ポルノまたはセックス依存症(またはCSBD)の発生率についての最近の研究

ポルノ中毒、セックス中毒、CSBDの割合

一般人口におけるポルノ中毒、性中毒または強迫性行動障害の割合は、進行中の研究によって徐々に明らかにされています。

ポルノグラフィー: 深刻な結果をもたらす隠れた行動 (2023)

[ロードの n=1022 参加者からのデータ 島の若者の調査] 6.2%が 中毒の基準. ポルノ使用のオッズは 5 でした 倍高い (95%CI=3.18,7.71)、および 中毒 13.4回 より高い (95%CI=5.71,31.4) 異性愛者のシス男性の間で.

テクノロジー中毒

問題のあるサイバーセックスやインターネット ポルノの使用率は 10% に達する可能性があります。

42 か国の強迫性行動障害: 国際性調査からの洞察と標準化された評価ツールの導入

本研究では参加者のほぼ5%がCSBDの高リスクにさらされていたが、推定値は国、性別、性的指向によって1.6%から16.7%の間で変動した。 これらの推定値は、米国、ドイツ、ハンガリー、ポーランドで以前に報告された国を代表するサンプルで報告された推定値と同様か、場合によってはわずかに高い値です (Briken et al。、2022; Bőtheetal。、2020; ディッケンソン他、2018年; Grubbs et al。、2023; Lewczuk 他、2022).

ドイツにおけるポルノ使用障害者の精神療法の現状について(2023年)

オンライン調査におけるインターネット ポルノ使用障害 (lPUD) の推定有病率は 4.7% でした。 男性は女性よりも6.3倍罹患率が高かった。 [被験者2070名、一般集団]

ドイツではPUDが非常に頻繁に発生していますが、PUDに対するメンタルヘルスケアサービスの利用可能性は低いです。 特別なPUD治療法が緊急に必要とされています。

宗教、教育レベル、人間関係の状況、健康状態、またはポルノの使用期間は、治療の需要を予測しませんでした。

強迫性行動障害および問題のあるポルノ使用に関連する離脱と寛容 – ポーランドの全国代表サンプルに基づく事前登録研究 (2022)

ポーランドの参加者の全国的に代表的な大規模なサンプルでは、

CSBD [強迫性行動障害、ICD-11] の推定有病率は、すべての参加者で 4.67% でした…男性の 6.25% を含む…そして女性の 3.17%。 PPU [問題のあるポルノの使用] の有病率推定値は、すべての参加者で 22.84% … 男性で 33.24%、女性で 12.93% ….

オンラインの性行為:男性のサンプルにおける問題のあるおよび問題のない使用パターンの調査研究(2016)

人間行動におけるコンピュータ

ボリューム56、3月2016、ページ257〜266

コメント: この ベルギーの研究(ルーベン)は、 過去27.6か月間にポルノを使用したことがある被験者の3% 問題のあるオンライン性行為を自己評価した. 抜粋:

OSAへの関与に関する懸念を経験したと報告した参加者の割合 27.6%でした.


大学生の間のサイバーセックス依存症:有病率研究(2017)

性依存症と強制性 ページ1-11 | オンライン公開:28 3月2017 http://dx.doi.org/10.1080/10720162.2017.1287612

アマンダL.ジョルダーノ&クレイグS.キャッシュウェルl

コメント: 学生の学際的な調査(平均年齢23)では、 10.3% サイバーセックス依存症の臨床範囲で得点男性の19% および女性の4%)。 注意することが重要です この調査では、参加者をポルノユーザーに限定していません。 (ポルノ中毒の割合に関する他の3つの最近の研究では、サンプルを過去6か月または28か月に少なくともXNUMX回ポルノを使用した被験者に限定しました。両方の研究で中毒/問題のあるポルノの使用率は約XNUMX%でした。)


ポルノグラフィー使用のための治療を求めることに興味がある男性の臨床的特徴(2016)

J Behavアディクト。 2016 Jun;5(2):169-78. doi: 10.1556/2006.5.2016.036.

クラウス SW1,2,3, マルティーノ S2,3, ポテンツァ MN3,4.

コメント: 過去18ヶ月間に少なくとも一度ポルノを見たことがある6以上の男性に関する研究。 研究 rそれを伝えた 男性の28% 可能性のある性的障害のカットオフ(またはそれ以上)で得点。


ポルノ中毒者はだれですか。 ポルノ使用、宗教、および道徳的不一致の役割を調べる

(2017、まだ公開されていませんが、完全オンラインで入手可能:https://psyarxiv.com/s6jzf/)

Joshua B. Grubbs著、Jennifer T. Grant著、Joel Engelman著(ボウリンググリーン州立大学)

Grubbs博士によると、以下の質問のうちの1つに「はい」と答えたポルノユーザーの割合は、 8-20% 3つの異なるサンプルで、「私はインターネットポルノにはまっていると思っています。」または「私は自分をインターネットポルノ中毒者と呼んでいます」と述べています。


大学生の感情規制とセックス依存(2017)

精神衛生と中毒の国際ジャーナル。 2月の2017、ボリューム15、 問題1、pp 16 – 27

この研究では、SAST-R「コアスケール」を利用して性依存症を評価しました。337人の大学生のサンプルのうち、57人 (16.9%)性依存症の臨床範囲で得点。 これを性別で分類すると、 男性の17.8%と女性の15.5% inサンプルが臨床的カットオフを超えた。


西部農村マハラシュトラ(2018)の医学生の間のサイバーポルノ中毒

臨床生物医学研究ジャーナル(IJCBR) 3、いいえ。 2(2017):10-14。

研究所からの倫理的承認および適格基準を満たすボランティアからのインフォームド・コンセントを得た後、前向き横断研究が行われた。 スコアシート付きのインターネット性スクリーニング検査(ISST)質問票が使用され、完全な匿名性と機密性によって収集された。 300医学生が研究のために考慮され、集められたデータはマイクロソフトオフィスエクセルによって分析された。

結果:ボランティアの57.15%は低リスクグループに属していますが、30%は脆弱で、12.85%は高リスクグループに属しています。 Fまたは男の子、65%は脆弱ですが、21%は低リスクで残りの14%は最高リスクのグループです。 女の子の場合、73%は低リスク、19%は脆弱、8%は最高リスクのグループです。


性的欲求の低下したカップルの異性間男性におけるオナニーとポルノグラフィーの使用:オナニーの役割はいくつあるか? (2015)

J Sex Marital Ther。 2015;41(6):626-35. doi: 10.1080/0092623X.2014.958790.

頻繁なポルノは性的欲求の低下および人間関係の親密さの低さと関連していました。 抜粋:

分析は、ヨーロッパの596か国で男性の性的健康に関する大規模なオンライン調査の一部として採用された性的欲求が低下した(平均年齢= 40.2歳)3人の男性のサブセットで実施されました。 参加者の過半数(67%)は、少なくとも週にXNUMX回は自慰行為をしていると報告しました。

頻繁に自慰行為をしている男性のうち、70%は少なくとも週に1回はポルノを使用していました。 多変量評価は、性的退屈、頻繁なポルノ使用、および低い関係の親密さが、性的欲求の低下したカップル男性の間で頻繁なオナニーを報告する確率を有意に増加させることを示した。

週に1回以上ポルノを使用した[性的欲求の低下した]男性のうち[2011]、 26.1% 彼らはポルノの使用を管理することができなかったと報告した。 さらに、男性の26.7%が、ポルノの使用が彼らの提携のセックスに悪影響を与えたと報告しました。

コメント: 統計は、性的欲求が低下した男性のサブセットのためのものです。 26.1% ポルノ使用を管理できなかったとの報告


性的嗜癖および性的機能に対するインターネットポルノの消費の相互関係(2018)

[からの要約 セクシュアル医学誌 今のところ利用可能です。 下の画像を参照してください。]

..PATHOSアンケートで疑われる性的嗜癖は 28.6% (116 / 405 [これまでにポルノを見たことのある総被験者数])


共起物質関連および行動中毒問題:個人中心の一般疫学的アプローチ(2016)

J Behavアディクト。 2016 Dec;5(4):614-622. doi: 10.1556/2006.5.2016.079.

背景と目的 この研究の目的は、(a)大規模な代表的なサンプルにおける単一対複数の中毒問題の有病率を説明すること、および(b)物質関連および行動中毒の問題を経験している人々の異なるサブグループを特定することでした。

メソッド: カナダのアルバータ州からの6,000回答者の無作為抽出サンプルは、4つの物質(アルコール、タバコ、マリファナ、コカイン)と6つの行動(ギャンブル、食事、買い物、性別、ビデオ)で昨年経験した自己帰属問題を評価する調査項目を完成させたゲーム、そして仕事)。 階層的クラスター分析を使用して、2,728回答者の分析的サブサンプルで共起中毒問題のパターンを分類した(1,696の女性と1032の男性。 M年齢 = 45.1 年、SD年齢 = 13.5。XNUMX年)前年にXNUMXつ以上の中毒性のある行動の問題を報告した人。

結果について 全体のサンプルでは、​​前年の回答者の49.2%が0人、29.8%が1人、13.1%が2人、7.9%が3人以上の中毒問題を報告しました。 クラスター分析の結果は7群の解を示唆した。

コメント: この研究では、カナダ人の代表的なサンプルにおける物質および行動中毒の自己申告率を評価しました。 自己評価は中毒率を報告する傾向があることに注意することが重要です。 調査結果:約 4.8% 彼らは「セックス依存症」だと思った (実際には、少なくとも1人の中毒を持っていたグループの9.5%は、彼らの主な中毒はポルノまたはセックスだと思っていました)。 中毒率を説明する抜粋:

共起中毒問題の分類

クラスター分析の結果は、7クラスター法を提案しました。 表に示すとおり 5最初のクラスター(クラスター化を実行するときに使用されたサンプルの26.0%)は、喫煙を共有している問題行動として個人を表しています。 2番目のクラスター(21.8%)は、過度の食事を彼らの唯一の問題行動として報告した参加者から構成されていました。 3番目のクラスター(16.2%)は作業上の問題を抱えている個人を表し、4番目のクラスター(13.0%)は明らかに優勢な行動を示さない多数の異なる中毒問題を特徴とする参加者から構成されていました。

5番目のクラスター(9.5%)は主に過度の性的行動を報告した個人を表しています、 一方、6番目(8.9%)と7番目(4.7%)のクラスタは、それぞれ共有行動問題としてショッピングとビデオゲームを使用している参加者で構成されていました。 過年度の中毒性行動の平均数が最も多かったのは過度のビデオゲームプレーヤー(クラスターⅦ)であり、最も低いのは過多な飲食者の間(クラスターⅡ)でした。 各クラスターの中毒特性に関する詳細情報は、表に記載されています。 5.

レートが高くなかったいくつかの考えられる理由:

  • 平均年齢は44でした
  • 男性の38%のみ
  • 調査は2009で行われました
  • ほとんどのポルノユーザーは、ポルノの使用に関連した悪影響や、嗜癖の兆候や症状を認識できません。

心理的問題に対する治療を求める人の間の技術依存:精神的健康状況におけるスクリーニングに対する意味(2017)

サンプルの平均年齢は26.67で、標準偏差は6.5です。 年齢分布は16歳から40歳でした。 サンプルは、男性が45(60%)、女性が30(40%)でした。 17は結婚しており(22.67%)、57は結婚していない(76%)、そして1は離婚していた(1.33%)。 すべての科目は10およびそれ以上の教育年数を有していた。 36%は農村部からのもので、64%は都市部からのものです。

表3では、 中毒のタイプ, ポルノ中毒は次のとおりです。

  • 中毒の傾向:8%
  • 中毒のリスクが高い:6.7%
  • ポルノにはまっています:4%

全国的に代表的なサンプルにおけるポルノへの自己申告中毒:報道における宗教と道徳の役割(2018)

平均年齢49には、ポルノを見たことのある人だけが含まれていました。 自己申告されたポルノ依存症は、簡単な質問「私はインターネットポルノにはまっています」を使って測定されました。 抜粋:

本研究では、成人のインターネットユーザー(N = 2,075)の米国の全国的に代表的なサンプルで自己申告されたポルノ中毒を調べようとしました。

結果:結果は、サンプルの大部分が寿命(n = 1,466)以内にポルノを視聴しており、過去半年(n = 1,056)の使用を報告しているのは半数以上でした。 また、r大体 男性の11%と女性の3%はポルノ中毒の感情とある程度の一致を報告しました.

参加者全員に渡って、そのような感情は男性の性別、若い年齢、宗教の高まり、ポルノの使用に関する道徳的な不一致、およびポルノの使用の増加と最も強く関連していました。

主な発見:ポルノの使用頻度は、自分がポルノにはまっていると信じることのはるかに強力な予測因子でした(宗教の2倍)。


グジャラート州スラトの医学生におけるスマートフォンとインターネットの利用パターン - 横断的研究(2018)

ポルノ使用に関する抜粋:

男の子の約62.7%と女の子の5.2%が、携帯でポルノを見ていました。 21.7%[男性の医学生]は、自分の携帯でポルノ素材を見ることにはまっていました。 12.4%男の子と1.9%女の子について、ポルノを見ることは彼らの研究に影響を与えると述べました。

参加者の約半数がインターネットにはまっていると感じました。


青年期における強迫的性行動のプロファイルの理解と予測(2018)

抜粋:

1,182人の男子(500%)と42.30人の女児(682%)からなる合計57.70人のイスラエルの学校の生徒… 14歳〜18歳 ....

…12.0番目のグループは、サンプルの142%を構成するCSBとして分類されました(n = XNUMX)。

具体的には、CSBおよび/または性的ファンタジーを持っている青年は男の子である可能性が高かった(それぞれ73.8%と70.5%)…。

[CSB患者の約72%は男子であり、これは 男性被験者におけるCSBの発生率は 〜20%で および <6% 女性の被験者の中で。


米国における性的衝動、感情、および行動を制御することが困難であることに関連する苦痛の有病率(2018)

コメント: 調査が行われたときに18の下にいた人や、スマートフォンやポルノのチューブサイトで育った人を含む、最も危険にさらされている人(千年男性グループ)の問題を強調しています。 抜粋:

18から50歳までの参加者は、11月にすべての50米国の州から無作為にサンプリングされました。 [平均年齢2016]

…この調査研究(強迫的な性行動について尋ねた)では、 全国代表サンプルの8.6%(女性の7.0%および男性の10.3%) 性的感情、衝動、および行動の制御の困難に関連する苦痛および/または障害の臨床的に関連するレベルを承認した。

…そのような症状の有病率が高いことは社会文化的問題としての公衆衛生上の重要な関連性を持ち、医療専門家によって認識されるべき重大な臨床上の問題を示しています。

…2325成人(1174 [50.5%]女性;平均[SD]年齢、34.0 [9.3]歳)のうち、201 [8.6%]は強迫性行動インベントリで35以上のスコアの臨床スクリーニングカットポイントを満たしました。

…人口統計学的特性に関しては、低学歴の個人、非常に高収入または非常に低収入の個人、人種的/民族的マイノリティ、および性的マイノリティは、高等教育を受けていると報告した個人よりも臨床的カットポイントを満たす可能性が高いことがわかりました。適度な収入、そして白人で異性愛者であること。


問題のあるオンライン性行為における使用頻度および使用期間、欲求および否定的な感情(2019)

[中国、米国との共同制作者] 抜粋:

1070の大学生のデータによると、学生の20.63%は問題のあるOSAを使用する危険性があり、このグループのOSAの頻度が高まり、使用時間が長くなり、ポルノへの欲求が高まり、否定的な学術的感情が高まりました。

問題のあるオンラインの性的行為の危険にさらされている中国の大学生(男性と女性)の21%。 頻度は視聴期間よりも多くの問題を予測した。


あなたのポルノ習慣はイギリス中の若者とどう違うのですか? (大BBC調査)

全回答者の47%は見たポルノの量に満足していましたが、男性の15%は見過ぎたと思っていました(女性の5%)。 男性の一部の31%は、ポルノに夢中になっていると感じましたが、同じことを言っているのは女性の14%のみでした。


ポルノ使用の結果:簡単なレポート(2019)

[PDFは上記のリンクからダウンロードできます。]スペイン語を話す科目。


オーストラリアのポルノユーザーのプロフィール:第2回オーストラリア健康と健康調査(2016)からの知見

コメント: この研究は、インターネットポルノは実際には深刻な問題を引き起こさないという議論を支持していると主張する人もいます。 たとえば、男性の4%だけがポルノ中毒だと感じていました。 一粒の塩で見出しをとる理由があります。

研究の結論を確認してください:

ポルノ映画を見ることはオーストラリアではかなり一般的であるように思われます、そして、少数の少数者によって報告された悪影響。

ただし、16〜30歳の参加者の場合は そのような少数派。 研究の表5によると、この年齢層の17%はポルノを使用することはそれらに悪影響を及ぼすと報告しています. (対照的に、60〜69人の人々の間では、ポルノが悪い影響を及ぼしたと思ったのはわずか7.2%でした。)

1の若い人たちのほぼ5がポルノ使用は「彼らに悪い影響を与える」と信じているという著者の発見を強調したならば、この研究からの見出しはどのように違うのでしょうか? なぜ彼らは、インターネット上の問題のリスクが最も高いグループではなく、無視して横断的な結果に焦点を当てることによってこの発見を軽視したのですか?

この研究とそれが明らかにした率に関するいくつかの警告:

  1. これは、年齢グループ16〜69、男性および女性にわたる横断的な代表的試験であった。 若者がインターネットポルノの主な利用者であることは十分に確立されています。 だから、男性の25%と女性の60%は、過去1年間に少なくとも1回はポルノを見ていません。 このようにして集められた統計は、危険にさらされているユーザーを攻撃することによって問題を最小にします。
  2. 最近の12ヶ月間にポルノを使ったことがあるかどうかを参加者に尋ねた単一の質問は、ポルノの使用を意味的に定量化していません。 たとえば、ポルノサイトのポップアップにぶつかった人は、3を1日に何回もハードコアポルノにオナニーさせた人と変わらないと見なされます。
  3. しかし、この調査で過去1年間にポルノを見たことがある「これまでにポルノを見たことがある」人々に尋ねたところ、最も高い割合は 十代の グループ。 そのうちの93.4%は昨年閲覧したことがあり、20-29歳は88.6でちょうどその後ろにいます。
  4. データはOctober 2012とNovember 2013の間に収集されました。 スマートフォンの普及により、特に若いユーザーを中心に、4の過去数年間で状況は大きく変わりました。
  5. コンピューター支援で質問された 電話 インタビュー 完全に匿名のインタビュー、特にインタビューがポルノの使用やポルノ中毒などの機密性の高い話題に関するものである場合は、人間的な性質があります。
  6. 質問は純粋に自己認識に基づいています。 中毒者は中毒として自分自身をめったに見ないことに留意してください。 実際、ほとんどのインターネットポルノユーザーは、長期間辞めない限り、症状をポルノ使用に結び付ける可能性は低いです。
  7. この調査では、ポルノ中毒とポルノのユーザーへの影響の両方をより正確に評価したであろう、標準化された質問票(匿名で与えられたもの)を採用していません。

繰り返しになりますが、ほとんどの一般的なポルノユーザーは、使用をやめた後になるまで、ポルノが自分たちにどのような影響を及ぼしたかを認識しています。 多くの場合、元ユーザーは悪影響を完全に認識するのに数か月かかります。 したがって、このような研究には大きな制限があります。


若者間のサイバーセックス依存症:臨床的、精神病理学的、社会的および心理学的側面(2018)

[ロシア] 抜粋:

学生の平均年齢は22,0±1,1歳でした。 男性(p <5.7)[および]女性(0,007%)の間で…(0.9%)で特定されたポルノサイトへの病理学的情熱。


日本での問題のあるポルノの使用:大学生の間の予備研究(2021)

24%がポルノ使用の管理に障害があると「はい」と回答し、そのうち4人中5人が男性でした。 しかし、「はい」と答えたのはわずか6%でした。ポルノの使用を管理するのが難しいために日常生活の問題に直面したことがありますか?」 大学生は、長い休憩を取らない限り、ポルノの使用が問題を引き起こしたかどうかをどのように評価できますか? 彼らはできませんでした。


率:CSBDの治療を求める男性の80%以上がポルノの問題を報告しています。

抜粋: ウェリー他 (2016) 90.1人の自己識別された性的中毒者のサンプルの72%がPPUを彼らの主要な性的問題として報告したことを発見しました。 この発見は、HDのDSM-5フィールドトライアルの結果と共鳴しています(リードら、2012)、この状態の治療を求めている81.1人の患者のサンプルの152%が、PPUを主な問題のある性行動として報告しました。 逆に、 Bőtheetal。 (2020) データ駆動型アプローチによって問題のあるポルノユーザーとして分類された個人は、HDの測定値で体系的に高いスコアを獲得したことがわかりました。 実際、このスケールのスコアは、他のどの変数(ポルノの使用頻度を含む)よりも、熱心であるが問題のないポルノユーザーと問題のあるポルノユーザーをよりよく区別しました。

抜粋:CSBの治療を求める個人の特徴を調べました。 方法:ポーランドでCSBの心理的および精神医学的治療を自発的に求めている847人の個人(男性811人、女性36人)からアンケートデータを収集しました。 結果:ポルノの使用とマスターベーションは、91%の個人で問題があり、21%で他の人との危険な性行動、13%で有料の性的サービスの使用であると言われました。 …個人の82分の11以上(XNUMX%)が提案されたICDXNUMXCSBD基準を満たしました。

この状態の治療を求めている81.1人の患者のサンプルの152%は、PPUを彼らの主要な問題のある性行動として報告しました

  • A.Wéry、K。Vogelaere、G。Challet-Bouju、F.-X。 Poudat、J。Caillon、D。Lever、…、M。Grall-Bronnec、行動中毒外来クリニックにおける自己識別の性的中毒者の特徴、J行動中毒のジャーナル、5(4)(2016)、pp.623-630、 10.1556/2006.5.2016.071

90.1人の自己識別された性的中毒者のサンプルの72%は、PPUを彼らの主要な性的問題として報告しました。

  • ミードD、シャープM.行動中毒に関する第5回国際会議でのポルノとセクシュアリティの研究論文。 性依存症と強制力。 2018:2月25日; 4(248):68-XNUMX。 https://doi.org/10.1080/10720162.2019.1578312

調査によると、強迫性行動障害の治療を求める人々の80%以上が、否定的な結果にもかかわらず、ポルノの使用を管理できないと報告しています[28, 30, 37,38,39,40].

  • 中の強迫性行動の予測因子 治療を求める女性
CSBの治療を求めている674人の女性のうち、 73.3% (n = 494)問題のあるポルノの使用[ポルノ依存症]がありました。

__

「ポーランドの強迫性行動障害の実地試験からの発見」からの詳細

この研究では、ポーランドの大規模なサンプルで、ICD-6の草案で提案されている強迫性行動障害(72C11)の定義を検討しました。 特に、CSBの治療を求めている人々の中で、ICD-11 CSBDに対して提案された基準が検討され、性中毒や過性障害などの構造との関係も検討されました。 スクリーニング検査、およびCSBの治療を求めている人々の特徴も調べられました。

ポーランドのメディアを介した被験者の募集により、1,812%が男性、 ポルノに関する問題を報告する86%、マスターベーションに関する問題を報告する87%、 18%はカジュアルセックスに関する懸念を持ち、12%は有料の性的活動に関する懸念を持っています。 サンプルの平均年齢は35.69年(SD = 9.78)でした。

サンプルでは、​​CSBの治療に関心のある人々の50%から72%が、CSBDのICD-11に対して提案された基準を満たしています。 最も一般的な問題のある行動には、ポルノの視聴とマスターベーションが含まれます。 Hypersexual Behavior Inventory、Sexual Addiction Screening Test、Brief Pornography Screener(BPS)などのスクリーニングツールは、良好に機能するように見えました。 ICD-11のもとでCSBD診断の基準を満たしていないグループと比較した場合、基準を満たしている個人は、特に関係に関連する分野で、生活に一次および二次の負の影響を及ぼしました。