強迫的な性行動は中毒と見なされるべきですか? (2016):「Prauseet al。、2015」を分析する抜粋

元の論文へのリンク– 強迫的な性行為は中毒と見なされるべきですか? (2016)

注–他の多くの査読論文は、Prause et al。、2015がポルノ依存症モデルをサポートしていることに同意しています。 の査読付き批評 Prauseら。、2015

Prause et al。、2015(引用73)を記述する抜粋


「対照的に、CSBのない個人に焦点を当てた他の研究は、慣れの役割を強調しています。 非CSB男性では、ポルノ鑑賞のより長い歴史がポルノ写真に対する左下被殻反応と相関しており、潜在的な脱感作を示唆している [72]。 同様に、CSBなしの男性と女性を対象としたイベント関連の潜在的研究では、ポルノの問題のある使用を報告した人々は、問題のある使用を報告しなかった人々と比較してポルノ写真に対する最近のポジティブな可能性が低かった。 中毒研究における薬物の合図に反応して、一般的に後期陽性電位が上昇する 【73]。 これらの調査結果は、CSB被験者のfMRI研究における活動の強化の報告とは対照的ですが、互換性はありません。 研究は、刺激の種類、測定のモダリティ、および研究中の母集団が異なります。 CSBの調査では、繰り返される写真と比較して、めったに表示されないビデオを使用しました。 活性化の程度はビデオと写真で異なることが示されており、慣れは刺激によって異なる場合があります。 さらに、事象関連電位研究で問題のある使用を報告した人では、使用時間数は比較的少なかった[問題:3.8、標準偏差(SD)= 1.3対対照:0.6、SD = 1.5時間/週] CSB fMRI研究(CSB:13.21、SD = 9.85対対照:1.75、SD = 3.36時間/週)。 したがって、慣れは一般的な使用に関連している可能性があり、重度の使用は潜在的にキュー反応性の強化に関連しています。 これらの違いを調べるには、さらに大規模な研究が必要です。」


コメント:このレビューは、他の論文と同様に、Prause et al。、2015は、 Kühn&Gallinat、2014年 (引用72) これは、バニラポルノの写真に応じて、より多くのポルノの使用がより少ない脳の活性化と相関していることを発見しました。 言い換えれば、「ポルノ中毒者」は鈍感または慣れていて、非中毒者よりも大きな刺激を必要としていました