性機能とポルノの調査(2019)

コメント: この研究では、研究者らは「欲求」アンケートを用いて、EDとポルノ中毒の指標との関連性を探しました。 そのようなリンクは出現しませんでしたが(おそらく、ユーザーが使用をやめようとするまでユーザーの「欲求」の程度を正確に評価しないため)、他の興味深い相関関係が結果に現れました。

勃起不全の割合は、ポルノのないパートナーセックスを好む人(男性)(22.3%)で最も低く、ポルノがパートナーの性別(78%)よりも好まれたときに有意に増加しました。

…ほぼ毎日以上使用した[男性]のED率は44%(12/27)でしたが、より「カジュアルな」ユーザー(≤22x/週)では47%(213/5)でした。単変量分析について(p= 0.017) ボリュームがある程度役割を果たすのかもしれません

また、著者が指摘しているように、

提案されているPIEDの病態生理学はもっともらしいと思われ、さまざまな研究者の研究に基づいており、倫理的バイアスに左右される可能性のある研究者の小コレクションではありません。 また、過剰なポルノ使用の中止後に男性が正常な性的機能を取り戻したという報告の主張の「原因」側も支持しています。

前向きな研究だけが原因と関連の問題を決定的に解決することができるでしょう、ヘビーポルノユーザーにおけるEDの治療における棄権の成功を評価する介入研究を含む。


抽象

軍事医学、usz079、 https://doi.org/10.1093/milmed/usz079 本と雑誌24 2019

ジョナサンHバーガー、MC USN John E Kehoe、MC USN Andrew P Doan、MC USN ドナルドSクレイン、MC USN Warren P Klam、MC USN Michael T Marshall、MC USN マシューSクリストマン、CDR MC USN

概要

我々は、若い男性と女性のポルノ習慣を調査し、説明することを目的としました。 もっともらしい病態生理学と共に、ポルノ使用と勃起不全の最近の上昇傾向を考えると、ポルノ使用は性的機能不全と相関すると仮説を立てました。

材料と方法

治験審査委員会の承認を得た。 調査は20〜40歳の泌尿器科診療所に来院している女性に配布された。 人口統計および病歴に関する情報が収集された。 性機能は、男性では国際勃起機能指数(IIEF)、女性では女性の性機能指数で評価した。 ポルノへの潜在的な中毒の程度は、ポルノ欲求アンケートと強迫観念スケールで測定されました。 ポルノグラフィーの使用は頻度と期間の両方に基づいて測定され、性機能障害と比較して分析された。

結果

男性は女性よりもポルノをかなり頻繁に使用していました(81.1%対39%)。 コンピュータと携帯電話の画像閲覧は、男女共に最も人気のあるモダリティでした。 IIEFとポルノへの欲求、またはポルノへの強迫観念との間に関連はありませんでした。 オナニーを伴うポルノの好みは、勃起不全と有意に関連していることがわかった(p = 0.001)。 勃起不全の割合は、ポルノのないパートナーセックス(22.3%)を好む人で最も低く、パートナーセックス(78%)よりもポルノが好まれた場合に有意に増加しました。 どのような変数と女性の性的機能不全との間にも相関は見られなかった。

結論

ポルノと性的機能不全は若者の間で一般的です。 ポルノへの依存の程度と男女の性的機能障害との間に明確な関係はありません。 しかし、パートナーシップのセックスよりもポルノによるオナニーを好む男性は、性的機能不全のリスクが著しく増加しています。 性的機能不全が精神的健康問題に関連している可能性があることを考慮すると、その原因のさらなる評価および軍事作戦の即応性への影響が正当化される。