Steele et al。、2013を取り巻く主張に対する批判(「性的欲求ではなく性的欲求は、性的イメージによって誘発される神経生理学的反応に関連している」)

あなたは歴史をスキップすることができます 私たちの分析に直接行きます.

この7月の歴史、2013 CRITIQUE

この記事は、7月に2013への返信ブログ投稿として最初に公開されました。 「PsychologyToday」のブログ投稿 ここで議論されたEEG研究の共著者であるニコールプラウゼ博士へのインタビューを特集しています。 6年2013月XNUMX日、PsychologyTodayのブロガーであるDavidLeyは、ブログ投稿の見出しで、まだ公開されていない新しい研究がインターネットポルノ依存症の存在を反証したと発表しました。ポルノに関するあなたの脳–それは中毒性ではありません。」 7年間の行動中毒研究はこの主張と矛盾するため、私たちは懐疑的でした。 XNUMX月XNUMX日に私たちは書いた 返信ブログ on Psychology Todayは、レイの理解しにくい(そして最終的には不正確な)プラウスの未発表のEEG研究の説明に基づいて懸念を表明しています。

これは、研究の著者のXNUMX人であるニコールプラウセからの熱烈な個人的な手紙を引き出しました。 同時サイバーストーキング。 最終的に、Psychology Todayの編集者は、Leyの元の投稿と返信の両方を削除しました。 ここで、電子メールやその他のドキュメントとともにストーリーを参照してください。 2013年XNUMX月とXNUMX月:ニコール・プラウゼの嫌がらせ、虚偽の主張、脅迫の始まり(彼女とデビッド・レイがPTのブログ投稿でゲイリー・ウィルソンを標的にした後).

--------------
UPDATE 7 / 21 / 13: David Leyのブログ投稿からXNUMXか月後に、PrauseEEG研究が登場しました。性的欲求ではなく性的欲求は性的イメージによって誘発される神経生理学的反応に関連する"(Steeleら。、2013)。 研究チームは、スティール、スターリー、フォン、プラウスで構成されています。 最後のXNUMXつは、「SPAN Lab」(現在は廃止されたWebサイト)のメンバーとしてリストされています。 ちなみに、フォンは 公に主張された そのポルノ中毒は存在しません。

ニコール・プラウセは、ウィルソンのブログ投稿(以下)を削除したサイコロジー・トゥデイの編集者に連絡し、 別の投稿 調べる Steele et al。、2013年。私はこの行動にショックを受けました。 プラウスは私たちの記事に直接取り組むことを拒否しましたが、彼女は今日の心理学のコメントセクションに投稿することを歓迎しました。 代わりに、プラウスは犠牲者を演じている間、名誉毀損、嫌がらせに従事することを決定しました–彼女は確かにそうではありません。 見る ニコール・プラウセが彼女に同意しない人々に対する継続的な嫌がらせを記録しているページ.

補遺: プラウスは批評家を検閲しようとしているので、私は利用可能にしました デビッドレイの元の投稿と私の応答、両方とも2013年XNUMX月から、元の投稿の下にあるすべてのコメント(Prauseのコメントを含む)とそれに続く私の回答。

--------------

更新– 9/22/13: ジョン・A・ジョンソン博士 Steeleら。、2013(コメント欄でNicole Prause靴下人形について討論する)

--------------

UPDATE 2 / 10 / 2014: デビッド・レイとニコール・プラウセが再びチームを組みました。 「性依存症の神話」の著者であるレイは、(SPANラボの)プラウスと協力して出版しました。 皇帝は服を着ていない:“ポルノ中毒”モデルのレビュー (レイ他、XNUMX)。 研究者の客観性について これは文学の本当のレビューではありませんでした。 代わりに、Ley et al。は、研究内で誤解を招くような誤解を招くような行を選び、悪影響を示すすべての研究を省略し、請求項に関係しない複数の引用を含んでいました。 これを見て Leyらの広範囲にわたる解体 レビュー はっきりさせておきましょう、 ポルノ中毒の存在に反論する研究は1つもありません。 以下で読むことができるように、ここで批評されたプラウスの研究は実際に実証しています より高い 性的な画像への反応–これは、中毒者が選択した依存症の視覚的な手がかりを見たときに起こることです。

--------------

更新– 2/21/14: の査読付き批評 Steeleら。 2013 「高い欲望」、または「単に」中毒? ドナルド・L・ヒルトン・ジュニア医学博士によるスティールらへの回答(2014).

--------------

更新– 7/12/14ケンブリッジ大学による新しいfMRI研究 (Voonら XNUMX)は、報酬回路の合図誘発活性化を評価し、それは薬物依存を反映する活性化を見出した。 それはまた、強迫的なポルノ使用者がコントロールよりも高い性的欲求を持っていなかったことを発見しました。 事実、多くの被験者は実際のパートナーとの性的欲求の低下を経験しました。 この発見はSteele他と矛盾します。 ポルノ使用を制御するのが困難な個人は、他の人口よりも高いリビドーを単に持っていると主張している(以下に説明されるように、Steeleらはそうした) 脳の活性化と相関するより高い性欲を見つけます)。 さらに重要なことに、ケンブリッジの研究はニコールプラウゼのEEG研究を分析し、ポルノの手がかりにさらされたときのより高いP300は依存症モデルと一致していると述べました。 以下に記載されているように、この研究の調査結果は、著者による見出しやコメントとはまったく一致しませんでした。

--------------

更新– 2015年初頭: Nicole Prauseは、もはやUCLA(または他の大学)によって雇用されていません。

--------------

UPDATE 2015年:ニコール・プラウセが「性依存症」に対する彼女の「専門家」の証言を提供するようになりました. 彼女の新しいから リベロス ウェブサイト:

Prauseが彼女のサービスを販売することを試みているかのように思えます 主張した 彼女の2つのEEG研究の反ポルノ依存症の結論(1, 2ピアレビューされた批評は両方の研究が中毒モデルを支持すると言いますが)。 おそらく 問題の業界との密接な関係 研究者の認識を曇らせる可能性があります。

最初のEEG研究(下記)は、被験者がポルノ写真にさらされたときに研究がより高いEEG測定値(P300)を報告したため、実際にポルノ中毒の証拠を発見しました。 中毒者が中毒に関連する手がかり(画像など)にさらされると、より高いP300が発生します。 さらに、この研究では、ポルノに対する「キュー反応性」が高く、パートナーとのセックスへの欲求が少ないことが報告されています。 簡単に言えば、この研究では、ポルノに対する脳の活性化が大きく、セックスに対する欲求が少ないことがわかりました(ただし、マスターベーションに対する欲求は少なくありません)。 見出しが正確に述べたことではありません。

  第二脳波研究 2013年の被験者(およびさらにいくつか)のEEG測定値を実際の対照群と比較しているようです。 そうです、2013年の研究には対照群がありませんでした。 2015年の結果:予想どおり、バニラポルノの写真を表示すると、ポルノ中毒者とコントロールの両方でEEGスパイクが高くなりました。 ただし、コントロールの振幅はポルノ中毒者よりも少し高いです。 言い換えれば、ポルノ中毒者はポルノ写真への覚醒をあまり経験しませんでした。 彼らは脱感作されました。 プラウス等。 見つけることは完全に一致します Kühn&Gallinat(2014), これは、性的写真にさらされたときに、より多くのポルノ使用がヘビーユーザー(中毒ではなかった)のより少ない脳活性化と相関することを発見しました。

--------------

更新- On 15年9月2016日 Nicole PrauseがウェブサイトPROLOGに偽のプレスリリースを投稿しました。 Prauseの「プレスリリース」は、Gary Wilson、Donald Hilton MD、ユタ州上院議員のTodd Weiler、Dr. Todd Loveを含む数人の個人を攻撃し、解放しました。 これがプレスリリースの残りの部分です、 ProLogが2日後にコンテンツを削除したのは、ポリシーに違反したためです。 拒否されないように、Prauseはプレスリリースのコンテンツを彼女のAmazonAWSアカウントに掲載しました。 ここで私たちは彼女についての彼女のコメントを調べます UCLAの研究者で元同僚のRory Reid PhD。 Prauseの暴言からの抜粋:

「心理学者」と「LCSW」はどちらもカリフォルニア州でライセンスされている規制タイトルで、Rory Reidは自分のサービスを患者に宣伝するために使用していましたが、実際には所有していませんでした。 Rory Reidはまた、ハーバード大学に出席し、教員になっており、UCLAの「助教授」であると誤って述べています。 リードはハーバード大学の教員ではなかったし、UCLAのテニュアトラック教員ではなく補助者です。 UCLAでカリフォルニア州問題ギャンブル局の常勤従業員として挙げられているため、Reidが州の契約に違反することなくセックス映画を勉強したり、セックス映画について政治家に連絡したりできるかどうかは不明です。

Rory Reidと元UCLAの研究者Nicole Prauseのちょっとした背景がここで役に立ちます。 UCLAでのNicole Prauseの短いスティントが2013で始まる前から、Rory ReidはUCLAのDavid Geffen School of Medicineの研究心理学者でした。 Reidの研究分野は、性欲過多とギャンブル中毒です。

リードは、Prauseのように、しばしば主張しています に対して Reidは2013の記事で彼のオフィスはUCLAのPrause'sのすぐ隣にあると述べました。 2013で、Nicole Prauseは彼女の「SPAN Lab」のメンバーとしてRory Reidをリストしました。述べたように、ReidがUCLAの研究者である間、PrauseのUCLA契約は更新されませんでした。 彼が彼女を不愉快にさせるために何をしても、Prauseは今公的にそして残酷に元同僚を攻撃しています。

しかし、話にはもっとたくさんあります。 数か月前の 5年2014月XNUMX日 Prauseの「プレスリリース」(Rory Reidをカリフォルニア州当局に報告するように促す)を反映したコメントがポルノの回復サイトに投稿されました YourBrainRebalanced 真新しいメンバーによって。 上で見たように、Prauseはさまざまなエイリアスを使ってYBRについてコメントする習慣を作りました。 これらのコメントの最初の 本当のことを言え、 2リンクを含みました。 1つのリンクは、TellTheTruthの主張を裏付けるエビデンスを含むScribd上のPDFへのリンクです(Prauseは通常、エイリアスとして2-4の大文字の単語をユーザー名として使用しています)。

ここに全体の物語とドキュメンテーションを見てください: 元UCLAの同僚であるRoryC。Reid PhDを攻撃し、名誉を毀損します。 2年前、「TellTheTruth」は、Prauseの多くのソックパペットが頻繁に訪れるポルノ回復サイトにまったく同じ主張と文書を投稿しました。

--------------

更新:2019  – Prauseは、インターネットポルノの使用による危害の証拠をあえて報告する著者、研究者、セラピスト、組織、学術雑誌、回復中の男性、記者などに嫌がらせをしてきました。 YBOPは、このページにPrause氷山の先端を記録しています。 ニコール・プラウセの非倫理的な嫌がらせとゲイリー・ウィルソンおよびその他の名誉毀損 (プラウスの犠牲者はさらなる報復を恐れているので、私たちが自由に明かすことのできない事件はもっとたくさんあります)。 彼女は ポルノ業界にはかなり居心地がよいこれからわか​​るように、 X-Rated Critical Organization(XRCO)賞授賞式のレッドカーペットの上の彼女(右端)の画像。 (ウィキペディアによると XRCO賞 アメリカ人によって与えられる X評価批評家団体 アダルトエンターテイメントで働く人々に毎年、そしてそれは業界のメンバーのために排他的に予約されている唯一のアダルト業界賞ショーです。【1]) また、Prauseには 主題としてポルノパフォーマーを得た 他のポルノ業界の利益団体を通じて フリースピーチ連合。 FSCで得られた被験者は彼女で使用されたと言われています 雇われた銃の研究 ひどく汚れている および 非常に商業的な「オルガスム瞑想」 スキーム(現在 FBIによって調査された)。 賞賛も作りました サポートされていない申し立て彼女の研究の結果 と彼女 研究の方法論。 より多くの文書については、以下を参照してください。 ニコール・プラウズはポルノ業界の影響を受けていますか? そして次のページ:

---------------

更新(4月、2019): YBOPの批判を沈黙させようとして、ニコールプラウスとデビッドレイが率いるグループは、YBOPの商標を盗もうとしています。 詳細については、このページを参照してください。 ポルノ中毒のDeniers(www.realyourbrainonporn.com)によって攻撃される積極的な商標権侵害。 www.realyourbrainonporn.comのニコールプラウゼ、デビッドレイ、その他のプロポルノの「専門家」は 中止と書簡を送った。 法的措置は引き続き追求されます。 読者は、RealYBOP twitter(その専門家の明白な承認を得ている)も中傷や嫌がらせに関与していることを知っている必要があります。 ゲイリー・ウィルソン, アレクサンダーロードス, Gabe Deem および 他の多くの。 さらに、David Leyと他の2人の「RealYBOP」専門家が ポルノ業界の巨人xHamsterによって補償されている 彼らのウェブサイトを宣伝するすなわちStripChat)そして、ポルノ中毒と性中毒が神話であることをユーザーに納得させるために!

-----------

更新(夏、2019): 月8、2019上 Donald Hilton、MDが名誉毀損を申し立てました それ自体が 訴訟 ニコールプラウゼ&リベロスLLC(ヒルトン博士が批判)に対して Steele et al。 2014で)。 7月24、2019 Donald Hiltonは彼の名誉毀損の苦情を修正しました (1)テキサス州医療検査委員会の悪意のある訴状、(2)ヒルトン博士が自分の資格を偽造したとの誤った非難、および(3)他の同様の嫌がらせのPrause犠牲者からの宣誓供述書を強調する。ジョンアドラー、MD, ゲイリー・ウィルソン, アレクサンダーロードス, Staci Sprout、LICSW, リンダハッチ博士, ブラッドリーグリーン博士, ステファニー・カーネス博士, ジェフ・グッドマン博士, ライラハダッド.)

----------

更新(10月、2019): 10月、23、2019 Alexander Rhodes( reddit / nofap および NoFap.com)に対する名誉def損訴訟を起こした ニコール・R・プラウス および リベロスLLC。 見る ここの裁判所の整理。 ロードスが提出した3つの主要な裁判所文書については、このページを参照してください。 ニコール・プラウス/リベロスに対するNoFapの創設者アレクサンダー・ロードス名誉law損訴訟.

-----------

更新(11月、2019): 最後に、正確なメディア報道: 「ポルノ中毒支援グループのアレックスロードス「NoFap」は、名誉Pro損の疑いがあるプロポルノ性科学者を訴えます」 ミーガン・フォックス PJメディア および 「No Nut Novemberでポルノ戦争は個人的なものになる」、ダイアナ・デイヴィソン ポスト千年紀。 Davisonは、Prauseの悪質な行動に関する次の6分のビデオも作成しました。 「ポルノ中毒ですか?」、およびこのプラウスの嫌がらせ/虚偽の申し立てのタイムライン: VSSアカデミックウォータイムライン.

----------

アップデート(2020年XNUMX月): 裁判所の判決は、ニコールプラウスを被害者ではなく犯人として完全に公開しました. 2020年XNUMX月、プラウスは、偽造された「証拠」と彼女の通常の嘘を使用して、私に対して根拠のない一時的な拘束命令(TRO)を求めました(ストーカーを誤って非難した)。 抑止命令を求めるプラウスのリクエストで、彼女は自分の住所をYBOPとTwitter(偽証はプラウスで新しいものではありません)。 私は法制度(TRO)を悪用して私を沈黙させ、嫌がらせをしたとしてPrauseに対して反SLAPP訴訟を起こしました。 6月XNUMX日、ロサンゼルス郡高等裁判所は、プラウスが私に対する拘束命令を取得しようとしたことを認めました 軽薄で違法な「市民参加に対する戦略的訴訟」(一般に「SLAPP訴訟」と呼ばれる)を構成した。 Prauseは彼女の詐欺的なTROを通じて嘘をつき、 ゼロの検証可能な証拠 彼女をサポートする 異常な主張 彼女にストーカー行為や嫌がらせをしたこと。 本質的に、裁判所は、プラウスが拘束命令のプロセスを乱用して私を沈黙させ、言論の自由に対する彼の権利を侵害したと認定した。 法律により、SLAPPの判決はPrauseに私の弁護士費用を支払うことを義務付けています。

---------

更新(2021年XNUMX月): プラウスは、名誉毀損の疑いで、2020年22月に私に対して2021回目の軽薄な訴訟を提起しました。 XNUMX年XNUMX月XNUMX日の公聴会で オレゴン州の裁判所は私に有利な判決を下し、Prauseに費用と追加の罰金を課しました。 この失敗した努力は、 十数件の訴訟 前の月に公に脅迫および/または提出された賞賛。 何年にもわたる悪意のある報告の後、彼女は実際の訴訟の脅威にエスカレートし、彼女を明らかにした人々を沈黙させようとしました。 ポルノ業界との密接な関係 そして彼女の悪意のある行為、または現在彼女に対して活動している3つの名誉毀損訴訟で宣誓供述をした人。

-----------



YBOP分析–  プレスでのニコールプラウズの主張は、スティールらによる2013年の結果に直接反対

私たちは今、この新しい研究を分析しました、そしてそれがインターネットポルノ中毒の存在をどのように反証することができるかについてこれまで以上に困惑しています。 以下は私たちの投稿です:

この研究の著者は、彼らの調査結果が「異常性欲」(この場合、ポルノの使用を制御できないこと)はポルノ中毒ではなく高い性的欲求によって説明できることを示していると信じています。 私たちの見解では、彼らのデータは彼らの信念をリモートでサポートしていません。

研究: 性的欲求ではなく性的欲求が性的画像によって誘発される神経生理学的反応に関連する 

参加者: 52人の被験者が「性的な画像の閲覧を規制するのに問題を抱えている人々に要求する」広告を通じて募集されました。 参加者(平均年齢24歳)は 男性(39)と女性(13)の組み合わせ。 7の参加者は 同性愛者。 

彼らがしたこと: 参加者が225写真を見たときに、EEG測定値(頭皮の電気的活動)を取った。 写真の38は性的なもので、すべて一人の女性と一人の男性が関与していた。 この特定のEEG測定値(P300)は刺激に対する注意力を測定します。

参加者はまた、4アンケートに回答しました:性的欲求目録(SDI)、性的強迫度尺度(SCS)、性行動アンケートの認知的および行動的結果(SBOSBQ)、そして ポルノ消費効果尺度 (PCES)

目的: 脳波の読み取り平均とさまざまな質問票の参加者のスコアとの相関関係を探すこと。どのような相関関係でも、問題のあるポルノの使用が中毒の機能なのか、単なる性欲の高さなのかが明らかになるという理論に基づいています。

結果: この研究の著者らは、集められたすべてのデータの中で単一の統計的に有意な相関関係を見つけたと主張しています。

「中立的な刺激と比較して、心地よい性的刺激に対するP300の振幅の差が大きかったのは、 性的欲求の尺度に否定的に関連する「しかし、過性の測定とは関係ありません。」

翻訳: ポルノに対する手がかり反応性が高い人ほど、パートナーとセックスをしたいという欲求は低かった(しかし自慰行為を望まないという意欲は低かった)。 別の言い方をすれば、より多くの脳の活性化とポルノへの欲求を持つ個人は、むしろ本物の人とのセックスをするよりもポルノに自慰行為をするでしょう。 この発見はこの結論によって続かれます:

"結論:性欲過敏症を理解するための含意 高い欲求、無秩序ではなく、議論されています。」

え? ポルノへのより大きな手がかり反応性はどのように相関しましたか 欲望 人とセックスすることは、性欲過多は 高い欲求? 誰も知りませんが、この奇妙な方向転換が多くの見出しの基礎となりました。 いくつかの記事はまた、ポルノ中毒者の脳が物質中毒者の脳のように「見えない」と研究が報告したと誤って主張しています。 スティール他2013はそのようなことは何も言わなかった。 この神話は、Nicole Prauseのプレスリリースと彼女のインタビューから生じています。

本当に簡単:

この欠陥のあるEEGの研究は、ポルノ依存症(あるいはセックス依存症)の存在に対する証拠としてメディアで宣伝されました。 実際には、YBOPはこの研究を次のように挙げています。 支える ポルノ中毒の存在。 どうして? 被験者がポルノ写真に晒されたときの研究では、より高いEEG測定値(P300)が報告されました。 中毒者がその中毒に関連した手がかり(画像など)にさらされると、より高いP300が発生します。

さらに、この研究では、ポルノに対するより大きな手がかり反応性が、 less パートナーセックスを望んでいる。 簡単に言えば、この調査では、性欲に対する欲求の減少と相まって、ポルノに対する脳の活性化が大きいことが明らかになった(ただし、ポルノへの自慰行為に対する欲求はそれほど強くはない)。 正確には見出しが述べたことや著者がメディアで主張したことではありません。

調査を読むのに苦労した人はほとんどいないことは明らかであり、ほとんどの人が誤った見出しや裏付けのない主張を購入しています。 以下では、根拠のない主張を解体し、研究が実際に見つけたものを明らかにします、 および なぜそれが公表されるべきではなかったのか。 私はメディアで公表されている3つの主な主張に対処する短いバージョンをお勧めします。 長いバージョンはより多くの詳細といくつかのより多くの参照を含みます。

の8ピアレビュー分析があります Steele et al。、XNUMX。 以下のYBOPの批評と一致している。 論文#1は専ら献身的です Steele et al。 論文2〜7には、分析セクションが含まれています Steeleら、 2013:

  1. 「高い欲望」、または「単なる」中毒? Steele等への応答。 (2014)、ドナルドL.ヒルトン、ジュニア、メリーランド州
  2. ピアレビューされた分析:「強迫的な性行為の有無にかかわらず個人における性的手がかり反応性の神経相関」(2014)
  3. 査読付きの批評:「インターネットポルノ中毒の神経科学:見直しと更新」(2015)
  4. 査読:インターネットポルノは性的機能不全を引き起こしているか 臨床報告書によるレビュー(2016)
  5. 査読付き分析:「感情の意識的および非意識的尺度:それらはポルノグラフィーの使用頻度によって変化するか?」(2017)
  6. ピアレビュー分析:強迫的性行動障害(2018)における神経認知メカニズム
  7. 査読付きの批評:「オンラインポルノ中毒:私たちが知っていることとしていないこと - 系統的レビュー」(2019)
  8. 査読付き分析:「サイバーセックス依存症の発生と発展:個人の脆弱性、強化メカニズムおよび神経メカニズム」(2019)

アップデート: この2018プレゼンテーションでは、Gary Wilsonが5の疑わしい誤解を招くような研究(2つのNicole Prause EEG研究を含む)の背後にある真実を明らかにしています。 ポルノ研究:事実かフィクションか


ショートバージョン

ニコール・プラウセは、「ポルノ中毒は存在しない」という彼らの主張を支持するために、以下の議論を提示します。

  1. In テレビインタビュー とで UCLAプレスリリース 研究者のニコール・プラウゼは、被験者の脳は他の中毒者のように反応しなかったと主張しています。
  2. 見出しと研究の結論は、「異常性欲」が「高い欲求「それでも、この研究では、ポルノに対する脳の活性化が大きい被験者は 欲望が少ない セックスのために。
  3. Steele et al。 2013は、 相関関係の欠如 脳波測定値と特定の質問票の間は、ポルノ中毒が存在しないことを意味します。

分析全体を読むことができますが、これが上記の1、2、3のスクープです。

請求番号1: 被験者の脳の反応は他のタイプの中毒者とは異なります(コカインが例でした)。

この研究を取り巻く誇大宣伝と見出しの多くは、この支持されていない主張に基づいています。 これが誇大広告です:

プレスリリース:

「彼らが実際に異常性欲または性依存症に苦しんでいる場合、コカイン中毒者の脳が他の研究で薬物の画像に反応することが示されているのとほぼ同じように、視覚的な性的刺激に対する彼らの脳の反応はより高いと予想されます。 」

テレビインタビュー:

記者: 「彼らは様々なエロ画像を見せられ、彼らの脳活動が監視されました。」
Prause:「性的問題が依存症だと思うなら、おそらくそれらの性的画像に対する反応の向上が見られると期待していたでしょう。 衝動性の問題だと思われる場合は、これらの性的な画像に対する反応が低下すると予想されます。 そして、私たちがそれらの関係のいずれも見なかったという事実は、これらの問題の性的行動を中毒として見ることに対する大きな支持がないことを示唆しています。」

心理学今日 インタビュー:

研究の目的は何ですか?

Prause:私たちの研究では、そのような問題を報告している人々が性的画像に対する彼らの脳反応から他の中毒者のように見えるかどうかをテストしました。 コカインなどの薬物依存症の研究は、薬物乱用の画像に対する脳の反応の一貫したパターンを示しているので、実際には、性の問題を報告する人々に同じパターンが見られるはずであると予測した。中毒。

これはセックス依存症が神話であることを証明していますか?

Prause:もし我々の研究が再現されれば、これらの知見は既存の性の「中毒」の理論への大きな挑戦を表すでしょう。 これらの発見が難題を提示する理由は、それが彼らの脳が彼らの依存症の薬物への他の中毒者のようなイメージに反応しなかったことを示すということです。

被験者の脳が「他の中毒者のように反応しなかった」という上記の主張は、支持がない。 この主張は実際の研究では見つけることができません。。 それはプラウスのインタビューでのみ見つかりました。 この研究では、被験者は性的画像を表示するときにEEG(P300)の読み取り値が高くなりました。これは、中毒者が依存症に関連する画像を表示するときに発生することです( コカイン中毒者に関する本研究).

の下にコメントする 心理学今日 インタビュー Prauseの、 ジョンAジョンソン名誉教授:

性的画像のP300測定値が高いと報告しているため、麻薬中毒者の脳が薬物に反応するように、被験者の脳は性的画像に反応しなかったと主張するプラウゼの主張は今でも私の心を揺さぶる。 P300スパイクを選択した薬物を提示されたときに示す中毒者のように。 彼女は実際の結果の反対である結論をどのように描くことができますか? それは彼女の先入観によるものだと思います。

ジョン・ジョンソンは続けます:

Mustanskiは「研究の目的は何ですか?」と尋ね、Prauseはこう答えました。「このような問題(オンラインエロティカの視聴規制における問題)を報告した人々が性的画像に対する脳反応から他の中毒者のように見えるかどうかをテストしました」

しかし、この研究では、オンラインエロチカの視聴を規制する問題を抱えている人からの脳の記録と麻薬中毒者からの脳の記録および問題のある人からの脳の反応を確かめる明らかな方法である脳記録とを比較しませんでした。グループは中毒者または非中毒者の脳の反応によりよく似ています。

その代わりに、Prauseは彼らの被験者内デザインがより良い方法であると主張します、そこで研究被験者は彼ら自身のコントロールグループとして役立ちます。 このデザインで、彼らは、エロティックな写真に対する(グループとしての)彼らの被験者のEEG反応が、他の種類の写真に対するそれらのEEG反応よりも強いことを発見しました。 これはインライン波形グラフに示されています(ただし、何らかの理由でグラフは公開されている記事の実際のグラフとはかなり異なります)。

そのため、オンラインのエロチカの視聴を規制するのに問題があると報告しているこのグループは、他の種類の写真よりもエロティックな写真に対するEEGの反応が強いです。 中毒者は、選択した薬物を提示されたときに、同様に強いEEG反応を示しますか? わかりません。 通常の非中毒者は、エロティカに対する問題を抱えたグループと同じくらい強い反応を示しますか? 繰り返しますが、私たちは知りません。 このEEGパターンが、中毒者または非中毒者の脳のパターンに似ているかどうかはわかりません。

Prauseの研究チームは、被験者のエロティカに対するEEG応答の上昇が、中毒性の脳反応であるのか、または性欲の高い脳反応であるのかを、アンケートのスコアセットをEEG反応の個人差と相関させることで実証できると主張しています。 しかし、脳波反応の違いを説明することは、グループ全体の反応が中毒性があるかどうかを調べることとは異なる質問です。

シンプル: 被験者の脳が他のタイプの中毒者と異なっていたという主張は支持されていません。 実際、2014年 ケンブリッジ大学研究 (Voonら 2013)はSteele等を分析しました。 そしてジョンソンと一致した:Steele等。 中立的な写真と比較して性的画像に反応して高いP300を報告した(引用25) ケンブリッジ研究から:

「私たちの調査結果は、dACC活動が性的欲求の役割を反映していることを示唆しています。これは、欲求と相関するCSB被験者のP300に関する研究と類似している可能性があります。 【25] ……物質使用障害の注意バイアスを研究するために使用される事象関連電位であるP300の研究は、ニコチン[54]、アルコール[55]、およびアヘン剤[56]の使用に関して高い測定値を示し、測定値はしばしば渇望指数。」…..したがって、本CSB試験におけるdACC活性と以前のCSB試験で報告されたP300活性の両方が、同様の根本的な過程を反映している可能性がある。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

この 2015は神経科学文献をレビューします Steele et al。 (引用303):

「それで、これらの著者が[303彼らの研究はCSBへの中毒モデルの適用に反論したと主張した。 Voonら これらの著者は、実際にそのモデルを裏付ける証拠を提供したと仮定しました。」

請求番号2: 見出しと研究の結論は、「異常性欲」は「高い欲求「それでも、この研究では、ポルノに対する脳の活性化が大きい被験者は 欲望が少ない セックスのために。

あなたがインタビューや記事で読んでいないことは、研究が報告したということです 負の相関 「パートナーの性的欲求の質問」とP300の測定値の間。 言い換えれば、より大きな脳の活性化は 欲望が少ない セックスのために(しかしポルノに自慰行為をしたいという願望は少なくありません)。 プラウスの言葉遣いに注意してください このインタビューで:

あなたの研究の主な発見は何ですか?

「性的写真に対する脳の反応は、異常性欲のXNUMXつの異なる質問票測定のいずれによっても予測されなかったことがわかりました。 脳の反応は、 対策 性欲の 言い換えれば、異常性欲は、性欲が高いだけでなく、性的反応における脳の違いを説明しているようには見えません。」

プラウスは「対策性的欲求の」ではなく、「 全体 性的欲求目録」。 14の質問すべてが計算されたとき、相関関係はなく、見出しもありませんでした。 さらに紛らわしいのは、使用した研究タイトルです "性欲"、実際に見つかったものではなく、「SDIからのパートナーシップセックスに関する選択された質問との否定的な相関" しかし、すべてのSDI質問が計算されたときに相関関係はありません"

ここにあるのです ジョン・ジョンソン博士のコメント Prauseインタビューの下:

「Prauseグループは、EEG応答との唯一の統計的に有意な相関は、パートナーとのセックスへの欲求との負の相関(r =-。33)であると報告しました。 言い換えると、 エロチカに対して強いEEG反応を示す被験者は、パートナーとのセックスに対する欲求が低い傾向があります。 エロティカの視聴を調整するのに苦労している人々の脳の反応が、性欲の高い中毒者または非中毒者に似ているかどうかについて、それはどのように言いますか?」

1ヵ月後、ジョンAジョンソン博士は、 Psychology Todayブログ投稿 プラウスのEEG研究と、彼が問題の両側のバイアスとして認識したことについて。 ニコール・プラウセ(匿名)は、ジョンソンをこのYBOP批評にリンクする任務に就かせることの下でコメントしました。 ジョンソンは答えた 次のコメント {https://www.psychologytoday.com/comment/565666#comment-565666} プラウスは応答がありませんでした:

調査のポイントが、「すべての人」(性依存症の疑いだけでなく)が性的画像を表示したときにP300の振幅のスパイクを示すことを示した場合、あなたは正しいです。調査では性行為の疑いのみを採用したため、ポイントはわかりません。中毒者。 研究が非中毒者の比較グループを採用し、P300スパイクも示していることがわかった場合、研究者は、いわゆるセックス中毒者の脳が非中毒者と同じように反応するという主張を主張したでしょう。 、したがって、おそらく中毒者と非中毒者の間に違いはありません。 代わりに、研究は、コカイン中毒者がコカインを提示されたときにP300スパイクを示すのと同じように、自己記述中毒者が彼らの自己記述中毒性「物質」(性的画像)に応答してP300スパイクを示したことを示しました。アルコール等を提示。

P300の振幅と他のスコアとの相関関係が示すものに関しては、唯一の有意な相関関係は、パートナーとのセックスへの欲求との*負の*相関関係でした。 言い換えれば、性的イメージに対する脳の反応が強いほど、本物の人とのセックスに対する欲求が*少なく*なります。 これは、実際の生活の中で人々と性的につながるのに苦労しているほど画像に執着している人のプロフィールのように私には聞こえます。 この人には問題があると思います。 この問題を「中毒」と呼びたいかどうかはまだ議論の余地があります。 しかし、この発見がこのサンプルの中毒の*欠如*をどのように示しているのかわかりません。

シンプル: EEGの測定値と14の質問の性的欲求の目録との間に相関関係は存在しませんでした。 さようなら研究のタイトルと見出し。 正の相関関係があったとしても、「高い欲求」と「中毒」は相互に排他的であるという主張は馬鹿げています。 もっと重要なことに、P300の測定値は マイナスに 相関 (r = - 。33)パートナーとのセックスを望む。 簡単に言えば– ポルノに対する手がかり反応性がより高かった被験者は、実際の人とのセックスに対する欲求が少なかった。

請求番号3: ポルノ中毒は、被験者のEEG測定値と性的強制力尺度での被験者のスコアとの間に相関関係がないために存在しません。

  相関関係の欠如 EEGとアンケートの間の関係は多くの要因によって簡単に説明されます。

1) 被験者は 男性と女性、7非異性愛者を含むしかし、すべて標準的な、おそらく興味をそそらない男性+女性の画像が示された。 これだけですべての調査結果が割引かれます。 どうして?

  • 研究後の研究は、男性と女性が性的なイメージまたは映画に対して著しく異なる脳反応を持つことを確認します。
  • 有効な依存症の脳の研究には、同性の被験者が含まれます:同性、同じ性的指向、および同様の年齢とIQ。
  • 研究者は、異性愛者のポルノだけを使った実験で非異性愛者を正当化する方法を教えてください。そして、(予測可能な)相関関係の欠如から膨大な結論を導き出すことができますか?

2) 被験者は事前にスクリーニングされていなかった。 有効な中毒脳研究は、既存の状態(鬱病、OCD、他の中毒など)について個人をスクリーニングします。 を参照してください ケンブリッジ研究 適切なスクリーニングと方法論の例については。

3) 被験者は、激しいものから比較的小さいものまで、様々な程度の強迫的なポルノ使用を経験した。 Prauseからの引用:

「この研究には、比較的軽微な問題から圧倒的な問題まで、視覚的な性的刺激の観察を制御している問題を報告した人々のみが含まれていました。」

  • これだけで、予測可能な方法で相関しなかったさまざまな結果を説明できます。 有効な中毒脳研究は、中毒者のグループを非中毒者と比較します。 この研究にはどちらもありませんでした。

4) SCS(Sexual Compulsivity Scale)は、インターネットポルノ依存症や女性にとって有効な評価テストではありません。 それは1995年に作成され、制御されていない性的なもので設計されました 関係 念頭に置いて(エイズ流行の調査に関連して)。 の SCSは言う:

「規模は、性行動の割合、性的パートナーの数、さまざまな性行動の実践、および性感染症の病歴を予測するためのものであるべきです」。

さらに、SCSの開発者は、このツールは女性に精神病理学を示さないと警告しています、

性的強迫スコアと他の精神病理学的マーカーとの関連は男性と女性で異なるパターンを示した。 性的強迫は、男性では精神病理学の指標と関連していたが、女性では関連していなかった。」

SCSと同様に、2番目の質問事項(CBOSB)インターネットポルノの使用について質問はありません。 これは、「性欲過剰」な被験者をスクリーニングし、性行動を制御できないように設計されています。

シンプル: 有効な依存症の「脳研究」は、1)被験者とコントロールが同質である、2)他の精神障害と依存症をスクリーニングする、3)検証済みの質問票とインタビューを使用して、被験者が実際に依存症であることを確認する必要があります。 ポルノユーザーに関するこのEEG研究は、これらのどれもしませんでした。 これだけで、研究の結果が割り引かれます。

解析 Steeleら、 2013年のこの査読済みの文献レビューから– インターネットポルノの中毒の神経科学:レビューと更新 (2015)

インターネットポルノの視聴を規制する問題を訴える人々に関するEEG研究は、性的刺激に対する神経反応性を報告しました。303]。 この研究は、感情的および性的な画像を見たときのERPの振幅と、性的過多および性的欲求のアンケート尺度との間の関係を調べるために設計されました。 著者らは、性的イメージを見るときの過性性質問票のスコアと平均P300振幅との間に相関関係がないことが「病的過性のモデルのサポートを提供することに失敗している」と結論した[303](p。10) しかし、相関性の欠如は、方法論における議論の余地がある欠陥によってよりよく説明されるかもしれません。 たとえば、この研究では、異種の被験者プール(男性と女性、7非異性愛者を含む)を使用しました。 健常者に対する常習者の脳反応を比較する手がかり反応性試験は、同質の被験者(同性、同年齢)が有効な結果を得ることを必要とする。 ポルノ中毒研究に特有の、男性と女性が同一の視覚的性的刺激に対する脳と自律神経の反応でかなり異なることは十分に確立されています。304,305,306]。 さらに、スクリーニング質問票のうち2つは中毒性のあるIPユーザーに対しては検証されておらず、被験者は他の中毒または気分障害の徴候についてスクリーニングされていません。

さらに、要約にリストされている結論は、「無秩序ではなく、欲求の高さとして過性愛を理解することへの含意」が議論されています。303](p。1)は、P300の振幅がパートナーとのセックスに対する欲求と負に相関していたという研究の所見を考慮すると、場違いと思われる。 Hilton(2014)で説明されているように、この発見は「P300の解釈を高い欲求として直接矛盾させる」[307]。 ヒルトンの分析はさらに、対照群の欠如とEEG技術が「性的欲求の高さ」と「性的強制」を区別することができないことがSteele et al。 解釈不可能な調査結果[307].

最後に、この論文の重要な発見(性的な画像に対するP300の振幅、ニュートラルな写真と比較して)については、ディスカッションセクションではほとんど注目していません。 物質中毒やインターネット中毒者に関する一般的な知見は、中毒に関連する視覚的合図にさらされると、中立刺激に比べてP300の振幅が大きくなるため、これは予想外のことです。308]。 事実、Voonら。 [262]この以前の研究のP300の発見を分析する彼らの議論のセクションを捧げました。 Voonら 特に確立された中毒モデルに関して、スティールの論文には記載されていないP300の重要性の説明を提供し、

したがって、今回のCSB試験におけるdACC活性と以前のCSB試験で報告されたP300活性の両方がある。303]注意キャプチャの同様の根本的なプロセスを反映するかもしれません。 同様に、どちらの研究も、これらの測定値の間に相関があることを示しています。 ここで我々は、dACC活性が欲求と相関していることを示唆していますが、これは欲求の指標を反映しているかもしれませんが、依存症のインセンティブ - 顕著性モデルで示唆する好みと相関していません。 [262](p。7)

それで、これらの作者たちは303彼らの研究はCSBへの中毒モデルの適用に反論したと主張した、Voon et al。 これらの作者は実際にこのモデルを支持する証拠を提供していると主張した。


長期版

結果は一つのことを言っていますが、研究の結論と著者は反対を暗示しています

研究のタイトルは、多くの見出しとともに、によって測定された「性的欲求」の間に相関(関係)が見つかったと述べています 性的欲求目録 そしてEEGの読み。 私たちが見つけることができるすべてによると、SDIは 14質問テスト。 その質問のXNUMXつはパートナー(「二者択一」)の性的欲求に対処し、XNUMXつは単独(「孤独」)の性的欲求に対処します。 明確にするために、研究の 相関が得られたのは 提携 SDIからの性に関する質問。 P300測定値と測定値の間に有意な相関関係はありませんでした。 SDIに関する質問。 要約から得られた研究の結果:

 結果:「中立的な刺激と比較して、心地よい性的刺激に対するP300の振幅の差が大きい。 性的欲求の尺度に否定的に関連していた「しかし、過性の測定とは関係ありません。」

翻訳:ポルノに対する手がかり反応性が高い(EEGが高い)被験者は、パートナーとのセックスへの欲求(ただし、自慰行為への欲求ではない)のスコアが低くなりました。 別の言い方をすれば、 より大きな手がかり反応性 と相関する セックスをしたくない (まだまだポルノに自慰行為を望んでいる)。 まだ次の文が変わります セックスに対する欲求の低下 パートナーと一緒に 高いです 性欲:

結論:への影響 過敏症を理解する 高い欲求として無秩序ではなく、議論されています。

Steeleらは今、彼らが本当に見つけたと主張していますか 性的欲求が高い との相関 より高いP300測定値? ジョンジョンソン博士がで説明したように、まあ、それは起こりませんでした この査読付き反論:

'単一の統計的に有意な発見は中毒については何も言いません。 さらに、この重要な発見は P300とパートナーとのセックスの欲求との間の負の相関 (r = −XNUMX)、 P300振幅が性的欲求の低さに関連していることを示します。 これはP300の高い欲求としての解釈と直接矛盾します。。 他の常習者グループとの比較はありません。 対照群との比較はありません。 研究者たちが導いた結論はデータからの飛躍的な進歩であり、性的画像の視聴を規制するのに苦労していると報告した人々がコカインや他の種類の中毒者のような脳反応を持っているかどうかについては何も言わない。

なぜジョン・ジョンソンは著者や他のすべての人に、スティールらに思い出させなければならないのですか。 「高い性的欲求」ではなく、「パートナーとのセックスに対する低い欲求」を実際に見つけましたか? スティールらのほとんどのため。 そしてメディアの電撃は、ポルノに対する手がかり反応性が高い性的欲求と相関していることを暗示しています。 要約から得られた結論:

まとめ:への影響 性欲過多を高い欲求として理解すること、 無秩序ではなく、議論されています。

何だって? しかし研究はより大きな手がかり反応性を持つ被験者が パートナーとのセックスに対する欲求の低下.

さらに、「性的欲求」というフレーズは研究で63回繰り返され、研究のタイトル(性的欲求、異常性欲ではない…。)は、手がかりに対するより高い脳の活性化がより高い性的欲求と関連していたことを意味します。 研究を読む フル 結論として、あなたも作家が性的欲求が低いというよりも高いと感じたと仮定するかもしれません。

結論として、類似の刺激の視聴を規制する問題を報告するサンプル中の視覚的性的刺激および非性的刺激に対する神経反応性の最初の尺度は、アンケートによって測定されるように、病理学的過性のモデルに対する支持を提供しない。 具体的には、性的刺激と中立的刺激の間のP300ウィンドウの違いは、 性欲によって予測されるしかし、(3つの)過性の尺度ではそうではありません。 性欲があれば 性的刺激に対する神経反応を最も強く予測します。 性欲の管理、提案された過性の付随物のいくつかに必ずしも対処しないで、それは効果的な方法であるかもしれません 厄介な性的感情や行動を減らすこと。

どこにも見えない 下側 性欲。 代わりに、私たちは与えられます–「性的欲求によって予測された」 および 「性的欲求の管理」 および 「苦痛を伴う性的感情や行動を減らす。」 この研究は読者にポルノ依存症が本当に高い性欲であると信じるように催眠術をかけていただけでなく、Prauseはこのミームを強化しました。 彼女のインタビューで:(文言に注意)

あなたの研究の主な発見は何ですか?

「性的写真に対する脳の反応は、異常性欲のXNUMXつの異なる質問票測定のいずれによっても予測されなかったことがわかりました。 脳の反応は、 対策 性欲の 言い換えれば、性的反応における脳の違いを説明するような性欲の過多は見られない ただ高いリビドーを持つ以上のこと。

プラウスは「a だけど「性的欲求目録全体」ではなく、性的欲求の」。 14の質問すべてが計算されたとき、相関関係はなく、逆さまにする見出しもありませんでした。 プラウスは彼女に同じ主張をします UCLAプレスリリース:

「性的写真に対する脳の反応は、異常性欲のXNUMXつの質問票測定のいずれによっても予測されませんでした」と彼女は言いました。 「「脳の反応は性的欲求の尺度にのみ関連していた. 言い換えれば、性的イメージに対する脳の反応は、性欲が高すぎるだけでは説明できないようです。

両方のインタビューで、P300の測定値が高いほど「性欲が高い」ことに関連していることが示唆されています。 メディアの誰もがそれを購入しました。 調査結果を考慮して、スティール等。 呼ばれるべきだった–“提携セックスに関する質問との否定的な相関, しかし、すべてのSDI質問が計算されたときに相関関係はありません"

シンプル: キュー反応性(P300測定値)は マイナスに パートナーとのセックスに対する欲求と相関していた(r = - 。33)。 簡単に言えば: セックスに対する欲求が少ないほど、ポルノに対するキュー反応性が高かった。 全体として、EEGの測定値と14の質問の性的欲求インベントリ全体との間に相関関係は存在しませんでした。 正の相関関係があったとしても、「高い欲求」と「中毒」は相互に排他的であるという主張は馬鹿げています。

最後に、この調査にはSDIに関してXNUMXつのエラーが含まれていることに注意することが重要です。 研究の引用:

SDIは性的欲求のレベルを使用して測定します 二つのスケール から成る 各7アイテム.

実際には、 性的欲求目録 含まれています 9つの質問, 四つの孤独な質問sであり、 一つの質問 分類できません(#14)。

二度目の間違い:表2は、単独テストのスコア範囲が「3-26」であるにもかかわらず、女性の平均がそれを超えていることを示しています。 それは26.46です–文字通りチャートから外れています。 どうした? 10つの孤独なセックスの質問(13-31)は、合計で「XNUMX」のスコアになる可能性があります。

この研究の発表を伴う活気のあるメディア電撃は、部分的なSDIの結果に注目を集める見出しを基礎にしています。 それにもかかわらず、研究の記事にはSDI自体に関する明白な誤りが含まれており、それは研究者への信頼を生み出さない。

高い欲求は中毒と相互に排他的ですか?

しかし Steele et al。 実際に報告された less キュー反応性と相関するパートナーセックスへの欲求、「高い性的欲求」はポルノ中毒に相互に排他的であるという信じられないほどの主張に対処することが重要です。 他の中毒に基づいて仮説を考えると、その非合理性が明らかになります。 (詳細については、この批評を参照してください Steeleら。 - 高い欲求、または単に中毒? への返答 Steeleら。、ドナルドL.ヒルトンジュニア、MD *.)

例えば、そのような論理は、病的に肥満であり、食事をコントロールすることができず、そしてそれについて非常に不幸であることが単に「食物に対する高い欲求」であることを意味するか。右? 要するに、他の中毒関連の脳の変化(脱感作)のためにそのような活動の楽しさが低下したとしても、すべての中毒者は、彼らの習慣性物質および活動に対する「高い欲求」(「感作」と呼ばれる)を持ちます。

ほとんどの中毒専門家は、「否定的な結果にもかかわらず、継続して使用すること」を中毒の主要なマーカーと考えています。 結局のところ、誰かがポルノによる勃起不全を起こし、母親の地下室で自分のコンピューターを超えて冒険することができなくなる可能性があります。 しかし、これらの研究者によれば、彼が「性的欲求の高さ」を示している限り、彼は中毒性がありません。 このパラダイムは症状や行動を含む中毒について知られているすべてを無視します すべての中毒者に共有例えば、深刻な悪影響、使用をコントロールできない、欲求など

この研究は、「高い欲求」の測定は、疑わしいとはいえ、中毒からの免除を与えるという独特の論理に基づく研究の発疹の一部ですか? カナダの性科学者は、2010年の論文で、この同じ絵を描くように努めました。 調節されていないセクシュアリティと高い性的欲求 性行動依存症の治療を求める人々は、性的無秩序と高い欲求の両方を報告していると指摘し、大胆に次のように結論付けました。

「この研究の結果は、現在概念化され、ラベル付けされ、測定されているように、調節不全のセクシュアリティは、高度な性的思考、感情、およびニーズの管理に関連する高い性的欲求および苦痛の単なるマーカーである可能性があることを示唆しています。」

繰り返しますが、性行動中毒自体が、「高度な性的思考、感情、およびニーズ」として現れることが多い渇望を生み出します。 「高い性的欲求」が依存症の存在を排除することを示唆することは、単に希望的観測です。 以下は、「ポルノ中毒は本当に高い欲求である」モデルに直接反論する研究です。

サイバーセックス中毒:現実の性的接触ではなく、ポルノを見るときに性的興奮を経験することで違いが生まれる(2013)

見積もり: 「さらに、問題のあるサイバーセックスユーザーは、ポルノの手がかりの提示に起因する、より大きな性的興奮と渇望反応を報告することが示されました。 どちらの研究でも、実際の性的接触の数と質はサイバーセックス中毒とは関連していませんでした。」

ポルノの消費に関連する脳構造と機能的つながり:ポルノの脳(2014).

このfMRIの研究では、バニラポルノの写真を撮影した場合、1週間あたりの時間数が多いほど、またはポルノ視聴年数が長いほど、脳の活性化が少ないことがわかりました。 研究者は言った:

「これは、ポルノ刺激への激しい曝露が性的刺激に対する自然な神経反応のダウンレギュレーションをもたらすという仮説と一致しています。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

Kühn&Gallinatはまた、より少ない報酬回路の灰白質と衝動制御に関連する回路の混乱と相関するより多くのポルノの使用を報告しました。 に この記事 研究者のSimoneKühnは言った:

「これはポルノの定期的な消費があなたの報酬システムを多かれ少なかれ傷つけることを意味する可能性がある」

Kühnによれば、既存の心理学的、科学的文献はポルノの消費者が斬新でより極端なセックスゲームで素材を探すことを示唆している。

「それは彼らの報酬システムがますます刺激を必要とするという仮説と完全に一致するでしょう。」

簡単に言うと、より多くのポルノを使用する男性は、より軽い消費者に見られる反応レベルのためにより大きな刺激を必要とするかもしれません、そして、バニラポルノの写真はそれほどおもしろいとして登録することはまずありません。 関心が低いと、注意力が低下し、EEG測定値が低くなります。 物語の終わり。

強迫性行動を伴う個人(2014)における性的キュー反応性の神経相関

この研究では、ポルノ中毒者は麻薬中毒者やアルコール依存症者に見られるのと同じ脳活動をしていることがわかりました。 研究者はまた、被験者の60%(平均年齢:25歳)が実際のパートナーとの勃起/覚醒を達成するのに苦労したが、ポルノで勃起を達成することができたと報告しました。 この発見は、強迫的なポルノユーザーは、強迫的なポルノユーザーではない人々よりも単に性的欲求が高いという主張を完全に解体します。

アンケートとEEG測定値の間に相関関係がないのはなぜですか?

による主な主張 Steeleら つまり 相関関係の欠如 被験者のEEG測定値(P300)と特定の質問票の間は、ポルノ依存症が存在しないことを意味します。 XNUMXつの主な理由は、相関関係の欠如を説明しています。

  1. 研究者らは非常に異なる被験者(女性、男性、異性、非異性)を選んだが、それらはすべて標準的な、おそらく興味をそそらない男性+女性の性的画像を示した。 簡単に言えば、この研究の結果は、男性、女性、および非異性愛者は性的イメージに対する反応に違いがないという前提に依存していました。 これは明らかにそうではありません(下記)。
  2. スティールらのXNUMXつの質問票。 「ポルノ中毒」を評価するために両方のEEG研究で信頼されているのは、インターネットポルノの使用/中毒をスクリーニングするために検証されていません。 マスコミでは、プラウスは脳波スコアと「異常性欲」の尺度との間に相関関係がないことを繰り返し指摘しましたが、ポルノ中毒者に相関関係があると期待する理由はありません。

被験者の容認できない多様性: 研究者らは非常に異なる被験者(女性、男性、異性、非異性)を選んだが、それらはすべて標準的な、おそらく興味をそそらない男性+女性のポルノを示した。 研究者が選択する中毒研究の標準的な手順に違反するため、これは重要です。 年齢、性別、性的指向、さらには同様のIQの観点からの被験者(さらに そのような違いによって引き起こされるゆがみを避けるために、均質な対照群)。 実際には、 包括的なメタ分析 依存症研究における手がかり反応性の評価は、男性と女性の間の有意差を報告しました:

「性別は神経キューの反応性に影響を与えるようです。 したがって、山頂および尾状体の薬物キューに対する両側のキュー反応性は、男性の薬物依存患者にのみ存在します。 さらに、自然の刺激に対する島の両側の反応は、さらに男性特有のニューロン反応を示すように見えますが、前帯状皮質の両側の活性化は、むしろ女性の手がかりの反応性の特徴です。 感度分析のこれらの結果は、ニューロンの手がかりの反応性に性別固有の要素が存在することを示唆しています。」

これは、男性と女性が性的な画像や映画に対する脳の反応が著しく異なることを確認しているので、性的画像に対する覚醒を測定したこのような研究にとって特に重要です。 この欠陥だけで、EEGの測定値とアンケートとの間に相関関係がないことが説明されます。 以前の研究では、性的画像に反応して男性と女性の間に有意差があることを確認しています。 例えば、

我々は自信を持っていますか 非同性愛者 同性愛者の男性と同じ男性 - 女性ポルノのための同じ熱意がありますか? いいえ、そして彼/彼女の包含は意味のある相関関係をほとんど見せないようにするEEG平均を歪めます。 例えば、 同性愛者および同性愛者の男性における性的刺激によって誘発された嫌悪感の神経回路:fMRI研究

驚いたことに、Prause自身はで述べています 以前の研究(2012)  性的イメージに対する反応が個人によって大きく異なること

「映画の刺激は、刺激のさまざまな要素への注意の個人差(Rupp&Wallen、2007)、特定のコンテンツの好み(Janssen、Goodrich、Petrocelli、およびBancroft、2009)、または刺激の一部を嫌悪させる病歴( Wouda et al。、1998)。」

「それでも、性的興奮を示す視覚的な手がかりは個人によって大きく異なります(Graham、Sanders、Milhausen、およびMcBride、2004年)。」

賞賛の勉強 この週の数週間前に彼女は言った。

「人気のあるInternationalAffective Picture System(Lang、Bradley、&Cuthbert、1999)を使用した多くの研究では、サンプルの男性と女性に異なる刺激を使用しています。」

多分Prauseは彼女の現在のEEGの読みがそんなに変化した理由を発見するために彼女自身の声明を読むべきです。 個人差は正常であり、そして性的に多様な被験者のグループでは大きな変動が予想されます。

無関係なアンケート: SCS(性的強迫尺度)インターネットポルノ依存症を評価することはできません。 それは1995で作成され、管理されていない性的機能で設計されています 関係 念頭に置いて(エイズ流行の調査に関連して)。 の SCSは言う:

「規模は、性行動の割合、性的パートナーの数、さまざまな性行動の実践、および性感染症の病歴を予測するためのものであるべきです」。

さらに、SCSの開発者は、このツールは女性の精神病理を示さないと警告しています。

「性的衝動スコアと精神病理学の他のマーカーとの関連は、男性と女性で異なるパターンを示しました。 性的衝動は男性の精神病理学の指標と関連していた 女性ではありません。

さらに、強迫的なポルノユーザーには多くの場合、はるかに多くの サイバーエロティカのためのより大きな食欲 実際のセックスよりも。

SCSと同様に、XNUMX番目の性欲過剰アンケート、性的行動スケールの認知的および行動的結果(CBOSB、McBride、Reece、およびSanders、2007年)インターネットポルノの使用について質問はありません。 これは、「性欲過剰」の対象、および制御不能な性的行動をスクリーニングするために設計されました。インターネット上の性的に露骨な素材の乱用ではありません。

研究者が実施したもうXNUMXつの質問票は、「ポルノ消費効果尺度」と呼ばれるPCESです。心理学的な悪夢、」そしてそれがインターネットポルノ中毒について何かを示すことができると信じる理由はありません or セックス中毒。

したがって、EEGの測定値とこれらの質問票との間に相関関係がないことは、研究の結論または著者の主張を支持するものではありません。

事前審査なし: プラウスの被験者は事前に選別されていませんでした。 有効な依存症の脳の研究は、既存の状態(うつ病、OCD、その他の依存症など)を持つ個人を選別します。 これは、責任ある研究者が依存症について結論を出すことができる唯一の方法です。 を参照してください ケンブリッジ研究 適切なスクリーニングと方法論の例については。

プラウスの被験者はまた、ポルノ中毒について事前にスクリーニングされていませんでした。 依存症研究の標準的な手順は、依存症の検査で陽性の人とそうでない人を比較するために、依存症検査で被験者をスクリーニングすることです。 これらの研究者は、 インターネットポルノ依存テスト。 代わりに、研究者は性的強迫性尺度を管理しました After 参加者はすでに選ばれています。 説明したように、SCSはポルノ中毒や女性には無効です。

多様な被験者に対する一般的なポルノの使用: Steele etal。 「不適切な」ポルノの選択が結果を変えた可能性があることを認めています。 理想的な条件下でも、ポルノユーザー(特に中毒者)は一連の好みをエスカレートすることが多いため、テストポルノの選択には注意が必要です。 多レポート 彼らのポルノにマッチしないポルノジャンルへの性的反応がほとんどないデュジュール—ポルノ鑑賞のキャリアの早い段階で非常に刺激的であると感じたジャンルを含みます。 たとえば、今日のポルノの多くは高解像度ビデオを介して消費されており、ここで使用されている静止画は同じ応答を引き出すことができない場合があります。

したがって、一般的なポルノの使用は結果に影響を与える可能性があります。 ポルノ愛好家がポルノの視聴を期待している場合、報酬回路の活動はおそらく増加します。 しかし、ポルノが高解像度のフェチビデオではなく、現在のジャンルや静止画と一致しない退屈な異性愛者の写真であることが判明した場合、ユーザーはほとんどまたはまったく応答しない可能性があります。 嫌悪さえ。 "何だった それ? "

これは、ベイクドポテトという単一の食品を全員に提供することで、多くの食品中毒者のキュー反応性をテストすることと同じです。 参加者がたまたまベイクドポテトが好きでなければ、食べ過ぎに問題はないはずですよね?

有効な依存症の「脳研究」は、1)被験者とコントロールが同質である、2)他の精神障害や他の依存症を排除する、3)検証済みの質問票とインタビューを使用して、被験者が実際にポルノ中毒者であることを確認する必要があります。 Steele etal。 これらのどれもしませんでしたが、それでも膨大な結論を導き出し、広く公表しました。

統制グループはありませんが、クレームは必要です

研究者たちは、問題のないポルノユーザーのコントロールグループを調査しませんでした。 それは、著者が対照群の比較を必要とするメディアで主張することを止めませんでした。 例えば:

UCLAプレスリリース:

「彼らが実際に異常性欲または性依存症に苦しんでいる場合、コカイン中毒者の脳が他の研究で薬物の画像に反応することが示されているのとほぼ同じように、視覚的な性的刺激に対する彼らの脳の反応はより高いと予想されます。 」

テレビインタビュー:

記者: 「彼らは様々なエロ画像を見せられ、彼らの脳活動が監視されました。」

Prause:「性的問題が中毒だと思うなら、私たちは 高められた応答、多分、それらの性的な画像に。 衝動性の問題だと思われる場合は、これらの性的な画像に対する反応が低下すると予想されます。 私たちがそれらの関係のどれも見なかったという事実 これらの問題のある性的行動を依存症と見なすための大きなサポートがないことを示唆しています。」

実際には、スティール等。 ニュートラルな画像よりもポルノ画像の方がP300の測定値が高いと報告されています。 それは明らかに「高められた応答「。 下のコメント 心理学今日のインタビュー Prauseの、pSychology教授のJohn A. Johnsonは言った:

「彼女が性的画像のP300の測定値が高いと報告していることを考えると、彼女の被験者の脳は麻薬中毒者の脳が彼らの薬物に反応するように、性的画像に反応しなかったというプラウスの主張に私の心はまだ悩まされています。 選択した薬を提示されたときにP300スパイクを示す中毒者のように。 彼女はどのようにして実際の結果とは反対の結論を引き出すことができるでしょうか? それは彼女の先入観、つまり彼女が見つけたいと思っていたものにできると思います。」

要するに、Prauseが彼女の多くのメディアインタビューで大胆に宣言したことは、結果によって裏付けられていません。 インタビューからコントロールグループを必要とした別の主張:

ムスタンスキ:研究の目的は何ですか?

賛成: 我々の研究は、そのような問題を報告する人々が性的画像に対する彼らの脳反応から他の中毒者のように見えるかどうかをテストしました。 コカインなどの薬物依存症の研究は、薬物乱用の画像に対する脳の反応の一貫したパターンを示しているので、実際には、性の問題を報告する人々に同じパターンが見られるはずであると予測した。中毒。

Mustanskiに対するPrauseの回答は、彼女の研究は、セックスの問題を報告している人々の性的画像に対する脳の反応が、麻薬使用者が中毒になっている薬物の画像に遭遇したときの脳の反応と類似しているかどうかを確認するように設計されたことを示しています。

彼女が引用しているコカイン研究の読みDunningら、2011)しかし、Steele et al。 Dunningの研究とはかなり異なり、Steele et al。 Dunningの研究で記録された脳の反応の種類さえ調べなかった。

Dunning研究では3つのグループを使用しました:27禁欲コカイン使用者、28現在のコカイン使用者、および29不使用対照被験者。 Steele et al。 唯一の人のサンプルを使用しました:性的画像の彼らの視聴を規制する問題を報告した人々。 Dunningの研究はコカイン常習者の健康に対する反応を比較することができましたが
コントロールと比較して、Prause研究は問題のあるサンプルの反応をコントロールグループと比較しませんでした。

もっと違いがあります。 これまでの研究では、ERPに反映されている心理的プロセスに重要な違いがあることが示されていたため、Dunning研究では、脳内のいくつかの異なる事象関連電位(ERP)を測定しました。 Dunning研究では、早期の選択的注意を反映していると考えられる早期事後陰性度(EPN)と、やる気を起こさせる重要な材料のさらなる加工を反映していると考えられる後期陽性能(LPP)を別々に測定した。 督促状の調査では、初期の
LPPの後期の構成要素から、最初の注意を引くことを表すと考えられるLPPの構成要素は、持続的な処理を反映すると考えられた。 これらの異なるERPを区別することは重要です。なぜなら、中毒者、現在の使用者、そして不使用の管理者の間の違いは、どのERPが評価されているかにかかっているからです。

対照的に、Steele等。 DunningがLPPの初期のウィンドウと比較しているP300と呼ばれるERPだけを見ました。 Prauseとその同僚は、彼ら自身の承認によって、これが最善の戦略ではなかったかもしれないと報告しています。

「別の可能性は、P300が性的動機付けの刺激との関係を特定するのに最適な場所ではないということです。 少し後のLPPは、モチベーションとより強く関連しているように見えます。

その結果、Steeleらは しませんでした 実際に調べる w性的に問題を抱えた個人の脳の反応は「同じパターンを示した」中毒者の反応として」。 彼らはコカイン研究で使用されたのと同じERP変数を使用せず、禁欲グループと対照グループを使用しなかったので、比較が「アップルトゥアップル」であると主張するダニング研究と結果を比較すべきではありませんでした。

脳波技術の制限

最後に、EEGテクノロジーは、研究者が主張する結果を測定することはできません。 研究者たちはそれを主張していますが、「性的過敏症のサンプルにおける性的刺激に対する神経の反応は、症状についてのこれら2つの競合する説明を区別することができます[中毒の証拠対性的欲求の高さ]、実際、EEGがこれを実行できる可能性はほとんどありません。 EEGテクノロジーは100年前から存在していますが、実際に脳波を引き起こす原因や、特定のEEG測定値が実際に何を意味するのかについては議論が続いています。 結果として、実験結果はさまざまな方法で解釈される可能性があります。 見る 洗脳:マインドレス神経科学の魅惑的な魅力 根拠のない結論を引き出すためにEEGがどのように誤用される可能性があるかについての議論。

脳波は頭蓋骨の外側の電気的活動を測定し、脳波を使用する中毒研究者は中毒の特定の側面の非常に狭いシグナルを探します。 例えば、 インターネット中毒者に関する最近のEEG研究 熟練したインターネット中毒神経科学者がどのようにそのような実験を行うかを示しています。 研究者は衝動性などの脳の活動の狭い側面を分離し、ここでSPANLabによって行われたタイプの過度に広い主張を避けることに注意してください。 また、コントロールグループと依存症の事前スクリーニングにも注意してください。どちらもこのSPANラボの取り組みには含まれていません。

おそらく、著者は、テクノロジーが重複する認知プロセスを区別できないことに気づいていません。

「P300 [EEG測定]はよく知られており、感情的、時には性的、視覚的刺激に対する神経反応を測定するためによく使用されます。 大きくて遅いERPコンポーネントのインデックス作成の欠点は、そのようなコンポーネントの根底にある重複する認知プロセスの固有の性質です。 現在のレポートでは、P300は、進行中の複数の認知プロセスにインデックスを付ける可能性があり、おそらくそうです。」

自分で認めただけでは、P300はこのタイプのERP研究には最適な選択肢ではないかもしれません。 差分スコアを使用して統計分析を実行することは、50年間にわたって問題があると認識されてきたので、差分スコアの代替手段が通常使用されるようになりました(参照)。 http://public.kenan-flagler.unc.edu/faculty/edwardsj/Edwards2001b.pdf)。 ニュートラル画像と比較した特定の画像に対するP300の振幅が実際に何を意味するのかが実際にはわからないことを気にしないでください。 P300は感情的に重要な情報に注意を払う必要がありますが、Prauseと彼女の同僚が認めているように、性的欲求が高い人(性的状況に対して強い感情を経験するため)で性的イメージに応じたP300が特に上昇するかどうかを予測できませんでした。 P300は特にフラットになります(性的イメージに慣れていたため)。

また、性的興奮によって引き起こされたより大きな注意(より高いP300)、または強い目によって引き起こされたより大きな注意の間では説明できませんでした。 否定的な感情、嫌悪感など。 また、EEGテクノロジーは、性的興奮から生じるP300の読み取り値が高いことと、ショック/サプライズとを区別することもできません。 また、EEGテクノロジーは、脳の報酬回路がアクティブ化されているかどうかを教えてくれません。

ここにはもっと根本的な問題があります:Steele etal。 性的欲求が中毒性の問題から完全に分離できるかのように、EEGの反応は性的欲求または中毒性の問題のいずれかによるものであるという性的画像の表示のいずれかまたは両方を取りたいようです。 アルコール依存症またはコカイン中毒者のEEG応答は、完全に中毒性のある物質に対する彼らの欲求によるものである可能性があることを誰かが示唆しますか? or 中毒性の問題に?

他の要因がEEG測定値に影響を与える可能性があります。 画像が好きなジャンルに関連しているが、ポルノスターがあなたが嫌い​​/恐れている/裸で見たくない人を思い出させる場合はどうなりますか? あなたの脳はそのようなエロティカのために相反する関連を持っているでしょう。 これらの競合は、たとえば、粉末や鼻のコカインビジュアル(コカイン中毒者をテストするときに使用される)の場合よりも、ポルノ画像の場合に発生する可能性が高くなります。

重要なのは、セクシュアリティと同じくらい複雑な刺激を伴う複数の関連付けは、容易にEEGの読みを歪める可能性があるということです。

だから、 Steeleら。 より高いEEG平均はより高い性的興奮を示していると仮定しましたが、被験者のEEG平均は実際にはマップ全体にありました。 これは、中毒者もいればそうでない人もいるからですか? またはそれらをオフにしたポルノを見ています。 多くの要因がP300の測定値に影響を与える可能性があります。 次のことを考慮してください。 別のP300研究:

P300の機能的意義はまだ議論されていますが1、2、その振幅は、刺激の評価のためのリソースの割り当てを示します…。削減されたP300 振幅は統合失調症を含む多くの精神障害で報告されています4うつ病5アルコール依存症6.

要するに、中毒者の脳が中毒の証拠または「高い性的欲求」の証拠のいずれかを示すという著者の仮説は知らされていません。 しかし、要約は、これらのハイパーセクシュアルが(1)依存症の証拠、または(2)「高い性的欲求」との正の相関を示したことを研究の結果が示すという印象を読者にもたらします。 そして、研究のタイトルは、誤解を招くように「性的欲求」を勝者と宣言します。

習慣性行動と混同された合図

研究のデザインに関する別の問題は、SPANラボが依存症関連の手がかりを依存症自体(行動)と混同していることです。 この研究では、研究者たちは、ポルノを見ることは、ウォッカのボトルの写真を見るアルコール依存症とは異なり、手がかりであり、マスターベーションは中毒性のある活動であると主張しています。 これは正しくありません。

研究者がこれらの科目にするよう求めたのは、ポルノを見ることです。   インターネットポルノ中毒者のための中毒性の活動。 多くのユーザーは、マスターベーションが選択できない場合でも見ています(たとえば、バスに乗っているとき、図書館のコンピューターで、職場で、待合室でなど)。 刺激のためにポルノを見る is 彼らの手に負えない行動。

対照的に、ポルノ中毒者にとっての本当の手がかりは、お気に入りのポルノサイトのブックマークを見たり、単語を聞いたり、お気に入りのポルノフェチやポルノスターを思い出させる画像を見たり、高速インターネットへのプライベートアクセスなどです。 確かに、フェチを示すビジュアルを見ると、そのジャンルのフェチポルノに依存している人の手がかりになるかもしれませんが、ここでは、研究者は、被験者の個々の好みに合わせたポルノではなく、一般的なポルノを使用しました。

この研究が薬物研究と「まったく同じ」であるという仮定は、Steele etal。の多くの不安定な仮定のXNUMXつです。 ブラックジャックのテーブルの写真はギャンブルではないことに注意してください。 アイスクリームのボウルの写真は食べていません。 対照的に、ポルノを見ると、 is 中毒性の活動。 どのようなEEGの測定値が誰にもわかりません すべき 彼らの中毒性の活動に従事しているポルノ中毒者のためにありなさい。

他の中毒に関連する本物の手がかりの研究に照らして彼らの結果を議論することによって、研究者は彼らが「リンゴとリンゴ」を比較していることを暗示しています。 ではない。 最初に、他の中毒研究スティール等。 引用には化学中毒が含まれます。 ポルノ中毒は、すでに説明した理由により、ラボでテストするのは簡単ではありません。 第二に、スティールらのデザイン。 それが引用している研究とは完全に異なります(対照群などはありません)。

性的な画像や露骨な映画に対する手がかり反応性に関する将来の研究は、結果の解釈において非常に慎重でなければなりません。 たとえば、脳の反応の低下は、「中毒ではない」というよりも、鈍感または慣れを示している可能性があります。

まとめ

第一に、この研究は公表されるべきではなかったという強い主張をすることができます。 被験者の多様性、インターネットポルノ中毒を評価できないアンケート、併存疾患のスクリーニングの欠如、および対照群の欠如は、信頼できない結果をもたらした。

第二に、孤独な相関関係– より高いP300と相関するパートナーシップセックスに対する欲求が少ない –ポルノの使用が増えると、キューの反応性(ポルノへの渇望)が高まりますが、実際の人とセックスしたいという欲求は少なくなります。 簡単に言えば、ポルノを欲しがるポルノを多く使用している被験者は、実際のセックスに対する欲求は、視聴回数が少ない被験者よりも低かった。 見出しが述べていることや、メディアで著者が主張していることとは正確には異なります(ポルノの使用が増えると、欲望の「性的欲求」が高まると相関していました)。

第三に、の「生理学的」発見 ポルノにさらされるときより高いP300 感作(ポルノに対する反応性亢進)を示します。これは中毒プロセスです。

最後に、データから光年離れたメディアに対して著者が主張しています。 見出しから、それは明らかにジャーナリストがスピンを買ったということです。 これは、科学ジャーナリズムの暗い状態を示しています。 科学ブロガーや報道機関は、彼らが与えられたものを単に繰り返した。 メディアの誰も、研究を読んだり、事実を確認したり、実際の中毒神経科学者に教育を受けたセカンドオピニオンを求めたりしませんでした。 あなたが特定の議題を宣伝したいなら、あなたがする必要があるのは巧妙なプレスリリースを作ることだけです。 あなたの研究が実際に何を見つけたか、あるいはあなたの欠陥のある方法論がごちゃごちゃしたデータサラダを生み出すだけかもしれないということは重要ではありません。


同じ研究に対するこれらの批評も見てください。


Steele et alと同様に、2013年のXNUMX回目のSPAN Labの調査では、コントロールと「ポルノ中毒者」の間に有意差が見つかりました–「性的映画(2013)に対する感情の報告「性転換者」における感情の調節異常の証拠はない。」 で説明されているように この批評、タイトルは実際の調査結果を非表示にします。 実際、「ポルノ中毒者」は less 対照と比較したときの感情的反応。 これは多くの人にとって驚くべきことではありません ポルノ中毒者はしびれた感情を報告する と感情。 著者らは、「より大きな感情的反応」を期待していると述べてタイトルを正当化しましたが、この疑わしい「期待」については引用していません。 より正確なタイトルは次のようになります。ポルノの使用を制御するのが困難な被験者は、性的映画に対する感情的な反応が少ない「。 彼らは脱感作されました