インターネットとビデオゲーム依存症の脳の研究

インターネット中毒

インターネット中毒の私達の現在のリスト 研究。 例外なく、すべての研究がインターネット中毒者の中毒関連の脳の変化を発見しました。 文学のこのレビューはインターネット中毒のサブタイプとしてインターネットポルノ中毒のための説得力のある議論をします インターネットポルノ中毒の神経科学:レビューと更新(2015)。 このレビューはまた、ポルノ中毒を「暴いた」と称する最近のXNUMXつの見出しをつかむEEG研究を批判している。 また、 ポルノユーザーに関するすべての脳内研究の現在のリスト, ポルノとセックス依存症に関する文献/解説のこれらのレビュー:

  1. サイバーセックス依存症(2015)
  2. 病気としての性依存症:評価、診断、および批評家への反応の証拠(2015)
  3. インターネットポルノは性的機能不全を引き起こすのですか? 臨床報告書によるレビュー(2016)
  4. 強迫的な性行動は中毒と見なされるべきですか? (2016)
  5. 行動中毒としての強迫的性行動:インターネットの影響およびその他の問題(2016)
  6. 過性の神経生物学的根拠(2016)
  7. 泥水中の透明度の探求:強迫的性行動を中毒として分類するための将来の考察(2016)
  8. インターネットポルノは性的機能不全を引き起こすのですか? 臨床報告書によるレビュー(2016)
  9. オックスフォードプレス、中毒の神経生物学からの性的依存の章(2016)
  10. 特定のインターネット使用障害の発生と維持に関する心理学的および神経生物学的考察の統合:人 - 感情 - 認知 - 実行モデル(2016)の相互作用
  11. オンラインポルノ中毒への神経科学的アプローチ(2017)
  12. 過度の性的行動は中毒性の障害ですか? (2017)
  13. 教育的、分類的、治療的、および政策的イニシアチブの推進解説:ICD-11における強迫的性行動障害クラウス他、2018)
  14. プリンの証明は試飲にある:データは強迫的性行動に関連するモデルと仮説を検証するために必要である(2018)
  15. ヒトおよび前臨床モデルにおける強迫的な性行動(2018)
  16. インターネット時代の性機能障害(2018)
  17. 強迫性行動障害(2018)における神経認知メカニズム
  18. 強迫的性行動障害と問題のあるポルノグラフィー使用(2018)の行動神経科学に関する現在の理解 
  19. 強迫性行動における腹側線条体反応性(2018)
  20. オンラインポルノ依存症:私たちが知っていることとそうでないこと - 系統的レビュー(2019)
  21. オンラインポルノ中毒の発生と発達:個人の感受性因子、強化メカニズムおよび神経メカニズム(2019)
  22. ポルノ使用障害(2019)の理論、予防、治療
  23. 自覚的な問題のあるポルノの使用:研究領域の基準と生態学的観点からの統合モデル(2019)

最初のセクション:インターネット中毒脳研究:

  1. 過度のインターネット使用が聴覚事象関連電位(2008)に及ぼす影響
  2. 過剰なインターネットユーザー(2009)における意思決定および前反応性抑制機能
  3. インターネット中毒における灰白質異常:ボクセルに基づく形態計測研究(2009)
  4. 過度のインターネット使用がEEG(2009)の時間 - 周波数特性に及ぼす影響
  5. 病的インターネット使用(2010)を有する個人における不十分な抑制制御の事象関連潜在的調査
  6. インターネット中毒障害を有する人々における衝動抑制:Go / NoGo研究(2010)からの電気生理学的証拠
  7. 自律神経反応に基づくインターネット依存症リスクレベルの識別:自律神経活動のインターネット依存症仮説(2010)
  8. インターネット中毒障害における地域的均質性の増加安静状態機能的磁気共鳴画像法研究(2010)
  9. 未成年インターネット中毒(2010)の作業記憶における事象関連電位の研究
  10. インターネット依存症(2)の人々における減少した線条体ドーパミンD2011受容体
  11. インターネット中毒障害を有する青年における微細構造異常 (2011)
  12. IQテスト(2011)に基づく青年期のインターネット中毒と認知機能の予備研究
  13. インターネット中毒障害を有する被験者におけるP300変化と認知行動療法:3月追跡調査(2011)
  14. 男性のインターネット中毒者は色という言葉から経営管理能力の証拠が損なわれていることを示す:ストループ課題(2011)
  15. 過剰なインターネットユーザー(2011)における初期段階の顔知覚の欠陥
  16. ポルノ画像処理はワーキングメモリパフォーマンスを妨害する(2012)
  17. インターネット依存(300)患者における認知機能および事象関連電位P2012とミスマッチ陰性に及ぼす電気鍼療法併用精神介入の影響
  18. インターネット中毒障害を有する青年における異常な白質の完全性:トラクトベースの空間統計研究(2012)
  19. インターネット依存症(2012)の人々における線条体ドーパミン輸送体の減少
  20. ボール投げアニメーション課題における青年期インターネット中毒者の異常な脳活性化:fMRI(2012)によって明らかにされた病気の実施形態の可能な神経相関
  21. インターネット依存症における抑制性制御の障害:機能的磁気共鳴画像法による研究 (2012)
  22. インターネット中毒障害の有無にかかわらず上海青年における心理的症状と神経伝達物質の血清レベルの比較:症例対照研究(2013)
  23. インターネット中毒(2013)における安静時ベータおよびガンマ活動
  24. インターネット中毒(2013)と診断された成人の臨床サンプルにおける脳波(EEG)脳マップパターン
  25. インターネット中毒障害を有する人々の障害監視機能障害:事象関連fMRI研究(2013)
  26. 学齢児童(2013)の心拍変動性に対するインターネット依存の影響
  27. インターネット依存症(2013)を有する個人における反応モニタリング機能のエラー関連陰性電位調査
  28. インターネット依存症(2013)の人々における前頭葉機能の低下
  29. インターネット中毒(2014)における併存うつ病に関連する示差的安静時EEGパターン
  30. オンラインでの頭脳:習慣的インターネット使用の構造的および機能的相関(2014)
  31. インターネット中毒(2014)の青年における前頭葉 - 大脳基底核の結合障害
  32. 前頭前野制御とインターネット中毒神経心理学的および神経画像所見の理論モデルとレビュー(2014)
  33. 機能的磁気共鳴画像法(2014)により検出された青年期インターネット中毒者の脳における種々の報酬とフィードバックに対する神経反応
  34. インターネット依存症の個人はアルコール依存患者と衝動性および実行機能障害を共有している(2014)
  35. インターネット中毒障害における混乱した脳機能ネットワーク:安静時機能的磁気共鳴画像法研究(2014)
  36. より高いメディアマルチタスク活動は前帯状皮質(2014)におけるより小さい灰白質密度と関連する
  37. 問題のあるインターネットの使用(2015)の特徴を持つ青年期のリスクテイキング中の鈍いフィードバック処理
  38. 健康な若年成人(2015)におけるインターネット傾向の個人差と関連した脳構造と機能的結合
  39. フェイスブック「依存症」をサブサービングする神経系の検査(2014)
  40. インターネット中毒(2015)に関する神経科学的知見の簡単なまとめPDF
  41. インターネットとビデオゲーム中毒(2015)の根底にある神経生物学的および薬理遺伝学的メカニズムに関する新しい開発
  42. 視覚的オッドボールパラダイム(2015)を用いたインターネット中毒障害を有する人々における脳波特徴検出と分類
  43. インターネット中毒の分子および機能イメージング(2015)
  44. インターネット中毒障害(2015)の青年における異常な皮質線条体機能回路
  45. インターネットは人間の認識をどのように変えましたか? (2015)
  46. 問題のあるインターネットの使用と免疫機能(2015)
  47. インターネット中毒(2015)の個人における危険な意思決定の神経基質
  48. 青年期における末梢血ドーパミンレベルとインターネット中毒障害との関係:パイロットスタディ(2015)
  49. 問題のあるインターネットの使用は、女性の脳内報酬システムの構造的変化と関連しています。 (2015)
  50. インターネット中毒性疾患におけるワーキングメモリ、実行機能および衝動性:病的ギャンブルとの比較(2015)
  51. インターネット中毒青年期における混乱した半球間の機能的および構造的結合(2015)
  52. インターネット中毒における電気生理学的研究:二重過程枠組み(2015)内のレビュー
  53. 問題のあるインターネット利用の生物学的根拠(PIN)および治療上の意義(2015)
  54. インターネット中毒の青年におけるインターネット関連の単語に反応した抑制および作業記憶の障害:注意欠陥/多動性障害(2016)との比較
  55. インターネット中毒(2016)の脆弱性におけるやりがいのあるメカニズムおよび前頭前野の左右の皮質効果の欠如
  56. 若年成人におけるインターネット中毒の機能的磁気共鳴画像法(2016)
  57. 問題のあるインターネットユーザーが損害を伴う損害賠償規制およびリスクテイクを示す:ストップシグナルおよび混合ギャンブルタスクからの証拠(2016)
  58. 携帯電話依存のある大学生における灰色物質量と白質の完全性の変化(2016)
  59. インターネット中毒者(2016)間のインターネットへの手がかり誘導渇望
  60. アデノシン強調脳血流灌流イメージングにより明らかにされたインターネット依存症患者における機能的変化99mTc ‐ ECD SPET(2016)
  61. の呼吸性洞性不整脈反応性 インターネット 中毒 フィルムクリップ刺激(2016)を使用して、ネガティブおよびポジティブな感情状態の虐待者
  62. インターネット使用障害に関連した神経生物学的所見(2016)
  63. テキスト依存、iPod依存、および遅延割引(2016)
  64. 問題のある意思決定の偏りのある生理学的マーカー インターネット ユーザー(2016)
  65. インターネット依存症患者における顔面処理の機能不全:事象関連電位研究(2016)
  66. インターネット使用:OXTR遺伝子に対する機能的変異の分子的影響、インターネット使用の背後にある動機、および異文化間詳細(2016)
  67. インターネット中毒の若年成人の脳波活動を分類するための2段階チャンネル選択モデル(2016)
  68. インターネット中毒の分子研究(2016)のための感情的神経科学フレームワーク
  69. インターネット中毒(2016)における脳振動、抑制性制御機構および報酬の偏り
  70. インターネット中毒における電気生理学的研究:二重過程枠組み(2017)内のレビュー
  71. インターネット中毒(2017)の青年期におけるデフォルトモード、前頭頭頂および顕著性ネットワークの変更
  72. 特定のインターネット依存症における感情抑制制御の役割– fMRI調査(2017)
  73. インターネット中毒(2017)のための心理的治療を受けている患者におけるインターネット使用の神経相関
  74. ソーシャルネットワーキングサイト中毒(2017)に関連する脳の解剖学的構造の変化
  75. インターネット依存症患者(50)の精神症状および聴覚誘発電位のP2017に対する心理的介入と組み合わせた電気鍼療法の効果
  76. 時は金なり:利益と損失の異時間選択におけるスマートフォンハイユーザーの意思決定(2017)
  77. インターネット中毒の認知異常とその神経生物学的相関(2017)
  78. スマートフォンでのFacebookの使用状況と側坐核の灰白質量(2017)
  79. 嫌悪な表情とインターネット中毒の認識の欠如:メディエータとしてのストレスの知覚(2017)
  80. ソーシャルメディアの手がかりに対する自発的快楽反応(2017)
  81. 問題のある上位および下位のインターネットユーザー(2017)におけるインターネットへのアクセス後の異なる生理学的変化
  82. 併発症状を伴うまたは伴わない注意欠陥/多動性障害(2017)における安静時定量的脳波記録パターンの違い
  83. インターネット中毒者(2017)に関連した異常な報酬と罰感度
  84. 若者のインターネット中毒における報酬システム、FRNおよびP300の効果からの証拠(2017)
  85. 脳内のWeb依存症:皮質振動、自律神経活動、および行動測定(2017)
  86. インターネット中毒の傾向と相関する安静時機能的連結性の価値の抽出(2017)
  87. 自尊心、ナルシシズムおよびインターネット中毒における生理的振動の間の関連:横断研究(2017)
  88. 大学生の注意ネットワークに対するインターネット依存の影響(2017)
  89. インターネット中毒のための電気鍼治療:青年期における衝動制御障害の正常化の証拠(2017)
  90. 手がかり反応性パラダイム(2017)における視覚および聴覚手がかりを用いたインターネット通信障害における手がかり誘導欲求
  91. インターネット嗜癖障害のある個人における障害のある共感処理:事象関連電位研究(2017)
  92. インターネット中毒の被験者における構造的脳ネットワーク異常 (2017)
  93. インターネット中毒と体力、ヘモグロビン値、および白血球値の関係(2017)
  94. 脳波とディープラーニング(2017)を用いた感情の観点からのスマートフォンの過剰使用認識の分析
  95. インターネット中毒は脳に不均衡を生じさせる(2017)
  96. WIRED:ペースの速い家族(6)におけるストレス(コルチゾール)および炎症(インターロイキンIL-2018)に対する媒体および技術使用の影響
  97. 情報通信技術(ICT):MULTICAGE-TIC(2018)を使用したインターネット、ビデオゲーム、携帯電話、インスタントメッセージングおよびソーシャルネットワークの問題のある使用
  98. インターネット使用に問題のある個人における自律神経ストレス反応性と欲求(2018)
  99. 台湾の学齢児童(2018)における実行機能および学習注意に対するインターネット中毒の影響
  100. インターネット通信障害と人間の脳の構造:WeChat中毒(2018)に関する最初の洞察
  101. パブロフから楽器への移行:インターネットアプリケーションの使用に関する病理学的メカニズムを評価するための新しいパラダイム(2018)
  102. 行動中毒における手がかり反応性:メタアナリシスと方法論的考察(2018)
  103. インターネット中毒者間のネットワーク情報の自動検出の利点:行動的証拠とERP証拠(2018)
  104. ゲーム中毒の10代の若者は、自分の自己よりも自分のサイバー自己の方が多くを識別する:神経証明(2018)
  105. インターネット中毒による青少年の指向障害:注意ネットワークタスク(2018)からの証拠
  106. 電気生理学的活動は非臨床集団(2018)におけるインターネット依存の脆弱性と関連している
  107. 問題のあるインターネットユーザにおける否定的刺激の処理との干渉:感情的ストループ課題(2018)からの予備的証拠
  108. ゲームからの「強制的な禁断」はポルノの使用につながりますか? Fortniteのサーバー(2018)の4月の2018クラッシュからの洞察
  109. 私を遠ざけるのをやめよ:Facebook中毒の相対的なレベルはFacebook刺激(2018)のための暗黙のアプローチの動機と関連付けられています
  110. インターネット機能障害の脳機能への影響における性差:安静時fMRI(2018)からの証拠
  111. 価値評価と自己制御に関連する脳信号を行動選択に変換する(2018)
  112. 過剰なソーシャルメディアユーザーはアイオワギャンブルタスク(2019)で意思決定の障害を示します
  113. 女性の右肢opercularisに関連するインターネット中毒(2019)
  114. ビデオゲームを通して現実を逃れることは、実生活上の刺激に対する仮想の暗黙の嗜好(2019)に関連している
  115. ランダムトポロジー編成とインターネット依存の視覚処理の減少:最小全域木分析(2019)からの証拠
  116. 衝動性と側頭葉厚の間の相互作用による若年成人インターネット常用者、喫煙者および健康管理者間の差別化(2019)
  117. インターネット賭博障害を持つ子供と青年の生物心理社会的要因:系統的レビュー(2019)
  118. ネットワーク解析(2019)による安静時EEGにおけるインターネット中毒の位相的接続性の変化
  119. 悪い選択は良い物語を作る:スマートフォン依存症(2019)の被験者における障害のある意思決定過程と皮膚コンダクタンス反応
  120. インターネット使用に問題がある個人における報酬感度、抑制、および衝動制御のファセットの測定(2019)
  121. 問題のあるインターネットの使用:認知とCOMT rs4818、rs4680ハプロタイプ(2019)との関連性の調査
  122. インターネット賭博障害患者におけるグリア細胞株由来神経栄養因子の血漿レベルの変化:症例対照パイロット研究(2019)
  123. 微細構造変化とインターネット中毒行動:予備拡散MRI研究(2019)
  124. 正誤表:悪い選択は良い話をする:スマートフォン依存症(2019)の被験者の意思決定プロセスと皮膚コンダクタンスの障害。
  125. インターネット中毒者における親密な対人関係と孤独の認知メカニズム:ERP研究(2019)
  126. Wi-Fi信号キューに対する問題のあるインターネットユーザーの自動検出の利点と否定的な影響の緩和効果:イベント関連の潜在的調査(2019)
  127. 長時間の就寝時のスマートフォンの使用は、成人のスマートフォンユーザー(2019)におけるインスリンの静止状態の機能的接続性の変化に関連しています
  128. 問題のあるスマートフォンの使用(2019)を伴う被験者における側方眼窩前頭灰白質異常
  129. インターネット中毒と機能的脳ネットワーク:タスク関連fMRI研究(2019)
  130. ソーシャルネットワーキングサイトの使用に問題があるインターネットユーザーの注意バイアス(2019)
  131. インターネット依存症の神経生理学的および臨床生物学的特徴(2019)
  132. インターネット中毒に関連する呼吸性副鼻腔不整脈指数の組み合わせの有用性(2020)
  133. スマートフォン中毒の構造的および機能的相関(2020)
  134. インターネットとスマートフォン依存症の若者における神経伝達物質の変化:健康的なコントロールとの比較および認知行動療法後の変化(2020)

第二部:ビデオゲーム中毒脳研究:

  1. ビデオゲーム中の線条体ドーパミン放出の証拠(1998)
  2. 過度のインターネットビデオゲームプレイ(2007)を有する青年におけるドーパミン遺伝子と報酬依存
  3. 過剰ゲーマーにおけるコンピュータゲーム関連手がかりに対する特異的手がかり反応性(2007)
  4. オンラインゲーム中毒(2008)のゲーム衝動に関連した脳活動
  5. 過剰なインターネット使用がN400イベント関連電位(2008)に及ぼす影響
  6. 注意欠陥多動性障害(2009)の子供におけるインターネットビデオゲームプレイに対するメチルフェニデートの効果
  7. コンピュータとビデオゲーム中毒 - ゲームユーザーと非ゲームユーザーとの比較(2010)
  8. ブプロピオン持続放出治療はインターネットビデオゲーム中毒患者(2010)におけるビデオゲームへの欲求および手がかりに誘発される脳活動を減少させる
  9. インターネットゲームオーバーユーザーにおける局所脳グルコース代謝の変化:18F‐フルオロデオキシグルコース陽電子放出断層撮影研究(2010)
  10. ビデオゲームプレイによるキュー誘発前頭前野皮質活動の変化 (2010)
  11. インターネットゲーム中毒を有する被験者および寛解した被験者における合図露出下でのオンラインゲームに対する欲求の脳の相関。 (2011)
  12. インターネットゲーム中毒(2011)を有する若年成人における手がかりによる前向きなやる気を起こさせる潜在的な反応
  13. インターネット中毒者における報酬感度の向上と損失感度の減少:推測タスク中のfMRI研究(2011)
  14. インターネットのビデオゲームプレイに対する脳活動と欲求(2011)
  15. 過剰なインターネットゲームと意思決定:World of Warcraftの過剰なプレーヤーは危険な状況下での意思決定に問題がありますか? (2011)
  16. ビデオゲームの神経基盤(2011)
  17. ドーパミン作動系がインターネット中毒に及ぼす影響(2011)
  18. オンラインゲーム中毒(2012)の青年におけるオンラインゲームプレイの重症度と脳活動の変化に対する家族療法の効果
  19. ゲーミングキューへの注意の偏りと脱抑制は、男性青年期の問題のあるゲーミングに関連しています。 (2012)
  20. インターネットゲーム中毒者における安静時脳活動の地域的均一性の変化 (2012)
  21. 過剰なコンピュータゲームプレイヤーにおけるエラー処理と反応抑制:事象関連電位研究(2012)
  22. インターネットゲーム中毒とニコチン依存症を併発している被験者間の合図誘発ゲーム衝動と喫煙渇望の両方に対する脳活性化 (2012)
  23. オンラインゲーム中毒者(男性青年)の手がかり写真によって誘発される欲求の脳fMRI研究(2012)
  24. オンラインゲーム中毒患者とプロゲーマー(2012)における異なる地域灰白質量
  25. 拡散テンソルイメージングは​​インターネットゲーム中毒者(2012)における視床および後帯状皮質異常を明らかにする
  26. オンラインゲーム中毒者(2012)における脳灰白質のボクセルに基づく形態計測分析
  27. インターネットゲーム中毒(2012)を有する個人におけるインターネットゲーム関連の写真および役員の赤字に対する認知バイアス
  28. オンラインゲーム中毒(2013)の青年期後期における皮質厚異常
  29. 病理学的コンピュータゲームプレーヤーにおける手がかり反応性とその抑制(2013)
  30. インターネット中毒(2013)の青年における機能的脳連結性の低下
  31. オンラインゲーム中毒における灰白質と白質の異常(2013)
  32. インターネット中毒者における認知の柔軟性:困難から容易および容易から困難への切り替え状況からのfMRIの証拠(2013)
  33. インターネットゲーム中毒(2013)の青年におけるデフォルトネットワーク休止状態機能接続性の変更
  34. インターネット中毒(2013)の男性青年における眼窩前頭皮質厚の減少
  35. インターネット中毒者間の報酬/罰感受性:中毒性行動への影響(2013)
  36. オンラインゲーム中毒(2013)の青年における低周波変動異常の振幅
  37. ゲームを見ているだけでは十分ではありません:アクティブで代位プレイ中のビデオゲームの成功と失敗に対する線条体fMRI報酬応答(2013)
  38. 深刻な悪影響を受けても、インターネット中毒者がオンラインで遊んでいるのはなぜですか? fMRI研究からの可能な説明(2013)
  39. インターネットゲーム中毒(2013)の青年における動脈スピン標識潅流磁気共鳴画像法のボクセルレベルの比較
  40. インターネットゲーミング障害(2013)におけるゲーミングキューの注意散漫下での反応抑制のための脳活性化
  41. インターネットゲーム中毒:現在の展望(2013)
  42. インターネットゲーム障害を有する被験者における反応抑制およびエラー処理中の脳活性化の変化:機能的磁気画像研究(2014)
  43. インターネットゲーム障害を有する個人における前頭前野機能不全:機能的磁気共鳴画像法研究(2014)のメタ分析
  44. Go / No-Go fMRI研究(2014)によって明らかにされたインターネットゲーム中毒の青年における形質衝動性および前頭前野インパルス抑制機能障害
  45. PETイメージングは​​インターネットゲーム障害(2014)における脳機能変化を明らかにする
  46. インターネットゲーム障害(2014)における反応抑制の脳相関
  47. オンラインゲーム中毒(2014)におけるプロトン磁気共鳴分光法(MRS)
  48. 中毒ゲーマーの生理的覚醒障害は好みのゲームジャンルに基づいて異なる(2014)
  49. インターネットゲーム障害とアルコール使用障害(2014)の間の神経生理学的および神経画像的側面
  50. インターネットゲーム障害に対する仮想現実療法(2014)
  51. 「インターネットゲーム中毒者」の異常な灰白質と白質の量(2014)
  52. 帯状回 - 海馬の同調性の変化は、インターネットゲーム障害(2014)の青年における攻撃性と相関する
  53. インターネットゲーム障害を持つ人々の障害リスク評価:確率割引タスクからのfMRI証拠(2014)
  54. インターネット賭博障害(2014)の青年における繊維の完全性の低下と認知制御
  55. インターネットゲーム中毒(2014)におけるDKIを用いた灰白質のin vivo微細構造変化の評価
  56. EEGとERPに基づくインターネットゲーム中毒分析の程度(2014)
  57. 経営管理ネットワークにおける機能的接続性の低下はインターネットゲーム障害(2014)における経営機能障害に関連する
  58. インターネットゲーム中毒(2014)の喫煙者と非喫煙者における異なる安静時機能的連結性の変化
  59. インターネットゲーム障害(2014)の若年者における被殻機能的連結性の選択的関与
  60. インターネットゲーム障害、ギャンブル障害およびアルコール使用障害の間の類似点と相違点:衝動性と強迫性に焦点を当てて(2014)
  61. アルコール依存症とインターネットゲーム障害(2015)の間の機能的連結性の違い
  62. 青年期後期/成人早期(2015)のインターネットゲーム障害者におけるコア脳ネットワーク相互作用と認知制御
  63. インターネットゲーム障害(2015)の成人における灰白質密度の変化と扁桃体の機能的結合性の破壊
  64. インターネットゲーム障害患者の生物学的マーカーとしての安静時地域均一性:アルコール使用障害患者と健常者(2015)との比較
  65. 病理学的コンピュータゲーマーにおける報酬処理の変更:半自然ゲーミング設計(2015)からのERP結果
  66. 線条体形態計測はインターネットゲーム障害(2015)における認知制御障害と症状の重症度と関連する
  67. ビデオゲームのトレーニングと報酬システム(2015)
  68. インターネットゲーム障害の青年における前頭前野の半球間機能的結合の減少:安静時fMRI(2015)を用いた一次研究)
  69. インターネットゲーム障害(2015)を持つ大学生における脳の機能的特徴
  70. インターネットゲーム障害(2015)の青年における灰白質体積の変化と認知制御
  71. 問題ゲーマーにおける認知制御のfMRI研究(2015)
  72. インターネットゲーム障害(2015)の若年成人における島の静止状態機能的連結性の変化
  73. 経営管理ネットワークと報酬ネットワークとの間の機能的に不均衡なリンクはインターネットゲーム障害(2015)におけるオンラインゲーム探索行動を説明する
  74. インターネットゲーム中毒の脳は病的状態に近づいていますか? (2015)
  75. 過剰なオンラインゲーム(2015)の若い男性成人における心肺カップリングの変化
  76. ゲーム体験後のゲームの合図に対する脳の反応性の変化(2015)
  77. 認知と脳構造に対するビデオゲームの効果:精神神経疾患(2015)に対する潜在的な意味
  78. インターネット賭博障害(2015)を有する若い青年における誓いのワードプロセッシング中の前縁辺縁領域の機能不全
  79. インターネットゲーム障害(2015)の異常な前頭前野の休止状態の機能的結合性と重症度
  80. インターネットゲーム障害とアルコール使用障害の神経生理学的特徴:安静時EEG研究(2015)
  81. ゲーム中毒(2015)
  82. インターネットゲーム障害における腹側被蓋野と側坐核との間の機能的結合性の低下:安静時機能的磁気共鳴画像法(2015)からの証拠
  83. インターネットゲーム障害(2015)の青年における感情的干渉に対する前頭前野の認知制御の低下
  84. インターネットゲーム障害(2015)における低周波ゆらぎの振幅の周波数依存変化
  85. 成人における予防的干渉の抑制 インターネット 賭博 障害 (2015)
  86. インターネットゲーム障害(2015)の青年における意思決定中の脳活性化に対するリスクレベルによる調節の減少
  87. インターネットゲーム障害の神経生物学的相関:病的ギャンブルとの類似性(2015)
  88. インターネット賭博障害(2015)を有する青年における脳の連結性と精神医学的併存症
  89. 病的ビデオゲーム使用の予測的妥当性と構成のテスト(2015)
  90. ビデオゲームプレイが脳の微細構造特性に及ぼす影響:横断的および縦断的分析(2016)
  91. インターネットゲーム障害(2016)における合図反応性中の腹側および背側線条体の活性化
  92. インターネット賭博障害(2016)を有する青年における脳の連結性と精神医学的併存症
  93. インターネットゲーム障害(2016)における前線条体回路、静止状態機能的結合性および認知制御
  94. インターネットゲーム障害(2016)を有する個人における聴覚事象関連潜在タスク中の機能不全情報処理
  95. インターネットゲーム中毒(2016)の韓国人男性青年における安静時末梢カテコールアミンと不安レベル
  96. ネットワークベースの分析はインターネット中毒傾向(2016)に関連する機能的結合性を明らかにする
  97. インターネットゲーム障害における島と側坐核の機能的連結性の変化:安静時のfMRI研究(2016)
  98. 若い男性のfMRI-ICA(2016)によって明らかにされたように、ビデオゲームにおける暴力関連のコンテンツは、脳のネットワークにおける機能的な接続性の変化をもたらすかもしれない
  99. 過度のインターネットゲーマーにおける注意の偏り:中毒ストループと視覚プローブ(2016)を用いた実験的調査
  100. インターネットゲーム障害(2016)の若年成人における島ベースネットワークの機能的接続性の低下
  101. インターネットゲーム障害を持つ人々における機能不全デフォルトモードネットワークと執行管理ネットワーク:確率割引タスク(2016)の下での独立成分分析
  102. インターネットゲーム障害(2016)の若年成人における危険な意思決定中の前方島活性化障害
  103. 青年期における衝動性とインターネットゲーム障害(2016)の構造的相関の変化
  104. インターネットゲーム障害(2016)を有する個人における聴覚事象関連潜在的タスク中の機能不全情報処理
  105. インターネットゲーム障害(2016)を持つ大学生における脳の機能的特徴
  106. 中毒ストループ課題(2016)中のインターネットゲーム障害におけるゲーム関連手がかりに対する脳活動
  107. 過剰なインターネットゲーマー間のキュー誘発行動および神経変化とインターネットゲーム障害(2016)へのキュー曝露療法の可能な応用
  108. 注意欠陥多動性障害を有する青年におけるインターネットゲームプレイの神経化学的相関:プロトン磁気共鳴分光法(MRS)研究(2016)
  109. インターネットゲーム障害(2016)に対する欲求行動介入後の安静時神経活動の変化と変化
  110. 病的インターネットゲーマーにおけるアバター識別と病的ソーシャルネットワークユーザーにおける自己反射の神経基盤の調査(2016)
  111. インターネットゲーム障害を持つ人々の脳機能ネットワークの変化:安静時fMRI(2016)からの証拠
  112. インターネットゲーム障害(2016)に対するブプロピオンとエスシタロプラムの効果の比較研究
  113. 遅延割引タスクの下でのインターネットゲーム中毒者における経営管理および報酬回路の障害:独立成分分析(2016)
  114. インターネットゲーム障害(2016)における合図誘発性欲求の神経基質に対する欲求行動介入の影響
  115. インターネットゲーム障害者(2016)における白質ネットワークの位相的構成
  116. インターネットゲーム中毒(2016)の青年期男性における自律神経機能の変化と性格特性の悩み
  117. インターネットゲーム障害(2016)の青年におけるリスクレベルと脳活動の間の共分散に対する転帰の影響
  118. インターネットゲーム障害を持つ個人における生活の質および認知機能の変化:6月追跡調査(2016)
  119. インターネットゲーム障害(2016)の青年における機能的結合密度の代償的増加
  120. 感情状態におけるインターネットゲーム障害中毒者の心拍変動(2016)
  121. インターネットおよびビデオゲーム障害(2016)を持つ個人の間での遅延割引、リスクテイク、および拒否の感度
  122. ビデオゲームプレーヤの遅延割引:ゲーマー間の継続時間の比較(2017)
  123. インターネットゲーミング障害(2017)を持つ男性の青年期における脆弱性を強調
  124. インターネットゲーム障害および強迫性障害における変化した反応阻害の神経生理学的相関:衝動性および強迫性からの展望(2017)
  125. インターネットゲーム障害(2017)を有する個人においてゲームはゲーム関連刺激への欲求を増大させる
  126. インターネットゲーム障害におけるデフォルトモードネットワークの機能的接続性の変化:小児期ADHD(2017)の影響
  127. 性別を考慮したインターネット中毒とインターネットゲーム障害における暗黙の学習能力と衝動的行動の個人差(2017)
  128. インターネットとゲーム障害(2017)の脳研究の新展開
  129. インターネットゲーム障害患者における予想される症状変化と徐波活動との関連:安静時EEG研究(2017)
  130. 反応抑制とインターネットゲーム障害:メタ分析(2017)
  131. インターネットゲーム障害(2017)の個人における危険な意思決定中の解離可能な神経プロセス
  132. デフォルトモードネットワーク内の気分状態と機能的接続性との間の相関は、インターネットゲーム障害を健康的なコントロールと区別することができる(2017)
  133. インターネットゲーム障害とアルコール使用障害における神経連結性:安静時EEGコヒーレンス研究(2017)
  134. 前頭前野の構造変化はインターネットゲーム障害と憂うつな気分(2017)の関係を仲介する
  135. 韓国の若い男性(2017)におけるインターネットゲーム障害のためのバイオマーカー同定の探索的メタボロミクス
  136. インターネットゲーム障害における認知制御と報酬喪失処理:レクリエーションインターネットゲームユーザー(2017)との比較の結果
  137. 併発症のない大うつ病性障害(MDD)とインターネットゲーム障害のある併存するMDD(2017)の間の脳波(EEG)コヒーレンスの比較
  138. インターネットゲーム障害(2017)の適応的意思決定、危険な意思決定、および意思決定スタイル
  139. インターネットゲーム障害(2017)を有する個人における表情の無意識的処理
  140. アルコール使用障害(2017)を有する男性と比較したインターネットゲーム障害を有する男性における海馬体積および機能的連結性の変化
  141. インターネットゲーム障害(2017)におけるデフォルトモード、執行管理および顕著性ネットワークの結合の変化
  142. ニコチン依存症の喫煙者とインターネットゲーム障害のある個人(2017)の間の背外側前頭前野の機能的結合性の違い
  143. インターネットゲーム障害を持つ人々における欲求と手がかり反応性に関連した脳活動の変化:娯楽インターネットゲーム利用者(2017)との比較からの証拠
  144. 海馬(2017)の可塑性に対するビデオゲームの影響
  145. 事象関連電位(2017)で測定したインターネットゲーム障害とアルコール使用障害における情報処理の微分神経生理学的相関
  146. 新たな成人期におけるビデオゲーム中毒:マッチした健康なコントロールと比較したビデオゲーム中毒者の病理学の横断的証拠(2017)
  147. 白質の構造的完全性の拡散テンソルイメージングは​​インターネットゲーム障害(2017)の青年期における衝動性と相関する
  148. 問題のあるビデオゲームにおける構造的特徴の概観(2017)
  149. グループ独立成分分析はインターネットゲーム障害(2017)における正しい経営管理ネットワークの交代を明らかにする
  150. インターネットゲーム障害患者における持続的な機能不全情報処理:6月追跡ERP研究(2017)
  151. インターネットゲーム障害(2017)の若年成人における異常灰白質量および衝動性
  152. インターネットゲーム障害(2017)の脳画像研究に関する最新情報
  153. インターネットギャンブル障害とインターネットゲーム障害との間の脳の接続性の比較:予備研究(2017)
  154. インターネットゲーム障害における衝動性と強迫性:強迫性障害とアルコール使用障害(2017)との比較
  155. インターネットゲームの乱用(2017)を有する個人における象徴的報酬のための障害のあるフィードバック処理
  156. インターネットゲーム障害のマーカーとしての眼窩前頭灰白質の欠損:横断的および前向き縦断的デザイン(2017)からの収束した証拠
  157. 大うつ病性障害(2017)患者における過剰なインターネットゲームプレイに対するブプロピオンとエスシタロプラムの効果の比較
  158. インターネットゲーム障害における機能的および構造的神経変化:系統的レビューとメタアナリシス(2017)
  159. ネガティブ刺激の神経処理は薬物中毒とは無関係に変化するか インターネット賭博障害(2017)を有する薬物未経験青年からの所見
  160. 機能不全前頭前野機能は遅延割引タスク(2017)中のインターネットゲーム障害を持つ人々の衝動性と関連する
  161. インターネットゲーム障害(2017)の3者間神経認知モデル
  162. 太り過ぎおよび肥満の若い男性におけるストレスマーカーおよび摂食に対するテレビゲーム対テレビ視聴の急性効果:無作為化対照試験(2018)
  163. マルチモーダルバイオシグナル(2018)を用いたインターネットゲーム障害の青年期におけるゲームへの欲求の検出
  164. インターネットゲーム障害における認知のゆがみとギャンブルのニアミス:予備的研究(2018)
  165. インターネットゲーム障害(2018)を有する被験者における背外側前頭前皮質の静止状態の静的および動的機能的結合性の変化
  166. インターネットゲーム障害の若年成人の前帯状回および眼窩前頭皮質における灰白質の違い:表面に基づく形態計測(2018)
  167. 青年期のオンラインゲームプレーヤー(2018)におけるインターネット中毒傾向に関連する脳構造
  168. インターネットゲーミング障害(2018)に関連した循環マイクロRNA発現レベル
  169. インターネットゲーム障害(2018)におけるゲーム中の心拍数変動の変化
  170. インターネットゲーム障害のある個人における灰色物質体積の変化と静止状態の接続性:ボクセルに基づく形態計測と静止状態の機能的磁気共鳴画像法研究(2018)
  171. インターネットゲーム障害の男性青年における症状の重症度に関連した島皮質厚の増加:表面に基づく形態計測研究(2018)
  172. ゲーム中の性別関連機能的連結性および渇望および強制休憩中の即時禁欲:インターネットゲーム障害(2018)の発症および進行に対する意味
  173. ブプロピオンは、インターネットベースのギャンブル障害およびインターネットゲーミング障害(2018)を有する患者において脳機能的結合性に対して異なる効果を示す
  174. 衝動的インターネットゲームプレイはセロトニン輸送体遺伝子(2018)の対立遺伝子が短い鬱病患者におけるデフォルトモードと顕著性ネットワーク間の機能的結合性の増加と関連する
  175. ビデオゲームプレイと攻撃性との関連における選択的注意と減感作の役割:ERP調査(2018)
  176. インターネットゲーム障害とうつ病の共存性:相互関係と神経メカニズム(2018)
  177. インターネットゲーム障害を有する被験者における灰白質体積の変化の予備的証拠:小児期注意欠陥/多動性障害症状(2018)の病歴との関連
  178. インターネットゲーム障害における皮質の厚さと体積の異常:レクリエーションインターネットゲームユーザー(2018)の比較からの証拠
  179. インターネットゲーム障害における神経生物学的相関:系統的文献レビュー(2018)
  180. 健康的で無秩序なインターネットゲームの社会的ゲノミクス(2018)
  181. インターネットゲーム障害患者における神経連結性の経時的変化安静状態EEGコヒーレンス研究
  182. インターネットゲーム障害の男性成人における血清グルタミン酸レベルの低下:予備研究(2018)
  183. インターネットゲーム障害における前頭前野 - 線条体回路の安静時活動:認知行動療法の変化と治療反応の予測因子(2018)
  184. インターネットゲーム障害のある個人における歪んだ自己概念の神経相関:機能的MRI研究(2018)
  185. スパース神経解剖学的特徴を用いた病理学的および非病理学的インターネットゲーマーの識別(2018)
  186. 性別を考慮したインターネット中毒とインターネットゲーム障害における暗黙の学習能力と衝動的行動の個人差(2018)
  187. インターネットゲーム障害(2018)における安静時脳活動変化における性差
  188. インターネットゲームの乱用は報酬フィードバック処理(2018)中の前頭 - 線条体機能的結合性の変化と関連する
  189. 社説:インターネットゲーム障害の根底にある神経メカニズム(2018)
  190. インターネットゲーム障害におけるゲームプレイ中の心拍変動の変化:ゲーム中の状況の影響(2018)
  191. インターネット中毒におけるインターネット関連手がかりに対する暗黙的認知バイアスの神経相関:ERP研究(2018)
  192. 併発性うつ病を伴うインターネットゲーム障害(2018)を有する若い男性における前帯状皮質の部分領域は異なる機能的結合パターンを形成する
  193. ゲーム前後のゲームの合図に対する神経反応における性差:インターネットゲーム障害(2018)に対する性特異的な脆弱性に対する意味
  194. インターネットゲーム中毒(2018)における脳構造ネットワークの接続トポロジーの変化
  195. 効果的な接続性を用いたインターネットゲーム障害のマッピング:スペクトル動的因果モデリング研究(2018)
  196. オンラインゲーマーのための経頭蓋直流刺激:前向き単腕実現可能性研究(2018)
  197. 女性は男性よりもインターネットゲームの障害に対してより脆弱です:皮質の厚さの異常(2018)からの証拠
  198. 韓国の男性青年(1)におけるインターネットゲーム中毒とヒトコルチコトロピン放出ホルモン受容体1(CRHR2018)の遺伝的関連
  199. インターネットゲーム障害における手がかり誘発性欲求における性差:剥奪の影響(2018)
  200. ビデオゲームにおける暴力は、社会的包含画像(2018)に反応して、辺縁系および側頭領域の活性化を低下させる
  201. 韓国の男性青年におけるインターネットゲーム中毒と白血球テロメア長との関連(2018)
  202. ゲーミング剥奪中の手がかり誘発性欲求関連レンチフォーム活性化はインターネットゲーミング障害(2019)の出現と関連する
  203. インターネットゲーム障害患者における保護因子としての回復力の神経生理学的メカニズム:安静時EEGコヒーレンス研究(2019)
  204. 強制的な休憩中の脳反応の特徴はインターネットゲーム障害におけるその後の回復を予測することができる:縦断的研究(2019)
  205. 韓国の若い男性(2019)のインターネットゲーム障害によって乱された脂質プロファイル
  206. インターネットゲーム障害における脳機能ネットワークの変更:確率割引タスク(2019)下の独立成分およびグラフ理論解析
  207. インターネットゲーム障害(2019)における手がかり反応性中の機能的ネットワークの変化
  208. インターネットゲーム障害を有する被験者における機能的神経変化のメタ分析:異なるパラダイムにわたる類似点と相違点(2019)
  209. アルコールとオンラインビデオゲーム(2019)の重いエピソードユーザーにおけるストレスシステム反応と意思決定
  210. インターネットゲーム障害およびアルコール使用障害(2019)の患者における代謝低下および代謝的結合の変化
  211. ゲーム障害に関する診断と分類の考慮事項:神経認知的および神経生物学的特徴(2019)
  212. インターネットゲーミング障害患者の抗サッカードタスク中の機能的注意バイアスと抑制制御:アイトラッキング研究(2019)
  213. インターネットゲーム障害患者における不適応な神経内臓相互作用:グラフ理論アプローチ(2019)を使用した心拍変動と機能的神経連結性の研究
  214. インターネットゲーム障害(2019)の青年における機能障害の認知制御と報酬処理
  215. ADHDおよびインターネットゲーム障害(2019)の安静時fMRI研究
  216. インターネットゲーム障害(2019)の若者のゲーム中の前頭シータ活動の減少
  217. オンラインゲームプレーヤー(2019)のうつ病症候群を伴うインターネットゲーム障害とドーパミン輸送体の状態との関係
  218. インターネットゲーム障害(2019)の被験者の強制中断中のキューの反応性に関連する脳活動の変化
  219. 中毒の重症度は、インターネットゲーム障害への前症の関与を調節します:機能性、形態、効果的な接続性(2019)
  220. インターネットゲーム障害のある個人における機能ネットワークの混乱に関する予備研究:レクリエーションゲームユーザーとの比較からの証拠(2019)
  221. インターネットゲーム障害からの回復に関連する機能的神経変化および皮質皮質下結合性の変化(2019)
  222. インターネットゲーム障害における背側線条体の機能的結合の変化:縦磁気共鳴画像研究(2019)
  223. ビデオゲーム中毒の若い男性の脳の構造変化(2020)
  224. ビデオゲーム中毒と感情状態:喜びと幸福の間の混乱の可能性? (2020)
  225. 行動中毒の麻薬未経験の若者では、金銭的な報酬の処理は変更されますか? インターネットゲーム障害の調査結果(2020)
  226. インターネット中毒障害における扁桃体の接続性の変化(2020)
  227. MMOオンラインロールプレイングゲームについて知っていること(2020)
  228. インターネットゲーム障害の青年における家族関係と報酬回路内の脳活動との相関(2020)

第3節:因果関係を証明するインターネット中毒/ポルノ使用研究:

からの研究 上記のリスト 回復を通してインターネット中毒者を追いかけました。 すべてが特定のバイオマーカーと症状の*逆転*を報告しました:

  1. インターネット依存(300)患者における認知機能および事象関連電位P2012とミスマッチ陰性に及ぼす電気鍼療法併用精神介入の影響
  2. インターネットゲーム中毒を有する被験者および寛解した被験者における合図露出下でのオンラインゲームに対する欲求の脳の相関。 (2011)
  3. インターネット中毒障害を有する被験者におけるP300変化と認知行動療法:3月追跡調査(2011)
  4. インターネットゲーム障害に対する仮想現実療法(2014)
  5. インターネットゲーム障害(2016)における合図誘発性欲求の神経基質に対する欲求行動介入の影響
  6. インターネットゲーム障害を持つ個人における生活の質および認知機能の変化:6月追跡調査(2016)
  7. インターネット依存症患者(50)の精神症状および聴覚誘発電位のP2017に対する心理的介入と組み合わせた電気鍼療法の効果
  8. Facebookの実験:Facebookをやめるとより高いレベルの幸福がもたらされる(2016)
  9. インターネット中毒のための電気鍼治療:青年期における衝動制御障害の正常化の証拠(2017)
  10. インターネットゲーム障害における前頭前野 - 線条体回路の安静時活動:認知行動療法の変化と治療反応の予測因子(2018)
  11. オンラインゲーマーのための経頭蓋直流刺激:前向き単腕実現可能性研究(2018)
  12. 強制的な休憩中の脳反応の特徴はインターネットゲーム障害におけるその後の回復を予測することができる:縦断的研究(2019)
  13. ADHDおよびインターネットゲーム障害(2019)の安静時fMRI研究
  14. インターネットゲーム障害からの回復に関連する機能的神経変化および皮質皮質下結合性の変化(2019)
  15. インターネットゲーム障害における背側線条体の機能的結合の変化:縦磁気共鳴画像研究(2019)
  16. インターネットとスマートフォン依存症の若者における神経伝達物質の変化:健康的なコントロールとの比較および認知行動療法後の変化(2020)

方法論にはポルノ/インターネット使用の排除が含まれます。 時間の経過とともにユーザーを評価する 使用後の非ユーザーの評価

  1. 青年期におけるオンラインコミュニケーション、強迫的インターネット使用、および心理社会的幸福:縦断的研究。 (2008)
  2. 青春期の性的に露骨なインターネット素材と性的満足への曝露:縦断的研究(2009)
  3. インターネットの病理学的使用が思春期のメンタルヘルス(2010)に及ぼす影響
  4. 前駆体または続発症:インターネット依存症(2011)を有する人々の病理学的障害
  5. 長続きしない愛:ポルノ消費と恋愛相手へのコミットメントの低下(2012)
  6. インターネット虐待者は、憂鬱な状態ではあるが憂うつな特性ではない(2013)
  7. 青年期のインターネット中毒の過程におけるうつ病、敵意、および社会不安の悪化:前向き研究(2014)
  8. 思春期の少年のインターネットポルノへの曝露:思春期のタイミング、感覚の探求、および学業成績との関係(2014)
  9. 若年男性(2014)の性機能障害の診断と治療における病因としての異常な自慰行為
  10. 現在の喜びのための後期トレーディング報酬:ポルノの消費と遅延割引(2015)
  11. スウォンジーの保健当局および大学の専門家は、インターネットの過剰な使用が精神的健康問題を引き起こす可能性があるという新しい証拠を発見しました(2015)
  12. 男性のオナニー習慣と性的機能不全(2016)
  13. インターネットポルノは性的機能不全を引き起こすのですか? 臨床報告書によるレビュー(2016)
  14. インターネット利用の暗黒面:インターネットの過剰利用、抑うつ症状、学校の燃え尽き症候群およびフィンランド人の青年期後期青年期後期の関与に関する2つの縦断的研究(2016)
  15. ポルノ鑑賞は時間の経過とともに配偶者の質を低下させるか? 経時的データからの証拠(2016)
  16. ポルノまで私たちはパート? ポルノ使用が離婚に及ぼす長期的影響、(2016)
  17. 問題のあるインターネットゲームの認知と行動を修正するための簡潔な禁煙の有効性(2017)
  18. 大学生のインターネットゲーム障害の改善における渇望行動介入:縦断的研究(2017)
  19. 問題のある上位および下位のインターネットユーザー(2017)におけるインターネットへのアクセス後の異なる生理学的変化
  20. 中国の大学新入生の間のインターネット依存とネットワーク関連不適応認識の間の相互関係:縦断的交差ラグ分析(2017)
  21. 大学生における鬱病、不安およびスマートフォン中毒:横断研究(2017)
  22. インターネット中毒(2017)の韓国の若年成人における小児期と成人の注意欠陥多動性障害症状との関連
  23. モントリオールの研究者は、シューティングゲーム間の1stリンク、海馬における灰白質の喪失(2017)を発見しました
  24. Facebookを絶対的な価値で採用する:ソーシャルメディアの使用がなぜ精神障害を引き起こすのか(2017)
  25. インターネットゲーム障害のマーカーとしての眼窩前頭灰白質の欠損:横断的および前向き縦断的デザイン(2017)からの収束した証拠
  26. 心理的介入プログラムの結果:青少年のためのインターネット利用(2017)
  27. 援助を求める成人の問題のあるゲーマー(2018)におけるゲームの禁欲の臨床的予測
  28. 共存症と自己概念関連の特性(2018)に関する健康的、問題のある、そして中毒性のあるインターネット使用の間の関連
  29. スクリーニング時間が小児および青年に及ぼす有害な生理学的および心理的影響:文献レビューおよびケーススタディ(2018)
  30. 青年期のインターネット利用、社会統合、および鬱症状:縦断的コホート調査(2018)からの分析
  31. スマートフォンの制限とその主観的撤退関連スコア(2018)への影響
  32. ゲームからの「強制的な禁断」はポルノの使用につながりますか? Fortniteのサーバー(2018)の4月の2018クラッシュからの洞察
  33. ビデオゲームはギャンブルの玄関口ですか? 代表的ノルウェー人サンプル(2018)に基づく縦断的研究
  34. 中国の青年期におけるインターネット依存と起こりそうなうつ病の間の双方向予測(2018)
  35. 問題のあるインターネット使用に対する健康的な心(2018)
  36. 香港の青年期におけるインターネット依存と幸福との間の長期的関係のテスト:3つのデータ波に基づく交差ラグ分析(2018)
  37. 愛着障害と早期メディア曝露:自閉症スペクトラム障害を模倣した神経行動学的症状(2018)
  38. ソーシャルメディアを使わない一週間:スマートフォンを使った生態学的瞬間介入研究(2018)の結果
  39. これ以上のFOMO:ソーシャルメディアを制限することは孤独と憂うつを減らす(2018)
  40. ビデオゲームの関与、中毒、および精神的健康(2018)の発達上の軌跡に関する交差研究
  41. オンラインのソーシャルネットワーキングサイトからのアクセスを短くすることで、特に過剰なユーザーにおいて、ストレスを感じにくくします(2018)
  42. 自己申告によるゲーム障害と成人の注意欠陥多動性障害との間の双方向の関連性:若年スイス人男性(2018)のサンプルからの証拠
  43. ゲーミング剥奪中の手がかり誘発性欲求関連レンチフォーム活性化はインターネットゲーミング障害(2019)の出現と関連する
  44. イランの女性におけるソーシャルメディア依存と性機能障害:親密さと社会的支援の仲介的役割(2019)
  45. 休憩を取る:主観的幸福(2019)にFacebookとInstagramから休暇を取ることの影響
  46. 大学生における精神症状とインターネット依存症の双方向の関係:前向き研究(2019)
  47. うつ病と子供のインターネットゲーム障害との相互関係:クロスラグパス分析を使用したiCURE研究の12か月のフォローアップ(2019)
  48. アメリカの大学のインターネットゲーマーの離脱症状(2020)
  49. 強制の結果:強迫的なインターネットの使用と感情の規制の困難さに関する4年間の縦断的研究(2020)
  50. 子供と青年の6年の2020か月にわたる縦断的研究におけるスマートフォン依存症からの回復におけるマシュー効果
  51. ソーシャルメディアの使用とうつ病の時間的関連(2020)
  52. 大学生におけるソーシャルメディアの「解毒」の特徴(2021年)