レビュー#12, レビュー#13, レビュー#14, レビュー#15, レビュー#16.

なぜ同盟を結ぶのか 280研究をすべて省略した この包括的なリストで 青年期に対するポルノの影響を評価する査読論文? 答えは明らかです。レビューは、個々の研究の大多数と同様に、アライアンスのポルノを支持する議題と一致していません。 ここでは、関連する抜粋とともに、アライアンスが省略したレビューを示します。

インターネットポルノグラフィーが結婚と家族に与える影響:調査のレビュー (2006) - 抜粋:

しかし、インターネットポルノの全身的影響を調べることは比較的未知の領域であり、体系的に焦点を絞った研究の内容は限られています。 存在する研究のレビューが行われ、多くの否定的な傾向が明らかにされました。 インターネットポルノが結婚や家族に与える影響についてはほとんどわかっていませんが、入手可能なデータは、政策立案者、教育者、臨床医、研究者にとって十分な情報となります。

子供と青年への直接の影響以下の効果は、自分でポルノを使用または遭遇する子供と青年に最も大きな影響を与えると考えられています。

1 違法行為にもかかわらず、青少年はポルノ素材に容易にアクセスでき、これは外傷性、ゆがみ、虐待、および/または中毒性の影響を与える可能性があります。

2 青少年は、性的に露骨なコンテンツをオンラインで閲覧することを一般に求められ、騙され、誤解され、または「ネズミ捕り」されています。

3 ポルノへの曝露は若者に永続的な印象を与える可能性があり、この印象は嫌悪感、ショック、恥ずかしさ、怒り、恐怖、悲しみなどの感情を使って表現されることが最も多いことが研究によって示されています。

4 インターネットポルノの消費および/または性的チャットへの関与は、若者の社会的および性的発達を害し、将来の関係における彼らの成功を損なう可能性があります。

5 青年期のポルノ消費は、性交の早期発症、ならびにアナルセックスへの関与の可能性の増加、および彼らが恋愛関係にない人々との性的関係に関連しています。

因果関係の主張を評価する若者の性的行動に対するマスメディアの影響(2011)

主流のマスメディアが若者の性的行動に与える影響に関する研究は、マスメディアに実質的な性的内容があるという長年の証拠にもかかわらず、蓄積が遅れています。 しかし、性的メディア効果の展望は近年、大幅に変化しています。多くの分野の研究者が、性的社会化奨学金のこの重要な分野に取り組むための呼びかけに答えているからです。。 この章の目的は、性的行動の影響に関する蓄積された研究のサブセットを検討して、この一連の作業が因果関係の結論を正当化するかどうかを判断することです。 Tこの目的を達成するために、Cook and Campbell(1979)によって明確にされた因果推論のための標準が採用されています。 今日までの研究は、各基準について実証の限界を超えており、マスメディアはほぼ確実に米国の若者の性行動に因果的影響を及ぼしていると結論づけられている。

青年に対するインターネットポルノグラフィーの影響:研究のレビュー (2012) –結論から:

青少年によるインターネットへのアクセスの増加は、性教育、学習、そして成長のための前例のない機会を生み出しました。 逆に、文献で明らかになっている危害の危険性により、研究者はこれらの関係を解明するためにオンラインポルノへの青年期の曝露を調査するようになった。 まとめると、これらの研究はポルノを消費する若者に次のことを示唆しています。 非現実的な性的価値観や信念が生まれる可能性があります。 調査結果の中で、より高いレベルの寛容な性的態度、性的先入観、および以前の性的実験は、ポルノのより頻繁な消費と相関しています…。

それにもかかわらず、暴力を描写するポルノの思春期の使用と、性的に攻撃的な行動の程度の増加とを結びつける一貫した調査結果が浮上しています。 文献は、思春期の若者のポルノの使用と自己概念の間のいくつかの相関関係を示しています。 女の子はポルノ素材で見る女性よりも身体的に劣っているように感じますが、男の子はこれらのメディアで男性ほど男性的ではないか、実行することができないのではないかと恐れています。 思春期の若者はまた、自信と社会的発達が高まるにつれて、ポルノの使用が減少したと報告しています。 さらに、研究は、特にインターネットで見られるポルノを使用する青年は、社会的統合の程度が低く、行動の問題が増加し、非行行動のレベルが高く、抑うつ症状の発生率が高く、介護者との感情的なつながりが少ないことを示唆しています.

新世代の性的嗜癖 (2013) –厳密にはレビューではありませんが、若い強迫ポルノユーザーと「古典的な」CSB科目を区別した最初の論文の1つです。 結論:

性依存症は、XNUMXつの独特の病因によって区別される可能性があることが提案されています。 「現代的な」中毒者は、高度に性的な文化の中でグラフィックサイバーセクシュアルコンテンツへの早期および慢性的な曝露が性的衝動を促進するのに対し、「古典的な」中毒者は、トラウマ、虐待、愛着障害、衝動調節障害、恥によって引き起こされるという点で特徴的であることが示唆されていますベースの認知、および気分障害。 どちらも同様の症状(強迫行動、気分障害、関係障害)を共有している可能性がありますが、病因と治療のいくつかの側面は異なる可能性があります。

「古典的な」性的嗜癖は、非常に議論されていますが、研究、プロのコミュニティ、そして大衆文化において大きな注目を集めています。 認定された性的嗜癖療法士養成が米国中で行われているという範囲でさえ、広く普及しているわけではないが、治療法の選択肢は多様で利用可能である。

しかし、「現代的な」性依存症は、特に子供や青年にとって、未踏の現象です。 研究と文献は乏しく、興味深いことに、米国以外の国から出版されることがよくあります(He、Li、Guo、&Jiang、2010; Yen et al。、2007)。 若い女性と性依存症に関する研究は事実上存在しません。 性依存症の訓練を受けた子供および青年期のセラピストによる専門的な治療は非常にまれです。 しかし、かなりの数の子供、青年、および若年成人がまさにそのような専門的な治療を必要としており、専門家コミュニティは対応が遅れています。 性的強迫行動に苦しんでいる私たちの人口の中で最年少の人々のニーズに適切に応えるために、研究、対話、および教育が緊急に必要とされています。

ニューメディアの性的内容は、若者の性的リスク行動と関連がありますか? 系統的レビューとメタアナリシス (2016) - 要約から:

結果について デザインはすべて横断的な14の研究が選択基準を満たしていた。 6件の研究(10 352参加者)が若者のSEWへの曝露を調べ、8件(10 429参加者)が性交を調べた。 ばく露と転帰の定義には研究間でかなりの差があった。 メタアナリシスは、SEWばく露がコンドームのない性交と相関していることを見出した。 性交は、性交、最近の性行為、性交前のアルコールその他の薬物使用、および複数の最近の性的パートナーがこれまでに経験したことのあることと相関していました。 ほとんどの研究は重要な潜在的交絡因子に対する調整が限られていた.

結論: 横断研究は、ニューメディアの性的内容への自己申告による曝露と若者の性的行動との間に強い関連性を示しています。 縦断的研究は、交絡を調整するためのより大きな機会を提供し、観察された関連の根底にある原因となる経路へのより良い洞察を提供するでしょう。

メディアとセクシュアライゼーション:実証研究の現状、1995〜2015 (2016) –要約から:

このレビューの目的は、メディアのセクシュアライゼーションの効果をテストする実証的調査を総合することでした。 焦点は1995と2015の間の査読付きの、英語のジャーナルで発表された研究にあった。 109研究を含む135出版物の合計がレビューされましたを選択します。 実験結果と通常の日常的なこの内容への暴露の両方が、より高いレベルの身体的不満、より大きな自己客観化、性差別的信念および敵対的な性的信念のより高い支持などを含む一連の結果に直接関連するという一貫した証拠女性に対する性的暴力の容認。 さらに、このコンテンツに実験的にさらされると、女性と男性の両方が、女性の能力、道徳、および人類性についての見方が薄れることになります。.

青年とポルノ:20年の研究のレビュー (2016) –要約から:

このレビューの目的は、に掲載された実証的研究を体系化することでした。 1995と2015の間の査読付き英語ジャーナル 青年期のポルノ使用の有病率、予測因子、および影響について。 この調査は、青年がポルノを使用していることを示しましたが、有病率は大きく異なりました。 ポルノを頻繁に使用した青年は男性であり、より発達した思春期の段階にあり、感覚探求者であり、そして弱いまたは問題のある家族関係を有していた。 ポルノグラフィーの使用は、より寛容な性的態度と関連しており、より強い性別 - ステレオタイプの性的信念と関連する傾向がありました。 それはまた、犯罪と被害の両方の観点から、性交の発生、カジュアルな性行為の経験の増加、および性的攻撃の増加に関連しているようです。.

性的に露骨な素材の使用と青年期の態度および行動の間の縦断的関連性:研究の叙述的レビュー (2017) - 抜粋:

このレビューでは、青少年の態度、信念、行動に対する性的に露骨な内容の影響を調べる縦断的研究を分析しました。

この研究の目的は、青少年に対する性的に露骨なマテリアル使用の影響に焦点を当てた縦断的研究の物語的レビューを提供することでした。 この研究では、性的に露骨な素材と青少年の態度、信念、行動の間の直接的な関係が多数報告されています。 性的に露骨な素材は、いくつかのセクシュアリティ関連の態度、性別に関連したステレオタイプの信念、性交の可能性、および性的に攻撃的な行動に影響を与えるように見えました。

T彼は、性的に露骨な資料の使用が、性的先入観(Peter&Valkenburg、2008b)、性的不確実性(Peter&Valkenburg、2010a; van Oosten、2015)など、さまざまな青年の態度や信念に影響を与える可能性があることを発見した研究をレビューしました。女性の性的客観化(Peter&Valkenburg、2009a)、性的満足(Peter&Valkenburg、2009b)、娯楽的で寛容な性的態度(Baams et al。、2014; Brown&L'Engle、2009; Peter&Valkenburg、2010b)、ファルケンブルフジェンダーの役割態度(Brown&L'Engle、2009)と身体監視(Doornwaard et al。、2014).

青年期および新興の成人の交際および性的暴力の態度および行動に対する性的メディアへの露出の影響:文献の批評的レビュー (2017) - 要約:

デート・バイオレンス(DV)と性的暴力(SV)は、青少年と新興成人の間で広まっている問題です。 増え続ける文献は、性的に露骨なメディア(SEM)および性的に暴力的なメディア(SVM)への露出がDVおよびSVの危険因子であることを示しています。 この記事の目的は、DVおよびSVの態度と行動に対するSEMおよびSVMへの暴露の影響に関する体系的かつ包括的な文献レビューを提供することです。 思春期および新興の成人サンプルを利用した合計43の研究をレビューしましたが、これらの調査結果をまとめると次のことがわかります。

(1)SEMおよびSVMへの暴露は、DVおよびSVの神話と正に関連しており、DVおよびSVに対する態度をより受け入れています。

(2)SEMおよびSVMへの暴露は、実際および予想されるDVおよびSVの被害、加害、傍観者の介入なしに正の関連があります。

(3)SEMおよびSVMは、女性のDVおよびSVの態度および行動よりも、男性のDVおよびSVの態度および行動に強い影響を与えます。 そして

(4)DVとSVに関連する既存の態度とメディアの好みは、SEMとSVMの露出とDVとSVの態度と行動の関係を緩和します。

思春期ポルノの使用:研究動向2000-2017の系統的文献レビュー。 (2018) –ユーザーに対するポルノの影響に関連するセクションからの抜粋:

この体系的な文献レビューの目的は、その分野における研究の関心をマッピングし、統計的に有意な結果が研究の焦点の分野から出てきたかどうかを調べることです。

性に対する態度– 全体的に、21研究は青年期の性的態度とPUに関連した性に対する行動を調べた。 驚くことではないが、ポルノ素材を消費する意図は主に、PUを考慮した正規化された態度の認識、および青年の性的態度や性行動への重大な影響に関連している。.

開発– 直感に反して ポルノを見ることは価値観の発達に影響を与えることがわかっています。。 驚くことではないが、ポルノを見ることは、性別とは無関係に、世俗化効果をもたらし、青少年の宗教性を時間の経過とともに低下させることが示されている。

被害者– 暴力的/堕落したポルノへの暴露は、危険にさらされている行動に関連した青年期の間では一般的であるように思われ、そして特に女性にとって、それは犠牲化の歴史と相関しています。 それにもかかわらず、他の研究は、ポルノへの曝露は危険な性行動との関連性を持たず、ポルノへの曝露の意欲は一般に青少年の間で危険な性行動に影響を及ぼさないように思われました。 それにもかかわらず、oこれらの調査結果は、全体的な意図的なPUへの曝露が、思春期の若者のより高い行動問題、より高いオンライン性的勧誘の犠牲化、および性的強制の虐待を伴うオンラインの性的勧誘の犯罪と関連していることを示しています。.

メンタルヘルスの特徴結論として、心理社会的健康の低下とPUの間の関連性を確認していない研究がいくつかあるにもかかわらず、青年期のPUの上昇は感情的な高さに関連する傾向があるという例えば。 うつ病)および行動上の問題。 その行では、Luder 。 PUとうつ病性徴候との間に、より高いリスクを示している男性との関連における性差が示唆された。 この所見は、思春期の男子における性的に露骨なインターネット教材の強制的な使用の発達に、より悪い心理的福祉要因が関与していることを明らかにする縦断的研究と一致していた。

社会の絆– 全体的に見て、 ポルノのためにインターネットを利用する思春期の頻繁な利用者は、情報、社会的コミュニケーションおよび娯楽のためにインターネットを利用する思春期の若者と多くの社会的特徴において異なる傾向があるというコンセンサスがあるように思われる.

オンライン使用特性– 本レビューに含まれている15研究のうち、57でオンライン使用特性を調査した。 これらは、オンラインポルノおよび性的勧誘の被害にさらされた青年の共通の特徴には、オンラインゲームの使用、インターネットのリスク行動、うつ病およびいじめの兆候、ならびに自発的な性的オンライン暴露のレベルが含まれることを示唆しています.

思春期の性的行動– APUに関する青年期の性行動は11研究で研究され、すべての研究が有意な結果を報告した。 Doornwardによって行われた研究 。 明白なインターネット教材の使用を含む強迫的な性行動を持つ青年期の少年たちは、低レベルの自尊心、高レベルの鬱病および高レベルの過度の性的関心を報告していることがわかった。 その文脈において、他の研究は、性的に露骨な素材とソーシャルネットワーキングサイトの使用に従事しているとわかった男児がより多くの同僚の承認を受け、彼らの性的関与を考慮したより大きな経験を示したことを示している。 さらに、ポルノの頻繁な使用を実証した少年たちは、若い年齢で性的なデビューをし、性的な出会いのより広い範囲に従事する傾向がありました.

性的に露骨なインターネット資料の消費と未成年者の健康への影響:文献からの最新の証拠 (2019) - 要約から:

2018で3月にPubMedとScienceDirectを検索し、「(ポルノまたは性的に露骨なインターネット素材)AND(思春期または子供または若い)AND(影響または行動または健康)AND」と検索しました。 2013と2018の間で公表された結果を分析し、以前の証拠と比較した。

選択された研究(n = 19)によると、オンラインポルノの消費といくつかの行動的、心理物理的および社会的結果との関連–早期の性的デビュー、複数および/または時折のパートナーとの関わり、危険な性的行動のエミュレート、歪んだ性役割の同化、機能不全身体認識、攻撃性、不安または抑うつ症状、強迫的なポルノの使用–確認済み.

未成年者の健康に対するオンラインポルノの影響は関連性があるようです。 この問題はもはや無視することはできず、世界的かつ学際的な介入によって標的にされなければならない。 この問題をターゲットにした教育プログラムによって両親、教師そして医療従事者に力を与えることは、未成年者がポルノについての批判的思考スキルを伸ばし、その使用を減らし、発達ニーズによりふさわしい情緒的・性的教育を得ることを手助けします。

児童の権利レンズを通してポルノを見る(2019) –いくつかの抜粋:

示された悪影響には、以下が含まれますが、これらに限定されません:(1)女性に対する退行的な態度(Brown&L'Engle、2009; Peter&Valkenburg、2007; Peter&Valkenburg、2009;Häggstrom-Nordin、et al。、2006) ; (2)一部の亜集団における性的攻撃(Ybarra&Mitchell、2005; Malamuth&Huppin、2005; Alexy、et al。、2009); (3)社会的不適応(Mesch、2009; Tsitsika、2009); (4)性的関心(Peter&Valkenburg、2008a); (5)強制力(Delmonico and Griffin、2008; Lam、Peng、Mai、and Jing、2009; Rimington and Gast、2007; van den Eijnden、Spijkerman、Vermulst、van Rooij、and Engels、2010; Mesch、2009)。

追加の調査によると、ポルノは子供を性的虐待関係に育て、誘惑するために使用されています(Carr、2003;「オンライングルーミング」、nd、2015;国連薬物犯罪事務所、2015)。 2018年XNUMX月に実施された児童性的虐待の被害者と協力する最前線のサービスプロバイダーへのインタビューは、プロバイダーが子供たちの間でのピア性的虐待の事件の増加と思われるものを目撃しており、加害者はこれらの事件の多くでポルノに一般的にさらされていたことを文書化しています(Binford、Dimitropoulos、Wilson、Zug、Cullen、およびRieff、未公開).

特に児童のポルノへの曝露の潜在的な影響に焦点を当てた文献に加えて、若い成人を含む成人へのポルノの曝露の影響を考慮したはるかに多くの文献があります。 児童のポルノへのばく露に焦点を当てた研究と同様に、これらの研究はポルノのばく露と社会的孤立、不正行為、うつ病、自殺念慮、学術的離脱などの社会的不適応との関係も示唆している (Tsitsika、2009; Bloomら、2015; Campbell、2018)。

少女がポルノにさらされていることを子どもが示唆している研究は、それが自己の構成要素に影響を与えることを示唆している (ブラウン&レングル、2009年)。

子供の頃ポルノにさらされている男の子も同様の効果を示します。 彼らはパフォーマンスと体の不満をめぐる不安を伝えます (「Child Safety Online」、2016、Jones、2018)。

ポルノへのばく露と女性に対する性差別的見解との間には相関関係があるように思われる (Hald、Kuyper、Adam、およびde Wit、2013; Hald、Malamuth、およびYuen、2010)。

ポルノにさらされている男女の子供は、アナルセックスやグループセックスなど、彼らが見る行為が仲間の間で典型的であると信じる可能性が高くなります(Livingstone&Mason、2015)。 ポルノにさらされている男女の青年は、より早く性的に活発になる可能性が高く(Brown&L'Engle、2009; Owens、etal。2012)、複数のパートナーがいます(Wright&Randall、2012; Flood、2009、p。 389)、そして有料のセックスに従事する(Svedin Akerman、&Priebe、2011; Wright&Randall、2012).

青年期の脳の構成要素と性的に露骨な物質(2019)に対するその独特の感受性 いくつかの抜粋:

青年期の脳のユニークなパラダイムは次のとおりです。1)未熟な前頭前野と過敏な大脳辺縁系および線条体回路(Dumontheil、2016; Somerville&Jones、2010; Somerville、Hare、&Casey、2011; Van Leijenhorst etal。 、2010; Vigil et al。、2011); 2)神経可塑性の期間の延長(McCormick&Mathews、2007; Schulz&Sisk、2006; Sisk&Zehr、2005; Vigil et al。、2011); 3)過活動ドーパミンシステム(Andersen、Rutstein、Benzo、Hostetter、&Teicher、1997; Ernst et al。、2005; Luciana、Wahlstrom、&White、2010; Somerville&Jones、2010; Wahlstrom、White、&Luciana、2010) ;

4)顕著なHPA軸(Dahl&Gunnar、2009; McCormick&Mathews、2007; Romeo、Lee、Chhua、McPherson、&McEwan、2004; Walker、Sabuwalla、&Huot、2004); 5)テストステロンのレベルの増加(Dorn et al。、2003; Vogel、2008; Mayo Clinic / Mayo Medical Laboratories、2017); 6)青年期の組織的ウィンドウ中の脳の発達に対するステロイドホルモン(コルチゾールとテストステロン)の独特の影響(Brown&Spencer、2013; Peper、Hulshoff Pol、Crone、Van Honk、2011; Sisk&Zehr、2005; Vigil et al。、2011).

Blakemoreとその同僚は、思春期の脳の発達の分野を先導しており、劇的な脳の再編成が行われているため、10代は敏感な時期と見なされるべきだと考えています(Blakemore、2012)。 思春期の間に最も変化を受ける脳の領域は、内部統制、マルチタスクおよび計画を含む(Blakemore、2012)。

BlakemoreとRobbins(2012)は、思春期を危険な意思決定に結び付け、この特徴は、思春期の間の比較的ゆっくりとした線形のインパルス制御と反応抑制と、報酬システムの非線形発達との間の解離に起因した。思春期の報酬.....

ポルノインターネットサイトのまれな使用と頻繁な使用の両方が、ギリシャの青年の間の社会的不適応と有意に関連していた(Tsitsika et al。、2009)。 ポルノの使用は、割引の遅延、または即時の報酬を支持して将来の結果を割引する個人の傾向に寄与しました(Negash、Sheppard、Lambert、およびFincham、2016年)。 Negashらは、平均年齢が19歳と20歳のサンプルを使用しましたが、著者はこれを生物学的に青年と見なしていると強調しました。.....

思春期の脳のユニークなパラダイムと性的に露骨な素材の特性を考慮して、ワーキングモデルの要約を提案します。 独特の思春期の脳と性的に露骨な素材に関連する重要な分野の重複は注目に値する。

性的に露骨な素材にさらされると、扁桃体とHPA軸の刺激は、成人と比較して青年期に強化されます。 これは、青年期の前頭前野のより顕著な抑制と大脳基底核の活性化の強化につながります。 したがって、この状態は、抑制と自己制御を含む実行機能を危険にさらし、衝動性を高めます。 青年期の脳はまだ発達しているので、神経可塑性を助長します。

いわば「オフライン」になる前頭前野は、皮質下の発達に有利な微妙な再配線を推進します。 神経可塑性の不均衡が時間の経過とともに続く場合、これは、より優勢な皮質下回路を支持して比較的弱体化した皮質回路をもたらす可能性があり、青年期に継続的な自己満足と衝動性を起こしやすくする可能性があります。 青年期の側坐核、または脳の快楽の中心地は、成人と比較して誇張された刺激を持っているでしょう。 ドーパミンのレベルの上昇は、喜びや渇望など、ドーパミンに関連する感情の増大につながります(Berridge、2006; Volkow、2006)…。

青年期の発達の組織的なウィンドウのために、コルチゾールとテストステロンは、脳の組織化またはさまざまな神経回路の固有の生存能力に独特の影響を及ぼします。 この特定の組織のウィンドウが閉じているため、この効果は成人には見られません。 コルチゾールへの慢性的な曝露は、青年期の組織期間中に、成人期を通してさえ認知機能の低下とストレス回復力をもたらす神経可塑性を促進する可能性があります(McEwen、2004; Tsoory&Richter-Levin、2006; Tsoory、2008; McCormick&Mathews、 2007; 2010)。

思春期後の扁桃体の頑健性は、少なくとも部分的には、重要な青年期の発達期間中のテストステロン曝露の大きさに依存します(De Lorme、Schulz、Salas-Ramirez、&Sisk、2012; De Lorme&Sisk、2013; Neufang et al。、2009; Sarkey、Azcoitia、Garcia- Segura、Garcia-Ovejero、&DonCarlos、2008)。 頑強な扁桃体は、感情のレベルの上昇と自己調節の低下に関連しています(Amaral、2003; Lorberbaum et al。、2004; De Lorme&Sisk、2013)…..

性的態度、知覚された対等規範、および性行動への主流の性的メディア曝露の寄与:メタ分析 (2019) - 抜粋:

何十年もの研究がメディアの性的内容の非明示的な描写への露出の影響を調べました。 このトピックに関するメタアナリシスは1つだけです。これは、「セクシーメディア」にさらされても性行動にほとんどまたはまったく影響がないことを示唆しています。。 既存のメタアナリシスには多くの制限があり、この最新のメタアナリシスの目的は、性的メディアへの露出とユーザーの態度および性的行動との関連を調べることでした。

関連記事を見つけるために徹底的な文献検索が行われました。 各研究は、性的メディアへのばく露と性的態度(寛容な態度、仲間の規範、強姦の神話)および性行動(一般的な性行動、性的開始の年齢、危険な性行動)を含む6つの結果のうちの1つとの関連をコード化した。

全体的に見て、このメタアナリシスは、メディアへの露出と性的態度、そして複数のアウトカム指標と複数のメディアにまたがる行動との間の一貫した強固な関係を示しています。 メディアは性行為を非常に普及した、娯楽の、そして比較的危険のないものとして描写し[3]、そして我々の分析は視聴者自身の性的意思決定が部分的にこれらのタイプの描写を見ることによって形作られるかもしれないことを示唆する。 我々の調査結果は前のメタアナリシスとは正反対であり、それはメディアの性行為への影響が自明であるか存在しないことを示唆している[4]。 以前のメタアナリシスは38効果サイズを使用し、「セクシーな」メディアは性的行動と弱く自明に関連していた(r = .08)のに対し、現在のメタアナリシスは10×効果サイズの量(n = 394)を使用した。そしてサイズのほぼ2倍の効果があることがわかりました(r = .14)。

まず、性的メディアへのばく露と10代および10代の若者の許容的な性的態度および同僚の性的経験の認識との間に正の関連があることを見出した。

第二に、性的メディアコンテンツへの露出は、一般的なレイプ神話のより大きな受け入れと関連していました。

最後に、性的メディアへのばく露は、性的開始年齢、全体的な性的経験、および危険な性行動を含む性行動を予測することがわかった。 これらの結果は複数の方法論にまたがって収束し、メディアが若い視聴者の性的経験に貢献するという主張の裏付けとなる。

メタアナリシスは、関心のあるすべての変数にわたる性的態度および行動に対する性的メディアの露出の重大な影響を示しましたが、これらの影響はいくつかの変数によって緩和されました。 最も注目に値するのは、すべての年齢層に対する重大な影響が明らかになったことです。 しかしながら、 思春期の若者の場合、新興の成人の場合の2倍以上の効果がありました。これは、年上の参加者は、若年の参加者よりも実際に比べて比較的経験が豊富である可能性が高いという事実を反映しています[36、37]。 さらに、女性と比較して男性の方が効果が強かったおそらく、性的な実験は男性の性的な脚本[18]に適合し、男性の性格は性的惹起のために女性の性格よりも少ない頻度で処罰されるからです。

これらの調査結果は、青年期および新興の成人の身体的および精神的健康に重大な影響を及ぼします。 高レベルの仲間の性的活動と性的寛容さを知覚することは、性的に実験することへの内圧の感情を高めるかもしれません[39]。 ある研究では、青年期初期の性的メディアコンテンツへの曝露は、性的開始を9e17か月までに進めることが見られました[40]。 同様に、初期の実験は精神的および肉体的な健康リスクを高める可能性があります[37]。

ここで見つかった効果の大きさは、メディアの暴力への影響[41]、向社会的行動[42]、ボディイメージ[43]など、メディア心理学の他の研究分野のものと似ています。 これらの場合のそれぞれにおいて、メディアの使用は関心のある結果における全体の差異の一部しか占めていないが、メディアは重要な役割を果たす。 これらの比較は、性的メディアの内容が、青少年および新興成人の性的態度および行動の発達における、小さいながらも必然的な要因であることを示唆しています。

この論文に関する興味深い背景がいくつかあります。 (要約の下の結論からの抜粋を参照)。 要約には、この主題に関する他のメタアナリシスは1つだけ公開されていると述べています。 他の論文は、「10代のセクシュアリティに対するメディアの影響は、効果サイズがゼロに近い状態で最小限であった」ことを発見しました。それはChristopher J. Fergusonによって共著されました。 Dセクシーメディアがティーンセックスを宣伝する? メタ分析的および方法論的レビュー (2017)

何年もの間、Fergusonはインターネット中毒の概念を攻撃してきましたが、その一方でインターネットゲーム障害をICD-11から排除するために激しい運動をしていました。 (彼はそれを2018で失ったが、彼のキャンペーンは多くの面で続いている。)実際、ファーガソンとニコールプラウゼ 主要な論文の共著者がインターネット中毒の信用を傷つけようとしていた。 (彼らの主張は専門家による一連の論文で非難された。 今号 行動習慣のジャーナルここで、メタ分析の著者は、ファーガソンの疑わしいパラメータの選択がどのように彼の結果を生み出すかを説明しています。

チェリーピック、しばしば無関係な、外れ値の論文に:

アライアンス研究:

ヘッセン、C。、およびペダーセン、CL(2017). ポルノセックスと本物のセックス:性的に露骨な内容が、性の解剖学、生理学、行動の理解をどのように形作っているか。 セクシュアリティと文化、21(3)、754-775. Webへのリンク

分析: まず、平均年齢は24歳だったので、これは「若者」に関する研究ではありません。 第二に、被験者のほとんどが女性であったため、この研究は代表的なものではありませんでした。 第三に、ポルノの視聴者が性的解剖学と生理学の評価でわずかに良いスコアを持っているという主な発見は、すべて驚くべきことではありません。 見れば見るほど、思い出しが良くなります。 時代遅れに見えるかもしれませんが、解剖学について学ぶためにハードコアポルノを見るのと同じくらい簡単にオンラインの解剖学のテキストを調べることができます。

はどうかと言うと "参加者は、ネガティブ効果よりもSEM消費のポジティブな自己認識効果が大きいと報告しました。これは、この研究ではポルノ消費効果尺度(PCES)として知られるポルノ使用アンケートを使用したために予想されることでした。 これで説明したように YBOPと心理学教授による批評   PCESの作成に関する研究 これまでに発表された中で最も悪質なポルノ研究かもしれません(Hald&Malamuth、2008)。

  PCES ポルノを使う人が多いほど、メリットが大きくなるように質問が設計され採点されます。 実際には、あなたがポルノを使用しない場合は、この楽器によると、ポルノの使用の欠如はあなたの人生に悪影響を及ぼしています。 これは多くのPCESベースの研究ほど誇張ではありません。 それだけで終わります! この PCESに対する7分のビデオ批評 ハルド&マラムスの主な結果は、落胆した心理学の教授が「心理学的な悪夢"

  • ポルノの使用はほとんどの場合有益でした。
  • ポルノがハードコアになればなるほど、あなたの人生におけるそのプラスの効果は大きくなります。 簡単に言えば、「もっとポルノが多い方がいい」
  • 男女ともに、使用するポルノが多いほど、それが本物のセックスを表すものであると考えているほど、自慰行為をしているほど、人生のあらゆる分野でその効果がより積極的になります。

PCESはほとんどの場合、以下のような利点を報告しています。

  1. Hald&Malamuthは、ポルノ使用の「プラス」と「マイナス」の効果をランダムに決定しました。 たとえば、「アナルセックスの知識を増やす」ことは常に有益ですが、「性的空想を減らすこと」は常に否定的です。
  2. PCESは、同等の効果を評価しない質問に等しい重みを与えます。 例えば ​​"アナルセックスの知識に追加しましたか?「キャンセルすることができます」あなたの性生活に問題を引き起こしましたか?表在効果がプラス効果であると考えるかどうかにかかわらず、それらは生活の質の低下(失業、離婚)、または性生活の問題(勃起不全、性欲の喪失)と決して同等ではありません。

言い換えれば、あなたの結婚は破壊される可能性があり、あなたは慢性的なEDを持つ可能性がありますが、あなたのPCESスコアはまだポルノがあなたにとってまさに素晴らしかったことを示すことができます。 見た後に回復しているポルノユーザーが言ったように 47 PCESに関する質問「Yええ、私は大学を中退し、他の中毒に問題を抱え、ガールフレンドを持たず、友達を失い、借金をし、そしてEDを持ち、そして実生活でセックスをしたことがありません。 しかし、少なくとも私はすべてのポルノスターの行為について知っていて、すべての異なる立場をスピードアップする準備ができています。 そう、ええ、基本的にポルノは私の人生を豊かにしました。」

Paasonen、S.、Kyrölä、K.、Nikunen、K。、&Saarenmaa、L。(2015) 「私たちは近くの森の中にポルノ雑誌を隠しました」:フィンランドにおける記憶作品とポルノの消費。 セクシュアリティ、18(4)、394-412. Webへのリンク

分析:より多くの引用インフレ。 それは定性的であり、インターネットポルノについてではありません。 45人の高齢フィンランド市民に、「ポルノ画像」を見つけた初期の経験を思い出してもらいます。 この論文は、いくつかの選択された引用(思い出)とそれに続く解説で構成されています。 冗談ですか?

スピシャク、S。(2016)。 「いたるところで彼らはそれが有害であると言っているが、彼らはどうやって言っているのではないので、私はここで尋ねている」:若者、ポルノ、そしてリスクと危害の概念を伴う交渉。 性教育、16(2)、130-142。 Webへのリンク

分析:アライアンスの概要では、「V性的健康の専門家に接触する若者のうち、ポルノ自体が有害であると感じる人はほとんどいません。 そうではなく、不安を感じているのはリスクトークです。 研究は、若者がポルノと遭遇することに関連して害の決定的な証拠を見つけない傾向があるに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

要約は重要な詳細を省略する。 この調査は、10代の若者と若者を対象としたさまざまなオンラインサービス(2013)に寄せられた匿名の質問の非代表的な集まりに基づいています。 ご質問のごく一部はポルノに関するものでした。 研究から:

このペーパーは、性的健康に関する専門家にフィンランドの若い人たちから送られたセクシュアリティについての4212質問からなるデータに基づいています。 これらの貢献のうち64(1.5%)だけがポルノに焦点を当てています。

紙は続けます:

確かに、思春期の間の身体の身体的変化、および身体的および性的な文脈における「正常な」発達と見なされるものは、最もよく寄せられる質問です。 その他の関心のあるトピックは、性的指向、妊娠、性感染症および人間関係です(Rinkinen 2012を参照)。

著者は、ポルノの使用は問題を引き起こしていないと言っています。なぜなら、それについて尋ねる人はほとんどいないからです。 他にもいくつかの可能性があります:(1)これらのサービスはポルノの使用に関する質問の適切なリソースとして認識されない可能性があります、(2)青年の問題はポルノの使用に関連している可能性がありますが、接続に失敗します(3 )ポルノの使用はいたるところにあります–青年は大人よりもポルノについてよく知っています。 いずれにせよ、何百もの研究がポルノの使用に関連する無数の否定的な結果を報告しています(このセクションの紹介を参照)。

10代の若者がまだ自分の(またはパートナーの)ポルノ使用を問題に結び付けていないからといって、ポルノ使用が効果をもたらさないわけではありません。 数年待ってください。 たとえば、 2019 BBCサーベイ ことを示唆しています 20%1のポルノウォッチャー18-25は、セックスをする彼らの能力に影響を与えたと言っています。 調査対象者の4分の1以下(24パーセント)は、パートナーがポルノで見たことをやることにプレッシャーを感じ、5分の1未満(19パーセント)はポルノで見たことを試してそれを後悔したと答えています。 3分の1以上(35パーセント)は、彼らがポルノのために危険なセックスをしたことに同意します。 ポルノを見ている23-18歳の人々の約4分の1(25パーセント)は中毒になる可能性があると考えています.

Milas、G.、Wright、P。、およびŠtulhofer、A。(2019)。 青年期におけるポルノグラフィー使用と性的満足度との関連の縦断的評価 セックスリサーチのジャーナル、1-13。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのAlexanderŠtulhofer。 ここで引用した他のいくつかの研究と同様に、被験者は16歳のクロアチア人でした(シュトルホーファーは同じ16歳に彼らのことについて質問し続けます)。 認識 ポルノの効果の)。 この研究では、シュトゥルホーファーは16歳の子供に「性的満足」のレベルについて尋ね、「青年期のポルノ使用頻度の経時的変化と性的満足度との間に有意な関連はない。」それほど速くないStulhofer。 この調査によると、男性の90%がポルノを視聴し、女性はポルノを使用していませんでした。 研究が見つけたものを推測します:

「観察された期間中、男性参加者の平均ポルノ使用は週にXNUMX回でした。 対照的に、女性参加者の大多数はポルノの使用を報告していません。 思春期の女性は、男性の同僚と比べて、性生活にかなり満足していました。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

興味深いことに、しかしThe Deniersには無視されています。 しかし、ある研究は16歳の性的満足度を正確に評価することができますか? 研究から:

「私たちの参加者の大多数は、ベースラインで性的経験がないか、限られていました…」

いくつかの質問:16歳は、経験が少ないので、満足のいく性別を正確に判断できるのでしょうか。 何歳の16歳で通常のセックスをしていますか? 何16歳の男 しない 性行為が完全に性交であることは言うまでもなく、彼が性行為が満足のいくものであると彼が言うと? セックスをする代わりにポルノを見ているすべてのポルノ鑑賞16歳についてはどうですか - 彼らはこの調査のどこにいますか?

他の場所で述べたように、継続的なポルノ使用の悪影響はしばしばずっと後で現れます(20代から30代)。 これは「性的満足度」および人間関係の満足度に特に当てはまります。 どうやって知っているの? 成人男性に関するすべての研究では、より多くのポルノ使用が 貧しい 性的または人間関係の満足度 70以上の研究はポルノの使用を性的および人間関係の満足度の低下に結び付ける.)

とは言うものの、デニールはポルノの使用と性的満足との関係を評価する他のすべての青年期の研究(縦断的研究を含む)を省略しました。 驚き–すべてがより多くのポルノの使用とより少ない満足度を結びつけました:

  1. ポルノ、性的社会化、および若い男性の満足度(2008)
  2. 青春期の性的に露骨なインターネット素材と性的満足への曝露:縦断的研究(2009)
  3. 若年成人の性的に露骨な素材の使用とそれらの性的嗜好、行動、および満足度との関連(2011)
  4. 彼らの自尊心、人間関係の質、および性的満足の相関としての彼らの男性のロマンチックなパートナーのポルノグラフィー使用の若い成人女性の報告(2012)
  5. ポルノ使用頻度は、中国の若年成人における鬱病症状および身体的暴力による関係の信頼低下と間接的に関連している(2011)
  6. 若年成人の性的に露骨な素材の使用とそれらの性的嗜好、行動、および満足度との関連(2011)

デニールズアライアンスが公開されました。

マレンゴ、D。、セタンニ、M。、およびロンゴバルディ、C。(2019)。 イタリアの青年期における性欲、性的自己概念、性的指向、およびオンライン被害への曝露との関連性言語的および視覚的性行動の仲介的役割の調査 児童青少年奉仕レビュー。 Webへのリンク

分析ポルノの可能性のある効果についての研究ではないので、より多くの引用インフレーション。 なぜデニエは、ポルノの使用を評価できなかった性検査を挙げたのですか。 他の多くの研究 セックス使用とポルノ使用の関係を評価しましたか? ああそうだ、研究の優位性はセックス行為にポルノの使用をリンクするためです。

Dawson、K.、Nic Gabhainn、S。、およびMacNeela、P。(2019)。 ポルノリテラシーのモデルに向けて中核的概念、理論的根拠、およびアプローチ セックスリサーチ、1-15. Webへのリンク

分析:ポルノの考えられる影響に関する研究ではないため、より多くの引用インフレ。 著者の「ポルノリテラシーカリキュラム」を推進しているようです。

Rothman、EF、Adhia、A.、Christensen、TT、Paruk、J.、Alder、J。、&Daley、N。(2018). 青少年のためのポルノリテラシークラス実現可能性と有効性の予備的研究の結果 セクシュアリティ教育のアメリカジャーナル、13(1)、1-17。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのエミリーロスマンによる。 ポルノの考えられる影響に関する研究ではないため、より多くの引用インフレ。 それもまた、著者の「ポルノリテラシーカリキュラム」を推進しているようです。

コフート、T。、およびシュトゥルホーファー、A。(2018)。ポルノは思春期の幸福の危険を冒していますか? 2つの独立したパネルサンプルにおける時間的関係の検討 PloS one、13(8)、e0202048. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのTaylor KohutとAlexanderŠtulhofer。 平均年齢16歳、クロアチア人のみ(ほとんどのシュトゥルホーファーの研究と同様)。 まず、以下に述べるように、継続的なポルノ使用の悪影響はしばしば現れます After 十代。 次に、データは以下のコフート&シュトゥルホーファーの調査に含まれているため、これら2つの調査をXNUMXつの調査のXNUMXつの半分と見なすことができます。 両方の研究がそれを主張している間 変更 ポルノでは関係なかった 変更 心理的幸福において、両方の研究はポルノを使うことがより貧しい心理的幸福に関連していることを発見しました。 抜粋:

しかしながら、ポルノの使用は、2つのパネルのうちの1つにおいて思春期の女性の間だけではあるが、自尊心と鬱病および不安の症状の両方の増加と関連していた。 さらに、主観的幸福度の低さは、その後のポルノ使用の増加と関連していたが、1人のパネルにおける青年期の女性のみであった。

シュトゥルホーファーの研究がポルノの使用に関連する問題をほとんど見つけていないように見えるのに、研究の優勢が問題を見つけているのはなぜですか? たとえば、このページには 75以上の研究が、ポルノの使用を精神的感情的健康の低下と認知的結果の低下に結び付けています。 いくつかの研究は縦断的であり、いくつかのポルノユーザーはしばらくの間ポルノを排除しました。

Štulhofer、A.、Tafro、A。、&Kohut、T。(2019)青年期のポルノ使用と心理的幸福のダイナミクス:1波潜在成長と潜在クラスモデリングアプローチ。 ヨーロッパの児童青年精神医学、13-XNUMX。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのTaylor KohutとAlexanderŠtulhofer。 まず、データは上記のコフートとシュトゥルホーファーの研究に含まれているため、これら2つの研究を16つの研究のXNUMXつの半分と見なすことができます。 第二に、平均年齢はXNUMX歳でした(クロアチア人のみ)。 継続的なポルノ使用の悪影響は、はるかに後で(XNUMX代とXNUMX代)現れることが多いことに注意することが重要です。 第三に、そして重要なことに、アライアンスの要約は重要な発見を省略しました:

「思春期の女性のポルノ使用とベースラインでの心理的幸福との間に有意な負の関連性が見つかった」

「うつ病と不安の最低レベルは、ベースラインでポルノ使用の最低頻度を報告した青年期の男性に見られました」

簡単に言えば、ポルノの使用が増えると、女性の心理的幸福度が低下し、ポルノの使用頻度が最も低いのは、男性のうつ病と不安のレベルが最も低いことに関連していました。 Štulhofer&Kohutの調査結果は、次のように、厳選された外れ値の調査結果を表しています。 75以上の研究が、ポルノの使用を精神的感情的健康の低下と認知的結果の低下に結び付けています。

Peter、J。、&Valkenburg、PM(2011)。 T彼は性的に露骨なインターネット資料とその先祖の使用:青年と成人の縦断的比較。 性的行動のアーカイブ、40(5)、1015-1025。 Webへのリンク

分析: なぜこの論文が掲載されているのですか? ポルノの考えられる影響に関する研究ではないため、より多くの引用インフレ。 オランダの研究によると、成人男性は青年期の男性よりもポルノを頻繁に使用していますが、これは他のほとんどの研究と一致していません。 データの古さ(2008年から)、および小さな国のみをサンプリングしたことが、異常な結果の原因である可能性があります。 あるいは、オランダの2008代の若者は、ポルノの使用について嘘をつく傾向があります。 XNUMX年の結果は、より最近のデータと一致していません–若いオーストラリア人のポルノの使用および性的リスク行動との関連性(2017)。 15〜29歳のオーストラリア人に関するこの調査では、男性の100%(女性の82%)がポルノを閲覧していることがわかりました。 また、男性の69パーセントと女性の23パーセントは、13以下の年齢で初めてポルノを見た。 さらにこの研究は、より頻繁なポルノ鑑賞が精神的健康問題と相関していることを報告した。

Van Ouytsel、J.、Ponnet、K。、およびWalrave、M。(2014)。青年期のポルノやミュージックビデオの消費とセクスティング行動との関連。 サイバー心理学、行動、およびソーシャルネットワーキング、17(12)、772-778. Webへのリンク

分析: アライアンスの概要が述べたように「性別行動は、年齢、性別、学歴、およびインターネットの使用を管理する場合、ポルノの消費と有意に関連していました。 


映画やオナニー部門

文脈/現実:デニールの難問:どうするか ポルノの使用を無数の悪い結果に結びつける多くの研究すべて? Deniersは非常に多くの疑わしい研究や意見を汲み出すことしかできなかったので、彼らは彼らのagnotologyキャンペーンを支持するために新しい戦略を開発しました:代わりにオナニーのためにポルノの病気のすべてを非難する。 (いう ?)

In いくつかのデニールの2016 (Ley&Prause)は、世界に次のことを納得させようとした最初の専門家になりました オナニー、 デジタルポルノの使用ではなく、 40以下の男性における勃起不全率の急激な上昇。 この大胆な会話のポイントの「価値」は、ポルノのリスクについて一般の人々の心に疑いを生じさせる能力にあります。 それは害を引き起こすインターネットポルノの乱用を指し示すすべての証拠からの驚くべき注意散漫です。

しかし、XNUMXつの危険な例外を除いて、デニールが引用している研究はどれも、彼らの赤いニシンに対する最小限のサポートを提供していません。 例外は、マスターベーションの頻度に関する信頼できるデータが含まれていなかった社会学者SL Perryによる論文は、以下で説明するように、本質的には仮説にすぎません。

真のセクシュアリティ専門家は、オナニーが若々しいEDを引き起こすと主張することはありません。 確かに泌尿器科医、男性の性的健康の第一線の専門家はそうではありません。 事実は、事実上現代の性学の歴史の中で誰も(これらの少数の勇敢な性学者を救って)、今までのところ、ポルノなしのオナニーがそのような問題の原因であることを示唆していません 慢性的 若い男性における勃起不全 確かに、オナニーは何十年もの間有益であると宣伝されています。 生理学的には、実際のパートナーとの出会いがもはや喚起されないほど深刻な、一部のユーザーの性的テンプレートの変更を説明するために、どうやって楽しいことを喜ばせることができるでしょうか。 ポルノをやめた後に何人かの若い男性が報告している驚くほど長い回復時間をどのように説明できるでしょうか? オナニーはどのように離れて説明しますか ポルノ使用を性的満足および人間関係の満足度の低下に結び付ける70研究を超える(7縦断研究を含む)?

Deniersは正確に記述することにおいて意図的に曖昧ですが オナニーは他の点では健康な若い男性に慢性的なEDを引き起こすかもしれません、唯一の論理的な結論はそれらがオナニーがトラウマをひどく引き起こして怪我をしている人々が勃起を達成できないことを示唆しているということです。 問題は、そのようなトラウマの一種です オーガニック ED(医療提供者による診断が容易)。 を示す様々な研究がありますが 500未満の男性におけるEDの1000-40%増加深刻な組織損傷がこの途方もない上昇の背後にあることを示唆する研究はない。 事実は、ポルノ誘発性EDのほとんどの男性が勃起を達成し、インターネットポルノを見ている限り、最高の状態で最高潮に達することができるということです。

要するに、根本的な有機的または心理的問題の欠如、勃起および性的興奮は若々しいオナニーの問題ではありません 彼らがデジタルポルノを使用していない限り。 デニールズアライアンスのモットーは次のようです。 「それはポルノであってはなりません…。ポルノ以外の何でも。」

Allianceの論文に関しては、 唯一 「ポルノかマスターベーションか」を調べようとしますが、マスターベーションの頻度に関する信頼できるデータがなかったため、調べられませんでした(ペリー、 2019). すべて 残りのAllianceの論文は、このセクションで想定されているテーマとは全く関係がありません。 誰も彼女の仕事をチェックしないことを望んでいるRealYBOP。 しました。

アライアンスペーパー:

Carvalheira、A.、Træen、B。、およびŠtulhofer、A。(2015). 性的欲求が減少した異性愛者のカップルの間でのマスターベーションとポルノの使用:マスターベーションの役割はいくつですか? Journal of sex&marital Therapy、41(6)、626-635。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのAlexanderŠtulhofer。 書誌インフレ。 それが「マスターベーション」なのか「映画」なのかについては何も語っていません(リコールのみを採用した研究では、ポルノの使用とマスターベーションを確実に分離できるかのように)。 時間の経過とともにポルノを控えるポルノユーザーを追跡する研究だけが、マスターベーションとポルノの異なる効果を評価し始めることができました。 研究は、ポルノへの自慰行為が性的欲求の減少と人間関係の親密さの低下に関連していることを発見しました。 研究からの抜粋:

頻繁に自慰行為をした男性の間では、 70%は少なくとも週に1回はポルノを使用しました。 多変量評価は、性的退屈を示しました、 ポルノの頻繁な使用、および関係の親密度の低さが、性的欲求の低下したカップル男性の間で頻繁なオナニーを報告する可能性を有意に高めました.

男性の間で[性的欲求の低下] 週に少なくとも1回はポルノを使用した人 [2011]、 26.1%はポルノ使用を管理できなかったと報告しています。 さらに、男性の26.7%がポルノの使用が彼らのパートナーの性別に悪影響を及ぼすと報告し、21.1%はポルノの使用をやめようとしたと主張しています.

うわー– 25%以上が、ポルノの使用が性生活に悪影響を及ぼしたと述べています。 そしてポルノの使用は、性的欲求の減少と性的パートナーとの退屈に関連していました。 アライアンスの要約から、これらのジューシーな部分は得られませんでした。

Hald、GM、およびMalamuth、NM(2008)。 ポルノ消費の自己認識効果。 性的行動のアーカイブ、37(4)、614-625。

分析: 書誌インフレ。 それが「オナニーなのか映画なのか」については何も語っていません。 この研究は、ポルノ消費効果尺度(PCES)として作成されました。 これで説明されているように YBOPと心理学教授による批評   PCESの作成に関する研究 これまでに発表された中で最も悪質なポルノ研究かもしれません(Hald&Malamuth、2008)。

  PCES ポルノを使う人が多いほど、メリットが大きくなるように質問が設計され採点されます。 実際には、あなたがポルノを使用しない場合は、この楽器によると、ポルノの使用の欠如はあなたの人生に悪影響を及ぼしています。 これは多くのPCESベースの研究ほど誇張ではありません。 それだけで終わります! この PCESに対する7分のビデオ批評 ハルド&マラムスの主な結果は、落胆した心理学の教授が「心理学的な悪夢"

  • ポルノの使用はほとんどの場合有益でした。
  • ポルノがハードコアになればなるほど、あなたの人生におけるそのプラスの効果は大きくなります。 簡単に言えば、「もっとポルノが多い方がいい」
  • 男女ともに、使用するポルノが多いほど、それが本物のセックスを表すものであると考えているほど、自慰行為をしているほど、人生のあらゆる分野でその効果がより積極的になります。

PCESはほとんどの場合、以下のような利点を報告しています。

  1. Hald&Malamuthは、ポルノ使用の「プラス」と「マイナス」の効果をランダムに決定しました。 たとえば、「アナルセックスの知識を増やす」ことは常に有益ですが、「性的空想を減らすこと」は常に否定的です。
  2. PCESは、同等の効果を評価しない質問に等しい重みを与えます。 例えば ​​"アナルセックスの知識に追加しましたか?「キャンセルすることができます」あなたの性生活に問題を引き起こしましたか?表在効果がプラス効果であると考えるかどうかにかかわらず、それらは生活の質の低下(失業、離婚)、または性生活の問題(勃起不全、性欲の喪失)と決して同等ではありません。

言い換えれば、あなたの結婚は破壊される可能性があり、あなたは慢性的なEDを持つ可能性がありますが、あなたのPCESスコアはまだポルノがあなたにとってまさに素晴らしかったことを示すことができます。 見た後に回復しているポルノユーザーが言ったように 47 PCESに関する質問「Yええ、私は大学を中退し、他の中毒に問題を抱え、ガールフレンドを持たず、友達を失い、借金をし、そしてEDを持ち、そして実生活でセックスをしたことがありません。 しかし、少なくとも私はすべてのポルノスターの行為について知っていて、すべての異なる立場をスピードアップする準備ができています。 そう、ええ、基本的にポルノは私の人生を豊かにしました。」

Baćaka、V。、およびŠtulhofer、A。(2011)。 クロアチアの性的に活発な若い女性の間のマスターベーション:宗教とポルノの使用との関連。 International Journal of Sexual Health、23(4)、248-257。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのAlexander Stulhoferより。 より多くの引用インフレ。 研究はそれが「マスターベーションか映画か」について何も教えてくれません。 同盟は彼らの要約で正確でした:

女性参加者の60%は自慰行為をしていたと報告した。 ポルノ使用は非常に強く、積極的にオナニーと関連していました。

これは、「ポルノまたはマスターベーション」が人間関係の満足度の低下の背後にあるかどうかについて何を言いますか? 何もありません。

ハーフ、GM(2006) 若い異性愛者デンマーク人成人におけるポルノ消費の性差 性的行動のアーカイブ、35(5)、577-585。 Webへのリンク

分析: より多くの引用インフレ。 繰り返しになりますが、この研究はそれが「マスターベーションなのか映画なのか」については何も語っていません。 同盟は正確であり、ポルノへの露出の初期の年齢は、対象が年をとるにつれてより多くのポルノの使用に関連していた:

女性と比較して、男性は若い年齢でポルノにさらされ、時間と頻度で測定するとより多くのポルノを消費し、そして性行為の間に自分自身でポルノをより頻繁に使用しました。

これらの調査結果は、慣れの兆候であるポルノ使用の拡大、または中毒プロセスでさえある、より早期の暴露として容易に解釈することができます。

Ley、D.、Prause、N。、およびFinn、P。(2014)。皇帝は服を着ていない: 'ポルノ中毒'モデルのレビュー 現在の性的健康レポート、6(2)、94-105。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのDavid Ley、Nicole Prause、Peter Finn。 2o13に完成し、2014年の初めに公開されました。文献の実際のレビューではありません。 以下は、David Leyの非常に長い分析であり、Ley、Prause、Finnのすべてのシェナニガンが「レビュー」に組み込まれていることを示しています。 皇帝は服を着ていない:レビューとしての骨折したおとぎ話。 それはいわゆるレビューを完全に解体し、彼らが引用した研究の数十の誤解を文書化します。 Leyレビューの最も衝撃的な側面は、ポルノの使用に関連する否定的な影響を報告した、またはポルノ中毒を発見した多くの研究がすべて省略されたことです。

はい、あなたはその権利を読んでいます。 Ley&Prauseは、「客観的な」レビューを書くことを主張しながら、これらが相関研究であるという理由で何百もの研究を省略することを正当化しました。 何だと思う? ポルノに関する事実上すべての研究は、彼らが引用したものを含め、相関関係があり、誤用されています。 簡単に言えば、 Leyら、2014 デニールの同盟の研究ページを反映しています。いくつかの厳選された、しばしば無関係な論文が引用され、しばしば誤って伝えられていますが、すべてのレビュー、すべてのメタアナリシス、およびポルノの使用に関連する否定的な結果を報告するすべての研究は省略されています。 最後に、これは単なる参考文献インフレです レイ他。 このセクションの想定される質問に対処できませんでした。映画ですか、それともオナニーですか?"

本当の専門家の意見? Ley / Prause / Finnによるサポートされていない主張に対抗する文献と解説のこれらのより最近の神経科学ベースのレビューをチェックしてください:

  1. インターネット中毒のサブタイプに関連する神経科学の文献の徹底的なレビューについては、インターネットポルノ中毒に特に焦点を当てて、以下を参照してください– インターネットポルノ中毒の神経科学:レビューと更新(2015) このレビューはまた、ポルノ中毒を「暴いた」と称する最近のXNUMXつの見出しをつかむEEG研究を批判している。
  2. 病気としての性依存症:評価、診断、および批評家への反応の証拠(2015)これは、特定の批判を受けてそれらに対抗する引用を提供するチャートを提供します。
  3. 強迫的な性行動は中毒と見なされるべきですか? (2016) –イェール大学とケンブリッジ大学のトップ依存症神経科学者による文献のレビュー
  4. 行動中毒としての強迫的性行動:インターネットの影響およびその他の問題(2016) –上記のレビューを拡張します。
  5. 過性の神経生物学的根拠(2016) マックスプランク研究所の神経科学者による
  6. サイバーセックス依存症(2015) –サイバーセックス依存症に関する研究を最も多く発表したドイツの神経科学者による
  7. インターネットポルノは性的機能不全を引き起こすのですか? 臨床報告書によるレビュー(2016) –ポルノによって引き起こされた性的問題に関連する文献の広範なレビュー。 アメリカ海軍の医師を巻き込んだこのレビューは、若々しい性的問題の途方もない増加を明らかにする最新のデータを提供します。 また、インターネットポルノを介したポルノ中毒と性的条件付けに関連する神経学的研究についてもレビューします。 医師は、ポルノによって誘発された性機能障害を発症した男性の3つの臨床報告を提供します
  8. 特定のインターネット使用障害の発生と維持に関する心理学的および神経生物学的考察の統合:人 - 感情 - 認知 - 実行モデル(2016)の相互作用 –「インターネットポルノ視聴障害」を含む特定のインターネット使用障害の発生と維持の根底にあるメカニズムのレビュー
  9. 泥水中の透明度の探求:強迫的性行動を中毒として分類するための将来の考察(2016) - 抜粋: 我々は最近、強迫的な性行動(CSB)を非物質的(行動)依存症として分類するための証拠を検討した。 我々のレビューは、CSBが臨床的、神経生物学的および現象論的な類似点を物質使用障害と共有していることを見出した。 全米精神医学会はDSM-5からの過性障害を拒絶しましたが、ICD-10を使用してCSB(過度の性欲)の診断を行うことができます。 CSBもICD-11によって検討されています。
  10. オックスフォードプレス、中毒の神経生物学からの性的依存の章(2016)
  11. オンラインポルノ中毒への神経科学的アプローチ(2017) - 抜粋: 過去20年間に、実験的条件下でのポルノ鑑賞の神経相関と過度のポルノ使用の神経相関を探究するために、神経科学的アプローチ、特に機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を用いたいくつかの研究が行われた。 以前の結果を考えると、過剰なポルノグラフィーの摂取は、物質に関連した中毒の発症の根底にある既知の神経生物学的メカニズムに関連している可能性があります。
  12. ポルノ中毒の神経生物学 - 臨床レビュー(De Sousa&Lodha、2017) - 抜粋: 総計で、レビュー、ミニレビュー、ポルノ使用、中毒、神経生物学の問題に関するオリジナルの研究論文を含む59記事が特定されました。 ここでレビューされた研究論文はポルノ中毒の神経生物学的根拠を解明したものに集中していました。 これは、ポルノ依存や視聴が苦痛な症状である患者と定期的に仕事をしている両方の著者の個人的な臨床経験でさらに補完されました。
  13. 過度の性的行動は中毒性の障害ですか? (2017) - 抜粋: 強迫的性行動障害の神経生物学の研究は、中毒との実質的な類似性を示唆する注意の偏り、インセンティブの顕著な帰属、および脳ベースの手がかり反応性に関する発見を生み出しています強迫性行為障害を中毒性障害として分類することは最近のデータと一致しており、臨床医、研究者、およびこの障害に苦しんでおり個人的に罹患している個人にとって有益である可能性があると考えています。
  14. プリンの証明は試飲にある:データは強迫的性行動に関連するモデルと仮説を検証するために必要である(2018) - 抜粋: CSBと中毒性障害の間の類似性を示唆する可能性があるドメインの中には、神経画像研究があり、最近のいくつかの研究はWaltonらによって省略されている。 (2017)。 初期の研究では、依存症のモデルに関してCSBをよく調べました(Gola、Wordecha、Marchewka、およびSecousseでレビューされています。 2016b; Kraus、Voon、およびPotenza、 2016b).
  15. 教育的、分類的、治療的、および政策的イニシアチブの推進解説:ICD-11における強迫的性行動障害クラウス他、2018) - 抜粋: CSB障害を衝動制御障害として分類するという現在の提案は、代替モデルが提案されているので議論の余地がある(Kor、Fogel、Reid、およびPotenza、2013年) CSBが中毒と多くの機能を共有していることを示唆するデータがあります(Kraus et al。、2016エロティック刺激に関連した合図に反応して報酬関連脳領域の反応性が増加したことを示す最近のデータを含む。ブランド、Snagowski、Laier、Maderwald、2016年; Gola、Wordecha、Marchewka、およびSescousse、2016年; Gola et al。、2017; Klucken、Wehrum-Osinsky、Schweckendiek、Kruse、およびStark、2016年; Voon et al。、2014。
  16. ヒトおよび前臨床モデルにおける強迫的な性行動(2018) - 抜粋: 強迫性行動(CSB)は「行動中毒」と広く見なされており、生活の質と身体的および精神的健康の両方にとって大きな脅威です。 結論として、このレビューは人間のCSBと薬物乱用を含む他の疾患との併存症に関する行動と神経画像研究をまとめたものです。 まとめると、これらの研究は、扁桃体と前頭前皮質との間の結合性の低下に加えて、CSBが背側前帯状回および前頭前野、扁桃体、線条体、および視床における機能的変化に関連することを示す。
  17. インターネット時代の性機能障害(2018) - 抜粋: 行動嗜癖の中で、問題のあるインターネットの使用とオンラインポルノの消費は、性的機能不全の潜在的な危険因子としてしばしば引用され、しばしば2つの現象の間に明確な境界はありません。 オンラインユーザーは、その匿名性、手頃な価格、そしてアクセシビリティのためにインターネットポルノに魅了されており、多くの場合、その使用はサイバーセックス依存症を介してユーザーを導く可能性があります。性交よりも自己選択した性的に露骨な素材のほうが興奮します。
  18. 強迫性行動障害(2018)における神経認知メカニズム - 抜粋: 今日まで、強迫的な性行動に関するほとんどの神経画像研究は強迫的な性行動と非性的嗜癖の根底にある重複メカニズムの証拠を提供してきました。 強迫的な性行為は、感性、慣れ、衝動制御障害、および実体、ギャンブル、およびゲーム中毒などのパターンにおける報酬処理に関与する脳領域およびネットワークの機能の変化に関連しています。 CSBの特徴に関連する重要な脳の領域には、前頭皮質および側頭皮質、扁桃体、および側坐核を含む線条体が含まれます。
  19. 強迫的性行動障害および問題のあるポルノ使用の行動神経科学の現在の理解 - 抜粋: 最近の神経生物学的研究は、強迫的な性行動が性的物質の処理の変化および脳の構造と機能の違いに関連していることを明らかにしました。 これまでにCSBDの神経生物学的研究はほとんど行われていないが、既存のデータは神経生物学的異常が物質使用やギャンブル障害のような他の付加と共通性を共有することを示唆している。 したがって、既存のデータは、その分類が衝動制御障害よりもむしろ行動中毒としてより適しているかもしれないことを示唆している。
  20. 強迫性行動における腹側線条体反応性(2018) - 抜粋: 現在利用可能な研究の中で、我々は9つの出版物を見つけることができた(表 1機能的磁気共鳴画像法を利用した。 これらのうち4つだけ(3639)エロティックな手がかりや報酬の処理を直接調査し、腹側線条体の活性化に関する発見を報告した。 3つの研究は、エロティック刺激に対する腹側線条体反応性の増加を示している(3639またはそのような刺激を予測する手がかり3639) これらの知見は、インセンティブ顕著性理論(IST)と一致しています(28、中毒で脳の機能を説明する最も著名なフレームワークの一つ。
  21. オンラインポルノ依存症:私たちが知っていることとそうでないこと - 系統的レビュー(2019) - 抜粋: 私たちの知る限りでは、最近の多くの研究で、性的機能不全や性的不満などの重要な臨床症状を伴う中毒としてこの実体を支持しています。 既存の研究のほとんどは、継続的な摂取によって中毒性の障害を引き起こす可能性がある実際の物質に似た「超常刺激」としてのオンラインポルノの仮説に基づいて、物質中毒者に対して行われた同様の研究に基づいています。
  22. オンラインポルノ中毒の発生と発達:個人の感受性因子、強化メカニズムおよび神経メカニズム(2019) - 抜粋: オンラインポルノの長期的な経験は、オンラインポルノ関連の手がかりに対するそのような人々の感作をもたらし、それが誘惑と機能障害の2つの要因の下でのオンラインポルノの欲求感、強迫観念の増大につながっています。 それから得られる満足感はますます弱くなっているので、以前の感情状態を維持して中毒になるにはますます多くのオンラインポルノが必要とされています。
  23. ポルノ使用障害(2019)の理論、予防、治療 - 抜粋: 問題のあるポルノの使用を含む強迫的な性行動障害は、衝動制御障害としてICD-11に含まれています。 ただし、この障害の診断基準は、習慣性行動による障害の基準と非常に類似しています。理論的考察と経験的証拠は、習慣性障害に関与する心理的および神経生物学的メカニズムがポルノ使用障害にも有効であることを示唆しています。
  24. 自覚的な問題のあるポルノの使用:研究領域の基準と生態学的観点からの統合モデル(2019) - 抜粋: 自覚的な問題のあるポルノの使用は、生物の複数の分析単位と異なるシステムに関連しているようです。 上記のRDoCパラダイム内の調査結果に基づいて、異なる分析単位が相互に影響する凝集モデルを作成することができます(図1)。 SPPPUを持つ人々の内部および行動メカニズムのこれらの変化は、薬物中毒の人々で観察されるものと類似しており、中毒のモデルにマッピングされます。
  25. サイバーセックス依存症:新たに出現した疾患の開発と治療の概要(2020) –抜粋:Cybersex中毒は、インターネット上でのオンライン性行為を伴う、物質に関連しない中毒です。 今日では、セックスやポルノに関連するさまざまな種類のものがインターネットメディアを通じて簡単にアクセスできます。 インドネシアでは、セクシュアリティは通常タブーと見なされていますが、ほとんどの若者はポルノにさらされています。 それは、人間関係、お金、大うつ病や不安障害などの精神医学的問題など、ユーザーに多くの悪影響を与える中毒につながる可能性があります。
  26. 「疾患の国際分類(ICD-11)」の「嗜癖行動によるその他の特定の疾患」の指定において、疾患として考慮すべき条件はどれですか? (2020) - 抜粋: 自己報告、行動、電気生理学、およびニューロイメージングの研究からのデータは、物質使用障害およびギャンブル/ゲーム障害についてさまざまな程度まで調査および確立されている心理的プロセスと基礎となる神経相関の関与を示しています(基準3)。 以前の研究で指摘された共通点には、報酬関連の脳領域での活動の増加、注意バイアス、不利な意思決定、および(刺激固有の)抑制制御を伴う手がかり反応性および渇望が含まれます。
  27. 強迫的な性的行動と問題のあるオンラインポルノ消費の習慣性:レビュー - 抜粋: 入手可能な調査結果は、依存症の特徴と一致するCSBDおよびPOPUのいくつかの特徴があり、行動および物質依存症を標的とするのに役立つ介入は、CSBDおよびPOPUを持つ個人を支援する際の適応および使用の検討を正当化することを示唆しています…。 POPUとCSBDの神経生物学には、確立された物質使用障害、同様の神経心理学的メカニズム、およびドーパミン報酬系の一般的な神経生理学的変化との多くの共有神経解剖学的相関が含まれます。
  28. 機能不全の性行動:定義、臨床的背景、神経生物学的プロファイルおよび治療(2020) - 抜粋: ポルノ依存症は、神経生物学的には性依存症とは異なりますが、それでも行動依存症の一形態です…。ポルノ依存症の突然の停止は、気分、興奮、関係および性的満足に悪影響を及ぼします…。ポルノの大量使用は心理社会的発症を促進します障害と関係の困難…

デニールが上記の査読付き論文のいずれもリストしなかったのはなぜですか?

カリフォルニア州クラーク、およびMW州ウィーダーマン(2000)。架空の関係パートナーのマスターベーションと性的に露骨なメディアの使用に対する性別と反応。 Journal of Sex Research、37(2)、133-141。 Webへのリンク

分析: より多くの書誌インフレ–この論文はこのセクションの想定される質問とは何の関係もないので:「それはポルノですか、それともオナニーですか?それは言った、同盟の要約は報告された調査結果をひねった。 要約から:

男性と比較して、女性はパートナーの孤独な性行動についてより否定的な感情を示しました。 男性と女性の場合、パートナーによる性的に露骨な素材の使用は、パートナーのマスターベーションよりも否定的に評価されました。 帰属については、パートナーの満足度に関する信念について違いがありました。 回答者は、元のパートナーまたは性的関係に対する不満の兆候として、マスターベーションではなく、パートナーによる性的に露骨な素材の使用を見る可能性が高かった.

簡単に言えば、男性と女性は、マスターベーションよりもパートナーのポルノの使用についてより大きな否定的な感情を経験しました。

Miller、DJ、McBain、KA、Li、WW、およびRaggatt、PT(2019)。ポルノ、ポルノのようなセックスの好み、マスターベーション、男性の性的および人間関係の満足度。 人間関係、26(1)、93-113. Webへのリンク

分析: 繰り返しになりますが、アライアンスは不利な結果を省略しています。 この論文には、疑わしい評価に焦点を当てた疑わしい要約が含まれています。ポルノのようなセックスを好む」 そして重要な発見を軽視する: 両方の研究(単に2を研究しているのではない)は、性的関係および人間関係の満足度の低下に関連してより多くのポルノ使用を報告しています。 この論文は、人間関係の不満のために、ポルノではなくオナニーを非難することを試みますが、ポルノの使用以外にオナニーをいじるための正当な方法はありません。 抜粋:

「ポルノを頻繁に使用することは、両方の研究で性的不満、ポルノのようなセックスへのより大きな好み、そしてより頻繁なマスターベーションと関連していました。 ポルノの使用は、研究2でのみ関係の不満と関連していた。」 [実際には両方の研究でした]

この研究は、2研究においてポルノの使用が人間関係の不満と関連していたと誤って主張している . 真実は勉強表をご覧ください. Millerら、 2019年はYBOPのリストに含まれています ポルノ使用を性的満足および人間関係の満足度の低下に結び付ける70以上の研究.

Prause、N。(2019)。 ポルノはオナニーのためです。 性行動のアーカイブ、1-7. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのNicole Prause氏による。 それは研究ではないので、より多くの引用インフレ。 これは、厳選された研究のよく知られたコレクションと、支持されていない、または誤った主張を含む意見記事です。 デニールによる他のすべての意見記事と同様に、プラウスの解説は 証拠の広大な優位 話のポイントの彼女のいつものミッシュマッシュに対抗する。 Prauseの解説は、インターネットポルノの使用に関連した経験的に十分に支持された悪影響の多くを非難するための説得力のない試みです。 Prauseは、ポルノを使用することが実際には有益であるという考えを促進します。 ポルノが子供にとって安全であるということを除けば(以下)、Prauseの解説は、YBOPが批評した、以前の3つのPrause作品からコピーしたものにすぎません。

  1. Prause、Kohut、およびLeyがこれまでに引用したほぼすべての話題およびチェリー風の研究の分析については、2018に関するこの広範な批評を参照してください。 SLATE 雑誌: デバンクなぜ私達はまだポルノを見ることについてとても心配しているのですかマーティ・クライン、テイラー・コウト、ニコール・プラウス.
  2. Prauseの240ワードレターのクレームに対する批判 ランセット この広範な回答を参照してください。 の分析 "データは中毒性としてセックスをサポートしていません"(Prauseら、2017).
  3. YBOPは長い間、Prauseの2016「編集者への手紙」に対する回答の中で、チェリーピックの、しばしば無関係な、研究や疑問の多い主張の大部分を取り上げてきました。 批評:編集者への手紙 “ Prauseら。 (2015)中毒予測の最新の改ざん (2016)

この批評は、上の批評には見られない、批判的に選ばれた研究と支持されていない主張を取り上げます: Nicole Prauseの「ポルノはオナニーのためにある」(2019)に対する批判.

ペリー、SL(2019). ポルノの使用とリレーショナルな幸福との関連は、本当にオナニーのことなのでしょうか。 2つの全国調査の結果 セックスリサーチのジャーナル、1-13。 Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのSamuel Perryより。 宗教研究者Perryがこれを公開しました 彼の以前のポルノ研究で使われたデータの簡単な再分析。 洗練された統計的「モデリング」の後、ペリーは、ポルノではなくオナニーが人間関係の幸福の本当の原因であると提案しました。 ペリー氏の新しい分析には、「オナニー頻度に関する具体的で信頼性の高いデータが欠けている」との指摘があります。最後にオナニーしたのはいつですか頻度に関する確かなデータがなければ、彼の主張は単なる仮説にすぎない。 ペリーの研究から:

オナニーの練習。 NFSSとRIAの両方が、著者が両方の調査に対して単一のオナニー尺度にまとめた、オナニーについて同じ2つの質問をします。 参加者は最初に自慰行為をしたことがあるかどうかを尋ねられました(はいまたはいいえ)。 彼らが今までに自慰行為をしたことがあると答えた人々はそれから尋ねられました、最後にオナニーしたのはいつですか1年以上前の回答は1 =今日から9 =までの範囲でした。

ペリーは続けます:

「この質問は技術的には頻度についての質問ではありませんが…」

冗談じゃない。 それでも、Perry、Prause、Ley、Grubbsなどは、これらの非常に疑わしいデータに頼って、この孤独な研究に基づいて異常な主張をしています。 Alliance宣伝マシンは、Perryの再分析に関して完全に見渡されています。 ペリーの主張は、 ポルノの使用を性的満足および人間関係の満足度の低下に結び付ける70以上の研究 –そして、ペリーの現在の研究では、ポルノの使用が増えると、関係の幸福度が低くなると相関しました。 そうです、ポルノの使用の増加は less 両方のペリーサンプル(AとB)の関係の幸福:

-------

特に彼がオナニーの頻度についての正確なデータを欠いていたので、彼が魔法のようにオナニーからポルノの使用を離れさせることができるというペリーの主張は真剣に考えることができません。

Walton、MT、Lykins、AD、およびBhullar、N。(2016)。性的覚醒および性的活動頻度:性的過敏症を理解するための意味 性的行動のアーカイブ、45(4)、777-782. Webへのリンク

分析: 実際の研究ではありません。 紙は古いデータを再分析します Denier AllianceのJames Cantorメンバーより。 この論文は、性的興奮(欲求、角質感)が性的活動に関連していると報告しています。 画期的です。 ディスカッションセクションより:

したがって、性的覚醒は、HBIのような自己性過敏症の測定値からのデータよりも性的活動頻度の強力な予測因子となる可能性があります。

この論文は、このセクションで想定されている質問とは何の関係もありません。それはポルノですか、それともオナニーですか?しかし、調査結果は、「異常性欲」質問票で高得点を挙げた人の中には、実際のセックスにそれほど興味がない人がいることを明らかにしています。

性的覚醒は、性的過激よりも性的活動頻度の強い予測因子である可能性があることを結果は示唆しているが、自己識別過性愛の性的活動頻度はかなり異なる可能性があるため、データの解釈はより複雑になる。

調査結果は、本当のパートナーに興奮していない多くのポルノ中毒者の経験と一致しています。 それはまた、「性的欲求の高さ」がポルノやセックス中毒を説明しているという、支持されていない話題をデビューさせます(セックス&ポルノ中毒者は「性的欲求が高い」という主張を偽造する少なくとも25の研究がそうであるように).

van Rouen、JH、Slob、AK、Gianotten、WL、Dohle、GR、van Der Zon、ATM、Vreeburg、JTM、およびWeber、RFA(1996)。性的覚醒とオナニーによる精液の質 ヒトの生殖、11(1)、147-151.Webへのリンク

分析: この論文は、このセクションで想定されている質問とは何の関係もありません。それはポルノですか、それともオナニーですか?しかし、その調査結果は、ポルノビデオへの自慰行為は想像力への自慰行為よりも刺激的であるというYBOPの主張を裏付けています。

「安らぎ/リラックスした気分」、「勃起の質」、「オルガスムの強さ」、「オルガスムの後の満足度」、および「VESでオーガズムが達成された容易さ」(性的に露骨)ビデオ)

実際、 YBOP「ここから始めましょう」の記事 より最近のやや似たような研究から始まります。これは、ビデオポルノと性的新奇性の組み合わせによる力を実証しています。

これが呼び出されます クーリッジ効果 - 新しい仲間への自動応答。 興味深いことに、男性 より運動性の精子を射精し、彼らはそれをより速くする 彼らが新しいポルノスターを見たとき。 エロティックノベルティに対するこの強力な自動応答は、あなたを道に導いたものです。 夢中になる インターネットポルノで。

違法なRealYBOPの引用は、正当なYBOPの論文を支持します。 Deniersありがとう。 ところで、いくつかの研究では、直接的または間接的に、ビデオポルノやインターネットポルノが過去の静的ポルノとは全く異なる点が示されています。



性犯罪者課

文脈/現実: 他のセクションと同様に、いくつかの研究はセクションの見出しとは何の関係もありません(性犯罪者)。 推測を余儀なくされた私たちは、デニールがポルノの使用とレイプ、暴力、性的攻撃、セクハラ、または性的強制との関連を「偽造」しようとしていると想定する必要があります。 研究は異なる結果を報告していますが、慎重に選択されたいくつかの研究へのアライアンスの過度の依存について説明します。 また、アライアンスが意図的に省略した関連研究も多数提供しています。 最近のXNUMXつの記事では、多くのアライアンスの論点を取り上げています。

本質的に同盟は、全国で報告されている強姦率の変化とポルノの入手可能性の推定変化とを相関させる一握りの研究を指摘している。 いくつかの選ばれた国を含む研究を引用することによって、様々なDeniersは無責任にポルノが社会でより身近になるにつれて性的暴力率が普遍的に減少すると主張しました。 以下に、この主張に穴を開けます。

#1-他の変数はどうですか? 相関関係は因果関係とは異なります。 特定の国で報告されているレイプの減少は、他の多くの変数が原因である可能性があります。 役割を果たしている最も明らかな変数は、先進国が人口の100Kあたりの減少を経験していることです。 性犯罪を最も犯しやすい年齢層 (12-34) 人口が高齢化するにつれて。 グラフからわかるように、米国の税率は 暴力的な犯罪は1990あたりでピークに達し、その後2013あたりまで低下しました。 レイプ率が上昇し始めた。 この期間の強姦率は(犯罪カテゴリの中で)最も少なく減少したことに注意することが重要です。

暴力犯罪の減少は、人口の高齢者の割合の増加、および暴力犯罪を犯しそうな年齢層の対応する減少と同時に起こりました。 この人口動態の変化は、多くの「第一世界」の国々で起こっています。 まず、年齢による1990人口分布。 15-44の年齢範囲の人口に注意してください。

次に、年齢別の2015人口分布。 暴力犯罪を犯しがちな年齢層の減少、および高齢者が人口のかなりの割合を占めていることに注目してください。

上記の人口動態の変化は、レイプ率の低下を説明している可能性があります(これは通常、「人口の[X数]あたり」に報告されます)。 ニール・マラムス研究員は、ミルトン・ダイアモンドの論文(彼らの無謀な主張の証拠として同盟によって宣伝された)に対する主要な性科学のメーリングリストに応えました:

総体的な問題—直感的には、重要な「収益」は、メディアの暴力やポルノの消費が持っているように、「現実の世界」で起こっているように見えること(たとえば、暴力犯罪の割合)であることが非常に理にかなっているようです。何年にもわたって増加しました。 それどころか、これを見ることの問題は大きく、集計データを見ても因果関係を結論付けることは事実上不可能だと思います。 たとえば、次の関連付けについて考えてみます。米国の銃の数と犯罪率。

次の記事ピューで明らかになったように: 過去の20年で殺人率が半減(新しい銃の所有権が急上昇) 米国の銃の数が過去XNUMX年間で劇的に増加したため、殺人の割合は劇的に減少しました。 したがって、銃の幅広い入手可能性は実際には非常に良いことであり、殺人の削減に貢献していると結論付けることをいとわない人はどれくらいいますか? Drew Kingstonと私は、この総計の問題について、以下でさらに詳しく説明します。 ポルノと性的攻撃(2010)の研究における集計データの問題と個人差の重要性.

ポルノの使用と犯罪に関する異文化間の集計データ(例:Mickey Diamondの重要な作品)は、私の知る限りでは、デンマークと日本でしか得られていません。 これら二つの国では、一般的に非常に低い割合の既知の性的暴力犯罪がありました。 これらの国々では、性的攻撃を犯す危険性のある男性は(文化の中でも非戦時の状態でも)比較的少数しかないということを、そのデータと他のいくつかのデータソースに基づいて予測することができます。 したがって、Confluenceモデルの予測の文脈では、そのような国々では、ダイヤモンドの利用可能性が高まるにつれて性的攻撃性がほとんどまたはまったく増加しないことを実際に予測します。

覚えておいてください、私たちがアメリカで勉強したことがあり、同様にリスクが低いということは、ポルノ使用率が高い場合でも、傾向が増加していないということです。 前に述べたように批判的なテストとして、Martin Haldと私はデンマークでさえ比較的高いリスクを持つ男性が実際に実験室での実験的暴露と実際の実験の両方の関数として女性に対する暴力を受け入れるより大きな態度を示した世界協会」(2015出版物を参照)。 傾向や関連性の高い男性、性差別、女性に対する暴力を受け入れる態度、女性に対する敵意などの割合が比較的高い国でポルノの入手可能性に大きな変化が生じた場合にどうなるかを見たいのですが。 )

さらに、既知の犯罪率は、調査する唯一の「従属変数」ではない場合があります(以下を参照)。 日本の女性に対する暴力の裁定率は確かに比較的低いですが(そして何年も前に日本を訪れたときの私の限られた経験は、女性が夜に安全な散歩道を感じたことを示唆しました)、これまでに記録された最高のレイプ率は日本人によるものでした男性(中国の南京市)。 したがって、文化が暴力を認可すると、潜在的な傾向が非常に明白になった可能性があります。  さらに、現在の日本では、性的攻撃的傾向およびそれに関連する女性に対する態度や態度について、他にも明らかにされているように思われる。 (例えば、2000年に、女性が男性の手探り(chikan)と戦うために特別な列車が導入されました。

「従属変数」の問題

先に述べたように、Confluenceモデルは一般集団の男性、特に大学生の性的に積極的な態度と行動に焦点を当てています。 私たちが勉強した参加者は、事実上誰も裁いていません。 したがって、既知の犯罪率はやや無関係です。。 モデルの適用性の議論の一部として、有罪判決を受けた個人に関しては、そのような男性との「一般的な反社会性の特徴」がはるかに直接的な関連性を持つように見えるため、モデルは関連性が低いことを長年にわたって示唆してきました。

これらの有罪判決を受けた男性は、しばしば「専門家」ではないが、多種多様な犯罪を犯す可能性がはるかに高い。 私たちが研究している性的攻撃者の予測においてその有用性を一貫して示してきた措置(女性への敵意、女性に対する暴力を支持する態度など)は、この領域の既知の犯罪者を予測するのに一貫して見られていません。

学生の性的攻撃の割合の変化は関連性がありますが、これらが実際に何年にもわたって増減したのか、それともその問題にもっと注意が向けられたのかは明らかではありません。 (私は後者が重要だと思います)。 これは「総合的な問題」にも関連しています。ポルノの利用可能性は長年にわたって劇的に増加してきましたが、同時に性的暴行を減らし関連する意識を高めるための介入がずっと増えました。

全国のほぼすべての大学が、すべての新入生に対して介入を義務付けていますが、これは何年も前のことではありませんでした。 いくつかのメディアの影響が、性的攻撃に対する傾向の増加に寄与する可能性があると仮定すると、性的攻撃の問題およびそれと同時に起こる実際の介入の問題に対する公衆の意識の対応する増加をどのように解き放つことができます?

もう1つの重要な変数は、性犯罪に関連する統計の正確さを中心にしています。

#2 - 強姦率はしばしば過少報告されていることが研究により明らかにされています。 強姦犯罪は常に過少報告されていることに留意することが重要です。 米国の法律教授によるこの文書が示唆するように、警察への報告でさえも、激しく外れるかもしれません: 強姦統計で嘘をつく方法:アメリカの隠された強姦危機 とします。

この新しい方法を使用して、他の市町村が実際に発生したレイプ苦情の正確な件数を報告できなかったかどうかを判断します。 私は全国各地の警察署によるレイプ事件の過少数をかなり過小評価しています。 結果は、少なくとも22人の集団を担当する調査を受けた210警察署のおよそ100,000%が、レイプデータにかなりの統計的な不規則性を有し、1995から2012へのかなりの過少数を示していることを示します。 特に、過小評価管轄区域の数は、調査した18年間で61%を超えて増加しています。

相関の高い殺人率からのデータを補完することによって警察の過少カウントを排除するためにデータを修正して、調査は全国的に女性の犠牲者の強制膣強姦の796,213から1,145,309苦情が1995から2012までの公式記録から消えたと保守的に推定します。 さらに、補正されたデータは、データの追跡が1930で始まって以来、研究期間が最高の強姦率の15から18を含むことを明らかにしている。 アメリカでは、広く報告されている強姦の「大幅な減少」を経験する代わりに、隠された強姦危機の真っ只中にいます.

#3-多くの国がこの同時期にレイプ率の増加を報告しています。 たとえば、スペインとノルウェーの研究では、ダイアモンドの主張と矛盾する調査結果が報告されています(すべて同盟によって除外されています)。

  • 性的暴力はインターネットの暴露に関連していますか? スペインからの経験的証拠 (2009) 抜粋: 期間1998-2006の間にスペインの州のためのパネルデータアプローチを使用して、結果は強姦とインターネットポルノの間に代用があることを示します、一方、インターネットポルノは性的暴行のような他の暴力的な性行為を増やします。
  • ブロードバンドインターネット:性犯罪への情報スーパーハイウェイ? (2013) - 抜粋: インターネットの使用は性犯罪を引き起こしますか? 私たちは、この問題に光を当てるために、犯罪とインターネットの採用に関する独特のノルウェーのデータを使います。 資金が限られている公共のプログラムは、2000〜2008でブロードバンドアクセスポイントを展開し、インターネットの使用においてもっともらしく外生的な変動を提供します。 私達の器械変数の見積もりはインターネットの使用が強姦および他の性犯罪のレポート、充満そして有罪判決の両方のかなりの増加と関連付けられることを示す。 我々の調査結果は、性犯罪傾向に対する直接的な影響はプラスであり無視できないものであることを示唆している、おそらくポルノの消費の増加の結果である。

を見てみましょう 強姦率のこの表 実際のグローバルパターン(正確な統計情報の収集に問題があることを示す)がないことがわかります。 一つのことは確かです。ダイヤモンドは、ノルウェー、スウェーデン、コスタリカ、ニュージーランド、アイスランド、イタリア、アルゼンチン、ポルトガルなど、ポルノとレイプ率の両方が同時に増加している多くの「現代」の国を省略しました。

#4 –のレート アメリカとイギリスで性的犯罪が発生 (Pornhubの最大ユーザー2人) による FBIが発表した新しい統計 (参照してください グラフ)、強姦の数(人口の100,000あたり)は2014-2016(統計が利用可能な最後の年)から着実に増加している。 イギリスでは、9月より前の138,045ヶ月間、23で、12%の2017セックス犯罪がありました。 それでも、同じ時期に

#5 - 実際のポルノユーザーを評価している研究は、ポルノと性的暴力、攻撃性および強制の増加との間の関連を示しています。 いくつかの特定の国での非常に疑わしい集計研究の代わりに、関連する変数を管理した実際のポルノ利用者に関する研究はどうでしょうか。 他のすべてのAllianceのセクションと同様に、このセクションでは文学およびメタアナリシスの関連レビューを省略しているので、ここではいくつか紹介します。 (このセクションの最後に、アライアンスによって省略された多数の個別の研究も提供します。)

ポルノの影響を要約したメタアナリシスII:暴露後の攻撃性(1995) - 抜粋:

様々な緩和条件(性的覚醒のレベル、事前の怒りのレベル、ポルノの種類、 Sの性別、攻撃対象の性別、および資料の伝達に使用される媒体。

結果は、絵のようなヌードがその後の攻撃的行動を誘発すること、非暴力的な性的行為を描写する材料の消費が攻撃的行動を増加させること、そして暴力的な性的行為のメディア描写は非暴力的な性的行為のそれよりも攻撃性を生み出すことを示す。 他のモデレータ変数は、均質な所見を生み出しませんでした。

ポルノグラフィーおよび性的攻撃:信頼できる効果はありますか、また理解できますか? (2000)- 抜粋:

最近のいくつかの批判に応えて、(a)それらの解説に示されている議論とデータを分析し、(b)実験的および自然主義的研究のいくつかのメタアナリシス要約の知見を統合し、そして(c)大規模な代表的サンプルについて統計分析を行う。 A3つのステップは、特に暴力的なポルノおよび/または性的攻撃の危険性が高い男性に対して、頻繁なポルノ使用と性的攻撃的行動との間の信頼できる関連性の存在を支持する。 比較的攻撃的な男性が同じポルノを解釈して反応する方法は、攻撃的でない男性とは異なる可能性があることを示唆しています。これは、強姦犯と非主義者を比較する研究や異文化間研究と現在の分析を統合するのに役立ちます。

ポルノの影響に関する発表された研究のメタ分析 (2000) - 抜粋:

性的逸脱、性的虐待、親密な関係に関する態度、および強姦神話に関する態度に対するポルノの影響を判断するために、46に発表された研究のメタアナリシスが行われました。 ほとんどの研究はアメリカ合衆国で行われ(39; 85%)、日付は1962から1995までで、35%(n = 16)は1990と1995の間、33%(n = 15)は1978と1983の間12,323 現在のメタアナリシスには、12人の合計サンプル数が含まれていました。 学術誌に掲載され、XNUMX以上の総標本数を持ち、対照群または比較群を含む研究について、従属変数のそれぞれについて効果量(d)を計算した。

性的逸脱(.68および.65)、性的犯行(.67および.46)、親密な関係(.83および.40)、およびレイプ神話(.74および.64)の平均非加重および加重dは、明確な証拠を提供しますポルノにさらされたときのネガティブな発達のリスクの増加の間の関連を確認する。 これらの結果は、この分野の研究が、ポルノが暴力や家族の機能に影響を与えるかどうかという問題を超えて進むことができることを示唆しています。.

ポルノグラフィーに関連する研究と行動的影響

ウィーバー(1993)の場合、論争はポルノへの暴露の結果についての3つの理論から生じています。

  1. 学習の一形態としてのセクシュアリティの表現 長い間否定または隠されてきたもの(自由化)に関連する社会的教義に照らして-抑制、罪悪感、純粋主義的な態度、セクシュアリティへの固執、これらすべてはポルノを通じて部分的に排除できる(Feshbach、1955)。2Kutchinsky(1991)ポルノがより簡単に利用できるようになると性的暴行の割合が低下し、性的緊張を和らげて性的犯罪の割合を減らす一種の安全弁として機能すると述べ、この考えを繰り返した。 非常に議論の余地がありますが、この前提が意味することは、ポルノグラフィーは、著者によると、演技を相殺する学習の形を提供するということです。
    性的暴行の数を減らす可能性がある手段として売春の自由化の支持者もこの議論を使用しているため、議論の余地があります(McGowan、2005; Vadas、2005)。 そのような考え方は、人間の尊厳と、それが人であることの意味を損なうものです。 要点は、人々は商品ではないということです。
  2. 人の非人間化、 前述の理論とは対照的に、そしてポルノが女性の男性の誤認主義的イメージであることが第一に最も重要である場合(Jensen、1996、Stoller、1991)。
  3. 画像による減感 それは現実と一致していません。 簡単に言えば、ポルノは社会的関係の非常に還元主義的な見方を提供します。 画像は一連の露骨で反復的で非現実的な性的シーンにすぎないため、ポルノへのマスターベーションは一連の歪みの一部であり、現実の一部ではありません。 これらの歪みは、動的および静的な犯罪発生変数によって悪化する可能性があります。 頻繁な曝露は、刺激がより強くなるにつれて、彼の価値観と行動を徐々に変化させることによって人を鈍感にします(Bushman、2005; Carich&Calder、2003; Jansen、Linz、Mulac、およびImrich、1997; Malamuth、Haber、およびFeshbach、1980; Padgett &Brislin-Slutz、1989; Silbert&Pines、1984; Wilson、Colvin、&Smith、2002; Winick&Evans、1996; Zillmann&Weaver、1999)。

要するに、これまでに実施された研究は、ポルノ素材の使用と性的暴行との間の直接的な因果関係を明確に示していません、しかし多くの研究者が一つのことに同意するという事実は残ります:ポルノ素材への長期暴露個人を消滅させる。 これは、1984年にリンツ、ドナースタイン、ペンロッド、同じ年にサポルスキー、1985年にケリー、1989年にマーシャル、ジルマン、1998年にクレイマー、マクファーレン、パーカー、ソーケン、シルバ、リール、そして最近ではソーンヒルと2001年にはパーマー、2002年にはアパノビッチ、ホブフォル、サロベイ。 彼らの研究に基づいて、これらの研究者全員は、ポルノへの長期曝露は中毒性の影響を及ぼし、犯罪者が彼らが犯す行為における暴力を最小限に抑えるように導くと結論付けた。

ポルノと女性に対する暴力を支持する態度:非実験的研究における関係の再考(2010) - 抜粋:

非分析的研究が男性のポルノ消費と女性に対する暴力を支持する彼らの態度との間の関連を明らかにしたかどうかを決定するためにメタアナリシスが行われた。 メタアナリシスは、以前に公開されたメタアナリシスで問題を修正し、より最近の発見を追加しました。 以前のメタアナリシスとは対照的に、 現在の結果は、非実験的研究において、ポルノ使用と女性に対する暴力を支持する態度との間に全体的に有意な正の関連を示した。 さらに、そのような態度は、非暴力的なポルノの使用よりも性的に暴力的なポルノの使用の方が有意に高い相関を示すが、後者の関係も有意であることがわかった。

この研究は、この分野での非実験的研究からの結論が実際に彼らの対応する実験的研究の結果と完全に一致していることを示すことによって、ポルノと積極的な態度に関する文学における厄介な不和であるように見えました。 この発見は、ポルノと攻撃性に関する総合的な文学にとって重要な意味を持ちます。

調査では、違反の程度についてポルノの使用を調べています。 しかし、他のセックス業界の経験が性犯罪に影響を与えるかどうかをテストした研究は事実上ありません。 拡大すると、これらのばく露の累積的影響は不明である。 社会的学習理論は、曝露が問題を増幅するはずであると予測しています。

後ろ向き縦断データを利用して、我々は青年期のばく露が発症年齢の若さと関連しているかどうかを最初に試験する。 また、成人期のばく露がより高い頻度の犯罪と関連しているかどうかも調べている。

調査結果によると、ほとんどの種類の青年期のばく露と総ばく露は発症年齢の早い時期に関連していた。 成人期のばく露も性的害の全体的な増加と関連していたが、影響は「タイプ」に依存していた。

メタ - ポルノ消費の分析と一般的な性的攻撃の実際の行為 人口調査 (2015)。 –抜粋:

実験的研究のメタ分析は、攻撃的な行動と態度への影響を発見しました。 ポルノの消費が自然主義的な研究における攻撃的な態度と相関するということもまた発見されています。 しかし、このような一連の作業を動機付ける動機付けの疑問に取り組むメタアナリシスはまだありません。ポルノの消費は、性的攻撃の実際の行為と関連があるのでしょうか。 22のさまざまな国からの7研究が分析されました。 米国内および国際的、男女間、ならびに横断的および縦断的研究において、消費は性的攻撃と関連していた。 関連性は肉体的な性的攻撃よりも口頭での方が強かったが、どちらも有意であった。 結果の一般的なパターンは、暴力的なコンテンツが悪化要因になる可能性があることを示唆しています。

青年とポルノ:20年の研究のレビュー (2016) - 抜粋:

このレビューの目的は、に掲載された実証的研究を体系化することでした。 1995と2015の間の査読付き英語ジャーナル 思春期のポルノ使用の有病率、予測因子、および意味について。 この研究は、青少年がポルノを使用することを示しましたが、有病率は大きく異なりました。 ポルノをより頻繁に使用した青少年は、思春期がより進行した男性であり、感覚を求める人であり、家族関係が弱かったり問題を抱えていた。 ポルノグラフィーの使用は、より寛容な性的態度と関連しており、より強い性別ステレオタイプの性的信念とリンクする傾向がありました。 それはまた、犯罪と被害の両方の観点から、性交の発生、カジュアルな性行為の経験の増加、および性的攻撃の増加に関連しているようです。.

青年期における性的暴力の出現の予測(2017) - 抜粋:

影響を与える可能性のある特性を調整した後、p親の配偶者からの虐待への暴力的な曝露と現在の暴力的なポルノへの曝露はそれぞれ、暴力的なポルノの例外であるSV犯罪未遂レイプの出現と強く関連していた。 現在の攻撃的な行動は、レイプを除くすべてのタイプの最初のSV実行にも大きく関与していました。 性的嫌がらせの以前の被害と関係における心理的虐待の現在の被害は、さまざまなパターンではあるものの、さらに最初のSV犯行を予測するものでした。

青年期の男性と女性の間のさまざまなタイプのSV犯行に関するこの全国縦断的研究では、 調査結果は、標的にされる必要があるいくつかの可鍛性のある要素、特に若者の家の中の虐待的な両親によってモデル化され、また暴力的なポルノによって強化されている個人間暴力の脚本を示唆している.

私達は主要な性別リストからの別の投稿でポルノと性的犯罪/攻撃についての議論を締めくくる。 あなたが見るように、著者は非常に親ポルノです(そして博士課程の性研究者):

私がした一般的な声明は、性的攻撃だけでなく他の結果の変数を表すと思います。 この時点で、a)に加えて あらゆる種類の性的および非性的攻撃的態度および行動に関連するポルノへのより多くの曝露を示す相関データ、我々も持っています:

b) ポルノへの曝露が実験室での非性的攻撃性(電気ショックの投与のような身体的、物質的、または心理的攻撃性など)を増加させることを示す実験データ(Allen、D'Alessio、およびBrezgel、33年にメタ分析された1995の研究);

c) ポルノへの暴露が性的暴力を支持する態度を高めることを示す実験データ(対人暴力の受容、レイプ神話の受容、およびセクシャルハラスメントの傾向)(Emmers、Gebhardt、およびGiery、16年にメタ分析された1995の研究);

d) 時間1でより多くのポルノを見ることが、時間2での現実の性的攻撃のより多くの行為に関連しているという縦断的証拠(ライト、徳永、クラウス、5年にメタアナリシスされた2015つの研究)、性的被害、薬物使用など.

これらすべての証拠に照らして、私の考えでは、ポルノと攻撃性の間の現実の因果関係はどういうわけか現実的ではなく完全に存在しないと主張することは本当に困難で不合理です。 はい、懐疑的な見方が残っているべきであり、より良く、より多くの研究が常に行われるべきですが、私が賭けを余儀なくされた場合、私はお金をそこに置いたと言わなければなりません性的攻撃に対するポルノの悪影響。その影響はa)比較的小さく、b)リスクの高いグループに限定され、c)ある種のポルノ(暴力的)が他のポルノよりも顕著(非暴力的だが典型的)主流ポルノ)、さらに他の種類のポルノ(フェミニスト、クィア)には存在しません。

もちろん、実験データも経時的データも現実世界での因果関係を決定するのに完全ではありませんが、心理研究の他の分野に関しては因果関係を強く示唆しているということに私たち全員が同意するようです。 これらは、あらゆる種類の行動の結果の因果関係を確立するためのゴールドスタンダードです。 このXNUMXつの研究分野に関して、なぜ私たちはそれほど懐疑的ですか? ポルノが悪影響を及ぼさないという私たちの欲求に合わないからですか? 申し訳ありませんが、皆さんと同じようにポルノが大好きです(私は本当にそうです)が、私は調査結果が好きではないという理由だけで、ポルノをより高い証明基準に保つことを正当化することはできません。 これは、これらの調査結果を拒否または無視すると、反ポルノ十字軍のようにそれについて盲目的かつイデオロギー的になると私が言ったときの意味です...

…..私は、私たちが調査結果をどのように使用するか、そして私たちがそれらから引き出す現実世界の介入への影響において、私たちを反ポルノと同一視するつもりはありませんでした。 私が言っていたのは、彼らと同じように、私たちは見たいものだけを見るためにかなり強い確証バイアスを採用しているようだということです。 しかし、増え続ける証拠に目をつぶることで、私たちは客観的な真実探求者としての信頼性を危うくし、ポルノを禁止することが解決策ではないという私たちの立場が現実世界の変化を起こすことに与える影響を制限しています。

エビデンスに裏付けられていない極端な立場(「ポルノは誰の性的攻撃にも影響を及ぼさない」)を取ることにより、私たちは自分たちの関連性を減らし、イデオロギー的に駆り立てられたクレイジーと同じくらい簡単に解雇されますその他の極端な位置(「すべてのポルノはそれを見るすべての人の性的攻撃を増加させる」)。

繰り返しますが、私を誤解しないでください。私はポルノが大好きで、常にそれを見ており、それを禁止したいという欲求はゼロです。

研究に関して、同盟は慎重に選びました、そして意図的に省略されたもののもっと多くの例。

アライアンス研究:

Burton、DL、Leibowitz、GS、およびHoward、A。(2010)。ポルノへの曝露に対する少年非行者の犯罪タイプによる比較ポルノへの曝露と性的犯罪の特徴1との間に関係がないこと。 法医学看護、6(3)、121 - 129のジャーナル。 Webへのリンク

分析: Allianceの要約では、いくつかの非常に重要な調査結果が省略されています。 両言語で 性的犯罪および性的でない犯罪 要約から:

性的虐待者は、性的でない虐待者よりも10前後(年齢)のポルノへの暴露を報告しています。 しかし、性的虐待者にとって、ばく露は、虐待者が虐待を始めた年齢、報告された被害者の数、または性的犯罪の重篤度とは相関していない。 10以前のばく露サブスケールは、集団が性的に虐待した子供の数とは無関係であり、強力なばく露サブスケールは、強姦に対する覚醒または若者が使用した力の程度と相関していなかった。 最後に、曝露は、この研究におけるすべての非性的犯罪スコアと有意に相関していました。

同盟は誰も実際の研究を読まないことを望んでいる。

Kutchinsky、B。(1991)。 ポルノグラフィーとレイプ:理論と実践 ポルノが容易に入手できる4カ国の犯罪データからの証拠。 法と精神医学の国際ジャーナル。 Webへのリンク

分析: 1980からのインターネット前データ。 ミルトンダイヤモンドの厳選された国と同様に、これには全国規模のデータが含まれます。 導入部で対処しました。

Rasmussen、KR、&Kohut、T。(2019) 宗教的出席はポルノ消費と女性に対する態度との関連性を和らげるのでしょうか。 セックス・リサーチのジャーナル、56(1)、38-49. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのTaylor Kohut氏による。 彼の研究は性犯罪とは何の関係もないので、より多くの引用インフレ。 他のコフートの研究(上記)と同様に、彼は自分のバージョンの「平等主義的態度」で宗教的な女性(ポルノの使用量が少ない)のスコアを低くするための基準を選択しました。 コフートは「平等主義」 as :

  1. 中絶のサポート。
  2. NOT その家庭生活を信じることは、女性がフルタイムの仕事をしているときに苦しみます。

あなたの個人的な信念に関係なく、宗教的人口がはるかに得点することは容易にわかります。 下側 Taylor Kohutの2パート「平等主義」評価について

ここに鍵があります:世俗的な人口、より自由になる傾向がある、 宗教的人口よりはるかに高い割合でポルノを使用する。 これらの2基準のみを選択し、無限の他の変数を無視することによって、Taylor Kohutは、彼の研究の戦略的に選択された基準と相関するポルノ使用(世俗的人口が多い)に終わることを知った。平等主義(宗教人口が少ない)。 それからKohutはそれをすべて回したタイトルを選んだ。

Kristen N. Jozkowski、Tiffany L. Marcantonio、Kelley E. Rhoads、Sasha Canan、Mary E. Hunt&Malachi Willis(2019) 主流の映画における性的同意および拒絶反応の内容分析、Journal of Sex Research、DOI:10.1080 / 00224499.2019.1595503 Webへのリンク

より多くの引用インフレーション。 この研究はポルノに関するものではありません。 選択された映画はどれもX評価されていません。 実際、ほとんどがPG-13でした。 いいですね、アライアンス。

クチンスキー、B。(1992)。 ポルノ研究の政治。 Law&Soc'y Rev.、26、447。 Webへのリンク

分析: 研究ではありません。 エッセイに関する無関係な1992解説。 引用インフレーションについて話す。

Mellor、E。、&Duff、S。(2019)ポルノの使用と男性におけるポルノへの曝露と性的犯罪との関係系統的レビュー 攻撃と暴力的な行動. Webへのリンク

分析: アライアンスの要約はかなり正確でした。 ただし、21関連論文のうち157のみを受諾するという著者の選択に疑問があります。 他の文献レビューが同じ結論に達することはないという事実によって、我々の予約は支持されている。 さらに、21が選んだ論文のほとんどは、子供と子供の間ではなく、大人と子供の間の性犯罪者を対象としています。 ミルトンダイアモンドの研究にコメントして、ニールマラマス研究者は、児童ポルノを使用した小児性愛者の効果は成人向けポルノを使用した非小児性愛者の効果とはかなり異なるかもしれないと指摘しました:

ミッキー・ダイアモンドの作品と仮想ポルノの可能性が示唆するように、特に児童ポルノに関連して、露出の影響が非常に異なる(および反対の)非常に異なる「サブグループ」が存在する可能性を考慮することは価値があります。 このトピックについては、次の記事で説明しました。 マラムス、N。&ハッピン、M。(2007)。 仮想児童ポルノに線を引く:法律を研究証拠と一致させる.

簡単に言うと、メタアナリシスでは成人の性犯罪者に関するほとんどすべての研究が省略されていたため、結果は非常に歪んでいました。

ファーガソン、CJ、およびハートレイ、RD(2009)。その喜びは瞬間的なものです…費用はいまいちなのですか?:レイプと性的暴行に対するポルノの影響。 攻撃性と暴力的な行動、14(5)、323-329。 Webへのリンク

分析: アライアンスの概要は正確です–“米国における強姦の被害率は、ポルノ消費と強姦率の間に反比例の関係を示しています。 他の国々からのデータも同様の関係を示唆しています。しかし、この調査は、ほんの一握りの国からのレイプ率とポルノの入手可能性に関する集計データに依存しています。 これらのタイプの研究における重大な欠陥は、上記の序論で検討されており、以下のミルトン・ダイアモンド研究にも取り組んでいます。

注:何年もの間、Fergusonはインターネット中毒の概念を攻撃してきましたが、その一方でインターネットゲーム障害をICD-11から排除するために激しい運動をしていました。 (世界保健機関がICD-2019を採用したとき、彼はそれを11で失ったが、彼のキャンペーンは多くの分野で続けられている。)実際、FergusonとNicole Prause 主要な論文の共著者がインターネット中毒の信用を傷つけようとしていた。 (彼らの主張は専門家による一連の論文で非難された。 今号 行動習慣のジャーナル.)

Diamond、M.、Jozifkova、E。、&Weiss、P。(2011) チェコ共和国におけるポルノと性犯罪。 性的行動のアーカイブ、40(5)、1037-1043. Webへのリンク

分析: 同盟の概要は正確です:“児童ポルノの所持が違法ではない期間の延長は、児童の性的虐待の発生率の大幅な減少を示しました。」 ダイアモンドの研究についてアカデミックな性別のリストサーブに関する議論の中でマラマスが言ったことは次のとおりです(「あなたが書いた」は質問者であり、応答はマラマスです):

ポルノの使用と性犯罪:多くの人々は、全国的な相関調査がポルノの使用と強姦の逆相関を示しているという印象を持っているように思えます。 私はこれがまったく真実だとは思わない。 ミルトン・ダイアモンド自身のサイトにアクセスすると、データが児童の性的虐待とレイプに分けられると、ポルノが利用可能になったときに後者が減少しなかった(しかし増加しなかった)ことが明らかです。. さらに、少なくとも横断的に、両者の間に高い正の相関がある国の例があることがわかります。。 たとえば、そのことを示す記事があります。

「Googleトレンドによると、パプアニューギニアは世界で最もポルノに夢中な国です。 PNGの人口は8ミリオン未満です 人とインターネットの使用率は低いが、「ポルノ」と「ポルノ」という言葉の検索の割合は、全国の 合計検索数。 The Lancetに掲載された研究では、ブーゲンビルのPNG自治区の男性の59パーセントがパートナーをレイプし、41パーセントがパートナーではない女性をレイプしたと報告しています。

さらに、この記事では、「ポルノ」を検索している上位10か国:Google Trends
1 パプアニューギニア
2。 ジンバブエ
3。 ケニア
4 ボツワナ
5。 ザンビア
6 エチオピア
7 マラウイ
8 ウガンダ
9。 フィジー
10。 ナイジェリア

これらの中には、女性に対する性的およびその他の形態の暴力の割合が高い国もあると思います。 私はポルノが「the」または「a」の原因であると主張しているのではなく、ポルノの使用とレイプの間に逆の関連性が示されているという世界的または長期的な一般的な信念に反していることに注意してください。 合流モデルの危険因子、特に敵対的な男らしさを統計的に管理した後、異文化間で関連を調べた研究を実施することは興味深いでしょう。

リスクの高い国々では、ポルノの使用とレイプの間に正の相関があり(特に裁判による犯罪だけでなく、一般に男性間で)、相関関係がないか、男性の数が比較的少ない国では逆の相関関係があると予測しますConfluenceモデルによるリスク。

あなたの意見:社会レベルでは、ポルノは実際には裁定された性犯罪に良い影響を及ぼす可能性があります。

回答:前に示したように、ダイヤモンドと関連データが性犯罪に関して一般的に想定されることを明らかにすることはないと思います。 ダイアモンドと同僚たち自身が指摘したように、データはポルノの利用可能性と子供の性的虐待の間の逆の関係を示しています。 一般的にポルノとレイプの間には、同様の重要な関連はありません。. 強姦の原因と強姦犯対児童虐待者の特性はしばしば全く異なるため、まとめてはいけません。 さらに、データは一般的に国レベルで相関関係があり、「総計の問題」(Kingston&Malamuth、2011)もあり、因果関係について多くの注意が必要です。

自信を持って結論付けることができるのは、調査対象の国では、ポルノ法を変更してポルノの利用可能性を高めても、レイプは一般的に増加しないということです。 また、 ダイアモンドとその仲間によって研究された国のすべてが、性的攻撃を犯すリスクが比較的高い男性が比較的少ないかもしれないと思われることを心に留めておくことは重要です。 私は以前にクロアチアを調べたことがありませんでしたが、グーグルですばやく検索すると、94%が、家族を一緒に保つために女性は暴力を容認すべきであるという声明に同意していません。

あなたの意見は:しかし、その社会の広い範囲内では、危険因子が集まっているために、ポルノが性暴力の危険性を高めるポルノに晒されている男性がいます

回答:あなたが書いたものとほぼ一致していますが、少し違った言い方をしました。 「重要な」危険因子のレベルが比較的高い一般集団の男性の場合、データは、ポルノの「大量の」使用が性的に暴力的な態度や行動傾向を高める可能性があることを強く示しています.

あなたの意見:ポルノアクセスを許可する社会は、少数のグループで、より大きな人口のリスクがより低いのと同程度の、少量のリスクの増加を容認して、トレードオフを行っているのかもしれません。

対応:社会間の文脈上の違いを考慮せずに、社会について一般化することには注意を払う必要があると思います。 私は、サウジアラビア対デンマークでポルノ法の変更が非常に異なった結果をもたらしたと思います。 また、 私は唯一または主に裁定された性犯罪、特に強姦に焦点を合わせることが問題になるかもしれないと思います。 たとえば、他の場所で書いたように、日本はポルノが広く利用可能であり(「暴力的な」ポルノを含む)、レイプの発生率が現在および歴史的に非常に低い国の代表的な例のXNUMXつとしてよく使用されます。

日本は確かに、女性に対する「グループ内」の暴力に対して強い社会的抑制を持ってきた国です。 それでも、他の潜在的な症状を考慮してください:「日本では混雑した通勤電車の手探りが問題になっています。警視庁と東日本旅客鉄道の調査によると、20代と30代の女性乗客のXNUMX分のXNUMXが電車で手探りされたと報告しています。大多数は頻繁に犠牲にされていました。」 女性に対する暴力が容認されたとき、それは非常に高かった(例えば、チャン、*南京大虐殺*を参照)。 私は必ずしもあなたの提案に反対しているわけではありませんが、現時点でそのような結論に達することができるかどうかはわかりません。

簡単に言えば、少数の国からの2組の全国データ(報告された性犯罪と推定ポルノ利用可能性)に依存して(他の何百もの国を無視しながら)、より多くのポルノが決定的に性的犯罪につながるという主張を支持しません真の科学者の間を飛ぶ。

ゴールドスタイン、M。、カント、H。、ジャッド、L。、ライス、C。、およびグリーン、R。(1971)。ポルノでの経験:人種差別主義者、小児性愛者、同性愛者、性転換者、およびコントロール。 性行動のアーカイブ、1(1)、1-15. Webへのリンク

分析: 「逸脱者」に対する「セックスフィルム」の影響を評価するための成人男性(おそらく1971年代から1920年代に生まれた)に関する40年の研究。 注–この調査では、ゲイとトランスジェンダーの被験者を「逸脱者」として分類しました。 多数のより最近の研究(以下通り1971研究に対抗する所見を報告する。

ハルド、GM、およびマラムス、NN(2015)。 ポルノへの暴露の実験的効果:性格の緩和効果と性的興奮の仲介効果。 性的行動のアーカイブ、44(1)、99-109. Webへのリンク

分析: ポルノの使用は、特定の性格タイプの中で女性に対する暴力を支持する性的態度につながるかもしれないという仮説を支持します。 アブストラクト:

無作為化実験デザインで無作為に選択された200デンマークの若い成人男性および女性のコミュニティサンプルを使用して、本研究は、人格特性(賛成)、過去のポルノ消費、および非暴力ポルノへの実験的曝露が暴力に対する支持態度に及ぼす影響を調査した女性(ASV)。

我々はより低いレベルの快適さとより高いレベルの過去のポルノ消費がASVを有意に予測することを見出した。 さらに、実験的なポルノへの曝露はASVを増加させたが、それは賛成性が低い男性の間だけであった。 この関係は、性的興奮と性的興奮の主観的評価を参照して性的興奮によって有意に媒介されることが見出された。性的興奮に関連した身体的感覚。 個人差の重要性を強調することで、結果は性的攻撃の階層的な合流モデルと情緒的な関与とプライミング効果に関するメディア文献を支持しました。

注:「同意レベルが低い」男性は、人口のかなりの割合を占める場合があります。

Bauserman、R。(1996)。 性的攻撃とポルノ:相関研究のレビュー 基礎および応用社会心理学、18(4)、405-427。 Webへのリンク

分析: 同盟は、アブストラクトの抜粋から重要な文を省きました(下線が引かれています)。

性犯罪者は通常、犯罪者以外と比較して、幼年期または青年期にポルノへの早期またはそれ以上の異常な暴露をしていません。 しかし、少数の犯罪者が彼らの犯罪におけるポルノの現在の使用を報告します。 調査結果はポルノに関する社会的な学習の見解と一致していますが、一般的に性的に露骨な資料が性犯罪に直接寄与しているという見解とは一致していません。 性犯罪を減らすための努力は、より多くの犯罪者に適用される経験の種類と背景に焦点を合わせるべきです。

最近の25年には、ポルノ使用と性的犯罪との関連性を報告する多くの研究が発表されています。

以下の研究は、ポルノの使用を性的侮辱、性的攻撃、および性的強制に結び付けています。 同盟はこのセクションからすべてを都合よく省略しました:

  1. 女性への攻撃に対するエロチカの促進効果(1978)
  2. 暴力的な性的刺激への曝露の関数としてのレイプファンタジー(1981)
  3. 性的経験調査:性的攻撃と犠牲化を調査する研究機器(1982)
  4. ポルノと性的暴力とレイプの些細化(1982)
  5. ポルノへの暴露、寛容および非寛容な合図、および女性に対する男性の攻撃性(1983)
  6. 強姦神話における信念に対する攻撃的ポルノの影響:個人差(1985)
  7. メディアにおける性的暴力:女性に対する攻撃に対する間接的な影響(1986)
  8. 女性の言語的および身体的虐待におけるポルノの役割に関する実証的調査(1987)
  9. 性犯罪者の犯罪歴および発達史におけるポルノの使用(1987)
  10. 強姦犯、虐待者、および違反者による性的に露骨な刺激の使用(1988)
  11. 暴力的なポルノおよび性的攻撃の自己申告可能性(1988)
  12. ポルノへの早期曝露の関数としての強姦についての女性の態度と空想(1992)
  13. 性犯罪者、児童虐待者、および統制者の間の性的に露骨な物質への曝露のパターン(1993)
  14. ポルノグラフィーおよび性的攻撃:暴力的および非暴力的描写と強姦および強姦傾向との関連(1993)
  15. 性的暴力ポルノ、反女性の態度、および性的攻撃:構造方程式モデル(1993)
  16. 大学生の男性におけるデートレイプと性的攻撃:衝動性、怒り、敵意、精神病理学、仲間の影響およびポルノグラフィーの使用の発生率と関与(1994)
  17. ポルノと女性の虐待(1994)
  18. 暴力的なポルノと女性の虐待:実践する理論(1994)
  19. 視聴者の強姦神話信念に対する暴力的ポルノの影響:日本人男性の研究(1994)
  20. 強姦に対する態度に対する撮影された性暴力への曝露の影響(1995)
  21. ポルノの使用と子供の痴漢との関係(1997)
  22. ポルノと出会い系関係におけるカナダ人女性の虐待(1998)
  23. 暴力的なポルノと女性の虐待:実践する理論(1998)
  24. ポルノと性的暴力の関係を探る(2000)
  25. 性的攻撃の病因におけるポルノの役割(2001)
  26. 性犯罪委員会におけるポルノの使用(2004)
  27. 成人強姦犯の間の逸脱した性的嗜好に関連する発達因子の調査(2004)
  28. 言葉が足りないとき:虐待された女性に対するポルノグラフィーの効果の探求(2004)
  29. ポルノと10代の若者:個人差の重要性(2005)
  30. 大学キャンパスにおける男性の性的攻撃の危険因子(2005)
  31. 男性の性的攻撃の可能性:アルコール、性的興奮、暴力ポルノ(2006)の影響
  32. 暴力的ポルノへの曝露から生じる女性における強姦神話一致信念:アルコールと性的覚醒(2006)の影響
  33. 性的攻撃の予測:一般的および特定の危険因子(2007)の文脈におけるポルノの役割
  34. 青年期におけるポルノの使用および性的暴力への自己申告の関与(2007)
  35. 青少年の性的勧誘、嫌がらせおよびインターネット上のポルノへの望ましくない曝露の報告の傾向(2007)
  36. 青年期におけるサイバーセックス依存症、性差別主義、性的態度および性的暴力の許容度との関係(2007)
  37. 男性の性産業の用法と暴力的な関係における行動の管理との関連付け(2008)
  38. ポルノ使用と性的攻撃:性犯罪者の間の再犯に対するポルノ使用の頻度と種類の影響(2008)
  39. ポルノグラフィー使用における個人差の重要性:理論的展望と性犯罪者の治療に対する意義(2009)
  40. 性的に反応的な子供と青年の間の攻撃的な行動パターンのリスクマーカーとしてのポルノグラフィーの使用(2009)
  41. 性的暴力はインターネットに関連していますか? スペインからの経験的証拠(2009)
  42. ポルノへの曝露に対する犯罪の少年非行者のタイプによる比較ポルノへの曝露と性的犯罪の特徴との間に関係がないこと(2010)
  43. ポルノグラフィーおよび性的攻撃の研究における集計データの問題および個人差の重要性:Diamond、Jozifkova、およびWeiss(2010)へのコメント
  44. 生涯にわたるポルノへの曝露と性的犯罪の重症度:模倣と下剤効果(2011)
  45. 因果関係の主張を評価する若者の性的行動に対するマスメディアの影響(2011)
  46. 兄弟間男性のポルノ鑑賞:傍観者介入、強姦神話の受容および性的暴行を犯す行動的意図に対する影響(2011)
  47. 小児および青年における性的に攻撃的な行動のX評価の素材および永続性:関連性はありますか? (2011)
  48. ポルノの性別の違いによる暴力と犠牲化の監視:イタリアにおける探索的研究(2011)
  49. 性的に虐待された男性と性的に虐待されていない男性の思春期の性的虐待者との間の違い:発達の先行者と行動の比較(2011)
  50. 代表的なサンプルにおけるポルノグラフィー、女性の暴力に対するリスクの個人差および男性の受け入れ(2012)
  51. ポルノへの曝露が男性の攻撃的行動傾向(2012)に及ぼす影響
  52. パートII:性的被害を受けた男女と非性的被害を受けた男子青年期の性的虐待および非行青年との違い:発達的先行者および行動的課題のさらなるグループ比較(2012)
  53. ブロードバンドインターネット:セックス犯罪への情報スーパーハイウェイ? (2013)
  54. 「それで、あなたはなぜそれをしましたか?」:児童ポルノ犯罪者によって提供された説明(2013)
  55. 逸脱したポルノの使用はGuttmanのような進行に従いますか? (2013)
  56. 青年の全国標本(2013)における男女の性的暴力加害者の有病率
  57. 若者の間の肛門性差と健康増進への意義:英国における定性的研究(2014)
  58. ポルノへの曝露の実験的効果性格の緩和効果および性的覚醒の媒介効果(2014)
  59. 強制的セックス、レイプおよび性的搾取:コンゴ民主共和国South Kivuにおける高校生の態度および経験(2014)
  60. ポルノ、アルコール、男性の性的優位性(2014)
  61. 修正された性的経験調査と修正された葛藤戦術尺度(2014)を用いた虐待を受けた女性の間の性的暴力経験の把握
  62. 成人ポルノと女性の虐待に関する刑事犯罪的理解:研究と理論における新しい進歩的方向(2015)
  63. 児童ポルノの視聴:スウェーデンの若い男性(2015)の代表的コミュニティサンプルにおける有病率と相関
  64. オンラインの性的に露骨な素材の使用の調査:性的強制との関係は何ですか? (2015)
  65. メディア消費、女性の客観化、および女性に対する暴力を支持する態度(2015)
  66. ポルノの使用は反女性の性的攻撃に関連していますか? 3番目の変数を考慮したConfluenceモデルの再検討(2015)
  67. 主に黒人およびヒスパニック系、都会在住、未成年の青年(2015)のサンプルにおける青年期ポルノの使用およびデートバイオレンス
  68. 男子大学生の間の時変危険因子と性的攻撃の実行(2015)
  69. 若年者の親密な関係におけるポルノ、性的強制および虐待および性交:ヨーロッパの研究(2016)
  70. 逸脱ポルノ使用:早発成人ポルノ使用の役割と個人差(2016)
  71. ポーランドの高校生による性的強制に対する態度:危険な性的表現、ポルノ使用、および宗教性との関連(2016)
  72. 若年者の親密な関係におけるポルノ、性的強制および虐待および性交:ヨーロッパの研究(2016)
  73. 少年セックス犯罪者(2016)
  74. 思春期の性犯罪者の生活経験:現象学的ケーススタディ(2016)
  75. 裸の攻撃:女性の顔面への射精の意味と実際(2016)
  76. 青年期における性的暴力の出現の予測(2017)
  77. 女性の性的強制の予測因子としてのポルノ使用の検討(2017)
  78. 雑誌以上のもの:若者の魔術師、レイプ神話の受容、レイプ傾向(2017)の関係を探る
  79. 男性的な規範、同僚グループ、ポルノ、Facebook、および女性の性的客観化(2017)
  80. 性的虐待について話すことは私を助けてくれたでしょう。性的虐待を受けた若い人たちは有害な性行動の防止に反省しています(2017)
  81. ポルノ使用からポルノ問題への閾値を超えて:性的強制行動の予測因子としてのポルノ使用の頻度と様相(2017)
  82. 性的強制、性的攻撃、または性的暴行:測定は性暴力の理解にどのような影響を及ぼすか(2017)
  83. 理論的ギャップの橋渡し:ポルノ使用と性的強制の関係を説明するための性的スクリプト理論の使用(2018)
  84. モザンビークにおける女性に対する男性の性的サディズム:ポルノグラフィーの影響 (2018)
  85. 問題のある性的行動および外傷症状を伴う若者の虐待の開示(2018)
  86. 男性に対する女性に対する反応に対する劣化対エロポルノ曝露の客観的効果:客観化、性差別、差別(2018)
  87. 「火に燃料を追加する」? 同意しない成人または児童ポルノへの曝露は、性的攻撃のリスクを高めますか? (2018)
  88. インターネットポルノグラフィーおよび性的攻撃的行動への曝露:韓国の青年期における社会的支援の保護的役割(2018)
  89. 虐待者介入プログラム(2018)における男性間の問題のあるポルノ使用と身体的および性的な親密なパートナーの暴力の実行
  90. 「感情的な脳」が引き継ぐとき - セラピストと治療アシスタントによる性行動障害の発症の背後にある危険因子についての定性的研究(2019)
  91. グレード10高校生(2019)における暴力的ポルノへの曝露と10代のデート暴力との関連
  92. 小児性行為に対する保護因子(2019)
  93. YouTubeの大規模な停電(2019)によるポルノとレイプの証拠
  94. ポルノと性暴力:ティルネルヴェリ地区(2019)の既婚農村女性の事例研究
  95. 女性による性的強制:ポルノグラフィーと自己陶酔的および性的人格障害特性(2019)の影響
  96. チューブが使えないとき…レイプ(2019)でのYouTubeの主要な機能停止の影響
  97. 対人関係の問題のある性行動に関与した子どもたち(2019)
  98. ポルノの消費は親密なパートナーの暴力に関連していますか? 女性と暴力に対する態度の緩和的な役割(2019)。
  99. 大学キャンパスでのポルノ、男らしさ、性的攻撃(2020)
  100. 男性のピアサポートと性的暴行:知名度の高い高校スポーツへの参加と性的略奪行為(2020)の関係
  101. 性的暴力がインターネットポルノの経験とセルフコントロールの関係に及ぼす影響(2020)
  102. 性的攻撃の合流モデル:青年期の男性への適用(2020)
  103. 死亡の州レベルの分析とポルノのGoogle検索:ライフヒストリー理論(2020)からの洞察
  104. 若年性犯罪者の特徴と危険因子(2020)。
  105. 女性のポルノ消費、アルコール使用、および性的被害(2020)
  106. 大学生の若者のオンラインおよびオフラインのセクハラを説明するための社会学習モデルのテスト(2020)
  107. 親密なパートナーの性的暴力とポルノとの関係の認識(2020)

Realyourbrainonporn(pornographyresearch.com)として公開 ポルノ業界のためのシリング.


LGBTセクション

文脈/現実なぜこのセクションが存在するのかわからない。 ここの研究は何も偽造していません。 同セクションは、他のほとんどの研究が同性愛者やレズビアンでのポルノ使用とポルノ依存(CSBD)の割合が高いことを報告しているので、RealYBOPチェリーピッキングの別の例として見ることができます。 から 性的に活動的な同性愛者およびバイセクシュアルの男性(2014)の性欲喪失における不適合認識の役割:

同性愛者、バイセクシュアル、および他のMSMにとって、問題のある性的過敏症は、このグループの中でこの問題を引き起こす独特の心理社会的要因(開発全体にわたる少数派のストレス要因など)を考えると特に心配です。; )問題のある性欲過多とHIVリスクの関係(; ) 同性愛者の男性と比較して過性愛を伴う不均衡な問題を経験していることに加えて(; 同性愛者およびバイセクシュアルの男性は、過性セックスおよび小児期の性的虐待を含む不適応認知プロセスの両方に関連することが示されている他の要因の高い割合で争っている()。)社会的偏見や偏見に関連するストレス要因(; ).

これらのストレッサーは、問題のある性欲過多などのメンタルヘルスの問題と組み合わさって、このグループの個人の健康を同時に脅かす相乗的なリスクのクラスター、つまりシンデミックを形成します(; ) したがって、これらの健康リスクのうちのいずれか1つの治療可能な構成要素を特定することは、この集団の構成員が直面している相互に関連するリスクの健康枯渇カスケードを混乱させる可能性がある。

アライアンスは、ポルノがユーザーに与える影響を評価せず、すべての研究を省略した、厳選された研究 した LGBTの被験者に対するポルノ使用の影響を調べてください(以下の研究では、ポルノ使用が否定的な結果に関連していることが報告されています)。

男性とセックスをする男性における性的に露骨なオンラインメディア、ボディ満足度、およびパートナーの期待:定性的研究(2017)- 抜粋:

MSN特有のSEOMの知覚される影響をカバーする半構造化された定性的インタビューは16 MSMで行われました。 体の満足度とパートナーの期待について話した9人の男性全員が、MSM特有のSEOMが彼ら自身および/または彼らの潜在的パートナーに対して不当に高い身体的外観の期待を設定したと報告しました.

米国内の同性愛者およびバイセクシュアルの男性における性的に露骨なメディアの閲覧およびその精神的健康との関連性(2017) –抜粋

同性愛者およびバイセクシュアルの男性(GBM)は、異性愛者の男性よりもはるかに性的に露骨なメディア(SEM)を視聴していると報告している。 より多くの量のSEMを観察することは、より悪い体の態度と悪い影響をもたらすかもしれないという証拠があります。 ただし、同じモデル内でこれらの変数を調べた研究はありません。

SEMの摂取量の増加は、身体へのより否定的な態度ならびに憂うつおよび不安症状の両方に直接関連していました。 体の態度を​​通して、抑うつ症状や不安症状にSEMの消費が間接的にも有意な影響を及ぼしていた。 これらの所見は、身体画像に対するSEMの関連性と、身体画像がGBMの不安およびうつ病の転帰において果たす役割とともに、負の影響の両方を強調している。

性的マイノリティの男性におけるポルノグラフィーの使用:身体の不満、摂食障害の症状、アナボリックステロイドの使用についての考えおよび生活の質(2017)との関連 抜粋:

オーストラリアとニュージーランドに住む2733の性的マイノリティの男性のサンプルは、ポルノ使用、身体の不満、摂食障害の症状、アナボリックステロイドの使用についての考え、および生活の質に関する尺度を含むオンライン調査を完了しました。 ほとんどすべての(98.2%)参加者が、月平均5.33時間の使用でポルノ使用を報告しました。

多変量解析は、ポルノ使用の増加が、筋肉質、体脂肪および身長に関する不満の増大と関連していることを明らかにした。 摂食障害の症状が大きい。 同化ステロイドホルモンの使用についてのより頻繁な考え; そして生活の質の低下.

デュアルコントロールモデル–性的興奮と行動における性的抑制と興奮の役割(2007) - Kinsey Instituteの科学者による研究は、ポルノへの曝露と、欲求および性的パフォーマンスの低下との関連性を報告しています。 ビデオポルノを使った実験では、同性愛者の若い男性の50%が興奮したり勃起したりすることはできませんでした   以前の実験で使用された標準的なポルノ(平均年齢は29)。 ショックを受けた研究者らは、男性の勃起不全が

「性的に露骨な素材への高レベルの暴露と経験に関連しています。」

勃起不全を経験している男性は、ポルノがあったバーや浴室でかなりの時間を費やしていました。遍在します"、および"継続的にプレイしています。」 研究者らは次のように述べています。

被験者との会話では、エロチカへの高いばく露が「バニラセックス」エロチカに対する反応性を低下させ、ノベルティやバリエーションへのニーズの高まりをもたらし、一部のケースでは非常に特殊なニーズへのニーズが高まった。興奮させるための刺激の種類に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

男性とセックスをする男性(2016)における性欲の過敏性を定義する性格および行動メカニズムの理解 - 抜粋:

さらに、CSBI管理尺度とBIS-BASの間に関連性はありませんでした。 これは、性行動制御の欠如が特定の性的興奮と抑制のメカニズムに関連しており、より一般的な行動の活性化と抑制のメカニズムには関連していないことを示します。 これは、Kafkaによって提案されたように、性欲の機能不全として過性欲を概念化することを支持するように思われる。 さらに、性欲過多が性的欲求の高揚の表れであるとは思われないが、それは少なくとも期待される負の結果による抑制に関して、高い興奮および抑制的制御の欠如を含むと思われる。.

性的興奮性と機能不全対処は同性愛者の男性のサイバーセックス中毒を決定する (Laier et al。、2015) –神経心理学的研究は、ゲイ男性における依存症の兆候と症状を報告しました(より大きな渇望/感作)–抜粋:

 この研究の目的は、同性愛者の男性のサンプルでこの調停をテストすることでした。 質問票は、CAの症状、性的興奮に対する感受性、ポルノ使用の動機、問題のある性行動、心理的症状、および実生活およびオンラインでの性行動を評価した。 さらに、参加者はポルノビデオを見て、ビデオプレゼンテーションの前後に性的興奮を示しました。 結果は、CA [中毒]症状と性的興奮および性的興奮性の指標、性行動による対処、および心理的症状との間に強い相関関係を示した.

CAはオフラインの性行動や毎週のサイバーセックスの使用時間とは関連していませんでした。 性的行動による対処は、性的興奮性とCAの関係を部分的に仲介しました。 結果は、以前の研究で異性愛者の男性と女性について報告されたものと同等であり、サイバーセックスの使用による正と負の強化の役割を強調するCAの理論的仮定を背景に議論されています。

都会の若い同性愛者およびバイセクシュアルの男性における鬱病、強迫的な性行動、および性的なリスクテイキング:P18コホート研究(2016) - 抜粋:

若いゲイ、バイセクシュアル、および男性とセックスをする他の男性(YMSM)は、うつ病を経験し、コンドームのない性行動に従事する可能性が高くなっています…。 CSBとうつ病の間、およびCSBと過去30日間に報告されたコンドームなしの肛門性行為の頻度との間に有意な正の相関があることがわかりました。 多変量の結果は、うつ病とCSBの両方の存在が、これらの都市のYMSMにおける性的リスクテイクの上昇に寄与していることを発見しました。

同性愛者とバイセクシュアルの男性の間の性的に露骨なメディアとコンドームのないアナルセックス(2017) - 抜粋:

ゲイおよびバイセクシュアルの男性(GBM)は、異性愛者の男性よりもはるかに多くの性的に露骨なメディア(SEM)を視聴していると報告しています。 ベアバックアナルセックスを描いたSEMがコンドームレスアナルセックス(CAS)への関与、したがってGBM間のHIV / STI感染に関連している可能性があるといういくつかの証拠があります…..消費されたSEMの量と両方で消費されたベアバックSEMの割合の間に相互作用がありました結果、そのようなtSEMの使用頻度が高く、SEMの素直な割合が高いと報告したハットマンは、最高レベルのリスク行動を報告しています。。 これらの調査結果は、SEMに描かれているベアバックがGBMの性的リスク行動の正常化に果たす可能性がある役割を強調しています。

同性愛者、バイセクシュアル、および男性とセックスをしているその他の男性の間の性的マイルストーンとしての性的に露骨なメディアの露出(2018)- 抜粋:

最初のSEM曝露の年齢が1年遅れるごとに、成人としてコンドームのないアナルセックスに従事する可能性が3%減少しましたt。 この関連は、性的デビューの年齢、肛門の​​性的デビューの年齢、および現在の年齢についてそれぞれ制御された3個別多変数モデルにおいて有意なままであった。 この関連性は、その影響がラテンアメリカ人男性の間でより強くなるように民族性によって緩和された。

結論: 人生の早い時期にSEMに晒されたGBMSMは、成人としてより多くの性的リスク行動を報告している。 GBMSMにおけるSEM曝露は、さらなる研究に値する重要な性的発達のマイルストーンです。

米国の男性とセックスをする男性における性的に露骨なオンラインメディアおよび性的リスク(2014) – 抜粋:

本研究は、米国で男性とセックスをしている男性(MSM)の間の性的に露骨なオンラインメディア(SEOM)の消費を記述し、SEOMでの無防備な肛門性交(UAI)への曝露とUAIとserodiscordant UAIの両方の関与の関連を調べることを目的とした。

インタビューの3ヶ月前に、男性の半数以上(57%)が1日に1回以上SEOMを閲覧していると報告し、ほぼ半数(45%)が、閲覧したSEOMの少なくとも半分がUAIを描写したと報告しました。 見たSEOMの0-24%がUAIを示したと報告した参加者と比較して、彼らが見たSEIの25-49、50-74、または75-100%がUAIに従事する確率が次第に高まった過去3ヶ月間のserodiscordant UAI。 SEOMがより遍在しアクセス可能になったので、研究はSEOM消費とMSMの間の性的リスクテイクの間の因果関係とHIV予防のためにSEOMを使用する方法を調べるべきです。

男性とセックスをするリスクのあるHIV陰性男性におけるポルノ使用と性行動の関係(2010) - 抜粋:

結果について ポルノの視聴に費やされた時間は、男性の性的パートナーの増加と無防備な挿入肛門性行為と有意に関連していた。 さらに、物質使用の増加とHIV感染のリスクの認識の低下は、ポルノの閲覧に費やされる時間の増加と有意に関連していることがわかりました。y.

結論:この探索的研究は、視聴ポルノとHIV感染に対する性的リスクの関連性に光を当てるという点で新規である。 この分野における今後の研究は、ポルノの内容がどのようになっているかを理解することに焦点を当てるべきです。 特に、保護されていない保護された性行為の閲覧は、性的リスクを冒す行動に影響を与える可能性があります。.

保護されていない肛門性交を描くポルノを見ること:男性とセックスをする男性の間でHIV予防のための含意はありますか? (2012)- 抜粋:

ポルノ鑑賞に関するデータを提供した751対象の多項ロジスティック回帰は、受容的UAI、挿入的UAI、および受容的および挿入的UAIの両方に従事したことに対して有意に高いオッズ比を示した。I.また、UAIに従事する年齢、吸入亜硝酸塩の使用、およびHIVの状態との間に、独立して重要な関連性があることもわかりました。 データは因果関係を証明することはできませんが 我々の調査結果は、UAIを描いたポルノの視聴とUAIへの参加は相関していることを示しています。 この所見がHIV予防に有用かどうかを判断するには、さらなる研究が必要です。

ノルウェーの男性とセックスをする男性のサンプルにおける性的に露骨なメディアの使用と性的リスク行動の関係の調査(2015) – 抜粋:

本研究の目的は、特に同性愛者のSEM消費とHIVリスク行動との間の関係の可能性に重点を置いて、ノルウェーで男性とセックスをする男性(MSM)の間の同性愛者向け性的メディア(SEM)の消費パターンを調査することであった。

SEM摂取は性的リスク行動と有意に関連していることがわかった。 ベアバックSEMの消費量が増加した参加者は、多変数統計を使用して他の要因を調整した後、UAIおよびI-UAIのオッズが高いと報告しました。 後年にSEMを使用し始めたMSMは、早く始めたMSMよりもUAIおよびI-UAIのオッズが低いと報告しました。 今後の研究は、MSMがSEMの嗜好をどのように発展させ維持するか、および発達および維持要因とHIVの性的リスク行動との関係を理解することを目的とするべきである。

性的に露骨なメディアの正常、問題のある、強迫的な消費:男性とセックスをする男性の強迫ポルノ消費(CPC)尺度を用いた臨床所見(2015) - 抜粋:

ほとんどの(76-80%)MSMは強迫症状を報告しませんが、 約16〜20%は、強迫性障害のDSM基準と一致する極端なスコアを持つ7%を含む、問題のあるSEM消費のレベルを報告します。 人口統計学的、性的、およびHIVリスクの違いは、3つのグループ間で識別されました。 研究者や臨床医は、強迫的な性行動の包括的な評価にCPC尺度を使用することを検討することをお勧めします。

アライアンスのほとんど無関係な論文について:

アライアンス研究:

Downing、MJ、Schrimshaw、EW、Scheinmann、R.、Antebi-Gruszka、N。、&Hirshfield、S。(2017) 性同一性による性的に露骨なメディアの使用米国における同性愛者、バイセクシュアル、および異性愛者の比較分析 性的行動のアーカイブ、46(6)、1763-1776. Webへのリンク

分析: Allianceの要約は妥当と思われました。 同性愛者とバイセクシュアルの男性の両方が、異性愛者の男性と比較して、インターネットSEMの使用頻度が著しく高いことを報告しています。 同性愛者の同性愛者の男性の20.7%は、同性愛者の男性の視聴を報告し、同性愛者の男性の55.0%は、異性間映画を視聴したと報告した。

Meiller、C。、&Hargons、CN(2019) 「それは幸福と救済と解放です」:バイセクシュアルとクィアの女性の間でマスターベーションを探る。 Journal of Counselling Sexology&Sexual Wellness:Research、Practice、and Education、1(1)、3。 Webへのリンク

分析: 研究としての引用インフレはポルノ使用の影響を評価しませんでした:それは女性のマスターベーションについての定性的な研究でした。 チェリーピッキングと言えば、RealYBOPで共有されていないいくつかの抜粋:

ポルノに対して複雑な感情を抱いている。 参加者は、ポルノが自分のアイデンティティを、特にバイセクシュアルとクィアな女性として扱った否定的な方法を振り返った。 参加者は、ポルノの中でのメッセージの社会的影響が大きいことを理解しながら、オナニー中にポルノの使用を楽しむ方法および快適に感じる方法に苦労しました。 ジョアン
共有:

私は女性のための本当の大きな不名誉、はるかに少ない奇妙な女性のポルノを見ることがあると思います、あなたは知っていますか? それは女性に恥ずべきことです、それは男性のためだけに作られています、特にあなたが奇妙な女性であれば、あなたはその1つをたくさん聞いています

Joanは、彼女がポルノを見て、これらのメッセージのいくつかに反対する許可を与え始めた方法を説明し続けました。 グロリアはポルノを見て罪悪感を感じました。なぜなら、「ポルノはゲイやレズビアンのセックスについてのストレートな人々の考えを本当に伝えているからです。 ポルノに対する矛盾した感情は、インタビューを受けた女性たちにとって、オナニー中の罪悪感や喜びの低下につながります。

Træen、B.、Nilsen、TSR、およびStigum、H。(2006)。 ノルウェーの伝統的なメディアやインターネットでのポルノの使用。 セックスリサーチのジャーナル、43(3)、245-254。 Webへのリンク

分析: この研究は、ポルノ使用の影響を評価していないため、引用インフレーションが増えています。 注意、調査は2002で行われました。

ビラード、TJ(2019)。 (いいえ)ゲームにおける恥:ポルノ鑑賞がトランスジェンダーの人々に対する態度に及ぼす影響 コミュニケーション研究報告、36(1)、45-56。 Webへのリンク

分析: この調査では、トランスジェンダーポルノ視聴者(トランスジェンダーポルノ視聴専用のredditコミュニティ)を調査しました。 それはポルノ使用の影響を評価しませんでした。 調査結果:

本研究では、トランスジェンダーの人々に対する性的魅力についての恥と態度の間に非常に有意で実質的に大きな関連性を見いだしながら、統計的に有意だが実質的に無視できるほどのポルノ消費とトランスジェンダーの人々に対する態度の関連性を見出した。

仮説はないが、これらの結果は、トランスジェンダーポルノの視聴者の間で性的恥がトランスジェンダーの女性に対する態度に重要な直接的な影響を及ぼすという証拠を提供している。

上記の調査結果の意義は不明のままです。 '恥'に関しては、最近の2つの研究が、ポルノ中毒を誘発するという頻繁に繰り返される話題を非難しています。

他のAllianceの研究と同様に、これもユーザーに対するポルノの影響を評価するのに失敗しました。

McCormack、M。、およびWignall、L。(2017)。楽しさ、探検、そして教育:非排他的な性的指向を持つ若い男性の間でのポルノの消費を理解する。 社会学、51(5)、975-991. Webへのリンク

分析: 研究としての引用のインフレーションは、ポルノ使用の影響を評価していない。対象は35のみである。 面接、定量的ではありません。 アブストラクトは、「ポルノはこれらの若者に教育的利益をもたらした」と主張した。ほとんどの若者はポルノから性教育を受けているので、驚くことではない。 Deniers AllianceメンバーのAlan Mckeeを引用して、著者らはポルノ使用の悪影響を調査することに興味を持っていなかったと認めている。

悪影響のパラダイムを超えて動くために、 マッキー(2012) ポルノは娯楽の一形態として考えられることを求めた。 彼はこれが潜在的な悪影響に焦点を当てているものとは異なる研究アジェンダを確立するだろうと主張した。

ポルノの潜在的な害に焦点を当てるのではなく、我々は参加者が最初にポルノを消費した時以来、参加者が経験したより広い範囲の経験を探究するために帰納的分析的アプローチを使用する.

持ち帰り–ほとんどの若い男性はポルノが好きです。

Döring、N。(2000)。 サイバーセックスに関するフェミニストの見解:犠牲者、解放、エンパワーメント。 Cyber​​Psychology&Behavior、3(5)、863-884. Webへのリンク

分析: このセクションのテーマや視聴者へのポルノの影響とは何の関係もないため、より多くの引用インフレ。 これは、ランダムな20年前の意見記事にすぎず、次のように主張しています。

「サイバーセックスは女性のセクシュアリティをより安全に探求し、より多くのセックス、より良いセックス、そして異なるセックスを楽しむために女性を解放します」

まず、他の多数の意見がこの発見と矛盾しています(Googleのポルノ検索+フェミニズム検索 57,000の引用) 次に、 研究の広大な優位性は女性と性差別主義者の見方に対するポルノの使用を「非平等主義的態度」にリンクさせる.


許容範囲

文脈/現実忍容性または慣れは、所望の効果を達成するために、より高用量の薬物またはより大きな刺激の必要性である。 この現象は、脱感作または慣れと呼ばれることがあります(薬物や刺激に対する反応がますます少なくなる)。 ポルノユーザーにとって、寛容性/慣れは現在のジャンルやポルノの種類の退屈につながります。 より強い刺激は、新しいまたはより極端なジャンルのポルノへのエスカレートによってしばしば達成される。

寛容とは、依存症のプロセスの徴候、または依存症のない単なる身体的依存の徴候です。 Prause、Ley、その他のDeniersは違いを理解しているようには見えません。 例えば、何百万人もの人々が、慢性疼痛に対してはオピオイド、自己免疫状態に対してはプレドニゾンなどの高レベルの医薬品を服用しています。 彼らの脳と組織はそれらに依存するようになり、そしてすぐに使用を中止すると重度の禁断症状を引き起こすことがあります。 しかし必ずしもそうではありません はまって。 中毒は、専門家が「中毒表現型」と呼ぶものに導く複数のよく識別された脳の変化を含みます。区別が不明確であるならば、私はこれを推薦します NIDAによる簡単な説明.

AllianceのToleranceSectionは、寛容がまだ実証されていないためにポルノ中毒が存在しないとデニールが主張するための手段として作成された可能性があります(これは嘘です)。 いくつかのアライアンスメンバー(Prause、Janssen、Georgiadis、Finn、Klein、Kohut)は、YBOPが解体した以前のXNUMXつの記事で、この欠陥のある戦略を試みました。

Deniersは2つの点で間違っています:

  1. 第一に、嗜癖を診断するために寛容性は必要とされない。 君は 言語が見つかります診断に寛容も撤退も必要十分ではありません…DSM-IV-TRとDSM-5の両方で、彼らは中毒に取り組んでいます。
  2. それは言った、両方 インターネットポルノ研究 および 多数の自己申告 一部のポルノユーザーが実際に経験したことを証明する 撤退 および 公差。 さまざまな方法論とアプローチを採用して、以下の多様な研究グループは、より極端で異例のジャンルへのエスカレーションと共に「通常のポルノ」への慣れを報告しています。 いくつかはまた禁断症状を報告します: ポルノ使用の増加(耐性)、ポルノへの慣れ、さらに禁断症状でさえも一致する所見を報告している40以上の研究

インターネットのポルノユーザーにとって、エスカレーションを引き起こす忍容性は、臨床的にも経験的にもしばらく前から報告されています。 Norman Doidge MDが2007のベストセラーでこの点について書いています 自分を変える脳:

現在のポルノの流行は、性的嗜好を獲得できることをグラフィックで示しています。 高速インターネット接続によって配信されるポルノは、神経可塑性変化の前提条件のすべてを満たします…。 ポルノグラファーが新しい、より難しいテーマを導入することによって限界を押し広げていると自慢しているとき、彼らが言わなければならないことは、彼らの顧客がコンテンツへの許容度を高めているためです。 男性の危険な雑誌やインターネットポルノサイトの裏ページには、バイアグラタイプの薬物の広告が満載です。これは、老化と陰茎の血管の閉塞に関連する勃起障害のある年配の男性向けに開発された医薬品です。

今日、ポルノをサーフィンする若い男性は、能力喪失的に呼ばれるように、インポテンス、または「勃起不全」を非常に恐れています。 誤解を招く用語は、これらの男性が陰茎に問題があることを意味しますが、問題は彼らの頭、彼らの性的脳マップにあります。 彼らがポルノを使うとき、陰茎はうまく働きます。 彼らが消費しているポルノと彼らのインポテンツの間に関係があるかもしれないことは彼らにめったに起こりません。

1948年にAchille Gaggiaがレバー式のエスプレッソマシンを発明したことにより、現在のエスプレッソが誕生しました。 Gaggiaの発明したエスプレッソマシンは、それ以前に作られてきたマシンより数倍の圧力が出せるため、濃度が何倍も濃いエスプレッソを淹れられました。また圧力が増したことで、エスプレッソに初めてクレマが現れました。このクレマはお客様にたいへん喜ばれ、今ではエスプレッソにクレマは欠かせません。 reddit / nofap 生産 メンバー調査、 それは、そのメンバーの性的嗜好のうち60%が複数のポルノジャンルを介して大きなエスカレーションを経験したことを発見した。

Q:ポルノの嗜好は変わりましたか?

  • 私の趣味はそれほど変わらなかった - 29%
  • 私の好みはますます極端になるか逸脱するようになりました、そしてこれは私に恥やストレスを感じさせました - 36%
  • 私の嗜好はますます極端になったり逸脱したりしています 恥やストレスを感じさせる - 27%

そしてこれが2017です。 PornHubからの証拠 その本当のセックスは、ポルノユーザーにとってますます興味深いものです。 ポルノは人々が彼らの「本当の」好みを見つけることを可能にしていません。 極端な目新しさと「非現実的な」ジャンルを見たいという衝動に、彼らを通常の枠を超えて駆り立てています。

トレンドは現実よりもファンタジーに向かっているようです。 「一般的な」ポルノは、ファンタジー固有またはシナリオ固有のシーンに置き換えられています。 これは退屈や好奇心の結果ですか? XNUMXつ確かなことがあります。 典型的な「インアウト、インアウト」はもはや大衆を満足させません。彼らは明らかに何か違うものを探しています」とローリー・ベティト博士は述べています。

以下に、ポルノ視聴者におけるエスカレーションと慣れ/寛容の例をいくつか示します。 40以上の研究のこのリストから:

私たちは最も大きく(n = 6463)そして最も最近の研究から始めます。 ポーランドの大学生におけるポルノグラフィー消費の罹患率、パターンおよび自覚的影響:横断的研究 (2019)。 この研究は、デニールの主張が存在しないすべてを報告しました:耐性/慣れ、使用のエスカレーション、性的に興奮させるためのより極端なジャンルの必要性、禁煙時の離脱症状、ポルノ誘発性の問題、ポルノ中毒など。 耐性/慣れ/エスカレーションに関連するいくつかの抜粋:

ポルノ使用の最も一般的な自覚的な悪影響としては、オルガスムに達するためのより長い刺激(12.0%)およびより多くの性的刺激(17.6%)の必要性、性的満足度の低下(24.5%)…があります。

本研究はまた、より早い曝露は性的刺激に対する潜在的な脱感作と関連している可能性があることを示唆しています。

暴露期間中に発生したポルノ使用のパターンの様々な変化が報告されました。明示的な素材の新しいジャンルへの切り替え(46.0%)、性的指向と一致しない素材の使用(60.9%)、その他の使用 極端な(暴力的な)素材(32.0%)を選択します。 後者は女性により頻繁に報告された 自分を興味をそそらないと思っている人と比べて自分自身を好奇心が強いと考える

本研究は、より極端なポルノ素材を使用する必要性が、攻撃的であると自分自身を説明する男性によってより頻繁に報告されていることを見出した。

トレランス/エスカレーションの追加兆候:複数のタブを開いて家の外でポルノを使う必要がある:

大多数の学生がプライベートモードの使用を認めています(76.5%、 n = 3256)および複数のウィンドウ(51.5%、 n オンラインポルノを閲覧するときは= 2190)。 33.0%によって、住居外でのポルノの使用が宣言されました(n = 1404)。

より大きな問題と中毒に関連した最初の使用の早い年齢(これは間接的に耐性 - 慣れ - エスカレーションを示します):

明示的な資料への最初の暴露の年齢は、若年成人におけるポルノの悪影響の可能性の増加と関連していた - 最も高いオッズは、12歳以下で暴露された女性および男性に見られた。 横断的研究では因果関係の評価はできませんが、この調査結果は確かに、ポルノコンテンツと小児期の関連が長期的な結果をもたらす可能性があることを示しているのかもしれません…。

「自己認識」されていたとしても、中毒率は比較的高かった。

毎日の使用と自己認識中毒はそれぞれ10.7%と15.5%で報告されました。

この研究では、中毒ではない人でも禁断症状が報告されています(中毒に関連した脳の変化の明確な徴候)。

現在のポルノ消費者であると宣言した調査対象者(n = 4260)のうち、51.0%が、男性と女性の間でこれらの試みの頻度に差がなく、少なくとも0.05回はそれを使用することを諦めようとしたことを認めました(p> 2 ;?72.2テスト)。 ポルノの使用をやめようとしている人の53.5%は、少なくとも26.4つの関連する効果の経験を示し、最も頻繁に観察されたのは、エロティックな夢(26.0%)、過敏性(22.2%)、注意障害(2%)、および感覚孤独(XNUMX%)(表XNUMX)。

参加者の多くは、ポルノは公衆衛生の問題であると考えていました。

本研究では、 調査を受けた学生は、ポルノへの曝露が社会的関係、精神的健康、性的パフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があり、小児および思春期の心理社会的発達に影響を与える可能性があることを示すことがよくありました。 それにもかかわらず、それらの大多数はポルノアクセスへの制限の必要性を支持しませんでした…。

既存の条件がポルノの使用ではなく、本当の問題であるという主張をデビューして、研究は人格特性が結果に関連していなかったことを発見しました:

いくつかの例外を除いて、この研究で自己申告された性格特性のどれも、ポルノの研究されたパラメータを区別しませんでした。 これらの調査結果は、ポルノへのアクセスと曝露は現在のところユーザーの特定の心理社会的特徴を特定するには広すぎる問題であるという考えを支持しています。 しかしながら、ますます極端なポルノコンテンツを視聴する必要性を報告した消費者に関して興味深い観察がなされた。 示すように、 明示的な素材を頻繁に使用すると、脱感作と関連がある可能性があり、同様の性的興奮に達するためにはより極端なコンテンツを表示する必要があるl.

これはポルノユーザーに尋ねた最初の研究のXNUMXつです 直接に エスカレーションについて オンラインの性行為:男性のサンプルにおける問題のあるおよび問題のない使用パターンの調査研究(2016)。 男性の49%が、以前は彼らにとって興味を引かなかったポルノを見たことを報告した、または彼らがかつては嫌だと見なしたと報告したので、この研究はエスカレーションを報告している。 抜粋:

49%が、性的コンテンツを探したり、以前は興味を持っていなかったOSAに関わっていることを少なくとも時々は言及していました。.

デュアルコントロールモデル:性的興奮と行動における性的抑制と興奮の役割、2007. インディアナ大学出版局、編集者:Erick Janssen、pp.197-222。  (以前の実験で使用されたタイプの)ビデオポルノを使用した実験では、若い男性の50%は興奮することも、ポルノで勃起することもできませんでした(平均年齢は29でした)。 ショックを受けた研究者らは、男性の勃起不全が

性的に露骨な素材への高レベルの暴露と経験。

勃起不全を経験している男性は、ポルノが「遍在する」「継続的に遊んでいる」バーや浴場でかなりの時間を費やしていました。

被験者との会話では、エロチカへの高いばく露が「バニラセックス」エロチカに対する反応性を低下させ、ノベルティやバリエーションへのニーズの高まりをもたらし、一部のケースでは非常に特殊なニーズへのニーズが高まった。興奮させるための刺激の種類.

最近の研究では、許容度の問題に直接取り組んでいます。 衝動性および関連する側面の側面は、インターネットポルノのレクリエーションおよび規制外使用の間で区別される(2019) - 抜粋:

さらに興味深い結果は、規制されていない[問題のある]ユーザーを娯楽頻度の高いユーザーと比較した場合の、セッションごとの分単位の事後テスト期間の効果の大きさが1週間あたりの頻度と比較して大きいことです。 これは、規制されていないIP [インターネットポルノ]を使用している個人が、セッション中にIPの視聴をやめるのが特に難しい、または望ましい報酬を達成するのにより長い時間を必要とすることを示しています。

縦断研究はどうですか? 思春期におけるオンラインの性的な素材への曝露および性的なコンテンツに対する感作(2018)- 要約:

本研究は、インターネット上の性的に露骨な素材への暴露と、オンラインでの性的コンテンツの知覚に対する時間の経過に伴う可能な減感作用を探求することを目的とした。 試験デザインは縦断的であった。 データは3から開始して6ヶ月間隔で2012波で収集した。 サンプルには、1134学校からの58.8回答者(女子、13.84%;平均年齢、1.94±55歳)が含まれていました。

その結果、回答者は、年齢、ばく露の頻度、およびばく露が意図的であるかどうかに応じて、時間の経過とともにインターネット上の性的に露骨な物に対する認識を変化させることを示した。 性的な内容に悩まされることが少なくなるという点で、彼らは鈍感になった。 結果は、思春期の間にインターネット上の性的に露骨な内容の正規化を示している可能性があります。

別の青少年研究: 2008(2009)におけるポンティアナックの中学校10代の若者に対するポルノ曝露の影響 中学生を対象としたマレーシアのポルノ使用研究。 これは、XNUMX代の人口におけるより極端な資料へのエスカレーション、脱感作(寛容)、およびポルノ中毒を報告する唯一の研究であるという点で独特です。 (XNUMX代の若者にこれらの質問をするのはこれが唯一の研究です。)抜粋:

ポンティアナック市の中学生の合計83.3%はポルノにさらされており、79.5%と同じくらい多くの人がポルノへの露出の影響を経験しています。 19.8%が中毒段階にあり、[中毒]青年期には69.2%がエスカレーション段階にあり、[エスカレートした人には] 61.1%が脱感作段階にあります。その中で 脱感作を報告した人] 31.8%は行動の段階にありました.

脳スキャン研究はどうですか? Bポルノ消費に関連する雨の構造と機能的結合性:ポルノの頭脳 (Kühn&Gallinat、 2014)。 このマックスプランク研究所のfMRI研究では、消費されたポルノの量と相関する報酬システム(背側線条体)の灰白質が少ないことがわかりました。 また、性的な写真を簡単に見ている間、ポルノの使用が増えると報酬回路の活性化が少なくなることもわかりました。 研究者たちは、彼らの発見が脱感作、そしておそらく寛容を示していると仮定しました。これは、同じレベルの覚醒を達成するためにより大きな刺激が必要であるということです。 筆頭著者 SimoneKühnは次のように述べています 彼女の研究について:

これはポルノの定期的な消費が報酬システムを鈍らせることを意味するかもしれません。 …したがって、我々は、高いポルノ消費量を持つ被験者が同じ報酬レベルに到達するためにはさらに強い刺激を必要とすると仮定します。 …。 これは、線条体と他の脳領域との機能的結合性に関する知見と一致している。高いポルノ摂取は、報酬領域と前頭前野との間のコミュニケーションの減少と関連していることがわかった。

別の脳スキャン研究 ノベルティ、コンディショニングおよびセクシャル報酬に対する注意バイアス (2015) ケンブリッジ大学のfMRI研究は、強迫的なポルノユーザーの性的刺激に対するより大きな慣れを報告しています。 抜粋:

オンラインの明示的な刺激は広大で拡大しており、この機能は一部の個人での使用の拡大を促進する可能性があります。 たとえば、同じ露骨な映画を繰り返し見ている健康な男性は、刺激に慣れ、露骨な刺激が次第に性的興奮、食欲、吸収が少なくなることがわかっています(Koukounas and Over、2000)。 …私たちは、強迫性行動が男性の性的刺激に対する新規性の追求、条件付け、慣れによって特徴付けられることを臨床的に観察されていることを実験的に示します.

関連プレスリリースより:

これと同じ馴化効果は、同じポルノビデオが繰り返し見られる健康な男性にも見られます。 しかし、その後彼らが新しいビデオを見ると、興味と覚醒のレベルは元のレベルに戻ります。 これは、慣れを防ぐためには、性的常習者が新しい画像を絶え間なく供給していく必要があることを意味します。 言い換えれば、慣れが新しい画像の検索を促進する可能性があります。.

「われわれの調査結果は、オンラインポルノの文脈において特に関連性があります」とVoon博士は付け加えます。 「そもそも何がセックス依存症を引き起こすのかは明らかではなく、他の人よりも依存症になりやすい人もいる可能性がありますが、オンラインで利用できる新しい性的画像の無限の供給は、依存症を養うのに役立ち、ますますそれを作ります逃げるのは難しい。 

それ自体が実際に慣れを見つけた、Nicole Prause自身のEEG研究はどうですか。 「ポルノ中毒」と矛盾する問題のある利用者および対照における性的画像による遅発性ポジティブポテンシャルの変調 (Prause et al。、2015)。 対照と比較して「ポルノ鑑賞を規制する問題を経験している個人」は、バニラポルノの写真への1秒間の曝露に対する脳の反応が低かった。 の リードの著者 正当な科学者が彼らの唯一の変則的な研究が批判を免れたと主張するであろうこと 十分に確立された研究分野?

実際には、 Prause et al。 2015と完全に揃う Kühn& ガリーナt(2014)それは、より多くのポルノ使用がバニラポルノの写真に反応してより少ない脳活性化と相関することを発見した。 の Prauseら。 結果はまた、 Banca et al。 2015これは、より低いEEG測定値は、対象が対照よりも写真にあまり注意を払っていないことを意味すると報告した。 簡単に言うと、頻繁なポルノユーザーはバニラポルノの静止画像に鈍感にされました。 彼らは退屈していました(慣れた、または鈍感になった)。 8つの査読論文が同意する それ Prause et al。 2015は、頻繁にポルノユーザーに脱感作/慣れを発見しました(中毒と一致)。

これが報告した別の研究です 両言語で 寛容と撤退(2つのアイテム ランセット 作品が誤って主張した ポルノ研究では報告されていない)問題のあるポルノ消費スケール(PPCS)(2017)の開発 本稿では、薬物中毒調査票をモデルにした問題のあるポルノ使用調査票を開発し、テストした。 この18項目アンケートでは、次の6質問を使用して寛容性と撤退を評価しました。

----

1-しない、2-まれに、3-ときどき、4-ときどき、5-頻繁に、6-非常に頻繁に、7-常時。 下のグラフは、ポルノユーザーを合計スコアに基づいて3カテゴリに分類したものです。「非問題」、「低リスク」、および「リスクあり」。以下の結果は、多くのポルノユーザーが寛容と撤退の両方を経験することを示します。

簡単に言えば、この調査は実際にはエスカレーション(許容度)と撤退について尋ねています - そして両方ともポルノユーザーによって報告されています。

ポルノによる性機能障害のある男性に関する研究はどうですか? ポルノは若年男性の勃起不全を誘発した(2019) - 研究は、そのような科目における耐性(覚醒の低下)とエスカレーション(覚醒させるためにもっと極端な物質を必要とする)を明らかにしています。 要約から:

この論文は ポルノによる勃起不全 (PIED)、インターネットポルノの消費による男性の性的能力の問題を意味します。 この状態に苦しむ男性からの経験的データが集められました…。  彼らは、ポルノへの早期導入(通常青年期)の後に、極度の内容(例えば暴力の要素を含む)が覚醒を維持するために必要とされる時点に達するまで毎日の消費が続くと報告している。.

性的覚醒が極度のペースの速いポルノと排他的に関連し、肉体的性交が当たり障りのないものであり、興味をそそらないものになったときに危機的な段階に達する。 これは現実のパートナーとの勃起を維持することが不可能になります、その時点で男性はポルノをあきらめて、「再起動」プロセスに乗り出します。 これは何人かの男性が勃起を達成し維持する能力を取り戻すのを助けました.

データを処理した後、私はすべてのインタビューで時系列の物語に従って、特定のパターンと繰り返しのテーマに気づきました。 これらは以下のとおりです。 1つは、通常思春期の前に、まずポルノに紹介されます。 習慣をつける ポルノを定期的に消費し始めます。 エスカレーション。 「極端な」形態のポルノで以前に達成されたのと同じ効果を達成するために、内容的に、より「極端な」形態のポルノに目を向ける。。 実現。 ポルノ使用によって引き起こされると考えられている性的潜在力の問題に気づく。 「再起動」プロセス 性的能力を取り戻すために、ポルノ使用を規制するか完全に排除しようとします。

提供できた 35他の研究 より極端で珍しいジャンルへのエスカレーションとともに「通常のポルノ」への慣れを報告または示唆しますが、これらは同盟の無礼なチェリーピッキングを明らかにするのに十分です。 彼ら自身のXNUMXつの引用に:

アライアンス研究:

Landripet、Busko、およびŠtulhofer(2019)。内容の進行に関する論文のテスト:男性の青年におけるポルノの使用と強制的で暴力的な内容に対する好みの縦断的評価。 社会科学研究. Webへのリンク

分析: アライアンスメンバーのAlexanderŠtulhofer。 以前の研究と同様に、Štulhoferは彼のサンプルをクロアチアの高校生(16歳; 58%の女性)に限定しています。 エスカレーションが現れるまでには何年もかかることが多いため、高校生はポルノ視聴のキャリアの初期段階にあるため、明らかに科目を選択することはできません。

次に、この調査では、10代が「強制的」または「痛みを伴う」と判断したポルノに限定的にエスカレーションの問い合わせを限定しました。これは、エスカレーションの歴史を表す若い世代の名前の大部分を省略しています(近親相姦ポルノ、変態、TSポルノ、ギャング)ビッグバン、ぶっかけ、MILF、FemDom、獣姦、 あなたはそれに名前を付ける).

そして、ハードコアビデオのストリーミングが「本当のセックス」を構成するものに対する2019代の若者の認識を形作るので、強制と痛みはどの程度正確に認識されますか? XNUMX年のレビュー (子供の権利レンズを通してポルノを見ること)この質問へのコメント:

研究によると、ポルノ画像の表示に問題がある人は、健康なコントロールよりも新しい画像を好むだけでなく、画像への慣れが速いため、さらに新しい画像への関心が高まる可能性があります(Barron and Kimmel、2000)。

これは、暴力、窒息、殴打、髪を引っ張る、複数の男性による暴力的な侵入、吐き気、力、男性の支配、合意に基づかない行為、女性の服従、女性の熱意と意欲、劣化を含む、より極端なポルノへの文書化された傾向を説明するかもしれませんそして、名前の呼びかけ、女性の顔に射精、肛門性交、複数のパートナー、ボンデージ、支配、サディズム、マゾヒズム、人種差別、排尿、排泄、獣姦、レイプ、および児童虐待の画像(より一般的には「児童ポルノ」として知られています)今日、ポルノ業界の約20%を占めています(Foley、2006年、Gorman、Monk-Turner、およびFish、2010年、「オーストラリアの子供たちに害を及ぼす」、2016年、Hamilton-Giachritsis、Hanson、Whittle、およびBeech、2017年)。

確かに、ある物議を醸す研究では、ポルノの88%に暴力行為が含まれていることがわかりました(Bridges、Wosnitzer、Scharrer、Sun、およびLiberman、2010; Foubert、Brosi、およびBannon、2011)。 、2005)。 マッキーが合意に基づくと考えられるすべての暴力を排除することによって2パーセントという特に低いパーセンテージに到達しますが、ポルノを見ている子供たちの場合、彼らは合意に基づく暴力と非合意による暴力の違いを理解しないかもしれません。後者よりも子ビューアに与える影響が少ない。 どの研究ラインが正しいかに関係なく、今日のポルノに存在する暴力のほとんどすべては女性に向けられています(Barron&Kimmel、2000、p。164; Hamilton-Giachritsis、et al。、2017)。

第3に、この調査では、ポルノの使用が極端だと思われるジャンルにエスカレートしているのか、それとも本来の性的嗜好と一致していないのかについて、直接尋ねなかった。 したがって、シュトゥルホーフェル研究では、耐性やエスカレーションを正確に評価することはできませんでした。

実際、シュトゥルホーフェルの実際の調査結果(要約からは省略されていますが、この論文には掲載されています)は、ポルノの利用率が高いほど、視聴率が高いということを示しています 多様 ポルノジャンルの

興味深いことに、私たちの分析では、 ポルノ使用のベースライン頻度の増加、および強要/暴力的コンテンツの嗜好の時間経過に伴う顕著な減少。 この発見はCPTを支持も偽造もしないが、 ポルノ使用の増加がより多様なコンテンツにリンクしていることを示唆しています 思春期における(すなわち、より不均一な関心)。 これは、その後のポルノ使用の動態に関連する可能性があるため、さらに調査する必要があります。

翻訳:より多くのポルノの使用は、ポルノの小説や見知らぬジャンル(エスカレーション)を探している10代の若者たちに関連していました。 これは慢性のポルノユーザーとしては驚くべきことではありません 彼らのポルノ用途でのエスカレーションについてよく説明します それは、ポルノの新しいジャンルを見たり探したりするのにより長い時間を要するという形をとります。 ショック、驚き、期待の侵害、さらには不安さえも引き起こす新しいジャンルは、性的興奮を増大させるように機能する可能性があり、刺激に対する反応が乱用により鈍くなっているポルノユーザーでは、この現象は極めて一般的です。

Shor、E。、&Seida、K。(2019)「難しく」 主流のポルノはますます暴力的になりつつあり、視聴者は暴力的なコンテンツを好むか。 セックスリサーチのジャーナル、56(1)、16-28。 Webへのリンク

分析: この研究では、被験者のポルノ使用を評価していないため、耐性やエスカレーションについては何もわかりません。 Allianceのサマリーも正確ではありません。 この論文は、ポルノの攻撃性に関する2010 Ana Bridgesの研究に対抗する、誤解を招くような無責任な試みです。ベストセラーのポルノビデオにおける攻撃性と性行動:コンテンツ分析の最新情報これは、最も人気のあるポルノ映画の88%が女性に対する物理的攻撃性を特徴としていることを発見した。

しかしながら、 Shor&Seida 2019 最も人気のあるビデオを選んだBridgesの研究とは比較にならない。 このより新しい研究は私達に侵略の傾向について私達に何も言うことができない 最も人気のある動画 2008と2016の間にあると主張しています。 どうして? この調査では、popularitのみに基づいてビデオを評価しなかったためこれは、「サンプルとデータのセクション」からの抜粋です。

私たちの最初のサンプリング戦略では、私たちは複数の民族や人種グループからの女性と男性の両方のための代表を増やすことを目指しました。 したがって、 目的のサンプリング手法を採用した以下のPornHubカテゴリから最も視聴されたビデオを含む最初のサンプルを含みます: 「Latina」(70ビデオ)、および「Gay」(25ビデオ)

他のほとんどのカテゴリ(おそらく数百のカテゴリがある)を省略しながら、あらかじめ決められたカテゴリでビデオを選択することは、 研究者たちは ビューで最も人気のあるビデオを選ぶ.

ひどくなる。 「ビデオの人気を評価するための従属変数」のセクションで、研究者らは比較的ビデオをランダムに追加していくつかのランダムビデオに加えた 少数の ビュー:

最初のサンプルには、最も注目度の高いビデオのみが含まれていたため、この方法では比較的不均一性が低くなりました。 そのため、再生回数が少なかった動画のランダムサンプルを追加しました. したがって、最終サンプルには、約11,000ビューから116百万ビューを超えるまでのさまざまな種類のビデオが含まれています。

要するに、研究者たちは彼らが求めていた傾向を生み出すまでスケールの上に片足を置いたように見えます。 この論文は真面目な奨学金よりも宣伝された宣伝のように見えます。 真面目で学術的な学者によってそれが見直されたならば、そのような派手な、偏った仕事は決して査読に合格しなかったでしょう。

彼らの作品は偏っていて科学的ではないという私たちの印象は、この論文の著者が次のようにしたという支持されていない発言によって支持されています。 主流の記者。 研究者たちは、巧妙に作成された結果が、ポルノの暴力が減っていることを証明しただけでなく(他のほぼすべてのアカウントに直面して飛んでいる)、これらの結果が「ポルノの習慣性」を何らかの形で反証したことを示唆しました-おそらく彼らの説得力のないことに基づいていますポルノが「柔らかくなっている」と主張する。 たわごと。 以下は、この研究の偽りの主張に対抗するいくつかの研究です(時系列で):

X定格ビデオカセット(1988)における優位性と不等式 - 抜粋:

フェミニストは、性的に露骨な物における女性の悪化について心配しています。 本研究の目的は、広く利用されている45ビデオカセットの内容分析を通して、Xランクのビデオカセットにおける支配の程度と性的不平等を決定することであった。 サンプルは 広く入手可能な121アダルトムービーのリストからランダムに抽出 南カリフォルニアの家族のビデオカセットレンタル店で。 明白に性的な場面の半分以上は支配または搾取に主に関係しているとコードされていた。 支配と搾取の大部分は男性によって女性に向けられました。 身体的暴力を含む支配および性的不平等の特定の指標が頻繁に発生した。 ビデオカセットのレンタル業界の成長とx-ratingフィルムの人気は、これらのフィルムが伝えるメッセージと相まって、懸念の原因です。

「アダルト」ビデオ(1991)のテーマとしての暴力と劣化 - 抜粋:

ビデオカセットはポルノの主要な媒体になりました。 以前のコンテンツ分析の1986つでは、そのような動画での暴力の蔓延を調査しました。 ポルノに関する司法長官委員会(XNUMX)は、劣化を描いた非暴力のポルノは、暴力的なポルノと同様の害をもたらすと主張しています。 ビデオ店の「アダルト」セクションに表示されたビデオの10%ランダムサンプル(n = 50)のコンテンツ分析では、ビデオのシーンの13.6%に暴力行為が含まれ、18.2%に品位を傷つける行為が含まれていることが示されました。.

異人種間ポルノ(1994)における人種差別と性差別 - 抜粋:

人種差別および性差別は、異人種間(白黒)のポルノビデオで評価された。 性差別は、男性による女性への一方向の攻撃で示されました。 人種差別は、黒人俳優の低い地位と人種的ステレオタイプの存在で実証された。 人種差別は性別によってやや異なって表現されており、性差別は人種によってやや異なって表現されているようです。 例えば、黒人女性は白人女性よりも多くの攻撃行為の対象であり、黒人男性は白人男性よりも親密な行動を示しませんでした。 同性間の性的相互作用よりも、異人種間の性的相互作用の方が攻撃性が高かった。 これらの調査結果はポルノが性差別主義者と同様に人種差別主義者であることを示唆.

3つのポルノメディアにおける性的暴力:社会学的説明に向けて(2000) - 抜粋:

この研究は、雑誌、ビデオ、およびUsenet(インターネットニュースグループ)ポルノの性的に暴力的なコンテンツを測定します。 具体的には、暴力のレベル、合意に基づいたおよび非合意による暴力の量、および被害者と被害者の両方の性別が比較されます。 A ある媒体から次の媒体への暴力の量の一貫した増加が見いだされるただし、雑誌とビデオの増加は統計的に有意ではありません。 さらに、 雑誌とビデオの両方が暴力を合意として描写している一方で、Usenetはそれを非合意として描写している。 第三に、雑誌は女性を犠牲者として男性よりも頻繁に描写しているが、Usenetは大きく異なり、男性を犠牲者としてより頻繁に描写している。

無料のアダルトインターネットWebサイト:劣化行為はどのくらい一般的ですか? (2010) - 抜粋:

ラッセル(危険な関係:ポルノ、ミソジニー、レイプ、1988年)は、ポルノの本質的な特徴は、男性よりも女性の裸が多く含まれていることと、男性が支配的な役割を果たしていることであると主張しました。 45のインターネットアダルトウェブサイトのサンプルを利用して、無料で簡単に入手できるインターネットアダルトビデオがラッセル(1988)の作品に沿ったポルノとして一般的に説明できるかどうかを確認するためにコンテンツ分析が行われました…。 私たちのサンプルの半分以上のビデオ(2人の俳優がいるすべてのビデオの55%)は男性より裸の女性を見せる可能性が高く、すべてのビデオの55%は搾取または支配のどちらかが主役でした。コントロールしている。 したがって、私たちのサンプルに含まれる無料のインターネットビデオの大部分は、一般にRussellの[34]作品と一致してポルノを劣化させると説明されるかもしれません。.

ベストセラーのポルノ映像における侵略と性的行為:コンテンツ分析の更新 (2010) - 抜粋:

この現在の研究は、攻撃性、低下、および性行為の描写を更新し、研究の結果を以前のコンテンツ分析研究と比較することを目的として、人気のあるポルノビデオのコンテンツを分析します。 調査結果は、口頭および身体の両方の形態でポルノへの攻撃性が高いことを示しています。 分析された304シーンのうち、88.2%には主にスパンキング、ギャグ、スラップが含まれていましたが、48.7%には主にネームコーリングが含まれていました。 攻撃の加害者は通常男性でしたが、攻撃の標的は圧倒的に女性でした。 ターゲットはほとんどの場合喜びを示すか、攻撃性に中立的に反応しました.

インターネットポルノグラフィーにおける男女平等:ポピュラーポルノインターネットビデオのコンテンツ分析 (2015) - 抜粋:

インターネットポルノは広く消費されており、研究者はその影響を調査し始めていますが、その内容についてはほとんどわかっていません。 これは、インターネットポルノが男女平等を表しているかどうか、そしてこの描写がアマチュアポルノとプロのポルノとでは異なるかどうかについての主張とは対照的です。 男女平等の3つの主な側面(すなわち、客観化、権力、および暴力)の内容分析を行った。 最も訪問されたポルノのWebサイトからの400人気のポルノインターネットビデオ.

道具を通して女性のための客観化はより頻繁に描かれたが、男性は非人間化を通してより頻繁に客観化された。 権力に関しては、男性と女性は社会的あるいは職業的地位に違いはなかったが、 性的行為の間、男性は支配的で女性は服従的であると示されることが多かった。.

若い異性愛者のオーストラリア人はポルノでどんなふるまいを見ますか? 横断的研究 (2018) - 抜粋:

この研究では、若い異性愛者のオーストラリア人(15〜29歳)のグループが、過去12か月間にポルノで表されるさまざまな行動をどのくらいの頻度で見たかを調査しました…。 男性の快楽(83%)は、調査対象の若者の割合が最も高く、次に男性が支配的(70%)として描かれていることがよく見られました。 女性は、女性に対する暴力を頻繁に見ていると報告する傾向がありました.

人気のオンラインポルノビデオの年齢、攻撃性、そして喜び (2019) - 抜粋:

この記事では、ポルノのウェブサイトPornHub.comからの人気のある172ビデオのコンテンツを分析します。 私は、10代の出演者を対象としたビデオと成人の出演者を対象としたビデオの攻撃性のレベルに違いはありませんでしたが、 前者は攻撃性を示唆する称号を持ちそして肛門の浸透と顔面射精を含む可能性がより高かった。 加えて、 すべての女性パフォーマーは攻撃の後に喜びを表現する可能性が高かったが、この協会は10代のパフォーマーをフィーチャーしたビデオでより強かった. これらのビデオでは、攻撃性と衰退性が合意的なものとして、つまり男性が喜んで女性を支配するものとして、そして官能的なものとして描写しています。–つまり、男性と女性の両方に喜びをもたらします。


ボディイメージセクション

文脈/現実:このAllianceセクションには、文献のレビューやメタアナリシスは含まれていません。 それどころか、それはポルノユーザーに関する孤独な研究だけを含みます、そして it 間接的な影響のみを報告しました。 現実には、膨大な数の研究がポルノの視聴を否定的なボディイメージ、より大きな客観化、そしてより大きな不満に結びつけています。 デニールズアライアンスが省略したメタアナリシスとレビューから始めましょう。

メディアとセクシュアライゼーション:実証研究の現状、1995〜2015 - 抜粋:

このレビューの目的は、メディアのセクシュアライゼーションの効果をテストする実証的調査を総合することでした。 焦点は1995と2015の間の査読付きの、英語のジャーナルで発表された研究にあった。 含まれている109出版物の合計 135研究がレビューされた。 調査結果は、実験室での曝露とこのコンテンツへの定期的で日常的な曝露の両方の一貫した証拠を提供しました より高いレベルの身体的不満、より大きな自己客観化など、さまざまな結果に直接関連しています・性差別的信念および敵対的な性的信念のより大きな支持、ならびに女性に対する性的暴力のより大きな寛容性。 さらに、このコンテンツに実験的にさらされると、女性と男性の両方が、女性の能力、道徳、および人類性についての見方が薄れることになります。

アライアンスはまた、この2017年の定量的研究のメタアナリシスを省略しました– 男性パートナーのポルノ消費と関係的、性的、自己的、そして身体的満足に対する女性の認識:理論モデルへ- 抜粋:

これまでに実施された本稿の定量的研究のメタアナリシスは、主に以下の仮説を支持している。 女性の大多数は、パートナーがポルノ消費者であるという認識に悪影響を受けています。 利用可能なすべての研究を含む主な分析では、 パートナーをポルノ消費者として捉えることは、関係性、性的、および身体的満足度の低下と有意に関連していました。 自己満足のための協会も否定的でした。 その結果はまた、パートナーがポルノをより頻繁に消費しているという認識と一致して、女性の満足度は一般に低下することを示唆していた。

アライアンスは、この2017年の縦断研究のレビューも省略しました– 性的に露骨な素材の使用と青年期の態度および行動の間の縦断的関連性:研究の叙述的レビュー。 - 抜粋:

検討された研究は、 性的に露骨な素材の使用は、思春期の若者の態度や信念の範囲に影響を及ぼす可能性があります。、性的先入観(Peter&Valkenburg、2008b)、性的不確実性(Peter&Valkenburg、2010a; van Oosten、2015)など 女性の性的客観化 (Peter&Valkenburg、2009a)、性的満足(Peter&Valkenburg、2009b)、レクリエーション的で寛容な性的態度(Baams et al。、2014; Brown&L'Engle、2009; Peter&Valkenburg、2010b)、平等主義的な性役割態度(Brown&L'Engle、2009)andボディサーベイランス (Doornwaardら、2014)。

そして、アライアンスは青年とポルノの使用に関するこの2019年のレビューを省略しました–  性的に露骨なインターネット資料の消費と未成年者の健康への影響:文献からの最新の証拠 - 要約から:

選択された研究(n = 19)によると、オンラインポルノの消費といくつかの行動的、精神物理学的および社会的結果 - 早い性的デビュー、危険な性行動の模倣、歪んだ性役割の同化 機能不全体知覚、攻撃的、不安または憂鬱な症状、強迫的なポルノ使用 - が確認されています。

未成年者の健康に対するオンラインポルノの影響は関連性があるようです。 この問題はもはや無視することはできず、世界的かつ学際的な介入によって標的にされなければならない。 この問題をターゲットにした教育プログラムによって両親、教師そして医療従事者に力を与えることは、未成年者がポルノについての批判的思考スキルを伸ばし、その使用を減らし、発達ニーズによりふさわしい情緒的・性的教育を得ることを手助けします。

アライアンス研究:

フォーゲル、EA(2018)。自分を愛すること:性的に露骨なメディア、身体のイメージ、そして知覚されるリアリズムの間の関連。 セックスリサーチのジャーナル、1-13。 Webへのリンク

分析: チェリー風に選んだ外れ値の研究 間接効果のみ 非代表的サンプルにおける(すなわち統計的操作)。

ノースカロライナ州ボルゴーニャ、ノースカロライナ州レイサン、およびA.ミッチェル(2019)。 女性の問題のあるポルノ鑑賞はボディイメージまたは人間関係の満足度に関連していますか? 性依存症と強制性、1-22。 Webへのリンク

分析: Allianceの要約は部分的に正確なものであり、重要な調査結果は省略しています。ポルノの視聴頻度、過度の使用の認識、および制御の困難さは、身体の画像とは無関係であった」)。 第一に、問題のあるポルノの使用のいくつかの側面(全部ではない)と身体像との間の相関関係は、異常な結果として見なければならない。 第二に、同盟は、問題のあるポルノ使用のいくつかの側面がより貧弱な身体像と相関していることを省いた。 研究からの抜粋:

この研究からの知見は、問題のある閲覧を経験している女性に対する証拠に基づく介入の必要性を支持している。 特に、私たちの調査結果は、精神的/感情的な問題を回避するためにポルノを使用している女性もまた、身体イメージと人間関係の満足度が低いことを示しています。

第三に、そして最も重要なことに、この研究の要約は、頻度またはポルノの使用は人間関係の満足とは無関係であると誤って述べています。 実際には、より多くのポルノの使用、および問題のあるポルノの使用は、貧しい関係の満足と相関していました。 この調査の結果、RAS(#6)= "関係満足度":

研究の本文からの抜粋:

私たちは女性の身体像と関係満足度についての閲覧頻度と問題のある閲覧構成との関係を具体的に調べました…。また、H1に関しては、 閲覧頻度は、二変量レベルでの女性の関係満足度と有意に否定的に関連していた。

Deniersはこの重要な発見を省いた。

Laan、E.、Martoredjo、DK、Hesselink、S.、Snijders、N。、&van Lunsen、RH(2017) 若い女性の性器の自己イメージと自然な外陰部の写真への露出の影響。 Journal of psychosomatic obstetrics&gynecology、38(4)、249-255. Webへのリンク

分析: より多くの引用インフレ–この研究はポルノの視聴とは何の関係もないため。 研究からの抜粋:

43人の女性は、いずれも天然の外陰部の写真を見せられました(N = 29)または中立的なオブジェクトの写真(N = 14)。 生殖器の自己像は、写真への露出の前後とXNUMX週間後に測定されました。

結果:参加者の大多数は彼らの性器について一般的に前向きに感じました。 性的機能、性的苦痛、自尊心、および特性不安のレベルに関係なく、自然な外陰部の写真にさらされたことで、さらに肯定的な性器の自己イメージが生まれました。 外陰の写真を見たことのある女性では、生殖器の自己イメージに対するプラスの効果が2週間後も残っていました。

ニュースフラッシュ:Pornhubを訪問せずに解剖学を学ぶことができます。

アライアンスの無責任なチェリーピッキングを明らかにするために、ポルノの使用をより貧弱な自己イメージと身体の不満に関連付ける多くの研究を提供しますが、それらは意図的に省略されています。

女性の性的パートナー(1984)の若い男性の審美的知覚に対するエロチカの影響 - 抜粋:

美しい女性にさらされた後、仲間の美的価値は魅力のない女性にさらされた後に行われた評価を大幅に下回りました。 この値は、コントロール露光後の中間位置を想定しています

ポルノの性的満足度に対する影響(1988) - 抜粋:

男性と女性の学生および学生以外は、一般的で非暴力的なポルノまたは無害な内容のビデオテープにさらされました。 曝露は6週間連続で1時間ごとのセッションでした。 第7週に、被験者は社会制度と個人的な満足についての表には無関係の研究に参加しました。 [ポルノ用]性的体験の自己評価に強い影響を与えた。 ポルノを摂取した後、被験者は親密なパートナー、特にパートナーの愛情、体型、性的好奇心、性的行為のパフォーマンスに対する満足度が低いと報告しました。

見知らぬ人や相手の判断に人気のエロチカが及ぼす影響(1989) - 抜粋:

実験2では、男性と女性の被験者は異性のエロチカにさらされました。 2番目の研究では、性的魅力評価に応じた被験者の性別と刺激状態との相互作用がありました。 中倍数ばく露の減少効果は、女性のヌードにばく露された男性の被験者にのみ認められた。 を見つけた男性 プレイボーイより心地よい中心折りは、自分たちの妻との恋が少ないと評価した。

青年の性的メディア環境への曝露と性対象としての女性の概念(2007) - 抜粋:

オンライン映画における性的に露骨な素材への暴露は、女性が最終回帰モデルにおける性対象であるという信念に有意に関連した唯一の暴露尺度であり、他の形態の性的内容への暴露は制御されていた。

カナダ人男性(2007)における性的に露骨な物質へのばく露と身体的自尊心、性器的態度、および性的自尊心の変動 - 抜粋:

予測されたように、インターネット上のポルノ画像への暴露と性器および性的尊重のレベルとの間には、有意な負の相関が得られた。

アメリカのオンラインでのセックス:インターネットセックスシークにおけるセックス、配偶関係、および性同一性の調査とその影響(2008)- 抜粋:

これは、米国での15,246回答者の調査に基づいた、インターネットでの性と人間関係を探る調査研究です。男性の75%、女性の41%が意図的にポルノを見たりダウンロードしたりしていました。 男性や同性愛者/レズビアンは、ストレートや女性と比較して、オンラインでポルノにアクセスしたり、他のセックスを求める行動をしたりする傾向がありました。

ポルノを見た結果、男性と女性の間に対称的な関係が明らかになりました。 女性はより低い否定的な結果を報告しています。 ポルノ映画に見られる行為を行うための圧力が高まり、実際のセックスが減る 男性は自分のパートナーの体に対してもっと批判的であり、実際のセックスにはあまり興味がないと報告している。.

青年期の性的に露骨なインターネット資料への曝露と性対象としての女性の概念:因果関係と根底にある過程の評価(2009)- 抜粋:

しかしながら、SEIMへのばく露に対する性対象としての女性の概念の直接的な影響は、男性の青年にとってのみ重要であった。 更なる分析は、青年期の性別に関係なく、SEIMの好みが女性が性対象であるという彼らの信念にSEIMへの曝露の影響を媒介することを示したまた、これらの信念がSEIMへのばく露に与える影響。

ポルノグラフィーと男性の性的脚本:消費と性的関係の分析(2014)- 抜粋:

ポルノは性的なスクリプトを作成し、それが性的な体験を導くと私たちは主張します。 これをテストするために、米国の487人の大学生(18〜29歳)を調査して、ポルノの使用率を性的嗜好や懸念と比較しました。 結果は、男性が見るポルノが多ければ多いほど、セックス中にそれを使用する可能性が高く、パートナーの特定のポルノセックス行為を要求することを示しました。 覚醒を維持するためにセックスの間に故意にポルノのイメージを想起させる, そして彼自身の性的なパフォーマンスや体のイメージについて懸念を抱いている。 さらに、より高いポルノ使用は、パートナーとの性的に親密な行動を楽しむことと否定的に関連していました。

性に関連するオンライン行動と思春期の身体と性的自己認識(2014)- 抜粋:

1132 7年生から10年生のオランダ人青年期の4波縦断的データ (平均波浪年齢XNUMX:XNUMX歳; XNUMX%男児)を収集した。 ウェーブ1での自己認識結果とオンライン行動を予測する親の戦略は、成長モデルに回帰経路を追加することによって調査されました。

初期レベルの上昇および/または性的オンライン行動の急速な増加は、一般的に身体的自尊心の低下(少女のSNS使用のみ)、身体監視の増加、および性的経験に対する満足度の低下を予測しました。 プライベートインターネットアクセスと、インターネット利用に関する保護者による制限の少ない設定により、性別関連のオンライン行動へのより大きな関与が予測されました。 ほとんどのセックス関連のオンライン行動は若者の間で広まっていませんが、そのような行動に従事する青年は否定的なボディと性的自己認識を開発するためのリスクが高いです

見ても害はありませんね。 男性用ポルノの消費、身体のイメージ、そして健康(2014) - 抜粋:

パス分析はそれを明らかにしました 男性のポルノ使用頻度は、(a)中間相理想の内在化を介して間接的に筋肉質および体脂肪の不満に正に関連し、(b)身体監視を介して直接的および間接的に身体の評価に負に関連した。...

性的に露骨なインターネット上の情報への暴露は身体の不満を増すのでしょうか? 縦断研究(2014)

1879オランダの回答者の全国的に代表的なサンプルの間で開催された2波パネル調査に基づいて より頻繁にSEIMにさらされると、男性、特に全身、そして特に胃に対する不満が高まりました。

オランダのサンプル(2016)におけるインターネットポルノ使用と性的身体像- 抜粋:

陰茎のサイズの不満はポルノの使用に関連しています… これらの結果は、男性のポルノ使用と性的身体像との関係についての以前の推測と自己報告を裏付けています。

米国内の同性愛者およびバイセクシュアルの男性における性的に露骨なメディアの閲覧およびその精神的健康との関連性(2017) –抜粋

同性愛者およびバイセクシュアルの男性(GBM)は、異性愛者の男性よりもはるかに性的に露骨なメディア(SEM)を視聴していると報告している。 より多くの量のSEMを観察することは、より悪い体の態度と悪い影響をもたらすかもしれないという証拠があります。 ただし、同じモデル内でこれらの変数を調べた研究はありません。

SEMの摂取量の増加は、より否定的な身体態度、ならびに憂うつおよび不安症状の両方に直接関連していました. 体の態度を​​通じて、抑うつ症状や不安症状に対するSEMの消費の間接的な影響もありました。 これらの所見は、身体画像に対するSEMの関連性と、身体画像がGBMの不安およびうつ病の転帰において果たす役割とともに、負の影響の両方を強調している。

性的マイノリティの男性におけるポルノグラフィーの使用:身体の不満、摂食障害の症状、アナボリックステロイドの使用についての考えおよび生活の質(2017)との関連 抜粋:

オーストラリアとニュージーランドに住む2733の性的マイノリティの男性のサンプルは、ポルノ使用、身体の不満、摂食障害の症状、アナボリックステロイドの使用についての考え、および生活の質に関する尺度を含むオンライン調査を完了しました。 ほとんどすべての(98.2%)参加者が、月平均5.33時間の使用でポルノ使用を報告しました。

多変量解析は、ポルノ使用の増加が、筋肉質、体脂肪および身長に関する不満の増大と関連していることを明らかにした。 摂食障害の症状が大きい。 同化ステロイドホルモンの使用についてのより頻繁な考え; そして生活の質の低下。

男性とセックスをする男性における性的に露骨なオンラインメディア、ボディ満足度、およびパートナーの期待:定性的研究(2017)- 抜粋:

MSN特有のSEOMの知覚される影響をカバーする半構造化された定性的インタビューは16 MSMで行われました。 体の満足度とパートナーの期待のトピックを取り上げた9人の男性全員が、MSM特有のSEOMが彼ら自身および/または彼らの潜在的パートナーに対して不当に高い身体的外観の期待を設定したと報告しました。

大学生女性の間でのインターネットポルノグラフィーの使用:性意識、身体モニタリング、および性行動(2018) - 抜粋:

インターネットポルノを使用する女性は、強姦神話の支持が多く、性的パートナーの数が多く、より多くの身体モニタリングを行っています。

化成術を受ける女性の主な動機と社会人口統計学的特徴(2018)- 抜粋:

患者の半数は女性生殖器についての考えがあり(50.7%)、メディアを通して影響を受けた(47.9%)と報告しました。 それらの大部分(71.8%)は、それらが正常な生殖器を持っていなかったと述べ、6ヶ月以上前に陰唇形成術を考慮しました(88.7%)。 先月のポルノ消費率は19.7%で、性器の自己イメージの低下と自尊心の低下と有意な関連がありました。

男性パートナーの圧迫感とポルノ使用の認識:成人女性の地域サンプルにおける摂食障害の症候学との関連(2019) –ポルノユーザーの女性パートナーに対するポルノの影響に関する研究。 抜粋:

本研究では、女性のED症状に関連すると仮定されたXNUMXつのパートナー固有の変数、つまり男性のパートナーの痩せに関連する圧力とポルノの使用について検討しました。

現在および以前のパートナーポルノの使用は、高等教育の症状に関連しており、年齢とこの使用に悩まされているという女性の報告を調整しています。 パートナーの薄さに関連する圧力および以前のパートナーのポルノ使用は直接的および薄型理想的内在化の両方を通じてED症状と関連していたが、現在のパートナーのポルノ使用はED症状と直接関連していた。

ポルノグラフィーおよびパートナーとの異性愛者女性の親密な経験(2019) - 抜粋:

性的に活発な女性消費者の間では、オナニーのための消費率の上昇は、パートナーとのセックス中のポルノ画像の思い出し中のポルノスクリプトの精神的活性化の増加、覚醒の達成と維持のためのポルノへの依存の高まりと関連していた。パートナーとのセックスよりもポルノ消費の方が好きです。 さらに、 単にポルノ素材を見るのではなく、セックス中のポルノスクリプトの活性化が高かったことは、その出現についての不安の割合が高まり、パートナとのセックス中のキスや愛撫などの親密な行為の楽しさの減少とも関連していた。r.

男性の陰茎サイズの認識に対する社会文化的影響と陰茎増強を受けるための決定:定性的研究 (2019) - 抜粋:

ますます多くの男性が陰茎のサイズに不満を持っており、陰茎のサイズを大きくするための美容処置を求めています。 しかし、男性がこれらの手順を検討するのに影響を与える社会的および文化的要因についてはあまり知られていません…..以前に陰茎の増大を受けた6人の成人男性に対してXNUMX対XNUMXの半構造化面接が行われました。

インタビューからは、「ポルノの影響」、「仲間との比較」、「間接的な外見に関連したからかい」というXNUMXつの主要なテーマが浮かび上がってきました。 男性は、ポルノにおける男性俳優の大きなペニスが、通常のペニスサイズの認識を歪めていることに気づきました。 すべての男性は、通常ロッカールームで自分のペニスのサイズを仲間と比較していましたが、結果として自分のペニスが小さいと感じることがよくありました。

結局サイズの問題:SEM消費が男性の生殖器および身体の尊重に影響するという実験的証拠 (2019) - 抜粋:

これまでの研究では、主流のメディアに描かれている画像は、特に女性の間で、自尊心に悪影響を及ぼす可能性があることがわかっています。 インターネットの台頭により、近年の性的に露骨な資料(SEM)のアクセシビリティおよび配布の容易さから、SEMの消費者は研究で見られるのと同様の効果で自尊心の低下を経験する可能性があると仮定されてきた。主流のメディア画像への露出について。

我々の知る限りでは、これは実験デザインにおいて両性を利用するメディア広告と比較して、州特有の自尊心に対するSEM曝露の影響を直接調べる最初の研究である。 仮説として、SEMにさらされた男性は、メディア画像を見た、またはまったく画像を見なかった人と比較して、性器の外観に対する統計的に有意な低下した満足度を報告しました.

私たちの結果は、SEMへの曝露が一部の男性消費者の国家の自尊心、特に性器のサイズと外観について悪影響を及ぼし、社会的比較の理論に信用を与えることを示唆しています。 このトピックに関するこれまでの研究は、主に自己報告に基づいています。 私たちの方法論は、データ収集中に参加者を明示的にSEMに公開しました。


出演者セクション

文脈/現実:アライアンスのメンバーは誰もポルノパフォーマーに関する研究を執筆していません。 さらに、アライアンスのサイトは、視聴者に対する「セックス映画の影響」に関係していると主張しています。 では、なぜアライアンスは、女性のポルノパフォーマーについての前向きなニュースを報告しているXNUMXつの厳選された研究のセクションに投げ込まれたのですか? 答えは痛々しいほど明白です。アライアンスはポルノの使用を促進し、ポルノ業界のアジェンダをサポートするように機能します(必要に応じて)。 あなたが私たちが誇張していると思うなら 「専門家」が彼らの集合的なTwitterアカウントに投稿するものをチェックしてください.

アライアンス研究:

Griffith、JD、Mitchell、S.、Hart、CL、Adams、LT、&Gu、LL(2013). ポルノ女優:破損した商品仮説の評価 セックスリサーチのジャーナル、50(7)、621-632。 Webへのリンク

分析:アライアンスのチェリーピッキングのもうXNUMXつの例。 デニールズアライアンスが成人映画の出演者に関する以下の研究を省略したのはなぜですか?

Dubin、JM、Greer、AB、Valentine、C.、O'Brien、IT、Leue、EP、Paz、L。、…&Ramasamy、R。(2019) 成人芸能人における女性の性的機能不全の指標の評価 性医学のジャーナル。 Webへのリンク

分析:ほとんどの人が女性のポルノパフォーマーが一般集団で報告されているよりも低い割合で性機能障害を経験することを期待するので、発見は驚くべきことではありません。 第一に、一般集団には、性的および一般的健康(糖尿病、精神疾患、うつ病、自己免疫疾患、慢性疼痛など)の両方に影響を及ぼす慢性的な身体的または精神的状態を有する個人の大部分が含まれる。 、魅力的な、性的な運動選手、そしてしばしば性的活動のより早い開始を報告する。 そうは言っても、性的機能不全の割合が低いということは、幸福が大きいということにはなりません。

それにもかかわらず、この引用はデニールのチェリーピッキングの完璧な例です:同盟は 同じ研究グループ。 それは一般集団よりも有意に高い男性出演者のED率を報告した。 の 成人男性映画俳優に関する調査研究2018で発表された、男性のポルノスターの37%(年齢20-29)は中等度から重度の勃起不全を持っていたと報告しました。 (この研究では、パートナーシップのセックスの間に機能を測定するIIEF、勃起機能のための標準的な泌尿器科学テストを採用しました。)

以下は、女性のパフォーマー研究を宣伝するアライアンスのTwitterアカウントの例です(男性の研究ではありません)。

ゆうたろう

繰り返しますが、女性パフォーマーのみの研究を推進します。

ゆうたろう

アライアンスはまた、Twitterアカウントを使用して売春のメリットを宣伝し、売春婦の使用は「性的健康の原則」に沿っていると主張する「調査」を投稿しています。

ゆうたろう

----------

サイトがユーザーに対するポルノの影響について主張しているのに、なぜRealYBOPはポルノ業界と売春を支持して常にツイートしているのですか? その他の多くの例については、RealYBOPのツイートを収集するこのページを参照してください(進行中の法的措置のため)– RealYourBrainOnPornのツイート:Daniel Burgess、Nicole Prause、プロポルノの同盟国は、ポルノ業界の議題をサポートするために偏ったウェブサイトとソーシャルメディアアカウントを作成します(2019年XNUMX月から)


UPDATES

  1. アップデート: 法的措置により、 ダニエル・バージェス の現在の所有者です realyourbrainonporn.com URL. 2018の3月に、 ダニエル・バージェス はどこからともなく現れ、複数のソーシャルプラットフォームでゲイリーウィルソンとYBOPを標的にした嫌がらせや名誉am損に関与しました。 バージェスの名誉棄損の主張と乱れた暴言のいくつかは、ここに文書化され、暴かれています: ダニエル・バージェスによる支持されていない主張と個人的な攻撃への対処(3月、2018) (当然のことながら、バージェスは Nicole Prause).
  2. 更新(夏、2019):5月に8、2019 Donald Hilton、MDが名誉毀損を申し立てました それ自体が 訴訟 ニコールプラウゼ&リベロスLLCに対して。 24年2019月XNUMX日 Donald Hiltonは彼の名誉毀損の苦情を修正しました (1)テキサス州医療検査委員会の悪意のある訴状、(2)ヒルトン博士が自分の資格を偽造したとの誤った非難、および(3)他の同様の嫌がらせのPrause犠牲者からの宣誓供述書を強調する。ジョンアドラー、MD, ゲイリー・ウィルソン, アレクサンダーロードス, Staci Sprout、LICSW, リンダハッチ博士, ブラッドリーグリーン博士, ステファニー・カーネス博士, ジェフ・グッドマン博士, ライラハダッド.)
  3. ニコール・プラウセとデビッド・レイがドン・ヒルトンの名誉毀損訴訟で偽証罪を犯しました。
  4. 更新(10月、2019): 10月、23、2019 Alexander Rhodes( reddit / nofap および NoFap.com)に対する名誉def損訴訟を起こした ニコール・R・プラウス および リベロスLLC。 見る ここの裁判所の整理。 ロードスが提出した3つの主要な裁判所文書については、このページを参照してください。 ニコール・プラウス/リベロスに対するNoFapの創設者アレクサンダー・ロードス名誉law損訴訟 (参照してください 募金ページ).
  5. 更新(11月、2019): 最後に、連続的な虚偽の告発者、名誉def損者、嫌がらせ者、商標権侵害者、ニコール・プラウスに関する正確なメディア報道: 「ポルノ中毒支援グループのアレックスロードス「NoFap」は、名誉Pro損の疑いがあるプロポルノ性科学者を訴えます」 ミーガン・フォックス PJメディア および 「No Nut Novemberでポルノ戦争は個人的なものになる」、ダイアナ・デイヴィソン ポスト千年紀。 Davisonは、Prauseの悪質な行動に関する次の6分のビデオも作成しました。 「ポルノ中毒ですか?」.
  6. 更新(2020年XNUMX月): アレックス・ローズが提出 Prauseに対する修正された苦情 また、RealYBOP Twitterアカウント(@BrainOnPorn)名誉engaging損に関与している。 RealYBOPの嘘、嫌がらせ、名誉ation損、サイバーストーキングはそれに追いついています。 の @BrainOnPorn ツイッターは現在、XNUMXつの名誉law損訴訟で指名されています。
  7. 更新(3月23、2020): アレックスロードスは、プラーズの反対を提出しました。 却下する動議。 彼の裁判所への提出書類には、新しい事件と証拠、プラウスの追加の犠牲者、より大きな文脈/背景が含まれています。 ブリーフ– 26ページ, 宣言– 64ページ, 展示– 57ページ.
  8. 更新(2020年XNUMX月):連続名誉毀損者で嫌がらせ者のニコール・ポーズがゲイリー・ウィルソンへの訴訟に敗訴。 裁判所の判決は、被害者ではなく、加害者のプラウスを暴露します。 2020年XNUMX月 裁判所の判決は、ニコールプラウスを被害者ではなく犯人として完全に公開しました。 2020年XNUMX月、プラウスは、偽造された「証拠」と彼女の通常の嘘(ストーカー行為で私を誤って非難した)を使用して、私に対して根拠のない一時的拘束命令(TRO)を求めました。 プラウスの拘束命令の要求で、私は彼女の住所をYBOPとTwitterに投稿したと言って、彼女は自分自身を偽証しました(偽証はプラウスで新しいものではありません)。 私は法制度(TRO)を悪用して私を沈黙させ、嫌がらせをしたとしてPrauseに対して反SLAPP訴訟を起こしました。 6月XNUMX日、ロサンゼルス郡高等裁判所は、プラウスが私に対する拘束命令を取得しようとしたことを認めました 軽薄で違法な「市民参加に対する戦略的訴訟」(一般に「SLAPP訴訟」と呼ばれる)を構成した。 Prauseは彼女の詐欺的なTROを通じて嘘をつき、 ゼロの検証可能な証拠 彼女をサポートする 異常な主張 彼女にストーカー行為や嫌がらせをしたこと。 本質的に、裁判所は、プラウスが拘束命令のプロセスを乱用して私を沈黙させ、言論の自由に対する彼の権利を侵害したと認定した。 法律により、SLAPPの判決はPrauseに私の弁護士費用を支払うことを義務付けています。
  9. GaryWilsonがRealYBOPURLを所有するようになりました。 見る - 注意:YBOPは商標権侵害の和解でwww.RealYourBrainOnPorn.comを買収しました
  10. 更新(2021年XNUMX月): プラウスは、名誉毀損の疑いで、2020年22月に私に対して2021回目の軽薄な訴訟を提起しました。 XNUMX年XNUMX月XNUMX日の公聴会で オレゴン州の裁判所は私に有利な判決を下し、Prauseに費用と追加の罰金を課しました。 この失敗した努力は、 十数件の訴訟 前の月に公に脅迫および/または提出された賞賛。 何年にもわたる悪意のある報告の後、彼女は実際の訴訟の脅威にエスカレートし、彼女を明らかにした人々を沈黙させようとしました。 ポルノ業界との密接な関係 そして彼女の悪意のある行為、または現在彼女に対して活動している3つの名誉毀損訴訟で宣誓供述をした人。