性犯罪者の犯罪歴および発達史におけるポルノの使用(1987)

カーター、ダニエル・リー、ロバート・アラン・プレンキー、レイモンド・A・ナイト、ペニー・L・ヴァンダーベア、そしてリチャード・J・ブーシェー。

対人暴力のジャーナル 2、いいえ。 2(1987):196-211。

抽象

本研究は、マサチューセッツ治療センターで監禁された38強姦犯および26児童虐待者の家族歴、発達および犯罪歴におけるポルノへの曝露および使用を調べた。 両グループが家庭内でも発達中にも同様のポルノへの曝露を報告したが、未成年者は成人の強姦犯よりもはるかに多くの曝露を示し、犯罪の前および最中にそのような素材を使用することと演じる。 調査結果は、「カタルシス仮説」と、特定のタイプの強姦犯や子供の虐待者に対する性犯罪の委員会におけるポルノの役割に関して議論されています。

強姦犯と比較した子供の虐待者は、 

  1. 大人としてポルノへのより多くの露出
  2. 刑事犯罪の前にポルノの使用を増やす
  3. 犯罪行為中のポルノのさらなる使用
  4. 犯罪を犯す衝動を軽減するためのポルノのさらなる使用
  5. ポルノの生活への影響