ポルノ使用からポルノ問題への閾値を超えて:性的強制行動の予測因子としてのポルノ使用の頻度と様相(2017)

マーシャル、イーサン・A、ホリー・A・ミラー、ジェフ・A・ブファード。

対人暴力のジャーナル (2017):0886260517743549。

https://doi.org/10.1177/0886260517743549

抽象

最近の統計によると、女子大生の5人に1人が大学時代の性暴力の犠牲者です。 「キャンパスレイプ危機」と呼ばれてきたことに対抗するために、研究者は、どの変数が大学生男性の性的強制行動に関連しているかを理解しようとしました。 調査者らはポルノの消費と性的強制行動との関係についての支持を見出しているが、研究者は通常、使用頻度の観点からポルノの使用を操作可能にしている。 さらに、使用頻度は漠然と矛盾して評価されています。 現在の研究では、より具体的な使用頻度の評価と、ポルノ使用にまだ含まれていない追加の変数、すなわちモダリティの数が提供されています。 ポルノの使用と性的強制の可能性の間の関係を調べることを超えて、現在の研究は性的強制の可能性を予測するカットポイントがあるかどうかをテストするために閾値分析においてポルノ変数を使う最初のものでした。 分析は、463大学の男子のサンプルを用いて行われた。 結果は、両方のポルノ使用変数が性的強制行動の高い可能性と有意に関連していることを示した。 使用頻度とモダリティ数の両方がモデルに含まれている場合、モダリティは有意であり頻度は含まれていませんでした。 さらに、性的強制の可能性を予測する両方のポルノ変数についての有意な閾値が同定された。 これらの結果は、モダリティの数などの使用頻度以外の要因が、性的強制行動の予測にとってより重要である可能性があることを意味しています。 さらに、しきい値分析により、1つのモダリティと2つのモダリティとの間で最も有意なリスク増加が明らかになり、性的強制の可能性に関連するのは一般にポルノ使用ではなく、むしろポルノ使用の特定の側面です。

キーワード ポルノ, 性的強制, 性的攻撃