若い男性に関する研究:31%のED率; 性欲が37%低いが、ポルノではありえない(Landripet&Stulhoferの批評、2015年)

UPDATE 1: この論文に対する査読済みの批判– コメント:若年の異性愛者の間でのポルノ使用は性的困難および機能不全と関連するか? Gert Martin Hald(博士)

UPDATE 2015: Landripet&Stulhoferの論文は、彼らが提示したXNUMXつの重要な相関関係を省略しました ヨーロッパの会議 (要約からの抜粋)

報告する 特定のポルノジャンルの嗜好は勃起と有意に関連していた (ただし射精や欲求には関係ない)男性 性的機能不全.

増加しました ポルノ用 少しでしたが 女性とのパートナーシップのセックスに対する関心の低下およびより一般的な性的機能不全との関連性が高い。

UPDATE 2016: (2016年7月):XNUMX人の米海軍医師が関与する査読付き論文– インターネットポルノは性的機能不全を引き起こすのですか? 臨床報告書によるレビュー (2016) - それは、ポルノに誘発された性的問題に関する文献の広範なレビューです。 このレビューは、最新のデータを提供し、若々しい性的問題の劇的な増加を明らかにする。 また、ポルノ中毒や性的コンディショニングに関連する神経学的研究についても検討しています。 医師は、ポルノに誘発された性機能不全を発症した男性の3臨床報告書を提供している。 紙はまた批評します Landripet&Stulhofer、2015。

UPDATE 2019:初期の2019以降、 110近くの研究が、ポルノの使用またはポルノ/性依存症を性機能障害に関連付け、脳の活性化を性的刺激に結び付け、性的および人間関係の満足度を低下させています。 このリストの最初の6研究は、参加者がポルノの使用を排除し、慢性的な性的機能不全を癒したために因果関係を示しています。

UPDATE 2019:アレクサンダーシュトゥルホファーは、彼が同盟国ニコール・プラウズ、デイヴィッド・レイ、その他に沈黙を守ろうとしていたときに彼の極端な議題主導型バイアスを確認した YourBrainOnPorn.com。 シュトルホーファーと www.realyourbrainonporn.comの他のプロポルノ「専門家」 従事している 違法な商標侵害としゃがんだ. シュトルホーファー 送信された中止および却下の手紙でした。 訴訟は引き続き追求されている。


YBOP記事

これはの分析です ポルノ使用は若い異性愛者の間の性的困難および機能不全と関連するか? (簡単なコミュニケーション) Landripet I、シュトゥルホファーA.

ポルトガル、クロアチア、ノルウェーの若い男性に関するこの短い論文の結論は次のように述べています。

ポルノグラフィーは、若い男性の欲求、勃起不全、またはオルガスムの困難の重大な危険因子ではないようです.

この過度に自信のある結論でいくつかの主要な問題を調べてみましょう。

問題1:研究はEDの信じられないほど高い率と低い性的欲求を報告します

既存のデータベースのペアを比較するこの単純な横断的研究では、31〜37歳の男性でEDの割合が18%に達し、「性的欲求が低い」割合が40%に達することがわかりました。 しかし、タイトルと要約はこれらの発見のどちらにも言及していません。 代わりに、研究が若い男性のEDの流行を認めているとしても、著者は「それはポルノではない」と私たちに安心させます。

 「最近、いくつかの大規模な疫学研究により、若い男性の勃起不全(ED)の有病率が高いことが指摘されました。」

2011質問票と2014からの別の研究に基づいている新しい研究での若い男性のED率は何でしたか?

「研究1では、 14.2〜28.3% 参加者の報告ED」(2011)

「研究2では、 30.8% 男性の割合はEDに分類されました」(2014)

2011サーベイと2014サーベイの間でもED率が上昇し続けていることに注意してください。 2004に戻る Stulhoferの研究 男性35-39のED率は5.8%にすぎないことを示した。

この研究は、発見された若い男性において、説明できないほど高い原因不明のED率を発見した。 他のいくつかの研究では。 インターネット以前のED率は? Kinsey(1948)は、3以下の男性ではEDの40%未満の割合を報告し、男性の1以下では19%未満のEDと報告した。 の アメリカ人男性におけるED率の横断的研究のみ 5-18歳の男性におけるEDの59%率を報告した。 これは1992のデータに基づいており、男性の3分の1が 40 同様に、 2002メタ分析 オランダの研究者らは、分析された6研究のうち、5が40未満の男性のED率はおよそ2%であることを発見したと報告した。 他の1人は9%の割合を報告していた。

また、最初の調査では、「性的欲求の低さ」の割合が憂慮すべきものであったことにも注意してください 16.3%の37.4%に。 ほとんどの40%の若い男性がどのようにして低い性欲を持っているのでしょうか? そのような高いレートは、ほんの数年前には前代未聞でした。 例えば、2004では、 イタリアの泌尿器科医カルロフォレスタが見つかりました 十代の若者たちの1.7%だけの低い性欲率。 しかし、金利は600により10.3%から2012%に上昇しました。

結論:40歳未満の男性のED率は過去600年間で少なくとも20%増加しており、研究の著者はポルノが原因ではないと主張しています。 過去15〜20年間で、他にどのような変数が根本的に変化しましたか?


問題2:評価された唯一の変数は、過去12ヶ月間の使用頻度でした。

著者らは、全被験者にわたるポルノ使用に関連する1つの変数のみを評価しています。自己申告 使用頻度 (使用時間ではありません) 最後の12ヶ月。 この限定的な方法にはいくつかの問題があります。

  1. 使用頻度は1週間の時間数と関係がないかもしれませんが、他の、より関連性のある、使用のさまざまな変数はもちろんのこと
  2. それは最後の12ヶ月前にポルノ使用について私達に何も伝えない
  3. 生涯にわたるポルノの総使用量については何もわかりません。

著者らは、彼らが使用した質問を使用して、彼らの横断研究において、ポルノの頻度がどの若い男性が性的機能不全を発症するかを決定するという証拠はほとんどないと結論づけています。 この結果はまったく驚くべきことではありません。 実際には、回復フォーラムで提起される最も一般的な質問の一つは、 「友達が私と同じくらい(またはそれ以上)のポルノを見ているのに、なぜ私はPIEDを開発したのですか?」

使用頻度の代わりに、変数の組み合わせがポルノ誘発性EDに関与しているようです。 これらが含まれます:

  1. 合計使用時間
  2. 使用年数
  3. 年齢は一貫したポルノ使用を始めました
  4. 新しいジャンルへのエスカレーション
  5. ポルノによるフェチの発達(エスカレートからポルノへの新しいジャンルへ)
  6. ポルノに対するオナニーとポルノのないオナニーの比率
  7. ポルノに対するオナニーに対する人の性的行為の比率
  8. パートナーとのセックスのギャップ(人がポルノのみに頼る場合)
  9. 聖母かどうか
  10. 中毒関連の脳が変わるかどうか
  11. ポルノ中毒/過敏症の存在
  12. 遺伝学

インターネットのポルノ使用の他の側面は、ポルノ関連の性的機能不全をよりよく説明するかもしれませんか? ドイツの研究者 視聴に費やされた時間はそうではなかったが、覚醒の強さと開かれたアプリケーションの数はポルノ関連の問題に関連していることがわかった。

結果は、オンラインの性行為に関連する日常生活における自己申告の問題は、 主観的な性的興奮の評価 ポルノ素材、心理的症状の世界的な重症度 日常生活の中でインターネットのセックスサイトにいるときに使用されるセックスアプリケーションの数一方、インターネットの性的サイトに費やされた時間(1日当たりの分数)は、IATsexスコアの変動の説明にそれほど寄与しませんでした。 パーソナリティファセットは、IATsexスコアと有意な相関関係はありませんでした。 [強調を追加]

繰り返すには、 ドイツ人はポルノを見て過ごした時間が ポルノ中毒または使用の悪影響のいずれかの要因。 代わりに、アプリケーション(ジャンル)の数とポルノの使用に対する反応が違いを生みました。 つまり、目新しさとより多くの刺激の必要性。 同様に、 インターネットビデオゲームでの使用時間 また問題を予測しないでください。 むしろ、ゲームに対する動機と強迫観念は予測的です。

要するに、 インターネット使用に関する問題を診断するための基準は、時間/使用頻度よりも広い必要があります。 これは、ここで議論されている「簡単なコミュニケーション」の有用性と結論に疑問を投げかけます。 デンマークのポルノ研究者 Gert MartinHaldの社説コメント 12の過去数ヶ月の週あたりの頻度よりも多くの変数(メディエータ、モデレータ)を評価する必要性を反映しています。

第三に、この研究は、研究された関係の可能性のあるモデレータまたはメディエータには対処せず、因果関係を決定することもできない。 ポルノに関する研究では、研究対象の関係の大きさや方向に影響を与える可能性がある要因(モデレータ)と、その影響が生じる可能性がある経路(メディエータ)がますます注目されています。 ポルノ消費と性的困難に関する将来の研究もまた、そのような焦点を含めることから利益を得るかもしれません。

結論:すべての複雑な医学的状態は、バラバラにされなければならない複数の要因を含みます。 いかなる場合でも、 著者の声明は、 ポルノグラフィーは、若い男性の欲求、勃起不全、またはオルガスムの困難の重大な危険因子ではないようです これはサポートされていません、それはユーザーの性的パフォーマンスの問題を引き起こしているかもしれないポルノ使用に関連した他のすべての可能な変数を無視するためです。 自信を持ってインターネットポルノから心配するものは何もないと主張する前に、1つはまだ非常に最近の、若々しいEDと低い性欲への驚くべき上昇を説明する必要があります。


問題3:調査では、過去12か月間に性交をしていなかった処女と男性を除外しました

ポルノ誘発性EDを報告する可能性が最も高いXNUMXつの集団、処女とセックスをしていない男性は、調査から除外されました。 PIEDの男性が、浸透するのに十分な強さの勃起を達成できないため、処女のままであると言うのは珍しいことではありません。 多くの性的に経験のある男性は、PIEDのためにセックスを試みなくなったと言います。

言い換えれば、この調査では、ほぼXNUMX年前にセックスをした男性の新しいEDは検出されませんでした。 また、昨年セックスをしていなかった人、インターネットポルノを独占的に使用してクライマックスを迎えた人、またはポルノなしではそれを起こせないために処女である人の性機能障害を拾うことはありません。 そして、これらの男性が含まれる(そしてインターネットポルノなしで自慰行為ができるかどうか尋ねられた)場合、ポルノの使用頻度とED /性的欲求の低下との間に相関関係が現れた可能性があります。


問題4:研究は実際にEDとポルノ使用の間にいくつかの相関関係を見つけた

要約では、かなり重要な相関関係については触れられていません。ポルトガル人男性の40%だけがポルノを「頻繁に」使用し、ノルウェー人の60%はポルノを「頻繁に」使用しました。 ポルトガル人男性はノルウェー人よりはるかに性的機能不全が少なかった。

他の場所では、著者らはより頻繁なポルノ使用とEDの間の統計的に有意な関連性を認めているが、効果の大きさは小さかったと主張している。 しかしながら、この主張は熟練した統計学者であり多くの研究を書いたMDによれば誤解を招く可能性があります。

別の方法で分析すると(カイ50乗)、…適度な使用(使用頻度が低い場合)により、このクロアチアの人口でEDが発生する確率(可能性)が約XNUMX%増加しました。 発見がクロアチア人の間でのみ特定されたのは不思議ですが、それは私には意味があるように聞こえます。

著者らはこの発見を吹き飛ばし、結論に至るまでそれを無視していますが、 Gert MartinHaldの正式なコメント 彼が言う研究について:

しかし、ポルノ研究では、「サイズ」の解釈は、調査された関係の大きさと同じくらい、調査された結果の性質に左右される可能性があります。 したがって、もし結果が「十分に悪い」(例えば、性的に攻撃的な行動)であると考えられるならば、たとえ小さな効果の大きさでもかなりの社会的および実際的意義を持ちうる[2]。

LandripetとStulhoferは、彼らが提示した3相関を省略しました。 ヨーロッパの会議:

しかし、ポルノ使用の増加は、パートナー間のセックスに対する関心の低下および女性の間でより一般的な性的機能不全とわずかながらしかし有意に関連していた。

特定のポルノジャンルに対する嗜好の報告は勃起と有意に関連していたが、射精または欲求に関連した男性の性的機能不全とは関連がなかった。

Landripet&Stulhoferが、勃起不全と特定のジャンルのポルノの好みとの間の非常に重要な相関関係を論文から除外することを選択したことは非常にわかりやすいです。 ポルノユーザーが元の性的嗜好と一致しないジャンルにエスカレートし、これらの条件付きポルノの好みが実際の性的出会いと一致しない場合にEDを経験することは非常に一般的です。 以下で指摘するように、ポルノの使用に関連する複数の変数を評価することは非常に重要です。先月の時間や過去数年間の頻度だけではありません。


問題5:EDの600%-1000%の増加を要求することは、他の要因で説明できます。

では、40の下で男性は現在のEDの流行をどのように説明しているのでしょうか。 彼らは、流行はインターネット以前に存在していたのと同じ古い要因から生じなければならないと示唆している。

疫学的研究は、不健康な生活様式、薬物乱用、ストレス、うつ病、親密さの欠如、およびセクシュアリティに関する誤情報が、ポルノグラフィーの使用よりも男性の性機能障害の背後にある可能性が高い要因であることを示唆しているに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

著者らは、喫煙、運動不足、薬物使用が歴史的要因であることを示唆する以前の研究を単に引用しているが、この結論は飲み込むのが難しい。

第一に、喫煙、肥満、糖尿病、そして運動不足は、若い男性にとって大きな要因ではありません。 これらが心血管疾患または神経機能障害の形で有機性EDとして現れるのに何年もかかります。 さらに、喫煙率は最近の30年間で劇的に低下しており、そして薬物の使用および運動率は近年安定したままである。 肥満率は、過去4年間で15%しか増加していません。

しかし、「セクシュアリティに関する誤った情報」と「親密さの欠如」が現在EDで主要な役割を果たしているという主張はどうでしょうか。 単に空中から引き上げる、創造的な執筆の練習。

そして、なぜ著者は、リンクポルノの使用と性的機能不全の証拠を示す研究を無視したのでしょうか? ケンブリッジ大学例えば、彼らのポルノ依存症の被験者の60%は、勃起や実際のパートナーとの欲求に問題があるが、ポルノには問題がないと報告しています。 これで 2014ケーススタディ 低い性欲と無秩序を持つ男は、8ヶ月間ポルノを排除することによって彼の両方の性的機能不全を癒しました。

「1992年以降、セクシュアリティに影響を与える主要な変数のXNUMXつが変更されましたか?」という質問に戻ります。 私に当てさせてください: インターネットポルノ.